「毒針」ワクチン接種に関する抑圧された事実 Eleanor McBean著 1957年
THE POISONED NEEDLE The Poisoned Needle: Suppressed Facts About Vaccinations

ワクチン HPV,炭疽菌,他

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Poisoned Needle: Suppressed Facts About Vaccinations

THE POISONED NEEDLE

ポリオの部分のみを読みたい方は、Eleanor McBean著「ポリオワクチンの隠された危険性」を見てほしい

目次

  • 序文
  • 第一章毒針
  • 「医学の進歩」は私たちをどこに連れて行ったのか?その内幕
  • ワクチン接種は誤った前提に基づいているワクチン接種は抵抗力を低下させ、病気を誘発するワクチン接種に反対する事例を要約する
  • 第2章天然痘はワクチン接種の前に減少していた
  • 天然痘ワクチン接種の減少に伴い、天然痘による死亡者数が減少したことを示す図
  • 天然痘ワクチン接種をめぐる保健当局者の発言
  • 天然痘のワクチン接種よりもワクチン非接種の病気の方が早く減少した。
  • イギリス領インドからの報告
  • メキシコの世界最悪の記録イタリアの証拠
  • 強制予防接種による天然痘の増加を示すグラフ
  • エジプトでは天然痘の接種率が高い予防接種でジフテリアが増えた国もある予防接種でジフテリアが増えた国もあるアメリカでは予防接種が衰退している
  • 第3章予防接種をめぐる医師たちの攻防
  • 疑惑を抱く知事
  • 第4章予防接種の歴史
  • 誰が、なぜ、予防接種を始めたのか?
  • 予防接種は科学的ではない
  • ワクチン接種が定着してからの死亡率の上昇ワクチン接種による結核の発生
  • 予防接種の起源は非常に古いアメリカでの予防接種
  • 乳母の話をもとにした予防接種-科学的ではない予防接種は免疫をつけない、と当局が言っている
  • ジェンナーの生涯免疫に何が起こったか?
  • 予防接種の苦情と災難に対するジェンナーの態度
  • ジェナーでさえ予防接種の失敗を認めていた英国政府の支援再接種は約束された免疫力を破壊する
  • ジェナーファンの反感を買う再接種は失敗に終わるという記録
  • 第5章予防接種が引き起こす癌
  • ワクチン接種で死亡したがん患者の写真米国がん協会が明らかにした驚愕の事実
  • 医師が予見する病人の国間違ったがん研究が進歩を阻む医学が作る鉄のカーテン
  • 医学的に治療されたがんで90パーセントが死亡している癌は不思議ではない
  • 癌のリンパへの関与食事は癌に影響を与えるだろうか?断食についてどう学ぶか?
  • バーナー・マクファーデンを殺したものは何か?
  • 早期診断の何が問題なのか?
  • 第6章梅毒とワクチン接種ワクチンによる梅毒の百科事典詳細なエビデンス
  • 天然痘、牛痘、梅毒の比較
  • なぜワクチン接種では天然痘を予防できないのか?
  • 第7章予防接種による他の病気政府の報告書では天然痘よりも予防接種による死亡が多いことが明らかにされている
  • 3万438人の兵士が予防接種の病気にかかった歯と視力の欠陥は予防接種が原因だった口蹄疫は予防接種が原因だった
  • 予防接種と病気について他の機関は何を言っているか予防接種は、麻疹、インフルエンザ、鶏痘、風疹、猩々緋などの一般的な病気を増加させる。
  • ワクチン接種前後の市町村の調査では、病気の増加が確認されている。
  • ワクチン接種前後での疾病の増加を示すグラフ
  • 天然痘の報告書偽造問題
  • 戦後ドイツで明らかになった予防接種の真実予防接種は体に何をもたらすのか?
  • ワクチンの安全性は確保できないケースヒストリー
  • 第8章予防接種による死者
  • アメリカでは5カ月で500人が予防接種で死亡した。予防接種で障害を負い死亡した兵士たち予防接種犠牲者の写真
  • ワクチン接種による死亡は報告されていない
  • 第7章コロラド州での予防接種死亡例予防接種によるその他の病気
  • 天然痘より予防接種の方が多いという政府報告
  • 3万438人の兵士が予防接種の病気にかかった歯と視力の障害は予防接種が原因だった口蹄疫は予防接種が原因だった
  • 予防接種と病気について、他の権威は何を言っているか予防接種は、はしかインフルエンザ、水痘、おたふくかぜ、猩紅熱など、一般的な病気を増やす。
  • 予防接種前後の市町村の調査では、病気の増加が確認されている。
  • 予防接種の前後で病気が増加したことを示すグラフ
  • 天然痘の報告書偽造問題
  • 戦後ドイツで明らかになった予防接種の真実予防接種は体に何をもたらすのか?
  • ワクチンの安全性は確保できないケースヒストリー
  • 第9章医療干渉国民を欺くための計画的医療謀略契約
  • 医療独占をめぐって
  • 高圧的な医療ロビイングが立法に与える影響
  • 誰が言葉を独占しているのか?より多くの自由が否定される
  • 最高裁は前例を作った健康本は医療信託の暴力団に攻撃された。
  • 医療信託に攻撃される健康研究犯罪が報われる場所
  • 第10章ポリオワクチンの隠された危険性調査も証拠もなく約束された安全性イギリスの新聞はソークワクチンに警告を発している
  • 安全とはどの程度か?
  • ソークはライフ誌で「発言」したワクチンを拒否する国もあるすべてのワクチンはポリオを引き起こす可能性がある
  • 他国でのワクチン接種によるポリオ生きたウイルスが原因ではないポリオウイルスとは何か?
  • 細菌を育てる人たちの混乱猿の実験は人間の尺度ではない
  • ソーク」免疫は何を意味するのか?
  • ソーク博士の有効性の数値は正確か?ソーク博士の有効性に関する図は正確か?ポリオの他の原因
  • コーラ飲料に含まれる毒物ポリオと妊娠
  • 病院の患者に提供される自殺のための食事療法医師は”コーラ”の給与名簿に載っているだろうか?
  • ポリオとペラグラ、脚気、その他の欠乏症との類似性
  • ポリオの原因となる一般的な毒白いパンに含まれる四つの毒
  • 兵士の間でポリオが多発していることポリオ・ビジネスにおける失敗のメカニズム
  • ソークワクチンへの懐疑的な見方
  • 獅子奮迅の活躍をする医師たち 「10セント硬貨の行進」はどうなるのか?
  • 誰がポリオを治せるのか?伝染病の原因は何か?
  • 参考文献
  • 補遺

ヴァカンス-医学的欺瞞レックス・U・ロイド著

アメリカン・カプセル・ニュース(モリス・ベアレ)(1955年10月15日号):サルク・バクシンのレポート

SALKの事実

  • 1956年1月14日-CHILDSLAUGHTER, INC 1956年1月21日ドルのSALKストーリー
  • 1956年1月28日 POLIO’S PREVENTION AND CURE 1956年2月4日-THE ROMANCE OF FLUORIDES (No. 1) 1956年2月11日.ROMANCE OF FLUORIDES (No. 2) 1956年2月18日.RomanCE OF FLUORIDES (No. 1) 1956年2月11日. 逍遥のロマンス(No.3) 奪われる者はいない
  • 1956年2月25日
  • 1955年11月1日 Salk Vaccineに隠された$サイン 1955年11月16日なぜソークの調合は医学経済学に失敗したのか
  • 1955年12月16日 VACCINE FRONT 1956年2月11日 HORNSWOGGLE, Inc.
  • “POLIO GROPINGS” By T. M. Schippell, N. D.
  • “LET US FACE THE FACTS” By T. M. Schippell, N. D.
  • 「ニュー・イングランドとサルクの臓物” By T. M. Schippell, N. D.」
  • 血清とポリオ」 ハーバード・M・シェルトン著 (1951年) 「ヒューストンでの犯罪」 シェルトン博士 (1955年5月) シェルトン、1955年5月号
  • ポリオ・ワクチンに気をつけようシェルトン、1955年9月
  • 塩のワクチン—ミレストーンかミルストーンかテレーズ・ゲイ著 1955年8月号
  • 人の意見は人の情報に勝るとも劣らない-リロイ・バーニー博士への公開書簡リロイ・E・バーニー
  • 狂犬病の過去と現在-ミリセント・モーデン 「サルキー・キドニー・ジュース」 T. M. シッペル博士(医学博士) 1956年6月号
  • ミルトン・フリード博士からの手紙、ソークワクチンによって子供を殺された母親からの手紙、D.C.
  • Nashville Banner, June 13, 1959 A FATHER ASKS: “ARE WE GUINEA PIGS?”(私たちは豚か?
  • テネシー州で再び猿の裁判が行われることになった
  • 今回は猿のジュースについてだけだ
  • テネシー州ナッシュビル、エデンウォルド・ロード、ベン・ガンブル。アメリカ癌協会
  • デュオン・ミラーからホーマー・B・ワイマー判事への書簡(1959年
  • ナッシュビル・バナー紙 1959年7月9日(木) ポリオの犠牲者の父親から非難されたソークショット
  • リリー・ロート嬢の講演 1927年1月
  • E McBeanからKnight知事への手紙(1956)。

ワクチン経済学-1957年2月9日、ワシントンD.C.のAMERICAN CAPSULE NEWSから引用。

T・M・シッペル博士(医学博士)

この死人たちはなんと愚かなことか

ポリオの泥沼—国民健康保険団体連合会会報1959年版

この巻の目的は、ワクチン接種に関するさまざまな記述の参考文献を提供することであり、特定の個人の特定の病気に対する「治療法」を提供することではない。

予防接種に関する先入観は一朝一夕には変わらないし、一冊の本を読んだだけでは変わらない。ここには、多くの偉大な科学者や医師(多くの流派の)の意見が書かれている。多くの人が、生涯をかけて研究し、試行錯誤を繰り返した上で発言している。読者には、十分に検討した上で、その意見を受け入れるか否かを決める権利がある。

したがって、この巻は素人にとって危険な書物ではなく、示唆に富む論説であると考えるべきであると、私たちは考えている。

出版社

前書き

過去2000年間、医師は病気を治すために間違った方向を見てきた。毒薬で病原菌を殺すという、役に立たないにもほどがあるやり方は、病気の問題を決して-そして決して-解決することはできない。

栄養と衛生が改善される前の暗黒時代、世界は天然痘の流行に断続的に見舞われた。しかし、その原因は頑なに無視され、予防接種が盛んに行われるようになってから、さらに病気の種がまかれるようになった。このように、大衆の血流に毒を注入することは、ある者は病気を強め、ある者は症状を抑え、またある者は新たな重病を作り出すことにしかならない。そして、この無知が生んだ間違った子供が、年月を経て、巨大なフランケンシュタインの怪物に成長し、容赦なく前進し、その行く手に群がる多くの人々を足元から削り取っていくのを見てきた。

この毒針の殺傷力によって、かつての単純な伝染病は、現在の恐ろしい「殺人病」へと変質していった。医学界全体を当惑させるこれらの奇妙な「謎の病気」の多くは、身体の化学的バランスを乱し、正常な機能を妨げるワクチン毒の不潔な産物である。

これら医学的に作られた残虐行為はすべて、天然痘や、虐待された身体から蓄積された毒の老廃物を排出する手段として自然が提供する他のどの噴火性の病気よりもはるかに悪いものである。このように自然の均衡ある経済に干渉することで、科学の力では制御できないほど問題を増大させているのだ。

現在、最悪の疫病は予防接種の疫病であり、毎年、予防接種の対象であった病気よりも、「ワクチン病」によって死亡する人の方が多くなっている。

病気から完全に解放されることは、医学的な悪戯や商品化された製品に侵されていない離島や孤立した地域社会以外では、ほとんど見られない。私たちの誇るべき文明は、利己的な利益と民族の搾取のために考案された自らの発明によって、劣化し、腐敗し、破壊されようとしているのだろうか?

ワクチン接種は、世界に約束された祝福ではなく、戦争、疫病、ペストを合わせたよりも多くの死と病気を引き起こすほどの、徹底的な破壊をもたらす呪いであることが証明されたのだ。人間の欺瞞の記念碑、罪のない人々を殺すもの、身体と脳の障害者である毒針ほど、わが国の健康を破壊する惨劇は(原子放射線を除いて)ないのである。

エレノア・マクビーン

第Ⅰ章 毒針

「真実は仮面をつけず、場所も喝采も求めず、人間の神社にも頭を下げない、ただ聴聞を求めるだけである」

ワクチン接種に反対する証拠の洪水と、この「微妙な」テーマについての隠された事実を求める声が高まり、文字通りこの本を作らざるを得なくなったのである。

この原稿のために資料を整理し、調査を進めているうちに、思いもよらなかった貴重な記録が、まるで見えない力によって私の手元にもたらされた。このページに書かれている情報が、医師だけでなく、人々の心を曇らせる悲惨な誤りを一掃するのに役立つことが期待される。真実の生きた言葉、あるいは他の力を使って、長年にわたって治療分野の進歩の道を阻んできたあの凶器、毒針の廃止が急務である。

ワクチン接種とその根拠となる誤った細菌理論は、人類を大きく迷わせ、医学の理論と実践が科学となる希望を与えていたもろい糸を断ち切ってしまった。現在の退廃的な医学的手法に支配され、国民の健康は歴史上最低の状態にまで低下している。1955年の調査では、国民の90%以上が精神的、肉体的に水準以下であることが明らかになった。生命保険の記録、軍隊の報告書、病院の明細書、政府の統計、結婚証明書や就職のための身体検査などによると、正常で健康な人は100人に1人もいないことが明らかにされている。癌財団によると、4人に1人は癌のマークがついている。心臓病の図はそれよりもさらに悪く、その他の「殺人病」もその犠牲になっている。

頭痛、便秘、立ちくらみ、虫歯、風邪、痛み、胃の病気などである。しかし、ワクチンや薬で井戸や病人を毒殺し、不必要な手術で病人を切り刻むという欺瞞的な医療方法では、すべてではないにしても、ほとんどの病気は避けることができ、(ある段階においては)治すことができる。

社会主義医療が脅かされたとき、医療関係者の会議が開かれ、利益がないのであれば、本当にどの手術がいくつ必要なのか、議論された。その結果、必要なのは3%ということになった。これは、その会議に出席していた医学生の指導教官からの情報である。

医学の進歩は私たちをどこに連れて行ったのだろうか?

この70年間、「医学の大躍進」と称された医学の記録を見ると、その7リーグ分の大躍進が逆になっていないかと疑わざるを得ない。なぜなら、その間に国民の健康は著しく低下し、殺人病が衝撃的に増加したからだ。ワクチン接種によって克服されるはずだった急性疾患は、マスクされ、「面目を保つ」ために抑制されただけで、その毒が内臓を腐食させ、危険な慢性疾患に発展したのである。

次の表は、私たちの現在の誤った方法が、私たち人類に何をもたらしているかを教えてくれる。

  • 過去70年間の殺人疾患の増加….
  • 狂気は400%増加した。
  • 癌の増加 308%
  • 貧血の増加 300%
  • てんかんが397%増加ブライト病が65%増加心臓病が179%増加
  • 糖尿病が1800%増加 (インスリンのおかげかどうかは知らないが)
  • ポリオが680%増加

この国の歴史において、予防可能な病気がこれほどまでに奔放に繁栄し、最初にそれを引き起こした薬や商品化された刺激物によって継続的に養われたことはない。

ロックフェラー研究所のアレクシス・カレル博士は次のように述べている(『サイエンティフィック・マンスリー』誌、1925年7月号)。

「現代の成人は、天然痘、コレラ、腸チフスで死ぬ可能性は50年前よりはるかに少ないが、何らかのガンに苦しめられ、腎臓、循環器、内分泌腺の遅い病気に悩まされ、発狂する可能性は確実に高い。現代医学は急速に死ぬ感染症から彼を守る(守ろうとしている)が、より遅く、より残酷な病気に彼をさらすことになる」

アニー・ライリー・ヘイルは、「医療ブードゥー」の中で、「医学は、5000年の試行錯誤の末に生まれた癒しのシステムであり、その最も誇らしい成果は、人類が天然痘を癌と腸チフスを糖尿病と精神異常と交換することを可能にした『科学』であり、その熱心な信者の信頼と支持に値するかもしれない」と語っている。しかし、そのようなシステムの背後には政府の全権があり、国庫を自由に使えるようにして、自分たち特有の教義や方法について誤解を招くような宣伝を広め、無力な人々にそれを強要することに、どんな正当性があるというのだろうか。”

この国には、もっと成功した効率的な治療法がたくさんあるのに、医療制度だけが政府から承認され、支援を受けている。税金で支えられている保健省、病院、施設はすべて医療関係者の支配下にある。財政的な支援、国民の信頼、あらゆる方法と理論の本格的な実験とテストにもかかわらず、治癒の医学部は殺人的な病気のどれをもコントロールできず、軽い病気の一つでさえも確実な治療法を持っていないのである。

天然痘やその他の伝染病は、ワクチン接種が一般化する何年も前に、衛生と栄養の改善によってほとんど制御されていたのである。しかし、毎年莫大な金額が医療費として投入され、その使途も利益も明らかにされていない。このような公的資金の浪費を止め、手遅れになる前に、より優秀な開業医に残骸を救い出す機会を与えるべき時ではないだろうか。

内幕

ジョン・ティルデン博士は、半世紀にわたる医学の実践の後、不適切な医療処置について次のような見解を示している。

「熟練した医師は、患者がどのような病気にかかっているかを正確に知っているが、その病気を治すことができないという科学的パラドックスを、今日、私たちは目の当たりにしている。診断する能力はあるが、治療する能力がない、これが科学的医学の本当の姿である」

「臨床医は、原因や治療法に関する憶測と不確実性の海の中を彷徨っている。そして、最も優れた医師は、解剖によって、彼らの診断のほぼ半分が間違っていることが証明されたと宣言する。(チャールズ・メイヨー博士は、ラジオ放送で、自分たちのクリニックでは、剖検で正しい診断ができるのは20%だけだと述べている) 「身体のあらゆる部位に専門医がいる。このような専門家による完璧さ(?)の皮肉は、いくつかの言葉に集約される。すなわち、診断とは、原因に関する知識のかけらもないまま結果をまとめる精巧なシステムであり、治療とは、免疫に関する自慢話を交えた、途方もない緩和策なのである。しかし、問題は解決しない。原因がわからないのに、どうやって病気を予防したり、治したりするのだろうか?400以上の病気と呼ばれるものは、すべて私たちの一般的な体系的な狂気の表現に過ぎず、私はこれを毒素症あるいは治癒の危機と呼ぶことにしたい。毒素症は、自己生成またはワクチン血清、薬物または他の毒物によって誘発された身体の毒の状態である」(「健康の哲学」ティルデン著)

R. T.トラル医学博士は、医学的方法を失敗として放棄する前に、長い間徹底的に試したもう一人の医者であった。彼は、自然界とそのシンプルさに目を向け、その健全な治癒の基本法則に基づいて、あらゆる病気から回復する奇跡を起こした。彼は、医学理論の矛盾を正当化しようとした後、次のように言っている。

「なぜ病気治療の成功は、他の科学の知識の驚異的な進歩に追いつかないのだろうか?答えは簡単だ。治癒技術を成功させるには、生命の法則、すなわち生命力の経済性に基づかなければならない。したがって、真の癒しの唯一の基礎は、正しい生理学的原理である。そして、ここがまさに、現代の正統派医療システム全体が失敗しているところである。この点で、現在の正統派医学は、まったくもって失敗しているのだ」

この言葉は、医学を知り尽くしている医師から発せられた強い言葉である。医学は、経済的に言えば、儲かるゲームであり、成功した開業医が、正直さ、誠実さ、理想主義のために、医学を離れるのは、これらの大切な資質が、その一分野に欠けていることを示している。

医学界がワクチン接種のような非科学的な妄想を一般大衆に押し付けることを可能にしたのは、この正しい生理学的・生物学的原理の欠如にあるのだ。

ワクチン接種は誤った前提に基づく

ワクチン接種の基礎となっている誤った「細菌説」は、医療制度と一般の人々を混乱と病気の泥沼に深く引きずり込む「盲人の盲人指導者」であった。(細菌説については、『第II巻』の「細菌と友好を結ぶ」という章に詳しく述べられている)。しかし、この章での私たちの関心は、予防接種という死骸を支える主要な支柱である「抗体」の漠然とした理論の不安定さを指摘することだけである。ハーバード・M・シェルトン博士は『衛生学体系』の第6巻で、この「厄介な」主題である「抗体」をより鮮明に取り上げている。このとらえどころのない小さなものは、人々を欺き、医者のために役立ってきたが、科学的調査の明確な光にさらされると、理論の中に消えてしまったのである。

シェルトン博士は次のように書いている:

「ワクチン、血清、抗毒素療法という現代の医療行為の全ては、体が抗毒素、抗体、抗原などと呼ばれる物質を製造し、それが体内に侵入した毒素と出会って破壊する能力があるという仮定に基づくものである」そのような毒素を破壊するのは、肝臓やリンパ腺などによる解毒作用である可能性もあるが、この考えは正しいようである。抗毒素、抗体、抗原などは、これまで単離されたことはない。抗毒素、抗体、抗原などは単離されたことはなく、想定されているだけであり、その想定に基づく実践は失敗であり、災難であった。しかし、それは存在しないからではないかもしれない。もし存在するとしたら、(ワクチンを作る際に)動物の血液のタンパク質と分離することは不可能だし、このタンパク質は他の動物(あるいは人間)の血液に直接注入すると猛毒になる。その上、ある種の抗毒素を他の種が利用できるという証拠もない。ワクチンが使用される場合、それは血液中に実際の疾病物質が導入されることになる。つまり、原因菌と思われるもの、あるいは病気の産物が体内に導入されるのだ。その結果は、しばしば恐ろしいものである。真の効果は決して見られない。

「もし、体が抗毒素や抗体を製造するという仮説が正しいのであれば、体が必要以上にこれらを製造することはまだ証明されていないのである。『遊離の』抗毒素や抗体は血清中に浮遊しているので、別の動物に移せば、その動物に役立つだけの量があるということは証明されていないのである。生命の一般法則に従えば、身体が過剰な抗体を製造することは大いにあり得るが、抗体の必要性がなくなった後もそれを保持することは証明できない。それどころか、生命のもう一つの一般法則に従えば、抗体はその必要性がなくなると同時に、体から取り除かれる可能性が非常に高いのである。もし存在するとすれば、それは緊急事態に対応するために作られた化学物質であり、緊急事態が存在しなくなると同時に捨て去られるのだ。」

世界有数の科学者であり細菌学者であるアントワーヌ・ベシャン博士は、通常細菌と呼ばれる微生物は、自分が作った腐敗した細胞から進化し、常に変化する生命物質の分解に参加し、自然が再び使用できる物質へと形成するのに役立つと観察している。したがって、病人の体内で細菌が発見された場合、それは外から侵入して病気を引き起こしたのではない。体内の腐敗した細胞から発生したもので、血清や薬物、その他の毒物によって体外から押しつけられた廃棄物や破壊を処理するのに重要な役割を担っているのだ。おそらく、現代の細菌学者たちは、この「ミクロザイマ」の活動を見て、「ミクロザイマ」は病気と戦う抗体であり、医者たちはワクチンという形でもっとたくさん体内に注入しなければならない、という結論に達したのであろう。しかし、常識と理性のある人なら、そんなことをしても、自然界の組織的な努力を邪魔するだけであることはわかる。これが、ワクチン接種がこれほどまでに多くの命を奪い、これほどまでに広範な病気を生んだ理由である。

「自然は間違いを犯さず、法則に反しない。彼女は一様に固定された原則に支配されており、彼女のすべての行動は、これらの行動を支配する法則と調和している。” (THE HYGIENIC SYSTEM, p. 48 – Shelton -) “個人と公衆の健康を促進する最良の、実に唯一の方法は、人々に自然の法則を教え、それによって彼らの健康を維持する方法を教えることである。予防接種計画は無益であり、原因と結果の法則を無効にすることができるという妄想に基づくものである。ワクチンや血清は正しい生活の代用品として使われ、生命の法則に従うことに取って代わろうとするものである。このようなプログラムは、法と秩序を平手打ちするものである。予防接種を信じることは、一種の妄想的狂気である。(自然治癒の原理-p.478-シェルトン)」

予防接種は抵抗力を低下させ、病気を招く

J・W・ホッジ博士は、ワクチン接種を非難し、その収集したデータを本にする前に、かなりの経験を積んでいた。その著書『The Vaccination SUPERSTITION』(p.41)の中で、彼はこう述べている。

「最も信頼できる記録と事実を、医師の日々の観察および経験と調和させながら徹底的に調査した結果、天然痘の伝染から被験者を守るのではなく、ワクチン接種は実際には被験者をより感染しやすくしているという結論が導き出された。ワクチン接種とは病気を植え付けることであり、それがその目的であることは明白である。健康は理想的な状態であって、病気ではない。感染した生体のあらゆる病原性の障害は、生命力を浪費し、低下させ、その結果、生体が本来持っている抵抗力を低下させる」

「この事実はよく知られており、誰もが認めているので、権威ある文献を引用するのは余計なことだと思われる。とはいえ、ひとつだけ挙げておこう。国際外科学会の教科書。1巻263ページには、次のような記述がある」

病気で弱った人や過労で消耗した人は、健康な人よりも感染症にかかりやすい。

もしこれが本当なら、さまざまな伝染病において天然痘が常にワクチン接種者を最初に襲う理由も、これらの病気が文明世界にはびこり続ける理由も、その同盟者(ワクチン未接種者)の「不潔病」が文明の進歩の前に、衛生管理、衛生、栄養改善の善処によって消滅していることも、説明がつく。”

ワクチン接種に反対するケースのまとめ

ホッジ博士はこう続ける。

  • 予防接種の歴史について、公平かつ包括的な生命統計の研究、あらゆる信頼できる情報源からの関連データから慎重に検討した結果、そして3,000人の被験者に予防接種を行った経験から、私は、予防接種は天然痘患者の減少といかなる論理的関係も示さないと固く確信している、1-ハンセン病、梅毒、破傷風や結核など、最も致命的で恐ろしい病気の一部を蔓延させてきたのが、予防接種という習慣であること。
  • 予防接種は、天然痘の伝染を防ぐのに役に立たないばかりでなく、むしろ有害であり、生命力を減退させ、自然の抵抗力を減退させることによって、かえって伝染しやすくしていること。
  • すべての病気に対する免疫力は、病気を広めることではなく、健康を獲得することによって実現されること。
  • 「ある病気から身を守るために、健康な生体にある病気を植え付ける必要は決してなく、そのような処置は衛生学の基本原則に違反するものであること」
  • ワクチン手術は、その性質上、近代的な無菌手術の基本原則に反していること、その目的は、病気の産物を生体から排除し、決してそれを持ち込まないことにあること。
  • 多くの健康な子供が予防接種の影響により死亡していること。
  • 8-何百万人ものワクチン接種を受けた人々が、身体に最もわかりやすいワクチン痕を残しながら、天然痘の併発で死亡していること。
  • 9-天然痘の流行は、必ずワクチン接種者を最初に襲うこと。
  • 天然痘は、健康・衛生・保健に関する法律に対する重大な違反に密接に関連していること。
  • 天然痘の大流行の発生は、すべて衛生上の怠慢の時期と一致していること。
  • 12-牛痘と性病は多くの共通点を持っていること。
  • ワクチンの症状と梅毒の症状の類似性は非常に高く、世界の著名な病理学者の何人かは牛痘を梅毒の改良型と見なしていること。
  • 牛痘は牛にとって自然な病気ではなく、雄牛や雌牛、搾乳されたことのない若い未経産牛には決して発生しない
  • ガン、梅毒、心臓病、ポリオ、結核などの深刻な殺人病は、ワクチン接種による血液汚染を続ける限り、決してなくならないこと
  • 16 – 衛生的な環境、純粋な水の供給、健全な食品、健康、予防接種による血液汚染の影響からの解放がある共同体は、天然痘やその他の病気を恐れる必要がないこと
  • 17-完全な健康状態にある限り、天然痘やその他の病気の感染にかかりやすいと真に言うことはできないこと
  • このような状態は、すべての病的な影響に抵抗し、撃退するものであり、したがって、病気に対する最良の防御となる
  • 予防接種は、ジェンナーとその信奉者が約束したことを全く果たせず、ジェンナーが英国政府から15万ドルも支払われた病気と死の遺産を民族に背負わせたこと
  • 予防接種の強制は、人間奴隷や宗教的迫害と並んで、人類の権利に対する最も重大な侵害の一つであること。
  • スイス、イギリス、オーストラリア、その他の賢明な国々は、強制予防接種がテストされ、悲惨であることが証明された後、これを廃止したが、この犯罪を許可する法律は、いまだに「自由な」アメリカの法令集を汚していること。

改革は、それによって利益を得る人々によってなされるものではないので、医師や政府が自らの意志でワクチン接種を廃止することは当てにならない。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました