7. 危機(経済・環境・国際)SDGs/地球環境ギフトエコノミー / 贈与経済ロシア、プーチン崩壊シナリオ

「崩壊の5つのステージ」2. 商業的崩壊
生存者のためのツールキット

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

The Five Stages of Collapse

目次

  • はじめに 崩壊の一般論
  • 崩壊とは何か?
  • 崩壊はいつ起こるのか?
  • 崩壊の段階はどのようなものか?
  • 1. 金融崩壊
    • 問題の根源
    • 間違った数学
    • 大小の債務不履行
    • お金の終わり
    • 現金化のためのオプション
    • お金に代わるもの
    • 私たちはどのようにそれをしましたか
    • チット、スペチー、ストックイントレード
    • 可能性の高い終盤戦
    • コールドスタートの指示
    • 金融専制主義に注意
    • 貨幣の神秘主義
    • 信用できない人と信用できる人
    • ゲッテルデメルング
    • ケーススタディ アイスランド
  • 2. 商業的崩壊
    • カスケード破綻
    • 嘘つきの言葉:効率
    • 逆さまの生命
    • ギフトの多くの利点
    • お金は腐敗させる
    • 贈与の機会
    • 一方、ソビエトロシアでは
    • 新しい常態
    • 文化的な反転
    • ケーススタディ ロシアン・マフィア
  • 3.政治的崩壊
    • アナーキーの魅力
    • 国民国家は衰退する
    • 国語
    • 自分の面倒は自分で見る
    • 国家宗教
    • 国民国家後の生活
    • 過剰な規模の問題
    • 消滅した国家の増殖
    • 政府サービスの消滅
    • 通貨の非国有化
    • 政府が得意とすること
    • 戦争は自滅的になる
    • 法と秩序の終わり
    • 福祉国家の終焉
    • 仮想化された政治
    • ケーススタディ。パシュトゥーン人
  • 4.社会の崩壊
    • まちづくりの限界
    • 新しいルール
    • 社会的再生
    • 組織原理としての宗教
    • 慈善的な与え方と取り方
    • どのような社会か?
    • ケーススタディ ロマ人
  • 5. 文化の崩壊
    • 人類と他の動物
    • 言語の限界
    • 語られた記憶
    • 孤立した人間
    • 家族の優先順位
    • ケーススタディ イク族
  • あとがき
  • 巻末資料
  • 書誌事項
  • 索引

第2章 商業破綻

「ステージ2:商業的崩壊。市場が供給してくれる」という信仰が失われる。貨幣は切り下げられ、希少になり、商品は買いだめされ、輸入と小売のチェーンは崩壊し、生存に必要なものが広範囲に不足することが常態となる。

経済的に発展した国に住む私たちにとって、商業との関係は絶望的な依存関係のひとつである。衣食住や医療など、あらゆるものを調達するために、農家や仕立て屋、木工所、建築業者、医者と直接取引するのではなく、何も生み出さず、ただ費用を増やすだけの中間業者との取引を余儀なくされているのだ。このように商業化、金融化された精巧な構造を構築する過程で、私たちは取引の意味を見失った。それは、サービスを提供したり価値のあるものを作ったりして、他のサービス提供者や価値のあるものの生産者と交換に提供することだ。この定義では、単にポケットからポケットへ移動させることでお金を稼ぐ人は除外される。

これは決して新しい考え方ではなく、また少しも急進的でもなく、深く保守的で非常に伝統的な考え方である。アリストテレスが、経済とは財貨とサービスの交換であり、商業とは経済への寄生(何も生み出さない者が取引によって分け前を得る)であり、金融とは商業への寄生(手から手へ貨幣を交換することによって分け前を得る、寄生に寄生する)であると最初に定義したのはこの人である。例えば、ゴールドマン・サックスなどの金融企業を献金者の筆頭に挙げる大統領など、典型的な米国の政治家は、吸血コウモリの血を吸うダニの腸に寄生する寄生虫の上に寄生する寄生虫とでも言うべきか。

貿易を中心とした定常経済が、突然、巨大で余分な商業と金融の上部構造を生み出すことは、むしろ異常なことだ。自然が持続的に供給できる範囲内で、モノとサービスの流れがバランスしているのが普通と考えるべき状況である。鉱業や製造業は、再生不可能な資源を徐々に枯渇させるかもしれないが、一般に労働集約的であるため、かなり低い水準で自己限定される。このような定常状態のエコロジカル・ニュートラルな経済が、何も生産しないくせに暴力や策略で分け前を得ようとする寄生虫商人や金融業者の大群に苦しめられたら、経済は恐慌状態に陥って崩壊し、その過程で寄生虫も餓死してしまうだろう。

ある特定の社会が素晴らしい新しいアイデアを得て、その追求のために無鉄砲に走り出すと、このようなことが起こるのはむしろ珍しいことではない。狂気は個人ではめったに起こらないが、社会では極めて定期的に起こる。その新しいアイデアとは、漆喰で覆われた白く輝く神殿の建設(その過程で漆喰を作るために森林を伐採)敵を倒すために青銅や鉄から武器を錬成(炭を作るためにまた森林伐採)征服の航海に出るための海洋海軍の建設(木材を作るためにまた森林伐採)など、あらゆる追求の対象かもしれない。これらの場合、どのような目的であっても、最終的には森林破壊、土壌侵食、環境破壊、崩壊という結果になるようである。

しかし、そのうちに、濃縮され、容易に生産できる新しいエネルギー源が発見されれば、事態は大きく進展する。オランダは、ピートモスを燃料とし(その過程で農地の多くを沼地に変えてしまった)次に石炭に切り替え、さらに石油やガスを追加していった。イギリスは薪から石炭へ、コールタールでテムズ川を汚染し、ロンドンの霧で窒息死寸前まで行った。薪から石炭へ、そして石油やガスへ、場合によっては原子力へという流れは、どこの国でも同じである。海運も陸運も、風力発電から石炭焚き蒸気機関、石油焚き蒸気機関、そしてディーゼル機関(そして原子力機関)へと移行してきた。そして今、これらの化石燃料の簡単で安価で豊富な貯蔵庫のほとんどが使い果たされ、残っているのは困難でリスクが高く、採取に費用がかかり、規模もかなり小さいため、再び崩壊する予定になっているのである。しかし、この崩壊は前代未聞の規模であり、地球規模のものである。

カスケード破綻

金融システムの崩壊が商業的崩壊を引き起こし、それが政治的崩壊を引き起こす過程は、連鎖的崩壊と呼ぶことができる。

この時点で、事実上すべての先進国の経済は非常に高い債務を抱え、縮小するか成長しないかのどちらかである。法外な債務が存在する場合、過去に発行された債務を返済するために信用は継続的に拡大しなければならないが、経済で利用可能な財やサービスに対して貸与された貨幣の価値を維持するためには、経済成長は信用の拡大と歩調を合わせなければならない。経済成長を回復できなければ、最終的には国家の債務不履行となる。

ギリシャが国家デフォルトに陥っていることは、もはや議論の余地がない。また、スペイン、イタリア、アイルランドが問題を解決し、経済成長を再開する可能性もないとは言い切れない。まず、天然資源、中でも石油の問題がある。石油が高すぎてこれ以上の成長は望めないし、深層水、タールサンド、シェールオイル、北極油田など、これまで有望でないと見過ごされてきた資源も生産コストが高いので、これ以上安くなる見込みはない。第二に、債務残高の問題である。高すぎる債務は、他の阻害要因がないとしても、経済成長を阻害することが知られている。第三に、私たちはもはや成長を刺激することができないと思われる段階にいる。最近の数字によれば、1単位のGDP成長を生み出すために2.3単位の新規債務が必要であることが分かっている。最近の数字では、1単位のGDPを成長させるには2.3単位の新規債務が必要であり、利用可能なデータによれば、債務による成長に関して収穫逓減が起こっているのである。

債務不履行によって不良債権が一掃され、健全な貨幣が新たに印刷され流通し、経済が回復するというロマンチックな考えを持つ人もいる。実際、アルゼンチンやロシアをはじめ、いくつかの国でこの現象が確認されている。世界経済のより大きな部分に対して、同じようなポジティブなことが起こり得るだろうか。政府や中央銀行による強力で協調的な行動が、突然、銀行の支払能力を回復させ、商業信用を再び利用可能にすることはできないのだろうか。そのためには、前例のないような国際的な協調が必要である。理論的には可能だが、現実問題として 2008年の金融崩壊の根本原因を理解していない人々が、突然、複雑に相互接続されたグローバルなシステムの重要な詳細をすべて把握し、把握するだけでなく、この新しい理解を用いて、多数の問題の解決策を迅速に講じられると考える人はいるだろうか。

しかし、国のデフォルトは以前にも起こり、世界の金融は回復してきたのに、なぜ今回はそうならないのだろうか。まあ、規模の問題がある。国のデフォルトの重要性は、世界経済に対する国の経済規模によって異なる。アルゼンチンのデフォルトは、世界的に見れば大したことではなかった。ロシアのデフォルトは、Long-Term Capital Managementが突然破綻した結果、金融システム全体を巻き込むところとなり、アメリカのFRBが介入して救済の調整をしなければならなくなった。米国のサブプライムローン問題やリーマン・ブラザーズの破綻は、世界の金融をさらに危機に陥れ、より大規模な救済を必要とした。そして今、ギリシャ、スペイン、イタリアが危機に瀕しており、救済措置が矢継ぎ早に行われているが、そのたびに信頼を回復できる期間は短くなっているように思われる。これらのショックはすべて積み重なり、ある時点で世界の金融システムは転換点を越え、世界の商業がロックされるような連鎖的な破綻を招くことになる。

それぞれのショックは、システム全体の回復力を低下させる。アルゼンチン、ロシア、アイスランドなど局地的な債務不履行の後、回復できるかどうかは、比較的健全な世界経済と金融システムへのアクセスに決定的に依存していた。金融危機が次から次へと発生する中、我々はそれぞれの危機が比例した反応を示すと仮定し続ける。しかし、金融危機のうちのどれかが、グローバルなシステムを直線的な範囲から逸脱させ、そこから回復できないようなクラッシュを引き起こす可能性がある。なぜなら、そのプロセスは不可逆的であることが判明したからである。複雑なグローバル金融システムは、それを生み出したグローバル経済がもはや存在しないと、再生できないのである。

また、金融システムは他の経済と切り離せないものであり、金融システムの破綻は即座に商業活動を破綻させるというプロセスが明確に定義されている。すべての貨物に資金を供給しなければならない。これは、地球の反対側にある銀行が信用状を発行し、貨物が陸揚げされた時点で返済されるローンを発行することによって行われる。この融資が受けられないと、貨物は動かない。数日後には、スーパーマーケットの棚は空っぽになり、工場では部品がないために生産が停止し、建設現場やメンテナンス作業は停止し、病院では薬や物資が不足することになる。

1週間もすれば、燃料は枯渇し、交通網は寸断される。現代の製造業と流通ネットワークは、グローバルなサプライチェーンと非常に薄いジャストインタイムの在庫に依存している。ハイテク製造業が最も混乱しやすいのは、主要部品の供給元が1社か2社しかなく、代替の可能性がほとんどないためである。2011 年の日本の津波 2010 年のエイヤフィヤトラヨークトル火山噴火など、さまざまな災害の経験から、災害の影響 は期間と比例するのではなく、加速度的に大きくなり、復旧には不釣り合いなほど長い時間がかかることが分かってい る。電力網は1カ月ほどで供給とメンテナンスの不足から崩壊し、おそらくこの時点で復旧は不可能になる。

しかし、それ以前にも伝染は始まっている。見知らぬ者同士の信頼関係はゆっくりと築かれ、急速に失われるからだ。経済が急速に縮小する中で、「自分のことは自分でする」ことが、他の大陸にいる見知らぬ人との信頼関係を維持することよりも重要になる。グローバルに調達され、信用取引でしか購入できない輸入部品がなければ維持できないインフラに依存する社会にとって、これはどのような意味を持つのだろうか。

ソブリン・デフォルトの広がりは、春ストームが去り、再び太陽が顔を出すというようなものではない。今はまだ徐々に進行していることが、ある時点で突然、取り返しのつかない破滅的な日常生活の崩壊につながるのだ。

嘘の言葉:効率

商人や金貸しにとって、定常経済というのは硬くて岩の多い場所であり、そこでやっと買い物ができるようなものだが、何か新しいエネルギー源、原料、あるいは有用な目的が見えてくると、彼らの運命は良い方向に変化し、残った生木やその化石化した遺物を浪費することができる。もし、未来が現在よりも大きく、太く、忙しくなりそうなら、それに賭けようとする人たちは、その実現をより早くする手助けをすることができる。事実上、彼らは未来から借金をし、未来が支払いを行えると仮定しているのだ。その逆は成り立たない。寄生虫が勝っている間、誰もが彼らと共に勝つというのは少しも真実ではないからだ。寄生虫は、すべての人に必要以上の努力をさせ、自分たちの行動が生態系や社会に及ぼす影響を無視しがちである。しかし、安価なエネルギーと豊富な原材料、そして落ち着きのない未就労の労働力にあふれた好景気の中で、彼らの魅力は抗しがたいものとなっている。彼らは、指を鳴らすだけで資本を呼び出すことができ、その資本を経済の効率化のために投入し、豊富な資源を使い果たすまで焼き尽くすことができる。そして、もし彼らのサービスを断れば、事実上、競争力が落ちるという意味で、効率が悪くなり、遅れをとって、彼らに買収されるか、廃業させられることになる。

効率という言葉は、さまざまな意味を持つ奇妙な言葉だ。定常経済では、自然が太陽光からエネルギーを取り込み、処理することで得られる資源に制約され、その結果、ニーズにも制約される。したがって、定常経済におけるすべての活動は、ニーズによって調整される。ニーズを満たすために、できるだけエネルギーを使わないようにし、ニーズを満たした後は、またできるだけエネルギーを使わないようにするのである。漁師が、食料を確保し、他の必要なものと物々交換するために、週に3匹の魚を捕る必要があるとすれば、暖かく乾燥した日に、漁をしたいと思ったときに、その魚をすべて捕ることができる。しかし、寒く、暗く、雨が降っているときに、さらに魚を釣ろうとすることはないだろう。これは非常に効率的である。

しかし、彼のニーズが定常経済を超え、多国籍コングロマリットのために魚を捕り、トロール船、家、車の支払いをする余裕ができたとしたら、雨でも晴れでもできるだけ多くの魚を捕ろうとするほかない。それは、競合他社に比べて効率が悪いからである。

このように、効率というのは嘘つきな言葉で、その時その時で、人によって意味が違う。例えば、工業生産や組み立て作業を低賃金国にオフショア化した方が効率的である。国際的な賃金裁定により生産コストが下がるので、消費者は製品に支払う価格が下がり、消費が増加して成長を促進する。地元の専門店を、安価な輸入品を販売する大型店舗に置き換えた方が効率的である。大型店はサプライヤーとより効果的に交渉することができ、節約分を顧客に還元することができるため、より効率的である。高度なロジスティクスと、ジャストインタイム・デリバリーの「車輪付き倉庫」モデルは、小規模な店では利用できない効率的な規模の経済を利用することができる。しかし、彼らの仕事が海外に流出し、顧客のほとんどが破産してしまえば、大型店舗にとっては、残った少数の顧客のために営業を続けるよりも、損失を出して閉店する方が効率的となる。そして、いったん商業が廃れると、町を救おうとするより、立ち退かせ、差し押さえ、取り壊す方が効率的となる。さらに、人々がまだお金を持っている中国に新しい大型店を建設し、中国の生産をさらに賃金の低い国々にオフショアする方が、さらに効率的となる。このサイクルは、世界のどこにでも搾取できる貧しい人々が残っている限り、そして石油が十分に安く、輸送コストが人件費と比べて無視できるほどである限り、繰り返すことができる。そして、世界は貧しい人々を使い果たすことはない-その逆だ!-が、安価な石油はすでに使い果たされており、この搾取モデルの時代は終わったのである。

この問題は、輸送のエネルギー効率を高め、新しい技術を適用することで解決できる、という反論がある。しかし、エネルギー効率化にも問題がある。近年、海運会社は減速航行と称して、大型船の巨大ディーゼルエンジンの一部を分解し、歯車を変えて速度を下げている。しかし、これ以上速度を落とすことはできないという限界にきている。石油価格の高騰に対応するため、船を大型化し、規模の経済を実現しようとしたが、これも限界にきている。運賃はまだ低いが、これは受注から引き渡しまで数年かかるという、かつての大規模な造船投資の影響が残っているためである。船会社が引き渡しを受ける頃には、船腹が不足し、赤字経営となり、統廃合を迫られ、その時点で運賃は上昇に転じ、世界貿易の大きな制約要因になる。

そうなるとグローバル化した消費生活は非効率になるが、その時は「オンショアリング」、つまり海外から製品を輸送する代わりに、その製品を作る労働者を輸送し、国内に労働キャンプを設けることで再び効率を上げることができるかもしれない。効率化のために、人々はどこまでやるのか、どんな原則を犠牲にするのか、私たちにはまだわからない。このような効率性を重視するあまり、重要な問題が失われている。Cui bono? 効率を上げると誰が得をするのだろうか?効率化によって利益を得るのは誰なのか?効率は、しばしば、技術的な美徳の絶対的な尺度として自分たちの結論を掲げる、自信に満ちた専門家によって行われる不透明で抽象的なゲームである。そして、私たちは、個人的な観点から、そのようなことが起こるのを許すのが効率的であるかどうかを決めることができるのである。

効率という混乱した恣意的な概念に付随して、回復力という自己矛盾の少ない概念もある。効率的なシステムは、特定の用途や条件に対してより高度に最適化される傾向があるため、より壊れやすく、回復力に欠けるようになる。最適化プロセスの各段階において、システムは特定の状況への適応度を高めていくるが、その結果、状況が変化すると、効率が低下するだけでなく、まったく機能しなくなる。レジリエントなシステムは、最大限の能力を発揮することができず、入力の質や量に左右されず、高度に専門化することもない。例えば、家猫は1日に18時間眠り、どんな種類の動物でも食べることができる。餌が少なくなると、1日1時間眠りが浅くなり、1日1時間狩りをするようになる。非常によく適応している。猫はあまり狩りをする必要のない、とても優秀なハンターだ。それが彼らの秘密であり、彼らが世界を征服した理由なのである。最適化された効率的なシステムの良い例は、ハチドリだ。蜜や砂糖水を奪われると、1日で飢え死にする。効率的なシステムは、高度に専門化され、特定の入力を処理するために微調整され、故障点に近いところで動作する。

効率を徹底的に追求するあまり、私たちの世界はより壊れやすくなっている最適なもの、高度なもの、特化したものをすべて珍重することによって、私たちは進化の行き止まりに資源を注ぎ込んでいるのだ。たとえば、純血種の馬(気難しい性格で、草や干し草、穀物を必要とする)を、藁や海草、新聞紙さえ食べるロバより高く評価し、馬を養う余裕がなくなると、食肉処理場に売ったり、見捨てたりしてしまうのだ。このような例は、私たちの身の回りにたくさんある。効率性と専門性がステータスとなる一方で、回復力、普遍性、単純性、堅牢性は流行遅れとみなされ、無視されるからである。

技術も同じ方向で進化している。コンピュータの場合、何十年も使い続けられるような、交換可能な部品がたくさんある不格好なデスクトップシステムから、交換可能な部品やユーザーがメンテナンスできる部品がほとんどなく、1年か2年しか持たず、何か一つでも問題が起こると、あるいは、作った会社がソフトウェアの更新をしないと決めたらほとんど使えなくなる、薄くておしゃれなモバイルデバイスに向かって進んできた。自動車では、再生部品やジャンクヤードで延々と修理できるモデルから、ボンネットの下にはオイルプラグすらなく、耐用年数を過ぎたら粉砕・溶解されるように設計されたモデルへと移行しているのである。新車はコンピュータ化され、キャブレターよりも効率の良い電子燃料噴射装置が使われている。しかし、日本で起きた小さな地震と津波は、電子燃料噴射装置の製造に必要なマイクロコントローラーの3分の1の生産を停止させ、世界中の自動車生産の3分の1を停止させることに成功した。つまり、ハイテクで高性能なエンジンよりも、簡単な工具でオーバーホールできるシンプルで非効率な旧式のキャブレター式エンジンの方が、より強いということだ。燃費は悪くても、全体的な効率、特に経済の混乱に直面したときの効率は高い。なぜなら、より高度なエンジンがハイテクな交換部品の不足で停止してしまうような場合でも、彼らは働き続けることができるからだ。

ある種の状況は、効率とレジリエンスの概念にとって、事実上の試金石となる。シングルハンドのオーシャンレーサー(小さなヨットで単独で海を渡り、賞金を獲得する人々) は、効率と回復力の両方が必要である。レースで勝つために十分な速度が出るという意味で、船は効率的でなければならない。なぜなら、海の真ん中でメカニックを呼んだり、パーツを交換したりすることは難しいからである。理想は、故障の可能性が低い堅牢なシステムか、船員が携帯している工具や消耗品で修理できるシンプルなシステムだけであることだ。そのようなシステムのひとつに、進化を遂げたオートパイロットがある。大西洋横断レースの場合、数週間もの間、舵を取り続けることは不可能だし、シングルハンドの場合、他に乗組員もいない。複雑な電気系統や油圧系統で何度も失敗を繰り返した末にたどり着いたスタンダードは、一見シンプルだが実はとても賢い風向計で、シンプルな機械的カップリングによって、風向きに応じて艇の進路を一定に保つことができるのだ。このシステムは、ちょっと掃除するだけでいい。

効率と回復力は相互に矛盾するものではないが、この用語がどのように使用されているかに注意する必要がある。労働生産性などの経済効率指標は、エネルギー投入量を人間の労働力に置き換えることを考慮していないため、ほとんど役に立たない。例えば、チェーンソーを使う木こりは、斧を使う木こりよりも生産性が高いとされるが、チェーンソーを動かすために使われる1ガロンのガソリンに含まれるエネルギーは、約500時間の人間の労働に相当するという事実が無視されている。耕うん機付きの四輪駆動トラクターを運転する農夫は、エアコンの効いた運転席に座り、コンピューターのコンソールを見ながらボタンを押すだけで、耕うん機につながれた2頭の牛の後ろを歩く農夫よりもはるかに労働効率が高いが、エネルギー効率と回復力ははるかに低い。

効率性を評価するには、個人的な効率性、つまり、与えられたタスクを完了するために必要な、外部からのエネルギー入力によって増幅されない個人のエネルギー量という観点から評価するのがより適切な方法だ収穫、輸送、選別、洗浄、包装、流通、販売などの工程がないため、手から口へ、文字通り木からリンゴをとって食べることが、圧倒的に効率のよい食料調達方法となる。収穫、輸送、選別、洗浄、包装、流通、販売などの工程を省けば省くほど、効率は上がる一般的な効率性の指標では、何もしない場合の効率性は無視される。例えば、車で通勤し、子供の保育料を払い、料理をする時間がないため、より高価で健康的でない調理済み食品を購入しなければならないシングルマザーの場合、ストレスに起因する病気を発症してさらに費用がかかり、その結果、破産してしまう。あるいは、家にいて、下宿人を雇い、洗濯やアイロンがけをし、地域のインフォーマル経済に参加し、交通費、食費、保育料、医療費を節約しても、結果的に破産してしまうかもしれない。このうち、どちらかが効率よく破産する方法だが、どちらなのだろうか?

逆さまの人生

紀元前6世紀以前は、ほとんどの人が「地球は大空という逆さ鉢に覆われた平らな板または円盤である」という古風な考えを持っていた。地球が丸いという考え方は、天文学的な観測結果とよく一致するため、最初に提案されたとき、地球の反対側にいる人は落ちてしまうから不可能だと考える人がいた。また、地球の反対側(対蹠点)に住む人は、逆立ちをしないと真横になれないと考える人もいた。しかし、重力には不思議な仕組みがあり、それを理解するのに長い時間がかかった。このような古風な考えを持つ人々は、古風で部族的なライフスタイルを送っていた。人々は、家族、一族、部族といった身近な存在に最も依存し、遠い国のよそ者には最も依存しない。商業(何も生産せずに売買すること)は、彼らの世界には存在しなかった。

地球が平らであるという考え方は、インドへの近道を求めて夕日に向かって出航したコロンブスの頃には、世界の多くの国で神話の域に追いやられていた。コロンブスや他の船乗り、発見者、征服者、植民地化者の努力のおかげで、地球の大部分は最終的に、最も組織化され、最も武装した代表者の要求に服従させられ、その力はいくつかの帝国センターに集中させられたのであった。やがて、古風な部族経済が破壊され、その鏡像に取って代わられ、現在では経済交流の主流は商業であり、貿易、貢物、物々交換がそれに続き、贈物は儀礼的で名残のある役割に追いやられている。私たちは現在、経済的に(大)家族への依存度が低く、「一族」や「部族」という言葉は絶望的に時代遅れであり、私たち全員が、物質的な必要性のほとんどを提供してくれる、地球の裏側にいる見知らぬ人に生存のために絶望的に依存しているように思える。さらに、私たちは、商業的な仲介業者を通さずに、これらの見知らぬ人々と直接取引することができない。現在の先進国の経済パラダイムは、人類が地球上に誕生して300万年余りの間、ずっと続けてきたことを逆さまにしたものであり、人類普遍の文化的規範をきちんと逆さまにしたものである。つまり、人類普遍の文化的規範を逆さまにしたものであり、今、私たちはまさに「逆立ち」しているのである。

ローカルからグローバルへの移行は、初期には奴隷労働によって、後には化石燃料によるエネルギーによって促進された。世界貿易は帆船に依存していたが、輸送コストが高いため、経済的に輸送できる貨物は、高価値でコンパクト、軽量、エキゾチックまたはエネルギー密度の高い製品、例えばスパイス、砂糖、ラム酒、布や繊維、藍、塩漬け肉や魚、製造品に限られていた。帆が化石燃料を燃やす蒸気船に取って代わられ、後にディーゼルエンジンで動く近代的なタンカーやコンテナ船になると、輸送コストは無視できないものと見なされるようになり、世界貿易は、プラスチック製のオレンジ色のハロウィンかぼちゃやクリスマスのイルミネーション、その他無数の安価で短命な使い捨てプラスチック製品などにも及ぶようになったのである。このような状況は、輸送コストが無視できると考えられている限り続くものであり、1バレル100ドル前後で推移する原油価格では、もはや無視することはできない。エネルギー効率を高めるために、大型船をゆっくり走らせる「減速航行」という方法もあるが、これも限界にきている。このような圧力の結果、世界の貨物量は長期的に減少している。

このように、通常の経済パターンを覆すような対蹠的なエピソードは、かなり短くなることが予想される。再生不能な資源の使用が継続的に増加する間は、短期間しか機能しないという、根本的に欠陥のある考えなのだ。それができなくなれば、さらに短期間延長することができ、その間も負債を際限なく拡大することが可能である。しかし、それもすぐに終わり、再び崩壊に至る。すべてのプロセスは、実は崩壊のための戦略であり、それ以外の可能性はないのだ。崩壊しつつある今、私たちの課題は、もう一度チャンスを得るために、経済のパターンを真横にひっくり返すことだ。

世界保健機関(WHO)や米国農務省など、国内外の多くの公衆衛生機関が、健康を維持するための食生活を一般論として定義する、さまざまな食品ガイドピラミッドを発表している。ピラミッドの底辺には、パン、米、パスタなどの穀物から作られる基本的な炭水化物がある。その上には、野菜や果物、乳製品、動物性タンパク質(肉、鶏肉、魚)植物性タンパク質(豆、ナッツ類)などがある。その上に油脂や菓子類があり、「控えめに」と表示されている。このうち、健康維持に本当に必要なのは油脂類だけである。

しかし、どの団体も「人間関係ガイドピラミッド」を公表しておらず、どのような人間関係が、どれくらいの割合で必要なのかが分からないまま、社会的に健康でいられるのか、健全な社会が保たれているのかが分からないままだ。なぜなら、身体的に健康な人が集まってできた病める社会は、身体的に病んだ人が集まってできた健康な社会と変わらないからである。そこで、このような見落としを補うために、私はピラミッドを作ってみた。

私のピラミッドの底辺は、健康的な人間関係の食事の王道ともいえる、家族、大家族、一族、部族で構成されている-あなたに最も近い人々で、あなたの人生のすべて(若い場合は彼らの人生のすべて)を知っている人々である。この人たちは、あなたにとって取り返しのつかない義務があり、完全に信頼でき、家族の名誉の問題として無条件に支援し、守り、保護することができる人たちなのである。養育、社会的な身だしなみ、教育、学習など、最も重要な社会的相互作用はすべてこの文脈で行われるのである。次に、友人や同盟者、つまり友情の絆や厳粛な約束によって結ばれているが、自分の身内ではない人々によって構成される、やや小さなスライスが存在する。血縁や個人的な忠誠心ではなく、偶然や必然、あるいはつかの間の状況によって引き合わされた人たちである。偶然や必然は避けるべきであるが、旅芸人の演奏を受け入れるようなつかの間の事情は、楽しいかもしれないが、他人ではない人々のニーズより優先されることはない。これこそが、健康で幸福な、気楽な社会を実現する可能性の高い人間関係のパターンではないだろうか。

社会的相互作用の量は、その種の相互作用に関与する人の数に反比例することに注意してほしい。家族、大家族、一族、部族は小さいが最も注目され、友人や同盟者はより大きなグループを構成するが、その時間は少なく、見知らぬ人の宇宙は恣意的に大きく、ほとんど無視される。このパターンは、私たちの進化した特性と関係がある。私たちは生理的に、最も親しい人を12人ほど持つように進化している。その先には、100人ほどの友人・知人・盟友など、ある程度知っていて信頼できる人たちがいるのだろう。このように、人間は通常、身近な人たちとの関わり合いが大半を占めているのである。なぜなら、私たちは300万年にわたる進化の過程で、このようにプログラムされてきたからである。人々は、今世界で生きている何十億、何百億という人々に対して、表面的には気にかけるようなリップサービスをする。それは、私たちから何光年も離れた銀河系の何十億という星々と同じである。私たちは、これらの人々のごく一部以上のことを知ることはできないし、彼らを信頼することは愚かなことだ。もしそうでなければ、その人の性格や社会に奇妙なことが起こり始める。

人類の歴史の大部分において、人々はこのようにして共に生き、働いてきた。一番下の、経済関係の階層の基礎には、私たちが生きていくために必要なものすべてが含まれているが、そのほとんどは贈り物でできている。特に若いときには、若くて無力な私たちは、人から与えられるものすべてが贈り物なのである。少なくとも歩き、話せるようになるまでは、お返しは期待されず、家事を頼まれることもある。私たちは人生の最初の20年間に贈り物を蓄積し、その後、与えられたものすべてに報いることが期待される。

贈与の上に位置するのが貢物と物々交換であり、贈与の関係にない人が関与する。物々交換の場合、報酬はより直接的で、条件はある程度交渉によって決められるが、必ずしも自由市場と呼ばれるものの運営に関与するわけではないと我々は考えている。貢ぎ物も物々交換も、非人間的で公的な仕組みというよりは、やはり個人的な関係に基づいている。そして、ピラミッドの頂点に位置するのが貿易である。貿易は通常、贅沢品、武器、社会的地位を示すもの、エキゾチックな収集品、美術品など、日常的に必要なものではなく、さまざまな特殊品に限定されている。贅沢品、武器、社会的地位を示すもの、エキゾチックな収集品、美術品などだ。どれも日々の生活には必要ないものだ。もし、これらの輸入品が突然途絶えたとしても、人々は貧しいと感じるかもしれないが、直ちに危険にさらされることはないだろう。

興味深いことに、このような交換は人間に限ったことではなく、高等動物にも下等動物にも見られることだ。子への餌やり、獲物の群れ全体への分配、交尾の儀式の一環として仲間に贈るものなど、動物の間では贈り物がいたるところにある。捕食者と被食者、宿主と病原体の関係は、捕食者・病原体が弱者を排除することで被食者の健康を維持し、バランスを保つことに代表される。また、寄生もその一例で、宿主と寄生虫の関係は、全く否定的に捉えられがちだが、時には宿主に利益をもたらすこともある。例えば、鉤虫は宿主のアレルギーを治す。マラリアの原因となるマラリア原虫も、マラリアが蔓延するボルネオの海岸地帯から、マラリアに弱い侵入者を排除するなど、時にはプラスの役割を演じている。これは、農民が地元の貴族のチンピラに貢ぎ物をするのと、他のチンピラを寄せ付けないのと、どう違うのだろうか?

物々交換の原理は、高等哺乳類の間に存在する、時に融通の利かない階層構造にも反映されている。カササギに石鹸と髭剃り用の鏡を盗まれたことがある。カササギが私に提供したのは、私の頭に糞をされずに縄張りに入る権利であり、これらは一種の賃借料であったのだ。アデリーペンギンには、巣を作るためにお互いの石を奪い合う儀式があり、彼らが石を見た後、訝しげな顔をして、あなたがその視線を返さなければ、その石は自分のものであると見なされる。もし、そうでなければ、独占を排除し、消費者詐欺と闘う政府の部局は何もすることがないだろう。実際、貿易を定義する最も簡単で一般的な方法は、見知らぬ者同士の間で財産が受け渡される過程である。両者が利益を得るか、一方だけが利益を得るか、あるいは全く利益を得ないかは、ある状況下で見知らぬ人々のうち何人がたまたまカモにされたかによる。そして、ダーウィン的なプロセスがカモをシステムから排除していると考える人もいるかもしれないが、そう考える根拠はない。吸い魔は、吸い魔を演じるために意図的に育てられたといえるまで、世代から世代へと利用されることを妨げるものは何もなく、生存を取引に依存しない限り、あるいは別の言い方をすれば、生計を奪われない限り、この役割で繁栄しつづけることができる。

しかし、魅力的ではあるが、動物界とのアナロジーを捨て、人間の普遍的なものに集中しよう。ここで、もう少し具体的な定義が必要である。貿易とは、モノやサービスを抽象的な貨幣単位と交換することだと仮定しよう。すべての参加者が喜んで取引するようなシステムを作るには、一般に独占を形成することが必要である。これは理論的な要請ではなく、ハイエクのような理論家は貨幣の民営化を提案したが(無駄だった)現実問題として、貨幣は領域のコインであれ紙の不換紙幣であれ、どこに存在しても独占される傾向があり、自分の貨幣を作ることは偽造と呼ばれ犯罪とみなされる。社会的地位は、このような抽象的な貨幣単位を所有しているかどうかで決まる傾向がある。

貿易はまた、公的な市場メカニズムの存在を前提とする。すなわち、貿易が衆目の一致するところで行われ、市場価格は多数の取引を観察し、時間をかけて平均化することによって確立され、どの参加者も優位に立つことなく、また私的利益のために価格を歪める能力を持っていないコモンズが存在する。大量の取引が秘密裏に行われるような状況では、市場はうまく機能しない。

要するに、貿易が最もうまく機能するのは、貨幣の発行と使用を規制する独占的なシステムに誰もが接続され、価格発見と交渉の公的プロセスがあり、社会的地位が、貿易によってどれだけの貨幣を蓄積することができたかによって決まる場合である。

貢物は、忠誠、宗教、伝統、慈善などに基づく様々な寄付や寄贈を表す。社会的地位は、いくら持っているかではなく、地元の制度や伝統を支えるためにどれだけ寄付できるかに基づいている。貢物の一般的な形態として、軍事紛争で勝利した側が要求する定期的な支払いとしての貢物がある。これは和平のために結ばれた契約であり、戦争を続ける代わりに支払いを行うことを選択するのである。征服された側は、延々と再征服されるのは良くないと考え、それ以上の選択肢がないため、征服者が再び征服しないよう金を払うことに進んで同意することが多い。これは、多くの国にとって、非常に成功した計画であることがわかった。一旦、伝統として定着すると、このような支払いは何世紀にもわたって続くことがある。ロシア帝国がクリミア・タタール人に支払った貢物は、ロシア革命に至るまで、驚くほど長く続いた。643年の間、タタール人はもはや脅威ではなくなっていた。

物々交換は、現物での交換を指す。これは、市場システムの内外を問わず、欲望の一致に基づいて行われる。AはBが持っているものを欲しがり、BはAが持っているものを欲しがる。AはBが持っているものを欲しがり、BはAが持っているものを欲しがる。AはBから特定のものを欲しがり、BはAがたまたま持っている(お金ではない)価値のあるものをいくつでも喜んで受け取るという、大きなグレーゾーンが存在する。このような仕組みは、私的交易システムの先駆けかもしれない。人々は、(消費される)使用品と(価値の貯蔵となる)交易品(私的交換媒体として利用される)を物々交換する。したがって、金融崩壊の章で詳しく説明したように、物々交換は、貨幣が不足している場合や、貨幣の使用が危険、不便、負担となる場合に、貨幣の使用を避けるための秘密のシステムとして発展することができる。貨幣の使用が迫害を招くような抑圧的な状況や、貨幣の使用が官僚や犯罪者の捕食を招くような無法状態において、物々交換は有効である。

社会的地位は、物々交換をする相手にとって有用であるかどうかに基づいている。一般に、物々交換は貿易の進化していない不便な前身に過ぎないと考えられているが、実際には、自分だけでなく誰かのニーズや市場価格を考慮した、全く別の種類のシステムである場合もある。余ったタマネギと隣人の余ったジャガイモを交換する場合、タマネギやジャガイモは、地元のコミュニティーの外に存在する抽象的な市場ではなく、物々交換の相手である人々の間で必要とされていることが考慮されるだろう。あなたとあなたの隣人は、タマネギとジャガイモの市場価格を知っているかもしれない。しかし、あなたが物々交換をしているのは、どちらも不足しているものにお金を払いたくないからであり、余剰品を市場に出してお金で売ろうとするのは面倒なので、それは無意味なことだ。しかし、この玉ねぎやジャガイモが、あなたとあなたの隣人にとってどれほどの価値があるかということは重要ではない。タマネギの味覚は限定的であることが多いのであるが、ジャガイモは家族の間で人気があり、なくなるととても寂しくなる。そこで物々交換の基本は、「必要なだけのタマネギを取り、余るだけのジャガイモをくれ」ということになる。これは、自分も隣人も特に参加したくないジャガイモとタマネギの市場の指示を盲目的に受け入れるよりも、はるかに優れた、公正な物々交換の取り決めとなるのである。

贈与の利点

物々交換では、仲の良い友人同士で行う場合でも、ある程度の友好的な対立や駆け引きがあり、明確な見返りがあるものであるが、贈り物の交換ではそのような明確な境界線は存在しない。むしろ、贈り物の場合は、見返りを期待することはタブーであり、そうすることは重大な損傷になりかねない。物々交換では、相反する2つの利害が交渉によって解決されるのに対し、贈与は各人の中にこの対立を内在化させる。明示的かつ公然と、人は見返りを期待して贈物をすることはない。しかし、贈与はまた、互恵関係を通じて返済される感謝の念を前提としている。とはいえ、贈答品ではその人の社会的地位はその寛大さに基づいており、お返しを明確に期待すると壊れてしまう。

感謝は驚くほど高度に進化した人間の文化的普遍性であり、どの社会もその意味を理解している。動物でさえも感謝の気持ちを理解している猫の世話をよくすれば、定期的にネズミの贈り物をもってきてくれる。しかし、意味のある贈り物をするためには、まず、自分以外の誰かの個人的なニーズと自分のニーズとをよく理解する必要があるこのプロセスにはバランスが必要で、これは驚くべきことで、バランスという概念を中核原理として含む数少ない人間の美徳の一つである。誠実さ、思いやり、公平さは無限に実践できるが、恩を仇で返すような過度な気前よさも、十分な気前よさもあってはならない。

1950年に出版された『贈与』の著者であるマルセル・モースの社会学的研究によると、贈与経済はあらゆる大陸のあらゆる文化に存在し、数千年前に出現したばかりの市場経済よりも古くから存在していたそうである。重要なのは、相互贈与の習慣が古代の社会で公共生活の基盤を形成していたこと、そしてこれらの社会では贈与は個人的というよりも集団的な活動であったことを発見したことだ。彼の発見は政治に容易に外挿でき、市場経済が人間関係の退化形態であるという結論に至り、おそらく社会主義を社会関係に道徳を再導入する方法とみなすようになるが、彼の研究から得られるはるかに議論の少ない、より擁護できる結論は、贈与はいかなるイデオロギーにも先立って、したがっていかなるイデオロギーの外にも存在し、贈り物を通じて道徳を回復しようとするいかなるイデオロギーの主張も無効である、ということだ。

贈与の利点は数多くある。贈与に基づく経済は、困難な時代を生き抜くのに適している。深刻な景気後退や経済破綻は、市場経済の中で人々が契約書に署名して自らを縛る約束の多くを無効にしてしまう。贈与は自発的なものであるため、違反する契約もなければ、訴訟することもない。贈与型経済は慣習やタブーによって自治され、規制体制を必要としないため、政府が腐敗したり、略奪的であったり、消滅したりした場合でも回復力がある。贈答品は文化の多様性を維持する傾向がある。なぜなら、贈答品はユニークであればあるほど高く評価され、手作りの芸術的な贈答品は大量生産されたものよりはるかに優れているからである。

市場経済に参加する場合、個人は欲と恐怖に駆られ、自分の利益を追求するために競争するが、贈与経済に参加する場合、個人は寛大さに駆られ、互いのニーズに対応する能力を競い合う。市場の相互作用が強制的であるのに対し(健康保険や自動車保険に加入しなければならない、民営化された公共事業者に支払わなければならないなど)贈与は有効であるためには自発的でなければならず、したがって贈与経済は自由を維持し擁護するものなのである。贈与は個人的に知り合った人々の間で行われるため、贈与型経済はグローバルというよりはローカルなものとなり、世界中にいる見知らぬ人との危険な取引は排除される傾向がある。

一方、市場経済では、市場参加者が市場シェアの拡大、規模の経済、独占的な価格設定によって優位に立とうと互いに競争し、たとえそれが借金をして損失を出すリスクを伴うとしても、生産量を最大化することによって資源を浪費する傾向がある。贈与経済は富を分配し、より平等主義的で、それゆえより統一された、より争いの少ない社会をもたらすが、市場経済は富をより少数の手に集中させる傾向があり、必然的に革命が起こり、おそらくギロチンや死の部隊がもたらされ、富は収奪され、その後富の集中プロセスが再び始まる。

市場経済は疑心暗鬼に駆られ、「買い手は用心せよ」が常に合言葉となる。一方、贈与経済は個人と集団の間に信頼を生み出す。友人や家族がお互いにビジネス上の取引をすべきでないという考え方が一般的であるのも、市場関係の悪質性がよく現れている。しかし、現実的に考えれば、自由市場にも役割はあるが、筋書きに影響を与えない程度の装飾的な役割にとどめておくのがベストであろう。

また、贈与が贈与らしくないケースに注意することも重要である。慈善寄付、寄付金、その他の大盤振る舞いは、お返しのできない贈り物であり、贈り物とは言えない。感謝やお返しをしようという気持ちは生まれない。しかし、恨み、依存、不当な権利意識を生み出する。慈善、贈与、強要は、動機づけされた交換の一つの連続体を形成し、その連続体のどこに位置するかは、ある関係において誰が情報と権力を行使するかによる。決してお返しができない贈り物は、当然ながら虐待や損傷と受け取られ、その気持ちを表現できないことで劣等感や心理的ストレスが生じる。慈善事業とは、経済的に優位に立つ者が、最も屈辱的な方法で助けを提供する支配のシステムであり、一種の偽善なのだ。「主人の食卓からのパンくず 」は、たとえ喜んで受け取ったとしても、敵意と疎外感を生み出す。例えば、必要以上のものを要求し、余ったものを売り払うなど、慈善の目的を覆すことによって、その関係で優位に立とうとするのは自然な反応だ。

しかし、そのような問題は一般的に回避可能だ。贈り物は文化的に普遍的なものであるから、ほとんどの人は贈り物をするとき、あるいは受け取るときに守らなければならないルールをすでに知っている。すでに述べたように、見返りを連想させるものは自動的に失格となる。金銭は軽率な贈り物の代表格だが、誰もが同じものを受け取る標準的な贈り物も、ほぼ同様に軽率だ。再贈答は可能だが、その望ましさはさまざまである。一方では、同じクリスマスプレゼントが連続して手から手へ渡るのは恥ずかしいことだ。一方、世代を超えた再プレゼントは、非常に受け入れられやすく、賞賛に値するものでさえある。(私の家には代々伝わる本があり、ある世代から次の世代へと何度も受け継がれ、そのたびにタイトルページに丁寧に献辞が書かれている。) 贈り物を売るのは秘密裏に行うのが一番だ。また、受け取った贈り物について文句を言うのは、恩知らずな人間ということになる。自分が贈った贈り物を自慢するのは、かなり失礼なことだ。なぜなら、感謝は思い込みや強制ではできないからである。あまりに気前よく贈り物をすると、お返しの義務を負わされることになり、軽率だ。贈り物を秘密にするのは奇妙なことだ。寛大さは公共の美徳であり、匿名や秘密で贈り物をする人は不吉な人物に見える。些細な贈り物は損傷的であり、あなたが嫌いなものや無駄だと思うものを贈ることも同様だ。贈り物をするときもされるときも、ほとんどの人は実用主義的な倫理観を捨て、自動的に微妙なエチケットに合致した役割を担うようになる。つまり、贈り物は私たちの良いところを引き出してくれるのである。

貨幣は腐敗する

贈与型経済では、金銭を使うことを避けることができる。そもそも、お金は貧しい、思慮のない贈り物になる。お金の贈り物は、「あなたのニーズについて考えるのは面倒だから、自分で考えてね」というメッセージを送る。それは適切な贈り物ではなく、贈り物をする義務を見過ごすために贈られた賄賂とみなすべきだろう。プレゼントの代わりにお金をくれる人に対しての合理的で礼儀正しい返事は、「ありがとう、でもあなたのお金は本当にいらないわ」というようなものである。金貨や銀貨は派手でピカピカ光る金属片、紙幣は死んだ人の絵が描かれた醜くて役に立たない紙で、薪にはなるがしおりとしての用途は限られ、トイレットペーパーとしてはあまり役に立たない。最終的には、すべての紙幣は、再生紙と同じ重さの価値を持つようになる。貨幣の使用は、(革命が起こるまで)必然的に権力をより少ない手に集中させることで、時間とともに社会的不平等を増大させる。

お金を使うことで良いことをするのは非常に難しいということは、あまり認識されていない。労働搾取や児童労働、未亡人や孤児からの搾取、環境破壊の促進、高齢者の貯蓄の切り下げなど、どのように富を築いたとしても、幸運な人は善のための財団を設立し、そこに資金をつぎ込むことで自分を取り戻せると考えがちである。しかし、このようなやり方は偽善であることは明らかだ。お金を稼いだら、その一部を使っても、その損害は取り返せない。しかし、これは本当の目的ではないかもしれない。慈善活動の目的は、単に慈善家の虚栄心を満足させることであることが多いからだ。さらに、慈善事業とは、お返しのできない贈り物であり、それゆえに受け取った人を卑下させるものであるという事実がある。

お金を頻繁に、そして定期的に使っていると、心が特定の方向に歪んでしまい、本来は金銭的価値を与えるべきでないあらゆる物事の基準としてお金を扱うようになる。このことは、「あの人は100万ドルの価値があるように見える!」という下品な表現にも表れているし、富裕層がしばしば口にしない心の底流にも表れている。富裕層は、貧しいものだが、同じ階級の他の人々の運勢の変動を考慮して、常に自己の価値を再評価することを余儀なくされている。ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』の中で、あの人、この人の財産の大きさをめぐって繰り広げられる無限の、喜びに満ちた会話は、もしそれが非常に悲しいものでなければ、非常に滑稽なものとなるだろう。

その一方で、お金を普遍的な尺度として使うことは、平凡さを刺激する。お金は、その普遍性ゆえに、社会のあらゆる階層を横断して、最も広くアピールするものである。しかし、社会は凡庸さの海であり、その中にわずかな輝きを放つものがあっても、そのほとんどは一部の目利きが認めるに過ぎない。文学が商業化された社会では、その名を永遠に残す作家のほとんどが生前は無名のままであり、ある時代に広く読まれた作家は、たとえそうであっても、その後の時代の文学史家にとってのみ興味を引く存在であり続けるのだ。また、芸術家、作家、職人、その他の創造的な人々が最小公倍数の人々に奉仕することを奨励する。要するに、お金は文化を腐敗させるのである。

貨幣の使用は、中央銀行という単一の中央機関に信頼を集中させる。そして、長期間にわたって、中央銀行は常に誤った行動をとる傾向がある。やがて、中央銀行の緊急コンソールの「印刷」ボタンが押されたまま動かなくなり、世界中に価値のない紙幣が溢れ出す。人々は貨幣が価値のあるものであると信じているが、いったんその信頼が裏切られると、社会の中心に巨大なブラックホールが出現し、人々の貯蓄や願望、そして自己価値感を吸い込むことになる。お金という物差しに依存してきた人たちが、突然、お金が意味をなさない世界に身を置くと、まるで目が見えなくなったかのように、形は見えても、それをモノに分解することができなくなる。その結果、アノミー(非現実感)が生じ、深い憂鬱を伴うことになる。お金に依存する社会は、空洞化し、無価値で非現実的なものとなり、深刻で長期にわたる禁断症状を引き起こす。

贈与の機会

粗悪品、短命品、激安品が大量に出回る消費経済が続く限り、ギフトの役割を拡大することは一見難しいが、雇用者数が減り続け、賃金が低迷し、ほぼ全員の購買力が徐々に低下していく中で、その圧力は確実に高まっていく。このような状況下で、手作りの贈り物を消費財に置き換えることは、今後も困難なことだろう。しかし、ギフトがすでに大きなメリットを発揮している分野もたくさんある。

そのひとつが共同労働である。失業中または失業中の職人(配管工、電気工、大工、屋根葺き工、石工、造園工、番人、管理人、庭師など)がいる地域では、非公式の労働力交換を行うことができる。例えば、車で遠くまで買い物に行くような地域では、近所の人たちで買い物組合を作り、乗用車一台分以上の積載能力を持つトラック一台が、毎週近所の人たちに代わって仕入れに行き、卸売価格を利用することも可能だ。

 

大モスクの塗り替え

このような機会はすでにたくさんあるが、最も効果的で伝統的な人々の集まり方は、建設(納屋を建てるのが典型例だが、他の種類の建設作業も大きなチームで行うのが最適だ)そしてもちろん植え付けや収穫に関わるものである。特に収穫は、仕事と遊びの境界線をあえて曖昧にしながら、幼い頃から社会的に生産的な役割を持たせるチャンスでもある。このような作業は、仕事として扱われると退屈で、しばしば不快なものである。しかし、子供たちと交流し、歌ったり笑ったりしながら遊ぶ機会として扱われると、その性質は変わり、作業はすぐに終わる。一生懸命やるのではなく、簡単にできるようにするのである。もちろん、どんなに工夫してもパーティにならない作業もある。例えば、側溝の浚渫などだ。しかし、近くで遊ぶ子供たち、冷たいレモネードのあるピクニックテーブル、休憩時間に話をする人がいれば、ほとんどの作業はかなり活気づくだろう。

コミュニティ・レイバーは、お金をかけずに何かを成し遂げる方法として、純粋に功利主義的にとらえることもできるが、より大きな、そしておそらくより重要な推進すべき理由がある。具体的に言うと、コミュニティ・レイバーは、社会を脱ゆとり化する方法なのである。工業的な労働の定義は、時間をお金と交換することだ。この間、人々は自由に行動することはできず、命令に従うことを期待される。仕事の時間は他の時間とは異なり、家族から切り離され、異なるルールに従わなければならない。労働の産業モデルは、人々を教育や訓練によって価値が決まる商品に仕立てようとするものである。安価な化石燃料を動力源とする産業経済が際限なく拡大する状況下では、(またしても自己矛盾に満ちた効率性の定義によれば)最適かつ効率的と考えられていた。しかし、産業労働の需要が際限なく縮小し、産業経済が衰退していく状況では、失業者や不完全雇用の労働者は、何らかの形でシステムの負担となり、経済の衰退をさらに加速させることになる。このような状況において、起業家的な労働観は、人々が自由意志と自発性によって、家族や隣人など周囲の人々のために仕事をすることで、より効果的なものとなる。このプロセスの最終形態は、プロレタリア化を拒否し、賃金のために働くことが不名誉でタブーとされる社会、つまり脱色された売春のような社会である。後述するように、この種の社会は存在し、かなりうまくいっている。そのメンバーは、通常、家族全体または非公式な労働グループとして、労働に従事させることができるが、奉仕させることはできない。

コミュニティ労働は、時間を共有することで人々を結びつける優れた方法であり、コミュニティ施設は、人々が空間を共有することで同様に優れた方法である。これはできるだけ非公式に行うのがよい。最も設備の整った最大のキッチンはコミュニティキッチンになり、最も設備の整った最大の作業場はコミュニティワークショップになる。一人の人間、あるいは一家族が所有することで、組織の経費をほぼゼロに抑えながら、誰かが責任者であることを確認することができる。コミュニティ施設は、人々が出会い、働き、学び合う場を提供し、遊休のスペースや設備を最小限に抑え、コミュニティレベルの規模の経済を実現することで、一定のレベルのコミュニティの自給自足を達成するために必要な労働力を削減することができるのである。

一方、ソビエト連邦では

私は、市場経済が発達していなかったソビエト連邦で育ったので、このようなことを考えることができる。ソ連では、モノは売るというより、流通させるものだった。数種類の穀物、パスタ、パン、缶詰、ウォッカなどである。例えば、バナナが売りに出されると、その知らせが近所に広まり、人々は行列をつくって買い占めた。売りに出されたものは「捨てられる」と言われ、人々は買うというより、取りに来た。お金がなくても、親戚や友達がくれるかもしれないからだ。一人で買える量には限りがあるので、家族全員が行列を作ることもあった。そのため、必要な量の3倍のバナナを手に入れ、その3分の2を売ることも可能だった。ただし、全く同じ値段で売ることはできない。利益を得るために売買することは「投機」と呼ばれ、不道徳とされた。ソ連の経済は、お金ではなく、アクセスによって成り立っていた。社会的地位は、所有することではなく、アクセスすることに基づいていた。ある種の人々は、物を見つける能力で尊敬され、dostavály (調達者)と呼ばれた。このような状況は、必然的に個人的な好意に頼ることを広くすることになった。余分なバナナを売っても誰も得をしない、ただ善意でやっているだけ。そして、その人たちに個人的な好意で補償することを期待された。好意に対してお金を払おうとすることは、損傷とみなされた。このように、アクセスはすべて個人的な好意に基づくものであるため、アクセスするのは非常に難しいことだった。

名目上は贈り物でも、物々交換の領域に入ってしまうことも多く、人々はお互いに何か特定の見返りを期待して贈り物をすることがあった。たとえば、父は教授だったが、父を指導教官と仰ぐ大学院の新入生が到着すると、コニャックの瓶が普通だったが、ある学生は銀のカトラリー一式をプレゼントしてきた。

一般的に、家族はお互いに助け合うものだと考えられていた。裕福な家族が困っている親族を助けることを拒否すれば、面目をつぶすことになる。この助け合いは、必ずしも嬉々として行われたわけではなく、時には、助けてくれないダメ婿やダメ婿を痛烈に批判することもあった。しかし、その人を助けることは、助けないことよりも、全体として苦痛が少ないので、助けは関係なく流れていった。

このシステムは絶望的だったが、その後進性の中に、以前のもっと人間らしいやり方や、以前の社会組織の要素の痕跡がたくさん残っていた。しかし、ロシアには、ソ連時代を古き良き時代と考え、市場経済の導入によって押し付けられた厳しい新しい社会的現実を嫌悪する年配の人々がまだいる。なぜなら、ソ連経済は、その多くの不完全さにもかかわらず、ある種のポジティブな文化的普遍性のための余地を残していたからである。市場経済が事実上壁となって忘却の彼方へと追いやり、その必然的終焉への準備がはるかに不十分なままになっている。

ニューノーマル

先進国市場経済の現状を論じない限り、破滅的なシステムの調査は完全ではないだろう。「ニューノーマル」とは、人間が通常どのように生活し、お互いにどのように行動しているかということの、逆さまのバージョンである。現在のやり方では、貿易が対蹠的な関係ピラミッドの頂点に位置し、私たちは必要なもののほとんどを、遠く離れた土地に住む見知らぬ人にお金を渡すことによってのみ手に入れることができる。貢物は依然として残っている。貢物の最大の形態は税金だが、退職金や健康保険制度への強制加入など、他の形態も存在する(これらのほとんどは、この時点では支払不能か支払不能に近い状態になっている)。物々交換はかなり限定的で、ちょっとした好意の交換(引っ越しの手伝いなどが典型例)として存在しつづける。ほとんどの交流は非人間的なもので、市場システム内での売買が基本となっている。法制度は完全な詐欺行為に対してある程度の保護を提供するが、多くの種類の詐欺は完全に合法とみなされ、自分が負けて他の誰かが勝ったとしても、それは完全に公正であり、個人的な問題ではないとみなされる。もしあなたがサインした長い法律文書の細かい字を読むのを怠ったとしたら、その結果あなたが損をしたのはあなたの責任だ。なぜなら、あなたが信頼する理由のない人々と取引したのはあなたの選択であり、したがってあなたのミスなのであるから。なぜなら、ここでの「公正さ」とは、極めて技術的に解釈された抽象的な一連のルールを遵守することと解釈され、「不公正さ」は、自分のニーズを優先して他人のニーズを無視するという以前の意味を失ってしまっているからである。

貢物は税金やその他の譲れない支出に限られるが、裕福な人々は慈善寄付やその他の非人間的な地位追求行動という形で別の形の貢物を実践している。商取引で余剰の資本を得た者は、その一部を非人格的な方法で、自分のステータスを高めるものに充てることができる。なぜなら、利益を得る相手と相互依存や信頼といった個人的な関係を持つことは、ほとんどない。贈答品は、婚約指輪、結婚記念日、退職時計(定年まで仕事を続けることができた少数の幸運な人々のための)など、儀式的な用途のために確保された名残の文化形態として残っている。これらの貢ぎ物、物々交換、贈り物の例は、限界的で堕落した性質を持っているため、核心的な点を強調している:誰もが金融化、商業化、非人間的なシステムに完全に依存している。このようなシステムが何度も破綻したとき、人々が頼るものは何もない。

さらに悪いことに、このようなてんやわんやの生活は、国家破産への直接的な道筋を示している。なぜなら、世界経済が現在、永久に気候変動と資源不足の状態にあり、さらなる経済成長がほとんど不可能なため、てんやわんやの状態を維持するには、常に多くの負債を抱えているしかない。そして、個人、自治体、その他の団体はすでに多額の負債を抱えており、信用リスクも高いため、その負債はデフォルトで国家政府に割り振られることになる。中央銀行は、ゼロ%の金利で債権を発行しながら、常に公的債務を吸い込むブラックホールと化す。誰もが、信用創造の魔法が失敗し(いずれは失敗する)金融化、商業化、非人間的な世界経済が消滅し、そびえ立つプラスチック破片の山と徐々に消えていくスモッグが残ることを恐れて生きている。

個人的、部族的、家族的な関係を基礎とし、贈与、物々交換、貢ぎ物によって支配される通常の人間関係のピラミッドは、地域経済の確固たる基礎を提供することができる。このような経済では、ほとんどすべてのものが近隣で流通し、長距離貿易で入手しなければならないものがあったとしても、それはピラミッドの頂点に過ぎず、地元では手に入らない贅沢品や一部の重要な必需品に限られる。地域密着型の経済では、貿易品を大量に供給するよりも、地域のニーズに応えることに重点を置くため、輸入品の範囲は自然に制限されたままとなる。ほとんどの人は、必要なものは好意を寄せたり、贈り物をもらったりすることで手に入れることができ、見知らぬ人に感銘を与えるような抽象的な富を蓄積するために苦労して長時間働く必要はないと考え、大きくて敵意のある外の世界の遠い人々の気まぐれから自給自足、独自性、独立性を静かに楽しむことができるようになるのである。

文化の反転

地域通貨や地産地消、地域密着型サービスなど、中途半端なものを導入することに喜びを感じる人は多いが、現実にはそのような移行は難しいかもしれない。なぜなら、グローバル経済がまだ信用で機能している間は、グローバル経済に対抗することは非常に難しいからである。つまり、際限のない負債を抱え、最も安いところに生産をシフトさせることだ。しかし、世界経済が破綻してしまえば、世界経済との競争は全く無意味なものとなってしまうので、今そのために費やしている努力は無駄な努力となる。一方、信用が失墜したり、信用を拡大できなくなった瞬間に倒産し、輸入品へのアクセスを失い、残されたのは逆さピラミッドの一番下にある「贈り物」と書かれた小さな小さな挫折だけで、生きるために必要なものはすべて突然それに依存しなければならなくなる。

商業的パラダイムに固執しながら、自立した脱グローバル経済への移行を実現しようという考えは、根本的な欠陥がある。むしろ、視点を変えることが必要であり、文化の反転が必要なのである。最初は徐々に、しかしどんどん早く、すべての経済的関係を脱法化し、再人間化する必要がある。実際に知っている人と直接取引すること、お金や書類の使用を避け、信頼を培う方法として口約束を重視し、相手が信頼を破ったときに誰を突き放すべきかを知ること。家族、親戚(遠い親戚でも)古い友人や隣人、そして新しい友人や隣人を優先し、多国籍企業の代表者、目を細めた金持ち、上品な訛りを持つ王室御用達の学者など、その他の人物は極力排除することだ。

この方向に進む前に、偽りの神々を祓わなければならない。偽りの神々とは、人々の心に浸透し汚染された誤った考え方のことだ。自由市場は効率的で最適であり、邪魔をしなければ自然発生的に繁栄がもたらされるという考えである。実は、自由市場は、財産法制度、契約を執行できる法制度、経済犯罪を抑止できる法執行制度に完全に依存しているのである。1990年代のロシアの経験は、これらの重要な要素がなければ、自由市場はすぐに犯罪市場となり、債権者を殺害することによって、わずかな金額で債務を清算することになることを示している。結局、自由市場は政府の計画であり、政府が国家破産によって破綻したときに破綻する。

自由市場に代わる劣悪なものとして、ソ連型の計画経済政府がある。政府が導入した市場システムは、中央集権的に計画された政府システムよりも、再生不可能な資源を噛み砕くことにかけてはわずかに優れている。どちらも資源制約を受け、それ以上成長できないことがわかると、すぐに崩壊する。ソ連は効率が悪かった。効率とは、天然資源を最後の一滴まで浪費する能力、つまりバイオ燃料の一滴、採掘されたシェールオイル、タールサンドからの合成油という、特に奇妙な意味での効率であり、だから最初に崩壊したが、その結果ロシアが回復する時間ができたのである。非効率は時として報われる

私たちが信頼し、尊敬するように教えられてきた反脚の権威が生み出す霧を見通すことは、時として非常に困難だ。しかし、私たちが経済学について教えられてきたこと、教えられていることのほとんどは、成長経済という特殊なケースに関係するものであり、それは今やほとんど終わってしまったのである。それにもかかわらず、人々はもはや存在しない、無関係な経済システムについて語り続けている。なぜなら、それしか論じることができないからである。経済学の専門家は誰も、成長が止まると経済がどのように崩壊するのかに目を向けようとしないようだ。

対蹠的な社会は、機能的な区分を明確にすることに依存している。反脚社会で機能するためには、まず自分の役割を分類する必要がある。これは、お金を使うこと(そしてお金がなくなったら、信用を得ること)が主な役割なので、圧倒的にやりやすい。顧客や取引先でない場合は、経営者、従業員、請負業者、自営業、投資家、役人、専門家などがある。これらのいずれにもなれない場合、残る選択肢は、少年、困窮者、退職者、障害者、死亡者ということになる。しかし、もしあなたが上記のどれにも当てはまらなかったら、どうなるのだろう。反社会的な社会から見れば、あなたは不良であり、徘徊者であり、迷惑な存在だ。

一方、最も急速に増加している人々は、このリストには入っていない。就職の見通しが立たない大学新卒者、失業手当が切れた失業者、退職金や貯蓄が足りず働けない定年退職者、民間就職ができない除隊軍人、見通しが立たないために労働市場に参入しない若者たちである。グローバル経済の秋、木からリスが落ち、轢かれる。落ちこぼれという、認知度も低く、メリットも少ない分類を有利に考える人は少ない。このような状況下で、私たちは、自分にとって不利なカテゴリーに分類されないように注意しなければならない。そのためには、「これでもか、これでもか」というほどのカテゴリーを作ればいいのである。研究者、フリーランス、趣味人、ボランティアなど、柔軟で特定しにくいカテゴリーが効果的だ。例えば、私は作家だ。証拠が欲しければ、ペンを見せればいい。

私たちは、反脚社会が分類しようとする方法に対して、密かに自由な創造性を発揮することを学ぶ一方で、他の多くの方法においても創造性を発揮することを学ばなければならないのである。あなたは、継続的なキャッシュフローの必要性を減らし、一定期間排除するために、残金の使用方法を探すことができる。一般的な技術と専門的な技術の両方を習得することで、ほとんどの専門家を不要にすることができる。消費者向けのガジェットの世界から抜け出して、どのような状況でも機能する、最もローテクで、最も安価で、最も堅牢で、最も保守しやすいソリューションを見つける方法を学ぶことができる。食料生産、住居の維持、輸送、娯楽など、閉じたサイクルのシステムを構築することができる。

最も重要なことは、非人間的な人間関係や制度への依存を減らすことだ。お金やお金に相当するものに頼らないようにし、その代わりに贈り物や、贈り物の様々な拡張や一般化に頼ることを学ぶことができる。新しい習慣や儀式を生み出し、右肩上がりの新しい文化の基礎を築くことができる。

 

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました