WW3・核戦争ニック・ボストロム / FHI崩壊シナリオ未来学・シンギュラリティー・人工知能

The Precipice | 実存的リスクと人類の未来 -核兵器
The Precipice | Existential Risk and the Future of Humanity -NUCLEAR WEAPONS

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目次

  • 表紙
  • タイトルページ
  • 著作権について
  • 献辞
  • 図面一覧
  • テーブル一覧
  • 第1部: ステークス
  • はじめに
  • 1. 絶壁に立つ
    • 我々はどのようにしてここに来たのか
    • 我々が行くかもしれない場所
    • 絶壁
  • 2. 実存的リスク
    • 実存的リスクの理解
    • 現在を見つめる
    • 未来を見つめる
    • 過去に目を向ける
    • 文明の利器
    • 宇宙的な意義
    • 不確実性(Uncertainty
    • 現存するリスクの軽視
  • 第2部: リスク
  • 3. 自然界のリスク
    • 小惑星と彗星
    • スーパーボルカニック噴火
    • 恒星爆発
    • その他の自然リスク
    • 総合的な自然リスク
  • 4. 人為的なリスク
    • 核兵器
    • 気候変動
    • 環境被害
  • 5. 将来のリスク
    • パンデミック
    • 非同期型人工知能
    • ディストピアシナリオ
    • その他のリスク
  • 第3部:進むべき道
  • 6. リスクの全体像
    • リスクの定量化
    • リスクの組み合わせと比較
    • リスクファクター
    • どのようなリスクか?
  • 7. 人類を守るために
    • 人類のための大戦略
    • 前例がないリスク
    • 国際協調
    • 技術の進歩
    • 実存的リスクに関する研究
    • あなたにできること
  • 8. 我々の可能性
    • 期間
    • 規模
    • 品質
    • 選択肢
  • リソース
  • 謝辞
  • もっと見る
  • 付録
  • 著者紹介
  • 型式に関する注記
  • その他の読み物
  • 書誌情報
  • 備考

我々の文明を築いた先人たち、1000億人に捧ぐ。

今生きている70億の人々の行動が、この文明の運命を決定するかもしれない。

これから生まれてくる何兆もの人々に、その存在を約束する。

はじめに

順調にいけば、人類の歴史は始まったばかりだ。人類は約 20 万年前に誕生した。しかし、地球はあと何億年も居住可能な状態を保つだろう。何百万人もの未来の世代にとって十分な時間であり、病気や貧困や不公平を永遠になくすのに十分な時間であり、現在想像もできないような豊かさを創造するのに十分な時間である。そして、もし我々が宇宙へ手を伸ばすことを学ぶことができれば、さらに何兆年という時間をかけて、何十億という世界を探検することができるだろう。このような寿命は、現在の人類を最も早い時期に幼年期に位置づける。その先には、広大で驚異的な成人が待っている。

しかし、このような可能性は、我々の目には見えにくくなっている。最新のスキャンダルは我々の怒りを呼び、最新の悲劇は我々の同情を誘う。時間や空間は縮んでいく。我々は、自分たちが参加している物語のスケールを忘れてしまうのだ。しかし、時折、我々の視界が変わり、優先順位が見直されるとき、思い出すことがある。我々は、自己破壊の危機に瀕した種と、計り知れない未来が天秤に掛かっているのを見る。そして、そのバランスがどちらに傾くかが、我々の最も緊急な関心事となる。

本書は、人類の未来を守ることこそ、現代における決定的な課題であると主張する。なぜなら、我々は今、人類の歴史における決定的な瞬間に立っているからだ。技術の進歩に後押しされ、我々の力は非常に大きくなり、人類の長い歴史の中で初めて、我々は自らを破壊する能力を手に入れたのである。

しかし、人類の知恵はほとんど成長しておらず、危険なほど遅れをとっている。人類には、二度と取り返しのつかない過ちを犯さないために必要な成熟度、協調性、先見性が欠けている。我々の力と知恵との間のギャップが大きくなるにつれて、我々の未来はますます大きなリスクにさらされるようになる。この状況は持続不可能である。今後数世紀の間に、人類は試されることになる。自らを守るために断固として行動し、長期的な可能性を確保するか、あるいは、あらゆる可能性において、これが永遠に失われるかのどちらかだ。

今日のリスクを管理し、明日のリスクを回避し、二度とこのようなリスクをもたらさないような社会になるために、我々は今、行動を起こさなければならない。

人類の未来全体を脅かす力が明らかになったのは、前世紀に入ってからである。その最も悲惨なエピソードのひとつが、つい最近明らかになった。1962年10月27日(土)、ソ連の潜水艦にいた一人の将校が核戦争を起こしそうになった。彼の名はヴァレンティン・サヴィツキー。ソ連がキューバでの軍事作戦を支援するために派遣した4隻の潜水艦のうちの1隻、B-59の艦長であった。その1隻には、広島型原爆に匹敵する威力を持つ核魚雷という秘密兵器が搭載されていた。

キューバ・ミサイル危機の真っ只中である。その2週間前、アメリカの航空偵察は、ソ連がキューバに核ミサイルを設置し、そこからアメリカ本土を直撃している証拠を写真で捉えていた。これに対し、アメリカはキューバ近海を封鎖し、侵攻計画を立て、核戦力を前例のない警戒レベル「デフコン2」(「核戦争への次の一手」)にまで引き上げた。

その土曜日、封鎖していたアメリカの軍艦がサビツキの潜水艦を発見し、威嚇射撃として低爆発の爆雷を投下し、浮上させようとした。潜水艦は何日も海中に潜んでいたのだ。無線が通じないから、戦争が始まっているのかどうかも分からない。船内の状況は極めて悪い。北極用につくられたこの潜水艦は、熱帯の海で換気装置が壊れてしまった。船内の熱は、魚雷発射管付近で113°F、機関室では140°Fと耐えがたいものであった。二酸化炭素は危険なほど蓄積され、乗組員は意識を失い始めていた。船体のすぐそばで深海棲艦が爆発している。乗組員の一人は、後にこう回想している。「まるで、金属製の樽の中に座って、誰かがハンマーで叩いているような感じだった」。

サヴィツキー船長は、ますます絶望的になり、秘密兵器を用意するよう乗組員に命じた。

「我々がここで宙返りをしている間に、向こうではもう戦争が始まっているのかもしれない。今、爆破するんだ。我々は死ぬだろうが、全員を沈める。我が海軍の面目を失わせるわけにはいかない!」1。

核兵器の発射には、発射キーの半分を握っている潜水艦の政治将校の同意が必要だった。モスクワの認可がないにもかかわらず、政治将校は同意した。

他の3隻の潜水艦なら、これで核兵器が発射されたはずである。しかし、B-59は運良く、全艦隊の司令官であるアルキポフ艦長を乗せていたため、彼の同意が必要だった。しかし、アルキポフ艦長はこれを拒否した。その代わり、彼はサヴィツキー艦長を激高から説き伏せ、米軍艦の中に潜り込んでモスクワからの次の命令を待つように説得した2。

もしアルキポフが同意していたら、あるいは他の 3 隻の潜水艦に配属されていたら、どうなっ ていたか正確には分からない。おそらくサヴィツキーは命令を実行しなかっただろう。この攻撃は、おそらく核による報復を招き、その後、本格的な核戦争(米国が計画していた唯一の戦争)に発展する可能性が高かった。数年後、この危機の際に国防長官を務めたロバート・マクナマラも、同じ結論に達している。

もし米軍が核弾頭で攻撃されたなら、米国は核弾頭による反撃を控えただろうと、誰も信じてはならない。その結末はどうなっていただろうか。大惨事である(3)。

核兵器が出現して以来、人類はこのような利害関係のある選択をしてきた。我々の世界は、欠陥のある意思決定者が、著しく不完全な情報をもとに、種の未来全体を脅かす技術を導いているのである。1962年の土曜日、我々は幸運にも大惨事を回避することができた。しかし、我々の破壊力は増大し続けており、いつまでも運に頼っているわけにはいかない。

我々は、このリスクの高まりの時期を終わらせ、我々の未来を守るために、断固とした措置を講じなければならない。幸いなことに、我々にはそのための力がある。最大のリスクは人間の行動によって引き起こされ、人間の行動によって対処することができる。したがって、人類がこの時代を生き抜くかどうかは、人類が選択することだ。しかし、それは簡単なことではない。すべては、我々がかつてないほどの力を手に入れたことによって生じる新たな責任を、どれだけ早く理解し、受け入れることができるかにかかっているのだ。

本書は、人類の長期的な可能性の破壊を脅かす「実存的リスク」についての書である。人類の可能性が破壊される最も明白な方法は絶滅であるが、他にもある。地球上の文明が本当に回復不可能な崩壊に見舞われた場合、それも人類の長期的な可能性を破壊することになる。また、ディストピア的な可能性もある。つまり、失敗した世界に閉じ込められ、後戻りができなくなる可能性がある。

このようにリスクは多岐にわたるが、同時に排他的でもある。我々のテーマは、人類や自然界にとっての新たな暗黒時代ではなく(それはそれで恐ろしいことであるが)、人類の可能性が永久に失われることなのである。

実存的リスクは新しい種類の課題を提示す。このようなリスクは、我々がこれまでに達成した以上の方法で、グローバルに、そして世代を超えて協調することを要求している。そして、試行錯誤ではなく、先見の明を必要とする。2度目のチャンスはないのだから、我々は将来にわたって、このような大惨事の犠牲になることがないような制度を構築する必要がある。

このテーマを正しく理解するためには、多くの分野をカバーしなければならない。リスクを理解するには物理学、生物学、地球科学、コンピューターサイエンスが、人類という大きな物語の中に位置づけるには歴史学と人類学が、どれだけの危機にさらされているかを見極めるには道徳哲学と経済学が、そして解決策を見つけるには国際関係と政治学が必要となる。これらを適切に行うには、自分の先入観を支持する専門家の言葉や研究を選ぶだけでなく、これらの分野のそれぞれと深く関わることが必要である。これは個人では不可能なことであり、これらの分野の世界的な第一人者である数十人の研究者の方々の幅広い助言と精査に非常に感謝している4。

本書の狙いは野心的である。本書は、人類の潜在能力と我々が直面しているリスクについての慎重な分析を通じて、我々が人類史上最も重要な時代に生きていることを論証する。我々の未来全体に対する大きなリスクは新しい問題であり、我々の思考はそれに追いついていない。そこで、『The Precipice』は新しい倫理観を提示す。つまり、世界の見方とその中での我々の役割を大きく方向転換するのだ。そうすることで、我々の知恵と力の間のギャップを埋め、何が危機に瀕しているかを明確に把握し、我々の未来を守るために必要な選択をできるようになることを目指しているのである。

私はこれまで、我々の長期的な未来を守ることを重視してきたわけではなく、このテーマには消極的であった。私はオックスフォード大学の哲学者であり、倫理学を専門としている。以前は、世界保健と世界貧困という、より具体的な問題、つまり、最も困難な状況にある人々をどのように救済するかという問題に取り組んできた。これらの問題に直面したとき、私は、象牙の塔を越えて倫理学の研究を行う必要性を感じた。私は、世界保健機関、世界銀行、英国政府に対して、グローバル・ヘルスの倫理に関する助言を行うようになった。そして、貧困にあえぐ人々のために、自分のお金の方が何百倍も有益であることを知り、私は生涯をかけて、稼いだお金の少なくとも10分の1を彼らのために寄付することを誓った5。寄付以外にも、より良い世界の実現に貢献できる方法はたくさんあるため、私は「効果的利他主義」と呼ばれる、エビデンスと理性を使ってできるだけ多くの善を行うことを目指す、より広い運動の立ち上げを支援した。

現在の不必要な苦しみを解決するためになすべきことがあまりにも多いため、私は未来に目を向けるのが遅かった。それは、直感的ではなく、抽象的だったからだ。今の苦しみと同じように、本当に緊急の問題なのだろうか?この本に集約されることになる証拠やアイデアを検討するうちに、人類の未来に対するリスクも同様に現実的で、同様に緊急性が高いにもかかわらず、さらに無視されていることが分かってきた。そして、未来の人々は、我々の時代の被差別民以上に、我々が課すリスクから自らを守る力を持たないかもしれないのである。

我々が直面している課題を研究し、英国首相府、世界経済フォーラム、DeepMindなどの団体に、これらの課題にどのように対処するのが最善であるかを助言している。時が経つにつれ、これらのリスクと協調行動の必要性が認識されるようになった。

本書が多様な読者に届くように、私は専門用語や不必要な技術的詳細、学術的な文章にありがちな防御的な修飾語句(私自身のものも含む)を容赦なく取り除いた。さらに技術的な詳細や修飾を求める読者は、そのような読者を念頭に置いて書かれた多くの注釈や付録を読んでいただきたい7。

私は特に、証拠と議論を慎重かつ公平に検討し、たとえそれが私の物語に反するものであっても、重要なポイントは必ず提示するように努めた。なぜなら、これらの問題の真相を解明することが何よりも重要だからである。人類の関心は希薄で貴重であり、欠陥のある物語やアイデアに浪費されてはならない8。

『The Precipice』の各章は、それぞれ異なる角度から中心的な問題を照らし出している。第1部(The Stakes)では、歴史における我々のユニークな瞬間を俯瞰することから始め、なぜこのような緊急の道徳的関心が必要なのかを検証している。第2部(リスク)では、人類が直面するリスクについて、自然界と我々自身の両方から科学的に掘り下げ、一部は誇張されているものの、実際のリスクは存在し、それは拡大していることを示している。第3部(The Path Forward)では、これらのリスクの比較や組み合わせを理解するためのツールを開発し、リスクに対処するための新たな戦略を提案する。最後に、我々の未来像、つまり、我々が成功すれば何を達成できるかを描いて、本書を締めくくる。

本書は、気候変動や核戦争といった身近な危険についての物語ではない。我々を自滅の可能性に目覚めさせたこれらのリスクは、ほんの始まりに過ぎない。バイオテクノロジーや高度な人工知能に起因するような新たなリスクもあり、来世紀には人類にもっと大きなリスクをもたらすかもしれないのだ。

最後に、本書は悲観的な本ではない。本書は、人類が破滅に至る必然的な歴史の弧を描いてはいない。我々の技術的傲慢とその結果としての堕落についての道徳物語でもない。そうではない。本書が主張するのは、我々の未来には現実的なリスクが存在するが、それでも我々の選択によってすべてを変えることができるということだ。我々の選択によって崖っぷちから立ち直り、やがて驚くほど価値のある未来を創造することができると信じている。この本を書く動機は、人類の未来に対する私の深い楽観的な考え方にある。我々の可能性は広大である。我々には、守るべきものがたくさんある。

核兵器

核兵器がもたらす実存的リスクについて考えるとき、我々はまず、全面的な核戦争によってもたらされる破壊を思い浮かべるだろう。しかし、冷戦のはるか以前、広島と長崎でさえも、科学者たちはたった一つの核爆発が人類の滅亡を意味するかもしれないと懸念していた。

1942年の夏、アメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマーは、カリフォルニア大学バークレー校のオフィスで、その分野の主要な思想家を集めて秘密会議を開いた。彼らは、最初の原子爆弾を設計しようとしていた。これは、最近発見された核分裂に基づくもので、ウランのような大きな原子核を小さな破片に分解し、その核エネルギーを放出するというものであった。

2日目には、10年後に水爆を開発することになるエドワード・テラーが、この原爆のアイデアについて初めて発表した。彼は、原子爆弾が爆発すれば、太陽の中心温度(15,000,000℃)を超える温度が発生すると指摘した。この灼熱の温度によって、太陽は燃えることができる。水素原子核を強制的に結合させ、ヘリウムと非常に大量のエネルギーを生み出すのだ。もし、原爆の周りに水素などの燃料を置くことができれば、その核分裂反応を利用して核融合反応を起こすことができるかもしれない。

このような原爆の設計を進めるうちに、テラーは、原爆の燃料でこのような核融合反応を起こすことができるのであれば、原爆を取り巻く世界でも核融合反応を起こすことができるのではないか、と考えた。原爆が水の中の水素に引火して、地球の海を焼き尽くすような自己持続的な反応を起こすかもしれない。あるいは、空気の10分の7を占める窒素に反応し、大気を発火させて地球を炎に包むかもしれない。そうなれば、人類だけでなく、地球上の複雑な生命体すべてが滅亡してしまうかもしれない。

この話をすると、集まった科学者たちの間で激しい議論が起こった。ハンス・ベーテは、わずか4年前に星の核融合を発見した天才物理学者であるが、極めて懐疑的で、すぐにテラーの仮定に反論しようとした。しかし、後に原爆開発を主導することになるオッペンハイマーは、深く憂慮していた。他のメンバーが計算を続けている間、彼は国中を駆け回って上司のアーサー・コンプトンに、彼らのプロジェクトが人類そのものを脅かすかもしれないことを自ら告げたのだ。コンプトン氏は回顧録の中で、その時の様子をこう語っている。

「原爆によって、大気中の窒素や海中の水素が爆発する可能性はないのだろうか?原爆が大気中の窒素や海洋中の水素を爆発させる可能性は本当にあるのだろうか。これは究極の大惨事だ。ナチスの隷属を受け入れる方が、人類に最後の幕を引く可能性よりましだ」。

オッペンハイマーのチームは計算を進めなければならない。原爆が空気や海を爆発させることはない、という確固とした信頼できる結論が出ない限り、原爆は決して作ってはならない(3)。

戦後、ドイツの担当者もこの脅威を察知し、その可能性をヒトラーにまでエスカレートさせていたことが明らかになり、ヒトラーはこの可能性について暗いジョークを言うようになった(4)。

オッペンハイマーはバークレーに戻り、ベテがすでにテラーの計算の大きな弱点を発見していることを知った5。この報告書は、「議論が複雑であり、満足な実験的基礎がないため、この問題についてさらに研究を進めることが非常に望ましい」と結論付けていたが、ロスアラモスの指導者たちは、この報告書がこの問題に関する最終見解であると受け止めていた。

バークレーでの会議に出席していたノーベル賞受賞の物理学者、エンリコ・フェルミは、近似値や仮定の欠陥が真の危険を覆い隠しているのではないかと、常に懸念を抱いていた。ハーバード大学のジェームズ・コナント総長は、爆発時の閃光が予想以上に長く明るかったので、その可能性を深刻に受け止め、恐怖に打ちひしがれた。「私の瞬間的な反応は、何かが間違っていた、かつて可能性として議論され、数分前に冗談で言及された大気の熱核変換が実際に起こったのだ、というものであった」10。

大気は発火しなかった。当時も、それ以後の核実験もそうだった。核融合への理解が深まり、コンピューターによる計算が可能になった物理学者たちは、核融合が本当に不可能であることを確認している11。原爆の設計者は、大気圏への点火が物理的に可能かどうか知らなかったのである。客観的なリスクはないことが分かったが、人類を滅ぼすかもしれないという主観的なリスクは深刻であった。

これは、近代科学にとって新しいタイプのジレンマであった。突然、我々は膨大なエネルギーを放出し、地球の歴史上かつてないほどの気温を作り出したのである。我々の破壊的な可能性があまりにも高くなりすぎたため、初めて、我々が全人類を滅ぼすかもしれないという問いを立て、それに答える必要があった。そこで私は、「絶壁」の始まり1945年7月16日午前11時29分(協定世界時)、すなわちトリニティ実験の正確な瞬間であると考える。

人類は自らのテストに合格したのだろうか?我々は、自分たちが作り出したこの最初の存亡の危機にうまく対処できたのだろうか?おそらく。私は、オッペンハイマーの緊急性とコンプトンの刺激的な言葉に純粋に感銘を受けている。しかし、私は彼らが始めたプロセスが十分であったとは確信していない。

ベテの計算と秘密の報告書は、世界最高の物理学者の何人かに精査された良いものであった。しかし、戦時中の機密保持のために、この報告書は、我々が優れた科学を保証するために不可欠と考える、利害関係のない外部者による査読を受けることができなかったのである12。

また、物理学の問題には世界最高の頭脳が注がれたが、リスクをどう扱うか、誰に知らせるか、どの程度のリスクなら許容できるかなど、より広い問題については同じことは言えない13。科学者と軍人は、地球上のすべての生命を脅かす行為の全責任を負ったように見える。

報告書の結論が弱いこと、外部審査を受けられないこと、著名な科学者が継続的に懸念を抱いていることを考えると、単に実験を延期するか、断念することが有力であった。バークレー会議当時、科学者たちの多くは、ヒトラーが先に核実験を行い、世界を核の身代金で脅かすのではないかと深く恐れていた。しかし、トリニティ実験の頃には、ヒトラーは死に、ヨーロッパは解放されていた。日本は撤退しており、戦争に負ける心配はなかった。このリスクは、1カ月後に日本に原爆が投下されるのと同じ理由から取られた。戦争を短縮し、侵略による犠牲を避け、より有利な降伏条件を達成し、ソ連にアメリカの新発見の威力を警告するためであった。これらは、人類の未来を一方的に危険にさらす強い理由にはならない。

では、彼らはどれほどの危険を冒したのだろうか。当時、彼らが入手した証拠をどのように評価していたのかがわからなければ、正確なことはわからない15。しかし、バークレーでの会議は、その夏に熱核点火に関する 2 つの主要な問 題に取り組んだという点で、ある種の自然な実験となった。大気圧による点火の問題から、どのような燃料を使えば熱核爆発が可能になるかを計算し始めたのである。しかし、天然のリチウムにはこの同位体が少なすぎるため、爆発には不活性なリチウム7を莫大な費用をかけて除去する必要があるとの結論に達した。

1954年、米国はコードネーム「キャッスル・ブラボー」と呼ばれる、まさにそのような爆弾の実験を行った。時間の関係で、リチウム6の濃度を40%までしか濃縮しなかったので、ほとんどはリチウム7のままであった。この爆弾が爆発した時、予想をはるかに超えるエネルギーが放出された。日本の漁船や風下の島々を被爆させ、世界最大級の放射能災害をもたらした18。バークレー校のグループ(およびその後のロスアラモス大学の物理学者たち)はリチウム7について間違っていたことが判明した。爆発時の前例のない温度で、リチウム7は予想外の反応を示し、リチウム6と同様に大きな貢献をしたのである19。

その夏、バークレーで行われた2つの主要な熱核計算のうち、1つは正しく、もう1つは間違っていたのである。このことから、大気圏への引火の主観的危険度が50パーセントもあったと結論づけるのは誤りであろう20。しかし、我々の未来を賭けるに足る信頼度でないことは確かである。

アメリカは日本に原爆を投下した 15 日後に、ソビエトとの核戦争計画を開始した(21) 。ソ連 の地図に爆撃機の航続距離を示す大きな円を描き、すでに破壊できる都市と新しい航空 基地や技術的改善が必要な都市を決定したのである。こうして、この 75 年間続く大規模な核戦争計画が始まったのである。

この間、核戦争の戦略的状況には数多くの変化があった。そのほとんどは、ソビエトが独自の核兵器を急速に開発したこと、日本への原爆よりはるかに強力な熱核兵器を開発したこと、わずか 30 分の警告で敵の中心部の都市を攻撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)、先制攻撃で破壊できないため核報復を保証できる潜水艦発射 ミサイル、そして核弾頭数の激増といった技術的変化に由来するものであった(22)。そして、NATO の結成やソビエト連邦の崩壊といった大きな政治的変化もあった。このように冷戦は、ある戦略的状況から別の状況へと、先制攻撃を好むもの、報復を好むもの、ハイリスクなもの、ローリスクなものへと無計画に進行したのである。

核戦争が勃発することなくこの時代を乗り切ったとはいえ、当時知られていたよりもはるかに接近した瞬間が何度もあった(コラム「危機一髪」参照)。このような事態の多くは、核攻撃の到来を察知し、許された非常に短い時間枠の中で報復を行うための即応システムにおける人的または技術的ミスによるものであった。このような事態は、軍事的緊張が高まっていた時期に頻発したが、冷戦の終結後も続いている。このシステムは、偽陰性(対応に失敗すること)を最小限にするように設計されていたが、多くの偽警告を発生させた。このことは、核のリスクだけでなく、他の複雑な技術によるリスクについても教訓を与えている。自国全体の滅亡(あるいはそれ以上の事態)がわかっている場合でも、人的・技術的問題をすべて解決することは極めて困難である。

もし、本格的な核戦争が起きたら、どうなるのか。特に、文明の滅亡や永久崩壊の危機は本当にないのだろうか。

よく「世界を何度でも滅ぼせるだけの核兵器を持っている」という話を聞くが、これはいい加減な話である。これは、広島の死者数を世界の核兵器の増加に合わせて単純に拡大し、それを世界の人口と比較したものであるように思われる23。しかし、真実はもっと複雑で不確かなものである。

核戦争には局所的な影響と地球規模の影響の両方がある。局所的影響には、爆発そのものとそれに伴う火災が含まれる。しかし、こうした直接的な影響は、交戦国の大都市、町、軍事目標に限られるため、絶滅を引き起こすことはないだろう。人類そのものへの脅威は、代わりに地球規模の影響から生じる。

瀬戸際

過去70年間、米ソの核戦力のヘアトリガー警戒によって、偶発的な核戦争の瀬戸際に近づきすぎたという危機的状況が数多く見られた(25)。ここでは、そのうちの3つを紹介する(さらなる危機的状況と核兵器事故の一覧は付録Cを参照)。

訓練用テープ事件 1979年11月9日

午前3時、ソ連の本格的な先制攻撃である大量のミサイルが、アメリカの4つの司令部のスクリーンに映し出された。米国には、自国のミサイルの大半が破壊される前に、対応を決定する時間が数分しかなかった。上級司令官は脅威評価会議を開始し、ICBMを厳戒態勢にし、核爆撃機を離陸準備し、爆撃機迎撃のために戦闘機をスクランブルさせた。しかし、早期警戒システムの生データを確認すると、ミサイルの兆候はなく、誤報であることが分かった。その画面は、軍事演習で行われたソ連の攻撃をリアルに再現したもので、それが誤って本番のコンピューターシステムに送られたものだったのだ。これを知ったソ連のブレジネフ首相は、カーター大統領に「このような事件の可能性を許容する仕組みとはどのようなものなのか」と尋ねたという(27)。

秋分の日事件 1983年9月26日

当直のスタニスラフ・ペトロフは、発射を察知したら即座に核報復を行う方針の上官に報告するよう指示されていた。当直将校のスタニスラフ・ペトロフは、発射を検知した場合、即座に核報復を行う方針の上官に報告するよう 指示されていた。彼は緊張した 5 分間の検討後、不安が残るものの、誤報として指揮官に報告し た。5発のミサイルでアメリカが先制攻撃する可能性は低いと判断し、ミサイルのベーパトレイルが確認できないことを指摘したのだ。誤報の原因は、太陽光が雲に反射して、ソ連の衛星システムにはロケット発射の閃光のように見えたことだった。

この夜、ペトロフは「世界を救った」と言われることがある。というのも、核兵器による報復を中止させる段階はもっとあったかもしれないからだ(実際、ここで紹介した2つの事件は、発射予告の段階をさらに進んだものである)。もし衛星の誤作動で、きらめく太陽の光が 5 発ではなく 100 発のミサイルと報告され ていたなら、核反応を引き起こすのに十分だっただろう(29)。

ノルウェー・ロケット事件 1995年1月25日

冷戦後も、アメリカとロシアのミサイルシステムは、常に警戒態勢を敷いている。1995 年、ロシアのレーダーがロシアに向けた核ミサイルの発射を検知した。おそらく、より大規模な追撃攻撃を隠すために、ロシアのレーダーを電磁パルスで目くらましする意図があったのだろう。この警告はすぐに指揮系統にエスカレートし、エリツィン大統領はロシアの核ブリーフケースを開き、核報復を許可するかどうかを検討することになった。

しかし、衛星システムにはミサイルの姿はなく、レーダーはすぐにそのミサイルがロシア国外に着弾することを判断した。警報は解除され、エリツィン大統領はブリーフケースを閉じた。誤報は、ノルウェーがオーロラ観測のために打ち上げた科学ロケットが原因だった。ロシアには知らせたが、レーダーのオペレーターには伝わっていなかったのだ30。

 

核兵器が爆発すると、放射性物質を含んだ粉塵(ふんじん)が空中に舞い上がり、広範囲に拡散した後、再び降下してくる。理論的には、核兵器は地球の表面全体に致命的なレベルの放射線を引き起こすのに十分な降下物を作り出すことができる。しかし、これには現在保有している兵器の 10 倍の数が必要であることが分かっている。31 降下物を最大化することで人類を滅亡させようとする意図的な試み(仮想のコバルト爆弾)でさえ、現在の能力を超えている可能性がある32。

現在、核戦争の最も深刻な影響と考えられているものが発見されたのは、1980 年代初頭、つまり原子時代に入ってから約 40 年後のことであった。燃えさかる都市の火災は、大きな煙の柱を作り、黒い煤を成層圏まで舞い上がらせる。その高さでは雨は降らないので、黒い煤煙の雲が世界中に広がる。そして、太陽光を遮断し、世界を寒くし、暗くし、乾燥させる。核の冬が到来すれば、世界の主要な農作物は育たず、何十億もの人々が飢餓に苦しむことになる。

核の冬は、当初は多くの不確実性が残っており、科学的な準備が整う前に結論が出されているのではないかという懸念から、非常に議論を呼んだ。長年にわたって仮定とモデルが改良されるにつれて、脅威の正確な性質は変化したが、基本的なメカニズムは時の試練に耐えたのである33。

核の冬に関する初期の研究は、原始的な気候モデルによって制限されていたが、現代のコンピュータと気候変動への関心によって、はるかに洗練された手法が用いられるようになった。ロボックは海洋大気大循環モデルを適用し、初期の推定値と同程度の冷却量を、約5倍長く持続させることを発見した。この冷却は、ほとんどすべての農業を停止させるのに十分であり、備蓄食料で5年間生き延びるのははるかに困難だからである。

農業への害のほとんどは、暗闇や干ばつよりもむしろ寒さから来るものであろう。主なメカニズムは、生育期間(霜が降りない連続した日数)が大幅に短縮されることだ。ほとんどの地域で、この生育期間の短縮は、ほとんどの作物が成熟するのに十分な期間ではない。ロボック氏は、本格的な核戦争が起こると、地球の平均気温は5年間ほど7℃ほど下がり、その後10年ほどかけてゆっくりと元に戻ると予測している。これは、地球の最後の氷河期(「氷河期」)と同程度の気温である35 。気候変動と同様、この世界平均は、ある地域が他の地域よりはるかに低くなるため、欺瞞的である可能性がある。北米とアジアの大部分で夏の気温は 20℃以上下がり、我々の食物のほとんどが生産される中緯度地域では、数年間氷点下が続くだろう。しかし、沿岸部や熱帯地方では、それほどの被害はないだろう。

核の冬によってこれほどまでに気温が下がれば、何十億人もの人々が飢餓の危機にさらされることになる36 。 これは前例のない大災害である。それはまた、実存的な大災害でもあるのだろうか。それはわからない。通常の食糧生産はほぼすべて失われるが、食糧生産はいくらか可能であろう。耐寒性や生育期間の短い効率の悪い作物を植えたり、熱帯地方での農業を増やしたり、漁業を増やしたり、温室を建てたり、藻の養殖などの絶望的な手段を試したりすることができるだろう37。しかし、あらゆる規模の法と秩序の崩壊、敵対行為の継続、輸送、燃料、肥料、電力などのインフラの喪失に直面する可能性もある。

しかし、核の冬が人類を滅亡に導くことはないだろう。地球規模の回復不可能な文明の崩壊による存亡の危機も、特にニュージーランド(またはオーストラリア南東部)のように、直接標的にされる可能性が低く、沿岸部にあることで核の冬の最悪の影響を回避できる場所を考慮すると、ありそうもないように思われる38。ニュージーランドが、その技術(および制度)の大部分を無傷のまま乗り切れない理由は見出だせない39。

核の冬に対する理解のどの段階においても、重大な不確実性が残されている。

  • 1. どれくらいの都市が爆弾に襲われるのか。
  • 2. どれくらいの煙が発生するのか。
  • 3. 成層圏に打ち上げられる煤煙はどのくらいか?
  • 4. 気温、光、降水量にどのような影響があるか?
  • 5. その結果、作物の収量はどのように減少するのだろうか?
  • 6. その影響はどの程度続くのか?
  • 7. そのような飢饉によって、どれくらいの人々が犠牲になるのだろうか?

これらの中には、今後の研究によって減少するものもあれば、解決不可能なものもあるかもしれない。

核の冬シナリオに懐疑的な人たちは、しばしばこれらの残された不確実性を指摘し、現在の科学的理解がより穏やかな核の冬に適合していることを示す。しかし、不確実性には両面がある。核の冬の影響は、中央の推定値よりも深刻になる可能性もある。私は、核の冬のシナリオは実存的な大災害ではないと考えたいので、不確実性は、この可能性を残すことによって、むしろ事態を悪化させることになる。核戦争が実存的大災害を引き起こすとすれば、それはおそらく、核の冬の影響が予想よりも大幅に悪化したためか、あるいは、このような前例のない地球への攻撃によって生じるまだ知られていない他の影響のためであろう。

したがって、核の冬をめぐる不確実性についてさらなる研究を行い、核の冬がより深く、あるいはより長くなるようなもっともらしい組み合わせがないかどうか、また、本格的な核戦争が実存的リスクをもたらすかもしれない他の経路について新たな研究を行うことは非常に価値があると思われる。

本格的な核戦争の可能性は、時代とともに大きく変化している。冷戦期、現在、未来という3つの時期に分けて考えることができる。冷戦の終結により、意図的に引き起こされる核戦争のリスクは大幅に減少した。しかし、多くのミサイルがヘアトリガー警戒態勢(数分以内に発射可能)にあるため、偶発的に核戦争が始まるリスクはかなり残っている可能性がある(43)。核弾頭の数も 1986 年の 7 万発をピークに減少し、現在では約 1 万 4,000 発となっており、各弾頭の爆発エネルギーも減少している(44) 。

図 4.1 時系列で見た有効な核弾頭の保有数。

原文参照

大幅に削減されたが、総数(特に米国とロシア)はまだ多い。これらの核兵器の合計爆発エネルギーも減少し、現在では約 2,500 メガトンである42。

しかし、このように兵器庫が減少し、超大国間の緊張が低下することで、大災害のリスクは思ったより低下しないかもしれない。ロボックらは、米ロの数分の一の兵器を保有するインドとパキスタンの限定的な核交換をモデル化し、重大な核の冬の効果を発見した(45)。

そして、我々は自己満足に浸ってはならない。近年、新たな地政学的緊張が生まれ、旧来の超大国または新たな超大国の間で意図的な戦争のリスクが再び高まる可能性がある。米ロ間の重要な軍備管理メカニズムが崩壊したのを目撃している。このような緊張が軍拡競争を再開させ、兵器の数と規模を旧来のレベルかそれ以上に増加させるという憂慮すべき兆候がある(46) 。例えば、原子力潜水艦の位置を特定する能力によって、現在の抑止力の基礎である信頼性の高い核反撃の能力を排除するなど、戦略状況を揺るがす新たな進歩が見られるかもしれない。そして、AIの軍事利用の出現は、戦略的バランスを変化させ、場合によっては崩壊させる役割を果たすだろう47。

核冷戦への回帰は可能性が低すぎるわけではなく、年間リスクは大きなファクターで増加するため、今後数十年の間に核兵器がもたらすリスクのほとんどは、この新たなエスカレーションの可能性に由来するものであろう。従って、核戦争のリスクを減らすための活動は、そのような事態を想定して行うのが最善であろう。

補足資料

1 トインビー(1963)。

2 原子爆弾における核融合の貢献は、この高効率化をはるかに超えるものである。核分裂爆弾には、燃料の臨界量によって設定された自然の大きさの限界がある(これを超えることができる仕掛けもあるが、それはわずかな倍数である)。これに対し、核融合燃料にはそのような制約がないため、はるかに大きな爆弾を作ることができる。さらに、核融合によって放出された中性子は、爆弾の巨大なウランタンパーで核分裂を引き起こす可能性がある。これは核分裂-核融合-核分裂爆弾と呼ばれ、この最終段階の核分裂によってエネルギーのほとんどを作り出すことができるのである。

3 コンプトン(1956)、127-8頁。

4 ドイツの軍需大臣であったアルベルト・シュペールは、冷ややかな説明をしている(Speer, 1970, p.227)。「ハイゼンベルク教授は、核分裂の成功が絶対的な信頼性をもって制御できるのか、それとも連鎖反応が続くのかという私の質問に対して、最終的な答えを出していない。ヒトラーは、自分の支配下にある地球が輝く星に変わるかもしれないという可能性を、明らかに喜んではいなかった。しかし、時折、科学者たちが天上の秘密をすべてさらけ出そうとする世にも恐ろしい衝動に駆られて、いつか地球を火の海にするかもしれない、と冗談を言った。しかし、それが実現するまでにかなりの時間がかかることは間違いない。

これだけでは、それがまったく同じ懸念(大気中に広がる熱核反応)なのか、それとも関連する種類の制御不能な爆発なのか、よく分からない。

5 テラーは核融合反応を起こすためのパラメータについて非常に「楽観的」な仮定をしており、爆発の熱が放射され、新しい核融合がそれを加熱するよりも速く冷却する速度を考慮していなかった(Rhodes, 1986, p.419)。

6 この報告書はその後機密扱いを解かれ、Konopinski, Marvin & Teller (1946)として公開されている。

7 報告書は最後に 「この論文の議論から、N + N 反応が伝播することを期待するのは無理があると結論づけられるかもしれない。無制限の伝播はさらに可能性が低い。しかし、この議論は複雑であり、満足な実験的基礎がないため、この問題についてのさらなる研究が強く望まれる」(Konopinski, Marvin & Teller, 1946)。

現代の議論では、「100万分の3」という確率が、発火の可能性の推定値として、あるいはその可能性が以下になるために必要な安全閾値として、しばしば示される。この数字は報告書には出てこず、パール・S・バックの記事(1959年)を通じて一般に知られるようになったようである。興味深いが、このような確率が原爆科学者によってどちらの方法でも用いられたという説得力のある証拠はない。

8 マンハッタン計画の公式歴史家であるデイビッド・ホーキンスは、この可能性は若い科学者たちによって再発見され続け、ロスアラモスの指導者たちは「もう解決済みだ」と言い続けなければならなかったと述べている。結局、ホーキンスは「トリニティ実験の前後で、この特別なテーマについて、他のどのテーマよりも多くのインタビューを行った」(Elsberg, 2017, pp.279-80)のである。

9 ピーター・グッドチャイルド(2004, pp.103-4).「実験までの最後の数週間、テラーのグループは、エンリコ・フェルミによって大気圧発火の可能性が復活したときに、当面の準備に引き込まれた。しかし、コンピュータが導入される前は、このような計算は単純化された仮定で行われた。しかし、フェルミはその仮定に不満を持っていた。極端な高温という新奇な条件下で、予期せぬ災害をもたらす未知の現象はないのだろうか」と心配した。

10 翌日書かれた彼の私的なメモから(Hershberg, 1995, p.759)。全文を引用すると、「その時、空いっぱいに白い光が炸裂し、何秒か続くように見えた。私は比較的早く、軽い閃光を予想していた。その光の大きさには、かなり驚かされた。私の瞬間的な反応は、何かが間違っていて、かつて可能性として議論され、数分前に冗談で言及された大気の熱核(sic)変換が実際に起こったということだった。」

この奈落の底を見つめていたせいか、コナンは核戦争による文明の滅亡を真剣に受け止めた最初の人物の一人となった。終戦後、彼はハーバード大学に戻り、図書館長のキーズ・メトカーフを呼び出して個人面談をした。メトカーフは後に、コナントの依頼にショックを受けたと回想している(Hershberg, 1995, pp.241-2)。「原爆が爆発して以来、我々は全く違った世界に生きている。その結果どうなるかはわからないが、現在の文明の多くが終焉を迎える危険性がある…この後の文明の記録を残すような印刷物を選び、マイクロフィルムにして10部ほど作り、それを全国各地に埋めた方がいいのではないか。そうすれば、ローマ帝国が崩壊したときのような破壊を防ぐことができるだろう」。

メトカーフは、このために何が必要かを調べ、最も重要な50万巻、合計2億5千万ページをマイクロフィルム化する大まかな計画を作成した。しかし、公開するとパニックになるし、原爆の直撃を受けない大学都市の図書館なら文書記録は残っているだろうということで、結局は見送られた。しかし、メトカーフはハーバードを辞めると、コナントとの会話と核の大惨事への恐怖からか、南半球の主要大学で重要作品の膨大な所蔵を確保するプロジェクトを開始した(Hershberg & Kelly, 2017)。

11 ウィーバー&ウッド(1979)。

12 グループが自分たちの内部の仕事の正確さを深く気にかけている場合、その仕事の間違いを証明することを任務とする研究者の「レッドチーム」を立ち上げることができる。このチームには、これまでの研究成果に対する最初の忠誠心を克服し、それが正しいのではなく、間違っていることを望み始めるまで、十分な時間を与える必要がある。また、十分なリソース、賞賛、欠陥を発見した場合のインセンティブを与える必要がある。

13 適切なリスク分析の一環として、リスクを測定し、そのメリットと比較することが必要である。ヒトラーが敗北すると、これらの利益ははるかに小さくなり、災害の確率の閾値をより低くする必要があるが、リスクは再評価されなかったようである。

14 少なくとも政府の何人かは、このことを知ったようである。Serber (1992, p. xxxi)。「コンプトンはそのことについて黙っているほど分別がなかった。このことは、どういうわけかワシントンに送られた文書に含まれてしまった。だから、その後も時々、誰かがそれに気づいて、また問題が起きて、その問題は収拾がつかなくなった。

15 ある出来事に対する誰かの主観的確率を引き出すのに最適な方法の1つは、一連の小さな賭けを提供し、相手がその賭けに乗るまでにどれだけの極端な確率が必要かを見ることだ。たまたま、フェルミは、トリニティ実験の前夜、まさにこの方法で、実験が世界を破滅させるかどうかの賭けをした。しかし、大気が発火したら誰も賭けを回収できないことは明らかだったので、これは少なくとも冗談のつもりだったに違いない。歴史には、誰がこの賭けに乗ったのか、どの程度の確率で賭けたのかは記されていない。

16 燃料は、リチウムと重水素(核融合反応に適した水素の同位体)の化合物であった。リチウムは中性子と反応し、極めて希少な水素同位体であるトリチウムを生成することが目的であった。このトリチウムが重水素と融合し、大量のエネルギーを放出するのだ。

17 15 Mtは、不確かさの範囲である4~8 Mtから大きく外れていた(Dodson & Rabi, 1954, p.15)。

18 長崎からわずか 9 年後に再び米国の核兵器の攻撃を受けた日本人が憤慨するのは当然であり、外交事件となった。科学的な成果も惨憺たるものであった。より大きな爆風で試験装置の多くが破壊されたため、有用なデータは比較的わずかしか収集できなかった。

19 リチウム7は予想外の反応を起こし、より多くのトリチウムとより多くの中性子を発生させ、核融合反応と核分裂反応を予想以上に促進させたのである。この兵器はいくつかの相互作用段階を含んでいたので、2つのリチウム同位体の相対的な寄与について正確に主張することは困難だが、私は、この兵器はリチウム6の量の150%に相当するリチウム7の量を持ち、さらに150%のエネルギー放出を得たので、2種類のリチウムの寄与は似ていたと言うことが大体正しいと考えている。

20 その理由の一つは、最初の計算をより慎重に行ったと思われるからである。大気が発火するためには、計算が誤っているだけでなく、安全係数を超える量の誤りが必要である。

また、最初の計算は「はい」「いいえ」で答えられる問題であったが、2番目の計算はそうではなかった。つまり、2回目の計算がうまくいかない可能性の方が大きいのである。私はこの計算に大きな誤りがあることを示したが、彼らが推奨した燃料は爆発したから、より粗い評価では、この計算は成功したと言えるかもしれない。

最後に、プリオールの問題である。仮に、彼らの回答方法が全く信頼できないものであったとしても(例えば、コイン投げ)、それは、その事象に関する事前確率の推定値に有用な更新をもたらさないということだ。大気圏への点火の場合、それがどの程度であるべきだったかは分からないが、50%を大きく下回り、おそらく1%以下であったと考えるのが妥当だろう。

21 ソ連の爆撃目標に関する報告書は 1945 年 8 月 30 日に届けられた(Rhodes, 1995, p.23)。

22 もう一つの重要な技術開発は、独立標的型再突入機(MIRV)の複数化である。これによって、1 基の ICBM が分割されて数カ所を攻撃することが可能になった。これは、先制攻撃する国が、その一発一発で敵の ICBM 数発を破壊できる可能性があるため、戦略的バランスを先制攻撃へとシフトさせるものであった。このため、先制攻撃する国は、敵のICBMを数発ずつ破壊できる可能性があり、先制攻撃への戦略的バランスが変化し、報復する国は、攻撃するミサイルがまだ向かっている間にミサイルを発射しなければならず、ヘアトリガー警報への依存が高まった。

23 広島では、約15キロトンの被爆により、5ヶ月で14万人が死亡した。世界の兵器庫はこの約20万倍であるから、ナイーブに外挿すると約300億人、つまり世界人口の約4倍が死亡することになる。しかし、このような計算には2つの大きな間違いがある。

第一に、多くの人々が密集した大都市に住んでいないという事実を無視している。すべての町や村を攻撃するのに十分な数の核弾頭はどこにもないのだ。第二に、核兵器が大きくなればなるほど、1キロトンあたりの殺傷能力は低くなるという事実を無視している。これは、爆風エネルギーが3次元の球に広がるのに対し、都市は2次元の円盤であり、エネルギーが大きくなると球の占める割合が小さくなるためである。したがって、兵器の規模が大きくなるにつれて、爆風エネルギーが浪費される割合が大きくなる。数学的には、爆風ダメージはエネルギーの2/3乗で表される。

24 Ball(2006)は、全面的な核戦争による直接的な死亡者数を 2 億 5,000 万人と推定している。

技術評価局(1979)は、直接死者数について、米国では 2,000 万人から 1 億 6,500 万人、ソ連では 5,000 万人から 1 億人とする米国政府の推定を紹介している。1970年代以降、米国の都市部の人口は大幅に増加し、ソ連の崩壊により、米国の攻撃対象はロシアに限定されたと考えられるからである。Ellsberg (2017, pp. 1-3)は、統合参謀本部がケネディ大統領のために作成した機密報告書について述べており、ソ連と中国への核攻撃による当面の死者数を2億7500万人、6ヶ月後には3億2500万人と推定しているが、この数字も現在の人口に合わせてスケールアップされなければならないだろう。

この数字は、現在の人口に換算する必要がある。25 これらの事件が核戦争にまでエスカレートするのを防ぐために、さらなるチェックが行われることがしばしばあった。これらの危機一髪がどれほどのものであったかについての懐疑的な見解は、Tertrais (2017)を参照。

26 本書で正当に紹介しきれないほど、はるかに多くの危機一髪や事故がある。例えば、NORADは、1978年1月から1983年5月までの5年間だけでも、誤報によって6回の脅威評価会議と956回のミサイル展示会議が行われたと報告している(Wallace, Crissey & Sennott, 1986)。

27 ブレジネフ(1979)、ゲイツ(2011)、シュロッサー(2013)。

28 ミサイルが5発表示されたのか、1発だけ表示されたのか(その夜、2回目のイベントでさらに4発表示された)、報告が分かれている。

29 レベデフ(2004);シュロッサー(2013);チャン(2017)。

30 Forden, Podvig & Postol (2000); Schlosser (2013).

31 Feld (1976)は、1メガトン弾頭がおよそ2,500km2の面積を致死量で照射できると推定しており、地球の陸地面積を照射するには少なくとも6万個の弾頭が必要であることを意味する。これは、現在配備されている約9,000個の核弾頭の平均収量が1メガトンよりかなり低いことを大幅に上回る。

このような「終末装置」は、1950 年に Leo Szilard が最初に提案し、Herman Kahn がその戦略的意味をさらに深化させた(Bethe et al.、1950 年)。コバルト爆弾(または類似の塩漬け兵器)は、『オン・ザ・ビーチ』と『ドクター・ストレンジ ローブ』のプロットで主要な役割を果たし、どちらの場合も核戦争を地球規模の大惨事 から絶滅の脅威へと発展させた。

このような兵器で全人類を破滅させるための最大の障害は、致死量の放射線を地球上に均一に分布させることだ。特にシェルター、天候、海洋を考慮した場合、この問題は解決される。

現在開発中のロシアの核魚雷「ポセイドン」は、コバルトの弾頭を搭載しているとされる。この兵器に関する情報は、表向きは偶然に漏れたとされているが、ロシア政府が意図的に流した疑いがあり、懐疑的に見る必要がある(BBC, 2015)。

33 クウェートの油井の焼失が核の冬を反証したと言われることがある。しかし、これは正しくない。カール・セーガンは、油井の燃焼によって、煤が成層圏に到達するため、検出可能な地球冷却を引き起こすと考えていた。しかし、油井の火災は小さすぎて、煤を十分に高く舞い上げることができなかった。このことは、火災による煤がどの程度高く舞い上がるかについて、モデルの一部にわずかな圧力をかけているが、その後に起こることには何の影響も与えていない。森林火災で煙が9キロメートルまで上昇した例もある(Toon et al.、2007)。

34 Robock, Oman & Stenchikov (2007)。

35 ヨーロッパや北米に大きな氷床ができるほどの時間はないだろうが。最終氷期最盛期には、世界の平均気温が産業革命以前に比べて約6℃低くなっている(Schneider von Deimling et al.、2006)。

36 Cropper & Harwell (1986); Helfand (2013); Xia et al. (2015).

37 Baum et al. (2015); Denkenberger & Pearce (2016).

38 以前、核の冬に取り組んだセーガン(1983)やエーリックら(1983)は、絶滅の可能性を示唆していたが、現在の現場の人たちはそうではない。

ルーク・オマン(Oman & Shulman, 2012)。「我々の2007年の論文にある150Tgの黒色炭素シナリオの結果、地球上の人類の人口がゼロになる確率は、1万分の1から10万分の1の範囲になると私は推測している。この試算は、私が知る限り最も近い急激な気候変動による影響のアナログである、約7万年前のトバ超巨大噴火に基づいて行おうとしたものである。トバ噴火の頃には、地球上の人口が激減する人口ボトルネックがあったという指摘もある。このような気候の異常は、規模、期間ともに類似している可能性がある。人口への影響が最も大きいのは北半球の内陸部で、ニュージーランドのような南半球の島国では比較的小さな影響になる可能性がある。[私は2人の同僚に尋ねたが、彼らは一般論として「0に非常に近い」「確率は非常に低い」と答えた」。

リチャード・ターコ(Browne, 1990)。「私の個人的な意見では、人類は滅びないだろうが、我々が知っている文明は確実に滅びるだろう」

アラン・ロボック(コン、トゥーン&ロボック、2016年)。「カール(セーガン)はかつて人類種の絶滅について話していたが、それは誇張だと思う。それを生み出すようなシナリオは考えにくい。南半球に住んでいれば、そこは非核地帯であるから、おそらく爆弾は落とされないだろう。もしあなたがニュージーランドに住んでいて、海に囲まれているため気温の変化があまりなく、魚や死んだ羊がたくさんいるのであれば、おそらく生き延びることができるだろう。しかし、現代医学はなく、原始人の時代に戻ってしまうだろう。文明もないわけであるから、考えるのは恐ろしいことであるが、そうやって絶滅させることはできないだろう」。

マーク・ハーウェルとクリスティン・ハーウェル(1986)。「核戦争の直接的な影響により、数億人の人間が死ぬ可能性があるようである。間接的な影響では、10億から数十億の人類が失われる可能性がある。後者の予測が全人類の喪失にどの程度近づくかは問題であるが、現在の最良の推定は、大規模核戦争後に現在予測されている物理的社会的摂動からこの結果は導かれないだろう。”

39 これらの場所には交換部品を作る工場や知識が常にあるわけではないので、高度な電子技術には深刻な問題があるだろう。しかし、過去100年以前に人類が発明した何千もの技術については、事態はかなり良くなりそうである。例えば、産業革命以前のレベルまで低下する理由も、現在の技術レベルを最終的に回復できない理由も見当たらない。

40 例えば、米国エネルギー省の最近の論文では、主な核の冬のモデルと比較して、上層大気に到達する煤がはるかに少ないと論じている(Reisner et al.、2018)。

41 場合によっては、不確実性を追加することで、事態が好転することもある。特に、平均値への回帰(または自分の事前情報への回帰)の量を増やすことができる。つまり、推定された結果が当初はあり得ないと思われた場合、残留する不確実性が、この最初の推測に向かって後退する理由を提供するのである。しかし、この場合、大量の冷害よりも少量の冷害、大飢饉よりも小飢饉の方が、事前確率が大幅に高いという正当な理由は見当たらない。さらに、実存的な大災害を死者だけよりもずっと悪いものとして数え、中央値のケースがこれを引き起こす可能性は非常に低いと考えるなら、不確実性は事態をもっと悪くする。

42 Kristensen & Korda (2019d) から引用した。総収量は、Kristensen & Korda (2018, 2019a-e), Kristensen & Norris (2018), Kristensen, Norris & Diamond (2018) のデータを用いて筆者が算出したもの。

意図的な戦争の確率が下がれば、誤報を意図的な攻撃と解釈する確率も、少なくとも人間がループ内にいる限り下がるはずである。このことは、キューバ危機のような極度に緊張した時期に多くの重大な誤警報が発生したという実績と合致する。

44 7万個と1万4千個という数字は、いずれも退役した弾頭を含んでいる。現在、「現役」の核弾頭は約9,000個である(Kristensen & Korda, 2019d)。

45 Robockら(2007)。注40で述べたReisnerら(2018)によるモデリングでは、同様の交換による効果はかなり小さいとされている。

46 米ソが短・中距離陸上ミサイルの排除に合意した中距離核戦力(INF)条約の崩壊は、特に懸念されることだ。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました