プロパガンダ・全体主義ロバート・マローン官僚主義・テクノクラート

米国政府を支配する見えない権力 | トランプの「スケジュールF」はいかにして沼の水を抜くことができたか -Robert Malone
The Invisible Power Controlling the US Government

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/the-invisible-power-controlling-the?utm_source=%2Fprofile%2F49176289-robert-w-malone-md-ms&utm_medium=reader2

Robert Malone MD, MS

私は、逆全体主義、つまり、かつて新生し、今では定着した、米国の連邦権力のレバーを真に支配する政府の形態について、広範囲に書いてきた。この巨大な組織は、アメリカを「管理された民主主義」、つまり、選挙で選ばれた国民の代表が責任を負うことのできない官僚制に変えてしまったのだ。第4の権力と呼ばれることもあるこの怪物は、「ディープ・ステート」、シビルサービス、行政国家とも呼ばれる。

参考記事
逆全体主義 ウィキペディア(Wikipedia)

逆全体主義には権威主義的な指導者はいないが、その代わりに透明性のない官僚集団によって運営されている。この選挙で選ばれたわけでもない、目に見えない支配層が、内部から国を動かしている。彼らは、連邦政府雇用後の強力な仕事の誘惑と、隠された企業利益に奉仕するロビイストによる立法機関の取り込みの両方により、企業利益の影響を受けやすい。

参考記事
我が国の腐敗 逆全体主義:世界経済フォーラムは、資本主義による世界的な政治的掌握を象徴している Robe...

逆全体主義の一つの要素は、行政国家が一般的に民衆をコントロールするために、より厳しい規則や規制を挿入することだ。議会や大統領の要請ではなく、むしろ行政国家自身の利益のために、より厳しい規則や規制を挿入する。権力は権力を生む。私たち国民は、誰が、何を、どのように強制しているのか理解する術もなく、未知で得体の知れない支配階級にコンプライアンスを強制されているのだ。さらに現代では、グローバリストの企業や金融グループが、この行政国家をコントロールする上で、より大きな役割を果たすようになってきている。

Brownstone InstituteのJeffery Tuckerは最近、トランプが退任直前に可決した大統領令について、行政国家の権力に君臨するための大きな前進を可能にしたであろうという記事を書いた。この大統領令は、「スケジュールF」と呼ばれる連邦政府職員のカテゴリーを創設するものであった。

この新しい職員分類システムには、「機密性、政策決定性、政策立案性、政策擁護性 」の連邦職員が含まれることになり、「通常、大統領移行の結果として変更されることはない 」とされた。

この大統領令は、各省庁が政策職を新しいスケジュールで再分類することを認めるもので、上級管理職に候補者の採用や職員の解雇についてより大きな柔軟性を与えることを提案していた。

重要なのは、この新大統領令がバイデン大統領の就任時に最初に出されたものであったことだ。

ブラウンストーンより

行政国家は1世紀の大部分、実際には1883年のペンドルトン法までさかのぼるが、議会、大統領、司法のコントロール外で活動しながら、政策を設計し、政策を立て、政策を構成し、政策を実施し、政策を解釈してきた。

この第4の政府部門(非常に強力な部門である)が徐々に台頭してきたことで、アメリカの政治プロセスは、常設の官僚機構にかかっている政府の実際の活動に比べて、単なる劇場と化してしまった。..。

2020年以降、アメリカ国民はこの行政国家をよく知ることになった。彼らは私たちにマスクをつけるよう命じた。中小企業や教会を閉鎖するよう影響力を行使した。家に入れる人数を制限した。会社にはプレキシガラスが張られ、6フィート離れているようにと言われた。州境を越えるときは2週間の検疫を要求された。どの医療処置が選択的で、非選択的であるかを決定した。そしてついに、失業という罰則付きでワクチン接種を義務付けるようになった。

どれも法律で定められたものではない。すべて疾病管理予防センターの正職員によって、その場で考案されたものである。彼らがそのような力を持っていたとは、私たちは知らなかった。しかし、彼らにはそれがある。そして、権利と自由へのひどい攻撃を可能にしたその同じ権力は、食品医薬品局、労働省、環境保護庁、農務省、国土安全保障省、その他すべてにも属しているのだ。

運が良ければ 2022年の選挙で上下両院は大きく入れ替わるだろう。それによって立法措置の道が開かれるかもしれない。2024年には、「Schedule F 」のような規定を含む法案が議会で可決され、実施されるかもしれないと想像すると、とても嬉しくなる。これは、私たちの連邦規則集に永久に追加されるべきものである。もちろん、選挙資金を企業資金に依存する一党独裁の政党は、このような包括的な法案を通過させることを嫌うだろう。

もし、そのような法案が通らないのであれば、新大統領が就任した時点で、トランプ大統領と同様の大統領令を制定すべきである。民主主義を維持したいのであれば、行政国家を野放しにし続けることは許されない。官僚の沼は暗く、深く、広い。誰かがそれを排出する必要がある。

タイトルとURLをコピーしました