書籍若年性認知症・アルツハイマー病

「XX脳」女性が認知機能を最大限に活用し、アルツハイマー病を予防するための画期的な科学 -はじめに
The XX Brain: The Groundbreaking Science Empowering Women to Maximize Cognitive Health and Prevent Alzheimer's Disease

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

目次

  • タイトルページ
  • 著作権について
  • 献辞
  • マリア・シュライバーによる序文
  • はじめに 女性の健康を取り戻す
  • 第1部. 取り込む 実践を支える研究
  • 第1章. 女性の脳の内部構造
  • 第2章. 女性の脳の健康にまつわる神話を払拭する
  • 第3章. 女性の脳の健康を脅かす特異なリスク
  • 第4章. 妊娠から更年期までの脳の旅路
  • 第2部. 行動を起こす:検査を受ける
  • 第5章. プレシジョンメディシンの時代
  • 第6章. 病歴と臨床検査
  • 第7章. 問診票を記入する
  • 第3部. 主導権を握る:脳の健康を最適化し、リスクを最小化する
  • 第8章. ホルモン剤、抗うつ剤、その他の薬。必要だか?
  • 第9章. 灰白質には食べ物が重要
  • 第10章. 栄養のある脳への8つのステップ
  • 第11章. 女性の脳のためのサプリメント
  • 第12章. 女性と運動。もっと少なくてもいいのでは?
  • 第13章. マインドフルになる 脱ストレス、睡眠、そしてバランス
  • 第14章. あなたの脳を守るその他の方法
  • おわりに とりあえず、到着
  • 付録A:助けを求める場所
  • 付録B:ダイエットプランとレシピ
  • 謝辞
  • ノート
  • 索引
  • 著者について

まえがき

私はアルツハイマー病の娘

私の父、サージェント・シュライバーは 2003年にアルツハイマー病と診断された。2011年、父はアルツハイマー病でこの世を去った。彼は、特に鋭い頭脳に恵まれ、美しく調整された楽器で、しばしば私たちに畏敬と感動を与えてくれた。この歩く百科事典のような男が、多くのことに精通していたかと思うと、スプーンやフォークが何であるか分からず、自分の名前も思い出せないほどになってしまうのを見るのは、驚くほど辛いことだった。

アルツハイマー病と闘った父、そして認知症の危険因子である脳卒中を患った母を持つ私は、この悲惨な病気の治療法を見つけることを自分の使命とするようになった。

15年以上にわたって、私はアルツハイマー病との闘いの最前線に立ってきた。活動家として、またジャーナリストとして、私はこの病気に対する認識を高め、アメリカの精神という貴重な未来を守る方法を見つけるために活動している。議会での証言、「女性アルツハイマー病運動」の設立、HBOとの共同制作による受賞作「アルツハイマー・プロジェクト」、世代を超えて語り合うベストセラーとなったアルツハイマー病の児童書、アカデミー賞を受賞した認知症の女性の物語「スティル・アリス」の製作総指揮など、さまざまな活動を行っている。

2010年には、アルツハイマー病協会と共同で、『The Shriver Report』を出版した。その中で、アルツハイマー病になる人の3分の2が女性であることを初めて公に報告した。この驚くべき事実を受けて、私はアルツハイマー病の擁護活動において、女性を最優先することにした。

考えてみてほしい。65秒ごとに1人がアルツハイマー病を発症しており、そのうちの約3分の2が女性だ。60歳以上の女性がアルツハイマー病を発症するリスクは、乳がんを発症するリスクの2倍と言われている。これだけのリスクがありながら、なぜ誰も、誰もが、この危機について語らないのだろうか。

また、アメリカの無給の介護者4,000万人のうち、認知症患者を介護する人だけでも1,700万人と、3分の2を女性が占めている。おそらく驚くには値しないが、同様の数字は世界中に見られる。これらの介護者は、家庭内または家庭外で同時に働いている女性たちである。幼い子どもの世話をしながら、認知症患者を介護するのは大変な仕事だ。しかも、認知症の介護は大変な重労働だ。自分自身の健康も危ぶまれる中、日々、身体的負担やストレス、悲しみにさらされる彼女たちは、どのように自分自身をケアしていけばいいのだろうか?

このような問いに答えることが、「女性アルツハイマー病予防運動」(WAM)での私の仕事の核心だった。WAMの最も重要な使命のひとつは、女性がこの壊滅的な病気にかかるリスクについて教育することだ。そしておそらくさらに重要なことは、生涯を通じて脳をケアする方法を学ぶことによって、自分の人生、健康、家族を管理するのに必要な情報を提供し、彼女たちをエンパワーすることだ。私たちは、女性を対象としたアルツハイマー病の研究にも資金を提供しており、現在、その研究を実用化するための方法を開発中だ。私たちの目標は、アルツハイマー病の発症を遅らせたり、予防したりする方法を学ぶために必要な医師や専門家が、特に女性のために設計された卓越した医療センターの設立を支援することだ。私たちは、女性がアルツハイマー病を発症するには、男性とは異なる明確な経路があること、また、女性の医学的な旅路には、発症のリスクを高める可能性のある特定の分岐点があることを知っている。そこで、女性の脳と健康全般との関連についてできる限り学び、介入することで、アルツハイマー病の発症を遅らせる(予防しないまでも)ことができないか?

あなたの前にある本、「○○の脳」は、その道を切り開くものであるにほかならない。

リサ・モスコーニ博士は、まさにこの問題を研究することに全キャリアを捧げている。彼女もまた、アルツハイマー病に影響を受けた物語を持っている。リサの祖母は4人兄弟の一人で、妹が2人と弟が1人った。3人の妹はアルツハイマー病で亡くなったが、弟は助かった。リサの祖母が病弱になり、リサの母親が介護をするようになり、心労、ストレス、疲労が重なるようになった。リサは、アルツハイマー病が周囲の女性を選んで発症し、家庭の女性にも介護の負担がかかることを目の当たりにした。このことがリサの人生に与えた影響は計り知れず、リサは本書で紹介する答えを探し求めるようになったのである。

この使命にライフワークを捧げ、リサは今、女性が認知症から身を守る手段を提供している。それは、他人の介護であれ、自分自身が認知症にかかることであれ、である。

これから読むページでわかるように、医学界は長い間、脳の健康に関して男女の格差を認めてきた。しかし、今、私たちは、他のことも起こっていることを知っている。

多くの科学者がアルツハイマー病の特徴であるプラークやタングルに注目している中、リサは代謝の健康と女性に多いアルツハイマー病の関連性を感じていた。リサは自分の直感に従って、女性がアルツハイマー病にかかりやすくなるのは、ホルモンが重要な役割を果たしているのではないかと考えたのである。リサをはじめ、現状に不満を持つ志を同じくする科学者たちのおかげで、性ホルモンや、本書のタイトルにもなっているXX染色体が、女性としての私たちの健康にどのような独特の影響を与えるのかを詳しく調べようという動きが始まった。アルツハイマー病だけでなく、うつ病、ストレス関連疾患、自己免疫疾患、炎症などの症状はすべて、女性には男性とは異なる、そしてしばしばより劇的な影響を及ぼすことが判明した。

リサとの出会いは、アルツハイマー病予防の第一人者であるリチャード・アイザックソン博士に認知機能の基礎テストを受けに行ったときでした。リチャード・アイザックソン博士は、ワイル・コーネル病院とニューヨーク・プレスビテリアン病院で、時代に先駆けたアルツハイマー病の予防プログラムを開始した。WAMは2016年から、ライフスタイルへの介入とアルツハイマー病のリスク低減を含む認知機能の改善との関連性を証明する科学的根拠を探し、彼の取り組みを支援している。2017年には、リチャードが他の病院から呼び寄せたばかりの新しい科学者を、クリニックの副院長として彼のそばで働くように私に紹介し、彼女が追求している研究が女性に焦点を当てていることから、私が興味を持つだろうと知っていた。リサは、閉経前後の数年間に女性の脳がアルツハイマー病にかかりやすくなることを示した最初の研究を発表したばかりで、それ以来、若い女性のホルモンと脳への影響との関連を調べる研究を多く行っている。現在では、女性は閉経後ではなく、その数十年前から脳の健康について考える必要があると言われているのは、彼女の功績によるところが大きいのである。彼女の革新的な研究により、私たちは彼女をWAM科学諮問委員会に招待し 2018年からは、彼女の研究プロジェクトの1つに資金提供も開始した。

今日の番組でインタビューしたとき、リサが言った言葉が私の心を打ちた。”世界中の8億5,000万人の女性が、ちょうど更年期に入った、あるいはこれから入ろうとしている 」とね。繰り返するが、8億5,000万人の女性だ。さらに、「ほてり、不眠、体重増加だけでなく、更年期が認知症との生涯の戦いの始まりとなる女性もいる」と続けた。

明らかに、私たちは解決策を必要としている。

特定の薬、妊娠、更年期障害、睡眠不足など、特に女性に関係するホルモンや健康問題が脳にどのような影響を与えるのか、社会として十分に認識されていない。女性が服用する処方箋薬のほとんどは、男性のみを対象にした試験で得られたものである。私くらいの年齢の女性がかかり慣れているお医者さんは、ほとんどが男性だ。婦人科医でない限り、ホルモンの話はしてくれない。更年期障害について話すこともない。更年期障害について話す人もいない。

この女性特有の生理機能は、私たちが適切に対処し始めたばかりで、驚きと尊敬と研究に値すると同時に要求している。この危機は、女性をあらゆる角度から容赦なく襲うアルツハイマーの流行によって引き起こされ、同時に女性のヘルスケアに革命を起こすかもしれない。

モスコーニ博士の登場は、まさにこの精神に基づくものである。

リサの研究は、女性の脳が男性よりもホルモンの変動や医療・生活習慣のリスク要因に敏感であることを発見する上で極めて重要なものであった。本書では、閉経前、閉経中、閉経後を通して、脳が回復力を保つために、私たちが身体と心に栄養を与え、保護する方法を丁寧に指導している。彼女は、あなた自身がリスクを理解し、検査する探偵であることを教え、健康計画を立てるプロセスを指導し、利用可能なすべての治療オプションを最適化するための鍵を提供する。彼女の結果は、個人を対象としたものであり、最先端の発見を最大限に活用した強固でカスタマイズされたプログラムを提供する。科学者である彼女は、即効性のある、魔法の弾丸のようなアプローチを提供するよりも、むしろ、あなたに自分自身で行動してもらうことを望んでいる。科学者である彼女は、即効性のある魔法の弾丸のようなアプローチを提供するよりも、むしろ、あなたの健康管理に積極的に参加するようお願いしている。

脳のケアは早くから始めなければならない。根気よく続けること。鍛錬が必要だ。しかし、その見返りは一生続くのである。

脳の健康の分野で最もエキサイティングな開発は、脳の修復、若返り、長寿のためにライフスタイルの修正が可能であるというニュースである。薬物療法がうまくいかない中、特に女性は、性別に合わせた医療とライフスタイルの調整によって、顕著な反応性を示すようになったのである。リサは、これらの進歩が始まった当初から最前線に立っていた。

アルツハイマー病は、症状が出る20〜30年前に脳で始まる病気であるから、この知識は非常に重要だ。アルツハイマー病は、症状が出る20〜30年前に脳が発症する病気なので、どの年代でも改善する可能性があるが、できるだけ早い段階で介入することが予防のカギになる。今日をどう生きるかは、明日につながる。これまで健康が優先事項でなかったとしても、今すぐ始めることで、文字通り「救われる」ことがある。

私自身は、本書で紹介されている脳の健康のための推奨事項の多くを実践している。食生活も変えているが、おそらく必要なほどではない。睡眠もとっている。ストレスを減らすことに力を注いでいる。いつも運動しているが、違う方法でやるようにしている。有害な状況を減らすようにしている。自然の中を歩き、テクノロジーは遮断するようにしている。スピリチュアルな生活も大切にしている。社交的であり続けようとする。新しいことを学ぼうとしている。実は、ポーカーを習っている。

私がそうであったように、『The XX Brain』が、リサがあなたの指先に置いてくれる知恵で道を切り開くために、皆さんを興奮させることを願っている。女性として、私たちは母親として、妻として、姉妹として、娘として、孫娘として、認知機能を最適化しながらリスクを減らすために今できることについて、科学的根拠に基づいた情報を要求する権利がある。そして、自分自身の心身の健康を確保するために必要な意識と手段を身につけることだ。

リサと私は、この共通の情熱を分かち合っている。私たちは、自分自身や自分の体を大切にするのと同じように、脳の健康を優先させるような女性の教育に力を注いでいる。私たちは、女性の健康を擁護し、自分自身を教育しながら好奇心を持ち続け、健康で繁栄するために必要なものを供給するために声を上げ、答えを探し求めるよう、あなたを鼓舞したい。

20代の頃にこの本があればよかったのに。4人の子供が生まれた後、妊娠中や妊娠後に予想される認知機能の変化について、誰かが教えてくれていたらと思う。40代に、今後10年間で体だけでなく脳にも起こるであろう変化について、誰かが助言してくれていたらと思う。私はもっと早くこの情報を得ることができなかったのであるが、娘たちや他の世代の女性たちに、脳をケアする方法を学んでもらい、アルツハイマー病やその他の認知症の発症リスクを下げてもらうために、この本が存在することに感謝している。

私はよく、「あなたの心はあなたの最大の財産だ」と言う。一生涯付き合っていくものであるから、今こそケアを始めるべき時だ。脳のケアは若いうちから始めるべきであるが、実はいくつになっても、今日から始めるのに遅すぎるということはないのである。リサの力を借りて、ぜひその気になり、脳と触れ合う旅を楽しんでほしい。

マリア・シュライバー

はじめに

女性の健康を取り戻す

世界中で、アメリカの参政権やウーマン・リブの時代からずっと続いてきた女性の平等が、リアルタイムで見直されている。一方では#MeToo、他方では「リーンイン」、賃金格差は依然あるものの労働と家庭への平等な貢献を求める声が高まる中、女性の平等性、あるいは差異について日々疑問が投げかけられている。同時に、そもそも女性であることの意味についても、見出しで語られている。

私がこの本を書き始めたのは、#MeTooの余波だった。このムーブメントは、女性があからさまに虐待されたり暴行されたりするさまざまな状況を新たに認識することによって生まれた。しかし、この運動にはより深いニュアンスの色合いがある。それは、女性がより微妙に貶められ、暴行されるのではなく、無視され、見下され、時には妨害されることを示すものだ。

世界的な規模で、女性は一貫して普遍的に男性より低い賃金で、経済的に脱線している。法的にも、世界の多くの地域で所有物の一形態とみなされ、最小限に抑えられている。地球上の7億7400万人の文盲の成人の3分の2は女性であり、この数字は20年間変わっていない。このような格差はあちこちで指摘されているが、声が大きくなることで何か変化が起きるかどうかはまだわからない。

しかし、女性が男性とどのように違う扱いを受けているかが議論される一方で、私の最も身近な話題である「健康と福祉をめぐる男女格差」については、全く無視されたままになっている。

女性の社会的、経済的、物理的な安全が不公平なままであるのと同様に、女性の健康も深刻な危機にさらされている。女性は「すべてを手に入れる」ことができると約束された。しかし、それは「すべてを手に入れる」ことではなく、「すべてを行う」ことを意味することがわかった。そして、すべてを手に入れるだけでなく、低賃金と低い評価で、そして驚くなかれ、健康を犠牲にして、それを行っている。私たちは、常にいくつのボールを空中に浮かべておくことができるか、そしてそれを維持するために最大限の努力をするよう訓練され、奨励されている。

私たちは、この厄介な障害物コースをナビゲートする際に、非常に高い基準を自分に課す傾向があり、多くの人はその過程で身体と心に深刻な負担をかけている。私たちが夢中でジャグリングをしている間、社会は私たちに、汗をかかず、満面の笑みを浮かべ、その過程で「よく見える」ことを確認するために鏡に目を向けながら、そうするように促している。社会的、文化的、家族的な女性への要求の中で、私たちが健康であることは切り離されているようだ。科学者でなくとも、これはおかしいと思う。

しかし、科学者でなければ、医学的に女性が見過ごされていることを糾弾することはできない。これは、医学の分野が歴史的に男性優位であったため、ほとんどの医学研究の基本モデルが人ではなく、男性であったことが大きな原因だ。これから説明するいくつかの理由から、医学的介入は主に男性に対する影響に基づいてテストされ、投与され、モデル化されてきた。

これは陰謀論ではなく、何世紀もかけて作られた思い込みが複合的に作用して、「ビキニ医学 」を教え、実践することになったということを認識する必要がある。この言葉をご存じない方のために説明する。歴史的に、医療専門家は、女性が男性と違うのは、ビキニの小さな三角形の下にある体の部分、つまり生殖器だけだと信じていた。そのため、ほとんどの医師は男女を全く同じように診断し、治療していた。この偏ったアプローチは、文化全般の他の多くの側面と同様に、硬質科学の分野でも依然として広く浸透し、深く破壊的なものとなっている。

このようなモデルから派生した世界観を考えると、女性の健康という概念そのものが問題なのである。もしあなたが医師に、「女性の健康」というレンズを通して女性患者を見るように頼んだら、おそらくマンモグラムを実施したり、子宮頸部から細胞を採取して癌がないかどうかを調べたりするだろう。エストロゲンなどのホルモンを調べる血液検査も、それと同じように一般的に行われている。つまり、女性の健康とは、生殖器の健康に限定されるのである。これらの検査は、確かに世界中の何百万人もの女性の生活を変え、向上させてきたことは確かである。しかし、これらの研究、調査、介入は、女性とは何かについての還元的な理解の直接的な結果なのである。

脳の健康は女性の健康

私は、ワイルコーネル医科大学女性脳研究所の所長として、また米国初のアルツハイマー病予防クリニックの副所長として、毎日新聞に未掲載の見出しを探し続けている。それは、ビキニでは隠せない体の一部である脳において、女性の健康成果を際立たせるという、まだ書かれていないストーリーのためなのである。

女性の脳の健康は、男性中心の医学パラダイムの結果、常に覆い隠され、語られることのない最も重要な懸念事項の一つである。女性が関心を持つべき事柄の中で、なぜか脳が取り上げられることはほとんどない。さらに、脳の健康状態が男性と女性で異なることを理解し、それに対処できる医師はほとんどいない。

私は仕事上、患者さんを理解し、助けるために、前述のような女性の健康診断も行っている。しかし、女性の健康について考えるとき、私はMRIやPETといった脳画像検査で、患者さんの頭の中で起こっていることを確認することにしている。なぜなら、女性の健康にとって本当に重要な力学は、ここで起こっているからである。私たちの脳は、乳房や卵管よりもはるかに大きな脅威にさらされている。

大げさに聞こえるかもしれないが、多くの人がよく知らない統計がある。

  • 女性は男性の2倍、不安やうつ病を患う可能性がある。
  • 自己免疫疾患(多発性硬化症など脳を攻撃する疾患を含む)と診断される確率は、男性より女性の方が3倍以上高い。
  • 女性は男性に比べ、偏頭痛や頭痛に悩まされる可能性が4倍も高い。
  • 女性は男性よりも、最も一般的な脳腫瘍である髄膜腫を発症する傾向がある。
  • 脳卒中では、男性よりも女性の方が多く亡くなっている。

しかし、神経科学者のレンズを通してさらに見てみると、私たちの集団と個人の未来に、さらに重大な危機があることがわかる。それは、ほとんどの人が気づいていない、女性に大きな影響を与える静かで恐ろしい疫病だ。

アルツハイマー病の脅威

21世紀は、アルツハイマー病の時代だ。世界中のほとんどの地域で、親や祖父母、愛する親戚、親しい友人など、自分が大切に思っている人がこの病気にかかったという個人的な体験談を持たない人はいないだろう。このような個人的な体験談に加え、より広範な集団的な物語が生まれた。

アルツハイマー病は認知症の中で最も一般的な疾患であり、現在米国だけで570万人が罹患している。このままでは 2050年までにアルツハイマー病の患者数は3倍になると言われている。つまり、その頃には1,500万人のアメリカ人がアルツハイマー病を患っていることになる。これは、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスの人口を合わせた数に匹敵する数字だ。世界的に見れば、アルツハイマー病の患者数は、ロシアとメキシコの人口の中間に位置することになる。

要するに、私たちはアルツハイマー病の流行に直面しているのだ。

しかし同時に、この数字が、アルツハイマー病の犠牲者の平等を物語っているわけではないという事実も、私たちはまだ認識していない。アルツハイマー型認知症には、一部の人々に深く偏在する独自の疫学があることを知る人は多くない。アルツハイマー病は、実は女性を主なターゲットとしているのだ。最も端的で驚くべき統計によれば、現在、アルツハイマー病の患者の3人に2人は女性である。

アルツハイマー病は、乳がんと同じように女性の健康を脅かす病気なのである。60歳代の女性が一生をかけてアルツハイマー病を発症する確率は、乳がんを発症する確率の約2倍だ。それなのに、乳がんは女性の健康問題として明確に認識されているのに対し、アルツハイマーはそうではない。この病気に関する最も驚くべき事実の一つは、45歳の女性が残りの人生でアルツハイマー病を発症する確率は5分の1であり、同じ年齢の男性は10分の1に過ぎないということだ。これは、アルツハイマー病になった男性が経験する苦しみを否定するものではない。しかし、結局のところ、より多くの女性がアルツハイマー病に苦しみながら人生を終えるという現実を直視する必要がある。そして、これはワンツーパンチの最初の一撃に過ぎない。

もうひとつは、この危機的状況が続く中で介護を行う場合、その負担の大部分を再び女性が担うことになることだ。意図せずして、あるいは意図せずして、フルタイムの介護の役割を担うことになるのは、ほとんどが女性なのだから。現在、1,000万人の女性が、愛する認知症の人のために無報酬で医療や介護を行い、同時に精神的、経済的負担を強いられている。

今こそ、この数字と向き合う時だ。大規模な疫病に立ち向かうだけでなく、女性の健康に待ち受ける危機を認識し、調査し、対応することが必要なのである。近年、私のような科学者は、女性の脳がアルツハイマー病や脳に影響を与える他の多くの病気にかかりやすいのはなぜなのかを明らかにしたいと思うようになってきた。なぜ、このようなことが起こるのだろうか?それを防ぐことはできるのか?私たちの調査は、実存的かつ科学的に示唆に富むさまざまな問いを提起してきた。なぜ、まだ解明されていないのだろう?

未来を変えるには、過去の過ちと向き合え

人類の歴史において、ある種の病態は男女間で異なる影響を及ぼしてきた。私たちが女性の健康についてどのように理解してきたか(そして誤解してきたか)その歴史はもっと浅いのである。これは、女性の健康を損なおうとする意図的な試みではなく、ある決定が私たちにどのような影響を与えるかについて熟考したプロセスでもないことを、もう一度指摘しておく。

1950年代から60年代初頭にかけて、妊婦の吐き気の治療にサリドマイドという薬を処方することは、かなり一般的に行われていた。数年後、かつては無害な治療薬と考えられていたものが、何千人もの子どもに重度の先天性欠損症をもたらすことが明らかになった。そのため、米国食品医薬品局(FDA)は、この薬の使用を禁止することにした。また、胎児へのリスクを避けるため、安全性と有効性が確認されるまでは、妊娠可能な年齢の女性をすべての探索的臨床試験から除外するよう勧告した。しかし、この注意書きが誤って解釈され、あらゆる種類の試験に適用されたため、思春期から閉経までのあらゆる年齢の女性が、事実上医学研究に参加する資格を失った。その結果、女性から医学研究への情報提供も行われなくなった。

その上、動物実験も月経周期があるメスの動物は「予測不可能」であるとして、オスを対象とした。そのため、何十年もの間、研究は圧倒的に男性の細胞、男性のマウス、男性の患者を対象に行われ、その結果、人口の半分には適用されない(あるいは一貫性のない)データが医療現場に供給されることになった。「正常」とは 「男性」という意味だったのだ。

やがて、1980年代のエイズの流行により、女性の研究参加を阻む「保護主義」的な政策に初めて本格的な異議が唱えられるようになった。活動家たちは、エイズを治療できる可能性のある実験的な薬を患者に提供するよう、FDAを説得するために熱心に戦った。このゆっくりと時間をかけて勝ち得た勝利は、何千人もの女性を動員し、アクセスの公正な配分を要求するようになった。同時に、1970年代に医学部への入学者が劇的に増加し、女性のヘルスケアを妨げていた現状維持の政策に疑問を持つことができる医療専門家が出現した。また、議会でも女性が活躍し、医療分野でも専門職の女性が活躍し、女性擁護団体が警戒を強める中、これらの過ちへの注意を求める統一戦線が形成され始めたのである。なぜ、女性の健康管理は産婦人科の診療所に限られていたのだろうか?どうして女性の健康は、しばしば無視される産休や育児サービスに追いやられてしまったのか?

この騒動は、1990年代に政府説明責任局(連邦政府の支出をモニタリングする議会のモニタリング機関)が、臨床試験に女性が十分に参加できていないと主張する刺激的な報告書を発表するまでに発展した。結局、Physicians’ Health StudyやMultiple Risk Factor Intervention Trial(皮肉な頭文字をとってMR.FITと呼ばれている)など、当時最も大規模な試験のいくつかは、100%男性だけの試験だったのである。この報告書は非常に説得力があり、国立衛生研究所に「女性の健康に関する研究室」を設置するよう促した。それからわずか数年後、女性を対象とした研究の参加者として考慮することを義務づける「再生法」が発足したのである。

今日、私たち科学者は、研究のために男性と女性の両方を募集することを法律で義務付けられている。しかし、ほとんどの研究では、男女それぞれの効果を別々に調べるのではなく、結局は一緒くたにしてしまう。そして、収集したデータに注意深く統計的操作を加えることで、性差を示す重要な指標を削除してしまうことが多いのである。このような調査結果を信用することには注意が必要だ。このようなやり方は、知的怠惰や近視眼に起因するのではなく、多くの場合、資金不足という底辺に起因している。男性と女性を別々に調べるには、2倍の患者数、2倍の時間、2倍の資金が必要である。多くの科学者は、性別という要素を排除し、研究結果に与える影響を否定できないものとして抑制し続ける以外に選択肢がないのである。その結果、病気の予防、診断、治療に関して医師が知っていることは、今日まで男性に偏った、あるいは「ジェンダーレス」な研究から引き出され続けている。

女性への影響

男女を生物学的に同一とみなすという考え方は、性別に特有の遺伝的、ホルモン的要因が薬物に対する反応やその効果に大きな影響を与えることを考えると、特に苛立たしいものだ。

まず、女性は男性とは異なる薬物代謝を行い、しばしば異なる投与量を必要とすることが以前から知られている。しかし、性別によって投与量が調整されることはほとんどなく、その結果、女性は男性の約2倍の確率で薬物有害事象を引き起こすことになる。1997年から2000年にかけて市場から撤去された10種類の処方箋薬のうち8種類が、男性よりも女性の方が健康上のリスクが高いという報告もある。この傾向を示すもう一つの驚くべき例は、最初の「女性用バイアグラ」であるフリバンセリンにまつわるあまりにも知られざるエピソードである。この薬の副作用が評価されたとき、23人の男性とたった2人の女性を対象にした試験が行われたのだ。

アメリカで最も人気のある睡眠薬、ゾルピデム(通称アンビアン)もまた、医療における性差を考慮する前に、こうした偏見がしばしば危険な結論に至ることを許している事例の一つである。2012年、全く同じ量のアンビエンを服用した男女の反応が劇的に異なることが明らかになった。この薬を服用した女性は、翌朝、夢遊病、睡眠時無食欲、さらには睡眠時無操作で発見される確率が高く、薬特有の交通事故の報告につながったのである。なぜか?結論から言うと、女性は男性よりもずっと低い用量でアンビエンの血中濃度が最大になる。ついに医学界から適応症の再検討を求められ、FDAはそれまで推奨されていた女性への投与量をなんと半分に減らすことになったのである。しかし、それ以前の20年ほどの間、何百万人もの女性が、女性特有の基準を無視した指示に従うだけで、アンビエンを服用しながら過剰な薬物治療を受け、その結果、健康を害していたのである。これだけでは十分でないかのように、最近、アンビエンの大量累積投与は、認知症のリスクの増大と関連している。

このように、医学の分野で女性のジェンダーに関連した見落としがある例は、他にどれだけあるのだろうかという疑問が湧いてくる。研究すればするほど、女性を正しく診断する能力に著しい差があるなどの事例が見つかっている。実際、過剰に薬を処方されるだけでなく、誤ったデータに基づいたプロセスで医師が情報を得る(というより誤情報)結果、誤診されたり、症状を認識されなかったりすることが女性には多い。

循環器内科の分野では、女性患者に関して誤った医療が行われた最も有名な例がいくつかある。悲劇的なことに、女性は男性に比べて7倍も誤診され、心臓発作の最中に退院させられる可能性が高いのである。女性の症状は男性とは大きく異なり、また一般に微妙であるため、医師が認識できていないことが問題なのである。明らかに、女性患者の8人に1人だけが、いわゆるハリウッド式心臓発作(胸がしめつけられ、左腕に放射状に広がる押しつぶされそうな痛み)を感じたと報告している。むしろ、70%以上の女性が、息切れ、冷や汗、吐き気、背中、あご、胃の痛みなど、インフルエンザに似た症状を示し、これらはすべて、胸の痛みを伴わずに起こることがある。

女性を男性と同じように診断することで、他にどのような症状を見逃すのだろうか。どれだけの人がすでに誤診され、今も誤診され続けているのだろうか。おそらく、上記のような問題が複合的に作用した結果、残念ながら、女性が健康上の懸念を軽視されたり、否定されたりすることが非常に多くなっている。さらに、女性は男性よりも、自分の痛みが心身症であるとか、心気症であるとか、精神的苦痛の影響であると言われることが多いのである。痛みを抱えた女性は、鎮痛剤ではなく、抗うつ剤を処方されて診察室を出て行くことが多いのである。

結論とその先にあるもの

医学の世界では、女性のケアは男性のケアほどうまくいっていないというのが、単純な事実だ。女性は、男性と同じレベルの治療を受けるために、自分が男性と同じ病気であることを証明しなければならなかったり、男性の症状を反映させなければならないことがよくある。このような考え方は、医療現場でも顕著になり、「イエントル症候群 」という概念を生み出すに至った。この言葉は、1983年に公開されたバーブラ・ストライサンド主演の映画『イエントル』に由来しており、彼女の役柄はラビになるための学校教育を受けるためにユダヤ人男性のふりをする。イエントル症候群は、古くから続く闘争に私たちの目を向けさせている。男性は長い間、優位性や特権、アクセスの大部分を得てきたが、女性は同じように闘わなければならなかった。

このことは、私たちの健康管理のあらゆる側面に見られることであり、私たちの脳の健康に関しても同様に言えることなのである。女性はアルツハイマー病だけでなく、うつ病や偏頭痛など、脳に影響を与える様々な疾患の餌食になっている。しかし、現代の医学は、彼女たちを助ける準備ができていない。

幸いなことに、科学者たちが救いの手を差し伸べてくれている。近年、脳の健康における男女の格差を告発し、調査するために、信じられないほどの量の研究が行われている。この本で、私の使命は、この研究を査読付き研究の厳しさと有料化の壁を乗り越え、「忘れられた性」に広く声を届けることだ。

私は大学時代から、認知機能を最適化し、同時に特に女性のアルツハイマー病を予防するためのツールや戦略を開発することに注力してきた。私のキャリアを形作った情熱は、自分の家族がアルツハイマーの破壊的な影響を受けるのを目の当たりにしたことから生まれたものである。祖母の認知症への転落を目の当たりにしたことで、私はこの病気を早期に発見するためのあらゆる可能性を研究することに、自分のキャリアを捧げるようになったのである。祖母の妹が二人ともアルツハイマーになり、弟は発症しなかったので、私の決意はさらに強くなった。76歳にして食事に気を配り、ヨガの逆立ちをしている母に安心感を覚えつつも、前兆がないかを注視している。中高年の女性として、自分自身のリスクも気になる。母親として、娘に答えと選択肢と解決策を与えてあげたいのである。

私は科学者として、認知機能を維持するための予防医療を、マンモグラフィーやパップテスト、大腸内視鏡検査と同様に、すべての女性の医療に不可欠なものにするために、そのキャリアを捧げてきたのである。私たちの脳を含むヘルスケアにおいて、評価と治療が平等に行われ、すべての人に真の希望がもたらされる明日に向けて、文字通りページをめくっていきよう。

『XX脳をケアする』

『XXブレイン』は、女性と男性を区別する2本の強力なX染色体が、生殖器に影響を与えるだけでなく、他の遺伝子構成、環境、ライフスタイルとの相互作用により、私たちの健康、とりわけ脳のあらゆる側面に影響を与えることを明らかにし、女性の健康における言われなき危機を突きつけるものだ。

女性として、私たちは収入、権力、代表権の格差を経験しているが、同時に、集団としても個人としても、私たちの健康に関する知識の格差に直面している。今こそこれを是正し、脳や身体全体に関連する私たち特有の症状や懸念に取り組むべき時だ。私たちは皆、認知機能の寿命が自分の寿命と同じであってほしいと願っている。認知機能の低下の兆候が現れるまで待つのではなく、今、積極的に行動しなければならない。

本書の目的は、女性の脳に必要なものを提供することだ。これらの推奨事項は、私の長年の臨床研究と、さまざまなレベルの認知能力を持つ女性や男性との交流から生まれたものである。ある人は完璧な記憶力と素晴らしい注意力を持っていた。また、名前や詳細を忘れることがあり、自分の記憶力が以前ほど良くないのではと心配になる人もいた。また、すでに認知機能の低下や認知症を患っている人もいた。私は、女性の潜在的な弱点と、女性の脳が男性とは異なる要因を観察した結果、女性の認知力を最大限に引き出し、生涯にわたってこのセルフケアを維持するために必要な実践方法を提供する具体的なプログラムを考案した。

私が説明する戦略は、特に女性の視力、記憶力、認知能力を高め、アルツハイマーのリスクを軽減するために考案されたものである。また、うつ病や不安神経症、ストレス、不眠症、ホルモンバランスの乱れ、糖尿病、肥満、心臓病など、あらゆる年代の女性に共通する症状も取り上げ、脳の健康にも深く関わっていることを説明する。年齢を問わず、認知機能を最大限に高めたいと願う女性には、これらの実践が不可欠だ。

幸いなことに、自分自身をケアするのに遅すぎるということはない。いつから始めても、その効果は科学的に否定できない。個人の選択眼を磨くことで、「魔法の薬」のような費用や副作用から解放され、遺伝的な「くじ運」を受け入れることも、侵襲的な治療や手術に屈することもなくなる。

この特別な予防プログラムには、3つの基本的なステップが必要だ。

  • 1.  加齢に伴い、女性の脳がいつ、どのような理由でダメージを受けるのかを理解する。
  • 2. 自分自身の危険因子を注意深くテストする。
  • 3. その知識を日常生活で活用し、脳と身体、そして大切な生命力を守るための選択をする。

そのために、本書は3つのパートに分かれている。

パート1:テイクイン

実践の背後にある研究」では、女性の脳の働きと、その課題、脅威、最適化の機会を理解するために必要な基礎的要素を提供する。ここでは、私自身の研究によって得られた発見を、科学者として、また女性としての個人的な体験と組み合わせて、直接お伝えしている。

パート2. 行動を起こそう

Get Testedでは、脳の健康を最適化し、女性の疾病予防に関与するために必要な主要な診断手順について、特にスクリーニングプロセスに焦点を当てて概説している。特にスクリーニングのプロセスに焦点を当てる。2人の女性は同じではないことを考慮し、あなた自身のリスクと症状の根本原因を特定することが、あなたにとって最善の治療計画を考案する鍵となる。より効率的に自分をケアするために、何を知っておくべきなのか。どの検査が本当に価値があり、何を測定するものなのだろうか?あなたの「ベースライン」はどのように定義されるのだろうか?個人的な危険因子とは何か、そしてその危険因子に対処するために医師とどのように協力すればよいのか?

パート3. 主導権を握る

脳の健康を最適化し、リスクを最小限に抑えるには、女性の認知能力を向上させ、保護しながらリスクを管理するために設計された、エビデンスに基づく推奨事項を提供する。30代以上の女性によく見られる、疲労、不眠、気分の落ち込み、ストレスなど、さまざまな症状について取り上げる。これらの症状の中には、物忘れも含まれるが、この問題についても慎重に検討する。また、体重増加、インスリン抵抗性、心臓病のリスクなど、体の変化について、特にホルモンの減少や更年期障害に焦点をあてて考えていくる。その際、ネット上で錯綜し、矛盾しがちな健康ニュースを避け、医療、食事、サプリメント、運動、睡眠、ストレス解消法などのライフスタイル医学に関する最新の実証された研究成果を紹介する。

女性がいつから脆弱になったかを理解することで、いつから変化を起こす必要があるのか、そしてどの変化がリスクの軽減と認知機能の維持に最も効果的なのかを判断することができるのである。これは、アルツハイマー病のような脳の病気から遠ざかり、最適で生涯にわたる脳の健康を目指すあなたの羅針盤となるものである。あなたの目標が、長期にわたって脳力を高めることであろうと、より穏やかで幸せになることであろうと、より多くのエネルギーを得ることであろうと、睡眠を改善することであろうと、記憶障害を少なくすることであろうと、認知症のリスクを完全に減らすことであろうと、私はこれらの簡単な脳の強化のための手段をとることがあなたの脳にとって今後数年間最高の状態になるのに役立つと確信している。

読者の皆さんは、母親やパートナー、娘さんなど、女性にも関心をお持ちの方かもしれないし、また、単に人口の残りの半分に純粋に興味をお持ちの方かもしれませんね。本当に、気にかけてくれてありがとう。本書は堂々と女性のために、女性について書かれているが、実は、女性のヘルスケアを発展させるという私たちの目標は、男性の協力なしには決して実現しない。これは、女性が男性に対して、男性抜きで、あるいは男性の代わりに、ということではない。それどころか、より広い文脈で女性を理解することなのである。女性の脳には、適切な食事、睡眠、運動が必要だ。しかし、脳が周囲の男性(そして他の女性)の共感、愛情、サポートを必要としていることは、新しい発見ではない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました