ジョー・ローガンの排除を求めるスポティファイへの圧力キャンペーンは、リベラルの宗教を明らかにする。<検閲>

ジョー・ローガンロバート・マローン医療の偽情報・検閲・汚職

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Pressure Campaign on Spotify to Remove Joe Rogan Reveals the Religion of Liberals: Censorship

greenwald.substack.com/p/the-pressure-campaign-on-spotify

どの派閥も、ある時点で検閲の衝動に駆られる。しかし、民主党のリベラル派は、敵対者を黙らせることを主な目的としている。

グレン・グリーンウォルド

1月30日

ジョー・ローガンがバーニー・サンダース上院議員(I-VT)にインタビューしたのは2019年8月6日、バーモント州の無所属議員を大統領に推薦するおよそ半年前のことだった。

アメリカのリベラル派は、敵対者を黙らせたり検閲したりする方法を見つけることに夢中になっている。毎日とは言わないまでも、毎週のように、脱プラットフォーム、禁止、沈黙、その他の方法で発言や聴取ができないようにしたい新たなターゲットを用意している(「リベラル」とは、民主党の支配的な翼が使う自称の言葉を意味する)。

長年、彼らが好んで使ってきた検閲戦術は、「ヘイトスピーチ」の概念を拡大して歪め、「我々を不快にさせる意見」を意味するようにし、その上で、そのような「憎悪に満ちた」意見を禁止するよう要求することであった。そのため、民主党員が「憲法修正第1条の言論の自由の保証は「ヘイトスピーチ」を保護するものではない」という誤った主張をするのをよく耳にするようになった。彼らの政治文化は長い間、自分たちが恣意的にこのカテゴリーに入れた意見を検閲の罪に問われることなく快適に黙らせることができると信じ込まされてきた。

憲法学の無知を横目に、検閲を正当化するための「ヘイトスピーチ」の枠組みは今では不十分である。なぜならば、リベラル派の人々は、自分たちが憎しみを持っていると信憑性を持って非難できるものよりも、はるかに広範な声を黙らせることを望んでいるからである。だからこそ、最新の、そして現在最も人気のある検閲の枠組みは、ターゲットが「誤報」や「偽情報」を広めた罪であると主張することなのだ。これらの用語は、意図的に明確で簡潔な意味を持たせていない。「テロリズム」という言葉のように、その弾力性がこの言葉を便利にしているのだ。

CNNやNBCからThe New York TimesやThe Atlanticまで、リベラル派のお気に入りのメディアが、バーモント州の暖房システムへのクレムリンのハッキングやトランプに対するプーチンの性的脅迫から、アフガニスタンの米軍兵士の首に懸賞金がかけられたことや、バイデンのメールアーカイブが「ロシアの偽情報」であることや、黙殺でアメリカ人の脳を傷つける魔法のような謎の武器まで、次から次へと捏造されたロシアの話を4年間かけて広めても、どれも追放しなければならない「偽情報」ではない。また、COVIDの起源が研究室での漏洩ではなく人獣共通感染症であることが証明されたという誤った主張や、ワクチンがCOVIDの感染を防ぐという大きく誇張された主張、ジュリアン・アサンジが機密文書を盗み、人々を死に至らしめたという主張も同様である。リベラル派に愛されている企業の報道機関は、偽情報の罪に問われることなく重大な偽りを垂れ流すことができ、そのために日常的にそうしているのである。

この “disinformation “(悪意のある偽情報・デマ)という言葉は、リベラルな思想に疑問を持つ人たちのためのものであり、思想を肯定することに専念する人たちのためのものではない。これが、”disinformation “とその小さな従兄弟である “misinformation “(悪意のない偽情報・誤報・ガセ)の本当の機能的定義である。リベラル派に反対したり、彼らが見ているのとは違う世界を見ることはできない。唯一の選択肢は、彼らのドグマに無思慮に従うか、”disinformation “のエージェントとして行動するかの2つである。彼らにとって反対意見は存在せず、彼らの世界観から逸脱することは本質的に危険であり、耳を貸すことができないのである。

トランプ時代の民主党政治に深く過激な権威主義の系統があることを証明するデータは十分にあり、ここでも大きく報じられている。民主党員は圧倒的にFBIとCIAを信頼し、愛している。世論調査によれば、民主党員は、ビッグテックの寡頭勢力だけでなく、国家によるインターネットの検閲にも圧倒的に賛成している。民主党の有力政治家たちは、ソーシャルメディアの経営者たちを繰り返し召喚し、もっと積極的に検閲しなければ法的・規制的な報復を受けると明確に脅してきた。これは憲法修正第1条に違反している可能性が高く、憲法が直接禁止している方法で、国家公務員が民間業者に検閲を強要することは禁じられているという判決が何十年にもわたって下されている。

民主党議員は、検閲要求を正当化するために、COVID、「暴動」、そしてロシアという口実を使ってきた。ジョー・バイデンとその外科医長であるビベック・マーシーは、COVIDに関する「偽情報」と呼ばれるものを放送するジョー・ローガンらについて質問された際に、シリコンバレーにもっと検閲をするよう「促した」。彼らは、マイケル・フーリンをはじめとするロシアゲートのターゲットに対して検察側の戦術を用いることを支持し、非武装のアシュリ・バビットを射殺した国会議事堂警察の警官を英雄視し、国会議事堂警察の機能を拡張するために20億ドルの追加予算に賛成し、非暴力の1/6被告であっても長期の実刑判決や独房を要求して獲得し、さらにはテロとの戦いを国内に輸入しようとしている。

アメリカのリベラル派の風潮を考えると、このような権威主義は驚くべきことではない。自分たちが戦っているのは、イデオロギーの異なる単なる政敵ではなく、全体主義を押し付けようとしているヒトラーのような人物が率いるファシスト運動だと思い込んでいる人たちにとって、権威主義を受け入れるのは事実上必然である。政治運動が恐怖に支配されているとき、つまりオレンジ・ヒトラーが再び勝利したら、あなたを収容所に入れ、民主主義を終わらせるだろうという恐怖に支配されているとき、この実存的な脅威を食い止めるために検閲を含む権威主義的な戦術を取り入れることは、期待されるだけでなく、合理的でさえある。恐怖は常に権威主義を生む。だからこそ、その人間の本能を操作し、刺激することは、政治的デマゴーグのお気に入りの戦術なのだ。

そして、権威主義的な戦術といえば、検閲がリベラル派の北極星となっている。毎週のように、新たに追放された異端児のニュースが飛び込んでくる。先週、GoogleのYouTubeが保守派コメンテーターのDan Bongino氏の大人気ビデオチャンネルを永久追放したというニュースに、リベラル派は歓喜した。今回の永久追放は、COVIDと思われる「偽情報」を流したことでGoogle社から7日間の停職処分を受けた後、今後はすべての動画を言論の自由な動画プラットフォーム「Rumble」に限定して投稿することを発表した罪である。停職処分の原因となったBongino氏の禁止事項とは?彼は、布製のマスクはCOVIDの蔓延を防ぐことができないと主張したが、これは多くの専門家や、少なくとも部分的にはCDCも同様の見解を示している。リベラル派の人々は、多様な意見を許容するプラットフォームよりも嫌いなのは、企業当局が課したルールに従わない人々だからである。

民主党の政治家やリベラルな活動家の検閲要求に屈することなく、自由な言論活動に専念しているあらゆるプラットフォームに対して、現在、協調的な戦争が行われているというのは誇張ではないだろう。攻撃の矛先は企業メディアであり、彼らは言論の自由を可能にするプラットフォームを悪者にして、放射性物質に変えようとしている。Rumbleが、私、元民主党下院議員のトゥルシー・ガバード氏、コメディアンのブリジット・ペタシー氏、元サンダース陣営のビデオグラファーのマット・オルファレア氏、ジャーナリストのザイド・ジラニ氏など、言論の自由を擁護するグループがRumbleのためにビデオコンテンツを制作すると発表したとき、『ワシントン・ポスト』紙は即座にヒット記事を掲載した。この記事では、GoogleやFacebookと提携しているいわゆる「偽情報専門家」だけを頼りに、Rumbleを「米国や世界中の陰謀コミュニティや極右コミュニティの主要なプラットフォームのひとつ」と悪評した。 その原因は、ランブル社が「そのような動画を規制せずにサイトに残すことを許可している」ことにあるとしている。(カナダ人の創業者であり、現在もCEOを務めるクリス・パブロフスキーは、YouTubeから見放された小規模なコンテンツ制作者がコンテンツを収益化できるようにするという非政治的な目標を掲げて2013年にランブルを設立し、右翼的なイデオロギーの信奉者とは程遠い人物であるため、ランブルに関する物語は特に奇妙である)。

Substackに対しても同様の攻撃が行われ、現在も進行中である。これは、リベラルな企業や活動家が、憎悪に満ちている、あるいは偽情報を発信しているとみなしたライターを追放することを拒否した罪である。Substackに対するリベラル派の最初の攻撃が失敗に終わった後、『ポスト』紙は今週、第2ラウンドとして、昨年ランブルについて掲載したものとほぼ同じ内容の記事を掲載した。「ニュースレター会社のSubstackは、反ワクチンコンテンツで数百万ドルを稼いでいると推定されている。「ジョセフ・マコーラなど、誤った情報を広めていることで知られる著名人は、フェイスブックやツイッター、ユーチューブなどで追い出されたり制限されたりした後、この1年でSubstackやポッドキャスティング・プラットフォーム、増えつつある右派のソーシャル・メディア・ネットワークに集まってきている」とPost紙は警告している。Googleが声を上げるべきではないと判断した後も声を上げることは、社会にとって極めて危険であることは明らかだ。

このPostによるSubstackへの攻撃は、予想通り、善良で責任感のあるリベラル派からの深刻な懸念の表明を引き起こした。その中にはチェルシー・クリントンも含まれており、彼女はSubstackが「グリフト」(不正手段で得た金)で利益を得ていることを嘆いていた。どうやらこの政界の後継者は、金持ちで権力者の両親のもとに生まれたという出生時の宝くじに当たったことで世界で最も裕福な個人の一人となり、その両親は政治的影響力を利用してゴールドマン・サックスから45分間のスピーチで75万ドルの報酬を得て自分自身を豊かにし、自分自身は資格がないにもかかわらずNBCニュースからなぜか年間60万ドルの契約を与えられたことで、他人が「グリフ」をしていると非難できる立場にあると考えているようである。また、父親が31件の詐欺罪で有罪判決を受け、議会から追放されたヘッジファンドのオリガルヒとの結婚式に、児童性売買の有罪判決を受けたギスレーヌ・マックスウェルを招待したにもかかわらず、誰が執筆活動をするべきで、誰がそうしてはいけないかを決める権利があると信じているようである。

反ワクチンはグリフトで強くなる – なぜSubstackは、科学否定論者が破壊的な嘘から利益を得ることを容易にしているのか(そして自分自身も快適に利益を得ている)?

このポストが作ったサブスタックに関する物語は、リベラル派のメディアに瞬く間に広まった。ジュリアン・アサンジがエクアドル大使館内でポール・マナフォートと2回会ったという真っ赤な嘘を2018年に発表し、今日まで撤回することを拒んでいる紙(つまり「偽情報」)である「The Guardian」の見出しには、「反ワクチン派はSubstackでの出版で年間最低250万ドルを稼いでいる」と書かれている。『The Post』紙と同様に、このイギリスの新聞は、数え切れないほどあると思われる検閲推進団体のひとつである「Center for Countering Digital Hate」を引用して、Substackによる検閲の強化を主張している。この団体は、「デジタル・ヘイト対策センター」と名乗っているが、Substack社による検閲強化を主張している。「彼らは、断ればいいのである」と、この団体の責任者は語っている。「…これは自由の問題ではなく、嘘から利益を得ようとしているのだ」と述べている。


Spotifyにジョー・ローガンをプラットフォームから排除するよう圧力をかける新たなキャンペーンは、これまでに起こった力学的な動きと、調子の悪い人を追放しようとするリベラル派の必死さの両方を示すエピソードと言えるだろう。この活動が本格的に始まるのは時間の問題であった。ローガンは、あまりにも影響力が強く、若者の視聴者が多いため、リベラル派の組織は彼が行動を起こし続けることを容認できなかったのである。ローガンを説得したり、おだてたり、操ったりしても、結局は失敗に終わった。2020年9月にウォール・ストリート・ジャーナル紙が、スポティファイの社員が組織してローガンの番組を削除するよう要求していると報じた直後、ローガンはアレックス・ジョーンズを自分の番組に招待した。

火曜日には、ミュージシャンのニール・ヤングが、ローガンがCOVIDの偽情報を広めているとして、Spotifyに対し、ローガンをプラットフォームから排除するか、ヤングの音楽を取り上げないよう要求した。スポティファイは予想通り、最も人気のあるポッドキャスターであり、その番組に1億ドルを投資しているローガンを支持し、ヤングの音楽を削除してローガンを残した。金曜日に歌手のジョニ・ミッチェルが同様の要求を出したことで、スポティファイへの圧力は穏やかに強まった。検閲を気にするリベラル派の人々は、ローガンを削除しようとするこの努力を称賛した後、とりあえず譲歩しないスポティファイに抗議してスポティファイの契約を解除することを誓い、スポティファイのアプリの削除を促すハッシュタグが何日もトレンドになった。どうやら、奴隷労働を繰り返し行っている歴史上最大かつ最も裕福な企業のひとつに現金を渡すことが、リベラル版の破壊的な社会正義なのである。

ジャック・コキアレラ @JDCocchiarella

SpotifyはNeil YoungよりもJoe Roganを選んだ。

私はSpotifyよりもApple Musicを選ぶ。

2022年1月27日

5,580件のリツイート55,983件の「いいね!」を獲得

明らかにSpotifyは、1960年代の色あせた老人たちのために、最大の集客力を持つアーティストを捨てようとはしない。しかし、現役の大スターが追随すれば、雪だるま式に増えていくことは想像に難くない。この戦術をとるリベラル派の目的は、従わないプラットフォームを強制的に従わせるか、否定的な攻撃を浴びせて罰することであり、まともなリベラル社会の応接室で受け入れられることを切望する誰もが、そのプラットフォームと関わるリスクを冒すことはない。「ハリー王子は、昨日、Spotifyが反ワクチンコンテンツを宣伝していると非難され、Spotifyとの関係を断つよう圧力をかけられた」とThe Daily Mail紙は主張しているが、これは信頼できるかどうかは別にして、来るべき事態の確かな兆候である。

ヤングとミッチェルのように、音楽家がSpotifyから離れることで反ローガンの声明を出すのではなく、Spotifyに留まることで賛ローガンの感情を抱いていると非難されるような転換点が訪れることが容易に想像できる。ローガンをめぐる最近の論争が展開されるにつれ、スポティファイの株価が下落していることから、スポティファイがローガンを維持するか、音楽界の相当なスターパワーを失うかの選択を迫られる戦略は、現在考えられているよりも実行可能であるかもしれない。ロック・アイコンであるニール・ヤングが、コメディアンのジョー・ローガンが自身の人気ポッドキャスト「The Joe Rogan Experience」でコビッドワクチンに関する誤った情報を広めるために同社のサービスを利用することを許したとして、Spotifyは今週、40億ドルの市場価値を失った」というのが、The San Francisco Chronicle紙の表現である(Spotifyの株価がこの論争と同時期にかなり急激に下落したことは明らかであるが、その因果関係はそれほど明確ではないが、まったくの偶然とは思えない)。

NBC Newsが2017年1月に、Fox NewsからMegyn Kellyを6900万ドルの契約で採用したと発表したことは記憶に新しい。ネットワークはケリーに大きな計画を立てており、その年の6月に最初の番組がデビューした。しかし、それから1年も経たないうちに、ケリーはブラックフェイスに関するコメントを発表した。その中で彼女は、悪名高いブラックフェイスの行為が、正しい意図を持っていれば、現代においても受け入れられるのではないかと修辞的に問いかけた。NBCは、多くの期待を寄せていたケリーを解雇し、リベラル派の怒りを解消するために、彼女の莫大な契約を破棄する価値があると判断したのである。「元Fox Newsの司会者が出演していた魅力的な朝の番組のキャンセルは、ネットワークが採用の政治性を評価する際にもっと厳格になる必要があることを思い出させるものだ」とThe Guardianは主張している。

ワシントンでは、民主党がホワイトハウスと両院を支配しているだけでなく、メディア、大学、ハリウッドなどの主要機関では、特にリベラル派が明らかに文化の覇権を握っている。だからこそ、彼らによる検閲やプラットフォームから排除の勝利の宴が終わりに近づいていると考えるのは間違いだ。むしろ、終わりというよりは、始まりに近いのではないだろうか。他人を黙らせる力には酔いしれる。いったんその力を味わってしまうと、自分で止めることはほとんどない。

実際、かつては、自由なインターネットというリバタリアンの倫理観に浸っているシリコンバレーの巨人たちは、政治的な検閲(リベラルな企業メディアが好む、より親しみやすい婉曲表現である「コンテンツ・モデレーション」)を要求されることはないだろうと思われていた。しかし、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『ワシントン・ポスト』紙、『NBCニュース』、『CNN』などのリベラルなメディア軸の、いまだに手強いメガホンが、ビッグ・テック社の経営者たちは血に飢えており、アメリカの民主主義を破壊した責任があると非難するために団結したとき、それはまだ効果的な執行メカニズムである。億万長者は、他の人間と同様、社会的・政治的動物であり、本能的に仲間はずれにされたり、社会的に蔑まれたりすることを避ける。

誹謗中傷を避けるという個人的な利益を超えて、企業幹部は自己利益のために自分の意志に反して、政治的イデオロギーに反して検閲を行うことができる。企業メディアは依然として企業を有害な存在にする能力を持っており、民主党はこれまで以上に、法律制定や規制の権限を乱用して、繰り返し脅してきたように、不服従に対して実際に罰を与える力を持っている。もし、FacebookやSpotifyが、ファシズムや白人至上主義、反ワクチン狂信への加担として攻撃されることなく、善良なリベラルが利用できないほど有害であると判断されれば、企業の将来的な存続は完全に破壊されないまでも、大きく制限されることになるだろう。

このような状況の中で、一つの明るい兆しがあるとすれば、それは、リベラル派がすべての敵対者を黙らせようとするあまり過激になり、自分たちの専制的な狂信主義に対する嫌悪感から、自ら反発を起こしていることである。ポスト紙の攻撃を受けて、Substackは見事に反抗的な声明を発表し、言論の自由を保証することを再確認した。彼らはまた、自分たちが真実と虚偽、善と悪の裁定者の役割を果たすことができるという傲慢な信念を否定した。「社会には信頼の問題があり、検閲はそれをさらに悪化させる」というのがSubstackの創設者たちの投稿の見出しである。彼らの投稿の本文は、まるで言論の自由のマニフェストのようである。

我々はPRではなく原則に基づいて決断し、表現の自由を守り、コンテンツのモデレーションには手を出さないという姿勢を貫きます。我々にはコンテンツガイドラインがあり、プラットフォームを極端に保護することができますが、検閲は常に最後の手段と考えています。なぜなら、オープンな議論はライターにとっても社会にとっても良いことだと信じているからです。

Substackのコミュニケーション担当副社長であるLulu Cheng Meservey氏の長いTwitterのスレッドも、同様に励ましと主張に満ちたものであった。「表現の自由を守るという我々の決断を誇りに思います。」と彼女は書き、こう付け加えた。「なぜなら 1)我々は、新鮮で多様なアイデアに満ちた、繁栄するエコシステムを望んでいるからです。そのためには、実験する自由、あるいは間違ったことをする自由が必要です。」また、COVIDの偽情報を流しているとされる人々のプラットフォームを解除する要求について、彼女は鋭く、そして正確に指摘している。「このパンデミックについて間違ったことをした人が全員黙ってしまったら、このパンデミックについて話す人がいなくなってしまうでしょう」と、彼女は指摘する。そして彼女は、ナンシー・ペロシのようなタイプのリベラル派ではなく、本物のリベラル派であれば、誰もが反射的に支持する原則を確認した。

人々はすでに、組織やメディア、そしてお互いに不信感を抱いています。反対意見が抑圧されていることを知ると、その不信感はさらに悪化します。精査に耐えることで、真実は弱くなるのではなく、強くなるのです。我々は作家たちに、この場所が、彼らが意味のあることを追求できる場所であることを約束しましたが、それには甘やかしや支配はありませんでした。我々は、作家と視聴者の間に立ち入らないことを約束しました。我々は、作家が自分自身で考えることができるように、契約を守ってくれるすべての作家に対して、我々の側からの約束を守るつもりです。彼らは順応主義者ではない傾向があり、自分の意見に反する意見や嫌悪感を抱く意見にも脅かされない自信と信念の強さを持っています。

このような人はますます少なくなってきています。

英国の科学者協会であるRoyal Societyは今月、検閲は道徳的な側面や政治的な危険性を超えて効果がなく、当局の発表に対する不信感をさらに強めるものだというSubstackの見解を支持した。「政府やソーシャルメディアのプラットフォームは、オンライン上の有害な科学的誤報に対抗するために、コンテンツの削除に頼るべきではない」としている。「主要なプラットフォームに問題のあるコンテンツを削除するよう求めることが、科学的誤報の害を抑えることになるという証拠はほとんどない 」と結論づけ、「そのような措置は、インターネット上の対処しにくい場所にまで誤報を追いやり、当局への不信感を悪化させる可能性がある」としている。

ローガンの成功と、伝統的な企業メディアへの信頼と関心の崩壊の両方が証明しているように、リベラルなメディア企業とその小心者の群れのような従業員の厳しい管理から解放された言論への渇望が高まっている。だからこそ、ビデオの「Rumble」やポッドキャストの「Callin」など、同じように自由な言説の原則を掲げたプラットフォームが繁栄し続けているのである。これらのプラットフォームが成長し、より多くの反体制派や異端派の声を聞くことができるようになれば、組織的なリベラリズムに狙われ続けるのは確実だ。これらのプラットフォームも検閲の圧力に対抗できるかどうかは時間が経ってみないとわからないが、創設者や管理者の純粋な信念と、言論の自由なプラットフォームや異端の思想家にとっての明確な市場機会とが相まって、楽観的な見方ができる十分な根拠となっている。

しかし、アメリカのリベラル派だけが、検閲の強い誘惑に負ける政治的派閥だと言っているわけではない。リベラル派はしばしば、公立学校のカリキュラムをめぐる争いが激化していることや、特にいわゆる批判的人種理論を公立学校から排除しようとする保守派のキャンペーンを、アメリカの右派も検閲推進派であることの証拠として指摘する。これは悪い例である。検閲とは、大人が聞くことができる内容のことであり、子供たちが公立学校で何を教えられるかということではない。リベラル派は何十年にもわたって創造論を公立学校で禁止するよう働きかけ、ほぼ成功したが、これを検閲行為だと指摘する人はほとんどいない。先ほど述べた理由から、私はそのように定義することはない。子供たちが何を教えるべきか、教えてはいけないかをめぐる争いは、検閲の側面を持つこともあるが、学校のカリキュラムに制限や禁止があることは避けられないため、通常はそうではない。

右派の検閲キャンペーンには、最悪の例として、イスラエルのボイコット(BDS)を支持する人々を罰するために、契約やその他の雇用上の利益を拒否する法律が、共和党の議会で施行され、共和党の州知事によって支持されている。また、大学のキャンパスで検閲キャンペーンの対象となることが多いのは、イスラエル批判者やパレスチナ人の権利を求める活動家である。しかし、連邦裁判所は、BDS活動家を処罰するレッドステート法を言論の自由の侵害として、満場一致で打ち消しており、前述のような世論調査のデータによると、インターネット検閲に賛成しているのは圧倒的に民主党で、共和党は反対している。

要するに、1980年代のモラル・マジョリティ全盛期にアメリカの右派が行っていた検閲は、現在ではその派閥の中で孤立した形で行われているのである。しかし、現代のアメリカのリベラリズムでは、検閲は事実上の宗教である。彼らは、自分とは異なる考え方や世界の見方をする人の意見を聞くべきだという考えに耐えられないのだ。だからこそ、ローガンをSpotifyから排除するというキャンペーンには、この超人気ポッドキャストのホストがSpotifyや他のプラットフォームで聴かれ続けるかどうかよりも、はるかに大きな問題がある。もしリベラル派がSpotifyに圧力をかけて彼らの最も貴重な商品を放棄させることに成功すれば、彼らの小賢しい戦術から誰も安全ではないということになる。しかし、もし彼らが失敗すれば、他のプラットフォームも同様にこのようないじめ的な戦術に反抗するようになり、我々の言論がもう少しだけ自由でいられるようになるだろう。

注:今夜7時(米国東部時間)に、ローガンの検閲キャンペーンと、リベラルが検閲に固執することの広範な意味合いについて、私のライブCallinポッドキャストで議論する。今のところ、ライブショーはiPhoneとCallinアプリでしか聞くことができない。このアプリはまもなくアンドロイドでも利用できるようになる予定だが、すべてのショーは放送後すぐに、このCallinウェブサイトで誰でも聞くことができる。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました