政治・経済暗号通貨・地域通貨金融危機・インフレ

大胆な新局面を迎えた「現金との戦い」

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The War on Cash Entering Bold New Phase

dailyreckoning.com/the-war-on-cash-entering-bold-new-phase/

ジェームス・リッカーズ著

投稿日 2022年2月15日

ウクライナ、インフレ、巨額の政府支出、爆発的な赤字に関する多くのニュースがあるため、現在進行中の現金に対する戦争は見過ごされがちである。しかし、それは間違いである。なぜなら、この戦争はあなたのお金だけでなく、あなたのプライバシーや個人の自由にも重大な影響を及ぼすからだ。

現金との戦いは、世界各地で繰り広げられている。私の考えでは、現金との戦争は、プライバシーの喪失や政府による富の没収の危険性があるという点で、危険なものである。

政府は、マネーロンダリングや麻薬取引、テロなどを口実に、誠実な市民をモニタリングし、現物の現金や金、最近では暗号通貨などの代替通貨を利用する能力を常に奪っているのである。

現金との戦いの本当の負担は、マイナス金利、プライバシーの喪失、口座凍結、現金の引き出しや移動の制限によって、富の没収の危険にさらされる正直な市民にかかっている。

現金の敵は、デジタル決済の容易さと利便性を宣伝している。もちろん、デジタル決済が確かに便利であることは否定しない。私自身も、クレジットカードやデビットカード、電信送金、自動預金、請求書払いなどの形で、デジタル決済を利用している。皆さんもきっとそうだろう。

しかし、誰かを満足させる最も確実な方法は、「便利さ」がすぐに習慣となり、それ無しではいられなくなることだ。100年前に金貨や銀貨から紙幣に移行したように、消費者は現金からデジタル決済に移行しているのである。

ある調査によると、アメリカ人とヨーロッパ人の3分の1以上が、現金を手放して完全にデジタル化してもまったく問題ないと考えていることが明らかになった。具体的には、ヨーロッパ人の34%、アメリカ人の38%がキャッシュレス化を希望しているという調査結果が出ている。

しかし、実際には、いわゆる「キャッシュレス社会」は、すべての金融資産が電子化され、少数のメガバンクや資産運用会社の記録にデジタルで表現されるシステムのためのトロイの木馬に過ぎないのだ。

それが実現すれば、国家権力は簡単に富を押収して凍結したり、常時モニタリングや課税、マイナス金利のようなデジタル没収の対象にしたりすることができるようになる。

あなたが銀行に行き、現金を引き出すことができる限り、彼らはそんなことはできない。それが重要なのである。言い換えれば、最初にあなたをデジタル家畜小屋にロックダウンてしまえば、彼らにとってあなたのお金をコントロールするのはずっと簡単なのである。それが彼らの真の目的であり、他のすべての理由は煙幕に過ぎないのである。

それが彼らの真の目的であり、他の理由はすべて煙幕に過ぎない。

エリートは、平時には自分たちの不人気な議題を押し通すことができないことを知っている。世界のエリートやディープ・ステート(深層国家)の役者たちは、常に、実行に移すのが待ちきれないプログラムや規制のリストを用意している。そのほとんどが不人気であり、平時には決して実行に移せないことを彼らは知っている。

しかし、危機が訪れると、市民は迅速な行動と迅速な解決策を切望する。エリートは救済策を持ち出すが、それをトロイの木馬のように使って、自分たちの欲しいものリストをこっそり忍ばせる。これが、我々が見ているものである。

9.11の後に可決された米国愛国者法が良い例である。もちろん、テロ対策は必要だった。しかし、財務省には、現金取引の報告や市民の現金入手の制限など、長年の希望があった。

その要望を愛国者法に盛り込み、それ以来、9.11が遠い過去であるにもかかわらず、我々はその結果を受け入れ続けているのだ。

中央銀行がマイナス金利を導入すれば、人々は銀行システムから現金を引き出してしまうので、現金はそれを防ぐ。

なぜなら、もしそうすれば、人々は銀行システムから現金を引き出してしまうからだ。現金をマットレスに詰め込めば、何も得られない。しかし、少なくとも損をすることはないのである。すべてのお金がデジタル化されれば、現金を引き出してマイナス金利を回避するという選択肢はなくなる。出口のないデジタルペンの中にロックダウンされることになるのだ。

ビットコインのような暗号通貨に資金を移動させるのはどうだろうか。

まず理解しておきたいのは、政府は貨幣の創造を独占しており、その独占権をビットコインのようなデジタル通貨に明け渡そうとはしない、ということだ。暗号通貨を支持するリバタリアンたちは、その非中央集権的な性質と政府のコントロールのなさを称賛している。しかし、政府の管理下にない強力なシステムの持続可能性に対する彼らの信念は、ナイーブなものだ。

ブロックチェーンは(ある暗号通貨の名前にもかかわらず)エーテルには存在しないし、火星に存在するものでもない。ブロックチェーンは、サーバー、通信ネットワーク、銀行システム、電力網などの重要なインフラに依存しており、これらはすべて政府の管理下にある。

その現実を理解する必要がある。

問題は、デジタル決済が拡大し、現金の使用が減少すると、突然、費用とロジスティクスの関係で現金を使い続ける意味がなくなる「転換点」に到達することだ。

現金の使用量があるレベルまで減少すると、規模の経済が失われ、一夜にして使用量がゼロになることもある。MP3やストリーミング形式が普及すると、音楽CDが突然姿を消したのを覚えているだろうか。

それくらい、現金の消滅は早い。

現金戦争は、一度そのような勢いになると、止めることは事実上不可能になる。

キャッシュレス化の危険性は、プライバシーの喪失以外にも、クレジットカードやデビットカードなどの電子決済システムで送金されるデジタルマネーが、電力網に完全に依存しているという事実にも起因する。もし、嵐や事故、破壊工作、サイバー攻撃などで電力網が停止すれば、デジタル経済は完全に停止してしまう。

今こそ、自分の身を守るべき時なのである。最良の方法は、財産の一部を銀行システムの外に置いておくことだ。

そのため、流動性の一部を(できる限り)ペーパーキャッシュと金貨や銀貨で持っておくとよいだろう。特に金貨と銀貨は、世界のどの状態でも通用するお金になる。

であるから、私は常々、貯蓄家や長期的な視野を持つ人は、価格が魅力的なうちに、そしてできるうちに、現物の金を手に入れるべきだと申し上げているのである。

私は、金(と銀)の現物を所有することを強くお勧めする。投資可能な資産の10%を金に割り当てることをお勧めする。もし、本当に攻撃的でありたいな et al 20%でもよいだろう。しかし、それ以上ではない。

銀行に保管しないように注意してほしい。そうすると、そもそもこのような保護をする意味がなくなってしまうからである。

私は、不動産、美術品、貴金属など、自分の財産の大部分をデジタルではない形で、銀行以外の安全な場所に保管している。それは、私が偏執狂だからでも、狂信的なプレッパーだからでもない。この時代には、それが賢明だと思うのである。

皆さんもそうすることを強くお勧めする。キャッシュレス社会は、あなたが思っているよりも早くやってくるかもしれないのである。

ジェームス・リッカーズについて

ジェームス・G・リッカーズは、Strategic Intelligence、Project Prophesy、Crash Speculator、Gold Speculatorの編集者である。アメリカの弁護士、経済学者、投資銀行家であり、ウォール街の資本市場において40年の経験を持つ。1998年の米連邦準備制度理事会によるロングターム・キャピタル・マネジメントL.P.(LTCM)救済の主要交渉人であった。機関投資家、政府機関などをクライアントに持つ。

彼の仕事はFinancial Times, Evening Standard, New York Times, The Telegraph, Washington Postで定期的に取り上げられ、BBC, RTE Irish National Radio, CNN, NPR, CSPAN, CNBC, Bloomberg, Fox, The Wall Street Journalに頻繁にゲストとして出演している。また、米国情報機関やペンタゴンの国防長官室で資本市場に関するアドバイザーとして貢献している。また 2008年の金融危機について米下院で証言している。

リッカーズは、『The New Case for Gold』(2016年4月)の著者であり、ペンギン・ランダムハウスから『Currency Wars』(2011年)『The Death of Money』(2014年)『The Road to Ruin』(2016年)『Aftermath』(2019)の4つのニューヨークタイムズ紙のベストセラーを発表している。そして 2021年1月に最新作『新・世界恐慌』が出版された。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました