スティーブ・カーシュワクチンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

「安全で効果的」というシナリオは崩れつつある -Steve Kirsch
ここでは、私たちに有利な方向に勢いがあることを示す23の先行指標を挙げている。このシナリオがすぐに崩れないとしたら、私は驚きだ。英国では今、それが急速に崩れつつある。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The “safe and effective” narrative is falling apart

stevekirsch.substack.com/p/the-safe-and-effective-narrative

話題の理由

非コビド過剰死亡:なぜ上昇しているのか?

コロナウイルスによる死亡が減少したにもかかわらず、イングランドとウェールズにおける死亡率が上昇したため、専門家は調査を要求

  1. ワクチンによる死亡は、隠し続けるには/説明するには、あまりにも大規模だ。
    1. 非コビッド過剰死亡:なぜ増加しているのか?コロナウイルスによる死亡が減少したにもかかわらず、イングランドとウェールズでの死亡率が上昇したため、専門家は調査を求める。
    2. リンカーン・ナショナル社の生命保険金請求が163%増加している。米国第5位の保険会社だ。増加幅が大きい。63%の増加ではない。163%の増加で、死亡率がほぼ3倍になっているのである。それはCOVIDではない。COVIDはそのような数の人を殺しない。私たちは史上最大の殺人者を目の当たりにしているのに、それが何なのか誰も解明できない。
    3. 過剰な死亡が増加している-しかしコビッドのせいではない。
      国家統計局のデータにより、医療専門家は過剰死亡の原因について緊急調査を要求している。
    4. 生命保険会社は、過剰死亡の記録的な数を報告している。これらは 「統計的な変動 」ではない。死亡はすべて、何百万人もの人々の健康に影響を及ぼしている巨大な介入によって引き起こされている。そして、すべてが新しい。このようなことは2021年以前には起こっていない。このような大規模なことは彼らの歴史上、EVERに起こっていないのである。
    5. イギリス 過剰な死亡が増加しているが、COVIDのせいではない – 専門家は調査を求める
  2. 死因の全体的なシフトは無視できず、コビッドワクチンでないなら説明できない。

  3. 今発作を起こしている幼児のワクチン傷害は説明できない。これはもう、2歳、3歳の子供が発作を起こすのは日常茶飯事だ。ワクチンを接種した子供だけに起きていて、コビッドワクチンの接種後2日から5日の間に最も多く起きている。医師はそれを公に報告することができない(SNSや報道で共有することができない)ので、各医師は単に自分だけに起こっている “一過性の “出来事だと思っているので、「運が悪かった 」としか思っていない。もし、医師が公に発言することが許されるなら、大規模なパターンに気づくはずである。だから病院は医師に口止めをするのである。ソーシャルメディアのアカウントがモニタリングされていることに怯えている看護師から、このような報告が複数寄せられている。
  4. 各国は、出生率が低下し、死産が増加していることに気付き始めている。スウェーデン、イギリス、ドイツなど。出生率に関するSeemyの記事。
  5. 死傷者は誰にでも見えるところで起きており、すべての偶然の一致に対してもっともらしい説明はない。すべての出来事は、ワクチンを接種した人々にだけ起こっている。
    1. 医学的な理由で中止されたロックコンサートについて考えてみよう。ジャスティン・ビーバー、サンタナ、…最近キャンセルされた他の4つのコンサートのリストを送ってきた人がいた。これは普通の人々ではない。
    2. スポーツ選手は、通常の22倍で平然と死んでいる。毎日だ。今日、元NHLディフェンダーのブライアン・マーチメントが 「予期せず」死亡した。
    3. 24歳のエステガン・チャベス・ジュニアのような若いUPSドライバーでさえ、それほど肉体的負担の大きくない小包を配達中に亡くなっている。これらは、あなたが聞いたことのある死亡例だけである。
    4. パイロットの心臓疾患は前例がないほど多いが、航空会社はパイロットの心臓疾患のスクリーニングを拒否している。ボブ・スノウが着陸直後に心筋梗塞を起こしたとき、アメリカン航空のCEOから電話さえかかってこなかった。連邦航空局はパイロットのスクリーニングを要求しない。彼らは何が見つかるかよく分かっている。だから、何も言わずに見て見ぬふりをし、このような出来事はなかったことにしているのである。パイロットは知っている。脳が働く一般の人なら誰でもこのことに気づくことができる。
    5. アメリカ人の50%以下がワクチンの接種回数を増やしたいと思っている。メディアの人間は誰も知らないが、ほとんどのアメリカ人は知っている。
    6. 人々の若い健康な友人たちが、かつてないほどの勢いで医学的問題を抱えている(誰もがこのことに気づいているわけではないが)。例えば、今日、知り合いのカントリークラブの従業員が52歳で脳卒中で亡くなったことを知った。
    7. 視聴者調査をすると、どの視聴者も必ず、ワクチンとCOVIDの死亡率が同等か超過していると報告する。であるから、自分で見ていなくても、ライブの聴衆アンケートには「偏り」がないので、非常に説得力がある。私のような「誤情報の拡散者」以外は、なぜかアンケートをやりたがらないのだ。
  6. プロの第三者調査会社が行ったユーザー調査では、一貫してCOVIDよりもワクチンの方が多くの人を殺している。NYタイムズや60ミニッツなどは、すべて自分で調査をすることを拒んでいる。彼らは誰にも知られたくないのである。私たちの次のステップは、この結果を「反ワクチン派」からのものでなくするために、有名な世論調査機関を利用して宣伝することだ。この世論調査は、誰も無視することができないだろう。
  7. COVID率が上昇しているにもかかわらず、義務化は消えつつある。例えば、以下を見てほしい。
    1. 消えゆくワクチン義務化。かつての熱狂的な公衆衛生当局からの謝罪はない
  8. COVIDが米国政府によって作られたことを示す証拠。公式調査を担当したジェフリー・サックス教授もそう言っている。しかし、彼は「これ以上知ろうという気はない」とも言っている。どうして関心がないのだろうか?政府がやったのなら、もっと学ぶことに興味がないはずがない。
  9. ワクチンによる傷害は、他の国では補償されるようになったが、アメリカではされていない。アメリカではどうしてワクチンが誰も傷つけないのだろうか?何千人もの人が補償を申請しているが、一件も裁定が下されていない。政府の隠蔽工作でもなければ、そんなことはありえない。
  10. これまでで最も大規模な、14ヶ月に及ぶ集中的な死亡調査が、ワクチンが人を殺すことを証明した。ストウマーケットの27歳のジャック・ラストは2021年3月30日にワクチンを接種し、その数日後に死亡した。
  11. ワクチン推進派のジョン・キャンベルでさえ、過剰な死亡はイギリスだけでなく、世界中で起こっていることを認めている。このビデオの最初の30秒を聴いてみてほしい。もちろん、アメリカの生命保険会社が桁外れの死亡率を報告しているにもかかわらず、CDCは何も調査していない。CDCは決してこれを調査するつもりはない。これはCOVIDよりも大きなもので、彼らはそれが何であるかを十分に知っている。だからCDCは調査するつもりはないし、NYタイムズもこの件でCDCを非難するつもりはない。結局のところ、それは我々の歴史の中で最大の医学的死因に過ぎないのである。
  12. サウサリートのナウリーン・シャイフ博士のような元高名な医師は、もうたくさんだと思い、医学界でのキャリアを失うことになっても、クローゼットの中から出てきてワクチン被害について話そうとしている。
  13. ピーター・ドーシのような尊敬される科学者が書いた記事は、自分の発言に対して公に責任を負うことを拒否する人々によって叩かれる。インチキな議論をまとめたノーマン・フェントン教授の記事、「「スーザン・オリバーのビデオ『P-ハッキングとリンゴとオレンジの比較に騙されるアンチバクサーズ』への反応 」を読んでみてほしい。スーザン・オリバーはフェントンと議論することはなく、誰が誤情報を流しているのかは、この件に時間を費やしている人なら一目瞭然だ。その代わりに、彼女は説明責任を果たすことに同意する代わりに、2つ目のビデオを作成する。スーザンは、このツイート(ビデオへのリンクも含む)で論文に対する自分の見解を要約し、サー・デイヴィッド・スピーゲルハルター教授(確率とリスクの世界的な専門家)やピーター・ハンセン教授(経済学者、データ科学者、UNCチャペルヒルのラテン特別教授)などの人々によってリツイートされている。ハンセンとスピーゲルハルターは、フェントンとの会話も拒否している。フェントンは、録音された会話でこれらの人々と話をし、重要な質問をするのが大好きなのだが、彼らは皆恐れている:彼らはただ石を投げて、それから隠れてしまうのである。それが最近の 「科学」のやり方なのだ。
  14. 世界で最も尊敬されているワクチン専門家、ポール・オフィット博士は、YouTubeのビデオで、FDAの外部審査プロセス全体が完全に見せかけであることを公に認めた。FDAはデータをレビューせず、会議の直前に何百ページも委員会に渡し(そうすれば委員会はレビューできないとわかっている)、有効性データもないワクチンを承認するよう、委員会をいじめる。オフィットは、もし自分の投票に「ノー」という選択肢があれば、そうしていただろうと認めた。彼は基本的に、承認を正当化する有効性データがなく、委員会の他のメンバーは脳死状態であると言った:彼らは基本的にそうすることが期待されているので、賛成票を投じたのだ。政府はFDAの委員会にデータ審査を依頼する前に薬を発注しており、「審査プロセス」全体が完全に見せかけであることを証明している。オフィットはまだワクチンが安全でないことを理解していない。彼は我々側の誰ともその議論をするつもりはない。
  15. ピエール・コーリー博士は、彼が知っている主流の医師が、今は態度が変わってきていると内密に認めたと教えてくれた。医師たちは、自分たちが嘘をつかれていることに気づいているが、免許を失うことになるので、誰もそれを口にする勇気がない。だから、黙っている。しかし、ほとんどの医師は、ワクチンがあらゆる年齢層の人々を殺し、傷つけていることを知っているのである。
  16. 私の看護師の友人の一人は、最近子供が心臓事故を起こしたとき、10代の子供が心臓に問題を抱えていると聞いたとたん、外傷科の全員が「ワクチンによる傷害」と考えたと言っていた。しかし、外傷科のメンバーは誰もこのことを公に認めようとしない。なぜなら、真実を認めたら解雇されるとわかっているからである。
  17. 医師たちは今、喜んで国会議員に会い、何が起きているのかを説明している。例えば、現在カリフォルニアには、自分のキャリアを危険にさらしてまで、カリフォルニアの国会議員に発言している医師が25人いる。これらの医師は、カリフォルニア中の病院に勤務している。独立開業医ではない。
  18. 公衆衛生局の職員も、私のインタビューを喜んで受けてくれるようになった。7月11日(月)にインタビューが予定されている。信じられるか?公衆衛生局の役人が私の質問に答えてくれるんですよ!?待ち遠しいね。
  19. アレックス・ベレンソンはツイッターで再復活した。Twitterは、誤って彼を削除したことを認めた(アレックスに、彼のツイートを「慎重に」検討した結果、問題があることがわかったと伝えた後)。Twitterの天国にいる私たちは、アレックスがいないことを寂しく思うだろう。
  20. サイエンス誌は、自分たちがもう科学をしていないことを黙認した。明らかに欠陥のある論文の訂正や撤回を求める要請があった。この要請は、非常に尊敬されている英国の教授、ノーマン・フェントンによってなされた。彼らは彼を無視したのである。要するに、ジャンク・サイエンスは彼らのジャーナルにとって問題ないのである。私は本当に彼らのジャーナルを「ジャンク・サイエンス」と改名すべきだと思うのである、その方がより正確だろう。しかし、彼らが正確さにこだわらないことは明らかである。彼らがこのジャンク・ペーパーについて黙っていることは間違いないだろう。それが最近の「科学」のやり方なのだ。
  21. 私は近くの病院のCEOと話をした。ワクチンが危険であるという情報を送り、病院のCEOとして初めて真実を認めれば世界のリーダーになれると提案した途端、彼は私と話をしなくなった。だから、彼はもういないにもかかわらず、私に返事までしてくれたのは、実は有望なことなのだ。誰一人、最初の人になりたがらない。彼らは皆、自分の仕事を続けたい。あなたの人生は彼らにとって重要ではないのだ。
  22. 実は、San Jose Mercury Newの記者が私の送ったメールに返信してくれた。実はまだ会話しているところだ。これは初めてのことだ。
  23. ファクト・チェッカーは私を恐れている。なぜか?私が賢くなり、すべての会話を録音するよう主張したからだ。今は全員が、私と話すのを拒否している。真実は彼らの焦点ではないからだ。

時間をかけて更新していくるが、これが私の頭の中で起きていることのリストである。私が見たところ、勢いはすべて私たちの方向に動いている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました