ピーター・マカロー

嘘の裏にある真実 – ピーター・マカロー博士

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Truth Behind The Lies- Dr. Peter McCullough

Chris Martenson 0:00

率直にお聞きしたいのですが もし誰かがCOVIDの陽性診断を受けたら、それは死刑宣告ですか?今?ここでの統計はどうなっているのでしょうか?

Peter McCullough 0:12

99%以上の生存率です


Chris Martenson 0:19

皆さんこんにちは、クリス・マーティンです。この番組にようこそ。今日は、ピーター・マカロー博士にお話を伺います。マカロー先生はアメリカの循環器内科医で、Reviews in Cardiovascular MedicineとCardiorenal Medicineという雑誌の編集長をされています。医学博士であるだけでなく、ミシガン大学で公衆衛生学の修士号を取得しています。1000以上の研究論文の著者であり、100以上のH指数を保持しているのは非常に素晴らしいことです。

彼は117です。言い換えれば、私たちが今日話しているのは、非常に才能のある優秀な心臓病専門医であり、深い信念を持った人物であるということです。ピーター、この番組へようこそ。長らくお待たせしてしまいました。あなたをお迎えできて、とても嬉しいです。

Peter McCullough 1:17

あなたの番組に参加できて、とても光栄です。私はパンデミックの間、ずっとあなたについていき、世界中の多くの医師と同じように、あなたから学んできました。

Chris Martenson 1:26

私があなたにそれを教えるなんて。それは不可能なことのように思えます。しかし、私が学んだことは、私は時間を持て余している人間だということです。物事を調べて、それをどうやって伝えるかを考えるのが好きなんです。そして、その情熱が私をトラブルに巻き込んでしまったのです。

今日はそのことについてお話ししたいと思います。2020年1月23日、私は初めて何かが起こるという警告を出しました。それは、中国が武漢にリング状のフェンスを設置し、武漢を閉鎖したのを見たからです。中国人はこのようなことを軽々しく行わないことを知っています。

私は2月5日にこの話を始めたのですが、12年間続けていた私のwikiページが、注目されていない人物であるという理由で削除されてしまいました。そして、それは廃止されたのですか?というのも、私はどうやら……とにかく、私はそれを実行したのです。

私は何かに反していたのです。だから、あなたへの質問はここから始まります。いつ頃から気になっていましたか?COVIDに関心があったのですか?最初の頃ですか?そして、国としての対応が理想的ではないと気づくまでに、どのくらいの時間がかかりましたか?

Peter McCullough 2:27

クリス、私にはあなたのような前例がまったくありませんでした。不意打ちを食らいました。1月に中国で何人かの人が病気になったという話を聞きましたが、あまり気にしませんでした。中国では、さまざまな市場で他の種類のウイルス感染症が発生していましたからね。SARSが中国で発生したことも知っています。

私は同僚にこう言ったのを覚えています。「今回の最大の恐怖は、人々にとって基本的に重要ではないことが判明して、最大の打撃になるでしょう。どっちなのか分からないまま、事態は余裕を持って進みました。

私は研修プログラムのディレクターを務め、研修生の管理方法を検討していましたが、3月に入ってから、私と循環器科の主任は、自分たちの手で問題を解決することにしました。

私たちの作業員は、毎週、医療システムのタスクフォースに参加していました。4月に入ってからは、このような会議に参加したことはありませんでした。クリス、私は「この病気の治療を開始するのでしょうか?それとも、このまま患者が病院に押し寄せてくるのを見過ごすのですか?すると、ピンポーンという音が聞こえてきました。

Chris Martenson 3:45

そうですね。4月頃になって、治療法があることに気づいたのですか?そして、あなたが目覚めたときのことを考えてみました。というのも、私たちは皆、最初は何をしていいかわからなかったからです。イタリアやニューヨークでは、人工呼吸器を装着した人々が倒れるという恐ろしい事態が起きていましたからね。

しかし、臨床的な観点から見ると、「ここで何かできることがあるかもしれない」と気づくまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

ピーター・マカロー 4:10

私の年齢くらいの男性が、ニューヨークからダラスに飛んだのですが、かなり具合が悪く、航空パーティーで私たちのセンターに運ばれてきました。入院後、急速に多臓器不全に陥ったのを見ました。そして最終的には、呼吸不全がどのようにして右心室虚脱を引き起こし、無脈性電気活動の形で心臓死に至るのかを研究した一連の論文があります。

私たちは、COVID-19で入院した私と同年代の女性が、ICUで著しくQT間隔が延長し、アサドまで行って蘇生が必要になったという症例報告を発表しました。

興味深いことに、この患者さんにはヒドロキシル化合物もヒドロキシエチル化合物も投与されませんでした。ただ、ICUでのQT間隔の延長は、インターロイキン6のような遅延サイトカインに関係していると考えていました。

しかし、数週間のうちにわかったことは、次のようなことでした。ウイルスはウイルス複製期を延長したようで、基本的にはサイトカインストーム、つまり、リードサイトカインであるインターロイキン6に先導された炎症症候群に移行し、この異常なサイトカインストームの中で、実際に血栓促進状態に移行し、微小血栓症が発生し、微小血栓症が肺に沈着して低酸素血症の原因となっていたのです。

私たちは、このような状況を目の当たりにし、コミュニケーションを取っていました。入院患者チームに分かれた私たちのチームは、ICUや病棟が他の誰とも近い存在になりました。

もし自分の患者がCOVID-19を発症しても、自分では見ることができませんでした。私はCOVID病棟には行けませんでした。しかし、私たちはコミュニケーションをとっていました。一連の新しい会議、グランドラウンド、タスクフォース、NIH、NI DDKとの電話会議がありました。

忘れられないのは、NI DDKのスターであるRobbie博士を中心に、何百人もの人々が電話をしていたことです。何を見て、何を話して、何を知っているのでしょうか。そして、透析ラインや血液凝固について学んだとき、致命的な脳卒中や恐ろしい血栓症による死亡について学んだのです。イタリアとのつながりは重要でした。イタリアとは素晴らしい協力関係にありましたし、coracle Research Networkのメンバーには重要な人が何人もいました。

そこで私たちは、coracleの研究者と協力して、何が起こっているのかという観察結果をできるだけ早く発表することにしました。

Chris Martenson 6:39

ちょうどその頃、いくつかの治療法があることに気付き始めましたね。私はピエール・コリーの初期の頃に、何らかの理由で彼を見つけました。イベルメクチンの証言の前にも、メチルプレドニゾロンやコルチコステロイドの話をしていて、「みんな聞いてくれ、何かできるはずだ」と言っていました。

彼の反発の大きさには驚きました。他の医師たちは、彼に「そんなことをするなんてひどい人だ」と言っていましたが、彼は明らかにICUの集中治療医です。

しかし、彼はICUの集中治療医であり、患者のチャートを見ることに非常に長けています。彼は私に説明してくれました。 クリス、軌道があるんです。酸素飽和度がこうだとか、心拍数がこうだとか、血圧がこうだとか、何でもいいんですが、彼らには軌道があって、何かを与えると逆になります。何かをやっていてうまくいっているのか、あるいは何かをやっていてうまくいっていないのかを知るために必要な情報は、この軌跡だけなのです。

しかし、ピーター、私はパンデミックの最中に、最高の人材を投入するはずの医療システムが、その臨床的洞察が浸透するまでにどれだけの時間がかかったかに驚かされました。英国で行われた大規模なRCTでは、デキサメタゾンを6ミリグラム使用し、メチルプレドニゾロンを120ミリグラム使用しました。

それを見ていた私は、非常に緊急性の高い時期に、なぜ基礎的な知見が臨床現場で得られるまでにこれほど時間がかかったのか、理解できませんでした。そこで何が起こっているのでしょうか?

ピーター・マカロー 8:09

そうですね、迅速なコミュニケーションのインフラがありませんでした。国立衛生研究所では、バーチャルなベセスダ会議を開くことができたと思いますが、循環器内科医として思い出すのは、何か関心のある問題があると、メリーランド州のベセスダで会議が開かれ、学者、政府関係者、製薬会社の関係者が集まって、実際に自分たちの研究成果を問題に反映させ、解決策を見出そうとすることです。

パンデミックではすべてが中断され、私たちは突然、自由に行動できる隔離された状態になりました。ニューヨーク州モンローのレターマン・ゼレンカやダラスのイヴェット・ロザノとは全く無関係に、大脳皮質ネットワークの研究をしていたのですが、彼の考えていることを私は知りませんでした。

ブライアン・タイソンとジョージ・フライドがカリフォルニアの南中央部にいました。フランスのマルセイユにはDidier resultがいました。南米にはブレント・ディオス博士、南アフリカにはチェッティ博士がいて、みんな独立して研究していました。クリス、これはとても興味深いことです。

私たちは、この研究をどこまで進めることができるのか、文献の手がかりを熱心に探しました。私が結成したグループでは、次のようなルールを決めていました。大規模な無作為化試験には2~4年かかることがわかっていました。それは長すぎると思いました。ガイドラインは、大規模無作為化試験の2〜3年後に作成されると考えていました。つまり、ガイドラインは窓の外にあって、待つつもりはなかったのです。

そこで私たちは、予防原則と呼ばれる方法を取りました。つまり、これは大量殺戮のイベントです。もし何もしなければ、何かをしなければなりません。このままでは大量の犠牲者が出てしまうので、何かしなければなりません。

そこで、私たちは、病気に効く薬を探しました。少なくとも段階的に複雑な病気になることがわかっていたので、大きな効果がありました。そして、HIVで早くから行われていたように、薬を組み合わせて使うことにしました。C型肝炎でも行われていますし、複雑な細菌感染症でも行われていることですが、複数の薬剤を使用し、ウイルスの複製を弱め、サイトカインストームの治療を助け、ステロイドを投与し、血栓症を管理する薬剤を探します。

このようなプログラムを組むことができれば、入院や死亡を減らせる可能性があると考えたのです。しかし、病院で見たものは本当に驚くべきものでした。人工呼吸器を装着した患者さんがなかなか退院しないのです。

私は、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のCOVID研究ネットワークに参加しました。すぐにデータを取得し始めましたが、これは素晴らしいことでした。

この研究はDavid leafが主導したもので、私は彼を高く評価しています。実際、パンデミックの最中でも、ICUに入るほどの重症患者のICUでの死亡率は30%程度であり、リスクグループによってはさらに高いものもありました。

COVIDをはじめ、オックスフォード大学や他のグループなど、複数の機関から、ウイルスはリスク層別化が可能であることを学びました。つまり、80歳の人の感染と20歳の人の感染は全く異なるということです。

そこで、リスク層別化の原則、伝染制御の原則、接種量を減らす原則、ウイルスの曝露量を減らす原則、そして多剤併用療法の原則が、American Journal of Medicine誌に掲載された最初の論文の形成になりました。5月から6月にかけてアイデアをまとめていました。そして、最終的には多くの著者を集めました。

UCLA、エモリー、ダラスの私、シエナやミラノのイタリア人など、ジャーナルに掲載するための調整には多くの時間がかかりました。正直なところ、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンやランセットには、詐欺的な論文も含めて、気に入らない点がいくつかありました。

そこで私は、もういいや、安全な本拠地であるAmerican Journal of Medicineに行こうと言ったのです。編集長のジョー・アルパートに相談したところ、非常に良い査読を得ることができました。論文のタイトルは「COVID-19の早期在庫処理のための病態生理学的根拠」でした。

この論文は、アメリカン・ジャーナル・オブ・メディスンに掲載されている論文の中で、最もされた論文となりました。実際、現在でも1年間で最もされた論文であり、毎週発行されています。

このように、春までのプロセスを経て、この論文は一気に広まったと言えます。私は、この開発プロセス全体を通して知っています。私はホワイトハウスのピーター・ナバロに呼ばれたことを覚えています。ピーターは、「聞いてくれ、助けてくれないか?ヒドロキシクロロキンの供給源があるんです。それが政権内のリック・ブライトンや他の人たちに阻まれているんです。

彼は、「助けてほしいんだ。この件でFDAに訴えることはできないか?」

Peter McCullough 12:47

ヒドロキシクロロキンの緊急使用許可を取得しました。私が学んだのは、ヒドロキシクロロキンは、唯一の薬ではなく、治療プロトコルに含まれている薬だということでした。問題となったのは、ヒドロキシクロロキンには緊急使用許可が与えられていたことです。

現在、ヒドロキシクロロキンはすでに市販されており、EUAの必要はありません。つまり、EUAは基本的に制限だったのです。そして、当初は入院患者への使用が制限されていました。そして、Lancet誌に掲載されたsurges fearと呼ばれる不正な論文によって、EUAは制限されました。

実際、ハーバード大学の何人かの著者が、ヒドロキシクロロキンが病院で害を及ぼすとほのめかしたのですが、完全に詐欺的な論文のデータベースで、40代の人々としては意味がありませんでした。

ちなみに、同じグループのACE阻害剤に関する同様の不正論文がNew England Journal medicineに掲載されています。つまり、Lancet誌は、不正なデータソースから不正な論文を発表する傾向をすでに示していたということです。編集者として言えることは、私は20年間編集者をしていますが、クリス、私の目の前でこのようなことは一度もありませんでした。

そこで私は、医学文献のトレーサビリティーが完全に破綻していることを確認したのです。そこで、私たちはAmerican Journal of Medicineを選びました。

私は編集者と慎重に仕事をして、この論文を発表しましたが、この論文は最も頻繁にされる論文となりました。そのジャーナルで、私はピーター・ナバロと仕事を始めました。

私は、ヒドロキシクロロキンのEUAから脱却するために手紙を出しました。私はそれを全体に拡大したかったのですが、却下されてしまいました。その後、私は上院議員のロン・ジョンソン氏や関連議員、米国医師外科学会と協力し 2020年の秋には外来患者用の治療プロトコルを査読付きで発表しました。

また、その治療プロトコルに沿った患者ガイドも作成しました。また、すぐに患者の治療に取りかかれない医師のために、遠隔医療ネットワークの構築にも着手しました。そして、米国の歴史に残る上院での証言活動を開始しました。

私は11月19日に最初の証言を行いました。ピエール・コーリーとJJ・ロスターに連絡を取ったところ、JJ・ロスターがイベルメクチンについて最も多くの経験を持っていることがわかりました。12月8日の上院での証言には彼を起用し、この証言によって、COVID-19の治療には複数の薬剤を組み合わせて使うことができるというニュースが、初期のデータをもとにアメリカに伝えられたのです。

興味深いのは、フランスのDidier Riel氏、ニューヨーク州モンローのVladimir’s Lengow氏、そしてここダラスのBrian Proctor氏の3つの研究で、早期治療、つまり私たちの最も初期のプロトコルでさえ、治療を受けていない代表的なグループや、無作為化試験ではない入院のリスクを計算するCleveland Clinic calculatorによるリスク計算を行ったグループと比較して、入院や死亡を85%減少させることができたことです。

しかし、無作為化試験を行う時間はありませんでした。そして2年後、COVID-19で計画されている大規模な多剤併用無作為化臨床試験が1つもないことをご存知でしょうか。

今年の初め、私はTucker Carlsonの番組に出演し、こう言いました。「タッカーさん、今日に至るまで、ハーバード大学にはプロトコルがありません。デューク大学にはプロトコルがありません。メイヨー・クリニックにはプロトコルがありません。」

これらの象徴的な機関は、入院や死亡を防ぐために自宅でCOVID-19を治療する方法について、何のアイデアも持っていないのです。入院や死亡を防ぐために、知的な思考や努力をしないというのは、学術医学のとんでもない、怠慢、大失態です。不可解なことです。

Chris Martenson 16:20

不可解を通り越して、最後に言いますが、あのLancetの論文は48時間以内に詐欺だとわかりました。ピーター、これは私の専門分野ではありませんが、私はただの男ですからね(笑)。誰かが、シカゴの店舗で6人が働いているこの小さな会社が、691の病院へのデータフィードを持っていることに意味があるのだろうか、と言っていました。

そこで、実際に医療現場で働いている人に話を聞いてみると、「いやいや、どの病院も独自のデータシステムを持っている」と言うのです。彼らは実際には話をしませんし、1つの病院に1つのデータフィードを提供するまでには多くのスクラブが必要です。HIPAAの法律や、データベース、シールド、ハーモナイゼーションなど、様々な問題があります。

このようなシステムを構築するには100万ドルが必要です。彼らは691のデータフィードを持っていると言っていましたが、その中にはアフリカ中の病院も含まれていて、病院から非常に高度な心臓パルスの対称性データを取得していました。

私はそれを見て、「これは詐欺だ」と思いました。Lancet誌の編集者はどうしてそれに気づかないのでしょうか?私にできるのだとしたら?

ピーター・マカロー 17:27

私も見ていましたよ。それに時期的な問題もあります。パンデミックの初期に症例があったわけですが、どうやってすべてのデータを整理したのでしょうか?どのようにしてIRBの承認を得たのでしょうか?また、IRBの免除も必要でした。40代という年齢の中で、どのようにしてこれらをまとめ上げたのでしょうか。そして、主婦や80代の人たちがクイズを出していたわけです。一瞬で、これは不正な論文だとわかりました。編集者として言えることは、複数の査読者が配置されているということですね。

私はLancetにもNature Medicineにも掲載されましたが、そこには複数の査読者が配置されています。アソシエイトエディターがいて、編集会議があります。そして、最終的には編集者が決定します。ハードルが高いですよね。それは高いハードルです。

正直なところ、クリス、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンでは、ACE阻害剤がテーマでした。それほどハードルの高いテーマではありませんでした。Lancet誌のトピックはヒドロキシクロロキンでした。何かが壊れているように見えました。実際に意図的に行われたように見えました。

Chris Martenson 18:20

そうですね。では。率直にお聞きしたいのですが もし誰かがCOVIDの陽性診断を受けたら、それは死刑宣告ですか?今?ここでの統計はどうなっているのでしょうか?

Peter McCullough 18:34

生存率は99%を超えており、これは素晴らしいことです。つまり、クリス、最も重要なことは、私が論文に書いたように、この病気はリスクの層別化が可能であるということですが、現在では複数の研究によって示されています。つまり、50歳以上で、肥満、糖尿病、心疾患、肺疾患、腎臓疾患、火癌などの合併症を追加すると、入院と死亡の複合変数のリスクが1%以上になるということです。

私たちが言いたかったのは、1%を超えるということは、実際に針を動かすのに十分であり、何かをしようということでした。しかし、80歳代の人が心不全や慢性白血病、肺疾患を患っていたとしたら、死亡リスクが40%、50%、60%に達する可能性があります。CDCによると、COVID-19で死亡した人の大半は、実際にはCOVID-19で死亡しているとのことです。

しかし、実際には90%の人が、ある意味では昏睡状態に併存する状態、あるいはCOのような致命的な状態にあったのです。例えば、最近コリン・パウエルが亡くなりました。元国務長官のコリン・パウエルは、非常に進行した多発性骨髄腫を患っていました。ワクチンが効かないときにはワクチンを打っていましたが、結局、80代でCOVIDにより亡くなりました。その年の後半に骨髄腫で亡くなっていた可能性もありますよね。

ワクチンを打ったかどうかにかかわらず、コリン・パウエルのように、アメリカでCOVIDで死亡する人の約90%がこれに該当します。また、最近では、イタリアでもすべての死亡例を再分類したところ、97%の死亡例があったとのことです。人々が注目しているのは、死亡した若い人たちですが、これは非常に稀なケースです。

しかし、彼らは劇的な死を迎え、他の併存疾患もありませんでした。そうすると、人々はある意味、COVID-19に対して概念的な恐怖を抱くようになるのです。そして、ある意味では、COVID-19に対して概念的な恐怖を抱くようになります。

Chris Martenson 20:34

皆さん、ここは公有地と呼ばれる場所です。ピーターと私は、少しデリケートな話をしようと思っているので、このインタビューはここで終わりにします。このインタビューの続きをご覧になりたい方は、ぜひpeak prosperity calmにお越しください。

公の場であなたに提供したいのはやまやまですが、私たちはまだ検閲の国に住んでいて、検閲機の何たるかに反しない限り、2人の医師がデータを自由に議論することができない場所に住んでいます。というわけで、今日はこれでおしまいです。パート2をご覧になりたい方は、ぜひピーク・プライドにお越しください。

次回まで、私はクリス・マーテンソン博士です。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました