3. ウクライナ危機/政治・経済政治・経済

「大いなる妄想 」リベラルの夢と国際的現実 第6章 -ジョン・J・ミアシャイマー

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

6 トラブルの元凶としてのリベラリズム

自由主義の犠牲は、人権を守り、自由民主主義を世界に広めるために、自由主義国家が果てしなく続く戦争に終止符を打つことから始まる。いったん世界の舞台で解き放たれた自由主義一極は、すぐに戦争中毒になる。

このような軍国主義は、5つの要因から生じている。第一に、地球を民主化することは広大な任務であり、戦いの機会を豊富に提供する。第2に、リベラル派の政策立案者は、目標を達成するために軍事力を行使する権利、責任、ノウハウがあると信じている。第三に、彼らはしばしば宣教師的な熱意をもってその任務に取り組む。第四に、リベラルな覇権主義を追求することは、外交を弱め、他国との紛争を平和的に解決することを難しくする。第五に、その野心的な戦略は、国家間戦争を制限するための国際政治の中核的な規範である主権の概念をも損なうものである。

戦争に次ぐ戦争になりがちな強力な国家の存在は、国際システムにおける紛争の量を増やし、不安定さを生み出す。このような武力紛争は通常、失敗に終わり、時には悲惨な結果に終わるが、それは主に自由主義の巨人によって救われるとされる国家の犠牲の上に成り立っている。リベラルなエリートは失敗から学び、海外での軍事力の行使を避けるようになると思うかもしれないが、それはめったに起こらない。

リベラルな覇権主義は、他の点でも不安定さを助長する。強力な自由民主主義国家は、戦争によらない野心的な政策を採用する傾向があるが、これが裏目に出て、対象となる国との関係を悪化させることが多い。例えば、他国の政治に干渉することが多い。また、権威主義的な国と外交的に関わる場合、その国の利益を無視し、その国にとって何がベストかを知っていると考える傾向がある。最後に、海外での自由主義は、国内での自由主義を損なう傾向がある。なぜなら、軍国主義的な外交政策は、必ず、国民の市民的自由を侵害しがちな強力な国家安全保障国家を育成することになるからだ。

私の主張は、リベラルな覇権主義を採用する国は、自国だけでなく、他国、特に助けるつもりの国に対しても、益というより害を与えることになるということだ。1992年11月、クリントンがホワイトハウスに当選してからのアメリカの外交政策に焦点を当て、この議論を説明する。1989年に冷戦が終結し、1991年にソビエト連邦が崩壊すると、アメリカは地球上で最も強力な国として台頭してきた。当然のことながら、クリントン政権は当初から自由主義覇権主義を掲げ、ブッシュ政権、オバマ政権でもその方針は揺るがなかった。

当然のことながら、この間、米国は数多くの戦争に巻き込まれ、そのほとんどすべてで意味のある成功を収めることができなかった。また、米国は中東の不安定化に中心的な役割を果たし、そこに住む人々に大きな不利益をもたらした。このような戦争でワシントンの忠実な相棒として行動してきた自由主義の英国も、米国が引き起こした問題の責任の一端を担っている。アメリカの政策立案者は、ウクライナをめぐるロシアとの大きな危機を作り出す上で重要な役割を果たした。この原稿を書いている時点では、この危機は収まる気配がなく、ウクライナはおろか、アメリカの利益にもなりえない。米国に戻れば、ますます強力になる国家安全保障のために、米国人の市民的自由が侵食されている。

リベラルな軍国主義

リベラル派はしばしば戦争の害悪や、平和な世界を作るために権力闘争を乗り越えることの重要性について語るので、彼らを軍国主義者と表現するのは奇妙に思えるかもしれない。しかし、その多くは軍国主義者であり、極めて野心的な外交政策課題に深くコミットし、それを推進するために軍事力を行使することに躊躇しない1。

リベラリズムの中核的使命の一つは、権利が著しく侵害されている人々を保護することだ。他国への介入の衝動は、そうした外国人が大量に殺されている場合に特に強くなる。これは、いわゆる国際社会が1994年のルワンダ虐殺や1995年のスレブレニツァ虐殺を防げなかったことから生まれた規範で2、「保護する責任(R2P)」に明確に反映されている。要するに、世界各地での重大な人権侵害に目を光らせ、それが発生した場合には、迅速にそれを阻止するようにと、各国は言われているのである。このような状況に介入できる軍事力を持つ強力な自由主義国家は、犠牲者を守るために戦争に行くことが強く奨励される。

個人の権利を守るというこの課題は、他国で自由民主主義を積極的に推進することによって問題の根源を取り除くという、より野心的な戦略へと容易に変容させることができる。自由主義国家は、その定義からして、国民の権利を守ることに尽力している。この戦略は、そう主張するように、より平和な世界をもたらし、その内部の敵から自由民主主義を守ることにもつながるのである。また、自由主義は経済的な繁栄を促進し、それ自体が積極的な目的であるばかりでなく、平和にも貢献すると言われている。つまり、自由主義の普及は、世界をより安全に、より平和に、そしてより豊かにすると考えられている。

アメリカのリベラル派の発言からわかるように、この世界観の支持者は、この世界観に深くコミットしている傾向がある。例えば、第一次世界大戦のさなか、セオドア・ルーズベルト大統領の下で国務長官と陸軍長官を務めたエリフ・ルートは、「安全であるためには、民主主義はできるときにできる場所で敵を殺さなければならない」と述べている。世界は半分が民主的で半分が独裁的であってはならない」。ベトナム戦争のさなか、ディーン・ラスク国務長官は、「国際環境全体がイデオロギー的に安全でなければ、米国は安全でいられない」と宣言している。クリストファー・レインが言うように、「これらは孤立したコメントではない。. . . アメリカの政治家はこのような見解を頻繁に表明している」3。

このような宣教師の熱意は、政策立案者に限られたものではない。例えば、ジョン・ロールズは、「すべての民族が秩序ある体制を持つ世界を求めるのは、リベラルで良識ある民族の特徴である」と書いている。. . . 彼らの長期的な目標は、すべての社会が最終的に人民の法を尊重し、秩序のある人民の社会の優良な正会員になることである」4。この野心的な目標は、公理的に戦争につながるものではなく、ロールズは、地球全体に自由民主主義を広げるための武装十字軍を提唱するものではないことを明確にするために慎重になっている5 。自由主義的目標を達成するために武力を行使する傾向は、著名な自由主義的介入主義者であるジョン・オーウェンの著作に反映されている。彼は、「自由主義の思想は、自由民主主義国が互いに戦争を避ける傾向をもたらし、・・・同じ思想がこれらの国を非自由主義国との戦争に駆り立てる」とコメントしている。さらに、彼は、「すべての個人は平和への利益を共有しており、戦争は平和をもたらす道具としてのみ望むべきである」と書いている6。

2002 年に策定され、2003 年 3 月のイラク侵攻を正当化するために用いられたブッシュ・ドクトリン は、この種の自由主義的介入主義の最も良い例であろう。9.11 同時多発テロ以降、ブッシュ政権は、「グローバルな対テロ戦争」に勝つためには、アルカイダを倒すだけでなく、イラン、イラク、シリアと対峙する必要があると考えたのである。これらならず者国家は、アルカイダなどのテロ組織と密接な関係を持ち、核兵器の取得に固執し、テロリストに提供する可能性もあると想定されていた7 。ブッシュは、軍事力によって、これらの国々や中東の他の国々を自由民主主義国家にすることを提案した。2003年初頭、アメリカがイラクを攻撃する直前、彼はこのことを端的に表現した。「アメリカ、そして友人や同盟国の決意と目的によって、我々はこの時代を進歩と自由の時代にしてみせる。自由な人々が歴史の進路を決め、自由な人々が世界の平和を守るのだ」8 。

ブッシュ大統領とその側近たちも、サダム・フセインが市民の権利を踏みにじる残忍な独裁者であったために、政権から打倒しようという動機があったことは間違いないだろう。しかし、それは長年の問題であり、それだけで米国がフセインを排除し、民主的に選ばれた指導者に交代させることはできないのである。米国をイラクに侵攻させたのは、核拡散とテロリズムに対処する必要性が認識されたからである。そして、そのための最良の方法は、大中東にあるすべての国々を自由民主主義に変えることだとブッシュ一派は考えていた。そうすれば、この地域は巨大な平和地帯となり、両方の問題を解決することができる。「安定した自由な国家は、殺人のイデオロギーを生み出さないからだ」と大統領は言った。なぜなら、安定した自由な国家は、殺人のイデオロギーを生み出さないし、より良い生活を平和的に追求することを奨励するからだ」9 と述べた。

これらの行動は、自由主義の覇権の兆候をすべて示している。強大な軍事力を持つリベラル派は、他国の個人の権利を守るためだけでなく、権利を保護し、安全保障上の重要な脅威から守るための最良の方法と考える自由民主主義を広めるために、戦争をする傾向が強くある。地球上には独裁国家や深刻な人権侵害国家、軍事的脅威にさらされる国が少なくない。米国のような強国が自由主義的覇権を追求することを放置すれば、永久に戦争状態に陥る可能性がある。

自由主義が外交を難しくする

自由主義一極集中を軍事化するもう一つの要因は、自由主義の覇権が権威主義国家との外交を難しくし、戦争の可能性をさらに高めることだ。外交とは、すべての国家にとって重要な問題について、意見が対立する2つ以上の国家の間で行われる交渉のことだ。その目的は、紛争を平和的に解決するための合意を作り出すことだ。成功するためには、各当事者が何らかの譲歩をする必要があるが、それは対称的である必要はない。ヘンリー・キッシンジャーが、外交とは「力の行使を抑制する技術である」10 と主張するのはこのためである。しかし、外交が機能するためには、たとえ敵対する国であっても、お互いにある程度の尊敬の念を示す必要がある。

戦争と外交は、国家運営の異なる手段であり、それぞれが他方の代替手段である。戦争は対話と交渉によって紛争を解決し、外交は軍事力を行使する。1954 年にウィンストン・チャーチルがホワイトハウスで述べたように、外交は一般に安全で費用のか からない選択肢と考えられており、「Jaw-jaw is always better than war-war」(11) と言われている。例えば、外交は通常、軍事力の脅威によって裏打ちされた方がより効果的である。また、外交は戦争中に戦闘を終わらせる方法を見つけるために用いられることが多い。しかし、「大鉈外交」の目的は、戦争を回避すること、あるいは戦争を終わらせることだ。敵対する国家が外交を放棄すれば、戦争はより起こりやすくなり、いったん始まれば終結させることは難しくなる。

自由民主主義国家が非自由主義国家と外交を行うのは、彼らが現実主義者の指示に従って行動しているとき、つまりほとんどの場合において、ほとんど困難ではない。そのような状況では、自由民主主義国は自国の生存を最大化するために必要なことは何でもする。それは権威主義的指導者との交渉も含まれる。第二次世界大戦でアメリカがナチスドイツを倒すためにヨシフ・スターリンと協力したように、あるいは1972年以降、ソ連を封じ込めるために毛沢東と協力したように、時には殺人的な独裁者を支援したり同盟を結んだりすることもある。時には、敵対する民主的な政権を転覆させることもある。自由民主主義国は、このような行動を自由主義的なレトリックで隠すために大変な努力をするが、実際には自らの原則に反して行動している。これが現実政治の影響力である。

しかし、一極集中国家が勢力均衡の論理を押しのけて自由主義的な外交政策をとった場合、外交は短絡的なものになる。このような国家は、非自由主義的な敵対国との外交を避ける傾向が強い。寛容はリベラリズムの基本原理であるが、リベラルな国家が国民の権利を侵害する相手と対峙するとき、それは脇に追いやられる傾向がある。結局のところ、権利は不可侵なのである。権威主義的な国家は、常に国民の権利を軽視し、時には踏みにじるので、現実主義の束縛から解放されたリベラルな国家は、彼らを外交に値しない深い欠陥を持った政治体として扱う可能性がある。

自由主義の覇権を追求する国々は、非自由主義的な国家に対して根強い反感を抱くことが多い。国際システムは善玉国家と悪玉国家から成り、両者の間に妥協の余地はほとんどないと考える傾向がある。このような見方は、機会があればどんな手段を使ってでも権威主義的な国家を排除しようとする強力な動機付けとなる。この嫌悪感の結果、自由主義国家は非自由主義的な敵との限定的な戦争に参加することが難しくなり、代わりに彼らに対する決定的な勝利を追求する傾向がある。悪に妥協することは事実上不可能であるため、無条件降伏がその日の命令となる12 。もちろん、通常、互いに戦争している国家間に憎悪を生み出すナショナリズムは、戦争が極度にエスカレートするこの傾向を強める。

この排除主義の考え方は、第一次世界大戦後、ドイツをはじめとする敗戦国への対応に 関するウッドロウ・ウィルソンの考え方に最もよく表れていると思われる。「取り決めや妥協、利害の 調整」によって平和を達成することはできないため、「中央帝国政府とのいかなる交渉や妥協」もあり得 ないと彼は主張したのである。ウィルソンは、妥協といえば、「国際政治の古い秩序」と蔑んで呼んだ勢力均衡政治を連想し、これを「完全に破壊」しなければならないと考えた。目標は、「平和を妨害し、不可能にする邪悪な力を一度(そして)完全に打ち負かすことによって、悪を克服すること」でなければならなかった。1919年末、彼はヴェルサイユ条約について、「この条約はドイツにとって非常に厳しいものだと聞いている」と述べている。個人が犯罪行為を行った場合、その処罰は厳しいものであるが、その処罰は不当なものではない。この国は、不誠実な統治者を通して、人類に対する犯罪行為を自ら許したのだから、その罰を受けなければならないのだ」13。

要するに、自由民主主義国がその基本原則に従って海外で自由に行動する場合、非自由主義的な相手と外交を行うことは困難であり、両者がその相違を暴力的に解決しようとする可能性が高くなるということだ。リベラルな不寛容は、時にリベラルな嫌悪を伴い、勢力均衡政治から解放されたリベラルな一極を果てしない戦争に導く。

リベラリズムと主権

自由主義覇権を追求する国家が戦争好きとなる最後の理由がある。それは、自由主義が主権を弱体化させるからである。主権尊重は、国際政治における最も重要な規範であり、その目的は、戦争を最小化し、国家間の平和的関係を促進することだ。例えば、国際連合憲章を考えてみよう。第1条の冒頭には、国際連合の目的は 「国際の平和と安全を維持すること」と書かれている。第2条の第1文には、「この機構は、すべての加盟国の主権的平等の原則に基づく 」とある。

主権とは、国家がその国境内で起こることについて最終的な権限を持ち、外国勢力はその政治に干渉する権利がないことを意味する14 。この点ではすべての国家が平等であり、つまり、強国だけでなく弱国も、他の国家から外部から影響を受けずに、国内外において自らの政策を自由に決定できるはずであるということだ。この国家主権の考え方は、国際法の基礎となっており、少なくとも国連安全保障理事会の許可なしには、各国が互いに侵略することはないとされている。

しかし、規範が国家の行動に与える影響は限定的であることに疑問の余地はない。現実主義者なら誰でも分かるように、重要な安全保障が問題となる場合、一般的な規範や国際機関の規則に違反するかどうかにかかわらず、国家は自国の利益になると思うことを行う16。それでも、ほとんどすべての指導者は正当性を重視するため、確立された規範に細心の注意を払い、他の国家から、広く尊敬と支持を受ける規則を無闇に無視するものではないと見なされるようにしたいものである。特に、主権は国際政治における中心的な存在であるため、このような傾向が強い。少なくとも、政策立案者が他国への侵攻が戦略的に適切かどうか判断に迷う場合、主権規範が最終的な判断に影響を与える可能性が高い。

しかし、主権はウェストファリア条約によって、ドイツの人口の3分の1が死亡したと推定される1618年から48年にかけての血生臭い30年戦争17 に終止符を打つまで、顕著に現れなかった18。この時代のヨーロッパにおける紛争の多くは、宗教の違いによって引き起こされた。カトリックとプロテスタントの国々は、対象となる国を改宗させることを目的として、互いに侵略し合った。主権規範は、このような武力介入を法廷から排除することで、このような行為に終止符を打つために考案された。しかし、主権は、ヨーロッパ諸国が自国の重要な利益が危うくなると、いつでも主権規範を破るような勢力均衡の政治を行うことを止めることはできなかった。また、主権概念はヨーロッパの外では適用されず、ヨーロッパの大国が世界中で自由に帝国を築くことができる例外となった。そのため、ウェストファリア条約からおよそ200年の間、主権はヨーロッパ諸国の行動にほとんど影響を与えなかった19。

19世紀のヨーロッパと20世紀の植民地帝国におけるナショナリズムの発展により、主権はより意味のある概念となった。ナショナリズムとは自己決定を意味し、国家の境界の内側に住む人々が自らの運命を決定する権利を有し、外部のいかなる権力も他の国民国家に自らの見解を押し付ける権利を有さないとするものである。主権は国家と表裏一体である。つまり、ナショナリズムの論理はウェストファリアンの主権を強化するものであった。ナショナリズムは、自決と不干渉の原則に大きな注目を集めることで、20 世紀に脱植民地化を促進し、事実上、帝国の権威を失墜させることに貢献したのである。かつてヨーロッパ帝国主義の犠牲となった国々が、今日、主権概念を頑強に支持しているのは当然である。

冷戦が終焉を迎えた 1980 年代後半、主権の影響力はおそらく最大であったろう。ソ連のくびきから解放されようとする東欧諸国の共感を呼び、世界中の国家がこれを受け入れた。冷戦が終わると、ソ連を構成していた多くの共和国は、自国の主権を獲得することを口にするようになり、やがてそれを実現した。しかし、1990年代半ばになると、米国がこれまで以上に他国の政治に介入するようになったため、この規範は崩れつつあった。米国は、世界中に力を及ぼすことができる素晴らしい軍隊を持っているだけでなく、自由主義国家として、他国の問題に干渉する動機を持っていたのだ。イギリスをはじめ西ヨーロッパのほとんどの国々は、ワシントンの野心的な外交政策の追求に協力することを熱望していた。

自由主義とは、外国人の権利を守るためであれ、自由民主主義の普及を目指すためであれ、他国の政治に干渉することであることは言うまでもない。要するに、自由主義と主権は根本的に相容れないものなのだ。この点については、政策立案者や研究者の間でほとんど議論の余地はない。例えば、1999年4月、英国のトニー・ブレア首相はシカゴでの演説で次のように述べた。「新しいミレニアムを前にして、我々は今、新しい世界にいる。. . . 我々が直面している外交政策の最も差し迫った問題は、他人の紛争に積極的に関与すべき状況を特定することだ。不干渉は、長い間、国際秩序の重要な原則と考えられてきた。不干渉は国際秩序の重要な原則であり、安易に放棄すべきものでもない。ある国が他の国の政治体制を変えたり、反乱を起こしたり、自国が何らかの権利を有すると考える領土の一部を奪取したりする権利を有すると考えるべきではない。しかし、不干渉の原則は、重要な点で、限定的でなければならない」21。

5 年後の 2004 年 3 月、イラク戦争を正当化しようとしたブレアは、シカゴでの演説に言及し た。「つまり、ある国の内政はその国のものであり、その国があなたを脅かしたり、条約を破ったり、同盟の義務を発動したりしない限り、あなたは干渉しない、というものだ」22 2000年5月、ドイツの外相ヨシュカ・フィッシャーはベルリンの聴衆に語った。1945 年以降のヨーロッパの中心的な概念は、1648 年のウェストファリア条約以降に生まれたヨーロッパの勢力均衡原則と個別国家の覇権主義的野心の否定であり、それは、より密接な重要利益の融合と国民国家主権権の超国家的ヨーロッパ機構への移行という形で現れた」23 このテーマは学術界でも広く共鳴され、「ウェストファリアを超えて」(BEYOND WESTPALIA? State Sovereignty and International Intervention』や『The End of Sovereignty? The Politics of a Shrinking and Fragmenting World(縮小・分裂する世界の政治)24 といった書物に反映されている。

米国はその権力とリベラルな原則への根強いこだわりから、冷戦後、主権に対する攻撃の先頭に立った。もちろん、米国は自国の主権を慎重に守っている25 。ワシントンが単独で行動することもあるが、通常は、「国際社会」が自らの行動を正当化していると主張できるように、他国を介入に相当程度関与させる。しかし、主権を弱めた結果、アメリカの指導者が他国に対して戦争を始めることが容易になった。主権が損なわれることは、自由主義的な外交政策をとる強力な国家が、終わりのない戦争を行い、国内で軍国主義を助長することになるもう一つの理由である。

不安定でコストのかかる失敗

リベラルな覇権主義は、他の犠牲ももたらす。まず、世界をより平和にすることが目的であるにもかかわらず、体制がより不安定になることだ。つまり、戦争が減るどころか、むしろ増える可能性が高いのだ。自由主義国家が相対的な力を持ち、好戦的であることを考えれば、この結果は驚くにはあたらないさらに、大国が自由主義的な外交政策をとる場合、必ずと言っていいほど、自国、同盟国、標的国、そして戦火に巻き込まれた無関係の国に深刻な問題を引き起こすことになる。

大国と敵対する

リベラルな一極は、個人の権利を保護したり、大国の政権交代を促進するために軍事力を行使することはないだろう。主にコストが高すぎるからだ。しかし、他の方法でその国の政治に干渉する可能性は高い。例えば、NGOを利用して対象国の特定の機関や政治家を支援する、援助や国際機関への加盟、貿易を大国の人権記録と関連付ける、対象国の人権侵害を公に報告し恥をかかせる、などが考えられる。しかし、この方法はうまくいかない。なぜなら、大国は必ず自由主義国の行動を非合法な内政干渉と見なすからである。大国は自国の主権が侵害されたと考え、この政策が裏目に出て、両国間の関係を悪化させることになる。

このような行動パターンは、最近の米国の対中・対露行動にも見られる。1989年に中国政府が天安門広場でデモ参加者を弾圧して以来、米国は中国でより一般的に人権と自由民主主義を推進するよう働きかけている。ロシアでも1991年に国家が誕生して以来、同じことを行っているが、アメリカの政策立案者は、プーチン大統領になった2000年代初頭から、ロシアの人権について特に関心を持つようになった。アメリカの指導者はしばしば、中国やロシアの聴衆に対して、自国はもっとアメリカのようになる必要がある、と語っている。

ロシアの場合、米国はロシアだけでなく、その近隣諸国にも目を向けてきた。グルジア(バラ革命)、ウクライナ(オレンジ革命)など、いわゆるカラーレボリューションを強力に推進し、自由民主主義国家への転換を目指したのである。もちろん、これらの国はロシアと国境を接しているため、モスクワにとって戦略的に重要な国である。また、米国はロシア自身にもカラー革命を促したいという考えを示唆している。例えば、米国政府が資金を提供し、世界中で政権交代を促進することを目的とする全米民主化基金の代表は、2013年9月のワシントン・ポスト紙の論説で、プーチンに対し、彼の任期は残り少ないかもしれないと警告している26。

2012年1月から2014年2月まで在モスクワ米国大使を務めたマイケル・マクフォールは、ロシアの民主化推進に対する長年のコミットメントを行動と言葉の両面で明らかにした。しかし、このようなマクフォールの言動は、ロシア政界の反発を招き、モスクワとワシントンの関係を悪化させることになった。本人も認めているように、彼の行動は、ロシアのマスコミに「オバマが色彩革命のために送り込んだ諜者」と評されるに至った27 。2016年の米国大統領選挙へのロシアの関与に関する大論争が明らかにしているように、米国人は政治への外国の干渉という考えを嫌悪している。自国がターゲットにされると、アメリカ人は自決の原則に深く傾倒する。当然のことながら、ロシアも同様だ。

中国の指導者も、自国の主権を守ることに関しては、何ら変わりはない。中国の指導者たちも、自国の主権を守ることに関しては同じで、アメリカがしばしば口にする人権問題については、政権交代を最終目標とする隠された意図の一部であると考え、憤慨している。米国の意図に対する疑念は深く、香港で民主化運動が起こると、中国の指導者たちは、根拠もないのに米国の仕業だと確信する28。つまり、ワシントンが北京に自由化を迫ったことが、ロシアと同様に両国間の関係を悪化させたのである。同時に、両国とも人権面で改善が見られないし、両国がすぐに自由民主主義国家になれるという証拠もない。

米国が中国やロシアのような大国に対して行うソーシャルエンジニアリングには大きな限界がある。人権侵害を阻止したり、政権交代を促進したりするために、米国が侵略することはできない。経済制裁やその他の外交手段で多くを達成することはできない。大国は強制力にそれほど脆弱ではないこともあるが、通常は報復することができるからである。自国を防衛する物質的能力を持たない弱小国は、より容易な標的になる。当然のことながら、リベラルな覇権主義の道を歩む大国は、コストが低く利益が大きいと考え、最も深刻な社会工学を弱い国家で行うのである。

弱小国も手強い存在

しかし、小国への介入も失敗することが多い。9.11以降に本格化し、ブッシュ、オバマの両政権を通じて続けられた、大中東地域の権威主義的支配者を倒し、民主的政権に置き換えるというアメリカの努力は、社会工学の限界を示す教科書的事例といえるだろう。米国が狙いを定めたのは5カ国である。アフガニスタン、エジプト、イラク、リビア、シリアの5カ国である。アフガニスタン、イラク、リビアでは自国の軍隊を使って政権を倒したが、エジプトとシリアではそうしなかった。とはいえ、エジプトでは政権交代が2度行われたが、良い方向には向かわなかった。シリアでは、血なまぐさい悲惨な内戦を生み出す手助けをした。

いずれの場合も、米国の政策立案者は、米国に友好的で、核拡散やテロといった深刻な問題に対処するのに役立つ安定した民主主義を実現できると考えていたのである。アメリカの指導者たちが、これら5カ国、そしてより一般的にこの地域の政治を変えることができると、どれほどの自信を持っていたかは、非常に印象的である。しかし、彼らは毎回失敗し、より大きな中東に殺戮と破壊をもたらし、米国はアフガニスタン、イラク、シリアで終わりの見えない戦争にコミットすることになった。

米国は、9.11テロの約1ヵ月後の2001年10月中旬にアフガニスタンに対して戦争を開始した。12月上旬には、アメリカ軍は見事な勝利を収めたように見えた。タリバンは壊滅し、民主化を目指すと思われる指導者、ハミド・カルザイがカブールに就任したのである。そして、この勝利は、イラクでも、ひいてはこの地域の他の国々でも、同じような結果をもたらすことができるとブッシュ政権に思わせた。これが「ブッシュ・ドクトリン」の始まりである。2003年3月、米国はイラクに侵攻し、サダム・フセインを即座に排除した。しかし、夏の終わりには、イラクは内戦状態に陥り、米軍は大規模な反乱に直面し始めた。

ブッシュ政権がイラクに気を取られている間に、タリバンが復活し始めた。アフガニスタンも内戦状態に陥っていた。タリバンとその同盟国がカルザイ政権を倒し、再び支配権を握ることがないように、米国は大量の軍隊を同国に移動させた。このように、米国はアフガニスタンとイラクの両国で大きな紛争を抱えることになった。米国は、中東を平和にする方法を見いだせず、2つの国で事態を収拾しようとしていたのである。

しかし、この2つの戦争は、今や迷走しているように見える。オバマ政権は2011年12月にイラクから米軍を撤退させたが、イラクは崩壊し、バグダッドのシーア派政権と、ブッシュ政権がサダムを倒し、イラクのシーア派とスンニ派の内戦を引き起こしたスンニ派の武装集団ISISの間で内戦状態に陥っている。ISISは当初、イラクとシリアの戦場で成功を収め、自らの事実上の国家を主張し、米国は2014年8月、主に航空戦力でではあるが、これに対して戦争を仕掛けた30。さらに、統一イラクに属したくないイラク・クルド人が北部に独自の事実上の国家を作り上げている。イラク・クルド人とスンニ派が明らかに強くなっていることと、バグダッド政府の弱体化が相まって、2003年に存在したイラクはもう存在しないのである。それでも、米国はその分断され荒廃した国で再び戦いに身を投じている。

2009年1月、オバマ大統領は就任1カ月後に、アフガニスタンに既に駐留している3万6千人に加え、1万7千人の追加派兵を発表した。その後、さらに3万人を派遣することを決定した。この計画は、米軍の撤退に伴ってタリバンが立ち上がり、さらに多くの地域を征服したため、失敗に終わった。さらに、カブールの親米政権が指揮する軍隊は、単独ではタリバンに立ち向かえないことが証明され、ISISが国内で勢力を伸ばしているのである。オバマがホワイトハウスを去ったとき、アフガニスタンには8,400人の米軍が残っていたが32 、トランプ大統領は、米国史上最長の戦争となったこの戦争で米軍を増派するよう、現地指揮官から圧力を受けている。

トランプ政権がアフガニスタンでどのような政策を取ろうとも、タリバンを倒し、同国を安定した民主主義国家にする可能性はないだろう。せいぜいできるのは、現在国土の約30%を支配しているタリバンが、残りの地域を再び支配下に置く日を遅らせることくらいだろう。要するに、米国はアフガニスタンで負ける運命にある。米軍の至難の努力にもかかわらず、また、第二次世界大戦後のマーシャル・プランでヨーロッパに投じられた資金よりも多くの資金をその再建に投じたにもかかわらず33。

リビアは、弱小国家の政治を変えようとするもう一つの失敗作である。2011 年 3 月、米国と欧州の同盟国は、ムアンマル・カダフィ大佐を政権から引きずりおろすことを目 的とした空爆作戦を開始した。リビアの指導者は手強い反乱軍に対処しており、西側諸国は、彼が大量殺人に手を染めようとしているという誤った口実を用いて、彼の支配を終わらせる手助けをしたのである。7月、30カ国以上が反政府勢力主導の国家暫定評議会をリビアの合法的な政府として承認した。カダフィは2011年10月に殺害され、リビアはそれ以来、終わりの見えない血生臭い内戦に飲み込まれている。近い将来、安定した民主主義国家になると考える根拠はない34。

米国がリビアのカダフィ政権を崩壊させようとしていた頃、シリアでは権威主義的な支配者アサドに対する抗議運動が勃発した。米国がリビアのカダフィ政権を崩壊させた頃、シリアでは権威主義的な支配者であるバッシャール・アル・アサドに対する抗議行動が発生した。政府は過剰に反応して抗議行動を暴力で抑圧し、この紛争を今日まで続く致命的な内戦に変える一助を担った。2011 年 8 月、問題発生から数カ月後、オバマ政権は反政府勢力に同調し、アサドに政権からの退陣を要求した36 。米国は「穏健派」の反政府勢力を支援し、中央情報局(CIA)と国防総省は最終的に武器と訓練に 15 億ドル以上を費やした37。

この戦略は完全に失敗した。アサドは依然として政権にあり、シリアの内戦で40万人以上(その多くは民間人)が死亡し、人口のほぼ半数が避難を余儀なくされている38。しかし、たとえアサド政権が崩壊したとしても、アルカイダと提携するヌスラ戦線などの過激な反政府組織がほぼ確実に政権に取って代わっていただろう。仮にそのような集団が政権を握れば、アサド政権の多くのメンバーや支持者に対して流血の暴挙に出ることは確実であろう。さらに、新政権は米国に深く敵対することになるだろう。しかし、ロシア、イラン、ヒズボラが直接介入してアサド政権を維持しているため、シリア政府が崩壊することはないだろう。内戦はおそらく数年続き、さらなる破壊と混乱をもたらすだろう。

シリア紛争は、もう一つ大きな影響を及ぼしている。アフガニスタン、イラク、リビアなどの紛争から逃れてきた難民に加え、大量のシリア人が祖国を離れ、ヨーロッパに定住しようとしているのだ。当初はほとんどのヨーロッパ諸国がこれらの亡命者を歓迎していたが、やがてその数が増えすぎたため、一部の国や欧州連合(EU)自身が大きな障壁を築いて彼らを排除するようになった。このような動きは、ヨーロッパが大切にしてきた国境開放の原則や亡命に関する啓蒙的な政策に反するものである。難民の大量流入は、移民や難民を自国から締め出すことに力を注ぐ欧州の極右政党の成長を促している。つまり、米国が始めたシリア戦争は、シリア国民に与えた恐ろしい代償に加え、EUに深刻なダメージを与える可能性がある。

最後に、2011年1月にムバラク大統領に対する抗議運動が勃発したエジプトのケースである。この抗議運動が勢いを増すと、オバマ政権が介入し、エジプトの指導者の追放を支援した39 。オバマはエジプトの民主化への動きを歓迎し、ムスリム同胞団が政権を担当していたにもかかわらず、2012年6月に選出された新政権を支持した。しかし、同胞団の一員であるモルシ大統領は、就任後1年を経て、エジプト軍と国民の多くから辞任を強く迫られることになった。オバマ政権はモルシに決して好意的ではなかったが、この混乱した状況に足を踏み入れ、このエジプト人指導者が去るべき時であることを穏やかに示唆し、彼の打倒を促進した40。

このように、米国は、米国にとって脅威とならない民主的に選出された指導者に対するクーデターを助長した。新しいエジプトの独裁者はその後、同胞団とその支持者に敵対し、1000人以上を殺害し、モルシに死刑を宣告した(この原稿を書いている時点ではまだ牢獄にいるのだが)。オバマ政権は、この血なまぐさい弾圧を阻止しようとしたが、失敗した。アメリカの法律では、「正当に選ばれた政府のトップが軍事クーデターや政令によって退位した」国には、すべての対外援助を削減することが義務付けられているにもかかわらず、アメリカがエジプトに毎年与えている15億ドルの全額を差し控えることはなかった41。

アフガニスタン、エジプト、イラク、リビア、シリアにおけるワシントンの業績は悲惨なものであった。テロは、今日、この地域ではるかに大きな問題であり、イラン核合意にもかかわらず、米国の強引な政権交代政策に直面して、世界中の国々が核兵器を取得または維持するインセンティブが高まった。米国と深刻な対立関係にある国々の政策立案者は、カダフィ大佐が 2003 年 12 月に、米国が彼を政権から排除しようとしないことを約束し、大量破壊兵器の製造計画を放棄したことをきっと 覚えているだろう(43)その8年後、オバマ政権は彼の政権を排除するために重要な役割を果たし、その後すぐに彼は殺害された。彼が核抑止力を持っていたならば、今日でもリビアを支配していた可能性が高い。

ソーシャルエンジニアリングの限界と危険性

このような惨憺たる失敗の記録は予見されていたはずである。どのような社会であれ、大規模な社会工学を行うことは、自国を含め、非常に複雑な作業である。驚くべきは、アメリカの政策立案者や専門家の多くが、中東の多くの国々の政治状況を根本から変え、民主主義国家に変えられると確信していたことだ。米国は、アラビア語を話す政府関係者も、スンニ派とシーア派が異なるイスラム教の宗派であることも知らないような、驚くほど何も知らない国々に介入していたのである。しかも、どの国も派閥があり、政権が倒れれば混乱が予想される。外国で社会工学をやりながら、それをコントロールするために戦うというのは、邪悪なまでに大変なことだ。

なぜなら、その国を占領している米軍は、必然的に自由民主主義を機能させるために必要な国家建設・国づくりの任務を負うことになるからだ。しかし、ナショナリズムの時代には、占領が反乱を生むことがほとんどである。米国は、アフガニスタンやイラクに進出するはるか以前に、フィリピンやベトナムでそれを発見している。占領者は反乱軍に従事しなければならないが、これは失敗する確率の高い、長く血生臭い軍事作戦を戦うことを意味する。対反乱戦での勝利の難しさは、2006年12月版の米陸軍・海兵隊『対反乱戦フィールドマニュアル3-24』に明確に反映されている。同書は「反乱は本質的に長期化する」と警告しているだけでなく、「政治・軍事の指導者や計 画者は(その)規模や複雑さを決して過小評価すべきではない」とも警告している(44)。

例えば、Andrew Enterline と J. Michael Greig は、1800 年から 1994 年の間に民主主義体制が敷かれた 43 の事例を調査し、その 63%近くが失敗したことを明らかにしている46。Alexander DownesとJonathan Montenが指摘するように、他国に民主主義を押し付けることは、「好ましい内的前提条件が存在する場合」に有効である可能性が高い。しかし、米国のような大国は、コストが低くない限り、政権交代のために侵攻することはなく、自由民主主義に必要な前提条件が存在しないことを意味する。

当然のことながら、米国は他国への民主主義の押し付けに失敗してきた歴史がある。ニューヨーク大学のブルース・ブエノ・デ・メスキータ教授とジョージ・ダウンズ教授は、第二次世界大戦から2004年の間に、「米国は世界中の発展途上国に35回以上介入している」と報告している。. . . 1989年にアメリカが麻薬戦争に踏み切った後、10年以内に本格的で安定した民主主義国家が誕生したのは、コロンビア一件のみである。ニューヨーク大学のウィリアム・イースタリーと2人の研究者は、冷戦期の米ソの介入が自由主義的な政府の展望にどのような影響を与えたかを検討し、「超大国の介入は民主主義の著しい低下をもたらし、その実質的影響は大きい」ことを明らかにした51。

1989 年頃の東欧の出来事は、心強い先例を示していると言えるかもしれない。しかし、その主張は間違っている。共産主義が崩壊し、独裁者が政権から転落したとき、その地域では民主主義が芽生えたが、これらの事例は、米国がより広い中東で行おうとしていることとの関連はほとんどない。東欧諸国は、民主主義を押し付けられたわけではない。東欧諸国は民主化のための前提条件をすでに備えていた。米国がこれらの新興民主主義国の育成を支援したことは間違いないが、米国がブッシュ・ドクトリンの目的である人民的統治の外国への輸出に成功したケースではない52。

米国が外国に自由民主主義を押し付けることは不可能ではない。52 しかし、成功例は例外であり、ルールではない。また、通常、特定の国内特性を持つ国で発生する。例えば、対象となる国家が民族的にも宗教的にも同質であり、強力な中央政府を持ち、適度に繁栄し、民主主義の経験があれば、それは大きな助けになる。米国が中東に自由民主主義を輸出できる証拠としてしばしば取り上げられる第二次世界大戦後のドイツと日本は、この基準に合致している。しかし、これらは極めて異例である。

地政学を無視することのコスト

他国の国内政治にうまく介入することの難しさはさておき、ナショナリズムというよりリアリズムに近い問題がもう一つある。強国が自由主義的な覇権を追求すると、他の国も現実的な政治判断に従うようになる危険性がある。その結果、誤算が生じ、危機や戦争に発展する可能性が高くなる。例えば、ある自由主義国家は、その政策が良識的であり、高貴であるとさえ思っているかもしれないが、現実主義の原則に従って行動する他の国家は、同じ政策を脅威と見なすかもしれない。自由主義国家は、異なるイズムに基づいて行動しているため、おそらくこのことを理解できないだろう。

リベラルな大国にとってこの状況が非常に危険なのは、ほとんどの国家が、ほとんどの場合、力の均衡の論理に従うからである。リベラルな大国も、特に他の大国に対しては、このように行動するのが普通である。しかし、時折、自由主義的な覇権主義を受け入れる自由がある。しかし、リベラルな覇権主義に走ることもあり、その場合、自国と他国が大きな問題を抱えることになる。現在進行中のウクライナ危機はその一例である。欧米の通説では、この問題はロシアの侵略によるところが大きいとされている。プーチン大統領は、旧ソ連のような「大ロシア」を目指しており、そのためには、ウクライナやバルト諸国、場合によっては東欧諸国など、「近海」の国々を支配する必要がある、と主張する。2014年2月22日のウクライナ大統領ヴィクトル・ヤヌコヴィッチに対するクーデターは、プーチンにクリミア併合とウクライナ東部での戦争開始の口実を与えた。

この説明は誤りである。この問題の根源はNATOの拡大であり、ウクライナを含む東欧全体をロシアの軌道から離し、西側に統合するという大きな戦略の中心的な要素である53。この政策は、潜在的に攻撃的なロシアを封じ込めるための古典的な抑止戦略だと思われ るかもしれないが、そうではない。西側の戦略は主に自由主義の原則に基づいており、その主要な立案者は、モスクワがこれを脅威とみなすべきとは考えていなかった(55) 。しかし、ロシアが用いたのは現実主義的なプレイブックであった。その結果、大きな危機が発生し、多くの西側諸国の指導者は、不意を突かれたような気分になった。

ウクライナに狙いを定める

ウクライナを欧米の一部にするための戦略は、3つの連関した要素からなる。NATOの拡大、EUの拡大、そしてウクライナの民主化と西欧的価値観の醸成を目指した「オレンジ革命」である。モスクワから見て、その戦略の中で最も脅威となるのは、NATOの東方への移動である。

冷戦終結時、ソ連は米軍の欧州駐留とNATOの維持に賛成であることを明言した。ソ連の指導者たちは、この体制が第二次世界大戦以来、ドイツの平和を維持してきたし、ドイツが統一されてはるかに強力になった後もそうし続けるだろうと理解していたのである。しかし、モスクワはNATOの拡大には深く反対していた。

しかし、クリントン政権はそうではなく、1990 年代に NATO の拡大を推し進め、1999 年にポーランド、ハンガリー、チェコが第一次拡大、2004 年にブルガリア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、バルト 3 国が第二次拡大に加わった。ロシアの指導者たちは、当初から苦言を呈していた。例えばエリツィンは、1995年のNATOによるセルビア空爆の際、「これは、NATOがロシア連邦の国境まで迫ったときに何が起こりうるかの最初の兆候だ」と述べている。. . . しかし、ロシアは、いずれの拡張も頓挫させるには弱すぎた。さらに、バルト三国という小さな国を除いて、NATO の新加盟国の中でロシアと国境を接する国 は一つもなかった。

2008 年 4 月にブカレストで開催された NATO 首脳会議で、ウクライナとグルジアの加盟が議論され たときから、本当の問題が始まった。フランスとドイツは「ロシアを刺激する」と反対したが、ブッシュ政権はこの2カ国をNATOに入れることに固執した。この結果、NATOはウクライナとグルジアの加盟に必要なプロセスを開始しなかったが、サミットの最終宣言には「NATOはウクライナとグルジアのユーロアトランティック加盟の意思を歓迎する」と盛り込まれた。「我々は本日、これらの国が NATO の加盟国となることに合意した」58 。モスクワは直ちに怒り心頭で反応した。ロシアの外務副大臣は、「グルジアとウクライナの同盟加盟は、汎欧州の安全保障に最も深刻な結果をもたらす巨大な戦略的誤りである」と警告した(58)。プーチンは、この2カ国を加盟させることはロシアにとって「直接的な脅威」になると主張した。あるロシアの新聞は、プーチンがブッシュに直接語りかけ、「もしウクライナが NATO に加盟すれば、ウクライナは消滅すると非常に明白にほのめかした」と報じている(59) 。

ウクライナとグルジアの NATO 加盟を阻止しようとするロシアの決意に対する疑念は、2008 年 8 月のロシア・グルジア戦争で払拭されたはずであった。グルジアのミヘイル・サアカシビリ大統領は、自国のNATO加盟に深くコミットしていたが、ブダペスト首脳会議の後、グルジアの領土の約20%を占めるアブハジアと南オセチアという2つの分離主義地域の再編入を決定している。NATO加盟には、これらの未解決の領土問題を解決することが必要だが、プーチンはそれを許さないつもりだった。グルジアとオセチア分離派の間で戦闘が勃発した後、ロシアは「人道的介入」と称してグルジアに侵攻し、アブハジアと南オセチアを支配下に置いたのである。欧米はこれに対してほとんど何もせず、サーカシビリ首相を放置したままである。しかし、NATOはウクライナとグルジアの同盟加盟をあきらめなかった。

ウクライナの西側への統合は、NATOと同様に冷戦終結後、東方拡大を続けてきたEUの関与もあった。1995年にオーストリア、フィンランド、スウェーデンが加盟し、2004年5月にチェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロバキア、スロベニアの中東欧8カ国とキプロス、マルタが加盟した。2007年にブルガリアとルーマニアが加盟。NATOがウクライナの加盟を発表してからちょうど1年後の2009年5月、EUは「EUと東側諸国との関係における野心的な新章」とする東方パートナーシップ構想を発表した。その目的は、東欧諸国の繁栄と安定を促進し、「EU 経済への広範な統合」を促進することであった61 。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、EUが東欧に「勢力圏」を作ろうとしていると訴え、「恐喝」に関与しているとほのめかした62。実際、モスクワはEUの拡大をNATO拡大のための当て馬と見ている63。EU指導者はこうした主張を退け、ロシアも東方パートナーシップから利益を得られると主張した。

ウクライナをロシアから引き離すための最後の手段は、オレンジ革命を推進することであった。米国と欧州の同盟国は、旧ソ連の支配下にあった国々の社会的・政治的変化を促進することに深く関与している。もちろん、ロシアの指導者たちはウクライナの社会工学を懸念している。それはウクライナにとってだけでなく、ロシアが次のターゲットになるかもしれないと考えているからである。

NATO 拡大、EU 拡大、民主化促進は、ロシアを敵に回すことなくウクライナを西側諸国に統合するための緊密な政策パッケージで ある。しかし、それがかえってモスクワを敵に回し、ウクライナ危機を招いた。

直接の原因

2013年11月下旬、ヤヌコビッチ大統領がEUと交渉していた大規模な経済協定を拒否し、代わりにロシアの逆提案を受け入れることを決定したことが危機の始まりだった。この決定により、政府に対する抗議運動が起こり、その後3カ月にわたってエスカレートした。2014年1月22日に2人のデモ参加者が死亡し、2月中旬にはさらに約100人が死亡した。この危機を解決するために急遽キエフに飛んだ欧米の使者は、2月21日にヤヌコビッチに年内に行われる新選挙まで政権を維持させるという協定を結んだ。しかし、デモ参加者はヤヌコビッチの即時退陣を要求し、翌日、彼はロシアに逃亡した(65)。

キエフの新政権は、徹底した親西欧・反ロシアであった。65 キエフの新政権は徹底した親西欧、反ロシアであり、しかもネオファシストと呼ぶにふさわしいメンバーが4人含まれていた。最も重要なことは、米国政府が、その関与の程度は不明であるが、このクーデターを支持したことだ。ヌーランド国務次官補(欧州・ユーラシア担当)やマケイン上院議員(共和党)は反政府デモに参加し、駐キエフ米国大使はクーデター後に「歴史に残る日」と宣言した66。また、ヌーランドが政権交代を主張し、親欧米派のアルセニーヤツェニュクを新政府の首相にするよう求めたことが、電話会談記録のリークによって明らかにされた。あらゆる立場のロシア人が、西側の挑発者、特にCIAがヤヌコビッチ打倒を手助けしたと考えているのは、驚くにはあたらない。

プーチンにとって、行動を起こすべき時が来たのだ。2月22日のクーデターの直後、彼はウクライナからクリミアを奪取し、ロシアに編入するための軍を立ち上げた。クリミア半島のセヴァストポリ港にある海軍基地には、すでに数千人の部隊が駐留していたため、この作戦は難しくはなかった。この部隊は、ロシアからの追加部隊で増強され、その多くは軍服を着ていなかった。クリミアは、そこに住む人々の約60%がロシア人であり、そのほとんどがロシアの一部になることを望んでいたため、ターゲットにしやすかった。

さらにプーチンは、キエフ政府が西側と組んでモスクワに対抗するのを阻止するために、大規模な圧力をかけた。西側諸国の拠点がロシアの玄関口に存在することを許す前に、社会としてのウクライナを破壊することを明言したのである。この目的のために、彼はウクライナ東部のロシアの分離主義者を武器と秘密部隊で支援し、同国を内戦に追い込む手助けをしてきた。また、ロシアとウクライナの国境に実質的な地上軍を維持し、キエフが反乱軍を取り締まれば、侵攻すると脅している。さらに、ロシアがウクライナに販売するガスの価格を引き上げ、滞納金の即時送金を要求し、一時はウクライナへのガス供給を停止したこともある。グルジアと同じように、プーチンはウクライナに強硬策に出ており、もしウクライナが西側諸国への加盟を断念しないなら、この国を無期限に破壊する手段を持っている。

リベラルの目くらまし

地政学の初歩を理解している人なら、こうなることは予想できたはずだ。西側諸国がロシアの裏庭に進出し、ロシアの戦略的利益を脅かしていたのだ。ナポレオン時代のフランス、帝国ドイツ、ナチス・ドイツがロシアを攻撃するために通過した広大な平地であるウクライナは、ロシアにとって戦略的に非常に重要な緩衝材としての役割を担っている。ロシアの指導者は、かつての敵の軍事同盟がウクライナに進出することを容認しない。また、その同盟に参加しようとするキエフの政府樹立を西側諸国が支援するのを、ロシアの指導者が黙って見ているはずもない。

ワシントンDCはモスクワの姿勢を好まないかもしれないが、その背後にある論理を理解するべきだ。大国は常に自国の領土に近い脅威には敏感である。例えば米国はモンロー・ドクトリンの下、遠く離れた大国が西半球のどこにでも、ましてや国境に軍隊を展開することは許さない。もし中国が印象的な同盟を築き、カナダやメキシコに参加を希望する政府を設置しようとしたら、ワシントンの怒りは想像に難くないだろう。論理はともかく、ロシアの指導者は西側諸国に対して、NATOのウクライナやグルジアへの拡大や、これらの国々をロシアに敵対させるような努力は許さない、と何度も言っている。これは2008年のロシア・グルジア戦争ではっきりしたはずのメッセージである。

西側諸国は、ロシアの恐怖心を和らげようと懸命に努力し、NATOがロシアに対して敵対的な意図を持っていないことをモスクワは理解するはずだったと主張している。NATOはロシア封じ込めを目的とした拡張を否定し、新規加盟国の領土に恒久的に軍を配備していなかった。2002年には、モスクワとの協力関係を深めるために、NATO・ロシア理事会という組織を立ち上げたほどだ。さらに、米国は2009年、新ミサイル防衛システムを欧州海域の軍艦に配備することを発表したが、当初はチェコやポーランドの領土には配備しない方針であった。しかし、ロシアはNATOの拡大、特にウクライナとグルジアへの進出に断固として反対を貫いた。そして、何が自分たちの脅威となるかを最終的に決めるのは、西側諸国ではなくロシアである。

欧米のエリートはウクライナでの出来事に驚いたが、それは彼らの多くが国際政治について誤った理解を持っているからである。彼らは、リアリズムや地政学は21世紀にはほとんど意味を持たず、「完全で自由なヨーロッパ」はすべて自由主義の原則に基づいて構築されると考えている。この原則には、法の支配、経済的相互依存、民主化などが含まれる。米国は、ロシアや他の国を脅かすことのない良心的なヘゲモニーであり、この新しい世界の創造をリードするのに適している、というのである。

欧州を巨大な安全保障共同体とするこの壮大な計画はウクライナ問題で失敗したが、この災いの種は 1990 年代半ばにクリントン政権が NATO の拡大を推し進めたときにまかれた67。識者や政策立案者はさまざまな賛成論や反対論を展開したが、意見の一致をみることはなかった。在米東欧移民とその親族の多くは、ポーランドやハンガリーなどの国々に NATO の保護を求め、拡大を強く支持した。現実主義者の中には、ロシアを封じ込めるためにはやはりNATOが必要だと考え、この政策に賛成する者も少なからずいた。しかし、現実主義者の多くは、高齢化と一面的な経済を抱える衰退した国を封じ込める必要はないと考え、また、拡大することでモスクワが問題を起こすことを強く懸念して、拡大に反対した。米国の伝説的な外交官で戦略思想家のジョージ・ケナンは、上院がNATOの第一次拡大を承認した直後の1998年のインタビューで、「ロシアは次第にかなり不利な反応を示すようになり、彼らの政策に影響を及ぼすと思う」と述べている。「私は、これは悲劇的な間違いだと思う。これには何の理由もなかった。誰も他の誰かを脅かしていたわけではない」68 。

クリントン政権の多くの主要メンバーを含むほとんどのリベラル派は、拡大に賛成していた。彼らは、冷戦の終結が国際政治を一変させ、新しいポスト国家秩序では、何世紀にもわたって国家の行動を導いてきた現実主義の論理はもはや通用しないと考えていた。この新しい世界では、米国は、オルブライト国務長官の言葉を借りれば「不可欠な国」であるだけでなく、理性的な指導者の心に恐怖を与えてはならない「善の力」でもあるのだ、と。Voice of Americaの記者は2004年2月、「ほとんどのアナリストは、NATOとEUの拡大がロシアの利益にとって長期的な脅威とならないことに同意している」とコメントしている。「安定した安全な隣国を持つことは、ロシアの安定と繁栄を高め、冷戦時代の恐怖を克服し、旧ソ連の衛星がより積極的かつ協力的な方法でロシアと関わることを促すと指摘している」69 。

1990 年代後半には、クリントン政権内のリベラル派が NATO 拡大のための戦いに勝利していた。そして、ヨーロッパの同盟国に対して拡大を支持するよう説得することは、ほとんど困難であった。1990 年代の EU の成功を考えると、西ヨーロッパのエリートは、地政学はもはや問題ではなく、 すべてを包含する自由主義的秩序がヨーロッパの長期的な平和を維持できるという考え方に、アメリカ人 以上に固執していたのかもしれない。20世紀末に米国と自由主義ヨーロッパの同盟国が共通して目指したのは、東欧諸国の民主化を促進し、東欧諸国間の経済的相互依存を高め、国際機関に定着させることであった。最終的な目標は、東欧を西ヨーロッパのようにすることであった。

21世紀の最初の10年間は、リベラル派がヨーロッパの安全保障に関する言説を徹底的に支配するようになり、NATOが将来の加盟に関してオープンドア政策を事実上採用した後でも、西側では現実主義者や他の誰からの反対にもほとんど直面しなかった(70) リベラル派の世界観がブッシュ政権とオバマ政権の両方の考え方を支配していたのである。例えば、オバマ大統領は2014年3月のウクライナ危機に関する演説で、欧米の政策の動機となる「理想」について繰り返し語り、そうした理想が「古い、より伝統的な権力観によってしばしば脅かされてきた」ことを述べた。ロシアのクリミア併合に対するケリー国務長官の反応も同じ視点を反映している。「21世紀には、完全にでっち上げられた口実で他国を侵略するという19世紀的な行動はとらないほうがいい」71。

要するに、ロシアと欧米は異なるハンドブックで行動してきたのである。プーチンとその仲間たちは現実主義者のように考え行動し、欧米の指導者たちは国際政治について教科書的な自由主義的な考えを堅持してきた。その結果、米国とその同盟国は、知らず知らずのうちに大きな危機を引き起こし、それが収束する気配はない。自由民主主義国家が権威主義国家と外交を行うのは非常に困難であることが主な理由である。

海外での自由主義が国内での自由主義を弱体化させる

自由主義の覇権を追求する国は、必ずと言っていいほど自国内の自由主義の布陣にダメージを与える。その理由は簡単で、海外でこの野心的な戦略を追求する国は、果てしない戦争を戦い、世界を監視し、自国のイメージ通りに形成するために、強力な国家安全保障官僚を創設するしかないのである。しかし、強大な国家安全保障は、ほとんどの場合、自国のリベラルな価値観や制度を脅かす。建国の父たちはこの問題をよく理解していた。ジェームズ・マディソンは、「いかなる国家も、絶え間ない戦いの中では、その自由を維持することはできない」と述べている(72)。

軍事化された自由主義国家は秘密主義に頼らざるを得ず、国益が必要とする場合には自国民を欺かなければならないことさえある。それは、国家安全保障担当者の目には驚くほど頻繁に映ることが判明した。この本能は、国家安全保障担当者がリベラルな外交政策を機能させるために必要だと判断すれば、個人の権利を侵害し、法の支配を弱体化させることにつながる。頻繁に戦争を行う自由主義国家は、自国の法律や自由主義的価値観と相反する冷酷な政策で敵国を扱うことになるのも日常茶飯事である(73)。

米国は冷戦終結後、7回の戦争を行い、9・11の翌月以降も継続的に戦争を行っており、戦争は止まる気配がない。このような対立のすべてが、ソ連が崩壊した1991年に存在した手強い国家安全保障国家を、今日さらに強力なものにしているのである。

秘密主義と欺瞞

国内では、自由民主主義が効果的に機能するためには、透明性が不可欠である。有権者が十分な情報を得た上で意思決定を行うことができるだけでなく、メディアや外部の専門家が政府の政策を評価し、実行可能なアイディアの市場に参加することも可能にする。自由民主主義を成功させるために不可欠な要素である。政策立案者が間違いを犯したり、犯罪に手を染めたとき、市民がその責任を追及するのに役立つ。秘密主義とは定義上、透明性を制限することであり、秘密主義が行き過ぎると自由民主主義体制が容易に損なわれることを意味する。

どの国の外交政策にも、ある程度の秘密主義が必要であることに疑問の余地はない。しかし、自由民主主義国家にとっては、秘密主義を最小化し、透明性を最大化することが不可欠である。しかし、自由主義的覇権を追求することは逆効果である。なぜなら、そうする国は敵対国が自国の政策、戦略、兵器について持つ情報量を制限しようと強く動機付けられるからである。同盟国からさえも情報を隠すことが意味を持つ場合もある。その国の外交政策が野心的であればあるほど、敵味方関係なく秘密を隠す理由がある。また、自由主義国家が秘密主義を好むのは、指導者を国内での批判から守り、議論を呼ぶような政策を追求しやすくするためでもある。ジャーナリストや学者は、政策について何も知らなければ、それを批判したり、最終的にチェックしたりすることは難しい。最後に、政策立案者は、選んだ政策がうまくいかなかったり、政策の追求が法律を破ることにつながったりしても、説明責任を回避したいと考える。そのための最良の方法は、国民に何も知らせないことだ。

ブッシュ、オバマの両政権が秘密主義に深く傾倒していることは、彼らが国民、議会、裁判所から隠そうとしたアメリカ市民の違法な、あるいは少なくとも疑わしい監視を考えれば、驚くべきことではないだろう74。オバマ大統領がブラッドリー・マニングとエドワード・スノーデンを罰することに固執した理由の一つはこれであり、より一般的には、記者や内部告発者に対して前例のない熱意をもって戦争に突入した理由である75。また、米国がシリア内戦にどれほど深く関与しているかを隠すために、ドローン攻撃についてできる限り情報を漏らさぬよう多大な努力を払っている。オバマは「史上最も透明性の高い政権」を運営したと主張するのが常であった76 が、もしそれが本当なら、政府の秘密主義への深いこだわりを無視した記者や内部告発者たちの功績であろう。

高度な介入主義的外交政策のもう一つの弊害は、海外での軍事行動を支持するように国民を 動かすために、指導者が嘘をつく、あるいは少なくとも真実を歪曲する機会を数多く与えてしまう ことだ。第一次世界大戦中、ウィルソン政権は、ドイツ帝国との戦いを支持する国民感情をかき立てるために、包括的なプロパガンダキャンペーンを展開したのだが、このような行動ははっきりと表れていた。冷戦時代には、ソ連の脅威を誇張することが当たり前だった。2003年のイラク戦争に至るまで、ジョージ・W・ブッシュ政権は非常に効果的な欺瞞キャンペーンを展開したのである。

欺瞞キャンペーンには、「嘘」、「ごまかし」、「隠し」の3種類の行動がある。嘘とは、政策立案者が虚偽であることを知りながら、他人がそれを真実だと思うことを望んで発言することだ。スピニング(Spinning)とは、より一般的な欺瞞の形態で、リーダーがある政策を売ったり弁護したりする目的で、ある事実を強調し、他の事実を軽視したり省略したりする話をすることだ。完全に正確な説明をしようとはしていない。言い換えれば、スピニングは誇張や歪曲を伴うが、前言撤回は伴わない。Concealmentとは、有利な政策を損なったり弱めたりする可能性のある情報を一般大衆から隠すことだ。明らかに、この種の欺瞞は秘密主義と最も密接に関連している77 。

野心的な外交政策を掲げる自由主義国家は欺瞞キャンペーンを行いがちであるが、それは 人々が戦争で戦い死ぬように鼓舞することは容易ではないからである。国家と同様に、個人も生き残るために深い動機づけを持つ。リベラルな戦争を売り込むのは特に難しい。なぜなら、リベラルな戦争は究極的には自国の生存に対する脅威と戦うためではなく、外国人の権利を保護したり、自由民主主義を広めたりするためのものだからである。このような自由主義的な目標のために国民に戦い、死んでもらうことは簡単なことではない。指導者は常に、国民を欺いてまで選択的戦争に参加させようとする誘惑に駆られる78 。

政府はまた、違法または憲法上疑わしい活動を隠そうとするときにも、国民を欺く。例えば、国家情報長官であるジェームズ・クラッパーは、2013年3月12日に議会に出席し、こう問われた。”NSA(国家安全保障局)は何百万、何億というアメリカ人について、いかなる種類のデータも全く収集していないのか?” 彼はノーと答えた。すぐに彼が嘘をついていることが明らかになり、6月に議会で認めざるを得なくなった。”私の回答は明らかに誤りであり、謝罪します”。その後、彼はその質問に対して、可能な限り「不誠実でない」方法で答えたと述べた。議会への嘘は重罪であるが、クラッパーは起訴されず、解雇もされなかった79。

広範な難読化は、必然的に不正直な文化を生み出し、あらゆる政治団体、とりわけ自由民主主義に重大な損害を与える。嘘は、市民が候補者や問題について十分な情報を得た上で選択することを困難にするだけでなく、政策決定にも支障をきたす。政府関係者が互いに信頼できなければ、ビジネスを行う上での取引コストが大幅に増加する。さらに、真実を歪曲したり隠したりすることが当たり前の世界では、法の支配が著しく弱体化する。どんな法制度も、効果的に機能するためには、国民の誠実さと信頼が必要である。最後に、自由民主主義において嘘が蔓延すると、国民はその政治秩序への信頼を失い、権威主義的な支配に開放的になってしまうかもしれない。

市民の自由を侵す

常に戦争の準備や戦闘を行い、武力行使の利益を謳う自由民主主義は、自由主義社会の核心である個人の権利や法の支配を侵害することになりそうだ。戦争のような国家の非常時には、指導者は言論の自由や報道の自由を制限することによって、自分たちの政策に対する批判を抑圧する正当な理由があると考えるかもしれない。指導者たちは、不誠実な市民や外国人など、内なる敵に深い懸念を抱いているはずだ。恐怖が支配的なのだ。このような疑心暗鬼の雰囲気が、個人の権利を制限し、非自由主義的な方法で市民を監視することにつながり、それが多くの場合、国民の支持を得ているのである。

指導者がこのような行動をとるのは、彼らが邪悪だからではない。悲惨な時代、あるいは悲惨だと思われている時代において、安全保障と市民の自由との間のトレードオフを考えると、政策立案者はほとんどの場合、安全保障を選択する。一国の最高目標は生存でなければならない。なぜなら、生存しなければ、他の目標を追求することができないからだ。南北戦争中のリンカーンの非自由主義的政策、第一次世界大戦中の反戦の声の封殺、その直後の悪名高い「赤い恐怖」、第二次世界大戦中の日系人投獄、1940年代後半から1950年代前半にかけてのマッカーシズムなど、アメリカの歴史上、この種の行動の証拠は十分に揃っている。

9.11以降、アメリカの外交政策に浸透した外国の脅威に対する誇張された恐怖を考えれば、ブッシュ、オバマ両大統領が自国の市民的自由を低下させる政策を追求したことは当然である。3つの例を挙げれば、まず、憲法修正第4条の令状要件に関連するプライバシーの権利についてである。一般的に、政府は裁判官の許可なしにアメリカ国民の情報を収集することはできない。通常、捜査令状を取得するためには、捜査官は個人が違法行為に関与していると考える相当な理由があることを示さなければならない。誰かが危険であるか、不法に行動していると考える場合でも、通常、政府は司法の承認なしに行動することはできない。

また、エドワード・スノーデンのおかげで、NSAを中心とする政府は、膨大な量の電子メールやテキストベースのメッセージも検索・保存していることがわかった81。政府はまた、何百万人ものアメリカ人の電話記録を定期的に収集し、通話相手の電話番号、通話時間、場所、時間などを含む「テレフォニー・メタデータ」を記録している。Ron Wyden上院議員(民主党)の「法を遵守するアメリカ市民の情報を収集する政府の権限は、基本的に無限である」という意見に反対するのは難しい82。

この監視を行うために、政府はしばしば外国情報監視裁判所(またはFISA裁判所)と呼ばれる秘密裁判所から令状を取得する。しかし、このプロセスには、透明性と信頼性の面で大きな問題がある。1979年から2012年の間に、FISA裁判所は米国内の電子的監視を行うためにほぼ3万4,000件の要請を受け、11件を拒否した83。さらに、FISA裁判所の裁定は秘密であるだけでなく、政府以外の誰も当事者ではないため、異議を唱えることは事実上不可能である。また、FISAの証拠が連邦刑事訴追に使用される場合、司法長官が日常的に行っているように、開示が国家安全保障を脅かすと証明すれば、被告人もその弁護士も令状申請書にアクセスできない85。連邦控訴裁判所がNSAの大量データ収集は違法であると判決を下したとき、オバマ政権はFISA裁判所に判決を無視するように指示した86。

市民的自由を損なう政策の第二の例は、米国の憲法保護のまさに中核にあり、法の支配のバックボーンであるデュー・プロセスに関わるものである。世界的な対テロ戦争におけるいわゆる敵性戦闘員に適用される場合、従来のデュープロセスの概念は笑いものになっていると言っても過言ではない。9.11以降、米国がアフガニスタンなどでテロリスト容疑者の掃討を始めた2002年1月、ブッシュ政権はグアンタナモ湾に事実上の収容所を作り、被収容者が適正手続きを得ようとするのを強く抵抗している。開設以来、779人が収監された。オバマ大統領は閉鎖を宣言したが果たせず、今も適正手続きの泥沼に陥っている。2017年1月現在、グアンタナモに収監されている41人のうち、5人は釈放が許可されたが収監されたままであり、これは同刑務所のよくあるパターンである。この恣意的で前例のない無期限拘留の方針は、一般に信じられている適正手続きの概念のほとんどにあからさまに違反している。

さらに悪いことに、ブッシュ政権は、価値の高い囚人をエジプトやシリアのような人権にほとんど関心のない国に送り、拷問や尋問を行うという悪名高い「特別移送」政策を考案した。また、CIAはヨーロッパの「ブラックサイト」、アフガニスタンのバグラム基地、イラクのアブグレイブでも囚人を拷問したようだ88。この政策は明らかに、拷問を禁じているアメリカ法と国際法に違反するものである。Open Society Justice Initiative で国家安全保障とテロ対策のプロジェクトを指揮する Amrit Singh が報告したように、「秘密拘禁プログラムと特別移送プログラムは高度に機密化され、米国外で行われ、拘禁者の尋問を法の及ばないところに置くように設計されていた」89。これらを総合すると、違法拘禁と違法拷問の政策は法の支配を破壊するだけではなく、将来的にその回復を阻む陰謀なのだ。

この不名誉な状況は、さらに第三の例を思い起こさせる。オバマ政権はグアンタナモの収容者を起訴も釈放もできないので、新たな収容者を捕まえて無期限拘留にすることにはほとんど興味がなかった。90 確かに、容疑者をグアンタナモに連行し、その法的泥沼を永続させるよりも、殺害する方が簡単ではあるが、この新しい政策の影響はさらに毒性が強いかもしれない。

無人偵察機は、もちろん、これらの暗殺において中心的な役割を果たす。オバマは「処分行列」と呼ばれる殺害リストを持っており、毎週火曜日にはホワイトハウスで「テロの火曜日」と呼ばれる会議が開かれ、次の犠牲者が選定された91。ミカ・ゼンコは、「戦場以外の標的による殺害は約 425 件(95%以上がドローンによる)」と報告している。ジャーナリストのTom Engelhardtが書いているように、「かつて、帳簿外の暗殺は一般に、大統領が否定できるような珍しい国家行為であった。しかし、今ではホワイトハウスやCIAの日常生活の一部となっている。大統領の暗殺者としての役割は、政治的なプラスとして公然と促進されている」93。

この暗殺戦略には、法の下でのデュープロセスの余地がほとんどない。CIAは、テロリストであることが知られていないが、疑わしい行動をしているに過ぎない若者を、それが何であれ、殺害する権限さえ与えられているのである。また、何千フィートもの上空からターゲットを明確に識別することは困難である。したがって、無人偵察機が罪のない民間人を殺害したケースが数多くあることは、驚くにはあたらない。確かな数字を出すのは難しいが、少なくとも犠牲者の10〜15%は民間人であったようだ2012年のマイケル・ヘイデン元CIA長官のコメントは、オバマの暗殺戦略がいかに見当違いであったかをよく表している。「今現在、アフガニスタンとイスラエルを除いて、これらの作戦に対する我々の法的根拠に同意する政府は地球上に存在しない」94 個人の権利と法の支配は、大規模で強力な軍隊を維持し、戦争をすることに中毒になっている国ではうまくいかない95。

ハイ・モダニズムのイデオロギー

James Scott は『Seeing Like a State』の中で、「人間の状態を改善しようとする多くの善意の計画が、なぜこれほどまでに悲劇的に失敗したのか」96 を明らかにしようとしている。彼の関心は、中国の大躍進(1958-62)、ロシアの集団化(1928-40)のような悲惨な国内計画に注がれている。しかし、私はスコットのテーゼは国際政治にも適用できると考えている97 リベラルな覇権主義は、国内ではなく、外国での社会工学を伴うため、失敗の可能性がより高くなると主張することができる。

スコットは、近代史における大災害の多くは、「ハイモダニズム・イデオロギー」に依存した「偉大なユートピア的社会工学的計画」によって引き起こされたと主張している。リベラルな覇権主義は、その両方の点で適格であるように見える。リベラルな覇権主義は、ユートピア的な社会工学を全世界で行うことを要求している。スコット氏によれば、ハイモダニスト・イデオロギーとは、科学技術の進歩、生産の拡大、人間の欲求の充足の増大、(人間性を含む)自然の支配、そして何よりも自然法則の科学的理解に見合った社会秩序の合理的設計に関する自信の、筋肉質なバージョンとさえ言えるかもしれない、という。ここでも、自由民主主義と開放的な経済市場の美点に自信を持ち、国際機関を使って国家をより分かりやすくする標準的な指標を世に送り出す自由主義的覇権主義は、この法案によく合致しているといえるだろう。

スコットによれば、悲惨な失敗にはさらに二つの要素が必要である。「ハイモダニズムデザインを実現するために、その強制力をフルに発揮することをいとわない権威主義国家」と「これらの計画に抵抗する能力を欠いた、ひれ伏した市民社会」である。自由民主主義国家と権威主義国家は根本的に異なる政治形態を表しているが、この区別は国際的な領域ではほとんど意味をなさない。強力な自由主義国家は、道徳的に正しいだけでなく、自国の安全保障に役立つと思えば、強烈に一途で他国を威圧することもある。自由民主主義国家は、深刻な脅威を感じると、非常事態を宣言し、権威主義国家の特徴の多くを取り込むことができるようになる可能性がある。

さらに、市民社会には国際的に同等のものがない。世界市民が一丸となって大国に立ち向かうことを暗示する「国際社会」についての話は、結局のところ空疎なレトリックに過ぎないのである。国際社会は初めから破綻しているのだ。リベラルな大国がハイモダンのイデオロギーを弱小国家に押し付けようとするのを、民衆の反対で阻止できるリスクはほとんどない。もちろん、十字軍のような国家は、他の国家からの反対に遭うかもしれないが、世界をリベラル・デモクラシーにとって安全なものにするという野心を実現しようとするのを妨げるほどではないだろう。

9.11の後、塵も積もれば山となるで、スコットの言う材料はすべて米国にしっかり備わっていた。ブッシュ政権は、米軍を利用して政権を倒し、民主主義の経験が乏しい大中東に民主主義を導入する政策を採用したのである。ブッシュ・ドクトリン」は、アメリカの歴史上、他に類を見ない過激な戦略であった。オバマ大統領は、前任者よりも慎重になったとはいえ、非自由主義的な政権を倒し、中東全域に民主化を推進しようとするブッシュの政策を引き継いだ。両大統領はほとんどことごとく失敗しただけでなく、その政策は地域に広範な殺戮と破壊をもたらした。

我々は、自由主義的な外交政策は失敗する可能性が高く、失敗の代償は大きいということを見てきた。しかし、その危険性を認識している人たちでさえ、その努力は正当化されると主張することがある。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました