3. 社会問題・政治・経済・思想グローバルリサーチジャック・マトロックロシア・ウクライナ戦争

ウクライナで高まる平和のための合唱
The Growing Chorus for Peace in Ukraine

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/growing-chorus-peace-ukraine/5797335

メデア・ベンヤミンニコラス・J・S・デイヴィス

グローバルリサーチ、2022年10月27日

ウクライナは、2月にロシアが侵攻して以来、衝撃的な破壊と致命的な暴力に見舞われている。死者の数は、6,374人の民間人を含む最低27,577人から、15万人以上までと推定されている。米国とそのNATOの同盟国を含むすべての側が戦争にコミットし続ける限り、虐殺はより恐ろしいものになる。

戦争の最初の数週間、米国とNATO諸国はウクライナに武器を送り、ロシアがウクライナ軍を迅速に撃破し、キエフで米国流の「政権交代」を行うことを防ごうとした。しかし、その目標が達成されて以来、ゼレンスキー大統領と西側の同盟国が公言する目標は、2014年以前のウクライナをすべて回復し、ロシアを決定的に打ち負かし弱体化させることだけである。

これらはせいぜい野心的な目標であり、結果にかかわらず何十万、何百万というウクライナ人の命を犠牲にする必要がある。さらに悪いことに、もし成功に近づけば、核戦争の引き金になる可能性が高く、これこそ「勝ち目のない苦境」の典型である。

5月末、バイデン大統領はNew York Times編集部からウクライナ政策の矛盾について追及され、米国が武器を送るのはウクライナが「戦場で戦い、交渉の場で最も強い立場に立つことができるようにするためだ」と答えた

しかし、バイデンがそう書いたとき、バイデンとNATOの指導者が支援に付けた条件のおかげで、ウクライナはいかなる交渉のテーブルにもつくことができなかった。4月、ウクライナが停戦、ロシアの撤退、中立国としての平和的な将来について15項目の平和計画を交渉した後、米国と英国は、合意の重要な部分である安全保障をウクライナに提供することを拒否した。

現在失脚した英国のボリス・ジョンソン首相が4月9日にキエフでゼレンスキー大統領に語ったように、「集団的西側」は「長い目で見る」、つまりロシアとの長い戦争を望んでいるが、ウクライナとロシアの間の合意には一切関わりたくないと考えている。

5月にロシア軍がドンバスを通過し、6月2日にはゼレンスキーが、ロシアが2014年以前のウクライナの領土の20%を支配していると認めざるを得ず、ウクライナは強くなるどころか、弱体化した。

オースティン長官が4月に、戦争の新たな目標はロシアを決定的に打ち負かし「弱体化」させることだと宣言してから半年、バイデン大統領は新たな和平構想の呼びかけを拒否している。つまり、米国と英国は4月の和平交渉を潰すために介入することに何のためらいもなかったが、ゼレンスキー大統領に終わりのない戦争をすることを売り込んだ今、バイデン氏はゼレンスキー氏が和平交渉を拒否しても何も言えないと言い張るのだ。

しかし、バイデンがタイムズ紙に認めたように、戦争が交渉のテーブルで終わることは自明の理である。戦争指導者にとっての永遠の茨の道は、「いつ交渉するか」?ということである。問題は、自国が勝っているように見えるときには、戦いを止める動機がほとんどないことだ。しかし、負けているように見えるとき、戦争の流れが遅かれ早かれ自分に有利になり、立場が改善されると信じている限り、弱い立場で交渉する動機もない。ジョンソンとバイデンは、4月にゼレンスキーに自国の将来を賭けるよう説得したのは、その希望からだった。

現在、ウクライナは局地的な反攻を開始し、領土の一部を回復している。ロシアはこれに対し、数十万人の新兵を投入し、ウクライナの電力網を組織的に破壊し始めた。

エスカレートする危機は、バイデンの立場の弱さを露呈している。彼は、ウクライナの冬の戦争と停電の後、ロシアが支配する地域にさらに何十万人ものロシア軍が駐留し、ウクライナが何らかの形で軍事的に強い立場になることに、何十万人ものウクライナ人の命を賭け、何の道徳的主張もできないでいる。これは、もっと長い戦争への賭けである。アメリカの納税者は何千トンもの武器を購入し、何百万人ものウクライナ人が死ぬことになり、核戦争以外の明確な終着点はない。

米国のマスメディアが道徳的にも知的にも破綻しているおかげで、ほとんどのアメリカ人は、バイデンと彼の泡沫的な頭脳を持つ英国の同盟者がゼレンスキー氏を追い詰め、彼の国を破壊する長期戦を優先して有望な和平交渉を放棄するという自殺行為の決断をさせた、欺瞞に満ちた方法について何も知らない。

戦争の悲惨さ、欧米の政策の矛盾、ヨーロッパのエネルギー供給への反撃、「南半球」を襲う飢餓の恐怖、高まる核戦争の危険性などから、ウクライナの平和を求める声が世界的に高まっている。

もしあなたが、最近のアメリカでニュースとして通じる薄い粥をメディアで食べているなら、グテーレス国連事務総長やフランシスコ法王、あるいは9月の国連総会で演説した世界人口の大多数を占める66カ国の指導者の平和への呼びかけを聞かなかったかもしれない。

しかし、平和を求めるアメリカ人もいる。政治的なスペクトルを超えて、引退した軍人や外交官、ジャーナリストや学者まで、米国のウクライナ政策の危険な矛盾を認識し、世界中のリーダーたちとともに外交と平和を求める「部屋の中の大人」たちがいる。

画像:Jack F Matlock,Jr. 駐ソ連・チェコスロバキア米国大使(Licensed under Public Domain)

Jack F Matlock,Jr.jpg

ジャック・マトロックは、米国外務省で35年間ソ連専門家として活躍した後、1987年から1991年まで最後の駐ソ大使として勤務した。キューバ・ミサイル危機の際にはモスクワの大使館に駐在し、ケネディとクルシェフ間の重要なメッセージの翻訳を担当した。

2022年10月17日、マトロック大使は、Responsible Statecraft誌の「なぜ米国はウクライナの停戦を迫らなければならないのか」という記事の中で、ウクライナの主要武器供給国として、またロシアに対する最も厳しい制裁のスポンサーとして、米国はこの危機から「抜け出す道を見つけるのを助ける義務がある」と書いている。そして、「戦闘が止まり、真剣な交渉が始まるまでは、世界は私たち全員が敗者となる結果に向かいつつある」と結んでいる。

ウクライナをめぐる外交について発言しているもう一人のベテラン米外交官は、オバマ大統領の軍備管理・軍縮・不拡散に関する上級顧問を務めた後、2016年から2019年までNATOの事務次長を務めたローズ・ゴッテモラー氏である。ゴッテモエラーは最近、フィナンシャル・タイムズ紙に、ウクライナの危機には軍事的な解決策はないと見ているが、「慎重な話し合い」によって、60年前のキューバ・ミサイル危機を解決したような「静かな交渉」に至る可能性があると書いている。

軍事面では 2007年から2011年まで統合参謀本部議長を務めたマイク・マレン提督がいる。バイデン大統領が資金調達パーティーで、ウクライナ戦争が核の「ハルマゲドン」につながるとおしゃべりした後、ABCがミュレン氏に核戦争の危険性についてインタビューした。

マレン氏は、「少し離れて、この問題を解決するためのテーブルに着くために、可能な限りのことをする必要があると思う。「それは終わらせなければならないし、通常はそれに伴う交渉がある。私の知る限り、早ければ早いほどいい」

経済学者のジェフリー・サックスは、地球研究所、そして現在はコロンビア大学の持続可能な開発センターの所長を務めていた。彼は、侵攻以来一貫してウクライナの平和を訴え続けている。9月26日付の「ウクライナにおけるグレートゲームは制御不能に陥っている」と題する最近の記事で、サックスは1963年6月のケネディ大統領の発言を引用し、サックスが「今日も私たちを生かすことのできる本質的な真実」と呼ぶものを発した。

「核保有国は、自らの死活的利益を守りつつ、何よりも、敵対者に屈辱的な撤退か核戦争かの選択を迫るような対立を避けなければならない」と、JFKは言った。「核時代にそのような道を選ぶことは、私たちの政策が破綻している証拠であり、世界に対する集団的な死の願望であるとしか言いようがない」

とサックスは結論づけた。

「NATOの非拡大を前提とした3月末のロシアとウクライナの和平合意案に戻ることが急務だ。..世界の生存は、すべての側の慎重さ、外交、妥協に依存している」

ヘンリー・キッシンジャーでさえ、彼自身の戦争犯罪はよく知られているが、現在の米国の政策の無意味さについて発言している。キッシンジャーは8月にウォール・ストリート・ジャーナル紙にこう語っている。

「私たちは、自分たちが作り出した問題で、ロシアや中国と戦争の危機に瀕している」「これがどのように終わるのか、何につながるのか、何の概念もないままだ」

米国議会では米国議会では、5月に民主党議員が全員、和平工作のための規定を設けず、ウクライナの武装を事実上白紙委任することに賛成した後、進歩的コーカスのリーダー、プラミラ・ジャヤパルをはじめ29人の進歩的民主党議員がバイデン大統領への書簡に署名し、「交渉による解決と停戦を支援するため、積極的に外交努力する」よう強く要請している。「また、ウクライナのパートナーとの協力のもと、紛争の迅速な終結を目指し、この目標をアメリカの最優先事項とすることを改めて表明する」

しかし、党内の反発は激しく、24時間以内に書簡を取り下げた。世界各地からの平和と外交の呼びかけに応じることは、ワシントンDCの権力の中枢では、まだその時期が来ていないようだ。

これは歴史上きわめて危険な瞬間である。アメリカ人は、この戦争が核戦争という存亡の危機に私たちを脅かしているという現実に目を覚ましている。この危険は、第一次冷戦の終わりには、ほとんどのアメリカ人がきっぱりと乗り越えたと思っていたものである。たとえ核戦争を回避できたとしても、長く血なまぐさい戦争の影響はウクライナを破壊し、何百万人ものウクライナ人を殺し、南半球全体に人道的大災害を引き起こし、長く続く世界経済危機の引き金となるであろう。

そうなれば、気候危機への対応から飢餓、貧困、疾病に至るまで、人類が緊急に取り組むべきすべてのことが、当面の間、後回しにされることになる。

代替案がある。私たちは、平和的な外交と交渉によってこの紛争を解決し、殺戮と破壊を終わらせ、ウクライナの人々が平和に暮らせるようにすることができるし、そうしなければならない。

*

メデア・ベンジャミンは平和のためのコープリンクの共同設立者であり、「インサイド・イラン」などの著書がある。Inside Iran:The Real History and Politics of the Islamic Republic of Iran』などの著書がある。

ニコラス・J・S・デイヴィスは独立ジャーナリストで、CODEPINKの研究者であり、「Blood on Our Hands」の著者。アメリカのイラク侵攻と破壊』の著者。

Medea BenjaminとNicolas J. S. Daviesは、War in Ukraineの著者。Making Sense of a Senseless Conflict」(2022年11月にORブックスから発売)の著者。彼らはGlobal Researchの常連寄稿者。

特集画像:2021年10月、交渉のテーブルにつくバイデン氏とジャヤパル氏(写真提供:The White House)

この記事のオリジナルはGlobal Researchである。

著作権©Medea BenjaminandNicolas J. S. Davies,Global Research,2022

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました