全体主義と非人間化の5段階

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

集団心理・大衆形成プロパガンダ・全体主義
Totalitarianism and the Five Stages of Dehumanization
Totalitarianism and the Five Stages of Dehumanization ⋆ Brownstone Institute
All totalitarian efforts always end on the dustheap of history. This one will be no exception.

2021年11月17日 歴史, 哲学

はじめに

ハンナ・アーレントの代表的な著作『全体主義の起源』(1948)は 2021年に我々の周りで展開している世界を考えると、身につまされるような内容になっている。実際、我々は、人間であることの本質が危機に瀕した壮大な規模の袋小路にいるのである。

「世界征服と完全支配を目指す全体主義的な試みは、すべての行き詰まりから抜け出すための破壊的な方法である。その勝利は人間性の破壊と一致するかもしれない。それが支配したところではどこでも、人間の本質を破壊し始めている。

– ハンナ・アーレント『全体主義の起源』(1948年初版

少なくとも欧米では、20世紀によく知られていたような全体主義体制のもとに再び身を置いているとは言い難いが、全体主義的傾向を着実に拡大させるグローバルなパラダイムに直面していることは疑いの余地がない。

後述するように、このような全体主義的傾向の現代の推進者たちは、ほとんどの場合、大衆の支持を得て、自分たちは正しいことをしていると確信している。全体主義は、多くの人々が最初に気づくことなく、手遅れになる前に、簡単に社会に広まってしまう政治的イデオロギーである。ハンナ・アーレントは、その著書の中で、20世紀のヨーロッパやアジアにおける全体主義体制に発展した全体主義運動の発端と、それがもたらした言語を絶する大量虐殺や人道に対する罪について、綿密に記述している。

アーレントが確かに警告していたように、スターリンや毛沢東による共産主義やヒトラーによるナチズムの全体主義体制の特徴であった残虐行為を、今日の西洋では見かけることがないという事実に惑わされてはならない。これらの出来事はすべて、徐々に広がっていく大衆イデオロギーと、それに続く国家によるイデオロギーキャンペーンや施策によって、一見「正当化できる」「科学的に証明された」管理策や行動を推進し、恒久的なモニタリングを目的とし、最終的には、他人に「危険を及ぼす」「許容範囲外の考えを持つ」という理由で、特定の人々を段階的に社会(の一部)から排除することが行われた。

ポーランドの弁護士であり、欧州議会議員でもあるRyszard Legutko氏は、著書『The Demon in Democracy – Totalitarian Temptations in Free Societies』の中で、共産主義の全体主義体制と現代の自由民主主義体制の間には、憂慮すべき類似点があることを指摘している。「共産主義と自由民主主義は、信者に考え方、行動、出来事の評価、夢、使用する言語などを強制する、すべてを統合する存在であることが証明された。」

これは、今日のグローバル化した社会の様々なレベルで見られる力学でもある。すべての読者、特に人間の自由、民主主義、法の支配に関心のある政治家やジャーナリストは、ハンナ・アーレントの評判の高い著書の第11章「全体主義の動き」を注意深く読むべきである。彼女は、全体主義体制が実際に権力を握って完全な支配権を確立するずっと前から、その構築者と支援者たちが社会を根気よく準備してきたことを説明している–必ずしも協調的な方法で、あるいはその最終目的を念頭に置いてではないが–。全体主義的な動きそのものは、執拗なプロパガンダ、検閲、集団思考を通じて、特定の支配的なイデオロギーを積極的に、時には暴力的に推進することによって推進される。また、そこには必ず大きな経済的・財政的利益が含まれている。このような過程を経て、責任を負わない団体や(国際)機関、企業の支援を受けた全能の国家が、真実と言語の特許を持ち、国民や社会全体にとって何が良いことかを知っていると主張するようになる。

中国や北朝鮮に見られる21世紀の共産主義全体主義体制と、全体主義的傾向を強めている西欧の自由民主主義体制とでは、もちろん大きな違いがあるが、今日の2つの体制の間に共通する要素は、思想統制と国民の行動管理である。ハーバード大学のショシャナ・ズボフ教授が提唱する 「モニタリング資本主義 」によって、この動きはさらに加速している。モニタリング資本主義とは、「完全な確実性に基づいた新しい集団秩序を押し付けることを目的とした運動」であるとズボフ氏は書いている。それはまた、「重要な人権の収奪であり、上からのクーデター、つまり人々の主権の転覆として理解される」とも述べている。現代の国家とその同盟国は、共産主義であれ、自由主義であれ、その他の理由であれ、市民や顧客に関する大量のデータを収集し、このデータを支配と影響力のために広範囲に使用したいという飽くなき欲求を持っている。

商業的な面では、人々の行動や好みをオンラインで追跡するあらゆる側面がある。ドキュメンタリー映画「The Social Dilemma」で見事に説明されており、「一握りの技術デザイナーが、何十億もの人々の考え方、行動、生活をこれほどまでに支配したことはかつてなかった」という現実を我々に突きつけている。その一方で、中国共産党が展開している「社会的信用」システムが実際に運用されているのを目の当たりにしている。このシステムでは、ビッグデータと永久保存されているCCTVのライブ映像を利用して、公共の場での人々の行動を賞罰システムによって管理している。

2020年に中国で導入され 2021年には世界の自由民主主義国でも導入されるQRコードの義務化は、人々の健康状態を永続的に記録し、社会に参加するための前提条件となるものであるが、これは同じモニタリング資本主義の最新の、そして深い問題をはらんだ現象である。ここでは、単なるテクノクラシーと全体主義の境界線が、「公衆衛生を守る」という名目のもとに、ほとんど消滅してしまうのである。現在、国家とその商業パートナーが、我々の最善の利益を考えていると主張して、人体の植民地化を試みているのも、この厄介な動きの一部である。「私の体、私の選択」という進歩的なマントラは、突然どこへ行ってしまったのであろうか?

では、全体主義とは何か。全体主義とは、個人の自由や独立した考えを許さず、最終的には個人の生活のすべての側面を完全に従属させ、指示しようとする政府のシステム(全体主義体制)または他の方法で実行される支配の拡大システム(全体主義運動)であり、社会のさまざまなレベルでさまざまな形で現れる。ドレーハーの言葉を借りれば、全体主義とは「社会の支配的イデオロギーに反するものの存在が許されない状態」である。

このような動きが顕著に見られる現代社会では、20世紀のイデオローグたちが夢にも思わなかったような方法で全体主義的な傾向を定着させるために、科学技術の利用が決定的な役割を果たしている。さらに、どのような段階の全体主義であっても、制度化された非人間化が起こる。これは、人間の尊厳と基本的権利を一貫して侵害し、最終的には排除や社会的、あるいは最悪の場合は物理的な絶滅につながるような政策や慣行に、人口の全部または一部がさらされるプロセスである。

以下では、ハンナ・アーレントが記述した全体主義的な運動の基本的な考え方のいくつかを詳しく見ていき、それがどのようにして今日我々が観察している制度化された非人間化のダイナミクスを可能にしているのかを見ていく。最後に、全体主義とその人間性を奪う政策のくびきから社会を解放するために、歴史と人間の経験が何を教えてくれるのかを簡単に見ていく。

読者の皆さんにご理解いただきたいのは、私は、20世紀の全体主義政権とその残虐行為を、今日の全体主義的傾向の高まりとその結果としての政策と比較したり、同一視したりしているのでは決してないということである。むしろ、しっかりとした学術的な議論の役割として、今日の社会で起きていることを批判的に見て、関連する歴史的、政治的な現象を分析し、もし修正されなければ、自由と法の支配の未来にとって良い兆候ではない現在の出来事の流れに、どのように対処すれば良いのかを教えてくれるかもしれない。

I. 全体主義の働き

「全体主義」という言葉は、この文脈では、さまざまな形や段階をとりながらも、常に人や社会を完全に支配することを究極の目標とする政治的イデオロギーの全体像を表すために使われている。前述のように、ハンナ・アーレントは全体主義の中で、全体主義運動と全体主義体制を区別している。これに加えて、全体主義運動の初期段階と思われるものを、レグトコは「全体主義的傾向」と呼び、私は現在の動向との関連で「イデオロギー的全体主義」と呼ぶことにした。ハンナ・アーレントは、全体主義が成功する可能性を持つためには、主に3つの密接に絡み合った現象が必要であると説いている。それは、大衆運動、その大衆を操るエリートの主導的役割、そして執拗なプロパガンダの採用である。

孤独な大衆

全体主義を確立し、持続させるためには、まず、社会の恒常的な危機感や恐怖心を利用して大衆の支持を得ることが必要である。そうすると、社会全体を危険にさらしていると認識されている脅威を排除するために、責任者に常に「対策」を講じさせ、リーダーシップを発揮させたいという大衆の衝動が高まる。責任者は、「自分が動き続け、周囲のすべてを動かしている限り、権力を維持することができる」のである。なぜかというと、全体主義的な運動は、人類の歴史の中で社会が共同体意識や目的意識を創造し維持することに古典的な失敗をした上に成り立っており、代わりに人生の明確な包括的目的を持たない孤立した自己中心的な人間を繁殖させているからである。

全体主義に従う大衆は、自分自身を見失っており、その結果、現在の状況では見つけられない明確なアイデンティティと人生の目的を求めている。「社会的原子化と極端な個人化が大衆運動に先行していた(中略)。大衆男性の最大の特徴は、残忍さや後進性ではなく、孤立と正常な社会関係の欠如です。」

この言葉は、現代社会を観察している人にとって、いかにも懐かしい響きである。ソーシャルメディアやスクリーンに映し出されるものが何よりも重要な役割を果たし、10代の女の子がInstagramのアカウントに「いいね!」がつかないことを気にしてうつ病になったり、自殺未遂が増えたりする時代にあって、我々は、深い交流につながるような、本来の正常な人間関係の欠如という不愉快な例を目の当たりにすることになる。共産主義社会では、中国や北朝鮮で起きているように、党が宗教的、社会的、家族的な結びつきを破壊して、国家や党の命令に完全に従うことのできる市民を作ろうとする。快楽主義的で物質主義的な西洋社会では、同じような破壊が、異なる手段を使って、ネオ・マルクス主義的な止まらない「進歩」という名目で行われている。テクノロジーと科学の目的の誤った定義が、人間であることの理解を侵食しているのである。「実際、このテクノロジーとそこから生まれた文化は、全体主義的な共産主義政府が支配しやすいように捕虜となった人々に課していた原子化と過激な孤独を再現している」とドレーハーは書いている。スマートフォンやソーシャルメディアが本物の人間同士の交流を激減させていることは、小学生を持つ教師や親なら誰でも証明できることであるが、最近では社会の枠組みが他の大きな変化によってさらに劇的に悪化している。

SARS-CoV-2のパンデミックにおける、拡大し続けるビッグテックと政府による言語、意見、科学情報の取り締まりは、第二次世界大戦以来のレベルの検閲を伴い、公論を大幅に縮小、貧困化させ、科学、政治、社会への信頼を著しく損なっている。

2020年と2021年には、ロックダウン、マスク着用義務、公共施設への入場義務、コロナワクチンの接種義務など、善意でありながらしばしば無分別な政府によるコロナ対策により、社会がその社会基盤を維持し強化するために必要な、自由な人間関係がさらに大きく制限された。このような外部から課せられた開発は、人間、特に若者が、ハンナ・アーレントの言う「正常な社会的関係」をますます、そして持続的に奪うことになる。代替手段がないかのように見えるこの状況は、人口の多くのグループを、そのほとんどが気づいていないまま、全体主義的なイデオロギーの腕の中に引きずり込むことになる。しかし、これらの運動は、アーレントの言葉を借りれば、「個々の構成員に、完全で、無制限で、無条件で、不変の忠誠を要求する(中略)彼らの組織は、やがて全人類を包含することになるからだ。」

全体主義の最終目標は、人間を内部から恒久的に支配することであり、それは生活のあらゆる側面に関わってくる。「運動の終わりを構成するような政治的目標は単に存在しない 」ので、大衆は常に動き続けなければならない。これらの問題の重大性や緊急性を軽視したり、社会がこれらの問題から生じる存亡の危機に対処する方法を考案する必要性を軽視するつもりは決してないが、コロナの政治的・メディア的シナリオは、人間が人生のその分野でどのように考え、話し、行動するかを完全にコントロールしようとする、このようなイデオロギー的全体主義の例である。計画されたドラマチックなニュースを定期的に流すことで、人間を永遠の不安に陥れようとしているのだ(世界中でこの目的のために利用されているツールの一つが、プレキシグラスの後ろに背広を着て、専門家と国旗に囲まれた重苦しい顔の大臣による、よくリハーサルされた絶え間ない記者会見である)。恐怖は、この永続的な不安と活動を維持するための主な原動力である。

エリートの役割

次にハンナ・アーレントは、全体主義運動の不穏な現象について説明する。それは、全体主義がエリートに及ぼす巨大な魅力であり、「全体主義がその共感者、仲間の旅行者、登録された党員に数えられる著名な男性の恐ろしい名簿」である。このエリートたちは、現在社会が直面している深刻な問題を解決するために必要なことは、それまで常識や論理、既成概念とされていたものをすべて破壊すること、少なくとも再設計することだと考えている。

コロナ・クライシスに関して言えば、すでに遭遇したほとんどのウイルスに対して人体が自然免疫を構築する能力があることはよく知られているが、ワクチン接種を義務付ける側は、人間の生物学の基本原理や確立された医学的常識を否定し、もはや何の関係もないと考えている。

完全な支配のためにこのような全面的な見直しを行うために、エリートたちは、アーレントが「モブ」と呼んだ、「仕事や社会生活での失敗、私生活での倒錯と災難」を特徴とする人々を含む、あらゆる人々や組織と協力することをいとわない。その良い例が、欧米の中国共産党との付き合いである。歴史上から今日に至るまで、この抑圧機関が行ってきた汚職や人権侵害(新疆ウイグル自治区での大量虐殺を含む)はよく知られているし 2019年に武漢で発生したSARS-CoV-2ウイルスの研究室からの漏洩が原因と思われる事件を隠蔽したことも明らかになっているが、世界のほとんどの国は中国に依存するようになり、自由民主主義が掲げるすべてのものを踏みにじることをいとわない政権に、見て見ぬふりをして協力するようになっている。

ハンナ・アーレントは、彼女が「暴徒とエリートの一時的な同盟」と呼ぶものの一部である、もう一つの不穏な要素について述べている。それは、「巨大な嘘や怪物のような虚偽が、最終的に疑われない事実として確立される可能性」によって、権力を獲得し維持するために嘘をつくことを、これらのエリートが進んで行うことである。現時点では、政府やその同盟国がCOVID-19にまつわる統計や科学的データについて嘘をついていることは証明された事実ではないが、対処されていない、あるいは十分に対処されていない多くの重大な矛盾が存在することは明らかである。

全体主義的な運動や体制の歴史の中で、犯罪者たちが多くを逃れることができたのは、家族やその他の扶養家族のために生活を成り立たせるために日々の仕事をしている単純な男性や女性の最大の関心事が何であるかをよく理解していたからである。アーレントが見事に表現しているように、「彼(ゲーリング)は、ほとんどの人々がボヘミアンでも狂信者でも冒険家でもセックスマニアでも変人でも社会的失敗者でもなく、何よりもまず職に就き、良き家庭人であると仮定することによって、大衆を完全な支配へと組織化するための最高の能力を証明した。」 そして 「私生活を守ることしか考えていない人々のプライバシーや個人的なモラルほど、破壊しやすいものはない。」

我々は皆、安心感や予測可能性を求めている。それゆえ、危機が迫ってくると、安心感や安全性を手に入れたり、維持したりする方法を探すようになる。そして、必要であれば、ほとんどの人は、自由を放棄したり、目の前の危機について真実がすべて語られないかもしれないという考えを抱えながら生活したりするなど、そのために高い代償を払うことをいとわないのである。コロナウイルスが人間を死に至らしめる可能性があることを考えれば、人間が死を恐れるあまり、我々の父や祖父が必死になって戦った権利や自由とあまり戦わずに別れることになったとしても、不思議ではない。

また、世界中の様々な産業や環境で働く人たちにワクチンの接種が義務付けられているが、大多数の人たちは、自分たちにコロナ・ワクチンが必要だと必ずしも思っているわけではなく、自分たちの自由を取り戻し、家族を養うために仕事を続けたいと思っているだけである。このような義務を課す政治的エリートは、もちろんこのことを知っていて、それを賢く利用している。多くの場合、善意であっても、目前の危機に対処するために必要だと信じているのである。

全体主義的プロパガンダ

全体主義ではない社会において、全体主義運動が用いる最も重要かつ究極の手段は、プロパガンダを用いて大衆を獲得することにより、大衆の真の支配を確立することである。恐怖は常に、社会や個人に現実的または認識された脅威をもたらす外部の誰かや何かに向けて宣伝される。しかし、全体主義的なプロパガンダが歴史的に使用してきたもう一つのもっと邪悪な要素がある。それは、「その教えに従わない者に対して、間接的、ベールに包まれた、威嚇的なヒントを使うこと(…)」であり、その一方で、それらの措置が必要であるという主張の厳密な科学性と公益性を主張することである。コロナ事件における政治家やマスメディアによる意図的な恐怖の利用と「科学に従え」という絶え間ない言及は、いずれもプロパガンダの手段として非常に成功している。

ハンナ・アーレントは、政治の有効な手段としての科学の利用が一般的に広まっており、必ずしも常に悪い意味ではないことを認めている。もちろん、コロナ事件の場合もそうである。しかし、16世紀以降の西欧諸国では、科学へのこだわりがますます強くなっていると彼女は続ける。彼女は、ドイツの哲学者エリック・フォーゲリンの言葉を引用しながら、科学の全体主義的な武器化を、「科学は、存在の悪を魔法のように治し、人間の本質を変える偶像になった」という社会的プロセスの最終段階として捉えている。

社会的な恐怖を正当化するための議論や、外部からの危険に「立ち向かい」「駆除」するために課される広範囲な措置の妥当性を示すために、科学が採用されているのである。アーレント:「全体主義的なプロパガンダの科学性は、科学的な予言をほとんど独占的に主張することによって特徴づけられる(…)。」

2020年に入ってから、そのような予言をどれだけ聞いたか、そして実現していないか。これらの「予言」が良い科学に基づいているか、悪い科学に基づいているかは全く関係ないとアーレントは続ける。なぜならば、大衆の指導者たちは、現実を自分たちの解釈や必要と思われる場合には嘘に合わせることを第一に考えているからであり、それによって彼らのプロパガンダは「事実を極端に軽視することによって特徴づけられる。」

彼らは、個人的な経験や目に見えるものに関連するものは何も信じず、自分たちが想像するもの、自分たちの統計モデルが言うこと、そして彼らがその周りに構築したイデオロギー的に一貫したシステムだけを信じている。プロパガンダの内容(事実かフィクションか、あるいはその両方か)が運動のアンタッチャブルな要素となり、客観的な理性や、ましてや公論がもはや何の役割も果たさなくなるのである。

今まで、コロナのパンデミックに対応するための最善の方法に関しては、敬意を持った公開討論やしっかりとした科学的議論はできなかった。エリートたちはこのことを強く意識し、自分たちのアジェンダを進めるために利用している。その代わりに、大衆が実存的危機の時代に切望しているのは、(最初は)安心感と予測可能性を与えてくれる過激な一貫性である。しかし、ここに全体主義的なプロパガンダの大きな弱点がある。なぜなら、最終的には、「(中略)常識と著しく矛盾することなく、完全に一貫性があり、理解でき、予測可能な世界を求める大衆の切望を満たすことはできない」からである。

今日、我々は、すでに述べたように、権力者による科学の理解と利用の根本的な欠陥によって、この問題が悪化していることを目の当たりにしている。ハーバード大学医学部の元教授で、感染症の発生やワクチンの安全性を専門とする有名な疫学者・生物統計学者であるマーティン・クルドーフは、科学の正しい応用とは何か、そしてそれが現在の物語にいかに欠けているかを指摘している:「科学とは、合理的な意見の相違、正統性への疑問と検証、そして絶え間ない真実の探求である。」

現在、我々はこの概念から大きく離れてしまっている。科学が政治化され、反対意見を許さない「真実の工場」と化している世相の中で、たとえ代替的な視点が、政治やメディアの物語の一部である数々の矛盾や虚偽を指摘するだけのものであったとしても、である。しかし、アーレントが指摘するように、全体主義運動の参加者は、このシステムの誤りが明らかになり、その敗北が迫った瞬間に、一気にその将来を信じなくなり、前日には全てを捧げようとしていたものを、ある日突然諦めてしまうのである。

一夜にして全体主義体制を放棄した顕著な例は、1989年から 1991年にかけて、東欧・中欧のほとんどの政府高官が、強硬なキャリア共産主義者から熱心な自由民主主義者に変わったことである。彼らは、長年にわたって忠実に関わってきた体制を捨て、状況に応じて受け入れられる代替の体制を見つけただけなのである。したがって、歴史の瓦礫の山から知っているように、全体主義へのあらゆる努力には有効期限がある。現在のバージョンも失敗するだろう。

II. 仕事における人間性の喪失

私が30年以上にわたってヨーロッパの歴史や法と正義の源を研究し教えてきた中で、あるパターンが浮かび上がってきた。私は2014年に “Human rights, history and anthropology: reorienting the debate “(人権、歴史、人類学:議論の方向性を変えよう)というタイトルでこの論文を発表した。この記事で私は、「5つのステップによる非人間化」のプロセスを説明し、これらの人権侵害は一般的に「モンスター」によって行われているのではなく、大部分は普通の男女によって行われており、受動的にイデオロギー化された大衆に助けられているが、彼らは自分たちが行っていることや参加していることが良いことであり、必要なことであり、少なくとも正当化できることだと確信している。

2020年3月以降、我々は深刻な健康危機が世界的に展開しているのを目の当たりにしてきた。その結果、政府やメディア、社会が前例のない圧力をかけ、人々の自由を制限し、多くの場合、脅迫や不当な圧力によって身体的一体性を侵害するような、広範囲にわたる、ほとんどが違憲の措置に同意するよう、全国民に働きかけている。この間、全体主義的な運動や政権が原則として採用している、人間性を奪うような手段に類似した傾向が、今日見られることが次第に明らかになってきた。

無限に続くロックダウン、警察による検疫、渡航制限、ワクチン接種の義務化、科学的データや議論の抑圧、大規模な検閲、批判的な声の執拗な排除と公然との辱めなどは、いずれも民主主義と法の支配のシステムには存在しないはずの非人間的な手段の例である。また、一部の人々が、他の人々に与える「リスク」を理由に、無責任で望ましくない存在として周辺に追いやられ、社会から徐々に排除されていく過程も見られる。アメリカ大統領は、生中継された大規模な政策演説の中で、このことが何を意味するかを鋭く表現した。

我慢してきたが、我慢も限界だ。あなた方が拒否したことで、我々全員が犠牲になっている。だから、どうか正しいことをしてほしい。病院のベッドに横たわって息を引き取っている、ワクチンを受けていないアメリカ人の声を聞くこと。「それさえしてくれれば」

– ジョー・バイデン大統領 2021年9月9日

5つのステップ

今日、「ワクチンを接種した人」と「ワクチンを接種していない人」、あるいはその逆を設定するような政治的レトリックを売り込んでいる人たちは、歴史上、決して良い結果になったことのない、非常に危険なデマゴギーの道を歩んでいる。スラヴェンカ・ドラクリッチは、1991年から 1999年にかけてのユーゴスラビアの民族紛争の原因を分析して、次のように述べている。(やがて、それらの「他者」は、個々の特徴をすべて剥ぎ取られる。彼らはもはや、特定の名前、習慣、外見、性格を持った知人や専門家ではなく、敵のグループのメンバーである。このように人が抽象化されると、人は自由にその人を憎むことができる。

全体主義運動が最終的に全体主義政権につながり、国家が管理する迫害と隔離のキャンペーンが行われた歴史を見ると、このようなことが起こっている。

人間性を奪う最初のステップは、恐怖を生み出し、政治的に利用することであり、その結果、人々の間に永続的な不安が生まれる。自分の命に対する恐怖や、社会の中で脅威とみなされる特定のグループに対する恐怖が、常に与えられているのである。

自分の命に対する恐怖は、危険な新種のウイルスに対する反応としては、もちろん理解できますし、まったく正当なものである。誰もが不必要に病気になったり、死んだりしたくはない。避けられるのであれば、厄介なウイルスにはかかりたくない。しかし、ひとたびこの恐怖が(国家)機関やメディアによって、特定の目的を達成するために利用されるようになると、例えば、オーストリア政府が2020年3月にロックダウンの必要性を国民に納得させるために行ったことを認めなければならないように、恐怖は強力な武器となる。

ここでもハンナ・アーレントが鋭い分析をしている。「全体主義は、国家と暴力装置という外部からの手段で支配するだけでは決して満足しない。その独特のイデオロギーと、この強制装置の中で与えられた役割のおかげで、全体主義は人間を内部から支配し、恐怖を与える手段を発見したのである。

バイデン大統領は2021年9月9日の演説で、致命的なウイルスに対する人間の通常の恐怖心を政治的な目的のために利用し、さらにそれを「ワクチンを接種していない人々」に対する恐怖心に拡大して、定義上、彼らは自分自身の死だけでなく、ICUの病院のベッドを「不必要に使用している」ためにあなたの死にも責任があると示唆している。このようにして、社会の中の特定のグループに対して、彼らがあなたやあなたのグループに何かするかもしれないという新たな疑念と不安が生まれた。

特定のグループに対する恐怖心が生まれると、そのグループは、事実とは関係なく、社会が今直面している特定の問題のための、簡単に識別できるスケープゴートになってしまうのである。社会の中の個々の人間に存在する感情に基づいて、公的に正当化された差別のイデオロギーが生まれたのである。ヨーロッパの近現代史において、全体主義的な運動が全体主義的な体制へと変化していったのは、まさにこのようにして始まったのである。20世紀の全体主義政権の暴力と排除のレベルには及ばないにしても、今日、我々は恐怖に基づく政府やメディアの積極的なプロパガンダを目の当たりにし、人々の排除を正当化している。最初は「無症状の人」、次に「マスクをしていない人」、そして今は「ワクチンを接種していない人」が、社会の他の人々にとって危険で重荷であると提示され、扱われている。この数ヶ月の間に、政治家から「ワクチンを受けていない人たちのパンデミック」に直面しており、病院にはそのような人たちが溢れているという話をよく聞かなかっただろうか。

「ワクチンを受けていないアメリカ人は8,000万人近くいる。そして、我々のような大きな国では、それは25%の少数派である。その25%が大きな被害をもたらす可能性があるのである。ワクチンを受けていない人たちは病院に押し寄せ、緊急治療室や集中治療室を圧迫し、心臓発作や膵炎、がんなどの患者を受け入れる余裕がありません。」

– ジョー・バイデン大統領 2021年9月9日

人間性の喪失の第2段階は、ソフトな排除である。スケープゴートにされた集団は、社会の特定の部分(すべてではないが)から排除される。彼らはまだ社会の一部とみなされているが、その地位は格下げされている。彼らは単に大目に見られているだけで、同時に、彼らの存在や行動が異なっていることを公に非難されているのである。また、当局、ひいては一般市民が、これらの「他者」が誰であるかを簡単に識別できるシステムが導入されている。グリーンパス」や「QRコード」などである。欧米の多くの国では現在、このような指弾が行われている。特に、SARS-CoV-2ウイルスに対するワクチンを接種していない人々に対して、憲法で保護されている配慮や医療上の理由にかかわらず、このような指弾が行われているのである。

例えば 2021年11月5日、オーストリアはヨーロッパで初めて、「ワクチンを受けていない人 」に対する非常に差別的な制限を導入した。これらの市民は、社会生活への参加を禁じられ、仕事、食料品の買い物、教会、散歩、明確に定義された「緊急事態」への参加のみが可能となった。ニュージーランドやオーストラリアにも同様の制限がある。コロナワクチンの接種証明書がないと、仕事を失ったり、多くの施設やお店、教会への入場を禁止されたりする例が世界各地で見られる。また、予防接種証明書がないと飛行機に乗れない国や、オーストラリアのように友人を家に招いて食事をすることを明確に禁止する国も増えている。

“友達と食事をしたり、家に人を迎え入れたりしたいなら、予防接種を受けなければならないというメッセージである。”

– 2021年9月27日、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベレイジークリアン州首相

人間性を奪う第3のステップは、ほとんどの場合、第2のステップと並行して行われるが、排除を正当化する文書を作成して実行する。恐怖のプロパガンダとそれに続く特定のグループの排除を支えるために、学術研究、専門家の意見、科学的研究が、膨大なメディアを通じて広く普及している。ハンナ・アーレントは、「全体主義的なプロパガンダがその主張の「科学的」性質を強く強調することは、大衆に向けたある種の広告手法と比較される」と観察している。(中略)企業の宣伝も全体主義的なプロパガンダも、科学は明らかに権力の代用にすぎない。全体主義的な動きが「科学的」な証明にこだわるのは、彼らが権力を握ってからである。”

ここでの興味深い注意点は、科学はもちろん偏った方法で利用されることが多く、公式のストーリーに合った研究のみを紹介し、どんなに有名な著者であっても、建設的な議論やより良い解決策に貢献する可能性のある別の洞察や結論を提供する少なくとも同数の研究を紹介しないことである。前述したように、ここでは、科学は、全体主義運動の指導者が真実であると決定したことや、その真実のバージョンに基づいた対策や行動を促進するためのツールとして政治的に利用されている。YouTubeやTwitter、Facebookなどが前例のない規模で行っているように、他の視点は単純に検閲される。

ノーベル賞受賞者や候補者を含む多くの著名な学者、科学者、医学者が、公式見解や「正しい」見解を支持しないという理由だけで、沈黙させられ、プラットフォームから排除され、地位を解雇されたことは、第二次世界大戦後にはなかった。彼らは単に、目の前の問題にどのように対処するのが最善なのかという問題について、しっかりとした公の場での議論を望み、共通の真実を求めているのである。これは、その時々のイデオロギーが正式に制定され、主流になったことを歴史から知ることができる点である。

人間性喪失の第4段階は、ハードな排除である。社会の問題や現在の行き詰まりの原因であることが「証明」された集団は、その後、市民社会全体から排除され、無権利者となる。彼らはもはや社会の一部ではないとみなされるため、社会の中で発言することができなくなる。極端に言えば、基本的な権利の保護を受ける権利もなくなってしまうのである。程度の差こそあれ、世界各国の政府が実施しているコロナ対策については、すでにこの第4段階に近い展開を見せているところもある。

このような措置は、その範囲や厳しさにおいて、古今東西の全体主義政権が行ってきたものとは比較にならないが、懸念される全体主義的傾向を明らかに示しており、これを放置すれば、最終的にははるかに悪い事態に発展する可能性がある。例えば、オーストラリアのメルボルンには、「Center for National Resilience」という婉曲的な名称のセンターが間もなく完成します(このようなセンターはいくつかあるが、その一つだ)。オーストラリアのノーザンテリトリー州にすでに存在するこのような収容施設での生活に関する規則や規定は、オーウェル的な読み物としてゾッとさせられる。

2021年のChief Health Officer Direction 52は、Centre for National ResilienceとAlice Springs Quarantine Facilityに隔離されている人が何をしなければならないかを定めている。この指示は法律であり、隔離されているすべての人は、指示に書かれていることをしなければならない。隔離されている人は、この指示に従わなければならない。指示に従わない人には、ノーザンテリトリー警察から違反通知が出され、罰金が科せられることがある。

人間性を奪う5つ目の最終段階は、社会的または物理的な駆除である。排除された集団は、社会への参加を不可能にしたり、収容所やゲットー、刑務所、医療施設などに追放することで、強制的に社会から追い出される。共産主義やナチズム、さらには1991年から 1999年にかけての旧ユーゴスラビアでの民族主義など、最も極端な形の全体主義体制では、これらの人々は物理的に抹殺されるか、少なくとも「もはや人間ではありません」者として扱われることになる。このようなことが容易に可能になるのは、誰も彼らの代弁者がいなくなり、彼らの存在が見えなくなってしまったからである。彼らは政治社会の中で居場所を失い、それに伴い人間としての権利を主張する機会も失ってしまった。全体主義者が懸念しているように、彼らは人類の一部ではなくなってしまったのである。

西洋では、幸いなことに、全体主義とその結果としての非人間性のこの最終段階には達していない。しかし、ハンナ・アーレントは、民主主義だけでは、この第5段階に到達するための十分な防波堤にはならないという厳しい警告を発している。

宗教の絶対的・超越的な尺度や自然の法則がその権威を失ってしまうと、何が正しいのかを、個人や家族、人民、あるいは最大の数にとって良いことなのかという概念で識別する法の概念は避けられなくなる。そして、この苦境は、「ためになります」ことが適用される単位が人類そのもののように大きい場合には、決して解決されない。なぜなら、高度に組織化され機械化された人類が、ある晴れた日に、極めて民主的に、つまり多数決で、人類全体にとってある部分を清算した方が良いという結論を出すことは、十分に考えられることであり、現実的な政治的可能性の範囲内でさえあるからである。

III 結論 どのようにして自分自身を解放するのか?

歴史は、全体主義がどのような段階や形態であっても、また、ほとんどの人が気づいていない現在のイデオロギー的形態であっても、我々がどのように全体主義のくびきを振り払うことができるかについて、強力な指針を与えてくれる。我々は、自由の後退と人間性の喪失を実際に止めることができる。ジョージ・オーウェルの言葉を借りれば、「自由とは、2+2で4になると言う自由である。それが認められれば、他のすべてのことは後からついてくる。」我々は、イデオロギー的な全体主義の結果として、まさにこの自由が重大な脅威にさらされている時代に生きている。私は、西洋社会がコロナ危機にどのように対処しているかについて説明しようとしてきたが、そこでは、最新のシステム的なイデオロギー的正統性を定着させることを優先して、事実が重要でないと思われることがあまりにも多いのである。自由がどのようにして回復されるのかを示す最良の例は、東欧・中欧の人々が1989年に始まった共産主義の全体主義的支配をどのようにして終わらせたかである。

人間の尊厳を再発見する長いプロセスと、非暴力でありながら執拗な市民的不服従が、共産主義者のエリートとその同盟者であるマフィアの政権を崩壊させ、彼らのプロパガンダの不真実性と政策の不正を暴いたのである。彼らは、真実は主張すべき対象ではなく、達成すべき目標であり、そのためには謙虚さと尊敬に満ちた対話が必要であることを知ってた。彼らは、社会が自由で、健全で、豊かなものになるのは、どの人間も排除されず、確固とした公論の場で、相手の意見や生活態度がどれほど異なっていても、相手の意見を聞き、理解しようとする真の意志と開放性が常にあるときだと理解していた。

彼らは、恐怖、受動性、被害者意識を克服し、自分の頭で考えることを再び学び、国家の唯一の目的を忘れてしまった国家とその幇助者に立ち向かうことで、自分の人生と周囲の人々に対する全責任をようやく取り戻した。

すべての全体主義的な努力は、常に歴史の塵の上で終わる。この事件も例外ではないだろう。

著者

クリスティアン W.J.M. アルティング・フォン・ゴイザウ

ライデン大学(オランダ)とハイデルベルク大学(ドイツ)で法律の学位を取得。戦後のヨーロッパにおける人間の尊厳と法」をテーマにした論文は 2013年に国際的に出版された。オーストリアのITIカトリック大学の学長兼院長であり、法と教育の教授も務めている。ペルーのリマにあるサン・イグナシオ・デ・ロヨラ大学の名誉教授であり、国際カトリック立法者ネットワーク(ICLN)の会長でもある。このエッセイで述べられている意見は、必ずしも彼が代表する組織のものではなく、したがって個人的な肩書きで書かれたものである。

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました