コミュニティ心理学・プラセボ

社会変革の心理学に向けて 社会変化の類型化

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Toward a Psychology of Social Change: A Typology of Social Change

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC5368273/

オンラインで2017年3月28日公開

Roxane de la Sablonnière*(ロクサーヌ・ド・ラ・サブロンニエール)

概要

世界中で何百万人もの人々が劇的な社会変化(DSC)の影響を受けている。社会学的な理論はその誘因を理解することを目的としているが、心理学的な影響についてはあまり理解されていない。大規模な文献調査により、社会的変化の心理学をよりよく理解するための理論と研究の指針となるような社会的変化の類型化が切実に必要であることが指摘された。社会学・心理学関連の出版物を対象に、査読付き論文の5,000以上の要旨を評価した。社会的変化を心理的幸福への脅威という観点から概念化し、分類するために、厳格な掲載基準に基づき、最終的に325の論文が使用された。社会的変化の類型化には、4つの社会的状況が含まれている。社会的変化の類型には、「安定」、「慣性」、「漸進的な社会的変化」、そして「「社会変化」」という4つの社会的状況が含まれる。さらに「社会変化」の特徴として、社会変化のペース、社会構造への断絶、規範構造への断絶、自分の文化的アイデンティティへの脅威の度合いの4つを挙げた。また、社会変化の特徴を関連付け、社会的コンテクストとリンクさせた理論モデルを提案した。社会変化の類型化と我々の理論的命題は、今後の調査の基礎となり、「社会変化」後に用いられる心理的適応メカニズムについての理解を深めることができるだろう。

キーワード:アイデンティティ、慣性、規範構造、社会変化、社会構造、安定性、変化のペース、社会変化の心理学

“変化-極めて急速な社会変化-は、今日の人生の最も重要な事実である”

(Nolan and Lenski, 2011, p. xiii)

ゾイアは、75歳の元気なバブーシュカである。彼女の波乱万丈の人生には、あまり歓迎されないような冒険もあったが、いつも慣れない状況に適応してきた。モスクワで学業を終えた彼女は、他の多くの若い教育を受けたロシア人と同様に、ソ連当局によって他国に追放された。彼女の行き先はフルンゼ(後にビシュケクと改称)で、中央アジアの中では彼女よりも暖かく、慣れないことで少し冷たく感じられる土地であった。フルンゼは、キルギス人やウクライナ人などのスラブ系民族が少数派を占める多様性のある町であるが、ロシア人が多数派を占めていた。ソ連時代のゾイアは、世界でも有数の強国に住んでいると言われ、犯罪率も低く、教育や食料の供給もきちんとしていて、老後のためにお金を貯める機会もあったという。

しかし、民族の多様性はやがて大きな緊張感を生み、1990年代初頭のソ連崩壊はゾイアの人生に大きな影響を与えた。54歳になった彼女は、自分の国が廃墟と化していること、ロシア人としての権利が低下していること、新たに成立したキルギス共和国の中で自分の言語が広く嫌われていることを知った。一方、無秩序な権力によって、犯罪率は爆発的に増加し、資源の不足も深刻化していた。ゾイアは、生活費をすべて失った。彼女が稼いだお金では、生活必需品を賄うことができなくなった。技師長であるにもかかわらず、通りの角で新聞を売る副業をしなければならなかった。

ゾイアの話は、特別にドラマチックに見えるかもしれないが、10億人以上の中の1人にすぎない(Sun and Ryder, 2016)。社会変化は、途上国にも西欧諸国にも限定されず、無差別に広まっており、グローバルなものである(例えば、Ponsioen, 1962; Smith, 1973; Chirot and Merton, 1986; Zuck, 1997; Sztompka, 1998; Fukuyama, 1999; Weinstein, 2010; Nolan and Lenski, 2011; Greenfield, 2016)。劇的な社会変化(「社会変化」)は新しい常態であり、政治的・経済的な激変から絶望的な大移動まで、また自然災害や人的災害から技術的進歩まで、多くの文脈で現在目撃されている。

社会の変化は、常に社会科学の大きな関心事であり、特に社会学者にとっては「すべての社会学は変化についてのものである」(Sztompka, 1993, p.xiii; Sztompka, 2004も参照)と言われている。多くの社会学のテキストには、社会変化に関するセクションが設けられており(例えば、Bauman, 2003; Latour, 2005; Hewitt et al 2008; Giddens et al: 何が社会の変化をもたらすのか?革命、社会運動、あるいは重要な技術的変化の開始に関連するさまざまな「マクロ」プロセスを説明するために、多くの社会学的理論が提案されてきた。「マクロ」理論は、「社会変化」に寄与する構造的な要因や決定的な出来事に焦点を当てており、社会的変化がグループ全体、コミュニティ、制度、国家、あるいは社会全体にどのようにもたらされるかを考える際に有効である。しかし、マクロ的なアプローチは、社会的変化の結果という同様に重要な問題に焦点を当てた「ミクロ」プロセスに関しては、著しく制限されている(例えば、Rogers, 2003)。このように、マクロプロセスにのみ焦点を当てた研究では、極めて重要な質問に答えることができなかった。社会の変化がもたらす心理的な影響とは何か?

「社会変化」が悲惨な結果をもたらす可能性があるにもかかわらず、心理学者が「社会変化」を学術的に厳密に追求するテーマとして無視してきたことは驚くべきことである。今日まで、社会の変化が個人の幸福に与える影響に焦点を当てた研究は、明確に確立されていない(Kim, 2008; Liu et al 2014)。さらに、そのような文脈に対処する際に人々が身につける適応メカニズムについても、ほとんど知られていない(Pinquart and Silbereisen, 2004)。

本論文の目的は、心理学が社会変化の心理学に注目する必要があると主張することである(de la Sablonnière er al)。 私は、社会的変化の「マクロ」プロセスと、その心理的影響の「ミクロ」プロセスとの間の橋渡しがまだなされていないと主張する。私は、社会科学者が社会の変化に対する個人の適応を理解するためには、まずマクロとミクロの両方のプロセスを含む形で社会の変化を概念化することに焦点を当てる必要があると提案する。そこで、社会変化の心理学に向けての第一歩として、最も困難な課題とされる「社会変化の概念化」にターゲットを絞る。

社会的変化を概念化するためには、何よりもまず、社会的変化のタイポロジー(表1)1)を策定することで、このテーマの複雑さを解きほぐす必要がある。そのために、社会学と心理学の両方の文献において、社会的変化の独自の視点、理論、定義を集めた大規模なメタレビューを行った。その結果、社会変化の類型化として、「安定」「惰性」「漸進的社会変化」「「社会変化」」という4つの社会変化に関連する文脈が導き出された。「社会変化」は、今日の世界ではその頻度が高く、人々を脅かすものであるため、特別な注意が必要である。そこで、社会変化の類型化を提案し、ある変化や出来事が「劇的な社会変化」と呼ばれるために必要な4つの特性、すなわち、変化の急速なペース、社会構造の断絶、規範構造の断絶、文化的アイデンティティの脅威を明確にした。最後に、提案された社会変化の類型の中で、「社会変化」の4つの特徴を結びつける理論モデルを提案することで、一周する(図1参照)1)。要するに、私が提案する社会変化の類型化は、社会変化とは何かについて研究者の間で理論的なコンセンサスを形成するのに有用であり、おそらく社会変化の心理学に対処するための調整された、証拠に基づく戦略を可能にするであろう。

表1 社会的変化の類型化

社会的/コンテクスト/ 定義
安定性

ある出来事が、そのペースに関わらず、社会の社会的・規範的構造の均衡や、グループメンバーの文化的 アイデンティティに影響を与えない状況のこと。ただし、その出来事が孤立した数の個人に影響を与えることはある。

慣性

ある出来事が、そのペースに関わらず、社会の社会的・規範的構造の均衡を回復することも、 グループメンバーの文化的アイデンティティを明確にすることもない状況をいう。

Incremental social change(漸進的な社会変化)

ゆっくりとした出来事が、徐々にではあるが深遠な社会の変化をもたらし、社会的および/または規範的な構造をゆっくりと変化させたり、グループメンバーの文化的アイデンティティを変化させたり/脅かしたりする状況。

劇的な社会変化

急激な出来事によって社会が大きく変化し、社会構造や規範構造の均衡に破れが生じたり、グループメンバーの文化的アイデンティティが変化・脅かされたりする状況。

図1 提案された理論モデル。

社会学・心理学における社会変化

今日、社会学の分野は、社会変化の理論と研究の最前線にあり、特に社会変化を構成する要因とその前提条件に焦点を当てている。社会学の文献では、社会変化を説明するために3つの主要な理論が支持されている。進化論(Evolutionary Theory)対立論(Conflict Theory)機能主義(Functionalist Theory)である。それぞれの理論は、社会変化の概念化の世界的な概観を提供する表22の中で、主要な記述的解釈によって特徴づけられている1。

表2 社会学における社会的変化の理論
理論/ 社会的変化の視点 /主な著者
進化論

社会は、単純な構造からより複雑な構造へと直線的 Comte, 1853/1929; Spencer, 1898; Pareto, 1901/1968

紛争理論

個人とその集団は自分の利益を最大化するために戦う。社会は常に不均衡の状態にある。 マルクスとエンゲルス、1848年

機能主義理論

社会は一定の均衡状態にある。社会の一部分に変化が起こると、調整が行われる。社会の変化は、出来事が急速に起こることによって均衡が損なわれたときに起こる。 Durkheim, 1893/1967; Parson, 1951

 

70年以上前に「社会的変化」が心理学の文献に初めて登場したにもかかわらず、社会的変化そのものに焦点を当てた孤立した心理学者はわずかしかおらず、この概念の明確な定義や概念化を提示した人はさらに少ない。社会的変化を定義した最初の論文は、Academy of Political and Social Scienceに掲載され、Psychology of Social Changeと題された。社会変化は、「常にゆっくりとした漸進的なプロセスである」と定義された(Marquis, 1947, p. 75)。その時点から 1991年のソビエト連邦の解体まで、社会変化を心理学の分野に再び取り入れる試みはほとんど行われていなかった(例えば、Pizer and Travers, 1975; Schneiderman, 1988)。しかし、ソビエト連邦の解体とベルリンの壁の崩壊後、心理学における社会的変化に関する研究が少しずつ盛んになってきた。たとえば、いくつかの編集本(Thomas and Veno, 1992; Breakwell and Lyons, 1996; Crockett and Silbereisen, 2000)や雑誌の特集号(Silbereisen and Tomasik, 2010; Blackwood et al 2013)では、社会的変化とそれに対する人々の反応にのみ焦点が当てられている。わかりやすくするために、表33では文化・社会心理学のさまざまな下位分野におけるさまざまな理論や視点をまとめようとし、表44では心理学の下位分野でそれを行おうとしている。

表3 社会心理学における社会的変化に対処する理論と視点。

理論 /社会的変化に関する視点/ 主な著者
社会的アイデンティティ理論(SIT)

社会的アイデンティティは、社会的変化と関連する可能性のある2つの側面に依拠している。第1に、SITは、正当性、安定性、浸透性の認識に基づく社会構造の理論である。第二に、SITは集団行動などのアイデンティティ管理戦略を提案しており、それによって少数派のグループはポジティブで特徴的な社会的アイデンティティを維持または獲得することを目指している。 Tajfel and Turner, 1986

社会的優位性志向 (SDO)

SDOの観点からは、社会的変化は、SDOの高い個人における階層性を高める態度と、SDOの低い個人における階層性を弱める態度の対立として解釈することができる。 Sidanius and Pratto, 1999

相対的剥奪理論(RDT)

RDTは、2つの異なる方法で社会変革に適用することができる。まず、集団的な相対的剥奪は、人々が自分たちのグループと他のグループを比較して、自分たちのグループの方が悪いと感じ、集団行動によって自分たちの地位を向上させようとするときに起こる。第二に、「社会変化」の時には、人々は通常、混乱と社会的手掛かりの喪失をもたらす特殊な状況に直面している。そのため、自分のグループと他のグループを比較するよりも、自分のグループの現在の状況と、明確に定義された別の時期の自分のグループの状況を比較する方が簡単で、より適切であると考えられる。最近の研究では、自分のグループの集団的な相対的剥奪を評価する際に、歴史的な軌跡を利用することが提案されている。 Runciman, 1966; de la Sablonnière et al 2009a, 2010

移民とアイデンティティの統合(III)

移民は、人間の適応を必要とする社会的変化の一形態である。この分野の研究では、出身国の文化と受け入れグループの文化を同時に認識し、さらに両方の文化との接触を望む個人は、最高レベルの幸福感を得られることが実証されている。 Benet-Martínez and Haritatos, 2005; Berry, 2005; Amiot et al 2007

アイデンティティ・プロセス・セオリー(IPT)

IPT は、個人のアイデンティティの構造と、アイデンティティの脅威や社会の変化に直面したときに用いられる対処戦略を探究する。 Breakwell, 1986

システム正当化理論(SJT)

SJTは、現状を維持するための方法を説明する理論である。社会的変化というよりも、安定のための理論である。有利な立場の人も不利な立場の人も、既存の社会構造を維持するために、システム正当化のイデオロギーを支持する。 Jost他 2004年

Identity Threat Theory (ITT)

ITTでは、社会的変化の結果としてアイデンティティに対する脅威が発生した場合、個人は、新しい要素を自分のアイデンティティに統合したり、ポジティブまたはネガティブな価値観を割り当てたりすることを含むさまざまなプロセスを通じて、不均衡を回復し、自分のアイデンティティを修正することで、自分のアイデンティティの構造を規制する。 Steele et al 2002

Adjustment to Change Theory (ACT)

ACTは、個人が社会的変化にどのように適応するかを考察し、社会的支援や出来事の性質などの要因が、個人やグループが社会的変化を評価する方法を予測すると主張する。 Goodwin, 2006

表4 心理学の下位分野で社会的変化を扱っている理論

理論 /社会的変化の視点 /主な著者
文化・進化心理学

社会的変化と人間の生物学がどのように関連しているかに焦点を当て、社会的変化が人間の遺伝学にどのように影響し、人間がこれらの変化にどのように適応するかを特定することを目的とする。 Feldman and Laland, 1996; Laland et al 2000

発達心理学

この分野の研究では、社会の変化が、子どもや青年の発達段階や、彼らのアイデンティティや幸福に影響を与える可能性があることが実証されている。 Pinquart and Silbereisen, 2004; Greenfield, 2009, 2016

産業・組織心理学

社会変革の一形態としての組織変革に焦点を当てる。この分野では、組織変革を成功させる方法、組織変革の負の影響を抑える方法、組織変革に直面している人々の心理的プロセスを理解するという3つの主要なテーマが登場する。 Kanter, 1991; Burke and Litwin, 1992; Sanzgiri and Gottlieb, 1992; Meyer and Allen, 1997; Reichers et al, 1997

社会学と心理学における現在の研究と社会的変化の概念化の限界

要約表に示されているように、社会学と心理学の現代的および伝統的な理論家たちは、さまざまなマクロ社会学的または社会的なレンズを通して、そして同様にたくさんのミクロ的、心理学的または個人的な視点から、社会的変化に取り組んできた。これまでの理論と研究は、社会的変化が複雑な存在であることを示し(例えば、McGrath, 1983; Buchanan er al)。 ここで紹介する社会変化の類型化は、心理学的観点から社会変化の意味を明らかにするための最初の試みである。つまり、個人主義的な視点に焦点を当てつつ、よりミクロな、あるいは心理学的な視点から、マクロなプロセスが果たす役割を取り上げようとしているのである。ここでは、「社会変化」を適切に概念化する必要性を指摘する3つの主要な問題について議論する。

まず、最も重要なことであるが、社会変化の概念化と理解は科学文献の中でコンセンサスが得られていない(例えば、Coughlin and Khinduka, 1976)。さらに、この概念を使うときの意味を正確に定義している科学者はほとんどいない(例:Saran, 1963)。例えば、社会的アイデンティティ理論の観点(Tajfel and Turner, 1986)や社会学的紛争理論の観点から社会変化を研究する場合、社会変化はほぼ集団行動の文脈でのみ概念化される(Krznaric, 20071984; Batel and Castro, 2015; de Lemus and Stroebe, )。これに対して、文化心理学や発達心理学では、社会的変化をより広い範囲で概念化しており(例えば、ソ連崩壊などの社会変革;移民)そこでは変化が集団間対立の文脈に限定されない(Pinquart and Silbereisen, 2004; Sun and Ryder, 2016)。社会的変化の概念化に乖離があることは、すべてのタイプの社会的変化が考慮されていないため、社会的変化に関する協調的な研究を妨げている。いくつかの理論(相対的剥奪理論、社会的アイデンティティ理論、進化論、紛争理論など)では、社会変化は主に集団の変化に向けた自律的に制御された一方向のプロセスとして考えられており、これらの概念化では、自然災害などの人間が制御できない社会変化は説明されていない(Coughlin and Khinduka, 1976など)。例えば、社会変革を集団行動と同一視することは(Stroebe er al 2015参照)社会政治改革や自然災害など、個人や集団がコントロールできない社会変革を無視している。実際、「社会変化」を経験する大多数の個人は、そのような出来事をほとんどコントロールできない。これまでの分類では、社会的変化の一部の事例しか説明できないため、あらゆる種類の変化に対して「社会変化」を概念化するために必要な特性を明らかにする理論が必要となっている。

社会変化の類型化の必要性を指摘する第二の問題は、社会変化に関連するすべての社会的文脈(すなわち、安定性と慣性)がこれまでの科学的文献では考慮されていなかったことである。社会学と心理学の両方における社会変化に関する理論的・実証的研究のほとんどは、漸進的な社会変化か「社会変化」のいずれかに焦点を当ててきた(例えば、Andersson et al 2014,Bernstrøm and Kjekshus 2015年など)。しかし、社会変化の完全な理論や類型化を行うためには、社会変化のない社会的コンテクスト、つまり安定性や慣性のあるコンテクストも考慮に入れる必要がある(表1).1)。漸進的な社会変化、惰性と安定、そしてそれらが「社会変化」とどのように関連しているかを知ることは、心理学的に重要である。社会変化の4つの社会的文脈を明確に定義することで、「社会変化」に関連する結果だけでなく、これらの社会的文脈のそれぞれに関連するかなりの、そして潜在的にユニークな課題に対して、住民のための解決策を見つけることが容易になる(Abrams and Vasiljevic, 参照)。例えば、それぞれの社会的背景を明確に理解していないと、惰性で生きている社会を「社会変化」で生きている社会と誤認してしまう可能性がある。惰性の状態では、健全な社会に戻る希望が持てず、その結果、長期的な目標を立てることができないかもしれない。一方、政治的な革命のような「社会変化」の時期には、将来への希望が持て、具体的な長期的な目標を立てることができるかもしれない。本稿では「社会変化」に焦点を当てているが、社会変化に関連する社会的コンテクストの全領域を紹介している。社会的変化の心理的プロセスと影響を完全に理解するためには、安定性、慣性、および漸進性と「社会変化」を考慮できる、より包括的な社会的変化の理論が必要である。さらに、安定性、慣性、および漸進的な社会変化を定義することは、「社会変化」との比較対照のベースとなるので重要である。カルフーンは次のように述べている。「社会的変化を理解するためには、社会的継続性を生み出すものを理解することも必要である」(Calhoun, 2000, p. 2642)。

最後に、社会変化の類型化を推し進める第三の課題は、主に社会学において、社会変化として特徴づけられる特定の出来事が、異なる社会変化の理論に照らして解釈されることである。2005年にキルギスで起きたチューリップ革命を例にとってみよう。進化論者は、この革命はキルギス社会の自然な進化に従ったものだと主張するかもしれない。一方、機能主義的な理論家は、革命当時のキルギスには不均衡があったと主張するかもしれない。しかし、社会の変化を同じように概念化することは、その変化が個人に与える影響を評価するために有益である。必要なのは、これまでに開発されてきたすべての理論とプロセスに照らし合わせて解釈できる社会変化の概念化である。文献の詳細な分析を行うと、理論の違いを超えて社会変化を定義する本質的な特性を把握することができる。例えば、「社会変化」を概念化する際に確認された特徴の一つは、社会変化のペースが速いことである。例えば、「社会変化」を、社会構造の変革が大きな混乱を伴わずに行われる漸進的な社会変化と区別するためには、社会変化のペースが速いか遅いかが重要である。社会的変化を機能主義理論、社会的アイデンティティ理論、発達理論のいずれの観点から概念化しても、これらの分野の研究者の多くは、「社会変化」を特徴づける重要かつ不可欠な要素として変化のペースを挙げている。このように、社会学と心理学の先行研究から得られた特徴に基づいて社会変化の類型化を行うと、社会変化の包括的な概念が得られ、後に、異なる理論的視点からの実証研究を導くことができる。

社会学と心理学の限界に関する私の見解は、これらの学問分野が社会的変化の理解に貢献してきた洞察力を損なうものではない。実際、これらの社会科学者は、非常に重要な問題に取り組んできた。例えば、集団行動は社会変革の唯一のタイプではないが、このテーマに関する研究では、個人やグループが自分たちの状況に不満を持ち、集団行動をとるようになる要因をうまく特定している。しかし、Sampson(1989)が指摘するように しかし、Sampson (1989) が指摘しているように、「我々は、人間に関する理論を社会の変化、特に、社会的世界における歴史的な大変革と結びつけることにおいて、十分に進んでいない」(p.417) 。現代の社会世界は社会変化を特徴としているので(Weinstein, 2010)Sampson(1989)と同様に、「明日のための心理学とは、もはやリベラルな個人主義的前提に根ざしたものではなく、グローバルな時代の問題を解決するのに適した言葉で再構成された人間の理論を積極的に描き始める心理学である」(p.431)と主張している。

要するに、社会的変化を明確に検討する必要があるのは、社会的変化の包括的な類型化がなければ、今後の研究が制限されてしまうからであり、さまざまな研究分野の理論の間の認識論的な違いや、理論的な視点の違いを埋めることができる類型化が必要なのである。必要とされているのは、「社会変化」を構成するさまざまな特徴を考慮し、それを含む社会変化の明確な概念化であり、これらは、さまざまな分野や理論的方向性を持つ研究者によって提案されたものである。

社会的変化の類型化:「社会変化」の特徴について

関連する査読付き出版物を照合するために、社会学と心理学の2つの別々のデータベースを対象とした。Sociology 抗体tracts」と「PsycInfo」である。2016年を含めて、合計5,676件のアブストラクトを慎重に分析した(審査員間信頼性90%;表5)5)。原稿が我々の社会変化の類型化に関連しているかどうかを判断するために、2つの包含基準を用いた。まず、選択された要旨、そして論文は、a) 関連するオリジナルの定義を含むか、概念に関するオリジナルの視点を提供することで、社会的変化に焦点を当てていること(オリジナリティ)b) 個人またはグループレベルでの社会的変化に対する自分の視点に焦点を当てていること(パーセプション)が必要であった。

表5 規定の掲載基準を満たした要旨と論文の数
PsycInfo 社会学の要約 他の
評価された要約 2814 2862
採択されたアブストラクト 250 178
不足している記事 12 16
記事を読んで受け入れた 161 114
その他の記事や本 50
合計 325

それは、他の社会的状況では存在するかしないかの「社会変化」の必要な特性(安定性、慣性、漸進的な社会変化など)を選択し、特定することである。科学者たちは、この特性を2つの異なる方法で言及している。(1)「社会変化」、漸進的社会変化、安定性、慣性を定義・記述する際の公式な呼び方と、(2)社会変化に関する研究を紹介する際の非公式な呼び方である2表6).6)。これらの4つの特徴は、各論文(2013年10月まで)を最初に読んだ後に選ばれた。これらは、最も一貫して出現し、その重要性からより多く選ばれた。予備知識として、「変化のスピード」と「社会構造」が浮上することは予想していた。残りの2つは自然に出てきた。また、事前の知識から、「変化の価値」(つまり、ネガティブな変化)という言葉が出てくることも予想していた(例:Slone er al 2002; de la Sablonnière and Tougas, 2008; de la Sablonnière er al)。 しかし、その特徴はかなりの数の論文で現れていない。ポジティブな」変化はネガティブな結果をもたらすと報告する著者もいれば(例:Prislin and Christensen, 2005; Bruscella, 2015)「ネガティブな」変化はポジティブな結果をもたらすと報告する著者もいる(例:Yakushko, 2008; Abrams and Vasiljevic, 2014)ことから、「社会変化」の重要な特性として価値観が出てこなかったのかもしれない。

表6 劇的な社会変化の特徴

特徴 定義 出現率

1. 変化のペース

ある出来事が集団に影響を与える速さのこと。 185

2. 社会構造の断絶

社会制度などの社会の中核的な側面さえも再構築しなければならないような、過去との断絶であり、社会が完全に変容すること。 196

3. 規範構造の断絶

集団目標を達成するために大幅に修正しなければならない集団メンバーの中核的行動という点で、過去との断絶。 195

4. 文化的アイデンティティの脅威

自身のグループに関連する共有された信念、価値観、態度、行動スクリプトの識別と明確化に対す る深刻な脅威。 205

ある事象を「社会変化」として概念化するためには、4つの特徴がすべて揃っていなければならない。例えば、ある出来事が規範構造だけに徐々に影響を与えている場合、その出来事を「社会変化」とすることはできない。他の3つの社会的文脈(安定性、慣性、漸進的社会変化)については、それぞれ独自の特徴がある(図11参照)3。

変化のペース

これは、ある出来事が集団に影響を与える速さと定義されている。社会学と心理学の研究者は、社会的変化を定義する際に、変化のペースに基づいて2種類の社会的変化を区別している。すなわち、漸進的なもの(例:1次の変化、βの変化、衰退、緩やか、小規模)と劇的なもの(例:2次の変化、γの変化、突然、崩壊、大規模)である。

社会変化の理論では、社会変化のペースがその特徴を決定する中心的な要因であることを明示的または暗黙的に認めている。例えば、LenskiとLenski(1974)は、その代表的な著書の初期のバージョンの一つで、次のように述べている。「現代生活の最も顕著な特徴は、社会変化の革命的なペースである。人類の多くにとって、物事がこれほど速く変化したことはかつてなかった」(Lenski and Lenski, 1974, p. 3, See also Fried, 1964; Rudel and Hooper, 2005)。また、『Human Societies: NolanとLenski (2011)は、人類の進化が数千年の間ゆっくりと進んできたが、約100年前から加速度的に進化し始めたと述べている。同様に、Weinstein(2010)は、ここ数十年の間、「対人関係から国際関係まで、人間関係の変化の速度が急速に加速している」と指摘している(p. xvii)。

異なるタイプの社会的変化を区別する際に、ペースに言及している主要な著者が数名いることは注目に値する。例えば、組織心理学の分野では、Nadler と Tushman (1995) が、遅い「漸進的」な変化と速い「不連続的」な変化を区別しており、後者は社会的変化の類型化では 「社会変化」 として特徴づけられる。これらの著者によると、漸進的な変化は、組織の構成要素間の適合性を継続的に改善することを意図している。このような変化は、小規模なものから大規模なものまであるが、それでも、管理可能な変化と適応のプロセスが連続している。これに対して、非連続的な変化は、業界のグローバルな範囲での大きな変化と結びついていることが多く、過去との完全な決別と、組織のほぼすべての要素の大規模な再構築を伴う。このような変化は、個人がまったく新しい行動様式を身につけ、古いパターンを捨てなければならないため、よりトラウマ的で、苦痛を伴い、厳しいものとなる。このような劇的な変化は、適合性を向上させるためではなく、国民国家、機関、より大きな集団のサブグループなど、新しい集団を構築するために行われる。Newman (2000) もまた、組織の文脈において、第 1 次の変化と第 2 次の変化を区別している。ニューマンによると、社会的な漸進的変化に相当する第一次変化は、「環境が比較的 安定している時期に最も起こりやすく、長期間にわたって行われる可能性が高い」(Newman, 2000, p.604) という。言い換えれば、この種の変化はゆっくりと起こり、組織とその構成員が徐々に変化に適応していくことができる。しかし、二次的な変化 (「社会変化」) は、急進的で、組織の中核部分を変革するものである (Newman, 2000)。この場合、変化があまりにも急激であるため、必ずしも個人がそのプロセスに適応できるとは限らない (Buchanan et al 2005)。同様に、Rogers (2003) は、社会的変化を突然のものと定義しており、変化が速すぎてシステムが適応できないために、システム全体が修正されて危険にさらされる場合に生じるとしている。Diamond (2005) は、その著書の中で、ちょっとした浮き沈みでは社会が再構築されない「衰退」と、いくつかの穏やかな衰退の極端な形である「崩壊」を対比させ、「社会変化」 としている。「崩壊」の例としては、生態系の破壊、飢餓、戦争、病気などによって住民のほとんどが消えてしまうことが挙げられる。この例としては、約80万人の命を奪い、国のインフラの多くを破壊し、400万人を避難させたルワンダのような大虐殺がある(Des Forges, 1999; Zorbas, 2004; Pham et al 2004; Staub et al, 2005; Schaal and Elbert, 2006; Prunier, 2010; Yanagizawa-Drott, 2014)トルコで約150万人の少数民族アルメニア人が組織的に抹殺されたアルメニア虐殺事件(Dadrian, 1989, 1998)あるいはクメール・ルージュの移転政策、大量処刑、拷問、強制労働、栄養失調、病気などで約200万人が死亡したカンボジアのジェノサイド(Hannum, 1989)などがある。これらの出来事はすべて、限られた短い期間に、異常な数の死と人口移動をもたらした。

劇的と見なされるためには、社会の変化は迅速である必要があり、「過去との決別」を伴うものでなければならない(Nadler and Tushman, 1995; Armenakis er al)。 文献で最もよく使われる例は、東欧・ソ連の共産主義体制の崩壊である(Kollontai, 1999; Pinquart et al 2009; Round and Williams, 2010; Walker and Stephenson, 2010; Chen, 2015など)。例えば、Pinquart et al 2004, p. 341)は、社会変化に関する研究を紹介する際に、多くの西洋社会におけるイデオロギーの変化のような「緩やかな」変化と、経済・政治・社会制度の突然の劇的な変革によって拍車がかかるような社会変化の形態を表す「急激な社会変化」とを区別している。

社会構造の断絶

「社会変化」の2つ目の特徴は、集団やグループの社会構造の断絶である。社会構造という用語は、社会学の文献の中でいくつかの異なる使い方がされているが、これは社会構造という用語をどのように定義すべきかについて合意が得られていないことが一因となっている(Porpora, 1989; López and Scott, 2000)。主な論争点のひとつは、社会学の主流である「行為」(またはエージェンシー)対「構造」の二元論である(議論はLópez and Scott, 2000を参照)。その結果、多くの定義は、社会制度の役割ではなく行動を記述している(例えば、Cortina er al)。 例えば、Tanner and Jackson (2012) は、社会構造を「個人間のつながりを介した集団の形成」(p.260) と定義しており、個人間のメゾレベルの相互作用に焦点を当てている。同様に、Macionis et al 2008)は、社会構造を「社会的行動の比較的安定したパターン」(p.13)と定義している。

本論文で取り上げている社会構造とは、集団的な相互作用、役割、行動を促進し、構造化する制度など、社会のマクロレベルの要素を指している。そこで、文献にある社会構造の最も著名な定義(Marx, 1859/1970; Giddens, 1979; Porpora, 1989; López and Scott, 2000; Stinchcombe, 2000)から直接ヒントを得て、ここでは社会構造を、社会経済的な階層、社会制度、組織、国の政策や法律などのシステムで、コミュニティのメンバーの規範、役割、行動、価値観を構造化するものと定義している4。

社会学でも心理学でも、社会構造の断絶が社会変革の定義の中心となっている。例えば、Breakwell and Lyons (1996) は、社会の変化には、それまでの国家的・国際的な秩序の崩壊が伴い、社会的規範、信念体系、権力構造の再定義と再評価のプロセスが動き出すとしている。継続性と永続性という共同体の感覚が問われる一方で、社会の変化はしばしば政治的、社会的、経済的構造の大規模な変革の時期を意味する(例えば、Goodwin, 1998; Kim and Ng, 2008; Chen, 2012)。この概念化は、Silbereisen and Tomasik (2010, p. 243) が示した社会学者による定義「社会的変化とは、社会の経済的、技術的、文化的な枠組みの変化を含む、社会の構造や制度の多かれ少なかれ急速で包括的な変化であると理解される(Calhoun, 1992)」や、Kohnによる急進的な社会的変化の定義にも似ている。「我々は、変化のペースではなく、変化の性質に言及している。つまり、一つの政治的・経済的システムが全く異なるシステムに変化することである」(Kohn er al)。

集団行動に焦点を当てた研究では、その定義の根底に社会構造が置かれている。例えば、社会学における「破壊理論」は、社会的な動きが、それまで統合されていた社会構造の破壊や崩壊から生じると主張している。この理論は、集団行動を、社会制度の不適切な機能から生じる社会的不均衡の一形態とみなしている(Tilly er al)。 また、Macionis et al 2008)は、「革命的な社会運動は、社会制度を根本的に変えることで集団全体を対象にしようとする」(452ページ)と指摘している。言い換えれば、社会運動や集団行動が起こるためには、社会制度、つまり社会構造が変化する必要がある。言い換えれば、社会変革とは「集団から集団への権力の突然の移動」である(Schrickel, 1945, p. 188)。多くの著者にとって、「社会変化」は社会構造の断絶を伴うものであり(例えば、Prilleltensky, 1990)そこでは人々は「社会構造の中で、あるいはその周辺で自分のやり方を交渉する」必要がある(May, 2011, p. 367)。

規範的構造の断絶

「社会変化」の3つ目の特徴は、社会の規範構造の断絶である。読んでいるうちに、社会構造と規範構造の間に重要な違いがあることに気づいた。前節で述べたように、この区別は、社会構造を定義しようとする社会学の理論家たちも観察している二重性を指摘している(例えば、Giddens, 1979; Mayhew, 1980; Porpora, 1989; López and Scott, 2000)。社会構造と規範構造は、どちらも社会の機能に言及しているが、それぞれがコミュニティや集団の2つの異なる側面を指し示している。先に述べたように、社会構造は、政府などの社会制度のようなマクロなプロセスに関連しているのに対し、規範構造は、主にコミュニティのメンバーの習慣的な行動や規範に関連するミクロなプロセスに関連している。

Taylor and de la Sablonnière (2013, 2014)の研究に基づき、ここでは規範構造を、集団目標の達成を目的としたほとんどのコミュニティメンバーの行動と定義する。言い換えれば、規範構造が明確であれば、人々は集団の包括的な目標を達成するために、何をすべきか、いつ特定の行動に従事すべきかを知っている。規範構造の定義は、科学文献のさまざまな分野からインスピレーションを得ている。主に、社会的変化の定義から来ている。社会的変化とは、多くの場合、劇的で急激な社会的変化が起きたときに破壊される行動や習慣の変化を意味する。例えば、Bishop (1998, p. 406) は、変革的な形態の社会的変化とは、「同じ社会的アイデンティティの中で、グループが異なる行動をとる能力、さらには真新しい要素を生み出す能力」であると明確に述べている。この定義は、デランティ(2012)の「規範的文化」の概念や、メイ(2011)のように、平凡な「日常」の活動が社会的変化の中心的な位置を占めるという、さらに多くの著者の定義と一致している。

社会変革に関する研究や理論は、規範的な構造をその中心的な要素の一つとしている。例えば、Tomasik ら (2010) は、社会的変化には、「習慣を乱し、ルーチンを中断し、成功裏に修得するために関連する新しい行動を必要とする、マクロな状況の変化」が含まれると主張している (p. 247)。また、これらの著者は、緩やかな社会的変化が起こった場合、「古い考え方や行動の選択肢がまだ利用できるのが普通であるのに対し、急激な社会的変化は、古い選択肢がすぐにブロックされることが多い」と主張している(Pinquart and Silbereisen, 2004, p. 295)。したがって、後者の場合には、新しいやり方を開発することが必要になる。

Jerneić and Šverko (2001) は、「大きな政治的・社会経済的変化は、比較的安定した行動性向である人々の人生の役割の優先順位に強く影響を与える可能性がある」と論じている (p. 46)。実際、社会の規範構造は、規範や行動だけでなく、人々が日常生活の中で持つ役割によっても構成されている。「社会変化」が発生すると、これらの規範的な要素がすべて大きく影響を受け、再定義が必要になる。同様に、McDade と Worthman (2004) は、「社会化のあいまいさ」に言及している。これは、「社会変化」 の文脈においては、「社会化の過程において、適切な信念や社会的行動に関する一貫性のないメッセージや相反する期待が、発達途上にある個人にとって大きなストレス要因となる可能性がある」という状態です (p.52; Arnett, 1995; Tonkens, 2012 も参照)。

このような社会の規範構造の断絶は、自然災害のような急激な変化が起きたときだけでなく、社会の変化が社会内の集団行動の結果である場合にも存在する。Subašić et al 2012)は、「我々が何をするかは、社会的規範、制度的可能性、制度的制約によって明らかに形成される」と認めている。しかし、同様に、我々は行動することができる。つまり、一緒に行動することで、規範や制度、さらには社会システム全体を変えることができるのです」(p.66)。したがって、社会の構成員が集まって集団行動を行うとき、彼らが変えようとする社会の重要な側面は、規範と規範的構造に関するものである。

「社会変化」における規範的要素の重要性は、Taylorらが提唱した「Normative Theory of Social Change(社会変革の規範理論)」と一致している(Taylor and de la Sablonnière, 2013, 2014; see also de la Sablonnière er al)。 テイラーらの理論によると、集団、コミュニティ、国のいずれのレベルであっても、安定した時代には80対20の基本原則に沿って機能する。この原則によると、機能している社会の市民のほとんど(つまり80%)は、健全な社会の実現などの集団的な目標を達成するために、社会の規範構造に合致した規範的な行動をとり、ひいては健全なライフスタイルを維持するなどの個人的な目標も達成する。社会の中でうまく機能していない20%の市民を、必要に応じて社会的にサポートするのが80%の市民である。理論的には、規範構造に適合する人々がきちんと多数を占めている限り、社会は比較的スムーズに機能するはずである。しかし、残念ながら、そうとは限らない。時には、社会が「社会変化」に直面したとき、その規範構造が破壊され、社会の機能不全やグループメンバーの「通常の」行動の重要な崩壊につながることがある。このような状況では、集団の集合的目標に合致した行動をとる集団メンバーの数は通常よりも少なくなる。つまり、8割の人が社会のルールに則って行動していたのが、3割、4割の人しかルールに従わなくなる可能性があるということである。この場合、社会全体が適切に機能するために必要な社会的支援を提供できる立場にあるのは少数のグループメンバーだけなので、人々が規範構造の機能的平衡を回復することは非常に困難になる(Taylor and de la Sablonnière, 2014)。ここで示唆されていることは、Albert and Sabini (1974)の研究と一致している。これらの著者は、「ゆっくりとした変化」では十分な存在感を示すが、「急激な変化」という文脈になるとそうではないという、支持的な環境、すなわち社会的支援の重要性に言及している。

文化的アイデンティティへの脅威

社会的変化の第 4 の特徴は、集団の文化的アイデンティティに対する脅威である。この特徴は、文化的アイデンティティへの脅威を表現するために、異なる著者が異なる用語を使用しているため、ラベル付けが難しいものである(例:明確さの欠如、アイデンティティの衝突、アイデンティティの危機、識別の低下、アイデンティティの混乱)。アイデンティティー・コンフリクト、アイデンティティー・クライシス、アイデンティティーの明確さの欠如、アイデンティティーの変化などの用語とは対照的に、アイデンティティーの潜在的な変化を示唆する能力のために「文化的アイデンティティの脅威」が選ばれた。「社会変化」と見なされるためには、現在の形の文化的アイデンティティが何らかの形で危うくなったり、挑戦されたり、低下したりしなければならない。価値観や信念が問われ、個人は全体的に明快さを欠き、自分のグループ・アイデンティティ、価値観、信念の核心が脅かされていると感じるかもしれない。

多くの科学者が集団的・文化的アイデンティティを定義し、研究している。最近では、Ashmore et al 2004)が集団的アイデンティティを「何よりもまず、カテゴリー的なメンバーシップについての声明」と定義している。集団的アイデンティティとは、いくつかの特性を共通に持つ(または持つと信じられている)他者のグループと共有されるものである」(p.81)。この定義は、テイラー(1997)の定義と似ており、文化的アイデンティティは、共有されたルールや行動に関する信念と呼ばれている(Taylor, 1997, 2002; Usborne and de la Sablonnière, 2014)。

社会的変化が起こると、コミュニティのすべてのメンバーの文化的アイデンティティが脅かされることになる。本論文では、文化的アイデンティティに関するこれまでの研究からヒントを得て、文化的アイデンティティへの脅威を、自分の集団に関連する共有された信念、価値観、態度、行動スクリプトの識別とその明確性に対する深刻な脅威と定義する。私が検討した文献全体を通して、文化的アイデンティティの脅威は3つの主要なテーマに従って現れていた。目立った最初のテーマは、アイデンティティへの脅威は、アイデンティティの喪失またはアイデンティティの変化と関連しているということである(例えば、減算的な識別パターン;de la Sablonnière er al 2016)。大きな社会変化の中で、文化的アイデンティティへの脅威に直接言及している著者もいる(例えば、Vaughan, 1986; Smelser and Swedberg, 1994; Sztompka, 2000; Wyn and White, 2000; Van Binh, 2002; Terry and Jimmieson, 2003)。例えば、Moghaddam (2012) は、大量移民によって文化がどのように変化するかという論文の中で、グローバリゼーションによって、異なる国の異なるグループの人々が突然接触するようになると主張している。このような突然の接触は、しばしば世界中の先住民族などの多くの文化や言語の消滅をもたらしてきた。そのため、グローバル化によって、人々は自分たちの集団的なアイデンティティが脅かされていると感じる。具体的には、価値観や言語など、文化的アイデンティティを構成する多くの要素が失われることになる(Van Binh, 2002 も参照)。Moghaddamが説明したプロセスは、Lapuz(1976)が提唱したものと似ている。Lapuzは、社会の変化が急激に起こると、古いガイドラインが使えなくなるため、人々の信念や価値観が脅かされると主張している。この脅威の結果として、価値観や信念が個人の感情的な安全性や心理的な生存に貢献するため、人々は混乱してしまうのである(Lapuz, 1976; Varnum, 2008)。これは、Albert (1977) の命題と一致している。これは、Albert (1977) の「急激な変化は、自己同一性に対する大きな脅威となる」 (p. 499) という命題と一致する。同様に、BreakwellとLyons(1996)は、Changing European Identitiesと題した著書の中で、EUの発展に伴うアイデンティティの変化に関連するメカニズムを論じ、国民のアイデンティティの喪失について言及している。この文化的アイデンティティの変化は、Wall and Louchakova (2002)が「文化的集合意識の変化」(p.253)と表現しているものと似ている。これは、アメリカ人の自己の変化と、変化の中でより独立し、生き生きとした新しい自己の出現からなる(Neves and Caetano, 2009; May, 2011 も参照)。

2 つ目のテーマは、「社会変化」 の際にアイデンティティが明確にならないことに関連している。この明確さの欠如は、自分のアイデンティティの定義における不確実性や矛盾に起因する。明確な文化的アイデンティティとは、「自分のグループについての信念が、明確かつ自信を持って定義されている程度」と定義されている(Usborne and Taylor, 2010, p. 883; Taylor, 2002 も参照)。文化的アイデンティティが不明確だと、自尊心が低くなるということが理論的に実証されている(Usborne and Taylor, 2010)。このように、集団全体が文化的アイデンティティの不明確さを経験していると、人々が社会で効果的に機能する能力に影響を及ぼす可能性がある。同様に、Macionis et al 2008)は、重要な変化の時期における社会化の文脈の矛盾に言及している。人々は、新しい役割を求め、新しい「自分」を試してみる(Macionis et al 2008, p.461)。社会が投影している矛盾したモデルに適応する必要があり、それが「社会化の曖昧さ」(McDade and Worthman, 2004, p.49)につながっているのである。社会の変化は社会に不確実性をもたらすため、家族関係(Noak et al 2001)や、「感情、価値観、知覚、アイデンティティ」(Wall and Louchakova, 2002, p. 266)といった自己に関連する側面など、個人の人生のさまざまな側面に影響を与える可能性がある。

最後に、3つ目のテーマとして、著者は、劇的な文脈の変化の中でのアイデンティティの対立について言及している。例えば、ベッカーは、それまでテレビを持っていなかった地域にテレビを導入するというような急激な社会変化が、その地域の少女や女性の身体イメージにどのような影響を与えるかを調べる研究を行った(Becker, 2004)。彼女は、テレビが理想的な身体イメージに関する混乱や葛藤を引き起こし、その結果、「個人的・文化的なアイデンティティを再構築する」ことを発見した(Becker, 2004, p. 551)。場合によっては、摂食障害を引き起こすこともあった(Becker, 2004)。これは、人々が自分自身を評価し、認識する方法と直接関係している。言い換えれば、この「社会変化」は彼らのアイデンティティを変えてしまったのである。実際、深刻な文脈の変化は、アイデンティティの意味を問い、その存在を脅かすことがある(Ethier and Deaux, 1994; Macek et al 2013)。同様に、Hoffman and Medlock-Klyukovski (2004) は、現代の組織は、「典型的には、相反する利益と個人に対する矛盾した要求が目 立っている」と論じている (p. 389)。これは、社会変化の文脈に直面したときに、変革の必要性と新たな文化的規範や価値観を創造する必要性に言及した Chen (2012) と同様である。

社会変革の類型化

「社会変化」をはじめとする集団の状態に関連する社会的文脈を適切に概念化するために、私は4つの異なる社会的文脈からなる社会変化の類型を提案する。「安定」、「惰性」、「漸進的社会変化」、「「社会変化」」である(定義は表11参照)。これらの社会的文脈は、多数の社会学者(Durkheim, 1893/1967, 1897/1967; Watzlawick et al 1974; Rocher, 1992; Fukuyama, 1999; Rogers, 2003; May, 2011; Nolan and Lenski, 2011など)心理学者(e.g, Katz, 1974; Moghaddam, 2002; Pinquart and Silbereisen, 2004; Goodwin, 2006; de la Sablonnière et al 2009a)組織行動分野の科学者(Golembiewski et al 1976; Tushman and Romanelli, 1985; Armenakis et al 1986; Nadler and Tushman, 1995; Thompson and Hunt, 1996)などが挙げられる。

4つの社会的背景には様々な概念が存在するため、それぞれに意味のあるラベルを選ぶ必要があった。安定」と「惰性」については、この2つのラベルは一般的に使用され、一貫して適用されているので、選択は比較的容易であった。また、「安定」ではなく「現状維持」という言葉も検討した(例:Prilleltensky, 1990; Diekman and Goodfriend, 2007; Mucchi-Faina er al)。 しかし、慣性の文脈では「現状維持」もあり得るので(例えば、Subašić er al)。

「漸進的」と「劇的」な社会変化に関しては、異なる研究分野の著者が異なるラベルを使用しているため、決定はより困難であった。例えば、Golembiewskiら(1976)は「「社会変化」」と呼ぶ代わりに「ガンマ変化」と呼び、NadlerとTushman(1995)は「不連続変化」と呼んでいる。また、「二次的な変化」(Watzlawick et al 1974年、Bartunek and Moch、1987年、Bate、1994年、Newman 2000年)「急激な」(Back、1971年、Pinquart and Silbereisen 2004年)さらには「急速な」変化(Becker 2004,McDade and Worthman 2004)と呼ぶ人もいる。「劇的な」社会変化という言葉は、普通の人々が直面している状況をはっきりと明確に定義することができるという点で選ばれた。同様に、「漸進的な」社会的変化という言葉も、「一次的な変化」「二次的な変化」「三次的な変化」というラベルよりも好まれた。同様に、”一次的な変化”、”ベータ版の変化”、”継続的な変化 “というラベルよりも、”漸進的な “社会的変化という言葉が好まれた。

安定性

安定しているとは、社会の実態が維持されており、集団の大部分が社会の目標を達成しようと積極的に努力している状態である。Weinstein(2010)が言うように、それは「確立された秩序が効果的に機能しているように見え、内部または他の社会からの妨害的な影響が軽微である」状態である(p.9;変化がないことが安定と同一視されているBess(2015)も参照)。実際、社会的変化の4つの特徴のいずれも存在しない。例えば、社会構造や規範構造の変動は少なく、変化がコミュニティでの通常の行動として定義されているものに影響を与えることはない(Harmon er al)。 確かに、死別や離婚などの個人的な変化は、今でも社会の一部のメンバーに発生する。しかし、個人的な変化があっても、社会的構造や規範的構造は破壊されない。主な理由は、集団的な社会的支援システムが機能し続け、人々が個人の生活に変化が生じた場合にはその支援に頼ることができるからである。このことは、Albert and Sabini (1974)が、社会的に支援のある環境や社会の周辺部で起こった変化は、社会への負担が軽減されるため、支援のない環境で起こった変化よりも破壊的でないと認識されると主張した結果とも一致する。

これまでの研究と同様に、安定性とは、ある出来事が、そのペースに関わらず、社会の社会的・規範的構造の均衡やグループメンバーの文化的アイデンティティに影響を与えない状況と定義することができる。しかし、その出来事は、孤立した数の個人に影響を与える可能性がある。この安定性の定義を明確にするための例として、選挙がある。多くの人がこの出来事に興奮し、影響を受けているように見えるが、たとえ政党が変わったとしても、選挙は必ずしも社会に亀裂をもたらすものではない。社会の核となる部分は安定しており、市民は選挙やその結果によって生活が大きく乱されたと感じることなく、活動を再開することができる。例えば、敗北した政党の支持者が敗北の悲しみや絶望を感じたとしても、他の多くの市民は政権交代の影響を受けないため、彼らを助けることができる。しかし、別の文脈では、選挙というイベントが「社会変化」の引き金になることもある。例えば、社会的な革命につながる場合などである。

イナーシャ

安定性とは対照的に、慣性がある状況とは、社会を構成する人々のほとんどとは言わないまでも、多くの人々に影響を与える状況を意味する。惰性とは、ある出来事が、そのペースに関わらず、社会の社会的・規範的構造の均衡を取り戻すことも、グループメンバーの文化的アイデンティティを明確にすることもできない状況を指す。

惰性の時代には、「ポジティブ」な出来事が起きても、そのポジティブな影響を維持するための持続性がない。ここでは、ソ連崩壊後、国民が惰眠をむさぼってきたベラルーシを例に挙げている。1994年からルカシェンコがこの国の大統領を務めている。彼の独裁的な支配のもと、ベラルーシはヨーロッパで最後の独裁国家として知られている。多くのベラルーシ人は、より民主的で開かれた社会を切望しているが、国はいまだに惰性で動いている。Buchanan et al 2005)は、惰性の状態を「適切な活動の欠如、能力の欠如、シグナルに注意を払わないこと、したがって、望ましい状態ではなく障害となる状態」(p.190)と表現している。惰性とは、組織 (またはグループ) に必要な変化を実行する能力がない (リソースや意志がないなど) ために、建設的な変化が起こらないという望ましくない状況であると考えられる。また、これらの著者は、変化が実行されたとき、その持続可能性のためには、マネジャーとスタッフ(またはコミュニティのメンバー)が同じ目的を共有することが必要だと主張している。また、将来に対する不確実性は最小限でなければならない。

したがって、変化が起きたときの持続可能性を支える基準は、惰性で停滞している社会にはすでに存在しないと考えることができる。したがって、ベラルーシのような社会における惰性とは、人々が将来に対して不確実であり、政府と同じ長期的な目標を共有していない状況を意味する。社会を前向きに変えたいという願望はあっても、社会の実際の構造は、変化を実行し、持続させることを難しくしている。実際、ポジティブな変化を維持するためには、社会の問題に対処するための適切なリソースを持っている権力者の支持を得なければならない。当然のことながら、このような変化の持続可能性は、独裁的な統治スタイルによって脅かされる(Buchanan et al 2005)。

要するに、惰性と安定性は異なるということである。「惰性」の場合、社会のほとんどの構成員は、自分たちの集団の実際の状態からの変化を望んでいるが、集団的な社会的支援の欠如や、文化的アイデンティティの不明確さのために、変化を適切に維持することができない。一方、「安定」の場合は、集団の目標を達成する際に、社会が効率的に機能している。

インクリメンタルな社会変化

インクリメンタルな社会変化とは、ゆっくりとした出来事が、徐々にではあるが社会の変革をもたらし、社会的構造や規範的構造をゆっくりと変化させたり、グループメンバーの文化的アイデンティティを変化させたり、脅かしたりする状況と定義される。ゆっくりとしたペースは、漸進的な社会変化が起こるために必要である。さらに、他の3つの特徴のうち少なくとも1つが起こる必要がある。AbramsとVasiljevic(2014)は最近の論文の中で、「共有された価値観のより広い受容と異なる価値観の寛容」を伴う漸進的な社会変化の1つの形を表しうる「成長」と、現在のグループとの「不同化」が起こりうる「後退」について述べている(p.328)。

漸進的な社会変化の例として最もよく挙げられるのは、技術革新である(例えば、Rieger, 2003; Weinstein, 2010; May, 2011; Hansen et al, 2012)。多くの場合、技術の普及に伴う社会構造の断絶はなく、規範構造や社会的支援はそのまま維持される。この種の社会的変化は、その段階的な性質から、古い行動と新しい行動の間に即座に対立が生じることはない。例えば、テレビが導入されたとき、人々はこの新しいテクノロジーを生活に導入することの結果を知らずにテレビを購入した(Becker, 2004; Macionis er al)。 今日、振り返ってみると、テレビを買うことは、我々の社会と生活様式を変える多くの新しい行動を伴うことがわかっている。確かに、社会の変化は、「他の目標や関心事を追求することの副産物」のようにも思える(Subašić er al 2012, p.62)。漸進的な社会変化にありがちな長いタイムスパンは、その結果を予測できない、意図しないものにする。例えば、Weinstein が述べているように (Weinstein, 2010)、「電子的なテレコミュニケーションが我々のグローバルな革命においてどのような役割を果たしたかを正確に評価することは不可能であろう。

携帯電話は、社会的な変化の中でも特に優れた例である。携帯電話が市場に出回った当初は、一部の限られた人しか持っていなかった。しかし、年々、携帯電話を持つことが当たり前になり、今では持っていないことは考えられない。さらに、携帯電話が発売された当初は、現在のような社会的な用途ではなく、主にビジネスで使用されていた(Aoki and Downes, 2003)。同様に、パーソナルコンピュータの登場(Kiesler et al 1984; Robinson et al 1997)インターネット(DiMaggio et al 2001; Brignall III and Van Valey, 2005)ソーシャルメディア(Robinson et al 1997; O’Keeffe and Clarke-Pearson, 2011; Oh et al 2015)などの他のテクノロジーの変化も、将来的には、社会構造や社会規範の歴史的変容における重要な出来事として認識されるようになるだろう。このようなテクノロジーは、「社会変化」ではないが、人々の相互作用の方法を段階的に変化させてきたので、それにもかかわらず、社会的な変化である。変化は比較的長い期間にわたって起こるため、変化のパターンには一貫性があり、それによって社会構造が適応し、その結果、無傷でいられるのである(Nadler and Tushman, 1995)。そのため、漸進的な社会変化を経験した個人は、集団的な社会的支援が変化しない限り、適応することができる。例えば、まだ携帯電話を持っていない人には、携帯電話を買いたくてもその機能を理解していない人には、この新しい技術に適応するためのサポートをしてくれる人がたくさんいる。ここでは技術的な変化を漸進的な変化として概念化しているが、重要な社会的革命を引き起こすなど、技術が「社会変化」を引き起こすために使用される可能性もある(Rodriguez, 2013)。

テクノロジーが最も適切な例であるにもかかわらず、医学などの社会の他の側面でも漸進的な変化が観察される。実際、効果的な避妊法(Goldin and Katz, 2002)のような医学の進歩も、社会に大きな変化をもたらす原因となった。避妊の例は非常に重要で、ピルは女性に性のコントロール能力を与えることで、社会における性別の役割に深い影響を与えた。ピルは、女性のキャリア投資に直接的なプラス効果をもたらしただけでなく、学校に長く通えるようにもなった。ピルは女性の社会進出を大きく変えた。この段階的な社会変化の影響は、男女平等のための闘争だけでなく、上級管理職や政府の役職など、現代の職場のあらゆるレベルに女性が積極的に関わるようになったことで、今も我々に響いている。つまり、漸進的な社会変化は、社会構造や集団的な社会支援システムを壊すことなく、社会における深遠な変化となるのである。

劇的な社会変化

「社会変化」は、「社会構造の適応能力を超えて、社会構造の均衡に完全な断絶をもたらす深遠な社会変革」と定義されている(de la Sablonnière er al 2009a、p.325)。この定義は過去の社会学的研究(Parsons, 1964; Rocher, 1992)に基づいているが、ここでは「社会変化」の4つの特徴に合わせている。具体的には、「社会変化」は、急激な出来事によって社会が大きく変化し、社会的・規範的構造の均衡に断裂が生じ、グループメンバーの文化的アイデンティティが変化・脅かされる状況と定義することを提案する。

漸進的な変化と同様に、「社会変化」は社会に根本的な変化を誘発する。しかし、その変化はより急速なペースで起こり、過去との断絶を引き起こす。このような不連続性を強調するために、「社会変化」を「以前の社会秩序の崩壊」や「参照の枠組みの崩壊」と呼んでいる著者もいる(Golembiewski et al 1976年、Nadler and Tushman、1995年、Breakwell and Lyons、1996)。また、”新しいものの構築”、”再認識”、”再定義 “などの言葉も使われる。確かに、社会構造の崩壊は、社会の核となる要素の再構築の必要性を伝えている。したがって、「社会変化」 は、ある時代が終わり、別の時代が始まることを示す、社会構造の完全な断絶として概念化することができる(Tushman and Romanelli, 1985; Kohn et al 2000; Weinstein, 2010)。また、Rogers(2003)のような他の研究者も、急激な社会変化は社会構造と絡み合っていると見ている。より具体的には、Rogers (2003) は、急激な社会変化は、個人の適応能力を超えることで社会構造を脅かす可能性があると述べている。当然のことながら、「社会変化」 は、社会構造だけでなく、それを経験する大多数の社会構成員にとっても、最も破壊的なタイプの変化であり、すなわち、規範構造や文化的アイデンティティが問われる。「社会変化」は、価値、規範、関係の再定義を伴うため、個人はもはや習慣やルーチンに頼ることはできず、新しいスキルや新しい定義を学ぶ必要があり、さらに挑戦的に言えば、古いやり方を学び直す必要がある(Nadler and Tushman, 1995; Tomasik et al 2010)。その結果、「社会変化」は個人にとって苦痛であり、混乱する経験であると言われている(Hinkle, 1952; Lapuz, 1976; Nadler and Tushman, 1995; Kohn et al 2000; Wall and Louchakova, 2002; Rioufol, 2004; Hegmon et al 2008)。

「社会変化」の良い例は、ソビエト連邦の崩壊である。ゾイアの例に戻れば、キルギスと旧ソ連のすべての人々がソ連の崩壊の影響を受けたことは明らかである。貯金をすべて失ったのはゾイアさんだけではなく、大半の人が数日のうちに貯金を失っている。貯金を失ったのはゾイアだけではない。旧ソ連の崩壊について、Goodwin(2006)は、家族を含めた国民の大半が基本的な生活を送るために複数の仕事を掛け持ちしていたこともあり、高齢者が社会的支援を受けにくい傾向にあったと指摘している。さらに、旧ソビエト連邦の崩壊により、国家による正式な支援が減少したため、高齢者は正式な社会サービスに頼ることもできず、退職後の収入を再建する時間もなかった。これは、「社会変化」が発生したときに見られる社会構造の断絶と、集団的社会支援に頼れない大多数の一般集団メンバーへの影響を示している。

Coming Full Circle: Theoretical implications

古代ギリシャの哲学者ヘラクレイトスは、「不変なものは変化だけである」と言ったとされている。不変と思われがちな文明、社会、コミュニティ、組織は、徐々に、あるいは一瞬のうちに、複数の「社会変化」に直面する。社会科学者たちは、社会の変化が激化しているだけでなく、今日の世界を定義していることに同意している。実際、Weinstein (2010) は、「平和的なものも暴力的なものも含めた急速な変化は、今日の地球上のほぼすべての人が、無条件に受け入れるとまではいかないまでも、期待するようになった人生の事実である」と強調している (p. 3)。

今回の論文の目的は、社会的変化の心理学についての会話を始めることであった。そこで、社会学と心理学の両方における社会変化の主要な視点を簡単にレビューした。両分野とその下位分野で行われた研究は、それぞれの知見を集約する努力をせずに、別々のサイロに留まっている。このことは、残念ながら現在の社会変化に関する文献に包括的なアプローチがないことを意味している。つまり、社会変化は、さまざまな社会的文脈の中で「社会変化」を定義したり、文脈化したりする単一の視点に統合されることはなかった。さらに重要なことは、社会変化は、ミクロプロセス、マクロプロセス、およびそれらの間の重要な関係を扱うように概念化されていないことである。その結果、社会的変化の類型化は、「社会変化」の比較基準となるような異なる社会的コンテクスト(例えば、安定性)を導入することになる。私は、文献のレビューに基づいて、「社会変化」に必要な4つの特性を提案する(表(表66))。

そして、本論文は、現在、互いに孤立している様々な社会変化の理論を統一するための第一歩を提供するものである。実際、我々のアプローチは、SunとRyder(2016)が提起した、「急速な社会文化の変化に対するより微妙な理解と、変化をマルチレベルで扱うようにデザインされた洗練された研究方法」(p.9)の必要性に関する課題を解決することを目指している。私が提案している社会変化の類型化は新たな概念であるため、ここで提示した見解が他の人を刺激して、個人の視点から「社会変化」についての必要な理解に貢献することを期待して、議論を呼び掛けている。さらに重要なことは、このような社会変化の類型化に基づいて、社会変化の結果を理解するための指針となるような理論モデルを提案できるということである。例えば、このような理論モデルは、以下の3つの質問に答えることができる。異なる社会的コンテクストは互いに関連しているのか?何が社会をある社会的文脈から別の社会的文脈へと移行させるのか(例えば、安定から「社会変化」へ)。「社会変化」のさまざまな特性はどのような役割を果たしているのか?これまでのところ、上記の3つの疑問に対する答えは残されたままであり、「社会変化」のさまざまな特徴が順序立てて整理されているわけでも、社会のある状態から別の状態へと移行する鍵となるものとして特定されているわけでもなかった。図1,1では、社会変化の心理学への第一歩として、社会的コンテクストと「社会変化」の特徴を統合した理論モデルを提示している。

図1,1に見られるように、スローペースの出来事もファストペースの出来事も、安定性、慣性ともに現状に影響を与えない。したがって、過去との決別はなく、したがって、社会的・規範的な構造の断絶もない。このように、この2つの社会的文脈においては、ある出来事が急激に起こったとしても、集団や社会の現状はその影響を受けないままである。だからこそ、「社会変化」を定義する上で重要な特性は、ペースだけではないのである。例えば、飛行機の墜落という急激に起こるドラマチックな出来事があったとしても、それが社会全体に影響を与えるとは限らない。また、安定した状態では、早いか遅いかのイベントが起こっても、規範や社会構造には影響がないため、グループの文化的アイデンティティが直接脅かされることはない。同様に、惰性の状態でイベントが起こっても、規範や社会構造が影響を受けないため、社会の文化的アイデンティティに対する追加的な脅威はない。

これに対して、社会が徐々に変化している状態では、ゆっくりと発生する事象は、十分に深遠なものであれば、社会構造や規範構造を徐々に変化させるとともに、文化的アイデンティティを脅かしたり変化させたりすることになる。「社会変化」が発生するためには、速い出来事が発生する必要がある。その出来事が十分なインパクトを持っていれば(つまり、安定した状態や惰性的な状態でなければ)社会構造や規範的構造を破壊することになる。多くの異なる「社会変化」のコンテクストが示すように、この2つの構造の崩壊には3つのシナリオが考えられる。(1)社会的構造が先に破裂し、それが後に規範的構造の破裂につながる(例:Zhang and Hwang, 2007)(2)規範的構造が先に破裂し、それが後に社会的構造の破裂につながる(例:Centola and Baronchelli, 2015)(3)社会的構造と規範的構造の両方が同時に破裂し、お互いに影響しあう、というものである。

1)のシナリオの例としては、今回のアメリカの大統領選挙が挙げられる。ドナルド・トランプの大統領就任は、米国の経済構造の変化だけでなく、政治的な変革をもたらす可能性を秘めている(社会構造への断絶)。トランプ政権のリーダーシップは、大きな構造的変化を運び、それが規範構造の断絶につながる可能性がある。現時点では、この新しいガバナンス(社会構造)が規範構造に影響を与える可能性が大いにあることが示唆されている。一部の人々は、アメリカへの移民を増やすことに難色を示すことに「オープン」になっているが、これは最終的には、アメリカ国内で異なる民族があからさまに争うような規範構造の断絶につながる可能性がある。第二の例は、1759年のエイブラハム平原の戦いで、フランス系カナダ人がイギリス系カナダ人に敗れたことである。この戦いは7年戦争の中でも重要な意味を持ち、イギリス軍に力を与えた(Veyssière, 2013)。この戦いの結果、フランスは経済的構造力のほとんどをイギリスに奪われ、教育の低下が始まった。その結果、フランス人のメンタリティや行動様式が変化した。規範は、新しいルールや経済力の喪失に適応しなければならなかったのである(Veyssière, 2013)。

アメリカにおけるアフリカ系アメリカ人の公民権運動、南アフリカにおけるアパルトヘイトの崩壊、ケベックにおけるクワイエット・レボリューションのような状況では、社会構造よりも先に規範構造が破たんしてしまうことがある。過去のアフリカ系アメリカ人が諦めの気持ちに悩まされていたとすれば、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアやローザ・パークスのようなリーダーは、自分たちのより良い未来のために戦う意志を与えてくれたのである。このような規範構造の崩壊は、アフリカ系アメリカ人の公民権運動につながり、それが社会構造の変化をもたらした(例:学校の人種差別撤廃)。この運動は、人種的不平等、隔離、差別に反対する運動であり、人種、肌の色、宗教、性別に基づくあらゆる種類の隔離を禁止する1964年公民権法をはじめとする連邦法の改正を促した。

また、社会構造と規範構造が同時に崩壊した例として、ソビエト連邦の崩壊が挙げられる。この出来事は、経済、政治、社会の各構造に大きな変化をもたらした(社会構造への断絶)。同時に、国民の多くが大きな経済危機に陥り、1つの仕事ではなく複数の仕事をするなど、普段の行動や習慣が乱れた(規範的構造の断絶)。

規範構造や社会構造が破壊されると(その順序は問わない)文化的アイデンティティが脅かされることになる。世界的な混乱、曖昧さ、不明瞭さが生じ、個々のグループメンバーが自分のグループへの帰属意識を変える動機となるかもしれない。

社会と個人の対処能力に応じて、安定か惰性かという2つの結果が考えられる。「社会変化」が起こった社会が、個人レベルと社会レベルの両方で対処メカニズムや適応メカニズムを発達させることができれば、安定性が回復するかもしれない。安定とは、異なる社会的・規範的構造が機能するようになり、文化的アイデンティティが明確になり、もはや脅威ではなくなることである。一方、社会や個人が対処メカニズムを構築できなければ、社会は惰性的な状態に陥る。惰性状態の社会では、大きな社会的変化がなくなっても、変化の必要性や欲求がまだ残っている(Sloutsky and Searle-White, 1993)。これは、「社会変化」が、結局、集団の統治方法や市民の扱い方を実際には変えられなかったことが原因となっている可能性がある(Moghaddam and Crystal, 1997; Moghaddam and Lvina, 2002)。

「社会変化」の結果

安定性、慣性、漸進的変化、「社会変化」といったさまざまな社会的文脈の範囲や、「社会変化」の具体的な特徴を知ることは、「社会変化」を評価し、それが一般の集団メンバーの心理的幸福に与える影響を評価するという点で、研究者の指針となる可能性がある。具体的には、潜在的な理論モデルを含む社会変化の明確な類型を確立した後、社会変化の心理学の第二段階に進むことができる。この第二段階では、異なる対処メカニズムが「社会変化」の心理的幸福への影響を決定する(媒介する、緩和する)のかどうか、またどのように決定するのかを論じる必要がある。この問題は、自然災害、集団暴力、技術災害を含む160の研究をレビューしたNorris et al 2002)の研究と密接に関連している。彼らは、60,000人以上の参加者から、このような出来事は参加者の人生に否定的な影響を与えると結論づけた。彼らが報告したほとんどの研究では、社会的支援、経済的地位、年齢が社会的変化へのより良い適応に関連する可能性のある要因として特定されている。多様な要因が示唆されているものの、彼らが報告した研究は「無理論的で、プログラム的なものはほとんどない」(Norris et al 2002, p. 249)。私は、Norris et al 2002)に従って、適応メカニズムに関わるメディエーターやモデレーターが今後の研究の焦点になるべきだと主張する。私が特定した4つの特徴は、この目的を達成するために極めて重要な役割を果たす可能性がある。まとめると、社会的変化と幸福度の間の関連性はまだはっきりしていない(例えば、Liu er al)。 このような調査は、最終的には、人々が「社会変化」の課題に適応するための具体的な介入策を設計する際の指針となるであろう(Rogers, 2003; Vago, 2004)。

人々の対処メカニズムを理解するために役立つ可能性があるものとして、文献からレジリエンスの概念が出てきた。レジリエンスとは、逆境に直面したときに立ち直ることと定義されている(Bonanno, 2004)。「社会変化」の具体的な例では、レジリエンスの高い人とは、通常の機能を維持し、不利な状況にも適応することができる人である(Masten, 2001; Curtis and Cicchetti, 2003; Luthar, 2003; Masten and Powell, 2003)。研究によると、かなりの数の人々が、困難な個人的状況に適応できることがわかっている(例えば、Bonanno, 2004)。しかし、レジリエンスは、ほとんどの場合、愛する人の死や個人的なトラウマなどの個人的な変化の文脈で研究されてきた(Bonanno, 2004)。個人的な変化と同様に、この反応のばらつきは、レジリエンスの個人差によるものかもしれない。このことは、社会変化の心理学においてこの変数を考慮する必要性を強調している。より具体的には、「社会変化」の特徴に対する人々の認識を、様々な回復の道筋(例えば、レジリエンス、回復、慢性的な苦痛、遅延反応など;Bonanno, 2004)と結びつける際に、レジリエンスに関する文献が重要であることがわかるかもしれない。

レジリエンスに関する研究の多くは「個人的な出来事」に焦点を当てているが、「集団的レジリエンス」や「コミュニティ・レジリエンス」と呼ばれる別のタイプのレジリエンスもある(例えば、Landau and Saul, 2004; Kirmayer et al 2011)。集団的レジリエンスを説明するために、ある社会の規範構造が崩壊し、その文化的アイデンティティが脅かされた場合を考えてみよう。このような状況では、個人が「社会変化」に個別に対処するための指針や価値観がなくなってしまう。さらに、変化の影響を受けたすべての個人が、同じ負の状況に置かれることになる。その結果、個人は、変化に集団で適応する方法を見つける必要があるかもしれない。このように、レジリエンスに関連するプロセスは、個人的な変化の場合と社会的な変化の場合とで異なる可能性がある。したがって、社会的支援が容易に得られない「社会変化」の状況でも、適応のメカニズムが同じであるかどうかを探ることが重要であると考えている。

社会的変化に関する研究の実施

社会変化の真の心理学を語るためには、社会変化とその結果を実際に研究することができなければならない。フィールドで実施される大規模な相関的調査や縦断的調査、および実験室での実験など、さまざまな方法論を組み合わせることが、社会変化とその結果を真に研究する唯一の方法であると証明できるかもしれない(de la Sablonnière er al)。 一方で、「社会変化」に関する人々の直接的な経験を捉えるためには、現場で行われる相関分析が必要である。しかし、因果関係を主張できない設計になっているという制限がある。また、人的・金銭的リソースが必要であり、研究者にとって危険な場合もある。さらに、研究や共同作業のプロセスを円滑に進めるためには、言語などの文化に関する深い知識やコミュニティ内の人脈が必要である。

一方、社会的変化の特徴とその結果との関連性を理解するためには、統制された条件を確立するための実験室実験が必要である。しかし、実験室で社会変化の実際の特性を再現することは難しく、生態学的な妥当性が制限されるため、実験室実験の設計は困難である(de la Sablonnière er al 2013)。実際、社会的変化には、歴史的プロセス、集団的視点、関連する文化的要素など、さまざまな要素が含まれており(Moghaddam and Crystal, 1997)その影響を人工的な環境で再現するためには、それらを考慮に入れなければならない。例えば、日本の東北津波やシリア紛争の影響を実験室で完全に再現することはできないし、社会的変化の影響を評価するための実験室での研究で、社会的変化のすべての特性を考慮することもできない。しかし、もし「社会変化」の異なる特性を用いた研究が複数行われたならば(あるいは複数の特性を組み合わせた研究が行われたならば)その結果を収束させることで、「社会変化」が個人やコミュニティに与える影響をよりよく理解し、予測することができるようになるであろう。少なくとも実験室では、「社会変化」の4つの特性のうち1つ以上を実験条件として含むシナリオやビデオを用いて、参加者に想像上の変化を与えることができる(Pelletier-Dumas er al)。提出)。実験的研究が「社会変化」を正確に反映するものではなく、多数の実験で特徴の一部をテストすることを科学界が受け入れれば、実験室での実験が重要な貢献をもたらし、最終的にはリアルワールドへの一般化を可能にする可能性がある(例としては、Betsch er al)。

しかし、社会変革に関する研究を行うことの難しさは、タイムリーな研究を可能にする方法で倫理的同意を得るという課題によって増幅される。「社会変化」の実験的操作に関しては、倫理委員会の同意を得ることは面倒なことである。実際、一部の著者(Kelman, 1967; Bok, 1999; Clarke, 1999; Herrera, 1999; Pittenger, 2002)によれば、参加者を欺くことは倫理的に正当化することが難しいとされている。欺瞞は貴重な方法論的資産となりうるため(Bortolotti and Mameli, 2006)特にこのような捉えどころのない対象に対しては、欺瞞の使用に関するこのような反論は、「社会変化」を真剣に研究しようとする試みを台無しにしかねない。さらに、新しい分野の研究では、参加者に害を与えないように、倫理学者が制限を加えることができる新しい技術や方法が必要である(Root Wolpe, 2006)。他の新技術と同様に、劇的な変化をもたらすことに重点を置いた方法は、予想外のリスクを伴うと考えられる。

おわりに

個人とそのコンテクストの間の相互作用を真に理解するためには、社会心理学の理論は、我々が常に変化する世界に生きていることを考慮しなければならない。残念ながら、社会心理学は社会の変化を理解することに根ざしていたが、現代のほとんどの心理学の理論は、社会の変化の「真の」心理学に取り組むことを控え、社会の変化を社会学の分野に追いやりたがっている。

社会的変化に焦点を当てることで、社会的変化の重要性を強調する社会学と、複雑な個人のプロセスの重要性を強調する心理学を組み合わせることができる。結果として、私の理論的提案は、社会的変化が中心である社会学と、厳密な科学的手法によって変化する社会的文脈の中で生きる個人の心理的プロセスを研究することができる心理学とを結びつけることを目的としている。

一般的に、社会的変化の概念に関するより多くの研究が必要とされており、それによって社会的変化の悪影響を予測し、予防し、最小限に抑えることができるようになる。心理学者と社会学者が協力して社会変化の心理学を発展させれば、ゾイアのようにほとんどすべてを失った人々をよりよく理解し、助けることができ、結果として「社会変化」を経験した何百万もの人々の生活の質を向上させることができるかもしれない。

著者の貢献

この論文は、RdlSが単独で執筆した。また、本稿でレビューしたすべての論文の要旨を探して読むために、研究助手に報酬を支払った。

資金調達

本研究は,カナダ社会科学・人文科学研究評議会(SSHRC)からの助成金,およびケベック州社会・文化研究基金(FRQSC)からの助成金により設立された。

利害の衝突に関する声明
著者は、本研究が、潜在的な利益相反として解釈される可能性のある商業的または金銭的関係がない状態で実施されたことを宣言する。

謝辞

RdlS モントリオール大学心理学部。コメントや協力をしてくれたすべての同僚とSocial Change and Identity Labのメンバーに感謝している。彼らは過去10年間、私が社会的変化について語るのを聞いてきてくれ、このアイデアを追求するように決して止めないで励ましてくれた。また、「バブーシュカ」と呼ばれる人々や、「社会変化」の文脈の中で出会った人々にも感謝している。これらの人々は、日々、私にインスピレーションを与え続けてくれている。洞察に満ちたコメントをいただいた編集者と3人の評価者にも感謝している。また、Matthew Davidson、Saltanat Sadykova、Lily Trudeau-Guévin、Alexie Gendron、Jérémie Dupuis、Raphaël Froment、Donald M. Taylorの各氏には、原稿作成のさまざまな段階でご協力いただきた。最後に、すべての段階で資料と私を含むチームの調整に辛抱強く対応してくれたNada Kadhimに感謝したいと思う。

脚注

1『Human Societies』をはじめとする社会学の主要な読み物。An Introduction to Macrosociology (Nolan and Lenski, 2011), The Sociology of Social Change (Sztompka, 1993), Social Change (Weinstein, 2010) などの主要な社会学の読み物には、今回のレビューの範囲を超えたこれらの理論の詳細な記述がある。

2紙面の都合上、私が遭遇したすべての方法論的な詳細とステップについてはここでは述べていないが、著者にリクエストすれば入手可能である。

3 “social change “という用語は、”event “という用語とは区別する必要がある。イベントは、社会的変化とみなされる場合もあれば、そうでない場合もある。イベントは、それが漸進的であれ劇的であれ、社会的変化をもたらす可能性がある(Sewell, 1996)。しかし、出来事は、歴史の流れに影響を与えない「ハプニング」の一形態を示す場合もあり、必ずしも社会的変化に結びつくとは限らない(Nisbet, 1972)。要するに、出来事とは「侵入」や「正常な状態の、どんなに穏やかな乱れ」(p.26)なのである。社会的変化とは対照的に、イベントでは、通常の乱れは一時的なものであり、時間的には重要ではないかもしれない。

4社会構造の定義は、本稿の範囲を超えた課題である。私の理解では、社会構造の概念は、その概念に取り組んでいる科学者の数と同じくらい多く存在する。社会構造を定義することがいかに難しいかを示す最も重要な問題は、最も著名な社会学者の一人であるGiddens(1979)が、社会構造を定義する際に「構造の二重性」に言及していることである(構造対エージェンシー)。一方で、社会構造は制度、より具体的には「行動を構造化する集合的な規則と資源」を表している(Porpora, 1989, p.195)。ここで、科学者たちは、「組織の環境を形成する集団、制度、法律、人口の特性、社会的関係のセット」(Stinchcombe, 2000, p.142)あるいは「社会的事実の行動を支配する法則的な規則性」(Porpora, 1989, p.195)に言及している。一方、社会構造は、「人々がどのように行動し、お互いの関係において、基礎となる規則性やパターン」(=エージェンシー、Giddens er al)。 ここでは、社会制度が果たす役割ではなく、規範的な行動や個人の役割が定義されることが多かった(例:Cortina er al)。

この二面性は、ギデンの研究だけでなく、社会構造の定義に著作を捧げた他の社会学者にも反映された社会学の議論を開始した(例えば、Parsons, 1964; Mayhew, 1980)。例えば、Porpora (1989)は、これらの概念のいずれかを反映した、社会構造を概念化する4つの主要な方法を報告している。さらに最近では、Bourdieu (1975) や Goffman (1983) の研究に基づいて、López と Scott (2000) は、社会構造には、制度的構造や関係的構造に加えて、もうひとつの側面があると提案している。それは、「人間の身体と心に刻まれた習慣やスキル」と表現される身体化された構造である。

さらに複雑さを増すのが、ロシア人形のように互いに埋め込まれている可能性のある「システム」を説明する研究者(例えば、ブロンフェンブレンナー、1979,1994;他の「システム・ビュー」については、例えば、Marx, 1859/1970;Habermas, 1987を参照)である。これらのシステムには、ミクロシステム、メソシステム、エクソシステム、マクロシステム、クロノシステムといった「入れ子構造の集合体として考えられる」生態環境が含まれている(Bronfenbrenner, 1994, p.39)。この「生態学モデル」は、社会学用語としての社会構造の複雑さを示している。

社会構造の定義が明確でないために、あるいは社会構造の定義が社会構造の異なる側面を指し示しているために、科学者はしばしば論文の中で社会構造を定義することを避け、それによって一般的な混乱を助長している。社会構造の他の側面やレベルが重要でないというわけではないが(例えば、メソ、ミクロ)本論文で議論されている社会構造は、集団的な相互作用、規範、役割、行動を促進し、構造化するのに役立つ制度やその他の環境要因など、社会のマクロレベルの要素のみを指している。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました