コミュニティ崩壊シナリオ物々交換

「崩壊の5つのステージ」 1.金融崩壊
生存者のためのツールキット

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The Five Stages of Collapse

目次

  • はじめに 崩壊の一般論
  • 崩壊とは何か?
  • 崩壊はいつ起こるのか?
  • 崩壊の段階はどのようなものか?
  • 1. 金融崩壊
    • 問題の根源
    • 間違った数学
    • 大小の債務不履行
    • お金の終わり
    • 現金化のためのオプション
    • お金に代わるもの
    • 私たちはどのようにそれをしたか
    • チット、スペチー、ストックイントレード
    • 可能性の高い終盤戦
    • コールドスタートの指示
    • 金融専制主義に注意
    • 貨幣の神秘主義
    • 信用できない人と信用できる人
    • ゲッテルデメルング
    • ケーススタディ アイスランド
  • 2. 商業的崩壊
    • カスケード破綻
    • 嘘つきの言葉:効率
    • 逆さまの生命
    • ギフトの多くの利点
    • お金は腐敗させる
    • 贈与の機会
    • 一方、ソビエトロシアでは
    • 新しい常態
    • 文化的な反転
    • ケーススタディ ロシアン・マフィア
  • 3.政治的崩壊
    • アナーキーの魅力
    • 国民国家は衰退する
    • 国語
    • 自分の面倒は自分で見る
    • 国家宗教
    • 国民国家後の生活
    • 過剰な規模の問題
    • 消滅した国家の増殖
    • 政府サービスの消滅
    • 通貨の非国有化
    • 政府が得意とすること
    • 戦争は自滅的になる
    • 法と秩序の終わり
    • 福祉国家の終焉
    • 仮想化された政治
    • ケーススタディ。パシュトゥーン人
  • 4.社会の崩壊
    • まちづくりの限界
    • 新しいルール
    • 社会的再生
    • 組織原理としての宗教
    • 慈善的な与え方と取り方
    • どのような社会か?
    • ケーススタディ ロマ人
  • 5. 文化の崩壊
    • 人類と他の動物
    • 言語の限界
    • 語られた記憶
    • 孤立した人間
    • 家族の優先順位
    • ケーススタディ イク族
  • あとがき
  • 巻末資料
  • 書誌事項
  • 索引

第1章 金融崩壊

「ステージ1 財政破綻。ビジネス・アズ・通常」に対する信頼が失われる。リスクを評価し、金融資産を保証できるような、過去と似たような未来はもはや想定されない。金融機関は債務超過に陥り、貯蓄は一掃され、資本へのアクセスは失われる。

金融、商業、政治という崩壊の最初の3段階を見れば、なぜ金融崩壊が最初に起こるべきか、そしてある程度はすでに起こっているかは明らかである。商業的崩壊は製品やサービスの物理的な流れが途絶えることで起こり、政治的崩壊は商業的崩壊の後に政府が国民に対する義務を果たせなくなることで起こる。しかし、金融崩壊に必要なのは、将来についてのある仮定が無効になることだけである。金融とは物理システムではなく、精神構造、少し喩えるとトランプの家に似ており、経済成長を支える継続的な信用拡大の意味で、カードを追加し続けて初めて安定を保つことができるものだからだ。しかし、化石燃料、金属鉱石、リン鉱石、淡水、耕地の枯渇、気候変動の加速による干ばつ、洪水、熱波による災害、食糧価格の高騰に伴う政情不安と混乱など、様々な物理的制約が世界を覆う時代に突入しているのである。これらの要素が相まって、世界経済のバラ色の成長予測は成り立たなくなる。さらに、長期的な経済停滞とそれに続く持続的な、おそらくは末期的な経済縮小は、より多くの負債と成長を絶えず要求する金融システムにとって致命的である。

2008年の金融危機以来、米国、欧州、その他の国々の政府が採用した緩和戦略は、まさに「延長と見せかけ」-政府の融資保証を延長し、経済成長がまもなく再開されるように見せかける-と特徴づけられるものである。この状況は、ルクセンブルク首相でユーログループ議長、選挙で選ばれた欧州最長老のジャン・クロード・ユンカー氏の有名な次の言葉に最もよく集約されていると思う。2011年、ユンカー氏は、「深刻になったら、嘘をつけ」と言った。金融とは、私たちがお互いに、そして私たち自身に対して行う約束のことだ。そして、その約束が非現実的なものであった場合、経済や金融は、私たちがお互いについた嘘の上に成り立っていることになるのである。私たちはこの嘘を信じ続けたいのである。そうしないと面目をつぶすことになるからである。そうしないと面目が立たないから、嘘を信じ続けたい。だから、嘘を聞き続け、それを信じようと一生懸命になる。もちろん、今年の後半、あるいは来年には景気は回復するだろうし、景気が回復すれば、将来についての私たちの楽観的すぎる金融上の賭けはすべて再び報われるようになるのだろう。そう、これは単なる金融問題であって、社会問題でも政治問題でもない。納税者の資金を注入して金融システムを補強すればいいだけなのだ。これらはすべて嘘だが、当面は私たちを安心させてくれる。

問題の根源

もっと根本的なことを言えば、金融崩壊の根本原因は「高利貸し」にある。世界的な金融崩壊の問題を、道徳的・宗教的な側面から見るのは、絶望的にナイーブで理想主義的に見えるかもしれないが、この言葉は適切かつ正確であることが分かるだろう。利子による金銭の貸し借りは聖書で禁じられており、イスラム教でも禁じられている。例えば、イギリスでは古くから禁止されていた。13世紀、ヘンリー3世は高利貸しの財産を没収し、高利貸しをコーンウォール公爵に引き渡し、皮を剥いだり内臓を出したりした。14世紀には、エドワード3世が高利貸しを死刑とする法律を制定した。2世紀後、ヘンリー8世は、10パーセント以下の金利で行われた融資に例外を認めた。低金利での融資は法律で回収できないが、手形保持者の首は切られなかった。この例外は一時的なもので、その後登場したメアリー1世は、高利貸しに対しては「首を切れ!」という厳格な方針を貫いた。そして、1694年にウィリアムとメアリー2世が恒久的な融資を確保する契約を結び、その利息を永遠に支払うことを王国に誓約するまで、それは繰り返された。ヘンリー8世とエリザベスの法律は、利子率を制限するもので、1854年にすべての利子法が廃止されるまで有効であった。2011年、下院の報告によれば、英国経済の「粗付加価値」のうち金融部門の貢献度は9.4%であり、現在もわずかながら成長していると考えられるが、私が考えるように、金融部門の貢献度を加算するのではなく、減算すれば、経済は縮小していくことになるであろう。イングランドの目的は、後世の人々に、自分たちが他者への警告となるようなことをしたことを感謝させることなのかもしれない。

富が時間とともに増加するという考え方は、物理学の法則に反している。金、そしてもうひとつかふたつの無名の金属といくつかの宝石は、変色することはないが、時間とともに成長することもなく、単に他の物体よりも価値を保つことができる。しかし、宇宙に存在する他のすべてのものは、時間とともにエネルギーを失い、拡散していく。例外もあるが、熱力学の法則によれば、それは局所的で一時的なものである。

このような現状をいくら嫌っても、私たちにできることはほとんどない。それどころか、私たちはグローバル金融に依存するようになった。この金融は、銀行が金利を付けて貸し出した不換紙幣(金、銀、土地など、伝統的で固定した価値の貯蔵物に支えられていない通貨)に基づくものである。私たちの貯蓄、年金、私たちの安全を守るための行政サービス、私たちが食べる農作物の栽培、私たちが依存する輸入品のための国際貿易の資金調達、これらはすべて利子を伴う融資が停止された場合、消滅してしまうだろう。

また、金利を制限することはできない。なぜなら、市場参加者は、債務の危険性に応じた金利、すなわち「リスクプレミアム」を課すことができることが必要だからである。スペイン国債の金利が現在7%以上(多くの人が法外だと考える金利)に急騰しているのは、それが市場の要求する金利だからである。スペインが国債を売るためには、スペイン国債のデフォルトという高いリスクを債券投資家に補償しなければならないからである。事実上、スペインは自らの債務不履行に対して債権者に保険をかけなければならず、その保険料が高額になれば、スペインは借入を続けることができなくなり、債務不履行を宣言せざるを得なくなるのである。しかし、リスクプレミアムを一種の保険と見なす人は、保険の概念に疎い。保険とは、自分の持ち物に保険をかけるために誰かにお金を払うことであり、利潤とは、自分が保険に入らないまま、自分の持ち物に保険をかけるために他人にお金を払うことだ。

融資の利子を、融資期間中に自分の金を使わなかったことに対する貸し手の報酬と考えるのも、論理的に誤った見方である。まあ、ケーキを食べながら、それを食べることはできない。しかし、ケーキを利子付きで貸した場合、それを食べるか、食べなかった報酬としてケーキと半分ずつ食べるかの選択となる。お腹が空いたらケーキを食べる、食べなかったら分ける、というのがより正常な行動である。しかし、欲のために禁欲の報酬を与えることは、悪を育てることであり、みじめさの定義である。貸し手は全く働かなくて済むが、借り手は利子を払えば手元に残るお金が少なくなることを承知で働くことになるのだ。

明らかに、道徳的な観点からは、利殖は足元にも及ばない。しかし、道徳的な配慮はまったく正当化されず、利殖は制度化された暴力の一形態と見なすのが最も適切だろう。利子をつけて貸すことを強要の一形態として見るのが最も良い方法だ。すべてのお金を持っているグループと、何も持っていないが生きるためにお金が必要なグループがある場合、前者は後者から一時的にお金を使うために支払いを強要することができる。どのような詐欺でもそうであるように、貸し手の目標は、決して返済できない永久的な負債を借り手に負わせ、彼を貸し手の年季奉公人にすることによって、強奪のエピソードを永久的な貢物の取り決めにすることだ。

利子をつけて貸すことについての最も合理的な考え方は、次のようなものである。利子は人間の弱さの産物であり、悪徳であるが、ほとんどの悪徳と同様に根絶することは不可能であり、したがって制御されなければならない。そこで、利子率の上限を、予想される経済成長率よりやや低めに設定する。そうすれば、負債の増加率が経済全体の増加率を上回ることはない。この方法は、経済成長が停滞し、反転したときにどうするかという興味深い問題を提起している。というのも、アメリカでは多くの州で高利貸し金利が廃止され、現在も適用されている州では経済成長率よりはるかに高い水準で推移しているからである。というのも、アメリカの多くの州で高利貸し金利は廃止され、まだ適用されている州では経済成長率を上回る水準で推移しているからである。しかし、道徳的な話はこのくらいにして、なぜ高利貸しが金融破綻を引き起こすのかを説明するには、簡単な数学で十分である。

間違った計算

ゼロ%を超える金利での融資は、最終的にデフレの崩壊を招き、最後の最後にハイパーインフレが待っているという議論がある。プラスの金利は指数関数的な成長を必要とし、指数関数的な成長は、どんなものでも、どんな場所でも、ただ一つの結果、崩壊をもたらすだけである。これは、持続的な核爆発のように、宇宙全体が爆発して私たち全員を借金ごと巻き込んでしまうような異常事態を除けば、宇宙のあらゆる持続可能な物理プロセスをあっという間に追い越してしまうからである。

この点を説明するための思考実験がある。地球上のあらゆる技術的問題を解決して、宇宙を植民地化し、スペースコロニーを発見し、太陽系、銀河系、他の銀河系、そして全宇宙(無限ではないかもしれないので、最終的に崩壊する別の原因を与えてしまうが、当面は無視しよう)を征服するとする。誰もが知っているように、宇宙帝国は安くはない。宇宙帝国を始めるために、私たちは導入的な低金利でお金を借った(宇宙帝国の建設が低リスクであることを貸し手にどうにか納得させた上で)。この帝国を光速に近い速度で拡大するとしよう(有限の質量を光速に加速するためには無限のエネルギーが必要だから)。光速でも三次元的に拡大する宇宙帝国は、t3(時間の3乗)だけ拡大することになる。(当初、平面である太陽系と天の川銀河を支配しながら、二次元にしか拡大できないことは無視しよう)。一方、わが帝国の借金はDt(時間の累乗による借金)として膨らんでいく。ここで問題なのは、時間が経つにつれて(tが増加するにつれて)負債が帝国よりも速く成長することは、どんな初期負債額であっても数学的に確実なことなのだ。指数関数的な成長は、あらゆる物理的プロセスを凌駕する。

Dt t3

この問題に苦慮した帝国の技術者たちが、研究開発のためにさらに借金を重ね、ついには物理法則を無視した「ワープ速度」を発明し、宇宙帝国が光速よりも速く膨張することを可能にしたとしよう。しかし、借金は増えるばかり。光速の10倍である「ワープ10」でも、借金は帝国を上回るスピードで増え続けているのだ。

Dt (10t)3

ある優秀なエンジニア(彼はスパイナル・タップのファンだった)が、素晴らしいアイデアを思いつき、「ワープ11 」を発明する。この発明によって、帝国の成長率は「崖っぷちからもう一押し」され、膨れ上がった借金に追いつくことができるのではないかと誰もが期待している。しかし、これもまた無駄だった。..。

Dt (11t)3

困惑した技術者たちは、再び図面に向かって歩き出した。もし、バッキャローが固体物質を突き破って、3次元ではなく8次元を旅する回路を実際に発明したらどうだろう?そうすれば、彼らの宇宙帝国は同時に8つの次元に拡大することができる!」。彼らは仕事に取り掛かり、すぐに振動式オーバースラスター(バッカルーの全自動12ボルトシガーライターソケットプラグインユニット、リザード博士のかさばる足で操作する床置き型雑器ではない)を作り上げた。「ワープ11」でオーバースラスターを使用する場合、奇妙な超相対速度効果を補正するためにもう少し努力が必要だが(バッカルのものはマッハ1強でテストされただけだった)いったんコツをつかむと、彼らの宇宙帝国は光速の11倍で8次元にわたって拡大し始め、すぐに惑星10のレッドレクロイドを征服して奴隷とし、他の何十億という人たちと一緒にしてしまうのだ。しかし、この成長速度でさえも、負債に追いつくには十分な速度ではないことがすぐに判明した。

Dt (11t)8

技術者たちは、なぜこのようなことが起こるのか、数学者なら説明できるかもしれないと、生来の数学者不信を克服し、数学者をチームに招き入れることにした。数学者は、カクテルを運んでくるように頼むと、技術者達が悪い知らせを忘れるほど酔ったのを確認すると、カクテルのナプキンを手に猛然と証明を書き出す(ここでは分かりやすいように省略する)。その証明とは、指数関数的に膨張する負債は、有限の次元で有限の速度で成長する有限のものの成長率を最終的に上回るというものである。そして、「無限次元に入るともっと面白くなる」と言い、さらに謎めいたことに、「後でいつでも再正規化できる」と言うのです。

ショックを受けた彼らは、数学者を解雇し、藁にもすがる思いでシャーマンを雇った。シャーマンは、彼らの問題を聞き、日没まで説明を待つように言う。そして、あらゆる場所の電気を止め、駐車場の真ん中に出て、彼の周りに輪を作るようにと言う。暗闇に目が慣れると、彼は空を指差して「星と星の間の闇を見てごらん。見えるかい?そこには何もないんだよ。さあ、星を見なさい。あれが全てだ」。

技術者たちは皆、見えるものは宇宙の大きさではなく、宇宙の年齢と光の速度によって制限されていることを知っていたので、シャーマンを追い出し、明かりをつけ、さらに酒を飲み、二日酔いの看病をした。そのうちの一人(ちょっとクラスのピエロ)は、プラカードに「It’s Debt to the Power of Time, Stupid!」と書いて、自分たちの農場の横の壁に貼り付ける。しかし、H.G.ウェルズが1895年に発表した小説『タイムマシン』のファンであるもう一人が、またもや素晴らしいアイデアを思いつく。タイムマシンを発明して、過去に戻り帝国の負債を清算したらどうだろう?そうすれば、過去に戻って元金だけで借金を返せるから、計算が合う。しかし、タイムマシンの開発資金として多額の融資を受けようとしたところ、債権者から「リスクが高すぎる」と断られてしまう。そして、帝国は債務不履行に陥った。その直後、惑星間の酸素輸送を継続するための資金を確保できなくなったことが判明し、彼らは全員窒息死してしまったのである。

結論 タイムマシンを作る計画があり、実際にタイムマシンを作って過去に戻り、元金だけでローンを完済できるだけの資金があれば、利子をつけて借りることは問題ないが、そうでない場合はお勧めしない。

金融崩壊の根本的な原因に戻ると、高利貸しは経済が拡大しているときのみ有効であり、経済成長が止まると、高利貸しの負債の負担で崩壊してしまうのである。ダンテの「地獄篇」で、高利貸しが地獄の第7圏の最下層に追いやられたのは偶然ではない。利殖は、多くの場所で、多くの期間に禁止されてきた。現在、米国では、いくつかの州が高利貸し率を設定しており、理論的には、その州の経済成長率(もしあれば)と結びつけば、デフォルトを防ぐのに役立つだろう。しかし、そうすると、とんでもなく高い利率を設定している州(マサチューセッツ州では20%)もあれば、まったく設定していない州もある。なぜなら、成長は無限に続くことはなく、いつ萎み、止まり、反転するかを正確に予測することは不可能だからである。

大小の債務不履行

デフォルトがいずれ起こることは誰もが知っているが、それがいつ起こるかは誰にもわからない。このため、「デフォルトリスク」や「リスクプレミアム」といった概念全体が嘘のように見える。これらは、国際金融という獣の獣心を反映したものに過ぎない。国債残高が多くても経済規模が縮小していればデフォルトは避けられないこと、デフォルトすれば債権者は「リスクプレミアム」にもかかわらず巨額の損失を受け入れざるを得ないこと、そして何より、「リスクプレミアム」を払わされれば払わされた分だけデフォルトする日が近づくということであろう。「リスクプレミアム」の徴収は、まさにそれを回避するために考案されたリスク軽減策なのである。

ソブリン破綻は過去にも起きている。例えば、1998年8月に起きたロシアのソブリン・デフォルトは、比較的小さな出来事であった。このファンドは、非常に多くの金融契約を通じて、リスクに関するある仮定に基づいて利益を得るようなポジションをとっていたのである。LTCMは、非常に多くの金融契約を通じて、あるリスク想定に基づいて利益を得ていたのだが、ロシアがこの想定を無効としたため、巨額の契約を履行できなくなり、世界の金融システム全体がロックされる寸前まで追い込まれた。このように、金融システム全体が破綻する仕組みは不思議に思えるかもしれないが、原理的には決して複雑なものではない。すべての市場参加者は、他の参加者と契約を結び、それぞれのリスク認識に基づいて少量のリスクを受け入れている。彼らが期待するのは、小さな変動によって、1ドル=1円よりもずっと小さい利益か損失が発生することだ。しかし、そのうちの1つが失敗すると、何人かは1円の端数ではなく、1ドル全体を失うことになる。そのドルは借り物であるため(これらの金融関係者のゲームは、わずかな資本を巨大な負債の山に変え、その負債の上で取引することだ)結果は連鎖的な破綻となる。1998年、米国連邦準備制度が介入し、LTCMの救済を組織することができた。このような救済は初めてだったが、決してこれが最後ではない。

しかし、ロシアのデフォルトの背後にある「リスクプレミアム」を見てほしい。ロシアは国際金融市場で政府短期証券という短期金融商品を売って資金を調達していた。ロシアは短期国債という短期金融商品を売って国際金融市場から資金を調達し、満期になるたびに、ロシア政府は短期国債をロールオーバーして返済し、さらに短期国債を売っていた。そのためには、金利が毎回上がっていなければならない。1998年の債務不履行は、300%の金利でもロールオーバーができなくなった時点で起こった。第一に、このようなマルチ商法は、ある臨界量の人々がパニックに陥るまで延々と続く。第二に、いったんパニックが起こると、マルチ商法の崩壊は非常に突然やってくる。第三に、このような崩壊は、マルチ商法そのものにのみ影響を与えるのではなく、より大きなグローバルなピラミッドの一部であるため、ピラミッド自体にも影響を与える。崩壊が地球を飲み込み、帰還不能点に達する前に阻止するために、中央銀行と政府は介入し、巨額の新規債務を発行しなければならない(事実上、リスクプレミアムを吸収することになる)。

10年後、米国のサブプライムローン問題の結果、リーマン・ブラザーズが破産宣告に追い込まれたとき、損失を帳消しにし、金融システムの崩壊を防ぐために新たに発行しなければならなかった債務の額は、まさに驚異的なものであった。スーザン・ジョージは、「誰の危機、誰の未来」8 の中で、1秒に1ドルの割合で 2008年の金融救済は50万年かけて完済されると推定している。このような数字は印象的に聞こえるかもしれないが、それよりも、我々は決して2008年に始まった危機の終わりを迎えていないことを理解することがはるかに重要である。救済は世界金融の構造的な特徴となっている。このシステムは、もはや自己安定的なものではない。救済措置、「量的緩和」、「流動性注入」など、すべて債務超過に陥った金融機関が機能を維持できるようにお金を印刷して渡すための婉曲的な手段である。放っておけば、金融システムは即座に崩壊してしまう。金融システムの損失を補填し続ける政府の立場は、介入するたびにますます立ち行かなくなる。現在、米国は記録的な低金利で借入ができるが、これは米国の債務がギリシャやスペインの債務よりも返済可能だからではなく、米国が最後にデフォルトすると市場が考えているからだ。米国は「接着剤工場で最も格好いい馬」と表現される。大金が死にに行く場所なのだ。米国連邦準備制度理事会(FRB)が際限のない通貨発行と金融資産の買い入れに取り組んでいるため、米ドルの見通しは暗くなり、米ドルは依然として世界の基軸通貨であるため、世界中の他の紙幣も見通しが暗くなる。ロシア銀行には、流通しているルーブルをすべて買い占められるだけの外貨準備がある。しかし、外貨準備の価値が急落し、ルーブルとドルが一緒に急落し、まるで崖から飛び降りた恋人たちが抱き合うようになれば、ルーブル暴落に対するこうした多重防衛も意味をなさなくなる。そのため、ロシアは(他の国も含めて)金の蓄積に躍起になっているのである。

貨幣の終焉

金融の魔術師たちは、リスクを定量化できるモデルを持っていて、実質的にリスクのない複雑な金融商品を構成できると言うだろう。例えば、ノーベル賞を受賞したブラック・ショールズ法の共著者であり、ロングターム・キャピタル・マネージメントの破綻を引き起こしたマイロン・ショールズは、現在の金融危機の多くにインスピレーションを与えた人物である。リーマンショック後、彼は「たいていの場合、リスク管理はうまくいっている。リーマンショック後のようなシステミックな事象が発生すると、明らかに1つの銀行のリスク管理体制は、事後的には不完全なものに見えてしまう」と述べている。しかし、このようなシステミックな事象は今や定期的に発生している。TCM、リーマン・ブラザーズ、AIG、MFグローバル、PFG…。彼らはリスクを定量化するために様々なモデルを使用したが、これらのモデルはすべて、そのような「システミックイベント」の確率と重大性が増していることを考慮していないのである。従って、経済学者や金融の魔術師が「リスク」という言葉を使うとき、彼らが何を言っているのか分かっていると思い続ける理由はどこにもない。彼らは、あなたのポートフォリオに対するリスクについて多少は語ることができるかもしれないが、あなたのポートフォリオの価値を高めているシステムに対するシステミックリスクについては何も語ることができないのである。

100年にわたる経済成長の潮流の中で生み出された資金は、経済成長が終わると行き場を失い、経済成長が終焉を迎えることを示す兆候がたくさんある。この100年余りを見てみると、いくつかの重要なパラメータが指数関数的に爆発していることがわかる。その第一は化石燃料の使用量の増加であり、特に輸送や様々な産業用途に石油が使用されるようになったことだ。第二は、世界人口の増加である。第三は、負債の増加、より具体的には、存在するために融資されたお金の増加である。経済学者の中には、お金が世界を動かしていると考える人がいるが、そんな考えは捨てて、ドル紙幣をガソリンタンクに詰め込んで、どこまで行けるか試してみればいい。経済成長の理由は、天然資源、特にエネルギーの持続的な利用可能性の向上である。現在の産業文明の場合、そのエネルギーは化石燃料に由来しており、自然エネルギーは全体の1%にも満たない。エネルギー、人口、負債という3つの指数関数を見て、この3つがある意味で明白な形で関連しているという結論に達しないわけにはいかない。エネルギーは経済成長を促進し、経済の拡大は人口の増加を支え、負債の増加は将来への希望、つまりさらなる成長への期待からついてくるのである。

21世紀の最初の10年間で、このトレンドの1つが終焉を迎えた。世界の石油使用量は、まず増加傾向から鈍化し、最近では全く増加しなくなった。その理由は地質学的なもので、安価で入手しやすい石油資源のほとんどはすでに枯渇している。石油はまだたくさん残っているが、それを市場に出すには、経済的なダメージが確実な価格でなければならない。歴史上、GDPの6%以上を石油に費やすと、不況になる。石油地質学者が新しい石油資源を発見するよりもはるかに速いスピードで、世界は石油を使い続けているのだ。石油地質学者が新しい石油資源を発見するスピードよりも、世界が石油を使うスピードの方が速いのだ。現在でも全石油の4分の1を生産しているような超巨大油田はもう見つからないだろうし、最近では世界の石油消費量の数日分を供給できる油田の発見が大きな喜びになっている。

石油の消費が止まり、減少すると、経済も止まり、縮小し、楽観的な見通しのもとに貸し出された資金も枯渇する。人口もいずれは減少に転じるが、出生率の低下ではなく、死亡率の大幅な上昇によってもたらされると私は推測している。私たちは、自分たちは特別な存在だと思いがちだが、人口爆発と死滅を経験した人類は、決して特別な種ではない。人類の人口は永遠に増え続けるはずだという考えは、有限な地球で無限の経済成長が可能だという考えと同じで、根拠がない。人類の人口の急激な増加は、化石燃料の使用量の急激な増加に追随してきた。化石燃料の使用量は減少しているのに、なぜ人口が減少しないのか?

もし、このような考え方に違和感を覚えたなら、一度、そのような考えにとらわれないようにすれば、悩みは解消されるはずである。伝染病、世界大戦、移民の波、飢餓などの生存者の話を聞くと、ほとんどの社会は突然の損失もそれほど大騒ぎすることなく吸収することができることがわかる。ソビエト連邦崩壊後のロシアでは、死亡率が急上昇したが、死体安置所や火葬場の外では直接観察することはできない。数年後、昔の学校の写真を見て、半分の人がいなくなったことに気づく。 死の灰の中を生きていく中で最も辛いのは、何が起こっているのかを実感することだ。しかし、生き残った人たちは、この経験をすぐに忘れて、またすぐに子供を持つようになる。

人口、化石燃料の使用量、経済活動徐々に縮小することができるが、お金はそうはいかない。なぜなら、エネルギーや経済や人口と違って、貨幣は単なる概念に過ぎず、一度破綻すると破滅的に破綻するからである。銀行は将来の経済成長を期待してお金を貸し出す。借り手(企業も政府も)は、支出を減らし、さらに借金をすることで、一時的な不況や後退を乗り切ろうとする。不況が長期的なトレンドの一部であることが判明した場合、債務不履行は避けられず、デフレの進行を引き起こす。銀行は経済成長のための資金調達機関であり、一時的な不況には耐えられるが、世界経済の持続的な収縮はすべての銀行にとって致命的である。デフレ下で不良債権化すれば、銀行は破綻する。内部留保や株主資本は融資残高のごく一部に過ぎないから、破綻させるのにそれほど大きな損失は必要ない。経済が縮小すれば、すべての銀行が破綻する。しかし、これまで政府や中央銀行が銀行を支えてきたため、このプロセスは抑制されてきた。このプロセスは永遠に続くことはない。「結局、中央銀行の唯一の裏付けは無限に貨幣を印刷する能力であり、そこまでしなければならないなら、貨幣に対する信頼を破壊することになるので失敗したことになる」とDavid KorowiczはTrade-Offで書いている9。中央銀行のコンソールには、「印刷」と書かれた1つの非常ボタンがあるだけである。

中央銀行がやろうとすることは、自分たちが支配する通貨の信用を失墜させることなく、その価値をゆっくりと低下させることだ。この点で、彼らはかなり成功している。米ドルを金と交換できた最後の年である1971年以前、1米ドルは金1オンスの20分の1の価値があったが、40年後の現在は金1オンスの16分の1と1971年の価値のわずか1%強である。しかし、これは一般的なインフレであり、不換紙幣が好景気になると通常起こる現象である。実際、中央銀行はインフレターゲットを設定し、少々のインフレは健全と考える傾向がある。例えば、ユーロを生み出した通貨統合の基礎となったマーストリヒト条約では、年率3%を上限とするインフレ目標を掲げている。しかし、不換紙幣に対する信頼は、悪い時には突然に、そして見事に破壊される傾向がある。1923年の後半、ドイツの物価は3日ごとに平均して2倍になった。税収はゼロになり、国家は貨幣を印刷することだけで自活していた。最近起こったジンバブエのハイパーインフレはさらに壮絶で、それまでの記録を塗り替えた。1946年、1931年の1ペンジュが130垓(1.3.1020)ペンジュになったのである。ハイパーインフレは単なる悪いインフレではなく、貨幣の定義を変えてしまうからだ。貨幣は交換媒体としての役割を(不本意ながら、一時的に)果たし続けるが、価値の貯蔵手段ではなくなりつつある。

デフレとは、流通するお金の量が、利用可能な商品やサービスの量に対して減少することで、物が安くなることだ。実際問題として、これは全く悪いことではなく、例えばハイテク分野では常に起こっていることだ。例えば、ハイテク分野では、現在購入できるコンピューターは、20年前に購入できたどのコンピューターよりもはるかに高性能で、はるかに安価であり、そのことに不満を持つ人はほとんどいない。しかし、そのことに不満を持つ人はほとんどいないし、むしろそれを期待するようになった。タカラ貝とココナッツを交換するような熱帯の島のおもちゃを考えても、その年のタカラ貝やココナッツの生産量によって、両者の比率が変動する可能性がある。不換紙幣が登場する以前、貨幣が貴金属コインで構成されていた時代、貨幣と商品の比率は、収穫の多寡や製造業者の生産能力に応じて、どれだけ貴金属を採掘して流通させたかによって変動した。19世紀には、経済が拡大しても金や銀の量が比較的一定であれば、デフレはごく正常な状態であると考えられていた。しかし、ゴールドラッシュのように、金の採掘量が他の地域の成長を上回るようなことがあると、貨幣と財やサービスの比率が逆にインフレになる。つまり、貴金属の保有者は、他の資産の保有者に比べて、時間の経過とともに、わずかに裕福になったり、わずかに貧しくなったりしたのである。しかし、これは小さな変化であり、特に大きな混乱は生じなかった。金によるハイパーインフレは、1324年にマリ帝国のムーサ1世がメッカに巡礼したときだけで、6万人の兵士と1万2000人の奴隷に護衛され、150万トロイオンスの金塊と80頭のラクダで数千ポンドの金粉を運んだ。彼は、都市に寄付をし、モスクを建てるなどして移動し、その跡に経済的な荒廃を残していった。

多くの参加者が非常に大きな債務を負っている経済では、全く異なる種類のデフレが発生する。貸せばインフレで損をし、借りればデフレで損をする。しかし、決定的な違いは、デフレによる損失で債務の返済を続けることができなくなることだ。物価が下がれば、企業収入や税収も下がり、収入が債務の返済を続けるのに必要なレベルを下回れば、債務不履行率は急上昇し、デフレはデフレ崩壊、あるいはハイパーデフレになり、それまで貸していたお金の多くが単に消滅してしまう。これは、19世紀の緩やかなデフレとは質的に全く異なる。金融システムがロックされ、新たな信用を発行できなくなったため、貨幣価値が上昇するのではなく、単に消滅してしまう。金融システムがロックされ、新たな信用供与ができなくなるため、新たな信用供与がなければ、ほとんどの商品が信用取引で出荷されるため、商業は停止してしまう。その結果、所得は急激に減少し、その後まもなく税収はゼロになる。金融機関が倒産し、政府は赤字を補填するための借金を続けることができなくなり、赤字率は100%近くになってしまった。唯一の手段は印刷機のスイッチを入れることであり、ハイパーインフレを引き起こすが、これは数カ月で収束する傾向がある。紙幣はたくさんあるが、再生紙としての価値しかない。金融は失われ、商業は行き詰まり、政府は麻痺している。

このため、崩壊の段階は、金融崩壊、商業崩壊、政治崩壊のほぼこの順番で起きると予想される。この最初の3つの段階が一巡したら、すべての人のエネルギーは、排他的な信頼関係の輪の中での秘密の金融取引、貢ぎ物、物々交換、贈与に基づく非公式の対面取引、地域レベルでの自発的な自治など、まったく新しいモードに再起動することによって、社会と文化をできる限り維持する方向に向けられるべきだろう。

グローバルな金融、商業、国家と法律の関係を、崩壊前の状態に少しでも似せて再構築しようとしても無意味である。これらはすべて化石燃料時代の指数関数的な成長段階で共進化したシステムであり、この成長段階の終了後まもなく崩壊するだろう。その時には、それらを再構築するための物質的な基盤はもはや存在しない。化石燃料は一回限りの物質であり、人類は金属鉱石、淡水の帯水層、漁場、耕作地などとともに、どんどん使い尽くしてきたのである。次に来るのは、自然とのバランスを保った生活、あるいは自然とのバランスを保った生活に戻る努力になるに違いない。

化石燃料産業、コンテナ、タンカー、バルク輸送、米国の州間高速道路システム、電力網を再稼働させようとしても無駄だろう。これらの活動を支えるインフラはすべて、非常に大きな世界経済の一部として設計されており、経済が小さく、ローカルで貧しいものになれば、規模の経済が著しく損なわれることになる。コンテナ船の船隊とコンテナ港のネットワークを維持することは、数年に一度しか出航せず、しかも軽貨物しか積まないのであれば、合理的な提案とは言えない。また、1年のうち数週間しか稼働しない石油精製所を維持することも合理的とはいえない。電力網の一部を1日に数時間だけ稼働させることは可能かもしれないが、電力供給が安定しなくなると、電力網を持つメリットの多くが失われてしまう。また、既存の鉄道の線路や車両の一部を利用することも可能かもしれない。しかし、産業時代の古いインフラの主な用途は、豊富なスクラップの供給源として、全く新しい即興的な方法で再利用されるに違いない。

キャッシュアウトの選択肢

つまり、利子ベースの融資と無限の成長を前提としたグローバルな金融システムであり、その無限の成長はすでに実現されていないように多くの人が見え始めているのだ。金融システムは投資家にとって危険な場所になりつつあると考えるのが自然ではないだろうか。例えば、銀行口座にある現金、銀行の金庫にある債券、株式、金など、何らかのお金を持っているとする。そのお金が煙のように消えてしまうのは嫌だと思う。そして、あなたがこの金融システムが破綻するように仕組まれていると考える理由を、ずっと追ってきたとする。それなら、「金融」というラベルのついたカゴに卵を全部入れておくのは、ほんの少し非合理的ではなかろうか?たまたま金融が暴落しているのである。卵の中には、乱気流ですでに割れてしまったものもある。LTCM、リーマン・ブラザーズ、AIG、MFグローバル、PFG、そしてこれを書いている今、ナイト・キャピタル。

まだ貯蓄がある人は、難しい選択を迫られている。金融機関にお金を預けることはできるが、その結果はすでに悪くなりがちであり、さらに悪化して貯蓄を完全に失うことになりそうである。金融機関に老後の資金を預けている人の多くは、老後の資金がなくなっていることに気づいている。MF Globalに退職金を預けていた人々は、その資金を没収され、MF Globalの代表であるジョン・コーザイン(元上院議員、ニュージャージー州知事)の私的な賭博による借金の支払いに充てられている。個人的な賭けをカバーするために預金通帳に手をつけることは違法だが、彼は今も逃亡中であり、エリート金融マネージャーのオオカミ集団と一緒に、同じことをもっとする権限を与えられていると感じているのだ。彼らは政治家に政治資金を提供し、非公式かつ暗黙のうちに訴追を完全に免除されており、投資家の資金をさらに大きく没収するための舞台を整えている。法的な反響のリスクがこれほど小さく、盗みの誘惑がこれほど大きいのに、なぜ誰も利用しないのだろうか?人々が彼らに貯蓄を託すのを止めるために何をしなければならないのだろうか?「私たちはあなたのお金を盗む」というネオンサインを掲げればいいのだろうか。この時点で、彼らはまだ彼らを信頼している人々から盗むという本能的な衝動に従う義務があるとさえ言える。捕食者は進化上、群れを健康に保つために遅い者や弱い者を淘汰する義務があるのだ。

目から鱗が落ちるような思いだ。例えば、シェールガスは、少し前までは良い投資に思えたが、最大手のチェサピーク・エナジー社がガス掘削の中止を決めたので、今はそうでもないようだ。(シェールガスの掘削に伴う環境破壊に貢献することに高い耐性を持つ必要がある。シェールガスの掘削に伴う環境破壊に貢献することに寛容でなければならないし、赤字でしか売れないガスの生産に投資するのは少しばかり愚かでなければならないだろう)。また、経済情勢を鑑みると、たとえ成長があっても、それはすぐに終わりを迎える可能性が高い。これは投資というより「遊び」であり、シェールガスの井戸と同じようにすぐに終わってしまう。銃乱射事件が起きると、銃器の売り上げが伸びる。(銃乱射事件の後、銃器の売れ行きが伸びている。(最近コネチカット州ニュータウンで起きた学校乱射事件の後、子供たちを殺した犯人がたまたま気に入っていたブッシュマスター社のアサルトライフルがすぐに売り切れた)。銃器で儲けることはできるだろうが、やはり、(潜在的な)殺人で儲けることはすべての人の趣味ではないだろうし、特に米国では銃が足りないとは言いがたい。サバイバル用品も成長産業であり、上記のどれよりも非難されるべきものではないが、これらはほとんどが恐怖から購入され備蓄されており、人々の恐怖から利益を得ることは、やはり良い仕事とは言えないだろう。いずれにせよ、こうしたリスクの高い「遊び」の最後には、運が良ければ、最初に持っていたお金より少し多く、次に何をすればいいのか分からないお金が残ることになる。

恐怖や環境破壊から利益を得ることへの耐性が低いのであれば、グリーンテクノロジーに投資することもできる。市場調査によると、一般の人々には環境に対する罪悪感が大量に蓄積されており、マーケティング担当者や広告主はそれを利用することができる。しかし、「グリーン」な消費財を製造・販売するために使われる再生不能な資源を、環境を破壊することへの罪悪感を軽減するために使い果たすことになり、その一方で「グリーン」なゴミでゴミ処理場を埋め立てることになる。しかし、それでは大金をどうするかという問題が解決されない。最も環境に優しい技術は、消費財に組み込まれたものではなく、木という緑色の生き物が使うもので、クロロフィルという緑色の物質が持つある種の不思議な性質に依存しているのである。「グリーン」であるために、そして自分自身を満足させるために、木を植えることも可能だろう。リスや鳥などの動物の助けを借りながら)木は自分で植えるのである。しかも、経済的な投資もあまり必要ない。

つまり、経済からお金を引き揚げ、時間の経過とともに価値が上がるものを買い集める「キャッシュアウト」が有効なのだ。デフレ下ではあらゆるものが価値を失い、誰もが貧しくなるが、価値のあるものを持ち続けることで、金融機関に預けたり、現金を持ち続けることで貯蓄を完全に消失させた人よりも、貧しくなるスピードが遅くなり、結果的に貧しくならない可能性がある。たしかに、あなたも貯蓄を失うことになるが、全部が全部、一度に失うわけではない。

純粋に教訓的な意味でも、現金は持っていた方がいい。1917年7月から11月まで在任したアレクサンドル・ケゼレンスキー首相が率いたロシア臨時政府が発行したもので、船乗り姿や女装で国外に逃亡した(諸説ある)ケレンキ・ルーブルを、私が7歳のときに亡くなった曾祖母が、バカ高いが価値のない額面で隠して遊んでいたのを覚えている。当時、大金に思えた1万ルーブル札が、全く無価値で、1枚持っていけば栞になると聞いて、とても驚いた(実際、そうした)。その後、1990年代になってから、ロシアは再びこの額面の紙幣を発行したが、これも印刷後すぐに無価値になってしまった。

だから、あなたもドル札やユーロ札やルーブル札や人民元札を、その時点で一番高い額面のものを、記念に何枚か持っておくといい。そうすれば、ひ孫に見せて、「想像できるかい、この醜い紙切れが、かつては貴重品だったんだよ!」と言うことができるようになる。ひ孫は間違いなく、あなたが少し老け込んでいると思うだろうが、どうせそう思うだろう、その時にはおそらくそうなっているからだ。しかし、古い通貨でいっぱいの靴箱を何個も持っていても、確かに役に立たないだろう。ひ孫は、あなたが実際、正気ではないと思うだろう。正気の人間がそんなゴミをため込むはずがないから。彼らがそう思わないことが重要だ。なぜなら、この教訓は重要だからだ。彼らの生きている間に、ブリキの似非ナショナリストのリーダーが、死んだ人の写真やメイソンのシンボルや大きな数字の入った醜い紙切れを印刷し、あらゆる取引の交換媒体としてそれを使うように人々に請求しようとするかもしれない。ひ孫は幼い頃から、それが詐欺だと知っておく必要があるのだ。それは暴力の脅威に裏打ちされた公式の詐欺だが、それでも詐欺に過ぎない。

また、その詐欺を回避する方法も知っておく必要がある。主な手口は、紙切れを持ち続けること、あるいは機関に預けることを拒否することだ。まだ価値があるうちは、時間が経っても価値の落ちないモノを買うために使うべきだろう。現代にふさわしい投資としてよく宣伝されるのは、金や銀の地金(1オンス硬貨)延べ棒である。(ここでは、金融機関が保有する金属ではなく、自分で保有する現物の金属を意味し、金融機関が発行する紙の上にしか存在しない想定外の金属でもない)。

しかし、金や銀を買いだめすることには、いくつかの問題がある。第一に、これらは実際の貨幣であり、政府が印刷した偽の紙幣ではない。地殻における相対的な希少性と、地球資源としての金と銀の鉱石の高度な枯渇状態(金は現在、砕石100万分の3程度の濃度で採掘され、銀は銅や他の金属の採掘に付随し、これもかなり拡散している)から、永久的な富の蓄積となるのである。古代ペルシャやビザンティンのコインの材料は、メイプルリーフやクルーガーランドの材料と同じものである。その価値は、金属の重さに比例して変化することはなく、さらに時間が経つにつれて貨幣的な価値を持つようになる。実際の貨幣である金と銀は、政府が印刷した偽の紙幣と競合することになり、政府はそれを好まない。政府の特権の一つは、通貨を支配することによって利益を得る能力であるシニョリッジであり、貴金属はこの能力を低下させるのである。しかし、自国の紙幣が急速に切り下げられたり、支払い能力に問題が生じたり、財政難に陥ると、1933年4月にルーズベルト大統領が大統領令1602号を使って行ったように、国民が保有する金をすべて没収することがある。1933年4月、ルーズベルト大統領が大統領令1602号を使って行ったように、国民が持っている金塊をすべて没収し、貸金庫を利用しようとする者は政府職員の立会いのもとでしか利用できなくし、その金塊はただちに持ち出された。

貴金属のコインや延べ棒は、非常に盗難に遭いやすいものだ。貴金属の硬貨や延べ棒は、持ち運びが可能で、価値が凝縮されているため、決して醜くはないが、あまりに派手なため展示されることはなく、ひっそりと保管されるのが普通である。比較的珍しいものなので、信頼できる人に売り手と買い手を見つけるのは難しく、見知らぬ人と微妙な取引をせざるを得ないことが多い。また、社会的な混乱が起きると、貯めたコインをどうすることもできなくなり、庭の銅像の下など、わけのわからない場所に埋められてしまうこともあるようだ。今日でも、イギリスのローマ時代の別荘の発掘調査で、ローマ時代後期の金塊が定期的に発掘されているが、これらの別荘の住人は、帝国が崩壊し、暗黒時代が到来すると、その財宝から何の利益も得られなくなったのである。

とはいえ、金貨は身代金の支払いや、船長から直接船の航路を買うなど、そのコンパクトさ、価値の高さ、追跡不可能性から、様々な珍しい場面で重宝されている。しかし、それはあくまでも道具であり、美的・文化的な価値はなく、その価値は、素材である金属の相対的な希少性からくるものである。美的価値も文化的価値もない。展示するのは危険だし、趣味が悪い。紙幣と同じように、その一般的で非人間的な性質から、思慮のない贈り物となる。要するに、金貨はダサいのである。

しかし、金貨以外にも、価値を集中的に蓄積し、いざとなれば交換の媒介となり、実用的で、美観に優れ、文化的な意義があり、さらには個人的な価値も高いものがたくさんある。その価値は、美しさ、希少性、独自性、優れた職人技、または熟練した技術による有用性から生まれる。貴金属や貴石、半貴石で作られたジュエリー、ブレスレット、シガレットケース、スナッフボックスなどは、最も通貨に近く、しばしば貨幣として機能するが、その価値の大部分は希少性や職人の技、珍しい出所から得られる。銀食器、絵画、彫像、花瓶、希少本、楽器、武器、あらゆる種類の骨董品や収集品、歴史的意義のある品物はすべて、長い時間をかけて大きな価値を保ってきたのである。しかし、金貨と異なり、これらの品物はユニークで特徴的であるため、後に所有者が判明し、復元されることもある。また、その個性的でユニークなことから、気の利いた良いプレゼントにもなる。

このほかにも、さまざまな価値の貯蔵物がある。このように、濃縮されたエネルギーは、時間の経過とともに希少になり、価格も上昇すると考えるのが妥当であろう。このことは、エネルギーそのものが、時間の経過とともに価値を蓄積するのに適していることを示している。原油は何百万年も保存できるが(当たり前だが)石油精製所を持っていない限り、まったく役に立たない。火薬は確かにエネルギーがあり、乾燥させておけば永遠に保つが、調理、暖房、照明に(安全に)使えないので、経済的な用途は限られる。永遠に使える燃料は固体と不揮発性の液体で、石炭と木炭、ガラス容器に入れたアルコール、薪、パラフィンワックス、ブタンなど、数は少ない。ディーゼルや灯油は生分解し、ガソリンや高級留分は揮発しすぎ、メタンやプロパンなどのガスは大量に貯蔵するとコストがかかり、時間が経つと漏れ出してしまう。固体または不揮発性で生分解性のエネルギーキャリアは、備蓄して価値の貯蔵に利用でき、使用価値のない金塊よりもパラフィンのレンガの方が価値があるという緊縮財政の時代も想像できる。

他にも、製造に多くのエネルギーを必要とし、時間の経過とともにエネルギーそのものの価値が上昇するようなものはたくさんある。標準化された汎用品で大量に備蓄できるものの例としては、アルミニウムや銅板、亜鉛メッキのチェーンやワイヤーロープ、ファスナーや索具類などがある。このような備蓄品はすでに存在しているのだが、人々はその価値に気づいていないことがある。以前、ある艇庫で自分のボートを修理していたときのことだ。そこには、ハリケーンの残骸を急遽ブルドーザーで積み上げたものがあった。その他は、長い間放置されたヨットの廃船体で混雑しており、その一部には木が生えていた。そのほかの、もう少し無傷な船体には、時々ボートヤードで働いている人たちが住んでいたが、家賃とビールを買うだけの余裕があるだけで、ほとんどは芝生の椅子に腰掛けてビールを飲んでいるだけであった。ボートヤードはゲットーの向かいにあり、獰猛なジャンクヤードの犬たちに守られていた。その艇庫のオーナーが財政難を嘆いていたので、「廃艇のキールに詰まった鉛バラストの価値も計算に入れているのか」と聞いてみた(当時は鉛の価格が高騰していた)。そこで、私が計算をしてみると、彼の目が輝いた。彼は金鉱(鉛鉱山)の上に座っていたのに、そのことに気づいていなかったのだ。それ以来、私はあまり多くの付帯費用を請求されなくなった。

このように一般的に便利なものだけでなく、便利な備蓄品を作ることで、より戦略的に資本の事前投入を考えることができる。たとえば、土壌がよく、雨がよく降る地域では、農具(鋤、熊手、鍬、鎌など)を備蓄し、再び人々が機械の助けを借りずに昔ながらの方法で食物を栽培する日を待つのもよいだろう。あるいは、帆船貿易の復活に賭けて、沿岸貿易用の貨物帆船の建造や艤装に必要な工業製品を備蓄することもできる(私の専門分野だ)。

このような価値の貯蔵は、銀行や金融会社のコンピュータの中の数字が持つ刹那的で想定外の価値よりも、今日でもはるかに優れている。これらは、不安定で持続不可能であることが分かっている現状の継続を前提とした、仮説的なものではなく、物理的で目に見える資源なのだ。不換紙幣が破綻した後、このような価値の貯蔵物を物理的に所有することで、コミュニティは何もないところから内部の交換媒体を作り出すことができるようになる。これについては、後で詳しく説明する。

貨幣に代わるもの

コミュニティが信頼に基づいた独自の価値貯蔵と交換媒体を維持するためには、まずそのコミュニティが存在しなければならない。さらに、アイデンティティを共有し、相互利益、相互尊重、相互信頼を持つ、強力で結束力のあるコミュニティでなければならない。これは決して当たり前のことではない。そのようなコミュニティが形成されるためには、まず、強い家族で構成されなければならない。これもまた、決して当たり前のことではない。神が一つにしたものを、銀行家、投資顧問、会計士、遺産相続弁護士、遺言検認判事などが引き裂いてはならないのだ。金融機関や不換紙幣が崩壊しても、家族や地域社会が生き残るための具体的な方法を議論する前に、そのような家族や地域社会がどのようなものでなければならないかを議論しておく必要がある。

経済先進国の社会秩序では、家族内の経済的な関係はあまり重視されていない。かつて家族が自分自身や隣人のために非公式に提供していたサービスのほとんどが専門化され、育児から高齢者介護まで、あらゆることが低賃金の他人によって、多額の私費と公費を投じて行われるようになった。大家族の解体も進んでいる。各個人、あるいはせいぜい夫婦がそれぞれ別の銀行口座を持ち、共有の財産はほとんどない(あったとしても)。私たち全員が目指している理想は、各人が非人間的なシステムに翻弄される孤独で無力な個人として機能することを余儀なくされている。トレンドは、すべての取引に金融仲介者が挿入されることだ。どんなに親密で、個人的で、生来の行動であっても、例えば配偶者と一緒に寝たり、乳児に母乳を与えたりすることであっても、私たちは様々な専門家にアドバイスをもらうことになる。

ここで、金融を整理してみよう。不動産の売買など大きな取引で、銀行がエスクロー(預かり金)を出すのは理解できるが、それも他人との取引に限ってのことだ。プラスチックカードや電子マネーで支払うと、便利だがコストがかかるという仕組みに食指が動くのだ。もしあなたがいつも給料の全額を現金化し、すべての人に現金で支払うとしたら、ごくたまに泥棒に入られ、一度に大金を失う危険性がある。一方、銀行にお金を預けてプラスチックで支払う場合、泥棒に入られる危険性はない。クレジットカードを受け入れるために、商店はその分価格を上げざるを得ない。しかし、現金割引はほとんどない(今でもガソリンスタンドでは10%以下)。しかし、現金が一夜にして王様になり、クレジットがあっても現金がない人は取り残されることになる。

しかし、何でもかんでも融資してしまおうという風潮が蔓延していると、もっと大きな損害を被ることになる。20%の頭金で家を購入し、残りを何年もかけて返済する場合、購入価格の2倍以上の金額を支払うことになり、他の住宅ローンの小切手をすべて盗まれたのと同じことになる。あるいは、購入したい家よりも小さな家を借りて、家賃と住宅ローンの差額を貯金し、準備ができたらそれを使って現金で家を買えば、少なくとも2倍の速さで家を自由に所有できるようになる。正しい方法(貯蓄)で買ったにせよ、間違った方法(住宅ローン)で買ったにせよ、一旦、一族の中に晴れて自分のものになった家があれば、二度と借金をしないように頑張って、何世代にもわたって一族の中にその家を維持し、親はその家を成長した子供たちに譲り、一部屋だけ、あるいは家が混んできたら近くの部屋を借りてその場でダウンサイジングすると考えるのが普通であろう。しかし、通常はそのようなパターンにはならない。その代わり、成長した子供たちは引っ越して自分たちの住宅ローンを組み、親は老後の資金調達のためにリバースモーゲージを組むか、家を売ってマンションを買い、このすべてが、彼らがすべて血を流し、差し押さえられ、破産するまで続く。その間、自動車購入の資金を調達し、保険契約の支払いを毎月行い、クレジットカードのリボ払い、あらゆる種類の分割払いのローンを支払っている可能性がある。そして、忘れてはならないのは、親はおそらく、もうすぐ価値のなくなる個人退職金にしがみつきながら、子供たちに車や家や大学の学費の借金をさせたということだ。彼らは、息をするたびに利子を払っているのだ。そんな人たちからお金を奪いたくないなんて、聖人君子にでもなったつもりか! 狂気の沙汰だ。

私たちの中には、祖父母や曽祖父母に恵まれた幸運な人たちがいて、「使う前に貯金する」「何事も前払いする」「借金はしない(本当に緊急の場合を除き、その場合でも借金をすぐに返せるという確信がある場合のみ)」「知らない人とは取引しない」という精神を(おそらく失敗しながら)教えてくれているからである。昔も今も、古い伝統的な文化圏では、このような人たちを年長者と呼んでいる。ローカルでインフォーマルな自治システムを持つ社会では、家族の内外で、年長者が唯一の権威であることが多い。若者の祭壇を崇拝する社会にとって、このような慣習は逆年齢差別のように思われるかもしれない。しかし、年寄りは若者よりも権威ある地位に就くのに適していることが多い。なぜなら、年齢が上がるにつれて、自己満足と邪悪な誘惑の機会が少なくなってくるからである。老人はまだ生きているという事実によって、用心深い(無頓着な人は若くして死ぬ傾向がある)。彼らは何よりも未来(孫)と自分の遺産(孫が受け継ぐべきもの)を大切にする。重要なのは、リーダーシップを致命的なものにする若者の資質、すなわち意欲や野心、無謀さ、衝動性、競争心、不老不死の幻想を持ち合わせていないことだ。リーダーシップの資質に関して言えば、最良の教師は経験ではなく、消耗品だ。リーダーシップの90%は、健康や評判を損なわずに長老になるまで生き残ることだ。もちろん、若さを崇拝する社会では、老人は若者に「ついて行こうと」し、ほとんどすべての人が自分の功績や過失でもなく、ランダムに生き残り、決定的に失敗しても何度も挑戦することになるため、死や失敗は教訓的な価値を失うことになる。年寄りの馬鹿ほど馬鹿はいないし、年寄りの馬鹿は良い年寄りにはならない。

私がここで述べていることは、絶望的なまでに理想主義的に見えるかもしれない。年長者が統率する強固な大家族は、集団でコミュニティを形成し、年長者会議を介して自治を実現することができる。しかし、そんなことはない。この種のコミュニティは、今でも世界中にたくさんある。それは、保守的であるか、不利な状況に置かれているか、あるいはその両方であるために、たまたま経済成長中毒になっていない家庭や地域社会である。彼らは崩壊後も存続するだろう。しかし、この種の家族や共同体は、西欧や北米の原子家族の文脈の中で再構成するのはかなり難しいかもしれない。子供が成長して「自立」するのを待ちきれない親、成長して親を捨てることに憧れる疎外された子供、貯金も精神力もないのに「自立」を守ることだけを考えるその名に値しない老人、消費経済と政府サービスに生存を絶望的に依存する似非ラガード個人の匿名の群れである。この「あるべき姿」と「あるべき姿」の間にある溝を埋めるのは、非常に難しい。バブル経済の波に乗った経験しかなく、身内や地域社会を捨てて、グローバル金融の言いなりになっている人々は、高い木の上の何百万匹もの子猫のように、救助する消防隊もなく、自力で降りてくることもできないのだ。なぜなら、この木は魔法の木で、自分たちが登れるよりも早く成長すると教えられているからだ。

家族とは、最低でも3世代が一緒に暮らし、資源をプールし、全体の利益のためにそれを配分するものである。コミュニティとは、そのような家族の集まりであり、自治を行うことができる。伝統的な自治の形態は、上記のような理由から、長老会議である。このような家族や共同体の運営については、社会的・文化的崩壊の章で、詳細なケーススタディを含め、より多くの資料を紹介する予定である。ここでは、銀行や投資会社、公的な通貨媒体の法的な利用がない中で、彼らがどのように金融問題を処理しているかを説明することが目的である。そうすることで、空想的あるいは理想主義的な印象を与えず、避けられない質問を投げかけることを避けたいと思う。「いったいどこでそんなことができるほど、人々はお互いを信頼しているのだろう?」その答えは、「あなたのおばあさんを知っている」という一言が、どんなVIPパスや大学の学位や有名な苗字よりも重みを持つ世界だからだ。このような世界は、私たちの身近に存在するにもかかわらず、その存在を意識することも、その入り込み方を知ることも、ほとんどの人が教えられていないのである。

私たちはどうしたか

私の家族は、1976年の初めにソ連を離れた。私たちが出国を許されたのは、モスクワが1974年通商法のタイトル4に対するワシントンのジャクソン=ヴァニック修正案(2012年に廃止され、はるかに不愉快なマグニツキー法に置き換えられた)に従うことを望んだからだ。この修正案は、非市場経済で移住を制限している特定の国に対する最恵国待遇を否定するものだった。モスクワはこれを安全弁として利用し、特定の不届き者や反体制者の比較的友好的な出国を可能にした。一方、ワシントンはこれを頭脳流出の扇動に利用し、ソ連の専門家を、安全な専門職というほとんど空虚な約束で米国に来て働かせるよう仕向けた。1975年のクリスマスイブに、内務省のボレイコ軍曹から「出国書類がそろった」と、いつになく親切な電話がかかってきた。出国は、表向きは家族の再会のためということになっているが、これはほとんど偽装である。偽のイスラエル人の祖母から偽の招待状を作るサービスもあった。ソ連当局は、ほんの少しもユダヤ人でない人たちからの招待状を、何の疑いもなく受け入れていた。

両親はあまり貯蓄がなかったが、家族全員、ソ連ルーブルでかなりの貯蓄があり、そのうちのいくつかは持って行きたいと思った。しかし、海外に送金する公的な仕組みがない。ソ連国民は外貨を持つことができず、ルーブルは両替はもちろん、ソ連国外に持ち出すこともできない閉鎖的な通貨だった。しかし、さまざまな方法を駆使して、とにかく送金は行われた。

まず、ルーブルで宝石やカメラ、時計などを買い、西側に着いたら必要に応じて売り払うという方法だ。特にソ連の35mm一眼レフカメラは、戦後東ドイツからキエフに移転したツァイスのレンズと頑丈な構造で、西側では重宝された。もう1つの送金方法は、私たちの移住の波が西側にかなり定着してきた頃、使われるようになった方法である。ロシアの親戚にお金を送りたい人、ロシアの親戚からお金を受け取りたい人。アメリカ側でドルを、ソ連側でルーブルを送金すればいいのだ。アメリカ側ではドルを、ソ連側では逆にルーブルを送金し、両者が用意した金額の少ない方を送金する。このような物々交換は、欲しいものが一致していることが前提であり、そのタイミングや金額が一致することはあまりないため、散発的にしか利用できなかった。そのため、移民たちの荷物の中に価値のあるものを入れて輸出したり、豪華な贈り物を持ってきた外国人旅行者を介して価値のあるものを輸入したりすることが続けられた。

移民が西側で市民権を得ることができれば、ソ連政府をだましてドルを放出させ、国外に送金することも可能である。それは、ソ連政府をだましてドルを放出させるというものである。そして、そのお金をソ連国民が外国に住む近親者に贈る。ソ連人が亡くなると、ソ連政府は国際法上、遺産の本国送還に協力せざるを得なくなる。この手口は、1ドル=1ルーブルという、とんでもなく高い「虚栄心」の為替レートを適用して、ルーブルの価値を著しく高めたからである。この為替レートは、通常、金融取引には使われず、マスコミに強いソ連通貨を自慢し、ソ連経済を紙面上大きく見せるためだけに存在した。

このような取引は、非公式なものではなく、ソ連の法律では違法であり、KGBのモニタリングの下で行われていたことを忘れてはならない。国際電話の会話はすべて盗聴され、手紙はすべて蒸し返され、読まれた。国際電話も盗聴され、手紙も盗聴され、読まれる。政治犯としてコロニーに送られるのは名誉なことだ。政治犯としてコロニーに送られるのは名誉なことで、経済犯として送られるのはまた別の話である。(このように、どの取引も明文化された文章では成立しないし、鉄のカーテンの向こう側にいる者同士(移住者は1988年までソ連に帰ることができず、ソ連人はほとんど海外に行くことができなかった)直接交渉することは不可能であった。

この時点で、読者の中には、アメリカの冷戦小説を読んで時間を無駄にしたことを思い出したり、KGBとスパイ対スパイの駆け引きに使われた秘密の暗号や通信技術を自動的に思い浮かべる人もいるだろうし、KGBは十分に無能で士気が落ちていたから、すべての秘密通信を見過ごしたと思いたい人もいるだろう(そんなことはない、と私は保証する)。しかし、実際にどのように機能するかを見てきた私は、そのような考えをすべて払拭することができ、満足している。技術的には言葉と紙とペンだけで、精神的な強靭さと団結力があればこそ、良い結果が得られるのである。

ステガノグラフィーとは、「送信者と受信者以外の誰にもメッセージの存在を疑われないようにメッセージを書き込む技術・科学であり、隠匿によるセキュリティの一形態である。この言葉はギリシャ語に由来し、「覆われた、保護された」という意味のギリシャ語 steganos (στεγανóζ) と「書く」という意味の graphei (γραφή) から「隠された文章」を意味する10。重要なセキュリティの特徴は、受信者がメッセージであることを知る必要があること、そしてそれを解読する必要がないことだ。

母と祖母は、定期的に電話で会話をしながら、膨大な量の文通を続けていた。天気や読書、朝食に何を食べたかなど、あらゆることを話し合った。また、磁器の破片に不思議なほどこだわっているようだった。どのティーセットが誰からのプレゼントなのか、誰が気に入ったのか、同じようなものを一度や二度は持っていたのか、誰から買ったのか、いくらで買ったのか、何個のカップが割れたり壊れたりしているのか、修理できるのか、誰が不器用でカップを壊してしまったのか、。割れたカップを上手に接着して新品同様にしたのは誰か、などなど、一見無邪気な女性二人の思い出話だが、知る人ぞ知る、秘密の意味が込められていた。カップは何千円もした。ティーセットは数万円。割れたカップは出費。割れたコップは、失敗した取引。また、人物の名前もフルネームではなく、小名や愛称で呼ばれ、実際の場所や時間ではなく、プライベートな思い出として語られる。しかし、スープやケーキのレシピのような一般的な興味のある文章もあり、時には「これを読んでいる他の人も同様に面白いと思うかもしれない」というような、KGBの検閲官に直接語りかけるようなコメントも添えられていることもあった。これほど狡猾に見える人の中に、誰が秘密の、邪悪な、陰謀的な意図を疑うことができようか。KGBでさえも。

チット、スペチー、ストックイントレード

銀行も通貨もない時代に、どうやって取引をするのだろう?かさばる金属片を持ち歩くのは不便だし、リスクもある。それに、通常、取引する必要のあるすべての物を表すのに十分な金属がない。貴金属に裏打ちされた地域通貨を印刷することも可能ではあるが、そのような仕事を遂行するのに十分な力と信用を持った当局がなかったらどうだろう?また、そのような通貨を100%裏付けできるほどの貴金属が手元にない場合はどうだろうか。必要なのは、中央の権威から独立した、取引相手との限定的な信頼関係に基づく即興的なアドホック・スキームなのである。

ジェームズ・クラベルは、1860年代の日本を舞台にした1993年の小説『外人』で、このような仕組みを描いている。この小説は、ペリー提督が海軍による砲撃の脅威を利用して日本に国際貿易への開放を迫ってから間もない頃が舞台となっている。アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、ロシアの商人たちが、自分たちの製品を日本に輸入して売ろうとする小さな貿易拠点が舞台となる。貿易商たちは互いに不信感を抱いていたが、その場しのぎの共同生活をしていたため、協力することを余儀なくされた。貿易商は互いに不信感を抱いていたが、一つの共同体の中で緊密に生活していたため、協力せざるを得なかった。それぞれの港は海路で何カ月も離れており、通信は遅れ、時には不安定で、金融市場や商品価格に関する最新の知識は当てにならない。また、お互いの国の貨幣を使うことは、人口の多い国(当時はイギリス)が不当に有利になるため、嫌われた。

そこで、通貨ではなく、金や銀などの「正貨」と、あらゆる貴重品や商品などの「在庫」を裏付けとした「チット(紙切れ)」を使用した。チットは、日付、送金元、送金先、金額(通常は銀や金の重量で記載)署名が書かれた紙切れのことだ。月末になると、経理担当者がすべてのチットを集計し、必要に応じて武装した警備員のもと、金庫室間で正貨を移動させる手配をした。十分なスペシーがない場合は(よくあることだが)月末の債務を清算するために取引材料が使われた。取引材料が十分でない場合は、債務を繰り越すか、他の特定の財産を交換して不足分を埋め合わせることができる。このように、交換媒体は、ペンや紙切れ、金貨や銀貨、その他価値が認められている様々なもので、必要かつ十分な材料を用いて、即座に呼び出すことができる。

この方式では、通貨は流通しない。凹版印刷機も、通貨の入った袋を運ぶ装甲車も、通貨を出すための銀行の支店やATM機も、偽造を取り締まる警察も必要ない。銀行員を養う必要もなく、月末に全員が自分のチットをネットで決済すれば、会計士さえも不要になる。チットは盗まれることもあるが、泥棒にとっては何の価値もないものなので、ほとんど発生しない。すべてのチットは毎月末に相殺されるので、通貨は流通せず、自動的に繰り越される負債もない。しかし、人々は、決済の緊急性がない場合、または何らかの事情でその月の決済が不便な場合、1つまたは複数のチットを1ヶ月間保持することに同意することもできる。また、ある取引がうまくいかなかった場合、関係を維持するためにチットを破棄することに合意することもできる。「政府の全面的な信頼と信用」に裏打ちされた法定通貨という概念はない。これは、政府が信頼も信用もなく、有益なサービスを提供しないか、存在しない場合に非常に有効である。政府が信頼も信用もなく、有用なサービスも提供せず、存在しないような場合に非常に有効である。2人の個人の間で、一方が他方を十分に信頼し、月末まで無利子の信用を少し延長する約束があるだけである。このシステムは、参加者の誰も貴重なものや交渉可能なものを持ち歩かないので安全である。また、チットの数字は任意に大きくできるので、任意の規模の取引にスケールアップすることができる。

このようなシステムは、犯罪集団や闇市場など、公的な通貨や銀行を利用することが不便であったり、リスクが高い場合に利用されている。このような場合、このシステムは2つの点で変更される。第一に、チットは存在しない。第二に、毎月の(あるいはその他の定期的な)決済サイクルがないことだ。取引と集計を頭の中に入れておき、自分の名誉の言葉に頼る方がはるかに安全である(泥棒の間では名誉が強制されている、なぜなら円満解決の代替案は暴力的なものであるからだ)。毎月の決済サイクルはリスクである。なぜなら、誰もが価値のあるものがいつ取引されるかを知っており、それに合わせて強盗のスケジュールを立てることができるからだ。重要なケースでは、交換を強盗のように見せかけたり(公的な記録から財産を消すため)「ダーリン、今日森でこんなものを見つけたんだ!」等と言い、お互いがお互いを知らなかった、あるいは取引していなかったと否定できるような策略を講じることもできる。このようなシステムは非常に回復力があり、地下に追いやられることに弱く、政府、マフィア、その他の暴力的行為者がこの行為に介入することを防ぐことができることが示唆されている。

最終的な結末

ここで、金融と輸入主導の世界経済が辿るであろう結末を考えてみよう。世界金融が2008年のような「大失敗」に見舞われたとしよう。「クレジット・イベント」が発生し、金融市場はロックされ、…このシナリオはすでに一度リハーサルされた。今と違うのは、すべての政府がすでに救済のための魔法の弾丸をすべて撃ち尽くしてしまったことだ。罪を犯した人々はまだ逃走中で、この危機の前よりも金持ちになり、おそらく次の危機でさらに金持ちになれると考えている。前回このような事態に陥ったとき、ブッシュ前大統領はこう宣言したのは有名な話だ。「そして、お金は実際に緩み、常に緩み続けている。しかし、どの程度まで緩めばいいのだろうか。しかし、どの程度までなら大丈夫なのだろうか?

1週間後、銀行は休業、ATMは現金不足、スーパーの棚は空っぽ、ガソリンスタンドは燃料不足になり始めている。開いている数少ない店でクレジットカードを使っても、何の役にも立たない(食料と弾薬を除いて、誰も買い物をしていない)。そして何かが起こった。政府は危機対策本部を設置し、銀行を国有化、資本増強、再開し、信用を回復させると発表したのである。要するに、政府は別の手段で世界経済の一角を独力で運営しようとするのである。銀行は厳重な警備の下で再開され、何千人もの人々が貯蓄を引き出そうとして逮捕される。銀行は閉鎖され、暴動が始まる。次に、政府は商業を活性化させるために、預金保証を尊重し、単に現金を配ることにした。現金を印刷して配るようにしたのである。しかし、スーパーマーケットには食料がなく、ガソリンスタンドにはガソリンがない。それを再開するには、国際的な信用が必要であり、そのためには商業銀行が正常に動き始め、そのためにはサプライチェーンと小売業が機能する必要があるのである。

コールドスタートの指示

仮に、あなたがこのような事態になることを知っていて、自分と大家族を、何人かの知り合いがいて信頼している場所に移動させたとする。あなたは、世界経済が停止しても比較的快適に、そしてスタイリッシュに生き延びるために、協力したり物々交換したりできる友人たちの弾力的なネットワークを作るために、時間と貯蓄を投資してきた。国の通貨は豊富にあるが、リサイクルされた紙と同じ重さしかないため、ビジネスを行うには少々かさばる。物々交換で生き延びることも可能だが、これでは最適とは言い難いことが多く、何らかの民間交換媒体が必要だ。

チットと正貨をベースにした1対1のクローズドな取引システム。

宝石、収集品、骨董品、剥製、珍品、武器、弾薬箱、工具、縮んだ頭、野球カード、ワインボトル、有名人のサイン、鯨のペニス骨などなど、可能性は限りなくある。祖父のメダルは祖父を知る人にとってより価値があり、マック・ザ・ナイフのナイフはマッキーのかつての仕事仲間にとって大切な思い出の品であるなど、1つの作品の価値は取引する相手によって異なる場合がある。それぞれの相手と、その時々で発生する貿易の不均衡を解決するために、ある品物を担保にして、貿易を行うことに同意する。約束した時点で、その品物を鑑定する。そして、必要に応じてお互いにチットを書き込む。取引システムがグループ全体を包含するようになるまで、他の人を参加させることもできるし、決済できない間は一時的に除外することもできる。しかし、排除する行為は各人に任されている。各人が、それぞれの取引のケースで、チットを受け入れるかどうかを決めるのである。

このシステムの利点の一つは、どうしても避けられない自分の財産の切り下げを避けることができることだ。お金がないときは、どうしても物々交換になり、価値が下がってしまう。この方法では、価値のあるものはできるだけ長く市場に出回らないようにし、最初に誓約したときにその適正な価値に合意した人々の間で、売るのではなく、交換することになる。

このような取引システムが十分に大きくなると、より集中した価値の貯蔵を保護するために、コミュニティの金庫を作ることが意味を持ち始める。そうすれば、月末に決済するために、物理的に移動する必要がなくなる。コミュニティ同士が貿易を行う場合、互いの金庫に貴重品を保管する契約を結ぶことができる。そうすれば、2つのコミュニティはチットを使って貿易を行い、何も移動することなく決済することができる。もし、2つのコミュニティの間で貿易のバランスが大きく崩れた場合は、厳重な警備のもと、2つの金庫の間で1回だけ移動させれば、それを修正することができる。

このシステムが中世的と思われるなら、それはそうだからだ。そして、西洋の帝国主義が登場し、帝国国家は化石燃料による工業化、商品生産のためのプランテーション経済、生産された製品を吸収するための囚われ市場によって豊かになっていった。やがて、金融のグローバル化、地球全体に張り巡らされたサプライチェーン、最もコストの低い国々に生産を移す労働力の裁定取引など、グローバル経済が登場した。そして、金融のグローバル化、地球全体に張り巡らされたサプライチェーン、人件費の安い国へ生産拠点を移す労働力のアービトラージなど、グローバルな経済が出現した。膨大な貿易不均衡は国債という紙の山に表れ、国債の価値は、国債をより多く、より速く引き受け続けることができることに由来している。

そのため、ベースラインへの回帰はそれほど予想されることではない。このベースラインとは、こうした現代のあらゆる動きに先駆けて、豊かで古い貿易と金融の伝統のことだ。しかし、それこそが、グローバル経済の荒廃の中で地域経済を活性化させるために必要なことなのだ。そのためには、大学やビジネススクールが教えるものとはまったく異なるスキルセットと、それに伴うまったく異なるマインドセットが必要だ。しかし、だからこそ、あなたは本書を読んでいるのだと私は思う。

金融専制主義に気をつけろ

価値のあるものを取引に利用することは、貨幣や貨幣の利用を中心に発展してきた社会制度のすべてよりも何千年も前に行われていたことだ。私たちが貨幣と考えることができる最も初期の例は、君主の像が描かれた「王国の貨幣」という形で、王国の貨幣で課税することによって、国民から貢物を引き出すプロセスを合理化するために導入された。その結果、国民は税金を支払うために、貨幣で支払われる賃金で働くか、貨幣と引き換えに物品を交換することを余儀なくされた。君主は通常、状況に応じて必要なだけの貨幣を作ることができることを利用して、貨幣の独占を維持しようとした。近年、通貨を鋳造したり印刷したりする君主の特権は、金融市場によって著しく損なわれている。財政赤字をファイナンスするために資金を必要とする政府は、民間資本が求めるだけの利子を支払うことを約束して民間資本を引きつけることを余儀なくされているのである。しかし、リバティ・ダラーを作ったバーナード・フォン・ノットハウスは、15年の刑を宣告され、現在も国家による貨幣の製造が独占されている。彼は15年の刑を宣告された。米ドルに対抗する通貨を鋳造し、流通させたという彼の罪は、国内テロに匹敵する。

しかし、事実上すべての政府が印刷機を乱用している以上、代替通貨を作りたいという衝動は常に存在する。多くの人々はお金が好きだが、このシステムが政府にとって有利で、貯蓄者にとって不利になるように操作されていることを嫌っている。アメリカが金本位制をやめてから41年間で、米ドルはその価値の8000%を失った。貯蓄をし、貯蓄がなくなるのを見たくない人々は、金融市場でギャンブルをすることを余儀なくされている。多くの人が望んでいるのは、正直なお金、つまり時間が経っても価値を失わず、腐敗した貪欲な政府高官に支配されないお金である。そのために、古典的な自由主義経済学者であり哲学者であるハイエクは、通貨を非国有化し、国家による貨幣の独占を弱め、長期的な安定を目的とする超国家組織が管理する通貨を導入することを提案したのである。誘惑と機会があれば、たとえ当初は誠実さの模範となるように作られたシステムであっても、人々はそれを台無しにするものである。さらに悪いことに、独占的な慣行に陥りやすい活動を管理するために非政府の国境を越えた組織を設立することで、意図しない結果として、意図とは正反対の国際的な専制的金融体制を構築してしまう危険性がある。1936年10月31日、フランクリン・D・ルーズベルトが演説したように、「組織された貨幣による政治は、組織された暴徒による政治と同じくらい危険である」のだ。

金融専制主義は、政治的干渉を受けない自由な金融市場の自然な副産物であると言える。ドルやユーロのような比較的安定した、ほとんど誰もが認める通貨を持つことの主な意図しない結果は、格差を増幅させ、富を周辺から中心に向かって効率的に流出させ、前者を貧しく、後者を豊かにし続け、ついには周辺が崩壊してしまうということだ。中南米やアフリカで起こった一連の債務危機は、この事実を証明している。最近では、財政破綻が近づくにつれて、アイルランド、スペイン、ポルトガル、ギリシャなど、周辺部から中心部へと行動が移っている。ギリシャは、失業率が30%に達し、国民の大半が移住を希望しているが、その余裕がないなど、様々な意味で崩壊後の国になっている。スペインも同じ方向へ向かっており、イタリアもそう遠くはない。ユーロには修復不可能な欠陥があることは誰の目にも明らかだ。しかし、ヨーロッパの政治家たちは、多くの魔術師の弟子のように、そのダメージを元に戻す方法を知らない。

ユーロにはどのような欠陥があるのだろうか。マーストリヒト条約は、ユーロ圏の加盟国に対して、インフレ率を年3%以下に、財政赤字を年3%以下に、政府債務をGDPの60%以下に抑えることを義務づけた。このうち、インフレ目標だけは欧州中央銀行のコントロール下にあるため、達成されている。他の2つは各国政府の政策の影響を受ける。その結果、ギリシャの債務はGDPの160%、イタリアは120%になっている。しかし、ユーロの最大の欠陥は、マーストリヒト条約の「社会章」と呼ばれるもので、労働者の公平な報酬や退職金の保証などを加盟国に義務付けていたが、これは実現しなかった。この章がなければ、ユーロの目的はドイツを豊かにすることであることは明白である。

完全な貨幣を求めることは、貨幣の概念そのものに深い欠陥があるため、本質的に誤ったものであるのかもしれない。「お金は臭くない」と言われるが、これは「どのように手に入れたかには関係なく、同じように機能する」という意味である。しかし、そう考えることは現実を否定することになる。お金は、欲と恐怖の臭いがし、それを得るための汗とそのために流された血の臭いがする。お金をめぐる争いは、他のどんな種類の争いよりも、多くの友情や結婚を台無しにしてきた。犯罪は、影のようにお金に付きまとう。お金があればあるほど、社会的不平等が大きくなる。金融化は、人間関係を、紙に印刷された数字と、その数字を機械的に操作するための盲目的な計算の問題に還元することによって、人間性を奪う。この抽象的な数字のダンスに参加する人は、他人の人間性を奪い、ひいては自分自身の人間性を失い、他の非人間的行為に走る可能性があるのだ。要するに、お金は社会的な毒物なのである。そして、もちろん中毒性がある。お金をさらに純化・精製しようとすることは、コカインをクラックに、コデインをデソモフィンに変えるようなもので、有益な方向には向かわないだろう。

貨幣が地域経済から富を引き出す主要な道具ではなく、地域のニーズに応えることができるように、貨幣の仕組みを変える方法を論じた本が数多く書かれている。マイケル・シューマンの『Local Dollars, Local Sense』11 は、このジャンルの好例である。しかし、なぜお金が必要なのかということについては、ほとんど議論されていない。それは単に思い込んでいるだけである。しかし、世界には、お金がほとんどない、あるいは全くない、特別な時のために庭先に小銭入れが埋まっているかもしれないが、日常的に使われているお金はほとんどない、という活気に満ちたコミュニティが存在するのである。経済危機がアテネをはじめとするギリシャの都市を襲っている一方で、エーゲ海に浮かぶギリシャの小さな島々では、生活が営まれ、新鮮な食材が豊富にあり、多くの人々は金融危機の存在を意識せずに暮らしている。同様に、メキシコの脱北者たちは、1994年のペソの暴落をあまり意識することなく過ごしてきた。彼らは、自分たちで食べ物を育てたり、捕ったり、近所の人と物々交換をしたりして、お金をまったく使わずに生活している。

お金がないと困ることがある。例えば、ギャンブル、高利貸し、恐喝、賄賂、詐欺などである。また、富をため込んだり、コミュニティから富を引き出して、便利なコンパクトな形で別の場所に輸送することも難しくなる。私たちがお金を使うとき、私たちはお金を作る人(借金を作る人)とお金を壊す人(借金を帳消しにする人)に権力を譲り渡すことになる。また、物理的な世界に直接関わるのではなく、任意の規則や算術的な抽象概念を操作することを得意とする人々の階級に力を与えることになる。この比喩のベールによって、彼らは恐るべきレベルの暴力を隠すことができ、それを単なる紙をすり替える作業として象徴的に表現することができるのだ。人間も動物も生態系全体も、紙切れの数字に過ぎないのだ。一方、同じシンボルを使って異質なものを表現するこの能力は、大きな混乱を引き起こす。例えば、「破綻した金融機関を救済するために使われていた政府資金を、未亡人や孤児を養うために使った方がよっぽどましだった」と、かなり頭のいい人が言っているのを聞いたことがある。なぜなら、食料は中央銀行や他の誰にも存在させることはできないし、霜や熱波、干ばつ、洪水などの自然は価格シグナルに反応しないからである。

貨幣が必要な場合、一個人が使うより、集団で使う方がより効果的である。大家族や一族で資金を出し合い、最も有能な人に管理を任せ、交渉の上、卸売りで購入すれば、各自が自分のお金で必要なものを小売価格で購入するより、ずっと遠くまでお金が回るのである。このように、個人や核家族で構成される集団は、大家族や一族で構成され、共通の資金で買い物を調整する場合と比較して、何倍もの資金を必要とする。家族や一族の中で無報酬のサービスを提供すれば、お金の必要性をさらに減らすことができる。料理、掃除、自動車修理、警備、建設、法律業務、会計、保管・運搬、裁縫、造園、育児、教育、医療…などなど、数え上げればきりがない。そして、忘れてはならないのは、お金の貸し借りだ。もちろん、金利はゼロ%だ。これらの活動を自社で行うことは、金融依存を破壊し、金融システムを養うために費やされていた労働の少なくない割合を解放することになる。

金融の神秘主義

現代の金融の主な手段は、神秘化、難解化、催眠術である。多くの人にとって、貨幣の偉大な神秘とは、貨幣創出の聖餐式である。大祭司がボタンを押すと、一見何の苦労もなく、私たちがもっと欲しいと思っているものがもっと生み出される。これは実に印象的なトリックだ。我々が汗水たらして稼いだものを、大祭司は暗号のような呪文を使ってあっさりと存在へと呼び起こすのである。シャーマンのレインダンスより高度で、信頼性も高い。難読化とは、ほとんどの人が理解できない数式を使用することだ。その意味するところや、それが物理的な世界にどのようにマッピングされるかを理解している人はさらに少ない。金融の重要な公式は、負債を時間の力で増加させることであり、現代の金融の仕組みの中にある時限爆弾である。

金融の公式の向こう側には、経済的な決定の根拠となり、政策を決定するために使用される経済学のモデルがある。数学を使って経済を十分に特徴づけることが可能であるということは、2つのレベルで空虚な考えである。より表面的なレベルでは、金融家であり慈善家でもあるジョージ・ソロスが、これを反射原理と定義した。特に金融市場では、市場は市場をモニタリングする人々の認識に反応し、その結果、結果に影響を与え、本来客観的な測定が無効となるのである。経済モデルは市場参加者の合理的な選好を前提としているが、ソロスによれば、反射性によって市場は合理的な選好を持たず、予測不可能な、さらには倒錯した行動をとるようになるという。このことは、社会(金融は社会の一面でしかない)を特徴づける場合、客観的であることの機会はかなり制限され、実のところ、ノンフィクションなどというカテゴリーは存在し得ないということをより大きな意味合いをもっている。間接的にせよ、伝聞にせよ、観察者が知ることになる観察は、反射性に汚染され、したがって主観的であり、ある程度フィクションの作品となるのである。反射的原理は、経済学のような社会的「科学」において、客観性を装うことを台無しにする。より良い理解は、客観性を気取ることなく、定量的、測定可能、客観的に観察可能なものに制限されることなく、個人の豊かな感覚や感情から直接新しい知識を合成できるドラマや文学の作品によって達成されることが多いのである。そのような合理的な特徴を示さない社会現象を研究しながら、合理主義という拘束衣を着ることは自滅的であるように思われる。

より深いレベルでは、経済のような無限に複雑なシステムを正確に特徴づけるために、有限の数学(有限の数の記号を含むモデルを使わなければならないという非常に単純な意味)を使おうとすることには、論理的な欠陥がある。この欠陥は、リード・バークハートが近々発表する論文「数学の限界」で扱われている。これは経済学者と数学者の両方から不評を買うと思われる。数理モデルは、社会現象に適用する場合であっても、注意深く定義されたシステムの部分集合を、それが観測された時点の状態で特徴づけることにおいてのみ、依然として有用でありうる。このことはむしろ、経済学者が「数学をやる」ために懸命に努力しても、正確な予測をする能力が向上せず、むしろ「予測をする経済学者を何と呼ぶか」というジョークを生んだ。なぜ経済学者は、彼らの「科学」がほとんど完全に予測不能であることに躊躇しないのか、考えるに値する質問 彼らの「科学」は記述的なものではなく、処方的なものだからであろうか。結局のところ、政府の顧客は彼らの予測能力の欠如に全く狼狽していないようである。もし、彼らの「科学」がデータによってではなく、自由市場リベラリズムの前提、あるいはドグマとでも言うべきものによって推進されているとしたらどうだろう。自由市場は資源を最適に配分し、政治が市場に介入すると歪みが生じる、などというのだ。もしこれが、科学を装った資本主義的な中央計画だとしたらどうだろう。

自由市場とは、それ自体が自動的に効率的で最適な市場であり、お節介な政治家に邪魔されなければ、自然発生的に繁栄を生み出すという考え方そのものが、政治に陥っているのである。実際、自由市場は、財産法、契約を執行できる法制度、経済犯罪を抑止できる法執行制度に完全に依存している。第2章以降のケーススタディで詳しく述べるが、1990年代のロシアの経験は、これらの重要な要素がなければ、自由市場はすぐに犯罪市場となり、債権者を撃つだけで借金を小銭で解決できるようになることを示した。結局、自由市場というのは、持続的な経済成長の恩恵を受けるための政府の巧妙な策略であることがわかる。しかし、持続的な収縮期には崩壊しやすく、そのような時、政府は、まだその能力があるならば、市場メカニズムを無視した中央計画的な資源配分方式を導入し、貧しいが予測できる経済パフォーマンスを、まだ維持できる水準で確保することが望ましいのだ。戦時中のガソリン配給制度は、そのような制度が米国で成功した一例である。

神秘化と難解化が十分でない場合、現代の金融は、支配下にある人々に従順さとコンプライアンスをもたらすために、さらにもう一つの方法、それは催眠術である。催眠術とは、ノイズの上に示唆的だが無関係なシグナルを重ね合わせることによって生じる催眠術の一種である。説明のつかない事象に対して自発的に説明をつけようとし、ノイズからメッセージを引き出そうとするのは、発達しすぎた脳の特性である。波の音は基本的にホワイトノイズに多少のリズムが加わったものだが、長く聞いていると誰でも音楽や声が聞こえてきて幻覚を見るようになる。金融市場も、自然に発生するフラクタルノイズに解釈の層を重ねることで、同じような効果を得ている。毎日、何百万人もの人々がチャートに意味を求めてチェックするが、それは単にそこに存在しないだけで、永遠に魅力的であり、永遠に捉えどころのないものである。古代の神官が羊の内臓を見るように、彼らは無意味な市場の動きを見て、ノイズの向こうに何かがあるという神秘的な信仰を持ち、無意味から意味を引き出そうとする。金融関連のウェブサイトやケーブルニュースチャンネルは、市場の動きと金融ニュースの見出しを並べ、彼らを甘やかす。

つまり、現代金融の崩壊は、魔法のような貨幣創造の儀式、科学を装った数学化された政治、市場のフラクタルなノイズに支配された人々の3つの柱の上に成り立っているのである。

信用できない人と信用できる人

現代の高度に金融化された経済の中では、ほとんどの相互作用は非人間的であり、市場システムの中での売買に基づいている。もしあなたがある取引で敗者となった場合、それはあなたの責任だ。なぜなら、あなたが特に信用する理由もない人々と取引することを選んだからであり、したがってそれはあなたの過ちなのである。もしその詐欺が違法でないなら、あなたには法的手段がない。もちろん、何人かの友人に文句を言ったり、ブログやツイッターでつぶやくことはできるが、市場経済においては、詐欺にあったことよりも、詐欺にあったことに汚名がつき、ほとんどの人は、誰かに利用されたことを全世界に伝えることにためらいを感じる。

金融部門がデフレからハイパーインフレに移行すると、金融の仕組みは不信感によって崩壊する。大銀行から一般個人に至るまで、誰が信用できるのか、誰がまだ 「良い人 」なのか、誰も知らない。「品物を見せろ!」「金を見せろ!」。金融化された経済の中で人々が持っていたビジネス上の評判は、台無しにされるか、単に消えていくかのどちらかである。新しい評判は、暴力に訴える覚悟や暴力に対抗する能力に基づいて築かれる。犯罪組織の後ろ盾がない個人は、強盗に遭う確率がかなり高くなる。ビジネスマンは広告を出す代わりに、商品の在庫や富をさらけ出すのを恐れて身を隠す。多くの人にとって、見知らぬ人と取引するのは危険すぎる。

多くの人にとって最初のハードルは、信頼とは何かということを理解することだ。信頼とは、ある人間関係の中で、ある個人がどのような行動をとるか、という一般論に近いものである。信頼は取引だ。人はあなたを信頼する理由を必要とし、あなたはその人を信頼する理由を必要とする。しかし、信頼性というものがある。これは小さな子供や飼いならされた動物、そして最も残念なことに、多くの普通の、地に足の着いた、主流のアメリカ人が持っている性質である。金融崩壊の状況下では、これは生存に関わる負の価値である。最近、MFグローバルが個人的な賭けをカバーするためにお金を盗んだときに、お金を失った人たちが、それを見せつけられたのである。彼らは傷をなめ、辛辣な文句を言い、そして。..また利用されるために別の金融会社を探しに行った。MF Globalのトップが罰せられなかったのだから、他の会社が堂々と同じことをしたらどうだろう?

また、アメリカのある種の有能な金融業者は、信頼できる人々を簡単に食い物にするために、ある種の特徴を豊富に持ち合わせているように思われる。それは、彼らが着ているスーツであったり、話す英語であったり、一般的な態度であったりするのだろう。信頼できる人は、心の底では、そのような優れた標本に奪われることを光栄に思っているのである。捕食者と被食者の関係は、ペンの先まで研ぎ澄まされている。点線の上に人生を譲るサインをするように言われると、熱狂的で信頼できるアメリカ人は静かに息を呑み、サインする。

明らかに、信頼と信用の間に非対称性があると、信頼される側が損をする。信頼とは、一個人のものではなく、個人と個人の関係のものであり、バランスがとれていなければならない。信頼にはおおよそ3つの種類がある。第一は、友情、同情、愛情から生まれる信頼であり、最良の種類である。人は、自分が大切にしている人からの信頼を失いたくないだけで、約束を果たすためにできることは何でもする。第二の信頼は、評判に基づくものである。これは、知らないうちに評判が落ちていることがあるので、それほど強固なものではない。自分の評判が台無しになったことに気づいた人は、信用ゲームで失うものは何もないと考えるので、むしろ突然信用することをやめてしまう傾向がある。むしろ、習慣や最新情報の欠如、不注意、あるいは単なる惰性によってまだ信頼できる人を最大限に利用することで、以前は信頼できた評判がまだ持っているどんな残存価値も救おうとするのである。最後の信頼、つまり最悪の信頼は、強制されたものである。それは、誰かがあなたの信頼を破るにはあまりにも高価であるか、あまりにも不愉快であるという問題だ。全く信用できない相手と取引をせざるを得なくなった場合は、取引期間中人質を交換するか、双方にとって良い行動を取らざるを得ないような他の取り決めをすることだ。

最も信頼に値するのは、通常、自分の親族だ。ただし、その家族が緊密な関係にあり、信頼できるという評判があり、それが重視されている場合に限る。家族の名誉を汚すことが大罪とされる社会では、特にそうであろう。そうでない場合、隣人は最悪の見知らぬ人になる可能性があり、信頼していないにもかかわらず、付き合わざるを得なくなる。信頼関係の最後の段階は、全く知らない人たちである。小さな、しかし心のこもった贈り物をし、そのお返しがあるかどうか、一時的に自分を弱い立場に置き(おそらく意図的に)相手が自由に手助けをしてくれるかどうか、助けに来るのを拒否するかどうか、あるいは利用しようとするかどうか、小さなリスクを冒すことによって、信頼を確立する前に試されなければならない。このプロセスの最後に、見知らぬ人が見知らぬ人でなくなるか、排除されるかのどちらかである。

もちろん、信頼がないことを示すのは、内密の場合を除き、決して賢明なことではない。しかし、信頼に基づく社会的相互作用がうまく機能するためには、社会全体として、信頼に値しないと判断された人を排除する方法が必要だ。普段から協力し合ったり、信頼し合ったりしている健康なコミュニティでは、誰かが信頼を破り、追放されたり、疎まれたりするエピソードが少なからずあるかもしれない。しかし、病んだコミュニティでは、隣人同士が疎遠になり、喧嘩腰になり、不信感を募らせ、コミュニティ全体から敬遠され、移転することになる。この種の病んだコミュニティは、私も何度か見たことがあるが、すぐに病んでしまい、治るとしても長い時間がかかる。ある種のネットワーク効果が、健全な状態よりも悪化した状態を長続きさせる。友好的で協力的な共同体では、信頼関係は各個人と共同体全体の間にある。一方、破壊的で不信感のあるコミュニティでは、各個人が他のすべての個人に対して不信感を抱いているため、その数はn(n-1)となる。10人の個人からなる健康なコミュニティには、10人の健康で信頼できる関係がある。10人の病んだ共同体には、90人の壊れた、信頼できない関係がある。後者を直そうとするよりも、前者を確立し、維持しようとする方が良いように思われる。

信頼に基づいた正常で協力的な人間関係という概念を、より広い文脈でとらえることは有用かもしれない。人間は社会的な種であり、協力することで成長する。集団が大きくなればなるほど戦争も大きくなり、世界大戦に発展することもあれば、世界統一政府が実現すれば、自然消滅することもある。しかし、小さな集団の中では、大きな争いによる自己消滅という落とし穴を避けるために、協力が優位に立つ。ロシアの偉大な科学者であり、無政府主義者の革命家であるピーター・クロポトキンは、1902年に出版した『相互扶助』(Mutual Aid: 人類を含む高等生物種を成功に導いたのは、競争よりもむしろ協力であったと主張している。競争を重視し、人々を互いに対立させ、経済的に闘わせることは、共同体を拡大支配の機械と見なすならば有益かもしれないが、それは短期間であり、ほとんどの構成員に不利益をもたらすだけである。このような過当競争の結果、社会的ダーウィニズムやホッブズ的な「万人対万人の戦争」の考え方が蔓延し、人々は自己価値の感覚を、それがなければ確実に失敗していたであろう様々なグループの、しばしば明示されない非公式なメンバーからではなく、個人としての成果や優越から得ているのだということが避けられない。このような考え方は病的で伝染性があり、治療する時間はないかもしれない。時間がなく、資源が乏しい場合、協力より競争を好む人へのより良い対応は、彼ら自身の薬を与えることである:全く協力しないことだ。

神々の黄昏(Götterdämmerung)

自分の個人としての価値は、ドルやユーロで書かれた紙の上の数字である「純資産」で定義できると本気で思っている人たちがいる。まるで、お金だけが現実のものであるかのように。そのような人々にとって、財政破綻は、まるで、彼らが話す唯一の言語のすべての単語が、もはや、彼らの周囲の中で特定できる何かを指していないかのように、意味の根本的な喪失をもたらすのである。このような人々にとって、金融崩壊は危険な非現実感、アノミー(anomie)を生み出す。

社会学の父エミール・デュルケームが1897年に出版した『自殺』という本の中で使った言葉で、社会規範や束縛が失われ、個人と共同体を結びつける絆が壊れ、自分自身の行動を規制したり制御したりすることができなくなることを意味する。それまで経済的、社会的に厳格に定められた範囲内で比較的慎ましい生活を送っていた人々が、同時に食欲を失い(新しい地位が何を欲するのが適切と判断するのか分からない)飽きっぽくなる(新しい地位が、地位の高い人、低い人に比べて自分にふさわしい割り当てをいくらと判断するのか分からない)のである。こうした人々の中には、それまで条件づけられ、社会的行動を規制してきた金融的誘因や制約のシステムからいったん切り離されると、この非現実感が、不正な金融的抽象概念の渦の中で溶解したいというフロイトの死の願望、つまりマゾヒスティックな欲求に解消される人々がいるのである。2008年の金融危機を金融エリートの自殺未遂と見なすなら、彼らは再び自殺未遂をする可能性がある。

現代の金融は、中央銀行の高僧が行う一連の儀式の中で、貨幣が自然に生成されるという奇跡を中心に展開する宗教的カルトと見なすことができる。人々は中央銀行の高僧の一言一句に注目し、その不可解な言葉の裏に隠された意味を読み取ろうとする。シャーマンのレインダンスが雨を保証するように、あるいはマヤのピラミッドで生け贄がトウモロコシの豊作を約束するように、グローバル金融という得体の知れない神の前に介入することが、経済の回復と繁栄の継続を保証している。このような儀式はすべて、神託によって約束されたことが必ず起こり、しかもそれが定期的に行われることで、神託の失敗が原則ではなく例外となることが、その有効性の条件となる。しかし、モンスーンが毎年失敗し、ナイル川が氾濫して田畑を灌漑せず、大地が干上がって作物が枯れ、連邦準備制度、欧州中央銀行、IMFの活動にもかかわらず、経済がますます悪くなるとき、その結果は「神々の黄昏」(Götterdämmerung)である。これは、リヒャルト・ワーグナーの『ニーベルングの指輪』(リング・サイクル)という、4つの非常に長いオペラの組曲の名前である。古ノルド神話によれば、「神々の黄昏」とは、神々が互いに死闘を繰り広げる一方で、世界が洪水で(ほぼ)破壊される(後に再生される可能性もある)ことであるという。多くの文化に似たような終末論的な神話がある。筋書きはいつも同じで、人々は神々に信頼を置き、神々は彼らを見放し、皆が滅びるのである。

金融神話で奇妙なのは(笑)実際にそれが起こりうるのは一箇所だけで、各人の頭の中だけだということだ。それは、老眼鏡をかけなければ見えない黙示録であり、紙に印刷され、コンピュータの画面に表示される数字の黙示録である。金融の神々がハルマゲドンを繰り広げる中で、お互いに紙を切ったり、手根管症候群を起こしたり、紙くずや意味のない数字など、無意味なものの洪水と化しているのである。しかし、我々の苦境は、その明白な愚かさのために、金融の「アポカリプス」を無視することができないほどである。世界的な金融騒動が続かなければ、商業が停止してしまうという窮地に自らを追い込んでいるのだ。しかし、グローバル金融、あるいは国家金融に頼らない生活も可能である。多くの点で、それは望ましいことでさえある。以前もそうだったし、これからもそうなるだろう。私たちには技術があるのだから。金融の崩壊が商業の崩壊を引き起こし、それが連鎖的に国政の崩壊につながるのだ。次に取り上げるのは、この移行期の厄介な部分である。

ケーススタディ アイスランド

2008年9月、アイスランド経済は大爆発を起こした。同国の3大銀行(海外に進出している銀行)の危機の結果、同国は破綻寸前にまで追い込まれた。株式市場は90%暴落し、そのうちの60%は破綻した3銀行の株式で占められていた。失業率は9倍になった。インフレ率は18%に達し、アイスランドの通貨は対米ドルで50%下落した。3つの銀行は債務超過とされ、国の金融規制当局によって引き継がれた。その後、アイスランドは破綻した銀行の預金者に返済を行い、国際通貨基金(IMF)への緊急支援融資も早期に返済を完了した。2012年2月にはアイスランドの格付けが投資適格に回復し 2012年のGDP成長率は2.2%程度と、ユーロ圏の大半の国を上回る見込みである。アイスランドの3大銀行の負債総額は610億ドルで、これはアイスランドのGDPの12倍に相当する。

金融危機は、現代社会の大きな特徴である。財政が立ち行かなくなった国や、投機的なポジションや手法をとって壮大な崩壊に至る銀行や金融会社は後を絶たない。しかし、信頼を得られない特定の状況が、いつ信頼を失い、その国の金融スキームの破滅的な崩壊を引き起こすかを予測することは常に危険である。瀬戸際に立たされた国は枚挙にいとまがない。おそらく最も病んでいるのは日本であり、次いで米国であろう。しかし、両国は相対的に強い立場から出発したため、破滅の時期をより先に延ばすことに成功したのである。ギリシャ、アイルランド、スペイン、ポルトガルのような小規模で弱い国々は、より早く瀬戸際に立たされた。比較的小さなアイスランドは、人口32万人と中規模の町ほどの規模だが、金融危機の炭鉱のカナリアとなった。しかし、「何が悪かったのか」「どうすればいいのか」という問いかけしかできない他の国とは異なり、アイスランドの場合は「何が正しかったのか」という問いかけもできる。なぜなら、他の金融危機の国とはまったく異なり、何かが明らかに正しく行われたからである。

金融の問題ではない

アイスランドが他の国々と比べて最も優れていた点は、今起きていることが金融の問題ではなく、金融で解決できる問題であることを国民がすぐに理解したことであろう。アイスランドの 4 期目の大統領であるオラファー・ラグナル・グリムソンによれば、「…我々は幸運にも、銀行の破綻が単なる経済・金融危機ではなく、非常に深い政治・社会・司法の危機でもあることに早くから気づいていた」12。グリムソンは非常に人気のある民主的指導者であり、4 期目で引退しようとしたが、有権者の 15%が再出馬を求めて署名し、阻まれたという。グリムソン氏は、アイスランドについて、私よりもずっと詳しい人物であり、彼の意見に従うことにしている。

アイスランド最大の銀行カウプシングの資産を凍結し、業務停止に追い込むために、ゴードン・ブラウン英国政府が対アイスランドテロ法を発動したことは、危機が厳密な金融危機でないことを如実に示している。再びグリムソン氏。”ゴードン・ブラウン政権はアイスランドをテロ法の下に置くことを決めた。これはアイスランド経済に莫大な損害を与え、アイスランド国民に大きな損傷を与えたものだ。…..” アイスランドは、「世界で最も平和を愛する国の一つで、NATOの創設メンバーであり、第二次世界大戦中の英国の強力な同盟国である。” アルカイダやタリバンと一緒にテロ組織の公式リストに載せられてしまったのだ。問題の金融面はかなり限定的であることが判明した。アイスランド国外にある3つのアイスランド銀行のうち、グリットニルとカウプシングは預金者に全額を返済し、ランズバンキも、ゴードン・ブラウン政権によるこの恥ずべき作戦がなければ、同じようにできたはずである。

2008年10月8日のアイスランドに対する反テロ法発動に対する国民の怒りが、11月23日にレイキャビクを震撼させた民衆抗議デモを誘発する要因のひとつとなった。その3日後、アイスランドの首相Geir Haardeは政府を罷免した。アイスランドの民営銀行が被った海外損失の責任を、わずかな人口で負うことが妥当かどうかが、その後の政治的な争点の多くを占めた。

2010年2月3日、アイスランド議会は、イギリスとオランダの預金者に35億米ドルを返済することを決議した。これに対し、グリムソンは憲法に基づく権限を行使し、法案に拒否権を発動した。3月6日、返済の是非を問う国民投票が行われ、アイスランド国民の9割が反対票を投じた。2月17日、アルシェンギはアイスセーブの資金返済を認める決議をしたが、グリムソンはイギリス、オランダとの協定への署名を拒否し、再度国民投票が行われ、アイスランド人の57.5%が返済に反対した。グリムソン氏の根拠

イギリスとオランダが主張したのは、ヨーロッパの銀行システムは、どういうわけか、ヨーロッパのどこでも民間銀行が運営できるようになっていて、成功すれば、銀行家は特別な利益を得て、株主は大きな利益を得ることができる、というものだった。しかし、もし失敗すれば、そのツケは自国の農民や漁師、看護師や教師、若者や老人など、普通の人たちに回ってくるだけである。これは、欧州の銀行システムの将来にとって、非常に不健全な方式であると私は思う。もし、銀行家たちに、好きなだけ無責任で大胆なことをしていい、運が良ければ大金持ちになれるが、失敗すれば他の人が支払うことになる、というシグナルを送ったとしたら。将来、健全な欧州金融システムを構築したいのであれば、それは賢明な道程とは思えない。

これは決してイギリスやオランダに限った問題ではないと思う。自分たちの生活と政治的キャリアの継続のために銀行家に肩入れしている政治家たちによって、どこでも同じようなアプローチが進められているのである。そして、このことは、残念ながら、多くの政治家について言えることだ。しかし、グリムソンには、そのような政治家たちとは異なり、自由に行動することができた。彼は勇敢な男でもあった。

ヨーロッパのすべての政府が私に反対した。アイスランドでもヨーロッパでも、私の決断は絶対におかしいと考える強力な勢力があったのである。もちろん、ある程度は複雑な問題だった。しかし、私があらゆる側面を分析した結果、一方では金融市場の利益、他方では国民の民主的意思という根本的な選択に帰結した。歴史上、このような岐路に立ち、選択を迫られることは稀だが、実際に起こっている。

私の答えは、アイスランドの民主的な構造に関してだけでなく、世界に対する欧州の貢献に関しても、明確に示された。現代において、私たちが各国や国家に残した主な遺産は何なのか。ヨーロッパの民主主義は国民の権利なのか?資本主義的な金融市場は、民主主義がなくても、世界の他の多くの地域で存在することができる。だから、私の考えでは、ヨーロッパは金融市場よりも民主主義が重要であり、そうでなければならない。そう考えると、結局、民主主義を選ぶしかなかったのである。

この推論には、ある種の不自然さを感じないか?一国の、それも小さな地方都市程度の国の大統領が、十数カ国の首脳を前にして、彼らの意見を無視し、民主主義の美徳や民意の重要性を説いているのである。グリムソンは 「ネズミの遠吠え」なのだろうか。そうではないようだ。彼は、国民の支持を得て、その場に立ち向かった。争点となる問題についての国民投票で90%の得点を得たことは、どこの国の政治家も安心して無視できることではないだろう。

アイスランドの金融問題では、代表民主制の失敗と直接民主制の成功という2つの側面を指摘することが重要である。アルシェインギが、民間銀行が被った損失についてアイスランド国民に財政的な責任を負わせることを決議したとき、代表民主制は失敗した。一旦、個人が群衆の上に立ち、民主的に選ばれた代表者になると、亀裂が生じ、その個人は非常に簡単に堕落し、金権に左右されるようになる。選挙で選ばれた役人たちは、やがて自分たちが代表する階級とは別の階級を形成し、彼らや彼らに便宜を図る人々を拘束できる唯一の力は、できれば直接民主制か、それができなければ公然の反乱によって表される民意だけである。もう一つの選択肢は、民主主義が存在しないか完全に信用を失っている場合に残された唯一の選択肢であり、ある種の啓蒙的専制君主制か慈悲深い独裁制である。代表的な民主主義が住民の生活を脅かすほど完全に腐敗してしまえば、軍事政権を設置するような暴動でさえも、前向きな展開とみなすことができる。

しかしアイスランドは、非常に古く、成熟し、安定した民主主義の形態に恵まれている。それは、紀元874年から930年にかけてアイスランドに移住した北欧人が、アルシェインギを設立した年の部族直接民主主義に遡るものである。1000年間途切れることなく民主主義が続いてきたというのは、ちょうどいい数字に思えるが、一方で、100年未満では間違いなく不十分である。一方、アイルランドは500年にわたるイギリスの植民地支配の犠牲者であり、その間に偽善によってイギリスの統治システムに強制的に馴化させられた。2011年10月27日、アイルランドは国民投票を行い、議会が銀行の不正を調査できるようにする憲法改正案に反対票を投じた。当然のことながら、アイルランド国民は、外国の銀行関係者から私的な損失を返済するよう、見事に負わされた。アイスランドの銀行不正への対応と比較してみてほしい。”司法面では、最高裁判事を長とする特別委員会を設置し、全9巻の報告書を発行、特別検察庁を設置、司法・法制度に関わる様々な法律・法案を制定した。」

アイスランドは、直接民主主義を機能させるのに十分なほど人口が少ないという点でも恵まれている。世界で最も古く、最も安定した民主主義国家は、いずれも小規模で地域的なものである。人口30万人のアイスランドがそうだ。人口8万5千人のマン島があり、その議会であるティンワルドは、同じく北欧を起源とし、同じく千年以上の歴史がある。スイスは人口800万人だが、26の州からなる連邦国家で、最大の州であるベルンの人口は100万人以下であり、どの州も他の州を支配することはできない。ある一定の規模を超えると、代表者を通さなければ何もできなくなり、そこから腐敗が始まる。直接民主制を実現するためには、国民一人一人がかなりの主権を持たなければならない50万分の1のシェアは間違いなく有効で、おそらくその10倍は確実に機能させることができるだろう。しかし、10億分の1レベルでは、個人の主権的意志が国家レベルまで浸透する確率は極小になる。したがって、アイスランド人は、中国人やインド人の主権者の小人に比べて、主権者の巨人である。

中国やインドの主権者が小人であるのに比べれば。大国は他国に立ち向かうことで自らの意思を主張できるが、直接民主主義には大きすぎるが他国に立ち向かうには小さすぎる中堅国は、結局、最も弱い立場に立たされてしまうのである。

このことから学ぶべきことは多い。そのひとつは、国が大きすぎて民主主義として有効でない場合は、連合体として小さく分割するのがよいかもしれないということだ。今回のカタルーニャのスペインからの独立を問う住民投票の動きは、その一例である。もっと大きく言えば、EUはドイツの再統一を後悔しているのかもしれない。ドイツのEUへの参加は、連邦共和国としてではなく、自治権を持つレンダーとしてであれば、よりスイスらしく、より民主的な連合体のバランスが取れたはずである。しかし、その場合、さらに中央集権的なフランスは解体される必要があっただろう。

このような民主主義の欠点に関する一般的な考察はさておき、アイスランドの金融危機から、一般原則の候補として検討する価値があるのは、社会的に成立するための最低限の閾値以上では、民主主義の国民に対する有効性は国民の数に反比例する、という点である。

狂気の沙汰

北海の漁業を経済基盤としてきた小さな古代社会が、なぜ国際金融の世界に飛び込み、その経済規模の12倍もの負債を抱えてしまったのか。アイスランドは、まずエネルギーとアルミニウムの生産に多角化した。そして、マーガレット・サッチャーに影響を受けたオッドソン前首相の新自由主義的な市場改革により、金融部門が自由化された。民営化された銀行は、海外からの借り入れと海外市場への進出により急成長を遂げた。金融システムが資本の何倍にも膨れ上がり、アイスランドはまるでヘッジファンドのような様相を呈してきた。

アイスランドの財政破綻の下地は、1999年にアルシェインギが国際貿易会社に関する法律を制定し、アイスランドに登録する外国企業に対する税率と規制を定めたことにある。この法律によれば、アイスランドに登録した外国企業の収益は5%という非常に低い税率で課税され、アイスランドはオフショアのタックスヘイブンと競争できるようになった。また、固定資産税や関税の支払いからも解放され、年間1,400ドルという非常にリーズナブルな登録料で済むようになった。こうしてアイスランドは、オフショア・タックスヘイブンとして、またビジネスの中心地として、その地位を確立していった。しかし、アイスランドに登録した外国企業は、通常のアイスランドの国際企業としての地位を得て、アイスランドがヨーロッパ国家であり、NATO加盟国であることから、中央銀行のモニタリングの目を逃れることができたのである。また、アイスランドのカウプシング銀行は、実際のオフショアであるマン島の権益を取得し、マン島の事業を利用して、プライベートバンキングや投資運用など、シェルカンパニーの設立を含むさまざまなサービスを提供していた。

米リーマン・ブラザーズの破綻をきっかけにカウプシングの財政が悪化すると、その傘下に設立された国際商社がピンチに陥った。その中には、プーチン、メドベージェフ、グリズロフといったロシア高官とつながりがあり、ロシアの国営石油会社ロスネフチが大金を動かすのに利用したという噂もある。また、ローマン・アブラモビッチやオレグ・デリパスカなど、ロシアのオリガルヒとつながりのある者もおり、アリッシャー・ウスマノフはノリルスク・ニッケルの株を買い上げるためにカウプシングのサービスを利用した。アイスランド人の何人かは、この過程で大金持ちになったが、カウプシングが破綻したとき、ロシアの関係者は約200億ドルの損失を被ったと推定されている。2008年10月には、ロシアがアイスランドを救済するために54億ドルを提供するという話があった。結局、ロシアは国際通貨基金(IMF)による緊急融資に参加することになった。しかし、アイスランド救済に乗り出すという奇策の背景には、自国の損失を最小限に抑えたいという思惑があったに違いない。

正しいアプローチ

アイスランドは、金融機関を公的資金で支えるのではなく、破綻させるというアプローチをとった。「産業界、IT業界、クリエイティブ業界、製造業界よりも、民間の銀行や金融ファンドの方が、経済の健全性や将来性にとって神聖な存在であるという主張は、私には理解できない」とGrímssonは述べている。アイスランドの人たちは、他に優先すべきことがあった。「我々は、経済対策として、最も所得の低い部門や、初歩的な社会・医療サービスの一部を保護しようとしてきた。…..」確かに、ロシアのオリガルヒやイギリスやオランダの投資家が、保証のないところにお金を預けるなら、そのリスクを吸収するのは彼らであるべきではないだろうか?もちろん、銀行家は国民に救済を求めるだろうが、その国が十分に民主的であれば、彼らは主張することはできない。

しかし、金融機関の破綻は、レンティア層や超富裕層だけでなく、社会全体に利益をもたらす生産活動のために資源を解放することになるので、良いことだとも言える。グリムソンによれば、「…逆説的だが、この2年間で、アイスランドの多くの分野(エネルギー分野、観光分野、IT分野、製造分野、漁業分野)が、銀行危機の前よりも良くなっている」のだという。アイスランドが偶然発見したのは、大規模な銀行・金融部門が経済に頭脳流出をもたらすということだ。本来なら国全体の価値を生み出すために使われるはずの人材が、金融リスクの管理や操作に使われ、最終的にはネガティブサムゲームと化しているのである。再びGrímsson。

アイスランドの銀行は、ヨーロッパやアメリカなど世界の近代的な大手銀行と同様に、もはや昔ながらの銀行ではない。ハイテク企業になっている。[優秀なエンジニア、数学者、コンピューター科学者、プログラマーなどを雇用している。ビジネススクールや金融の専門家ではなく、工学、数学、コンピュータサイエンスなどの教育や能力を持った人材をいかにうまく雇用できるかが、彼らの成功に大きく関わっているのである。

アイスランドの銀行が破綻したとき、このようなクリエイティブな分野、IT、ハイテクなど、それまで大きな成長の可能性がありながら、銀行が優秀なエンジニアや数学者、コンピューター科学者を買い占めていたために、人材が集まらず実現できなかった多くの企業が、突然人材を確保できるようになったのである。そして半年もしないうちに、これらの資格を持つ銀行出身者がすべて採用されたのである。それ以来、アイスランドのIT部門、ハイテク部門、製造業は大きく成長した。エンジニア、数学者、コンピュータ科学者を突然獲得できたからである。

つまり、21世紀に経済を発展させたいのであれば、ITや情報技術を駆使したハイテク分野、大きな銀行分野、たとえ大成功した銀行システムであっても、経済にとっては悪いニュースであるということだ。なぜなら、エンジニアや技術者、コンピュータ科学者を銀行部門に引き込む魅力は、高いボーナスと高い給与のためで、これらの創造的成長部門が潜在能力を十分に発揮することを妨げるからである。..21世紀の経済で秀でたいなら、大きな銀行を作るのではなく、創造部門やIT企業、ハイテク企業に高い優先度を与えることがより重要だ。しかし、最も貴重な人材であるクリエイティブ部門を失っては、そのダメージを修復することはできない。

アイスランドが過去最大の金融危機から立ち直ったことで、私たちが得た最も重要な教訓は、この点にあるのではなかろうか。それは、たった4つの言葉(と脚注)に集約されるのではないだろうか。

銀行を破綻させろ*

* しかし、最終的には預金者に金を払え。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました