ガーデニングコミュニティロバート・マローン食糧安全保障・インフラ危機

ビクトリー・ガーデン Robert Malone
The Victory Garden.

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/the-victory-garden?s=r

消費するだけでなく、生産する。私たちの親はそうしてきたし、私たちもそうすることができる。

「もし人々がどの食物を食べ、どの薬を飲むかを政府に決めさせたら、彼らの身体は専制政治のもとで暮らす人々の魂と同じように、すぐに残念な状態になるだろう。

トーマス・ジェファーソン

裏庭の庭で、文字通り一家全員を養うことができる。国際的なアグリビジネスや栄養価の低い食品、ロシアやウクライナからの穀物、中国やその他の国からの輸入食品に頼る必要はなく、高価な有機食品に頼る必要もない。私たち一人ひとりが、自分の食をゼロから作り出す力を持っている。では、イギリスとアメリカで行われた戦争庭園の歴史をたどってみよう。この戦争庭園は、後に私たちが知っている「勝利の庭」へと発展していくる。

第一次世界大戦中、ヨーロッパでは農民が兵役に出たため食糧生産が激減し、多くの農場が戦争で破壊された。さらに、船での輸送は危険なため、物資の輸送が困難になった。そこで、米国の富裕な慈善家であり自然保護論者であったチャールズ・ラスロップ・パックが、市民が小さな菜園を作り、地域社会に食料を供給することで、食料供給量を大幅に増やすことを考え出した。これは、すでに大規模農業に従事している土地や労働力を使うことなく、また、戦争努力のために必要な輸送施設を大幅に使用することなく、実現できるものであった。

1917年、パック氏によって米国戦争庭園委員会が組織され、同年、戦争庭園キャンペーンが開始された。このキャンペーンでは、余った私有地や公有地を利用して、小さな菜園を作ることが奨励された。この運動により、500万以上の菜園ができ、その農産物の価値は、戦争が終わるまでに12億ドルを超えた。 子供たちもこの活動に動員され、アメリカ中の教育機関に学校菜園が作られた。 米国教育局と内務省によって「米国庭園軍」が設立され、ウィルソン大統領もこの活動に特別な関心を寄せていた。第一次世界大戦が終わる頃には、この家庭菜園で生産される食糧は、戦争前の数年間に農家が生産した食糧よりも多くなっていた。

第二次世界大戦中、労働力と輸送力の不足により、作物の収穫や果物や野菜の市場への移動が再び困難になったため、戦争菜園の構想は継続・拡大された。戦争の影響で砂糖、バター、牛乳、チーズ、卵、コーヒー、肉、缶詰などの食料が配給制となり、食料不足が常態化していた。 そこで、アメリカ政府は市民に 「ビクトリーガーデン」、別名 「戦争庭園」「防衛のための食糧庭園 」を植えるように奨励した。裏庭や空き地、街の屋上などに2,000万本近い庭が作られた。ニューヨーク市では、公園や公共の芝生が戦勝記念庭園に充てられ、サンフランシスコのゴールデンゲート公園の一部もそうであった。ハイドパークでは、ロンドンの芝生の一部が耕され、この運動を広く知らしめた。隣人や地域社会は、戦争に勝つという目的を持ち、新鮮な農産物を求める地域のニーズに応えるために協同組合を結成した。 もちろん、農家は何世代にもわたって庭を作り、農産物を保存してきた。そして今、都市部では庭づくりが主流となった。 政府や企業は、軍隊のために市販の農産物を節約するために、自分たちで作った農産物を缶詰にして保存するよう人々に奨励した。 すると、人々はこぞってそれに応えた。 これらの庭から収穫された農産物は、900万トンから1000万トンと推定される。戦争が終わると、ビクトリーガーデンも終わりを告げた。しかし、このアイデアは生き続けている。

世界的な肥料不足、穀物不足、石油不足、エネルギー不足が叫ばれる中、次の勝利の庭の舞台は整ったようだ。

庭は偉大な教師である。忍耐と注意深さを教え、産業と倹約を教え、そして何よりも、完全な信頼を教えてくれる。

ガートルード・ジキル

私の農場の話に戻る。庭仕事をするときは、果樹園であろうと、日常の草取りであろうと、何かやりがいのあることをやっている気分になる。創造しているのだ。庭を作ることは、グローバリストの思惑に対する勝利であり、消費主義や私たちの生活のあらゆる面を支配しようとする人々に対する勝利だ。だから、もう一度、ビクトリー・ガーデンという名前を受け入れよう。なぜなら、庭を作るという行為そのものが、私たちが生命の生産の一部となることを選択しているからだ。消費者ではなく、生産者になるのである。これは勝利だ。

豊富な食料を栽培することは勝利だ。 それを料理し、贈り、物々交換し、さらには販売することで、他の人々と分かち合うことができる。 コミュニティは、日常の小さな行為から形成される。

健康的な食生活を送り、健康的な生活への情熱を高く保つための最もやりがいのある方法のひとつが、自分で食べ物を育てることだ。 アパートの玄関先や窓辺にパセリの苗を植えたり、裏庭の土の上にトマトの苗を植えたり、コミュニティガーデンや自分の畑で野菜を育てたりと、さまざまな方法がある。 ガーデニングにはさまざまな選択肢がある。 アルファルファの種を発芽させるような簡単なものでもよい。

私は、自分で収穫した野菜を使って料理をするとき、その都度、資源を利用する。 自分が育てたもので料理をすることは、非常にクリエイティブな活動だ。 健康に良いものを食べよう、健康になろうという意欲が湧いてくる。

ガーデニングは、事前に計画を立てなければならない「壮大な」取り組みだ。 冬や早春になると、私は何度も種子のカタログを見たり、菜園をどこでどのように育てるか戦略を練ったりして、楽しい時間を過ごしてきた。 春には土作りをし、いよいよ植え付け。 夏は大変な作業だが、私の庭にとって最もやりがいのある季節だ。 秋は、夏の菜園が終わり、気候によっては冬に備える。菜園は季節を感じる活動だ。 心身の調子を整え、周囲の世界と同調させる。

家庭菜園は政治的な主張でもある。 サプライチェーンのネットワークから抜け出し、店で買った食品を使わずに生活することを約束することは、抵抗の行為だ。 中国産の農産物を使いたくない、皿に盛られた緑色の野菜に何が使われているのか知りたい、というのであれば、菜園は欠かせない。庭づくりは、意図的なコミュニティづくりへのコミットメントでもある。 友人や隣人と分け合ったり、大地から収穫されたものを食べたりすることは、昔からある絆をつくる方法だ。

一方で、家庭菜園は健康的でストレス解消になるだけでなく、未来へのコミットメントでもある。 私は、自分の菜園を未来へのささやかな寄付だと考えている。 食料を育てることは、不足の時代に余剰を生み出すシンプルな方法であり、インフレのストレスから解放されるためのシンプルな方法なのだ。それ以上に、アメリカ人として、本当に自由を大切にするならば、国家としても個人としても、もう一度自給自足にこだわる必要があるのではなかろうか。 そして、アメリカ人が本当に自由を求めるのであれば、国家として、個人として、もう一度自給自足に取り組むべきだと思う。 戦時中のように、食料を輸入に頼らず、自給自足することができる。 私たちの生活は、非生産的な努力で満たされる必要はない。 この世にいる時間を生産的な目的のために使うことほど、精神的に良いことはない。

私は、公共の庭園を見学したり、ガーデニングの技術を学んだりして、晴れた日を何日も過ごしてきた。 戦争で食糧が不足していた時代に、生命力のある食べ物を作ることで、多くの人がより良い未来を思い描くことができた、私たちはその結果である両親や祖父母の努力の結晶だ。だから、私たちの祖先や母親が私たちのためにしてくれたことを誇りに思い、背筋を伸ばそう。私たちは巨人の肩の上に立っているのだから。

友よ、元気であれ。コミュニティを作ろう。お互いに親切にしよう。私たちはこれを乗り切ることができる。

ジルとロバート

タイトルとURLをコピーしました