WW3・核戦争ロシア、プーチン

「ロシアの罠」2019年9月3日出版 第1章 他の手段による戦争
The Russia Trap / George Beebe

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

目次

  • タイトルページ
  • 著作権表示
  • 献辞
  • 序文
  • はじめに
  • 第I部:分析 問題の理解
    • 1.他の手段による戦争
    • 2. 致命的なパーセプション
    • 3.ブレーキの故障
    • 4.引き金
  • 第II部:総括 問題の管理
    • 5. 単純化の罠からの脱出
    • 6. 衝撃の吸収
    • 7. システムの運用
  • おわりに
  • 謝辞
  • 注釈
    • 注釈 はじめに
    • 注釈1
    • 注釈2
    • 注釈 3
    • 注釈 4
    • 注釈 5
    • 注釈6
    • 注釈7
    • 注釈 まとめ
  • 索引
  • 著者について
  • ニュースレターの登録
  • 著作権について

サラ、ソフィア、ノラ、グラント、ネイサンのために

前書き

どうしてこんなことが起きたのだろう?私たちは、規模の大小にかかわらず、予期せぬ大失敗の後、しばしばこの質問をする。振り返ってみると愚かなミスを犯してしまったのではないか、考えてみれば明らかな意図しない結果を予測していなかったのではないか、物事が悪くなる前に不明瞭であったのと同様に、後から考えても明らかに見える要素間の極めて重要な相互関係を無視してしまったのではないか、などと考えるのである。

予期せぬ事態は、私のキャリアの中でも重要な位置を占めている。私がソ連のアナリストとして仕事を始めたのは、1986年、ミハイル・ゴルバチョフがクレムリンに在任し始めた直後だった。その後30年間は、外交問題に携わる多くの人が驚くような出来事で埋め尽くされた。ベルリンの壁の崩壊、ソ連の崩壊、エリツィン政権下のロシアにおける自由主義的改革の失敗 2001年9月11日のテロ、イラクにおける大量破壊兵器の無駄な探索 2000年代初頭の旧ソ連諸国におけるいわゆるカラー革命、ウクライナのマイダン蜂起、そしてその後のロシアのクリミア併合と米露関係の疎外と敵対関係の激化などである。

このような事態を目の当たりにして、世の中の流れから大きく外れることを予測することがいかに難しいか、専門家が事実や予測を誤ることがいかに多いか、そして外交の現場を理解し舵取りをするためには謙虚な姿勢がいかに重要であるかを痛感させられた。また、私たちは皆、自分の期待というプリズムを通してニュースや情報を見る傾向があり、自分の重要な思い込みを明らかにし、検証することがいかに重要であるかということを敏感に感じさせてくれた。また、不意打ちを避け、自国の国益を守るためには、敵や競争相手の認識を必ずしも正しいと認めず、その目を通して物事を見ることが必要であることを教えてくれた。そして何より、災害を回避するためには、災害が起こる前に「なぜこんなことが起こったのか」という問いと格闘することの重要性を教えてくれた。この本は、そのような思いから生まれた。

はじめに

本書は、まだ起こっていない失敗を検証するプレモテム(予見)である。政治家が直面する最も困難な問題のひとつに焦点を当てている。誰も望まず、可能性があるとも、あるいは可能であるとも思っていない戦争が、それにもかかわらず、衝突する野心、新技術、誤った恐怖、絡み合った同盟と約束、国内政治圧力、敵国の反応に関する誤った仮定などの燃え上がる要因によって発生することを予期し回避するには、どうすればよいのだろうか。言い換えれば、ロシアとの間に出芽た「第一次世界大戦問題」を診断し、打開することだ。

当時、第一次世界大戦と呼ばれていたものは、間違いなく人類史上最大の人為的な大災害を生み出した。第一次世界大戦は、ヨーロッパの主要国間の比較的平和なパワーバランスの1世紀を終わらせた。オスマン帝国を崩壊させ、中東における100年にわたる戦争とテロの基礎を築いた。大英帝国の崩壊を早め、ヒトラーの台頭、第二次世界大戦の破壊、ホロコーストの悲劇、そして核兵器の開発を招いた。ソビエト共産主義への道を開き、数十年にわたる世界規模の冷戦を引き起こした。その結果、ヨーロッパ人の一世代が壊滅し、ニヒリズム的な哲学的遺産が残され、西欧諸国の社会に壊滅的な影響を及ぼした。そして、ほとんど誰もそれが起こることを予見していなかったのである1。

第一次世界大戦は、計画的というよりも、誤算と無能から生じたものである。歴史家は長い間、この戦争で最も責任を負うのはどの戦闘員であるかを議論してきたが、「主要国がそれぞれ近視眼と無責任の限りを尽くした」ことに異論はないだろう2。ドイツはフランス、ロシア、イギリスによる包囲を恐れていたが、手荒な方法でそれぞれの国を脅迫し、彼らがベルリンに対して前例のない同盟で団結するように促した。この同盟は、ドイツのオーストリア・ハンガリーへの依存を強め、最終的には南の隣国の行動の人質となるものであった。イギリスは、同盟によってドイツの軍事力と経済力の増大を抑えることができると考えていたが、ロンドンを硬直的な約束に縛り付けて、局地的な紛争の外交的解決を不可能にするようなことはしなかった。オーストリア・ハンガリーは、ナショナリズムによって帝国が内部から引き裂かれることを恐れ、バルカン半島での限定戦争がすぐに破滅的なヨーロッパの大混乱に発展する危険性に気づかなかった。ニコライ2世は、オーストリア・ハンガリーへの限定的な動員はロシアの友好国セルビアへの侵略を抑止できると考えていたが、参謀本部の戦争計画ではオーストリア・ハンガリーとドイツの両方への総動員を義務づけていることを知った。また、鉄道技術の普及は、それに対応して迅速に軍隊を動員しない国家は、軍事的に急速に敗北することがほぼ確実であることを意味した。その結果、ヘンリー・キッシンジャーが「政治的破滅装置」と呼んだ、さまざまな引き金を引く可能性のある不安定な要素が混在することになったのである(3)。

今日のワシントンでは、ロシアとの緊迫した関係がこのような問題を引き起こすと考える人はほとんどいない。今日のワシントンでは、緊迫した対ロ関係がこの種の問題を引き起こすと考える人はほとんどいない。むしろ、ロシアの脅威を理解し対応するための支配的なパラダイムは、「第二次世界大戦問題」なのである。ロシアに関するアメリカの社説や論説は、1938年にイギリスの首相ネヴィル・チェンバレンがヒトラーの領土的野心をなだめるために悲劇的な行動を起こし、不運な「我々の時代の平和」を達成したミュンヘンを貶める言及で溢れている。2016年の米大統領選で民主党のヒラリー・クリントン候補は、モスクワがウクライナのロシアの少数民族を保護しなければならないという主張は、ナチス・ドイツの「ポーランドとチェコスロバキアのドイツの少数民族を保護しなければならない」という主張と同じだと明確に警告した4。同様に、リンゼー・グラハム上院議員や他の多くの共和党議員はロシアのプーチン大統領をアドルフ・ヒトラー5と比較し、新聞コラムニストたちは彼を「プーチラー」と呼んでいる6。 プーチンもヒトラーのように権威主義者で領土や不正な取り扱いに深い怒りを抱えた指導者と認識されている。プーチンは、ヒトラーのように、外交的妥協の要求を、自分が利用できる弱さの表れとみなしていると考えられている。ヒトラーのように、プーチンは拡張主義的な思惑を抱いており、それが強くなりすぎる前に今反撃することによってのみ抑制されると考えられている。

このような観点からロシアの脅威を見る人々にとって、最大の危険はクレムリンの攻撃的な意図であり、強さによって侵略を抑止することが必須である。戦争が起こるのは、それを始めた者が勝てると思っているからである。従って、平和を維持するためには、侵略者のそのような思いを払拭することが重要である。情報アナリストにとって、これはロシアの戦争計画や兵器システムを研究し、差し迫った攻撃の兆候を探すことに重点を置くことにつながる。例えば、米国とNATOの軍事専門家は、ロシアが2017年に行った大規模な軍事演習「ザパド(「西」)」の準備を分析し、このイベントはベラルーシ占領またはバルト三国への侵略の準備を隠す「ロシアのトロイの木馬」かもしれないと警告を発している7。米国情報機関の指導者たちは、西側民主主義を弱体化させ、「第二次世界大戦後の国際秩序」を破壊しようとするモスクワの欲望に警鐘を鳴らす9。ハリウッド俳優モーガン・フリーマンは、ジェームズ・クラッパー前国家情報長官を含む委員会の後援を得て、ソーシャルメディアで拡散されたビデオの中でアメリカ人に厳かに、ロシアとはすでに「戦争状態にある」から反撃しなければ敗北すると警告を発している10。

政策立案者にとって、このような警告は、戦う意志と勝利する能力を示すことに焦点を合わせることにつながる。第二次世界大戦型の侵略に対処する上で、外交の果たす役割は小さい。グルジア、ウクライナ、シリア、そしてサイバースペアにおけるロシアの侵略に抵抗しなければ、さらなる侵略を招くだけである。一方、強さと決意は、侵略者に後退を促し、より容易な征服を求めて他の場所に目を向けさせる。トランプ政権の国家安全保障戦略は、このような幅広いコンセンサスをほぼ反映している。”経験上、ライバルが侵略を放棄したり見送ったりする意欲は、米国の強さと同盟の活力に対する認識によって決まる”。古代ローマの格言を借りれば、平和を望むなら、戦争をする用意があり、その意志があることを示さなければならない。

しかし、誰もがロシアを攻撃的と見ているわけではない。プーチン政権下のロシアは、NATOの東方拡大やロシアの内政を変えようとする米国の動きに対して防衛的な戦いをする弱体で衰退しつつある国であるとする考え方もあり、あまり一般的ではない。ニューヨーク大学名誉教授のスティーブン・コーエンは、「プーチンは主に反応的であった」と言う12 。クリミアの併合やウクライナ東部での代理戦争など、ロシアの行動は「攻撃的ではなく防御的である。..正当な安全保障上の懸念が動機となっている」13。この学派の支持者は、20年ほど前にアメリカの冷戦封じ込め戦略の父であるジョージ・ケナンが、NATO拡張がもたらすであろう結果を引用することを常としている。「ロシアから悪い反応が返ってきて、(NATO 拡大派は)我々はいつもロシア人はこうだと言ってきたのに、 これは間違っている、と言うだろう」。ロシアはナチスドイツではないし、プーチンはヒトラーに匹敵する存在ではない。これらのアナリストにとって、このような類推は分析的な光よりも感情的な熱を生み出すだけでなく、危険な政策対応につながる。

「防衛的ロシア」派の人々は、一国の敵対的行動が恐怖と脆弱性に根ざしている場合、ヒトラーのような脅威 に対処するために不可欠な揺るぎない決意と軍事態勢は逆効果になりかねないと指摘している15 。米国は2008年、旧ソ連のグルジア共和国でこの現象を経験した。米国は、ロシアが南方の隣国に攻撃的な意図を抱いていると確信し、米国の政策立案者はグルジアに対する軍事訓練を加速し、トビリシをNATO同盟に参加させることを公然と主張し、軍事行動に対する警告をモスクワに何度も発した。ロシアはグルジアの NATO 加盟を前にして警戒を強め、トビリシはアメリカの支援に勇気づけられてグルジアの離 散地域である南オセチアでの軍事行動を開始し、サイバー攻撃を含むロシアの大規模な軍事反応が即座に発生した 17。その結果、米国は容易に予測できた戦争を回避することができず、ホワイトハウスは、ロシアによるグルジアの分離地域の征服に無益な抗議をするか、ロシアの通常戦力の優位に対抗して核戦争の脅威を与えるか、という不味い選択を迫られた18。

モスクワが防衛策を講じていると考える人々にとって、望ましい政策対応は、主にヒポクラテス的・外交的なものである:脅威となる国家を脅かすことによって損害を与えることを止め、妥協と紛争解決について話し始めることだ。Cohen は、例えば、ヨーロッパに中距離ミサイルを再導入することやウクライナに武器を売却することに反対し、その代わりに、共有する脅威に対して協力し、関係を支配する新しいルールについて合意に達することを求めている19。ウクライナ、そしておそらくはロシアと NATO の間の「グレーゾーン」にある他の国々の目標は、 「ウクライナの西部化計画を放棄し、代わりに冷戦時代のオーストリアのような NATO とロシアの間の中立的 な緩衝地帯にすることを目指す」べきだと述べている(20) 。

このように、ロシアの行動を説明し、対処するための対照的な流儀は、いずれも完全に間違ってはいない。ロシアが、NATO の拡大と 1990 年代のロシアの内政へのワシントンの関与に直面し、自らを守勢に立たされ ていると見ていることは疑いない。モスクワはアメリカの意図に深い憤り、誤解、不信を抱いており、過去25年の間にアメリカに対する見方はパートナーから敵対者に変わったが、その一因はアメリカが脅威と感じる行動をとったからである。2016年の大統領選挙への干渉など、アメリカ人にはいわれのない攻撃と映るロシアの行動の少なくとも一部は、ロシア人には長年にわたる欧米のロシアとその近隣諸国への干渉に対する自然な反応として映るのである。

しかし、ロシアの行動は防衛的な動機だけによるものではない。ロシアは自らを、1990年代には落ちぶれたとはいえ、正真正銘の大国であり、米国、欧州、中国とともに国際情勢において重要な役割を果たすべきであり、すべての大国がそうであると考えるように、周辺諸国を支配すべきであると考えているのである。過去 20 年間にモスクワの政界で高まった対米憤懣の一端は、ワシントンがロシアを従属国とし て扱い、大国としての栄光を取り戻すのを邪魔してきたという考えからであった。ロシアは周辺諸国を支配したいという願望から、NATOへの加盟やアメリカの支援を求めるようになり、それがモスクワの不安を煽り、敵対心をエスカレートさせるというスパイラルに陥っている。このような攻撃的動機と防衛的動機の混在は、実はロシアの外交政策に古くから見られるテーマである。ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)は、第一次世界大戦に至るまでの帝政ロシアの行動 について、「一部は防御的、一部は攻撃的で、ロシアの拡張は常に曖昧であり、この曖昧さが、ソ連時代 を通して続くロシアの意図を巡る西側の論争を生み出した」と評している(22) 。

さらに、ロシアは、1914 年のオスマン帝国や今日の中国とは異なり、衰退国とも新興国とも分類され ないという事実が、この図式を曇らせている。ソ連は、第三世界の経済の上に立つ第一世界の軍隊であり、「核兵器を持ったボルタ川上流」と冗談交じりに表現された。ソ連の崩壊は、モスクワに有能な軍事力も経済も残さず、その後のロシアの出生率の急降下と死亡率の急上昇は、西側諸国の多くが、この国が長期的に衰退と無関係の道を歩むことを確信させるものであった。しかし、プーチン時代初期から出生率や平均寿命が上昇し 2013年にはソ連時代以来の総人口増加を記録した23。2015年のシリア内戦への介入は、1979年のアフガン戦争以来のソ連国外への軍事力行使であり、ロシアの軍事改革が目覚ましく進展していることを示すものであった。

この回復が続くかどうかは未解決の問題である。ロシアは、汚職に悩まされ、エネルギー販売に大きく依存しているが、それでも、ノルウェーの雨期投資ファンドを手本にエネルギー収入を賢く管理し、世界の「ビジネスのしやすさ」ランキングで着実に上昇している(24) 経済の多様化と国際商業市場での競争に苦戦しているが、高度なサイバー機能と高度な兵器を開発している。ロシアは、中央集権的な政治的嗜好と、国民の創造性と革新性を解き放つ経済的必要性との間の緊張を克服することはできないかもしれない。しかし、その歴史、地理、資源、科学的才能から、ロシアは国際舞台において重要なプレーヤーであり続け、その経済的弱さからは想像できないほどのパンチ力を発揮することができるだろう。

本書のテーマは、ますます敵対化する米露関係における最大の危険は、米露双方の能力や意図に起因するものではないということだ。むしろ、科学者が言うところの「複雑系の危険」である。冷戦後の欧州の安全保障構造に関する未解決の問題が、対立を煽っている。相手の意図に対する認識が大きく異なるため、それぞれが信じているシグナルが不明瞭になり、相手が出来事にどう反応するかについての誤った推測が強まっている。新しい、そしてまだ十分に理解されていないサイバーテクノロジーは、高度な戦略的兵器運搬システムの開発と相まって、防御側よりも攻撃側に大きな利点をもたらし、脆弱性の認識を強め、攻撃性を煽っている。世界の地政学的秩序の変化は、米国の優位性を脅かすと同時に、ロシアやその他の対抗勢力に影響力を拡大する魅力的な機会を提供している。それぞれの国は、スポンサーと利害が一致する、しかし一致しない、信頼できない代理人をますます束縛するようになっている。そして、それぞれの国が、脆弱性を増大させ、効果的な外交政策の立案と実施を困難にする国内政治的課題に対処するのに苦慮している。一方、ワシントンとモスクワの間の冷戦競争を支配していた古いルールは枯渇し、新たな対立を抑制し安定させる新しい理解もそれに取って代わることはない。これらすべての要因が、ダイナミックな相互作用の悪循環の中で互いに補強し合っているのである。

良いニュースとしては、ロシアはワシントンに対してあまり好感を持っていないが、アメリカの民主主義を破壊し、国際秩序を混乱に陥れようとはしていないことだしかし、複数の要因が相互に作用し、補強しあい、あるいは減殺しあう「システム問題」は、単一要因の問題よりも解決がはるかに困難である。ロシアとのさまざまな紛争は、個別の問題の集合体ではなく、経営の権威であるラッセル・アコフが「混乱」、すなわち「問題のシステム」と呼んだものである。つまり、問題が相互に作用しているのだ。「攻めのロシア」「守りのロシア」と呼ばれるように、ロシアを抑止すること、あるいは融和すること に焦点を合わせても、問題は解決せず、さらに悪化する可能性がある。また、米露システムの構成要素は相互に関連しているため、事故や漸進的な行動が予期せぬ波及効果をもたらす可能性が高い1914年のサラエボのように、小さな出来事がこの複雑な問題に波紋を投げかけ、大きな破滅的結果をもたらす可能性があるのだ。

本書は、米露関係が過去 10 年半の間に、いかにして新生パートナーシップから憂慮すべき敵対関係 へと転落したかを分析することを意図しているわけではない。本書の焦点はもっと狭い。米ロ関係が敵意から戦争へと不測の事態に陥りやすいことを示し、その災厄の可能性を減らすために何をすべきかを考察することだ。

本書は、エベネーザ・スクルージが「まだ来ぬクリスマスの亡霊」に確認しようとしたように、「あるかもしれないこと」ではなく「なるであろうこと」を垣間見るための本ではない。予期される悪い結果が避けられるという確信がなければ、誰も死亡前調査の構築に着手しない。第一次世界大戦を引き起こした一連の出来事とは異なり、ロシアとの関係における危険の燃焼混合物は、核戦争に必然的につながる政治的な終末装置となる必要はないのである。ワシントンとモスクワの間で進行しているシステムがもたらす危険を理解し、それが構成する個々の要素を検証することが、脅威を和らげるための重要な前提条件となるのである。

本書の第一部は、この脅威の分析に焦点を当てている。本書では、米ロ間の「邪悪な問題」の各要素を順番に取り上げ、その効果を増幅させ、予期せぬ結果をもたらす可能性のある相互作用を明らかにする27 。第1章では、ロシアとの影の戦争が、サイバースパイ、サイバースペース、影響活動の分野でどのように展開されているかに焦点を当てている。第2章では、この戦争がどのようなものであるか、各国が相手の意図に対してどのような見解を持っているかを検証している。第3章では、失われつつあるゲームのルールと、危険なエスカレーション・スパイラルにブレーキをかけるメカニズムが存在しないことについて考察する。第4章では、予期せぬ米露危機の引き金として、経済戦争、軍事的駆け引き、代理戦争がどのような役割を果たすかを考察している。

本書の第2部では、脅威を打開する方法に焦点を当てる。第5章では、意図しないエスカレーションを引き起こす可能性のある失策を避けるために、ワシントンとモスクワが「システム・アプローチ」をどのように適用するかを検討することから始まる。第6章では、急激な破壊や新技術の影響を軽減するために、システムにショックアブソーバーを組み込む方法について考察している。第7章では、米国、ロシア、中国、その他の大国間の競争を管理し、我々が直面するリスクを最小化するために、システムダイナミクスを有利に利用する方法について考察している。

本書は、ロシアの危機を予見する警告書であると同時に、軍事ではなく精神的な武装を求める書物である。第一次世界大戦に巻き込まれた主人公たちが、自分たちの行動がどのような結果をもたらすか、そして自分たちの手に負えないような悲惨な事態が起こりうることを理解していれば、間違いなく異なる決断を下したことだろう。今日、我々は、意図しない結果を生む可能性を念頭に置きながら、ロシアの脅威に対して、ヨーロッパの指導者たちが振り返って見せたかったような慎重な姿勢で臨むべきであろう。

そのためには、ロシアと米国が互いに抱いているいくつかの一般的な観念を、より深く吟味する必要がある。ナチス・ドイツのようなレンズを通してロシアを見るアメリカ人は、ロシアの統治とその意図について誤解しがちであり、悲劇的な結果を招きかねない。同様に、ロシア人は、ロシアとその周辺地域の民主化に対する米国の支援を、ロシア政府を包囲し、最終的には転覆させるための努力であると誤解してきた。両国ともこうした認識について深く考えようとせず、疑問を呈する者がすぐに弁解者のレッテルを貼られるため、ロシアの罠とでもいうべき認識の罠に陥り、知らず知らずのうちに破局に陥る可能性を高めているのである。

冷戦後、長年にわたって協力関係を築く努力を怠ってきた米国とロシアが、パートナーではなく、競争相手となる時代に突入したことは明らかである。しかし、敵同士になる必要はない。米ソ両国の感情や国内政治的圧力が渦巻く中、ロシアへのアプローチは、譲歩や対立に傾くことなく、毅然とした態度と融和、軍事態勢と外交のバランスを冷静に取る必要がある。目の前に迫る危機の本質を見極められないことこそ、私たちが直面する最大の脅威ではないだろうか。このページでは、この危機を明らかにするためのささやかな試みを紹介する。

第一部 分析 問題を理解する

戦争では、重要な出来事は些細な原因の結果である。

-ウィリアム・シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』より

現象の原因の組み合わせは、人間の知性の及ばないところである。しかし、原因を求める衝動は、人間の魂に生来備わっている。そして、人間の知性は、現象を条件づける状況が非常に多様で複雑であり、そのうちのどれかが個別にその原因として考えられるということを全く知らずに、最初の、そして最も理解しやすい近似値をひったくって、ここに原因があると言うのだ。

-トルストイ『戦争と平和』より

1. 他の手段による戦争

米国とロシアは、宣言されていない仮想戦争を戦っている。第二次世界大戦における日米間のような熱い戦争ではない。また、1940年代後半から1980年代にかけての米ソのように、イデオロギー的に相容れない2つの世界大国による冷戦でもない。むしろ、その中間に位置する「影の戦争」であり、人類の歴史の多くでは、軍事力などの直接的な物理的行動を必要としたが、今日ではより少ない運動的手段で達成できるような目標を達成しようとする戦闘なのである。米国は、その膨大なソフトパワー能力と比類なき技術力をもって、こうした新しいアプローチの先駆者である。しかし、モスクワは熱心な学習者であり、これらの技術をロシア化した非対称的な形でアメリカに反撃し、アメリカの弱点を突く一方で、ロシアが優位に立てるわずかな分野を最大限に利用しようと試みている。冷戦の最盛期とは異なり、これはほとんどルール無用で行われている戦争であり、異なる論理によって動かされている。しかも、キューバ・ミサイル危機以降の米ソ関係では、リスクと危険の認識が共有されていたが、今回の「影の戦争」では、双方とも制御不能に陥る可能性があることを認識していない。この戦争がどのような局面を迎えているのかを理解することが、その危険性に対処するための重要なステップとなる。

サイバーサボテージ(CYBERSABOTAGE)

2017年9月、インターネット・セキュリティ企業シマンテックのアナリストは、米露のシャドー・ウォーを直接目にすることになった。ワイアード誌によると、アナリストはアメリカの発電施設のコンピューターネットワークにおけるマルウェア感染を調査していたところ、ハッカーがシステムのヒューマンマシンインターフェース、地域の電力網を管理する制御盤のスクリーンショットを撮っていることを発見した。彼らは唖然とした。サイバーセキュリティのアナリストにとって、ネットワーク侵入の試みに対処することは日常茶飯事であり、メールの受信箱をクリックするのと同じようなものだった。しかし、ネットワーク侵入者が、ブレーカーやバルブなど米国内の電力会社の制御装置に遠隔操作でコマンドを送り、家庭や企業への電力供給を停止させるまでに至ったことは、これまでにもなかったことだ。長期間の停電ほど、現代社会をパニックと混乱に陥れるものはないだろう。スクリーンショットを見る限り、ハッカーが地域を暗闇に陥れるスイッチを押すことを防いでいるのは、今のところ手をこまねいていることだけであることがわかる1。

ハッカーがロシア人であるとは断定できないが、状況証拠から判断して、ロシア人であることは間違いなさそうだ。ロシアのハッカーは 2015年と2016年にウクライナで行われたモスクワの宣戦布告の際に、国民の精神に最大のダメージを与える冬にタイミングを合わせて停電を起こした。ウクライナの停電はいずれも数時間しか続かず、数百万人どころか数十万人しか影響を受けなかった。しかし、それらは「メディア、金融、輸送、軍事、政治、エネルギーなど、ウクライナの実質的にあらゆる部門」に対する大規模な持続的サイバー攻撃の一端に過ぎなかった2。飛行機、列車、自動車の流れは、自動化された輸送ネットワークと衛星ベースの全地球測位システム(GPS)技術にますます依存するようになっていた。公共の水道設備や化学工場、ウォール街の取引や企業の基本的な在庫管理はインターネットにリンクされていた。冷蔵庫や電子レンジのような一般的な家電製品でさえ、製品に組み込まれたスマート技術によってインターネット上で「会話」するようになった。しかし、その一方で、ハッカーによる侵入や破壊を受けやすくもなっていた。ウクライナで起きたサイバー攻撃は、米国に向けたサイバーボタリングの可能性を示唆するものであった。

また、最近になって、ロシア人が米国の原子力発電所の制御盤ではないが業務システムに侵入したとの報告があり、米国政府の捜査当局はこれを「パルメット・フュージョン」と呼んだ3。侵入の規模と巧妙さ、そしてターゲットそのものから、彼らは単なる初心者や「愛国ハッカー」ではなく、政府からの指示なしにロシア国家の敵と思われる人物に嫌がらせをしたことが明らかである。また、彼らは単に遭遇したサイバードアをノックして、できる限りのシステムに無計画に侵入しようとしたわけでもない。彼らはプロフェッショナルであり、特定のターゲットに対して、特定の理由で行動していたのである。ロシア人は隠そうと思えば隠せる世界でもトップクラスのサイバー技術者だが、電力網に侵入した犯人は隠そうとしなかったのだ4。

しかし、このメッセージは、ロシアの重要なインフラに侵入する前に、アメリカ人によく考えるよう促すものであったとすれば、裏目に出たと言えるだろう。実際、ロシアのサイバー攻撃は、その種類や程度もさまざまで、米国内では攻撃的なサイバー作戦による報復を求める声が高まっていた。米国のサイバー敵対勢力はハッキングに対して十分な代償を払っていないと確信したトランプ政権は 2018年の国家サイバー戦略において、米国サイバー司令部の攻撃的な作戦遂行能力を向上させる変更を発表した5。米国は、敵を抑止するのではなく、その能力を破壊することを目的とした、より積極的なサイバー政策を追求するべきだ」。冷戦時代とは異なり、新時代のサイバー紛争では、相互確証破壊の恐怖が相互抑制を誘発していないようである。

* *

コンピュータを利用して機械やシステムを破壊したり、混乱させたり、機能停止させたりすることをサイバースポーツと呼ぶが、これは古い戦術にハイテクノロジー的な工夫を加えたものである。この言葉は、フランス語で農民の木靴を意味する「サボ」に由来し、機械の歯車に靴を投げ入れてその機能を妨害する行為を想起させる。国家は歴史上、様々なサボタージュを行ってきた。CIAの前身であるOSS(Office of Strategic Services)は、第二次世界大戦中、敵陣の背後で数々の秘密破壊工作を行った。戦後何年も経ってから出版された機密文書『Simple Sabotage Field Manual』では、敵を混乱させ士気を下げるために「タイヤを切る、燃料タンクを抜く、火をつける、議論を始める、愚かな行動をとる、電気システムをショートさせる、機械部品をすりまくる」ことの価値が強調されている7。ソ連の諜報機関は、第二次世界大戦中もその後も、熱心なサボタージュを行っていた。パベル・スドプラトフ(Pavel Sudoplatov)は、『Special Tasks: The Memoirs of an Unwanted Witness』の中で、冷戦が激化した場合にアメリカやNATOの施設を破壊するための不法工作員のネットワークの運営について述べている8。

しかし、このような古い慣習に新しい風を吹き込むことは、破壊的な意味を持つ可能性がある。妨害工作は、伝統的に戦術的な手段であった。妨害工作は伝統的に戦術的な手段であり、軍事的な小競り合いにおいて自らの運命を助け、戦闘において重要な優位性をもたらすことはあっても、戦争に勝ったり、国家レベルの指導者に和解交渉を強要したりすることはできないのである。これとは対照的に、ネットワーク化された世界では、サイバースペックは潜在的に戦略的である。イランが兵器用ウラン濃縮に使用していたシステムに損害を与えたスタックスネット・ワームは、21世紀の破壊工作が国家の最も重要な戦略的軍事能力に重大な影響を与える可能性があることを実証している。一般に大げさな表現を好まない国防科学委員会は、サイバー脅威に関する特別報告書の中で、サイバー妨害工作の意味合いを核兵器に例えている。

サイバー攻撃によって攻撃者が受ける恩恵は、壮大なものになる可能性がある。米国が同業他社と本格的な紛争に陥った場合、水中から宇宙まであらゆる高度で、サービス妨害、データ破壊、サプライチェーン破壊、裏切り者のインサイダー、運動論的攻撃、関連する非運動論的攻撃などが予想される米国の銃、ミサイル、爆弾は発射されないかもしれないし、自国の軍隊に向けられるかもしれない食糧、水、弾薬、燃料を含む補給物資は、必要なときに必要な場所に届かないかもしれない。軍司令官は、米国のシステムや軍を制御するための情報や能力に対する信頼を急速に失うかもしれない。一度失った信頼を取り戻すことは非常に困難である。

これらのシステムへの社会的依存、およびさまざまなサービスや能力の相互依存に基づき、タスクフォースは、サイバー攻撃の統合的影響は、実存的な結果をもたらす可能性があると考える。核攻撃とサイバー攻撃は、その現れ方が大きく異なるが、最終的に米国が受ける実存的影響は同じである9。

今日、国防総省の資金と努力の多くは、あらゆる複雑なシステムに存在する固有の脆弱性から防衛しようとすることに費やされている。防衛のみは失敗する戦略だ」。

この悲観論の理由は、サイバーテクノロジーによって、古くからある攻撃的な対策と防御的な対策の間の競争が、攻撃側に大きく傾いたからである10。ソフトウェアのコードには、巧妙なハッカーが悪用できるようなミスが必然的に含まれる。どんなに訓練を受けても、何割かのシステム・ユーザーは、クリックしてはいけないリンクをクリックしたり、簡単に判断できるパスワードを使用したり、ソフトウェアを適時に更新しなかったりして、攻撃者が認証情報を盗んでネットワークに侵入するための簡単な方法を提供してしまう。侵入検知システムは、回避したり、騙したりすることができる。アンチウイルス・ソフトウェアは、過去に侵入に使用されたことのあるハッキング・コードを検出するように設計されている。ハッカーがゼロデイ脆弱性(以前に発見されパッチが適用されていないコーディング上の欠陥)と呼ぶものを利用する新しいエクスプロイトを検出することはできない11。ウイルス対策ソフトは、現実的には、明日の攻撃ではなく、昨日の攻撃を防御するものである。ディフェンダーは、サイバー攻撃者の作業を複雑にし、侵入者を発見し特定する能力は向上しているが、侵入を事前に阻止できることはほとんどない。

このような現実を認識することで、コンピュータやネットワークの安全確保を担当する人々や、より広範な国家安全保障の専門家の間に、脆弱性の感覚が蔓延している12。

この脆弱性は、侵入者が享受する優位性とともに、サイバーアリーナにおける攻撃と反撃の悪循環を生み出し、一方のシステムが現実的または想像上で侵害されると、他方はライバルのシステムを侵害するための努力を倍加させることになる。アメリカの専門家が、巧妙な侵入を前にしてサイバー防衛の有効性を疑問視しているように、ロシア側にもサイバー防衛が最も効果的な防衛手段であると考える理由があるのだ。マルウェアを発見するために何百万行ものコードを調べることに膨大な時間を費やしても、巧妙な攻撃者に対処する際には実のないアプローチになりがちである。例えば、ロシアのサイバーセキュリティ企業であるKasperskyは、高度に洗練された米国のマルウェアが、発見されるまでの10年以上、ロシアのネットワークで検出されずに運用されていたと主張している13。また、発見されたマルウェアが、米露間の緊張を高めることで利益を得ようとする第三国が偽装して仕組んだ偽旗作戦でないとも断言できない。このような厄介な問題から、サイバー妨害の問題には別の対応が必要である。相手のネットワークにさらに深く侵入して、相手が何をしているかを正確に把握し、自国のサイバー兵器をいくつか仕込んで、敵の爆発を抑止するのである。サイバーテクノロジーは、冷戦時代の核技術を彷彿とさせるような新しい形の脅威を世界にもたらしたが、それは異なる論理に基づいて動いている。ほとんど目に見えないこれらの兵器は、移植され、常に更新されなければ、たとえ爆発させなくても、すぐに効果がなくなってしまう。そして、その不可視性ゆえに、国家は最悪の事態を想定し、計画するようになるのである。

サイバースピリオネージ

抑止のための行為が結果的に侵略を助長し、侵入の帰属が不確実なサイバー妨害は、現実の世界ではほとんど実行されないようなリスクを取るための永遠の誘惑となるのである。もうひとつは、スパイの世界である。

この世界では、1998年のある日曜日の早朝に、人知れず革命が起きていた。ある素材メーカーの技術者が、夜中の3時に会社のネットワークからオハイオ州のライトパターソン空軍基地に誰かが接続していることに偶然気がついたのが始まりだった。これは、はっきり言って異常である。しかし、その従業員は、その時間にネットに接続していたことさえ否定し、ましてやライトパターソン基地のサイトを閲覧していたことなど知る由もなかった。技術者の好奇心は、すぐに疑惑に変わった。彼は、米空軍を含む複数のコンピュータ緊急対応チームに警告を発し、技術者は進行中のサイバー侵入に遭遇したと判断した。

空軍の捜査官は、この材料会社からの接続が、不審な接続の一つに過ぎないことを突き止めた。このユーザーは、サウスカロライナ大学、ブリンモア大学、デューク大学、オーバーン大学などからもライトパターソンに接続しており、コックピットの設計図やマイクロチップの回路図など、機密性は低いものの機密ファイルを盗み見ていたのである14。さらに、ライトパターソン社だけでなく、さまざまな大学の研究室のコンピュータを使い、特定の情報を求めて、さまざまな軍事施設やネットワークに継続的にアクセスし、退出後にネットワークログを書き換えて、自分がそこにいたことを誰にもわからないようにするという技術的な高度さも持っていた。前例のない規模と巧妙なハッキングに衝撃を受けたFBIは、公式調査を開始し、法執行機関、軍、その他の政府機関から関係者を集め、40人からなる侵入セットに関するワーキンググループを結成した。そして、「ムーンライト・メイズ」というコードネームをつけた。

調査の最初の課題は、攻撃者の出自と意図を明らかにすることであった。侵入はすべて同じ9時間の間に行われたようで、モスクワの営業時間と重なり、ロシア正教の祝日には発生していなかった。しかし、モスクワは本当に攻撃の起点なのか、それとも攻撃者が自分の位置を隠すために使っていた大学のように、経路上の多くの通過点の1つに過ぎないのか。ワーキンググループは、攻撃者が興味を持ちそうなトピックに関する偽のデジタルファイル群「ハニーポット」を使って、その答えを追求することにした。ハニーポットとは、攻撃者が興味を持ちそうなトピックを扱った偽のデジタルファイルのことで、攻撃者がそのファイルに入り込めば、調査員はリアルタイムでその動きを追跡し、攻撃者を突き止めることができる。また、ハニーポットファイルの中にデジタルビーコンを仕込んでおき、攻撃者がインターネット上のあちこちに移動すると、自動的に付着して調査官に信号を送り返すようにした。この方法はうまくいき、攻撃者は餌に食いつき、ビーコンからモスクワのロシア科学アカデミーのIPアドレスにたどり着いた15。さらに調査を進めると、暗号化される前の攻撃者のプログラミングコードはキリル文字で書かれていることがわかった。すべての指標は同じ方向を向いていた。米軍のネットワークは、ロシアから発信された大規模かつ継続的な国家主導のサイバースパイ作戦(後にサイバーセキュリティの専門家が高度持続的脅威と呼ぶようになったもの)の被害を受けていたのである。

捜査当局は、この侵入作戦の詳細を知るにつれ、その規模に唖然とすることになった。この年は、米国がその経済力と選挙の専門知識を駆使して、ボリス・エリツィン氏がロシア大統領として2期目を勝ち取った年であった。ヘルメットのデザイン、流体力学、海洋学、人工衛星、航空力学、各種モニタリング技術など、約300万ページ分に相当する5.5ギガバイトのデータである。かつては、ロシアが国を裏切るように仕向けた人物を使って、諜報員、隠し撮り、デッドドロップ、秘密通信などの大規模なネットワークと、手間とリスクのかかるルートで情報を配信しなければならなかったようなものである。これに対し、ロシアのサイバーオペレーターは、ソフトウエアのコーディングが常に不完全であることと、システム利用者の無頓着さを利用して、ほぼすべてのネットワークにアクセスし、途方もない量の情報を手に入れることができたのである。大規模なサポート組織は必要ない。うまくすれば、ターゲットとなる組織の誰も、自分たちの情報が漏えいしたことに気づかない。これは、諜報活動の能力を飛躍的に向上させるものであった。

* *

「ムーンライト・メイズ」の発覚から約20年、サイバースパイ活動は諜報機関にとって当たり前のこととなり、ハリウッド映画で数多く取り上げられ、メディアでも頻繁に報道されるなど、広く知られるようになった。しかし、この現象が国際的な安定に与えるより大きな影響については、ハイテク技術による新たな能力について言及するのみで、ほとんど言及されていない。サイバースパイ活動は、単に政府の情報機関や非国家主体による情報収集を容易にするだけではなく、その性質上、スパイ、戦士、外交官、犯罪者、民間人の間の境界線を曖昧にし、スパイ行為と戦争行為の間に大きな影響を与えるものであり、国際安定にとって重要な意味を持つ。

第一に、サイバーテクノロジーは、国家が機密情報を収集する方法を変えただけでなく、その収集対象も変えている。冷戦時代、米ソはそれぞれ相手の国家安全保障機構に焦点を当て、政治指導者、軍、情報機関、防衛産業、兵器システム、ハイテク研究所といった限られた世界の中で情報収集に取り組んでいた。民間人は、密室で行われているスパイ行為に関するメディアの報道を通じて、時折このスパイ行為を垣間見ることができたし、映画館でハリウッド版の華やかなスパイゲームに感嘆した。しかし、スパイの世界と民間社会が交差することはめったにない。サイバースパイでは、これらの世界がより大きく重なり合うだけでなく、国家安全保障のターゲットと民間のターゲットの区別がますます少なくなってきている。Facebookに投稿された家族旅行の様子を伝えるインターネットの 「パケット 」は、私有通信網を高速で移動し、暗号化された国家安全保障情報と並んで、選ばれたクリアランス対象者に送られる。電力会社や浄水場のような重要インフラは、私有地であることが多いのであるが、そのシステムがクラッシュすると国家的な損害が発生する可能性がある。人工知能、機械学習、その他の情報技術における多くの進歩は、実際、ほとんどの技術分野において、政府出資の研究所や大手民間企業ではなく、地方の新興企業や民間・大学ベースのアクセラレータに依存しており、これらの組織は情報収集の魅力的なターゲットになっている。民間人のラップトップは遠隔操作で徴用され、国家安全保障のネットワークに侵入するためのボットネットに組み上げられる可能性がある。また、個々の市民に関する情報(習慣や履歴、好き嫌い、友人や仲間など)を収集することで、ハッカーは標的となる当局者の私生活について貴重な洞察を得たり、説得力のある「スピアフィッシング」作戦を展開して、国家安全保障ネットワークに侵入するための他の努力を支援したりすることができる。あるサイバーセキュリティ専門家によると、冷戦時代とは異なり、「もはや独立した存在ではなく、すべてがネットワークの一部」であるとのことだ。16 こうした進歩に対応し、機密情報にアクセスするために、サイバースパイは必然的にかつて民間人の領域と考えられていたものを標的とし、踏み込んでいくことになるのである。このように、サイバーセキュリティの専門家は、このような進歩に歩調を合わせ、機密情報にアクセスするために、必然的に、かつては民間人の領域と考えられていたものをターゲットとし、踏み込むことになる。

サイバースパイへの国民の関与が難しい理由の1つは、一般に国民はスパイ対スパイのゲームのほんの一部しか見ていないことだ。例えば、欧米のメディアは、米国に向けられた中国やロシアのサイバー活動について頻繁に報道しており、米国の民間サイバーセキュリティ専門家が中国やロシアの侵入に直接遭遇することも珍しくはない。しかし、ロシアや中国のシステムへの米国の侵入に関する米国メディアの報道に遭遇することはほとんどない。ロシアのサイバーセキュリティ企業であるKaspersky Labsは 2015年に、Equation Groupと呼ばれる者による非常に高度なオペレーションに関する報告書を発表し、そのすべてが国家安全保障局によって運営されていると明言した17。前国家情報長官Michael McConnellが2013年に発表した、オバマ大統領の日々の情報概要の「少なくとも75%」はサイバースパイによるものであるという主張は、アメリカのサイバースパイに関する数少ない公的コメントの一つである18。一般市民にとっては、ボクシング試合の前列席で、観客は一方のボクサーの胴体は見えても腕やグローブが見えないようなものである。観客は、彼が相手から殴られるのを見ることはできても、彼がパンチしているかどうかを見ることはできない。そのため、「殴り返せ」と思うのが自然な反応である。このような国民感情が、攻撃的なサイバー作戦のインセンティブを高めている。

サイバー・テクノロジーは、諜報活動のリスクとリターンのバランスも変えつつある。かつては、スパイ活動を行う場合、関係者や政府の広範な利益に対するリスクが大きく、それを許可するかどうかを検討する際には、成功した場合の潜在的な報酬とのバランスを取る必要があった。しかし、サイバースパイ活動では、潜在的な利益と比較してリスクが小さく見えることが多いため、以前と比較してより積極的でハイペースな作戦が奨励されるようになった。サイバーセキュリティのパイオニアであるクリフ・ストールが30年ほど前に指摘したように、「ネットワークを介したスパイ活動は、コスト効率がよく、すぐに結果が得られ、特定の場所をターゲットにできる。..国際的に恥ずべき事件のリスクから隔離される」のである(19)。

攻撃的なサイバースパイ活動に拍車をかけているのは、現実の世界における新たなモニタリング技術であり、従来の隠ぺい工作をこれまで以上に困難なものにしている。少し前までは、諜報機関は諜報部員の偽装工作を行い、偽名で海外に派遣し、秘密裏に海外の諜報員と会い、勧誘し、連絡を取らせることができた。しかし、ほぼすべての人がソーシャルメディアやその他のオンライン上の履歴を持つ世界では、偽装工作は問題となる。20 世界中の空港や駅では生体認証モニタリングシステムが普及し、偽名での移動はより困難になっている。世界の首都の多くはビデオモニタリングシステムで覆われ、街中のあらゆる場所の動きを追跡している。顔認識ソフトを使えば、姿をくらますのも一苦労だ。携帯電話を持ち歩けば、防諜機関にとって便利な位置情報追跡装置となり、携帯電話を持ち歩かないという異常な行動は、防諜機関の好ましくない注意を引くことになる。その結果、諜報機関が「人的資産」と呼ぶ従来の人材確保が難しくなっている。このことは、攻撃的なサイバースパイ活動をさらに助長し、脆弱性を助長している。さまざまなサイバー侵入の背後にある動機を説明する人間のエージェントが少ないため、政府は敵側の最悪の意図を想定する傾向にある21。

このような最悪のケースを想定することが特に重要になるのは、サイバー侵入を受けた側にとって、機密情報を入手するための操作とサイバー妨害の準備をするための操作とを区別することが困難な場合があるためである。ハッカーは、コンピュータに侵入すると、そこに接続されているネットワーク全体を探索し、膨大な量のデータをダウンロードすることができる。しかし、そのデータを改ざん、破損、破壊したり、ネットワークによって制御されているシステムの動作を歪曲、無効化、破壊することも可能である22。サイバーセキュリティ担当者にとって、機密情報を盗んだり、敵の計画を知るためにシステムに侵入することは、有害な攻撃のために「戦場を準備」するためにネットワークの通路や弱点をマッピングする侵入と同じように見える23。米国海軍兵学校のサイバーエキスパート、マーティン・リビッキは、「心理学的な観点から見ると、侵入と操作の違いはあまり重要ではないかもしれない」と述べている24 。

サイバーインフルエンス(CYBERINFLUENCE)

影の戦争の第三の戦線は、古い活動に新たな工夫を加えたものである。西側諸国では、プロパガンダ、戦略的コミュニケーション、情報作戦、PSYOP(心理作戦)など、歴史を通じてさまざまな名称で呼ばれてきた。ロシア語では、dezinformatsiya、maskirovka、kompromat、aktivniye meropriyatiya(積極的対策)など、さまざまな形で知られている。それは公然と行われることもあれば、秘密裏に行われることもあり、また、情報を与え、鼓舞することを目的とすることもあれば、より暗い種類のものでは、欺き、破壊することを目的とすることもある。しかし、その名称や形態にかかわらず、その標的は同じである:人間の心である。

クレムリン・ブロガー・スクールは、米露の情報戦の初期の一撃であり、片方だけが戦っていることを認識していた。モルドバの議会選挙では共産党が圧勝し、その余波を受けて、2つの無名の若者グループが、翌日モルドバの首都の中央広場で「私は共産主義者ではない」というイベントに集まるよう呼びかける告知をネット上に掲載していた。この集会の主催者の一人は自身のブログで、「6人、10分間のブレインストーミングと意思決定、数時間のネットワーク、Facebook、ブログ、SMS、電子メールを通じた情報発信」26に過ぎないと述べている。驚くべきことに、1万5000人以上の抗議者が集まり、一日のうちに、平和なデモは大規模な暴動、放火、破壊行為に発展してしまった27。デモは大きな物的損害をもたらし、数人の死者を出したが、結局、政府の厳しい取り締まりを受けて沈静化し、モルドバの政治に意味のある変化をもたらすことはほとんどなかった。

しかし、モスクワは懸念を抱いていた。防衛側にとってインターネットキャンペーンは、指導者や組織、資金を必要とする昔ながらのプロパガンダ手段や伝統的な破壊活動よりも封じ込めが難しいものだった。ソーシャルメディアは、新聞編集者やテレビ・ラジオのプロデューサーといった門番を通さずに、特定のターゲットに直接情報を届けることができ、ニュースやイベントに応じてユーザーが素早く行動を計画し公表できるため、いわゆるフラッシュモブを作り出すことができた。政府当局がモニタリングし、対抗できるような正式な組織、認知されたリーダー、大きな資金の流れはほとんどなかった。モルドバのデモは、ほとんど計画も組織もなく一夜にして実現し、その規模と猛烈さは、デモを提案した人たちさえも驚かせた。

ロシアでも同様のソーシャルメディアに起因する不安定な状況が発生することは想像に難くなかった。クレムリン当局は、ツイッター革命が真の脅威であると見なしていた。クレムリンのコンサルタントで、当時ロシアを代表する情報戦士であったグレブ・パブロフスキーは、「モスクワは世界情勢を特殊作戦のシステムとして見ており、自分たち自身が西側の特殊作戦の対象であると非常に心から信じている」28 と説明している。ロシアのジャーナリスト、アンドレイ・ソルダトフによれば、「伝統的な手段や青年運動がなくても、人々を街頭に動員することができるようになった。クレムリンにとって重要だったのは、こうしたことを西側、つまり米国国務省が仕組んだ大きな陰謀の一部と見なしたことだ。モスクワの懸念は、後に国家安全保障戦略の中で公式に捉えられ、「一部の国が情報通信技術を 利用して、国民の意識を操作し、歴史を改ざんするなどの地政学的目標を達成しようとすることにより、 グローバルな情報舞台で対立が激化している」ことを嘆いている29 。

対照的に、モルドバとそれに続くイランの緑の革命の進展は、ワシントンをインターネットの楽観主義で騒がせた。ソーシャルメディアは究極の民主主義者であるかのように思われた。ソーシャルメディアは、世界中の誰もが政府の検閲を受けずに情報にアクセスすることを可能にし、多くの場合、物理的な距離によって隔てられているにもかかわらず、同じ考えを持つ見知らぬ人たちがつながり、組織化することを手助けするものであった(31)。よりリベラルな世界の未来への希望に満ち溢れ、米国政府、フェイスブック、グーグル、その他米国に拠点を置く著名な企業や団体は、ラテンアメリカ、アフリカ、中東、ヨーロッパ、アジアで「世界を変える」ソーシャルメディア運動に資金を提供し組織化するために Alliance for Youth Movementsを立ち上げ、毎年ニューヨークとメキシコシティで国際青年リーダーや著名技術者のサミットを行っていた32。新しいデジタルツールは、国務省のサイバー外交の指南役であるJared Cohenが2009年に宣言したように、「(政治)環境がいかに困難であろうと、市民社会組織が実現する可能性を高める」ものであった。

表現の自由を推進し、ロシア国内の自由化を促進するため、米国政府はゴルバチョフ時代に設立されたロシアのNGO、グラスノスチ防衛財団を支援し、「ブロガーのための学校」と呼ばれる施設を設立した。この取り組みにおいて、アメリカ人は自分たちが情報戦争をしているとか、ロシアの政権交代を目指しているとかいうのではなく、大切な啓蒙主義の原則、表現の自由と集会の自由を、新しい技術という手段を使って促進しようとしていただけである。そして、自由主義的進歩の見えざる手がその役割を果たすのである。アメリカの外交官やビジネスマンは、インターネットアクセスの普及を促進するだけで、良いことが起こるのだ。あるアメリカのコラムニストは、「新しいメディアが世界中にそのウェブを広めるにつれ、権威者は…この技術の混沌とした民主主義を前にして、絶対的な支配を維持することが困難になるだろう」と述べている33。

ロシア当局はこの勢いに対抗しようと躍起になった。モスクワがその新しいベンチャーを「クレムリン・ブロガー・スクール」と名付けたのは偶然ではなく、グラスノスチ防衛財団の同名のメディア・イニシアティブに直接対応するものだった34。グラスノスチ防衛財団がロシア政府に批判的なブロガーに焦点を当てたのに対して、クレムリンは、エカテリーナ大帝を称える投稿と街中の流行のパーティーの写真を時折組み合わせた、20代の魅力的なブロンドの女性、マリア・セルゲイエヴァなどの人物を訓練して宣伝しようと考えた36。セルゲイエワは、KGB-Kursy Gosudarstvennykh Bloggerov(国家ブロガーのためのコース)という頭字語のもと、忠実なブロガーのためのトレーニングセッションを推進し、特に、親クレムリンのサイバー戦士に、反対派のブログに侵入し、その背後にいる人々の住所と電話番号を見つけ出す方法を教えた37。また、クレムリンは、グラフィックデザイナーで写真家であり、ソーシャルメディアサイトLiveJournalで最も人気のあるブログの著者であるDrugoi(異なる)というペンネームで知られるRustem Adagamovを共同利用するように努めた38。しかし、モスクワの狙いは政府に批判的な情報を遮断したり検閲したりすることではなく、むしろ政府を打ち負かすことにあった。若者グループを内部から取り込み、愛国的であることがクールだと思わせ、政府の反対者の考えは間違っている、効果がない、外国のスポンサーによって汚染されているとロシアの聴衆に示すことであった。

このアプローチは、政権以外の出版物を禁止し、表現を検閲することに依存していたソ連時代のメディア統制からの重要な転換を意味するロシアのインターネットの第一人者であり下院議員でもあるコンスタンチン・ライコフは、サイバー時代には情報を遮断することは多くの点で非現実的であり、さらに重要なことは、インターネット検閲が、クレムリンが最も惹きつけ説得したいロシアの若者たちという視聴者を遠ざけることになると述べている39 。クレムリンの狙いは、ロシアのデジタル領域に思想の市場があるように見せかけながら、その市場が国家にとって好ましい結果に大きく傾くようにすることだった。冷戦時代とは異なり、この情報戦争はニュースや意見へのアクセスをめぐって争われるものではなく、開かれた社会と閉ざされた社会との戦いである40 。むしろ、心と精神の戦いであり、モスクワの見解では、情報やアイデアに対する壁を築くのではなく、地理的境界を越えたブロゴスフィアの塹壕において、嫌がらせや脅迫と同様に、議論や説得のできる有力者の助けを得ることによって、勝利することができるだろう。

* *

サイバー妨害やサイバーレスピオナージと同様、サイバーインフルエンス活動は、旧来のプロパガンダや破壊活動に厄介な新次元を追加し、国際関係に新たな恐怖と不確実性を生み出している。このような懸念は、メッセージング・コンテンツを前例のない速さで何億人もの目に触れさせることができる現代のサイバーインフルエンス・キャンペーンの恐るべきスピードと規模に起因するものと、オンライン・コンテンツが実際にどの程度認識を形成し行動を動機付けるのかについての我々の不十分な理解に起因するものとがある。

サイバーインフルエンスがもたらす潜在的な影響力は極めて大きいと思われる。FacebookやTwitterなどのプラットフォームは、広告主が広告、ページの「いいね!」、検索結果、ニュースフィードへのユーザーの関与を追跡できるように設計されている。これにより、広告主や政治キャンペーンは、オーディエンスの関心、見解、人口統計的属性、行動に従ってマイクロセグメント化し、ターゲット・セグメントに共鳴するようにカスタマイズされたコンテンツを提供したり、機械学習アルゴリズムを採用して、提供されたコンテンツの効果を長期的に向上させたりすることができるようになる。しかし、サイバーインフルエンスは、敵対する社会の草の根レベルのダイナミクスを理解し、それに影響を与えようとする外国の諜報機関にも同じ可能性を提供するものであることは言うまでもない。サイバーインフルエンス・キャンペーンは、たとえば、就学前教育に関心を持つペンシルバニア州に住む30代の母親をターゲットにし、彼らの関心事に合わせたコンテンツや広告を、ソーシャルメディアのフィードに直接送り込むことが可能である。さらに、ソーシャルメディアの「リスニング」ソフトウェアによって、コンテンツ・プロバイダーは、こうした出稿のタイミングを最適化し、オーディエンスの反応に対するコンテンツの影響を評価することができる。

このような技術革新は、製品の販売や経済成長の促進、あるいは社会貢献活動の支援に利用されれば、有益なものとなる可能性があるが、カスタマイズされた影響力キャンペーンは、情報を提供するだけでなく、欺くためにも利用される可能性がある。Twitterのボットは、実際の人間のユーザーの姿を模倣して、視聴者にツイートを配信し、ニュースやイベントの影響に関する印象を歪めることができる。また、人工知能を利用した新しいアルゴリズムにより、「ディープフェイク」と呼ばれる偽のビデオや音声を簡単に作成することができる。これは、公人が実際には行っていないことや、言っていないことを描写したものであるが、非常にリアルなため、視聴者がその偽装を見破ることは事実上不可能だ。このような偽物の配信は、それを検知して警告や訂正を発信する時間を大幅に上回るスピードで行われるため、動きの速い選挙戦においては、その影響が不均衡に大きくなる可能性があるのである。このテクノロジーは、旧来の偽情報(聴衆を欺くために意図的に虚偽の情報を公表すること)をステロイドのように増加させている。

新しい情報技術によって、建設的であれ破壊的であれ、草の根的な政治的影響力の行使がかつてないほど容易になったことに疑いの余地はない。しかし、関与と効果は同じではない。こうした新しいサイバーインフルエンス・ツールは、草の根の政治的行動を形成する上で有効なのだろうか。選挙運動の専門家は、有権者の意見を変えることは非常に困難だと考えており、現代の選挙運動は、新しいデジタルツールやデータを駆使しても、それを試みることはほとんどないむしろ、デジタルデータを利用して、重要な問題に関して候補者の立場に同意する傾向のある人々を特定し、サイバーツールを利用して投票に参加するよう呼びかけるのである42。また、サイバーインフルエンス・キャンペーンは、抗議行動や暴力行為など、既存の信念に基づいた別の行動をとるよう人々を動機づけることができるのだろうか。実は、まだ誰も知らないのだ。オンライン・コンテンツ、視聴者の認識、政治的行動の間の関連性を検証した研究は、ほとんどない。しかし、新しいサイバーツールが持つ、オーディエンスを動員し、煽り、欺く可能性は、特定のグループや個人をターゲットにカスタマイズしたメッセージを発信する能力と相まって、ロシアと米国の両国に大きな不安を与えている。

こうした懸念に加え、サイバーインフルエンスを仕掛けてくる人物の意図を見極めることの難しさもある。影響力の行使は、国家の外交メッセージを強化することだけを目的としている場合もある。Voice of Americaは、国営メディアが支配する国々にニュースや意見を放送し、それらの視聴者に出来事に対する別の視点を提供することを望んできた。最近では、モスクワがRussia Today(後にRTと改名)を立ち上げ、米国や欧州など世界各地にロシアの視点を放送している。その他の影響力行使の目的は、説得ではなく、敵対国の政治構造を破壊し、その統治権を弱体化させることだ。

しかし、破壊活動の背後にあるより大きな目標は、必ずしも明確ではない。ジョンズ・ホプキンス大学のトーマス・リッド教授は、著書『サイバー戦争は起こらない』の中で、破壊活動の目的は、経済や政府の既成秩序を転覆させるか、権力者がやりたくないことをやらせるかのいずれかであると説明している。「最初の目的は革命的で実存的であり、2 番目の目的は進化的で実用的である」43 。しかし、この違いを見分けることは非常に困難である。アメリカの目には、ロシアの独立したブログに対するアメリカの支援は、ロシア政府が完全には受け入れていない自由な表現と集会の原則を受け入れるようモスクワに働きかけることを意図しているように映った。ロシア政府関係者の目には、このような米国の取り組みが実存的な脅威として映っている。2016年にハッカーがヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーン内の恥ずかしい電子メールの公開に協力したとき、その情報は明らかにクリントンの評判をある程度まで下げた。しかし、それは最終的にクリントンの選挙の見通しを狂わせ、多くの人が主張するように「アメリカの民主主義を破壊」するためのものだったのか、それとも、ほとんどのロシア人が避けられないクリントン大統領就任とみなしていたものに、ロシア国内および周辺での福音的な民主化努力を後退させ、無政府状態のインターネットがもたらすかもしれない社会の潜在的不安定を認識するなど、むしろやりたくないようなことをやらせようとするものだったのか。このような意図の評価における曖昧さは、サイバーインフルエンス活動に固有のものであり、恐怖を拡大させ、国家間関係を不安定にする可能性がある。

* *

本章では、分かりやすくするために、サイバー妨害、サイバースパイ、サイバーインフルエンスを、それぞれ別個の活動として紹介した。しかし、実際には、これらの活動は相互に影響しあい、補強しあっている。この3つが一体となることで、脆弱性が助長され、恐怖に根ざした攻撃的な反応が促されるのである。米国が長い間主張してきたように、World Wide Webにおける情報の流れをコントロールすることは非常に困難である。しかし、ロシアにとっては、その情報が破壊工作や破壊活動を引き起こし、社会の安定に脅威を与える可能性がある。このような組み合わせは、攻撃的なサイバーインフルエンス活動を促進させる。ニュースや意見をブロックできない場合、最良の選択肢はそれらを打ち負かすことだ。同様に、ソフトウェアの欠陥、人間の不完全性、インターネットの安全でない性質は、サイバーディフェンダーがネットワーク侵入を阻止するのが非常に困難であることを意味する。効果的な防御ができない場合、敵のネットワークに侵入し、相手が何をしているかを発見するために、攻撃に転じるという強い誘惑がある。ネットワークに侵入したサイバー戦士は、情報収集だけでなく、敵のシステムを破壊することも可能であるこのようなサイバー爆弾の爆発を抑止するため、国家は自国のサイバー人質を取り、相手のシステムに損害を与えると脅すインセンティブを持つようになった。このようなサイバー領域における影の戦争は、悪循環の本質であり、攻撃と疑惑のスパイラルをエスカレートさせる。サイバースペアだけに限定すれば、それは十分に危険なことだ。しかし、ネットワーク化、グローバル化した世界では、デジタル・ネットワークと国家経済、メディア・システム、核の指揮統制システムがすべて何らかの形でリンクしており、サイバースペアからの波及を制限することは本質的に問題である。ラスベガスとは異なり、サイバーワールドで起こったことはサイバーワールドに留まることはない。遅かれ早かれ、経済や運動学的軍事作戦を含む他の領域に波及するのである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました