Googleが言論の自由を検閲する方法トップ10

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

医療の誤報・偽情報・検閲
Top 10 Ways Google Is Censoring Free Speech

https://listverse.com/2020/04/23/top-10-ways-google-is-censoring-free-speech/

ジェイド・ベル Jamie Frater

Googleは、世界で最も優れた検索エンジンである。多くの人がGoogleをインターネットへの入り口と考えるほど重要な存在である。残念なことに、グーグルはその支配的な立場を利用して、我々(およびその従業員)が見たり、言ったり、したり、発表したりできることを決定している。時には、政府と呼ばれるより強力な集団に操られている一人の操り人形に過ぎないのである。

10. ウェブサイトにコンテンツの編集や削除を強要する

Google AdSenseは、インターネット上で最大の広告ネットワークである。しかし、最も検閲の多い広告ネットワークのひとつでもある。Googleは、パートナーであるウェブサイトのコンテンツを自分たちの好みに合わせて検閲することを強要する。検閲とは、気に入らないものを編集したり削除したりすることを強制することである。ウェブサイトの所有者には選択肢が1つしかなく、それでもAdSenseネットワークに残りたいのであれば、それに従うしかない。しかし、ウェブサイトの所有者は、”ファミリーフレンドリー “の意味は、Googleの裁量であることを指摘している。ウェブサイトの所有者は、Googleの “利用規約 “に違反しているとして、特定のコンテンツから広告を削除するように求めるメールを受け取るだけである。これは、ウェブサイトのオーナーがGoogleから受け取る最高のものである。詳細な情報を求めても、いつもレンガの壁にぶち当たってしまう[1]。

Listverseが最近、ここで説明されているような方法でGoogleが抑制するように強制した記事のリストを公開したことを思い出すかもしれない。ここでは、Googleが我々に削除を求めたリストを発見することができる(そして読むことができる)。Top 10 Listverse Lists Google Doesn’t Want You To See.

9. 中国で検閲付きの検索エンジンを作るところだった

Googleは 2010年に中国から撤退するまで、中国の検索エンジン市場で大きな力を持っていた。Googleは、中国の検閲法に対応できなかったために撤退したと述べている。しかし、その数年後、グーグルは心変わりしたようだ。2017,The Interceptは、グーグルが中国への復帰を計画しており、今度は中国政府に従うつもりであることを明らかにした。民主主義、人権、宗教、抗議活動に関する結果を検閲する検索エンジンを開発していたのだ。Googleはこの検索エンジンをDragonflyと呼んでった。Googleは一連の抗議活動の後、このプロジェクトをキャンセルしただけである。しかし、この話はまだ終わっていないようだ。Googleの公共政策担当副社長であるKaran Bhatiaは、米国上院に出席した際に、Googleが中国向けに検閲付きの検索エンジンをもう作らないことを確認できないと述べた[2]。

8. 政治家や億万長者の検索結果やYouTubeの動画を検閲している

いわゆる自由主義国の政府を含む多くの政府が、ブロガーや検索、YouTubeで特定のコンテンツを検閲するようグーグルに指示することがよくある。政府(および政党や億万長者)は、さまざまな理由でコンテンツを削除するようGoogleに指示する。誹謗中傷、プライバシー、ヘイトスピーチ、国家安全保障、著作権侵害などは、我々が知っている正当な理由のひとつだ。選挙に勝つため、政治的問題で世論を動かすため、というのもある(これは間違いなく根拠のないものだ)。政府がGoogleにインターネットから何かを削除するよう求める理由には、非論理的なものが多い。政府は、不快なものを削除するようにGoogleに要請することができる(実際にそうしている)。法律に違反している必要はない。アルゼンチンでは、政府高官のセクハラ行為を暴露したコンテンツをGoogleに削除させた。ブラジルでは、裁判所の裁判官を批判したり、不正行為を暴露したりしたブログ記事や検索結果をGoogleに削除させた。ドイツでは、児童保護局で働く2人の政府職員が関与したGoogleマップのレビューを削除するようGoogleに要請した。ドイツでは、児童保護局に勤務する2人の公務員が、2人の子どもを性的に虐待したとされ、Googleマップのレビューを削除するよう求められた。しかし、地方行政当局は、被害を受けた職員を裁判所に送る代わりに、そのうちの1人を地方から異動させた。Googleはこれらの要求に常に応じているわけではないと言っているが、それがどの程度真実なのかはわからない[3]。

7. 毎週行われていたTGIFミーティングを終了した

2019,グーグルのCEOであるサンダール・ピチャイは、毎週行われていたThank God Its Friday(TGIF)ミーティングを中止した。今後は月1回の開催となり、議論はグーグルのビジネスに限定されることになった。毎週のTGIFミーティングは、1999年にさかのぼるグーグルの伝統だった。当時、グーグルはまだ小さな会社で、ミーティングは親密なコミュニティで行われてた。しかし、グーグルが大きくなるにつれ、ミーティングは緊張したものになった。Googleが大きくなるにつれ、会議は緊張感を帯びてきた。議論はしばしば職場の問題を中心に展開された。社員は、グーグルの検閲、米国政府との密接な関係、セクハラなどについて不満を漏らしていた。社員と経営陣の関係がぎくしゃくし、ペイジやブリンも耐えられずに参加をやめてしまった。会議のメモがマスコミに流出したことも、グーグルにとっては恥ずべきことであった[4]。

6. スウェーデン政府が自国の言語に単語を追加するのを阻止した

2012,スウェーデンの言語審議会は、スウェーデン語に新しい単語を追加した。この言葉に興味を持ったグーグルは、「検索エンジン」を「グーグル」に置き換えるよう協議会に要請した。Googleは、この言葉に興味を持ち、「検索エンジン」を「Google」に置き換えるように議会に要求した。しかし、Googleは、Googleに載っていないものを指す言葉にしたいと主張した。協議会はこれを拒否し、スウェーデン語の公式リストからこの言葉を削除した。協議会はこれを拒否し、公式のスウェーデン語リストからこの言葉を削除したが、広報担当者によると、たとえ公式のリストに載らなくても、この言葉はスウェーデン語として残っているとのことである。グーグルは、議会がこの言葉を使うのを止めることはできても、一般のスウェーデン人が日常会話でこの言葉を使うのを止めることはできない。[5]

5.  何百ものドナルド・トランプの広告を理由もなく削除した

2019,YouTubeは300以上のトランプ氏の再選広告を理由もなく削除した。実際には、「会社のポリシー」に違反したために広告を削除したと述べている。YouTubeは、広告がどのように「会社のポリシー」に違反したのか、どのような会社のポリシーに違反したのかについて、詳しい情報を提供することを拒否した。しかし、政治的な理由で広告を削除したことは否定している。CEOのSusan Wojcicki氏は、広告が承認されていなかったと述べている。これは、広告が数日前から掲載されていたにもかかわらずである[6]。

4. セクシャルハラスメントに抗議した社員を処罰した

2018年11月、2万人の従業員と契約社員が、世界50都市にあるグーグルのオフィスから出て行った。彼らは、労働者の権利、セクシャルハラスメント、グーグルによる契約者の扱いの悪さなど、いくつかの問題に抗議していた。グーグルは抗議者をなだめるためにいくつかの変更を加え、クレア・ステイプルトンをはじめとする6人の抗議者を賞賛した。それは表面上のことにすぎない。翌年、ステイプルトンはグーグルを退社した。翌年、ステイプルトンはグーグルを退職した。上司からは疎まれ、ストレスが溜まり、辞めざるを得なくなった[7]。しかし、彼らはさらに彼女を敵視し、彼女の仕事を他の人に与え、彼女に医療休暇を取るように勧めた[8]。

3. 無難なインスタント検索結果をブラックリスト化した

数年前まで、Googleには、検索バーに検索語を入力すると、リアルタイムで検索結果が表示されるインスタント検索機能があった。しかし、ユーザーは、特定の単語を入力すると、この機能が動作しなくなることにすぐに気づいた。その言葉の多くは下品なものであったが、中には性的なニュアンスを含まない無害なものもあった。これには、Latina, ectasy, amateur, ball kicking, Asian babe, fantasies, fetal, girl on, incest, licked, lovers, mature, submissive, teen, Google is evilなどの単語が含まれている[9]広報担当者によると、検索エンジンのアルゴリズムに問題があったとのことである。このアルゴリズムは、過去のユーザーがその単語を性的な言葉の一部として使用していた場合、その単語を検閲した。しかし、これは非性的な結果を求める検索者に影響を与えた。スポークスマンによると、Googleは検閲対象となる単語のリストから不快感を与えない単語を取り除く作業を行っているとのことである[10]。

2. 従業員が職場で政治について議論することを禁止した。

Googleには、社員が議論したり、情報を共有したり、興味のあるランダムなトピックについて話し合ったりするためのメーリングリストやフォーラムがある。2019年に役員が政治的な議論を禁止するまでは、誰もがフォーラムやメーリングリストで何でも議論することができた。役員は、他の社員や会社のビジネスパートナーを「損傷、卑下、屈辱」するような発言をすることも禁止した。ビジネスパートナー」の意味は曖昧である。しかし、グーグルの最近の行動(2人の保守的なプログラマーの解雇など)を見ると、私と同じようにあなたの推測も正しいであろう[11]。

1. サブドメイン全体をブラックリスト化した

Googleは、ユーザーに迷惑をかけていると疑われるウェブサイトをすべて検閲している。このサブドメインには1,100万以上のウェブサイトがあり、世界最大のドメインの1つとなっていた。このサブドメインは韓国の企業が所有しており、ユーザーは無料でウェブサイトを作成できるほか、わずか1,000ドルで最大15,000のウェブサイトを作成することができた。グーグルは、このサブドメインが多くのスパムウェブサイトをホストしているとしてブロックしたと述べている。Googleは、多くのスパムサイトをホストしていたためにサブドメインをブロックしたと述べている。それは合理的に聞こえるが、Googleが物事をやり過ぎたという事実は変わらない。そのサブドメインには、多くの合法的なウェブサイトが含まれていたのである。[12]

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました