バイオテクノロジーの兵器化
バイオテクノロジーの無秩序な進歩は、新たな軍拡競争を引き起こし、私たちの個人的な自律性を脅かしている

アーミン・クリシュナンスパルタカストランスヒューマニズム、人間強化、BMI全体主義・監視資本主義合成生物学・生物兵器情報戦・心理戦・第5世代戦争・神経兵器・オムニウォー生命倫理・医療倫理酸化グラフェン・ナノ粒子

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

iceni.substack.com/p/the-weaponization-of-biotech

Spartacusスパルタカス

パンドラの箱

前回この話題を取り上げた後、私はある人から、バイオテクノロジーが悪用される可能性がある、あるいは軍事や諜報の秘密道具として有用な具体例を挙げるようにと頼まれた。それはもっともな批判であった。私は、そのような用途に使われる可能性のある技術をいくつか挙げてみたが、具体的な論文を引用して論証することはしなかった。今回は、その不足を解消する。

肝に銘じておかなければならないのは、最先端のバイオテクノロジーは、人間の尊厳と同時に甚大なリスクをもたらすということだ。まさに今日のバイオテクノロジーの産物は、戦争での使用を禁止する条約がすでに存在する天然痘などの旧来の生物兵器とは異なるからである。現在研究されている技術の中には、その使用を制限する条約が存在しない新しい生物製剤の基礎となり得るものがある。このことは、新たな軍拡競争と核拡散のリスクを生み出すことになる。

生物兵器禁止条約の第1条は以下の通り。

生物兵器禁止条約

この条約の各締約国は、いかなる場合にも、開発し、生産し、備蓄し、またはその他の方法で取得し若しくは保有することがないことを約束する。

(1) 微生物その他の生物学的製剤または毒素で、その起源または製造方法が何であれ、予防、防護またはその他の平和目的のために正当化されない種類および量のもの。

(2) 敵対的な目的または武力紛争において当該薬剤または毒物を使用するように設計された武器、機器または運搬手段。

これは極めて曖昧だが、一般的には天然痘、エボラ出血熱、炭疽菌、ボツリヌス毒素などを戦争に使うことを禁止する意味と考えられている。

ロバート・マローン博士が最近発表した洞察に満ちた論文では、「敵対的な目的のため」という規定が本質的に抜け穴となり、生物兵器は防衛目的のために合法的に研究されうる、と正しく指摘している。

ロバート・マローンとは

生物兵器禁止条約は、生物兵器を禁止していない。

続きを読む(日本語)

考えてみてほしい。何が微生物や生物学的病原体、あるいは毒素として適格なのか?敵対的な目的とはどのようなものか?もし、その薬剤が人を殺したり、傷つけたり、傷つけたりはしないが、人の行動を操作するものであったらどうだろうか。その薬剤が非常に微細で、容易に検出できず、敵対的行為者に帰属させることができない場合はどうだろうか?

最近のバイオテクノロジーのブレークスルーには、医療に用いれば有益な治療効果をもたらすものが多く、したがって「予防、防護、その他の平和目的の正当化」は十分に可能である。しかし、それらは諸刃の剣でもある。ある人の癌を治すことができた同じ遺伝子治療ツールが、他の人に癌を与えるかもしれないのだ。

さて、化学兵器禁止条約を見てみよう(注:Substackは、文字で指定されたサブパラグラフを、厳密に番号付きのリストに変換してしまうので、正確な参照はソースサイトを見てほしい)。

OPCW – 第1条一般的義務

  1. この条約の各締約国は、いかなる場合にも、この条約に違反しないことを約する。
    1. 化学兵器の開発、製造、その他の取得、備蓄、保持、または化学兵器を直接的または間接的に誰かに譲渡すること。
    2. 化学兵器を使用するため。
    3. 化学兵器を使用するためのあらゆる軍事的準備に従事すること。
    4. この条約に基づき締約国が禁止されている活動に従事する者を、いかなる形であれ、援助し、奨励しまたは誘引すること。
  2. 各締約国は、この条約の規定に従って、自己が所有し、若しくは保有し、または自己の管轄若しくは支配の下にある場所にある化学兵器を廃棄することを約束する。
  3. 各締約国は、この条約の規定に従って、他の締約国の領域において放棄したすべての化学兵器を廃棄することを約束する。
  4. 各締約国は、この条約の規定に従って、自己が所有し、若しくは保有し、または自己の管轄若しくは支配の下にある場所にある化学兵器製造施設を廃棄することを約束する。
  5. 各締約国は、暴動鎮圧用薬剤を戦争の方法として使用しないことを約束する。

わかった、さて、彼らは何を化学兵器とみなしているのだろうか?

OPCW – 第二条定義と基準

この条約において、次の事項を目的とする。

  1. 「化学兵器」とは、以下のものを総称して、または個別に意味する。
    1. 有毒化学物質およびその前駆体。ただし、この条約で禁止されていない目的であれば、その種類と量が合致する場合に限る。
    2. (a)に規定する毒性化学物質の毒性によって死亡またはその他の危害を引き起こすよう特別に設計された軍需品および装置で、当該軍需品および装置の使用の結果として放出されるもの。
    3. (b)に規定する弾薬および装置の使用に直接関連して使用するために特別に設計された機器。
  2. “有害化学物質”とは生命現象に対する化学的作用により、人間や動物に死亡、一時的な無力化、または永続的な害を与える可能性のある化学物質。このような化学物質は、その起源や製造方法にかかわらず、また施設や軍需品などでの製造の有無にかかわらず、すべて含まれる。(この条約を実施するために、検証措置の適用が特定された有害化学物質は、化学物質に関する附属書に含まれる別表に記載されている)。

人間や動物に対する死亡、一時的な無力化、永久的な害は、一見すると合理的な定義に聞こえるが、実際はどうなのだろうか。

しかし、現代の兵器化されたバイオテクノロジーの攻撃方法は非常に多く、ある種の薬剤が開発されたとしても、生命倫理学者たちはそれを無力化するものでも有害なものでもないと、あまりに熱心に署名する可能性も考えられる。

現代のバイオテクノロジーを使って、BWCとCWCの両方を回避し、深遠で破壊的な効果を持つ新しい薬剤を製造する方法をいくつか見てみよう。

ニューラル・ネットワークの破壊者

人間の神経細胞やシナプスは魅力的なものである。神経細胞は、私たちの感覚や認知、運動神経をつかさどる電気化学的なデバイスである。また、自律神経系は、私たちが意識的にコントロールできないような体内の無数のものを制御している。

カーンアカデミー – ニューロンの構造と機能の概要

あなたの周りのものを見たり、聞いたり、嗅いだりする知覚能力は、神経系に依存している。また、自分がどこにいるのかを認識し、以前に行ったことがあるかどうかを思い出す能力も同様である。実際、自分がどこにいるのかどうやって知ることができるのかと思うあなたの能力そのものが、神経系に依存している。

当然ながら、神経組織は私たちの身体の正常な機能に極めて重要な役割を果たしているため、化学兵器の標的となることが多い。VXなどの神経剤は、アセチルコリン・エステラーゼ酵素を阻害することにより、アセチルコリンを蓄積させ、横隔膜と心筋を麻痺させ、呼吸不全となり、ついには心停止に至らせる。

神経ガスが違法とされるのは、人に無差別に害を及ぼすことが明らかであり、ごくわずかな量でも死に至る可能性があるためである。しかし、近年、あまり知られていない新しい種類の薬剤が出現した。ナノ粒子の神経攪乱剤である。

International Journal of Nanomedicine – 神経細胞生物学におけるナノ粒子の影響:現在の研究動向

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29780247

ナノ粒子は多くの有益な特性を持っているにもかかわらず、健康被害や毒性の問題もいくつか提起している。ナノ粒子の安全性プロファイルをよりよく理解するために、ナノ粒子が何らかの副作用や毒性を引き起こすかどうかを知るために、いくつかの試みがなされてきた。ナノ材料は、発がん性物質、変異原、または健康被害反応を誘発することが可能な高度に活性化された表面を有していることが示されている。52-54

さらに、カーボンナノチューブがナノ構造基板上で線維形成を誘導することが報告されている。55 さらに、ナノ粒子は通常の赤血球の100倍も小さいため、相互作用の可能性が高く、ナノ粒子がタンパク質、DNA、56 肺細胞、ウイルスと相互作用するという証拠もある。

現在、親水性、疎水性、あるいは両親媒性など、人間の膜に取り込まれやすい特徴を持つシリカなどのナノ粒子は、深刻な脅威をもたらす可能性があると推測されている。そのため、ナノ粒子と生細胞や他の生体システム、特に中枢神経系との相互作用を理解することが重要である。

ナノ粒子は、生体膜を通過することができるため、ヒトの神経細胞に対して潜在的な機能性および毒性作用を有している。CNSにおける銀の生物学的半減期は、他の臓器よりも長いことが知られており、長期間の曝露により、脳に重大な生理的機能、結果、リスクがある可能性が示唆されている。

さらに、ナノ粒子の血液脳関門(BBB)に対する影響も評価され、銀、銅、Al/Al2O3ナノ粒子の投与はBBB機能を破壊し、脳浮腫の形成を誘発することがわかった58。58 さらに、AgNPsはBBBの破壊とアストロサイトの膨張を誘発し、神経細胞の変性を引き起こした。59

本総説では、さまざまなナノ粒子とそれらがニューロンの生物学に与える影響について考察し、その反応(刺激性または抑制性)の評価を試み、それぞれ試験管内試験および生体内試験のモデルで検討した。

エルゼビア – 酸化グラフェンは、ラットにおける外側扁桃体のシナプス可塑性障害を予防し、長期間続く不安行動を回復させる

小型グラフェン酸化物 (s-GO)シートは、幼若ラットの海馬におけるグルタミン酸作動性 シナプスを可逆的にダウンレギュレートすることがすでに示されており、生体内の 選択的シナプスを標的としたこのナノ材料の予想外の応用可能性が明らかにされた。

シナプスは、中枢神経系において神経細胞間の機能的なインターフェースとして機能する解剖学的な特殊化である。シナプス可塑性と呼ばれるシナプス機能の動的な変化は、学習や記憶にとって極めて重要である。近年、認知症や不安障害などの脳疾患において、シナプス可塑性の機能不全が病態に関与していることが明らかになった。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)では、扁桃体外側核(LA)のグルタミン酸作動性ニューロンの過剰な興奮が、ストレスイベントによる回避的記憶の保存に大きく関与していることが知られている。

私たちは、PTSD動物モデルにおいて、s-GOを定位投与することにより、LAグルタミン酸の伝達を阻害し、長期的な回避記憶に特徴的な行動反応を阻止する能力を明らかにした。

私たちは、s-GOがグルタミン酸可塑性を阻害することにより、PTSDに関連するLA依存的な記憶想起を阻害することを提案する。

ナノ粒子、ナノリボン、ナノワイヤー、ナノチューブなどのナノ材料は、その構成元素によって生物学的効果が大きく異なる。ナノ粒子という言葉を聞くと、どれも同じものだと思いがちであるが、そうではない。ナノ材料の構成はほぼ無限にある。遺伝子導入(および核酸「ワクチン」)に使用されるタイプの脂質ナノ粒子は、ほとんどが分解性で、PEG化脂質で構成されており、細胞膜と容易に結合してリポソームの内容物を細胞内に沈着させることができる。

炭素、ケイ素、金、銀、セレン化カドミウム、ヒ化ガリウムなど、他の種類のナノ粒子は、電気的特性や生物学的・毒性学的影響が異なる。多くの金属、炭素、ケイ酸塩のナノ粒子は難分解性で、アスベスト症やケイ肺病のように継続的な炎症を引き起こす可能性がある。一部のナノ粒子は非常に小さく、ウイルスよりもはるかに小さい。そのため、細胞膜に孔を開けたり、細胞の電気的特性を変えたり、細胞内構造と一体化することさえある。

神経科学が政治化されていることと合わせると、ここで悪用される可能性は計り知れない。例えば、上記の例では、酸化グラフェンをラットの脳に注入したところ、扁桃体のシナプス可塑性が低下し、新しい刺激に対して事実上麻痺してしまった。これにより、ラットの脅威処理能力が損なわれた。

科学者たちは、これをPTSD治療の可能性があるとしているが、それはそうかもしれない。しかし、少し違った、より悪質な応用を考えてみよう。

精神神経医学・臨床神経科学ジャーナル – 政治的イデオロギーの保守-リベラル次元の神経学

神経画像研究では、政治的イデオロギーは扁桃体、島、ACCにおける保守とリベラルの違いに関係していることが示唆されている。4,69,70 政治に関心を持つだけで、扁桃体と腹側線条体の活動が増大し71、政党の好みをコード化すると、両側の島とACCが活性化する。69 90

人の若年成人を対象としたMRI研究では、政治的保守派は政治的リベラル派に比べて右扁桃体の灰白質が大きいことが示され72、リスクテイキング課題を含むfMRI研究では、政治的保守派は右扁桃体の活動が大きいことが示されている73。

政治的保守性と右扁桃体との関連は 感情的顕著性、特に恐怖に両側で敏感な構造であり、脅威の潜在的信号の処理の増加を示唆している。74 前部島は嫌悪体験に顕著な役割を果たすが、嫌悪刺激に対する脳の反応は、政治的保守主義と自由主義の間でより分散したパターンを示し、政治的保守主義者の嫌悪に対する感受性の差と一致する可能性がある38

ある研究において、政治的リベラリズムと左島後部における活動との予想外の関連は、対人信頼の表現における島嶼の新たな役割を反映しているのかもしれない。75

最後に、政治的リベラル派はACCにおいて灰白質が多く、ERP活動が増加しており、変化の可能性を示すシグナルを処理する感度と一致している12,72,73

神経科学者の中には、保守派とリベラル派の脳は物理的に異なっており、リベラル派は注意、報酬の予測、道徳、衝動制御、感情を司る前帯状皮質に多く依存し、保守派は恐怖、不安、回避的刺激に対する攻撃的反応を司る脳の部分である扁桃体に依存していると考える人もいる。

もしあなたが、偏見に満ちた、不寛容な、あるいは不道徳な行動に関わる神経学的恐怖反応を抑えるために、人々の扁桃体を部分的に機能停止させることは道徳的に許容できる(無力化でも有害でもない)、と主張する生命倫理学者と出会ったらどうだろうか。

実は、あれはひっかけ質問なんだ。彼らはすでにそう言っている。さらに、彼らは、人々の知識や同意なしに行うべきだと主張してきた。

Wiley – 強制的な道徳的バイオエンハンスメントは秘密にすべき

理論家の中には、道徳的な生体強化は強制されるべきであると主張する者もいる。私はこの議論をさらに一歩進めて、もし道徳的生体強化が強制されるべきものであるならば、その投与はあからさまなものではなく、むしろ秘密のものであるべきだと主張する。つまり、強制的な道徳的生体強化は、受け手が強化を受けていることを知らずに行われることが道徳的に望ましいということである。

私の主張は、もし道徳的生体強化が強制されるべきなら、その投与は公衆衛生の問題であり、それゆえ公衆衛生倫理によって管理されるべきだというものである。

私は、強制的な道徳的生体強化プログラムの秘密裏の管理は、あからさまな強制プログラムよりも公衆衛生倫理によく適合していると主張する。特に、秘密裏に行われる強制プログラムは、自由、効用、平等、自律性といった価値を、あからさまなプログラムよりも促進する。

したがって、秘密の強制的なモラルバイオエンハンスメントプログラムは、あからさまなモラルバイオエンハンスメントプログラムよりも道徳的に好ましい。


Wiley – モラルバイオエンハンスメントと功利主義の間の不安な同盟について

2 Mbe(道徳の生体強化)の功利主義的なケース

MBEは、正しい行動を正しく判断し、行動する可能性を高めるとされている。しかし、何が正しい行為であるかの判断は、個人の信念や嗜好に依存する。道徳的に強化されるとは、何をするのが正しいかという正しい判断に到達する可能性を高め、その判断に基づいて行動する可能性を高めるような気質を持つことである。何をするのが正しいのか、どのようにして正しい行動に至るのかは議論のあるところである。何が道徳的な向上を構成するかは、正しい行為についてどのような説明を受け入れるかによって決まる。10

このことが功利主義道徳に何をもたらすかを理解するためには、まず、MBEの目的と手段が功利主義的に正しいか/許されるかを検証することから始めることができる。そこで本節では、(i)MBEが道徳的行為者とその行為にどのような影響を与えるか(功利的目的を促進するか)、(ii)強化行為自体が功利主義的に正しいか許されるか(MBEの手段が許容されるか)、を検討することにする。まず、MBEと基本的な功利主義原則との対応関係を調べ、MBEが功利主義的な目的を間接的に 促進する方法で道徳的行為者を修正しうることを明らかにする。次に、MBEが最適化されるために満たすべき条件を検討し、MBEがこれらの条件を満たすと信じるに足る理由があることを論じている。

2.1 より良い功利主義的なエージェントを作る?

MBEの支持者は、このようなアプローチが全体的に最良の結果をもたらすかもしれないので、常識的な道徳によって認識される義務の延長として、このタイプの道徳的改善を想定している。「民俗的」または「常識的」道徳は、「世界中の人間社会の多様に規定された道徳の共通分母」である道徳的態度のグローバルに共有されたセットである。11それは、「ある種の状況において特定の方法で反応する心理的な気質の集合」に相当する。12 MBEは、このような気質を修正するものとされている。また、道徳心理学の欠点を修正するために、ペルソンとサヴレスクは「常識的道徳のやや控えめな拡張、つまり常識的道徳がすでに認識している義務をより強調する拡張」を提案している。13 MBEは、親道徳的な感情(同情、協力など)を強化し、あるいは逆に反道徳的な感情(人種嫌悪、暴力的攻撃など)を減少させるとされている。14

負傷させたり殺したりするための化学・生物兵器の使用を防ぐ条約はある。ナノ粒子で人口の脳の特定の構造を標的にすることで政治的行動や道徳的価値を操作する化学・生物兵器の使用を防ぐ条約はない。

秘密の道徳的生体強化は、たいした武器ではないように聞こえるかもしれないが、一つの武器である。神経ネットワーク破壊ナノ粒子をモスクワやサンクトペテルブルクにばらまいたら、そこにいる人々は突然、ロシア政府は深く不道徳で、暴力的に転覆させるに値すると信じ始め、街で暴動を起こし始めたとしよう。

ロシア政府が不道徳であり、暴力的に転覆させるに値するかどうかは問題ではない。重要なのは、ある国の国民を「道徳的に強化」することで、政治的・社会的摩擦を引き起こし、その結果、国を引き裂き、軍事的目的(独裁者の退陣やライバル国の社会構造を引き裂くなど)を達成する可能性があるということである。このように人間の行動を操作することで、国民は自国の利益に反する行動をとり、日常生活で頼りにしている制度やインフラを引き裂かれる可能性があるのだ。

つまり、即効性では無血である(つまり、被験者に明確な物理的危害を与えない)ニューロウェポンは、被験者が意識的にコントロールできない行動の結果、物質的剥奪と社会的崩壊の影響を経験したとき、長期的には極めて残酷で致死的な効果をもたらすかもしれないのだ。このような認知の不安定化によって内戦の真っ只中に置かれることになれば、彼らにはいくつものことが起こりうる。社会的な地位を失うかもしれない。仕事を失うかもしれない。飢饉に見舞われるかもしれない。自宅は爆撃で瓦礫と化し、子どもたちは何百トンものコンクリートやレンガの下に押し潰されるかもしれない。彼らは、両手で頭を垂れて路上に座っているとき、そこに至った理由を振り返る能力さえないだろう。心の中の粒子がそれを許さないのだ。

それはまさに兵器の定義である。敵対する国の市民に対して、残忍な反価値攻撃をするための道具なのである。もし誰かが神経兵器によって操られ、自国の政府と戦うようになったとしたら、その人たちは何をしていないかというと、仕事に行くとか、食料品を買うとか、友達と遊ぶとか、私たち普通の人がたまたま「生活」と呼んでいる他のことをやっていないのである。

もし世界の大国がお互いの国民に対して神経兵器を使い、攻撃性や反政府的な傾向を強めれば、世界的な狂気につながるだろう。逆に、もし大国が民衆の反乱を鎮めるために自国の国民に対して長時間作用型の抗不安薬を使えば、私たちが知っている政治の終わりを告げることになるだろう。

DARPAやPellegrino Center for Clinical Bioethicsに関係する生命倫理学者であるJames Giordano博士は、この問題について幅広く執筆し、冷ややかな講演も行っている。

アーミン・クリシュナンは、彼の教科書のレビューにあるように、この問題に関しても幅広く執筆している。

ResearchGate – 軍事用神経科学と来るべき神経戦の時代:Armin Krishnan著、ロンドン、イギリス

ResearchGate – Military neuroscience and coming age of neurowarfare: by Armin Krishnan, London, UK: Routledge, 2017, 270 pp.

軍事神経科学は、主に、人間の心を理解し操作することで、軍事戦略的な目的にどのように利用できるかを検討するという、より具体的な問題に限定されている。これは神経学的強化という形をとることができ、シリコンバレーのエリートたちを虜にした、人間の改善に関する非常に有望な分野である。

しかし、攻撃的に使用されることもあり、本書のかなりの部分は、4つの幅広いタイプの「劣化テクノロジー」の議論に費やされている。その中には、幻覚剤の兵器化など、冷戦時代の研究(しばしば倫理的に疑わしい)から広く知られているものもあるが、まったく新しく、破壊的な可能性を秘めたものもある。

例えば、蚊のような野生動物の集団の中に遺伝子を急速に拡散させる「遺伝子ドライブ」のようなものが考えられる改造された集団は、その後、人間の集団に病気(致命的かどうかはわからないが)を引き起こしたり、人間の行動を変化させるバイオレギュレーターを挿入したりすることになる。

昆虫自身が生物兵器を生産し、巨大で常に自己複製を繰り返す軍隊となる。COMPARATIVE STRATEGY 2018, VOL.37, NO.3, 251-254 脅威そのものが完全に理解される前に、大規模な人的・経済的損害を与えることができるようになる。

実際、クリシュナンが論じた技術の多くは、さまざまな国で秘密裏に研究プログラムが進められている可能性がある。次の大きな紛争が起こったとき、「神経戦争」が非常に大きな、もしかしたら決定的な役割を果たす可能性は十分にある。

神経戦争による軍事革命の可能性に備えていない国や、壊滅的な被害をもたらす可能性のある神経戦争の攻撃から身を守ることができない国は、これが破滅的な脆弱性であることに気付くかもしれない。

また、以前の記事で、DARPAのN3プログラムのように、このようなナノ粒子を遠隔で通電して脳の特定部位を刺激し活性化することの倫理的リスクも明示した。

神経戦の登場により、第5世代戦の時代から第6世代戦の時代へと移行することになる。

もし情報が第5世代の戦争の基礎であるとすれば、第6世代の戦争では、プロパガンダのような従来の手法ではなく、神経兵器を用いて直接的に人々を操作することになる。その結果、人々が再生産し、社会的に広める情報の種類や性質が変わるなど、2次的、3次的な効果が期待される。

DREADDs

DREADDはDesigner Receptors Exclusively Activated by Designer Drugs(デザイナーズ・ドラッグが特異的に活性化するエシグナー受容体)の頭文字をとったものである。合成リガンドのみによって活性化される受容体(RASSL)の概念を改良したもので、内因性リガンドに反応しにくいという特徴がある。

ドラッグ・ディスカバリー・トゥデイ – DREADDs:創薬・薬剤開発のための新規ツール

デザイナーズドラッグによってのみ活性化される最初のデザイナーズ受容体(DREADD)が発明されて以来、これらの人工Gタンパク質共役型受容体(GPCR)は、生体プロセスや行動の調査に広く応用されている。DREADD技術は、創薬や薬剤開発において大きな可能性を秘めた強力なツールとして浮上している。

DREADD は創薬可能な標的の同定を容易にし、既知および希少なGPCRに対する新規薬剤の活性を探索することを可能にする。ここでは、DREADDがどのように創薬・薬剤開発の新しいツールとして利用できるかを説明する。

基本的に全てのヒトの細胞は、その表面に様々な種類の受容体を持っており、特に受容体-リガンド相互作用という形で他の細胞からのシグナルを受け取ることで様々な機能を発揮している。DREADDは、合成リガンドにのみ反応する合成受容体(つまり、膜結合タンパク質) である。つまり、体内で作られたものには反応せず、体内に取り込まれた物質のみに反応する。

例えば、DREADDsを使って誰かの脳を操作したいとしよう。その場合、神経細胞のリボソームがタンパク質を翻訳するように仕向ける遺伝物質を脳細胞に導入するか、タンパク質の遺伝子をすでにゲノムに組み込んだ改造神経細胞を脳に導入すればよいのだ。

そして、DREADDsに結合する特定の物質を被験者に投与することで、簡単に活性化させることができる。水や食べ物に混ぜてしまえばいい。実験室でその化合物を探していない限り、誰にも気づかれることなく。

この技術は、より一般的には化学遺伝学とも呼ばれる。

ケモジェネティックスガイド

化学遺伝学とは、これまで認識されていなかった小分子に反応するタンパク質受容体の工学的設計のことである。化学遺伝学的ツールは、特定の細胞集団(多くの場合、神経細胞)を対象とした特定の細胞経路のアクチュエーターで、低分子リガンドの適用によりオンまたはオフにすることができる。理想的な化学遺伝学ツールは、ネイティブなリガンドに反応せず、内因性シグナル伝達に影響を与えない小分子に反応するように設計されているため、標的とする細胞集団を正確に制御することができる。

もし被験者の脳組織内のDREADDsの分布をコントロールできれば、DREADDsに結合する化学物質を用いて、特定の脳領域、例えば不安なら扁桃体、多幸感なら報酬中枢といった特定の感情を司る脳領域を、他の領域よりも活性化させることができるだろう。また、被験者の記憶を操作することもできるかもしれない。

つまり、被験者は知らず知らずのうちに、薬を投与された側の言いなりになってしまうのだ。

CRISPRによる遺伝子編集

CRISPR-Cas9は、10年前に考案された真核細胞の遺伝子編集法である。溶連菌に含まれるタンパク質が、バクテリオファージの遺伝物質を認識して攻撃し、外来DNAを切断する機能を利用したものである。研究者らは、Cas9ヌクレアーゼにガイドRNAを搭載し、レーザー誘導型の分子ハサミのように真核細胞内のゲノムの特定部分を切断するために送り込むことができることを発見した。

この技術は、すでにバイオテクノロジーの分野で広く使われている。また、自然界に存在しない完全な合成タンパク質をコードする遺伝子を追加することで、細胞や組織の工学的な改変にも利用できる。

タンパク質の設計

タンパク質は気難しいものである。タンパク質は、アミノ酸の鎖が折り重なってできたもので、あらゆる生命体の基本的な構成要素の一つである。しかし、タンパク質がどのように折り畳まれるかを推論することは、計算機による深刻な課題である。長年にわたり、スーパーコンピュータ(および分散型スーパーコンピュータ)を使ってこの課題に取り組んできた結果、現在では、まったく新しいタンパク質をゼロから設計できるところまで来ている。タンパク質には非常に複雑な相互作用が数多く存在するため、手作業によるタンパク質工学は多くの人間の精神的能力を超えている。そこで、科学者は現在、計算機、機械学習、反復的アプローチによるタンパク質設計に取り組んでいる。その結果、CPD(Computational Protein Design)と呼ばれる全く新しい分野が生まれた。

PNAS – 既知のタンパク質構造における配列-構造相関のマイニングに基づく汎用的なタンパク質設計フレームワーク

進化は、生体内で驚くほど複雑な仕事をするタンパク質を生み出した。それぞれの分子は、特定の目的のために「カスタムメイド」されたように見える。

タンパク質デザインは、進化を待つことなく、特定の目的のためにタンパク質を自在に「カスタムメイド」することを可能にしようとするものである。しかし、タンパク質の立体構造や機能がアミノ酸配列にどのようにコード化されているかをモデル化することは非常に困難であり、これは大きな挑戦である。

この論文では、配列と構造のエンコーディングは、構造が分かっているタンパク質から直接学ぶことができ、設計へのアプローチが可能であることを主張する。

私たちは今、タンパク質科学において、データから推測される創発的な原理によって、第一原理の適用が困難な場合でも前進することができるかもしれない、エキサイティングな時期にいるのだ。

タンパク質設計は、ムーアの法則が進むにつれて、ますます容易になっていく問題であり、この計算集約的な作業は、ますます洗練されたコンピュータによって実行されるようになるのだ。

プロテインデザインで何ができるのか?ここで、より適切な質問は、何ができないかということだと思う。ヒトや動物には、核酸の組み立てや切断(ポリメラーゼやヌクレアーゼ)、他のタンパク質の切断(タンパク質分解酵素)、体内の信号伝達(膜結合型受容体)など、限りなく多くの機能を持つタンパク質が存在する。タンパク質のデザインは生命の デザイン。それは非常に強力なツールである。

また、新型兵器を作る手段でもある。毒性を持つデザイナーズ・タンパク質を生成する遺伝物質を誰かの細胞に導入すれば、その人を本当に、とても病気にすることができる。

生体内試験・バイオファブリケーション

新しいタイプのバイオテクノロジーでは、生物学的プロセスを利用して、新しい構造を体内で「印刷」することができるかもしれない。

例えば、エフード・ガジットは、アミロイドの繰り返し単位を使って人工的な構造体を組み立てる研究を行っている。

Chemical Society Reviews – 自己組織化するペプチドとタンパク質アミロイド:ナノテクノロジーにおける構造から調整された機能まで

自己組織化ペプチドおよびタンパク質アミロイドナノ構造は、従来、ヒトの神経変性疾患に関与する病的な凝集体としてのみ考えられてきた。

しかし、最近では、これらのナノ構造は、生物医学、組織工学、再生可能エネルギー、環境科学、ナノテクノロジー、材料科学など、さまざまな分野の先端材料として興味深い用途が見つかっている。これらのすべての応用において、最終的な機能は以下のことに依存する。

  • (i) タンパク質凝集の特異的メカニズム、
  • (ii) 原子スケールからメゾスケールまでのタンパク質やペプチドのアミロイドの階層構造、
  • (iii) 周囲環境(生体または人工)との関連におけるアミロイドの物理的特性。

このレビューでは、機能性アミロイドおよび人工アミロイドの分野における最近の進歩について述べ、タンパク質やペプチドの折り畳み、展開、凝集メカニズムと、その結果として生じるアミロイド構造や機能性との関連性を強調する。

また、アミロイドベースの生物学的および機能的材料の設計と合成における現在の進歩に注目し、アミロイドベースの構造が新たなブレークスルーを約束する新しい可能性のある分野を特定する。

さらなる例として、細胞外マトリックス(ECM)接着タンパク質であるフィブロネクチンによるフィブリル(いわゆるタンパク質ナノファイバー)の形成が、水/エタノール混合液中で37℃のインキュベーション後に観察された。94

このフィブリルを足場にして、N-ヒドロキシスルホスクシンイミド(NHS)修飾CdSe-ZnSコアシェル量子ドット(QD)が堆積し、バイオフォトニックナノハイブリッド材料としての応用が期待されている。また、フィブリノーゲンはpH 2でインキュベートすることでフィブリルを形成し、これをテンプレートとしてバイオミネラリゼーションに応用することができた。95

Science – 自己組織化するペプチド半導体

最近の研究により、いくつかの天然タンパク質凝集体が固有の半導体の光学的性質を持つことが明らかになってきた(15)。Kaminskiらは、405 nmで励起すると、神経変性疾患に関連するミスフォールドタンパク質の集合体が固有の蛍光発光を示すことを示した(16,17)。このラベルフリーの自発蛍光は、アミロイド線維形成の動態を定量的に評価することを可能にし、凝集時に立体障害やその他の摂動をもたらす可能性のある外部標識を必要としない(16)。

アミロイド形成タンパク質の断片を含む非常に短いペプチドからなる自己組織化構造体は、バンドギャップが従来の材料と同程度であるため、興味深い半導体特性を示す可能性もある(18)。さらに、生分解性であること、自己組織化が強固であることから(19,20)、構成要素の細胞毒性を抑えることができ(21)、超分子構造体の生体適合性が実証された。

エナンチオマーは自己集合体の酵素感受性(l型)または抵抗性(d型)を決定するため(22)、その制御可能なバイオサステナビリティの根底をなすものである。また、アミノ酸の還元性が弱いことは、超分子構造体の酸化安定性が高いことを意味する(23)。これらの自己組織化ペプチド半導体は、合成が簡単で低コストであること、また、大型の半導体に比べて修飾が容易であることから、学際的な先端機能ナノ構造体の候補となりうる(24,25)。

もし、人の体内でアミロイドから半導体を規則正しく組み立てることができれば、文字通りバイオコンピュータの部品を人の体内で組み立てることができるのである。

SARS-CoV-2のタンパク質が高いアミロイド形成性を持っているのは奇妙な偶然である。

バイオナノテクノロジー

技術的には、すでに述べた多くのことがバイオナノテクノロジーの粗い形態としてカウントされる。しかし、これらの要素がすべて組み合わされ、1つの工学プラットフォーム(遺伝子編集、ナノ粒子、生体内バイオアセンブリ、タンパク質設計など)となったとき、ナノ材料、メタ材料、人工組織格子などの新しい構造を取り込むために生体を工学的に設計することが可能となる。この構造は、生体細胞と電気装置の両方の特徴を1つに取り込んだ、生体と電子のハイブリッドのように振る舞う可能性がある。

これは現在進行中の研究分野である。このようなバイオナノテクニクスデバイスをインターネット対応にする方法まで検討されている。WBAN(Wireless Body Area Network)、体内ナノネットワーク、IoB(the Internet of Bodies)、IoBNT(the Internet of Bio-Nano Things)といった言葉が使われている。このようなデバイスは、体内でインテリジェントに振る舞い、群れAIの方向で作用し、細胞や組織から情報を取り出したり、当該細胞や組織の振る舞いに影響を与えたり、あるいは自然の、拡張されていない生物には決してできないような機能を実行させることができるようになる。

Elsevier – Particle Swarm OptimizationとArtificial Neural Networksに基づくパラメータプロファイリングを用いたバイオ・ナノシングスインターネットのためのバイオ・サイバーインターフェースの安全性確保

IoBNT(Internet of bio-nano things)は、生体適合性のある小型の非侵入型デバイスが環境から生体信号を収集・感知し、データセンターに送信してインターネット経由で処理するという新しいコミュニケーションパラダイムである。

IoBNTのコンセプトは、合成生物学とナノテクノロジーの組み合わせから生まれ、バイオナノシングと呼ばれる生物学的コンピューティングデバイスの製造を可能にした。

バイオ・ナノシングは、ナノスケール(1~100nm)のデバイスで、人体のアクセスしにくい部分(組織の奥深くなど)に非侵入型のデバイスを到達させて生体情報を収集する、生体内アプリケーションに最適なものである。

バイオ・ナノシングは、ナノネットワークと呼ばれるネットワーク形態で協調的に動作する。生物界とインターネットのサイバー世界の相互接続は、バイオ・サイバー・インターフェイスと呼ばれる強力なハイブリッドデバイスによって実現される。

バイオ・サイバーインターフェイスは、体内のナノネットワークからの生化学的な信号を電磁波に変換し、またその逆も可能である。バイオサイバーインターフェイスは、いくつかの技術を使って設計することができる。

本論文では、高速、低コスト、シンプルという特徴を持つバイオ電界効果トランジスタ(BioFET)技術を選択した。この研究の主な関心事は、IoBNTのセキュリティで、特にIoBNTのヘルスケアアプリケーションのための事前要件である必要がある。

インターネットを通じて人体にアクセスできるようになれば、悪意を持って行われる可能性が常にある。IoBNTのセキュリティの問題を解決するために、私たちは粒子群最適化 (PSO )アルゴリズムを利用して人工ニューラルネットワーク (ANN)を最適化し、IoBNTの伝染における異常な活動を検出するフレームワークを提案する。

提案したPSOベースのANNモデルは、BioFETベースのBio Cyber Interface通信機能のシミュレーションデータセットに対してテストされた。その結果、Adamベースの最適化関数と比較して、98.9%の精度の向上を確認した。

SpringerLink – 体内ナノネットワークのためのナノセンサーモデリング

本研究では、ナノセンサ送信電力計算に従い、血液,皮膚,脂肪などの人体組織内の電磁波の伝搬をシングルパス層とマルチパス層で評価した。特に、体内ナノネットワーク通信路の伝搬特性を理論的なアプローチで計算した。

本論文の解析では、経路損失、ビット誤り率、S/N比、チャネル容量に関連する評価を行う。このモデルは、シングルパス効果、マルチパス効果それぞれについて評価されている。シングルパス効果、マルチパス効果のそれぞれについて、血液、皮膚、脂肪の人体組織の影響を解析に含めている。

モデルの周波数範囲は0.01から1.5THzの範囲で、ナノセンサーアンテナの設計やTHz帯の通信への利用に最適な周波数帯を選択した。この論文は、体内ナノネットワークやTHz帯で設計されたナノセンサーの電磁波性能に取り組んでいる他の研究者の指針にもなることだろう。

これはSFではない。まもなく(あるいはすでに)、バイオエンジニアリングにおける現実的なパラダイムとなるのだ。もし、バイオナノテクノロジーが人間に無差別に使われたら、私たちのプライバシーと自律性の継続は、実に厳しいものになるだろう。

規制の盲点

人々は、生命を他の生物を超えた精神的な意味を持つ特別な存在として考えることに慣れている。

合成生物学やバイオナノテクノロジーなどの先端バイオテクノロジーの観点からは、そうではない。人間をはじめとする生命体は、基本的に脂質、タンパク質、DNAなどからなる非常に複雑な自己複製ソフトロボットの一種であると言える。その観点から、生命のプログラミング言語である遺伝子とその結果であるタンパク質を制御し、有機細胞の挙動をナノレベルで操作することができれば、生物を「ハッキング」して、自分にとってより望ましい行動や機能に変えることができる。

遺伝子やバイオナノテクノロジーで操作された人間は、自由意志や不正なシステムに対する反抗をすることができない、人工物のような振る舞いをすることになる。突飛な話に聞こえるだろうか?もし、ヒトの胚を遺伝子操作して、成熟した時点で、その体内のすべての関連する細胞株がすでに様々な種類のDREADDを発現し、さらに、RF受信ナノ粒子を細胞の細胞質内で過度の炎症反応や酸化反応を起こすことなく、遺伝的に許容するようにしたとしたらどうだろう?

そのような存在は、自分自身の奴隷化の条件を受け入れる以外に何もできず、創造者がその思考、感情、行動傾向を完全にコントロールすることになる。その生物学は彼らにとっては公然の書物となる。

もし人類の大部分がそのような方法で改造されたとしたら、システムに抵抗する原動力はまったくなく、誰も何かが間違っていることにさえ気づかないだろう。システムの命令に反する意見を表明している未修正の人々は、正気でないように見えるだろう。これは、知的な種全体が囚われの身となることを前提とした、規制による捕獲の究極の形である。

結論から言うと、生物・化学兵器で人を殺すことを禁じた法律や条約がある。政府はそれらの法律や条約を常に反故にしている。

マインドコントロールや、生物学的レベルで人間の意思を奪うことを特に禁止する法律はない。それはワイルド・ウエストである。規制の盲点。法律の隙間。

マインドハッキングと脳データの盗難から守る新しい人権を提案

「私たちは、現在の人権の枠組みが、ニューロテクノロジーという新しい流れに対応できるものであるかどうかを問うた」と、IencaはGuardian紙に語っている。現在ある権利を再検討した結果、二人は人々を守るためにもっと多くのことをしなければならないという結論に達した。

「テクノロジーが進化し続けるこの時代、脳の中の情報は特別な保護を受ける権利があるはずだ」とIencaは言った。「それがなくなれば、すべてがなくなる。」

ニューロライツについて
オンラインで2021年9月24日に公開 マルチェロ・イエンカ 1 , 2 , * 概要 近年、神経科学に関する哲学的・法的研究(主に神経倫理学と神経法の分野)では、心と脳の科学における倫理的・法的課題を、権利、自由、資格、関連する義務の観点から規範的に分析することが重要視されてい

なぜ、このようなことになるのか。推測するしかない。多くの人は、このような技術のアイデアを笑い話にするか、技術的に実現不可能だと考え(そのどちらでもない)、警戒を緩めているのかもしれない。あるいは、政府がすでにこの技術を社会的コントロールに利用することを計画しており、自分たちの足かせにしたくないということかもしれない。このような技術の多くは、適切な人の手に渡れば非常に有益な治療用途となるが、生体に根本的な分子レベルで影響を与える力があるため、その力が誤った人の手に渡れば悲惨な結果を招くだろう。

バイオテクノロジーの急速な進歩に直面して、個人の自律性と人間の尊厳を守るための運動が必要である。

それがなければ、自分を見失うことになる。

-スパルタカス

 

この記事のライセンスはCC BY-SA 4.0である。このライセンスのコピーを見るには、creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/を見てほしい。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました