EBM・RCTイベルメクチンジョン・キャンベル

エビデンス・ベースド・メディスンという幻想 Dr. John Campbell
The illusion of evidence based medicine

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

John Campbell 0:01

3月26日土曜日の夜、本日の講演へようこそ。

今日はちょっと変わったことをします。というのも、実は今日、British Medical Journalの「the illusion of evidence based medicine」という記事をかなり長い時間読んでいたんです。エビデンスに基づく医療はちょっとした幻想であり、もはや現実ではなく、そこにないものを知覚しているに過ぎないということを示す、かなり衝撃的な記事です。

参考記事
TheBMJ エビデンス・ベースド・メディスンの幻想
2022年3月16日発行 Jon Jureidini(研究リーダー)1,Leemon B. McHenry(名誉教授)2 エビデンスに基づく医療は、企業の利益、規制の失敗、学問の商業化によって腐敗している ...

エビデンスに基づく医療がなかったら、火傷にタンニンを塗ったり、単純な病気の治療にスナック菓子を与えたり、体液バランスを整えるために血を流したり、ありとあらゆることをやっていたでしょうし、実際、ほとんど常に良いことよりも悪いことをしていたでしょう。ですから、エビデンスに基づいた医療は必要なのです。

これはDavid Sackettが70年代、80年代、90年代と開拓してきたものです。エビデンスに基づいた医療を行うためには、生理学的な裏付けがあることが理想的です。しかし、David Sackettが提唱したのは、研究に基づくエビデンス、可能であれば臨床試験に基づくエビデンス、そして、患者さんが許容でき、納得し、協力できる範囲で、専門家の意見の一致をもとに診療を行うべきだということです。中世や暗黒時代にはなかったことですが、私たちは患者との良好なコンコーダンスを持っています。

これは、現在ではBritish Medical Journalになっています。英国医学雑誌は180年の歴史があります。この論文がBritish Medical Journalに掲載されるほどインパクトがあるのは、ペニーブラック切手が初めて登場しました1840年代までの雑誌が、郵便と同じくらい古いものだからなのです。

この雑誌は、手術中の敗血症の重要性を発表した最初の雑誌でした。結核を治療するためにマウスに溶連菌を投与した最初の臨床試験がBritish Medical Journalに掲載され、喫煙が肺がんを引き起こすことを最初に特定したのもこの雑誌でした。

考えてみてください、それ以前は喫煙が肺がんを引き起こすことは知られていませんでしたが、喫煙が心臓病を引き起こすことを最初に特定したのです。もちろん、この先も続きます。このように、この雑誌は非常に強力な権威を持つ雑誌なのです。

もしお時間があれば、その背景を知るために興味深い記事をご覧になってみてください。この記事によると、エビデンスに基づく医療は、企業の利益、規制の失敗によって腐敗しているのだそうです。この論文によると、規制当局は私たちの期待を裏切っています。さて、私たちは何か特定のことについて話しているのではありません。

これは、現在の状況についての一般的なコメントであり、率直に言って、私たちの持つ信頼の欠如がひどいということです。あらゆる種類のものにおいて、私たちは今、信頼を欠いています。

学問の商業化、学問は純粋に真実を追求するものであるべきです。それが商業化され、学問に金銭的な利益がもたらされているのであれば、それこそが学問の本質です。それはよくありません。まったくもって良くない。

では、これらの著者は誰なのでしょうか?アデレードにいるJohn Durham die Research Leaderは、児童精神科医であり、研究者でもあります。この人たちのことをもっと知りたい人は、説明のところにリンクを貼っておきますね。そして、貸し出しをしているヘンリーは、カリフォルニア州立大学の名誉教授です。この論文は委託されたものではなく、外部のピアレビューに開かれています。

つまり、査読を受けたということです。つまりこれは実際にBritish Medical Journalに掲載された査読済みのオピニオンピースなのです。そして、100%完全に読むことができます。10分程度で読めますが、読み通すには30分程度かかります。細部まで目を通すには20分、その価値は十分にあると思います。私の言葉を鵜呑みにしないでください。

このチャンネルのポイントは、私が証拠を示して、それを説明しようとしているところです。

TheBMJ エビデンス・ベースド・メディスンの幻想
2022年3月16日発行 Jon Jureidini(研究リーダー)1,Leemon B. McHenry(名誉教授)2 エビデンスに基づく医療は、企業の利益、規制の失敗、学問の商業化によって腐敗している ...
John Campbell 4:33

さて、実践のための確かな科学的基盤です。これがエビデンス・ベースド・メディスンです。医療のためのしっかりとした、科学的な基礎です。意見に基づくものではありません。

以前は、コンサルタントが言ったからという理由で、経験豊富な医師の個人的な意見に基づくことが多かったのですが、今は、プロトコルに基づくことが多くなっています。

最近、私たちの仕事では、「もし、この人がそうしたいのなら、プロトコルを探してきてください」と言われることが多くなりました。そして、そのプロトコルは確かなエビデンスに基づいている必要があります。さて、この講演や記事は、決して個々の臨床医を非難するものではありません。

彼らは、自分たちが許可されたことしかできないのです。ですから、これは個人の誠実さについての意図の問題ではありません。ある個人の誠実さについての話です。

この新しいパラダイム、すなわちエビデンス・ベースド・メディスンのパラダイムの有効性は、臨床試験から得られる信頼できるデータに依存するのです。これこそ私たちが必要としているものです。しかし、臨床試験のほとんどは、金儲けに走る製薬業界によって行われています。

そこで、Eccles博士との対談で、このことについて話をしました。最近では、病気を予防できるものはたくさんあるのに、すべての病気に効く薬という考え方に、私たちはあまりにも傾きすぎているのではないでしょうか。ティム・スペクターは、マイクロバイオーム、食事、運動、ビタミンDの欠乏、マグネシウムの欠乏など、さまざまなことに取り組んでいます。

鉄欠乏症は世界の人口の膨大な割合で貧血を引き起こし、ヨウ素欠乏症は、これらすべてを改善することで健康を最適化することができます。しかし、お金がありませんし、すべての病気に効く薬にお金があるわけでもありません。ところで、1日1錠、一生飲み続けなければなりませんが、残念ながら、これが私たちが置かれている状況です。

一例を挙げましょう。臨床試験データは、主に製薬業界によって実施されています。臨床試験を行うには、適切な臨床試験を行うために、おそらく約1,000万ドルが必要とされ、決して安くはありません。ですから、製薬業界は、投資に対する見返りがあるものしかやりたがらないというのは理解できますね。

ビタミンDの研究は、スーパーマーケットで100錠を1ポンドか2ポンド以上で売ることができないのに、なぜ行うのでしょうか?特許が切れるとライセンスが受けられなくなるのに?例えば、これはこちらの記事からです。繰り返しますが、これは私が声高に言っているのではありません。これが証拠です。

私のことを批判する人はたくさんいますが、それはそれでいいんです。しかし、批判を聞く前に、「じゃあ、その根拠はどこにあります?」

私は他人の意見に興味はありませんし、自分の意見にも興味はありません。私たちは、証拠が何を言っているかにしか興味がないのです。エビデンスベースでなければ、エビデンスベースドメディシンの前提であるエビデンスベースである意味がありません。そうでなければ、暗黒時代に逆戻りです。とにかく、この例を見てください。言っておきますが、これはこの雑誌のものです。

John Campbell 8:32

そして、Japanese Journal of antibiotics さて、このイスラム教の記事は、確かにその影響下で書かれており、共同執筆者の一人がこの紳士です。そしてスン・タシア・モラ教授は ウィリアム・キャンベルと共に 2015年にノーベル賞を受賞しました。

イベルメクチンを発見したサトシ・オームラは、様々な細菌を調べ、その細菌がどのような化学物質を生産しているかを調べ、それを複製する方法を考え出したのです。ウィリアム・キャンベルは、この方法を開発した化学者です。イベルメクチンの臨床研究における世界規模の試験、それが論文のタイトルであるCOVID-19です。

日本では、最も重要な人物を最後に書いていますが、これは私たちのやり方とは逆です。ノーベル賞受賞者、これはカターブ大学、今はコンタット大学ですが、シンタシタ・モーラは1965年ごろからそこで働いていますね。すごいですね。

彼は基本的に彼の長い、そして非常に優れたキャリアのすべてをそこに持っています、臨床試験を組織的に行うことに非常に経験豊富な大学です。サントッシュ・クマールは大学側の担当者で、COVID-19のイベルメクチンの日本での臨床試験をアメリカの共同研究者に依頼したのです。

これは、この記事からの直接の引用です。実際には60ページから61ページにあります。 その記事を思い浮かべますが、直接の引用です。パンデミックは、大学から「再利用薬に注目しましょう」と言われました。イベルメクチンには、抗ウイルス作用があるという説があります。それを調べてみましょう。その臨床試験を行いましょう。

これはイベルメクチンについて述べているのではなく、この特定の状況で起こったことについて述べているのです。そこで、大学のOSS(Original Sustainability System)を利用して、日本で臨床試験を行うことになりました。メルク社はすでに製造しているため、優先的に申請書を提出することができました。

しかし、メルク社は、臨床試験を行うつもりはない、緊張感もないし、臨床試験を行うつもりもない、と言っています。なぜなら、この薬は特許が切れていたからです。特許切れの薬でお金を稼ぐことはできません。だからそうしたと言っているわけではありません。

しかし、特許切れの薬では、誰でも製造できるため、大きなお金を稼ぐことができないのは事実です。インドでは文字通りジェネリック医薬品として製造されています。このように,製薬会社は儲からない臨床試 験をわざわざやらないというのが典型的な例です。

もちろん、メルクはさらに新しいPoorvaの臨床試験を行いました。ファイザーは、現在時々使われている抗ウイルス剤のパック・ラブ・イットについて、大規模な臨床試験を行いました。しかし、臨床試験を行うための良い設備があったにもかかわらず、彼らはそのようなことはしたくなかったのです。

最近、製薬会社の機密文書が公開されたことで、製薬会社がスポンサーとなった臨床試験がどの程度誤って伝えられているのか、貴重な洞察を得ることができました。それは残念なことです。このようなことが起こるのは残念なことです。

この問題が是正されない限り、エビデンスに基づく医療は幻想のままであり、現実のものではありません。だから、私たちはエビデンス・ベースド・メディスンについて話すのです。しかし、それは今でいう美徳の印に過ぎず、昔は偽善と呼ばれていました。

もちろん、最近、文書が公開されたことは知っています。その文書の公開には裁判所の命令が必要で、裁判所が臨床情報の公開を命じなければならないとは、なんということでしょう。

カール・ポパーは主に40年代と50年代に活躍した哲学者で、批判的合理主義という考えを提唱し、科学の誠実さと開かれた民主主義社会における科学の役割を提唱しました。このデータはオープンである必要があります。裁判所の命令で公開される前にオープンであるべきです。私の考えでは、裁判所の命令は必要ないはずです。

John Campbell 13:20

本当の意味での誠実な科学。そのためには、実践者は大切な仮説に固執しないように注意する必要があります。ですから、私たちは自分たちの趣味の馬を書くようなことはしません。そして、最も厳しい実験の結果を真摯に受け止めるのです。しかし、当然ながら、実験を行うかどうかは誰が決めるのでしょう。残念ながら、それはそれで金儲けができる者たちであることが多いのです。

この論文の著者たちは、この理想を言い続けています。企業、金融利益によって脅かされる人は、トランプが共通の利益、私だと信じているのです。マッチ医療は、少数の非常に大きな製薬会社によって大きく支配されており、彼らは市場シェアのために競争していますが、その市場を拡大するための努力で事実上団結しています。

市場が大きければ大きいほど、彼らは儲かるわけです。ですから、あらゆる病気に効く薬があればいい、あらゆる耳に効く注射があればいい、あらゆる病気に効く注射があればいい、そうすれば自社の製品がより多く売れるからです。健康を促進し、最適化するようなものよりも。これらの企業は、人々が病気になるのを待つことで、より多くのお金を稼ぐことができるのです。これは、私たちが望む方法とは完全に逆になっています。

科学的進歩は、データの所有権によって阻まれます。産業界が否定的な試験結果を抑圧するため、データを収集する人はそれをしばしば秘密にし、データを所有し、知識を得ることができます。

ですから、もしあなたがリゾート地に行き、薬が効いていないことを示せば、なぜわざわざそれを公表する必要があるのか、よく見えないのでしょう。ポジティブな結果が出れば、それを公表することができるのです。

これはもちろんよく知られていることで、出版バイアスと呼ばれるものです。しかし、この記事は、ある特定の情報を公表するか、あるいは抑制するかで得られる商業的利益に応じて、人々が公表したり、あるものは黙秘したりすることを示唆しているのです。もしそれが本当なら、これは非常に大きな、悪いことです。

有害事象はしばしば報告されず、残念ながら学術研究コミュニティと生データを共有することはないと考えていること。さて、世の中には臨床に携わる人でなくとも、様々な人がいます。生データがあれば、統計学に絶対的な才能を持ち、データを分析することができる人がたくさんいます。

では、なぜ生データがないのかというと、客観的な評価ができるようにするためです。それから、この論文は、British Medical Journalに掲載された論文です。この論文では、研究課題、大学、規制当局に商業的利害が悪影響を及ぼしたために患者が死亡した、と書かれています。

製薬会社はそれでお金を稼いでいるのはなんとなくわかりますが、大学や規制当局、DME、そしてもちろん、あまり長く考える必要はないと思いますが、現在医学や科学の分野で非常に高い地位にある著名な人たちが思い浮かびます。

彼らは製薬会社で数年を過ごした後、退職して数百万ポンドの椅子を現金化し、再び上級職に就くのです。これを回転ドア人事と呼ぶのでしょうが、皆さんも思い当たる人がいるのではないでしょうか。

では、製薬会社に数年いて、その会社から数百万ポンド分の株を現金化しただけの人が、経営判断について完全に客観的になれるでしょうか?もちろん、彼らはそう主張するでしょう。しかし、その主張がどの程度妥当なものであるかは、あなたに判断してもらいましょう。

科学的完全性よりも広報、宣伝が優先されます。つまり、広報、プロパガンダです。プロパガンダ、つまり、嘘をつくということは、確かにデータを誤魔化したり、特定のスピンをかけたりすることを意味しますよね。

John Campbell 18:06

この記事によると、大学は新自由主義的な市場アプローチを採用し、商業的な条件で医薬品の資金を積極的に求めています。大学はお金を求めている、そのことに疑問の余地はありません。その結果、大学の学部は産業界の道具と化しています。

つまり、客観性を維持するはずの学者が、ある種の不正行為に加担しているのです。その結果、大学のパートナーは、企業が研究課題を管理することによって産業の道具となり、企業は実際にどのような研究が行われたかを提案し、指示することができるようになるのです。そのため、企業はどのような研究が行われるかを提案したり、指示したりすることができます。

つまり、「金を払う者が曲を決める」ということわざがありますが、どのような研究を行うかを選択することができるのです。そして、最近ゴーストライティングが主張されている記事、ゴーストライディングやMedic goes wrong、医学雑誌の記事、継続的な医学教育など、誰もが思い当たることでしょう。

では、実際にこれらの記事を書いているのは誰なのでしょうか?そして、そのスタイルを見た人は、ゴーストライティングを見分けることができるのです。学者が商材の宣伝の代理人に?学問が絶えず戦うことになっている正確な主観性 企業大学はまた、学術的リーダーシップの概念を危うくします。

つまり、あなたが上級の研究者であるならば、それはあなたが一生懸命に研究し、たくさんの優れた論文を書いたからでしょう?ですから、学長というのは、勤勉に働いて得たちゃんとした学者なのですが、ところどころで、資金調達担当者や学術管理者に置き換えられているのです。私の経験からも、これは真実だと言えます。大学のために資金を調達できる人が採用されるのです。彼らはアカデミック・マネジャーになるのです。

私は、学問的な資格のないシニア・マネージャーを、学問の世界で働かせたことがあります。ばかげています。まあ、学位か何かは持っているのでしょうが、そうでないことは確かです。

研究者でもなければ、博士号を持っているわけでもない。そんな人たちがたくさんいるなんて、本当にばかばかしい。収益性を示すため、あるいは企業のスポンサーをいかに引きつけるかを示さなければならない学術界のマネージャー、確かにその通りです。私は、資金を集められるからという理由で採用された人を何人も見てきました。そして、資金が集まらなくなると、その人たちの雇用もなくなるようです。

資金を集めるために大学に雇われた人たち。医学の世界では、学問の世界で成功した人は、キー・オピニオン・リーダー、ポーリングの頭文字をとって、マーケティングの世界では、キー・オピニオン・リーダーと呼ばれるようになります。

私はこれらの呼び出しが嫌いです。キーオピニオンリーダーは、そのキャリアは、業界が提供する機会を通じて進めることができます。医師は、キーオピニオンリーダーがあるため、他の医師の処方習慣への影響に基づいて選択されています。企業でうまくやろうと思えば、少なくともキーオピニオンリーダーは、この影響力と大学の所属がもたらす名声のために、産業界から求められるのです。

この記事によると、このような誤用があります。シエナのこの記事によると、この誤用は、もう一度焦点を合わせることができます、これは焦点から外れています。それはいいんです。これは大丈夫です。学問的なものを使っている人たちは

John Campbell 22:43

私は学者で、これは正しい、あなたはそれを知っている、だから誰が何を言おうと、私たちは言わなければなりません。その人がどれだけ偉いかは関係ありません。カンタベリー大司教であろうと、首相であろうと、その国の一流の教授であろうと、最高医学責任者であろうと、関係ありません。

私はこう言っているのだから、これが正しいのだ、とは言えません。必ず証拠を示さなければならないのです。もちろん、生データがなければエビデンスは得られませんが、オープンになっていないからです。

ですから、残念ながら、この悪循環から抜け出せないでいるのです。教育や継続的な医療管理における医学会議で、業界の臨床試験の結果を発表することがあります。

つまり、私たちの多くはキノコのように扱われ、彼らが望む情報を与えられるだけなのです。独立した、利害関係のない科学者として行動し、グループのパフォーマンスを批判的に評価する代わりに、引き付ける。彼らは、マーケティング担当役員の言うところのプロダクト・チャンピオンになるのです。なんというひどい言い草でしょう。

あなたの仕事は、この製品のチャンピオンになり、人々がこの製品を買うようにすることです。しかし、大学では、このような共同研究による科学の誤報を正すことができません。おそらく、この共同研究には多額の資金が投入されるからでしょう。産業界の批評家は、出版されない雑誌からの拒絶に直面します。

実際、最近では、ある種のソーシャル・メディア・プラットフォームからの拒絶反応とさえ言えるでしょう。法的な脅威やキャリアの破壊の可能性もあります。もちろん、学術界では、学術界であるためには、出版するか滅びるかという考えを公表しなければならないからですね。ジャーナルはあなたの論文を受け入れない。研究評価資金を得ることもできません。

この不平等な競争の場こそ、カール・ポパーが科学コミュニケーション手段の抑圧と統制について書いたときに懸念したものです。つまり、これは40年代に予想されたことなのです。カール・ポパーは、科学的コミュニケーションの手段を抑圧したり、コントロールしたりしてはならない、と言っています。

完全にオープンであるべきなのです。科学的領域における言論の完全な自由が必要なのです。そして、今、私たちは、科学的領域や医療的領域の規制当局にそのような自由がありません。繰り返しますが、これは完全に循環しています。ほとんどの場合、生データを見ることなく。

私は自分の甘さから、規制当局はすべてのコアデータ、つまり、これらの決定の基礎となるコアデータにアクセスできると思っていましたが、そうでないことが非常に多いことが分かり、実際に驚かされました製薬会社は自分たちの宿題を自分でマークして、好きなように光を当てているのです

そして、このビデオを評価しようと思うのですが、このビデオは良いのでしょうか、悪いのでしょうか?考えてみよう、言っておくが、私はこのビデオに10点満点で10点をつけるつもりです。

実際、私はそうではありません。しかし、自分の作品を自分で採点することの不条理をご覧ください。製薬会社は自分たちの宿題を持っているかもしれません。そしてもちろん、プレスリリースによる科学の例をたくさん見てきました。

この著者たちは、このことについて幅広く研究している著者で、このことについて本や何かを書いています。彼らは何を示唆しているのでしょうか?製薬会社の資金提供から規制当局を解放すること、規制当局は完全に独立させ、製薬会社から資金提供を受けてはなりません。

製薬会社に税金を課して、独立した試験への公的資金援助を可能にすべきです。あるいは、基本的に独立した試験が必要で、その試験に魅了されているが、結果には金銭的な利害関係のない人々が実施する必要があります。

John Campbell 27:28

つまり、そうでないことは明らかなのです。匿名化された個々の患者レベルの臨床データが掲載されています。さて、これを行うことは十分に可能です。試験からデータを取り出し、匿名化し、利用できるようにすることは十分に可能です。

そして、世界中の学者、統計学者、科学者が、それを分析することができます。例えば、医療データを投稿すると、工学部はそれを分析することができます。なぜなら、非常に優れた統計分析ができるからです。

そして、エンジニアが医師と同じ意見かどうか、統計学者と同じ意見かどうかを確認するのです。そして、統計が正しければ、そうなるでしょう。しかし、データがなければ、それはできません。生データがない限りは。何もすることができないのです。もちろん、研究プロトコルと一緒に、適切にアクセス可能なウェブサイトにも掲載されています。

つまり、統計的な能力を持つ、評判の良い大学の研究者チームがいて、「このデータを見せてください」と言えば、そのデータは公開されるわけです。もちろん、それは合理的な要求であり、実行されるでしょう。

乾燥した参加者は、データを自由に利用できるようにすることを試験機関に要求することができます。さて、治験参加者、参加する人々は、臨床試験の患者になることに同意しました。それは、高貴で美しいことです。というのも、私が臨床試験を組織する場合、「ほら、ここに効きそうな新薬がありますよ。」この治験に参加してもらえれば、その薬を提供できるかもしれません。しかし、プラセボを投与されるかもしれません。

もし、1対1の試験なら、どちらかをもらえる確率は50-50%です。多くの人がこのような試験に参加し、中には自分が死ぬとわかっていても、次の世代がその結果から利益を得られるように、50%の確率でプラセボをもらえることを覚悟して試験に参加している人もいるのです。

それは崇高で美しいことです。それが、商業的な利益のために台無しにされているのです。まったくもって、あきれるばかりです。だから、試験参加者は何か言うことができるはずです。

これは、治験の同意書を作り直すことで簡単にできることで、難しいことではありませんし、そうする必要もないでしょう。データのオープンで透明性のある公開は、参加者を試すという私たちの道徳的な義務に沿ったものです。

私たちは、知識が進歩するように多くのことを与えてくれたこれらの人々に対して道徳的な義務を負っています。そうです。これはすべて、英国の医学雑誌の論文に直接基づいており、査読を受けています。

ですから、そこに書かれている参考文献やすべてが正しいと考えることができます。私がチェックした部分は正しいです。そして、これは決して楽しいものではありませんし、読んで楽しいものでもありません。なぜ信頼がないのか、おわかりいただけると思います。

繰り返しますが、これは個々の医師や看護師を批判しているのではなく、彼らがプロトコルに則っているかどうかを批判しているのだということを本当に強調したいのです。実際、トラブルに巻き込まれることもありますしね。もし、ある特定のプロトコルがあって、ある特定の症状に対して、ある特定の治療が必要だとしたら。ある臨床医が、これはおかしい、他の方法をとろう、と思ったとします。

そして、何かが間違っていたのです。最初の質問は、弁護士から「あなたはプロトコルに従いましたか?国のガイドラインに従ったのでしょうか?」もちろん、そうでない場合は足がつかない。ですから、医師や看護師は基本的に国のガイドラインに従わなければならないのです。

しかし、それは商業的な利益によって大きく左右されるようです。それを変える必要があります。政治家がこの改革案を見ているとしましょう。もちろん、著者が提案した本には、他にもたくさんの提案があります。

そして、それはまさに科学の純粋さについてなのですね。これは真実の探求なのです。何が真実か、何が正しいか、ということなのです。それが科学というものであり、現在、短期的な商業的利益によって汚染されていることが非常に多いのです。ご視聴ありがとうございました。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました