リコード法 実践してもうまくいかない人のためのトラブルシューティング(第22章)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

当記事は、ZOOM読書会参加者専用の記事です

※詳しくはフェイスブックリコード部まで

この部分翻訳記事の利用にあたっての注意とお願い
  • 翻訳アプリによる機械翻訳を利用して、各章の冒頭を翻訳し微修正したものであるため、原文に近い訳となっています。(あまりにも意味不明な文章は意訳しています)
  • イメージ写真はこちらで添付したもので、原著に付随するものではありません。
  • 可読性を高めるために原文の改行、行間などこちらで多く挿入しています。
  • 翻訳許可等はとっておらず、引用、全文コピー、転用などは一切禁止でお願いします。(部分的なコピーの個人利用は皆さんの良識におまかせします)
The End of Alzheimer's Program
トラブルシューティング/ 16の提案

記事のコンテンツ

はじめに

「The End of Alzheimer’s Program」第22章より

これが、私の朝の目覚めを良くしてくれる。

2018年1月にアルツハイマー病と診断された妻が、リコード法を開始してからどれだけ驚くべき進歩を遂げたか、そのことをお伝えしたく手紙を書きました。そして今日も、彼女が素晴らしい改善を続けていることをお知らせしたいと思います。
プロトコルは彼女の人生を救ってくれました。私は妻を取り戻し、私の子供たちは母親を、孫たちは祖母を取り戻しました。

 

そして、これは私を夜も目覚めたままにさせるものだ。

私たちは正しい努力をすべて行ってきたにもかかわらず、夫は改善の兆候を示しておらず、私はとても落胆しています。

 

すべきことを実行しているかどうか、どうすれば知ることができるだろうか?
自分が正しい道を歩んでいるかどうか、どうすればわかるだろうか?

一般的には、すべての検査結果を入手してプロトコルを開始するのに数週間かかり、その後、パーソナライズされたプログラムの様々な部分を最適化するのに数ヶ月かかる。

そして、アルツハイマー病の根本的な変性プロセスは、診断の10年前、あるいは20年も前から進行していた可能性があることを思い出してほしい。

私たちは4日で改善した例や、1年以上かかって改善した例を見てきたが、改善には3~6ヶ月かかるのが一般的である。

ベッツィーさんは79歳の女性で、66歳の時に子宮摘出手術の麻酔後に記憶喪失を発症した。彼女は74歳でアルツハイマー病と診断され、アリセプトを投与されたが、効果はなく攻撃的になる原因となったため投与を中止した。

糖尿病に向けられた効果的な生活習慣を取り入れた後でも、彼女の認知症の症状は進行し続けた。彼女は75歳で夕暮れ症候群などで混乱し、午後4時頃から非常に動揺するようになり、彼女の母親(数十年前に亡くなっている)と一緒に引っ越すために彼女のスーツケースの荷造りをするようになった。

これは、ウェス・ヤングバーグ博士が彼女を評価し、包括的なブレデセン・プロトコルの研究所へオーダーするまで3年間続いた。

認知機能スコア(MoCA 30点中0点、MMSE30点中1点)が非常に低かったにもかかわらず、夫がホモシステインが15と非常に高いことと、以前に診断されていなかった自己免疫疾患に対処するために、彼女に特定の栄養補助食品を与え始めたとき、彼女は劇的な好転を示し始めた。

最大の改善は、オロチン酸リチウム10mgを毎日追加した後に発生した。3年間文字が読めなかった彼女は、テレビの文字、新聞の見出し、道路標識などを読む能力を取り戻した。夫の大きな喜びで、この新しい戦略を実行してわずか1ヶ月後には、ベッツィーさんの夕暮れ症候群は解消し、週に1、2回、時折母親のことを口にする程度になっていた。

この大きな課題は、以前は十分に対処されていなかったプロトコルの領域に注意深く注意を払うことによって解決された。

反応が悪くなる最も一般的な原因は、コンプライアンス(実行遵守)の欠如である。プログラムの複数のパートをこなすことは困難であり、実際、私たちはそれを単純化しようとしているものの、基礎となる疾患のプロセスは残念ながら複雑である。

良いニュースは、改善を見るために必ずしもすべてのステップに従う必要はないということだ。なぜなら、重要なのは、正しい方向に進むために必要な閾値を超えることだからだ。この閾値を直接測定する方法はないため、改善が始まるまで微調整を続ける必要がある。

反応が悪くなる原因の2番目に多いのは、感染症やリーキーガット、毒素曝露などの原因を特定してターゲットを絞ることができなかったことである。したがって、最初のテストから数週間だけであきらめないで、反応を最適化し続け実践医やヘルスコーチと一緒にプロトコルを続けてほしい。

コンプライアンスや原因物質の見落としに加えて、改善の可能性を最大限に高めるために見直すべき重要なポイントがいくつかある。

1. ケトン体をチェックして日常的に1.0~4.0の範囲にあるか?

ケトンレベルは最大の改善と関係する。0.2 ~ 0.5(ミリモルのベータヒドロキシ酪酸、または mM BHB で測定)のあたりのレベルにいる人は、通常、最大の改善を得ることはない。

1.0~4.0のレベルに達成するためには、MCT オイルやケトン塩やエステルを使用する必要がある、そして、サツマイモなどを利用して週に 1 回、ケトーシスのサイクルをオフにしたいケースもありはする。 しかし、ケトーシスがこの範囲のレベルに達成することは、改善のための最大のチャンスと関連付けられている。

ケトン・ケトジェニックダイエット
「ケトン・ケトジェニックダイエット」の記事一覧です。

2. BrainHQやMoCAのスコアは安定?低下?それとも改善?

ほとんどの人にとって、MoCAやBrainHQ、CNS Vital Signsのスコアアップなど、客観的な改善は、記憶力の向上に気づいたり、話し合いに参加できるようになったり、組織が良くなったりするなどの主観的な改善が見られることと関連している。

言い換えれば、これらは通常密接に関係しあっている。しかし、実際に自分がどれだけ改善されているのか気づかないこともあるので、自分のスコアを見て自分がどのように改善されているのかを確認するのは有益である。

日本老年医学会 認知機能の評価法と認知症の診断(MoCA-J検査)

オンライン記憶力テスト MemTrax(メムトラックス)
...

アルツハイマー病の一般的な経過は、容赦なく衰えていくものであることを覚えておいてほしい。例え、ささやかな改善や安定であっても、それはあなたが正しい方向に向かっていることを示す非常に良い兆候である。

アルツハイマー病の予後・進行経過・MMSE
...
臨床における早期発症アルツハイマー病と後期発症アルツハイマー病:3年間の認知的転帰とグローバル転帰
...

3. 睡眠時無呼吸は除外したか?
夜間の酸素飽和度は呼吸イベントを示していなかったか?

認知機能の低下の原因として最も一般的で、通常は認識されていないものの一つに睡眠時無呼吸がある。夜間に呼吸が止まり、酸素が減少する。私たちは通常、これは太りすぎでいびきをかく男性に起こると考えているが、実際には男性も女性も、どんな体重でも、いびきをかいていても黙っていても、(睡眠時無呼吸の有無にかかわらず)夜間に酸素が減少する可能性があることがわかっている。

チェック方法は簡単で、主治医がパルスオキシメーターを数晩、貸し出してチェックしてくれるか、または購入することもできる。夜間の酸素飽和度が96~98%で、94%を下回ることなく維持されていることを確認してほしい。

また、1 時間あたりの無呼吸(非呼吸)イベントが 5 回未満であってほしいーこれは 5 未満の AHI(無呼吸低呼吸指数)と呼ばれ、好ましくは 0 回であることだ。

睡眠
「睡眠」の記事一覧です。

4. 腸が改善してからプロバイオティクスやプレバイオティクス(食品またはサプリメント)を摂取したか?

ここでの良いニュースは、腸を治してマイクロバイオームを改善することは比較的簡単で、栄養、免疫、解毒、気分の改善など、様々な面でマイクロバイオームはあなたを助けることができるということだ。

悪いニュースは、ほとんどの医師があなたの腸の状態を無視していることであり、もしこれがチェックされておらず認知機能が改善されていないのであれば、この重要な部分に対処してほしい。目標は、リーキーガット(例えばサイレックスアレイ2で確認できる)やディスビオシス(腸内フローラの異常)がないことである。

https://alzhacker.com/category/foods/microbiome/

5. 週4回以上の運動をしているか?
有酸素運動と筋力トレーニングの両方を行っているか?

13章で述べたように、運動には脳をサポートするBDNFの増加、インスリン感受性の向上、血管の状態の改善など、認知力を向上させる複数のメカニズムがある。

今まで最低限の運動しかしてこなかったり、全くしてこなかったりしていたのであれば、運動をステップアップさせてみるのも良いかもしれない。トレーナーを使ってみるのもいいかもしれないが、いずれにしても、最低、週に4回以上、最低45分以上の運動をすることは非常に有効である。

身体活動・アドヒアランス
「身体活動・アドヒアランス」の記事一覧です。

6. プロトコルの最適化を手助けするヘルスコーチがいるか?
(あるいは同じことをしてくれる配偶者や重要な他の人は?)

ケンという名前の患者が私に 「男性を支配する女帝が必要だ!」と言った。人によっては飴(アメ)/インセンティブのアプローチが必要な人もいれば、鞭(ムチ)/ディスインセンティブのアプローチの方が良い人もいるので、自分の性癖や好みを知ることは役に立つ。

パーソナルヘルスコーチがいい人もいれば、グループによるコーチングがいい人もいるし、対面でのコーチングが好きな人もいれば、遠隔医療のコーチングが好きな人もいる。

さて、ケンだが、彼は最終的にウエイトトレーナーと時々ヘルスコーチングを受けることとなり、今はとてもうまくいっている。

7. このアプローチを理解している医師はいるか?

これは非常に重要なことである。特に、あなたの医師が適切な検査をしていなかったり、認知機能の低下の重要な要因に対処していなかったり、あるいは過度に悲観的であったりする場合には非常に重要な問題だ。

プラシーボ効果については聞いたことがあるかもしれないが、ノセボ効果については初めて耳にするかもしれない。これは、ネガティブな想像によって起こる健康への悪影響だ。

そのような想像は、あなたの医者や他の権威のある人間が、あなたは治療不可能な病気を持っている、と伝えたときに起こる。

8. KetoFLEX 12/3ダイエット(または類似する)を実行しているか?

紹介してきたダイエットーケトーシス、オートファジー、インスリン感受性、栄養サポート、ミトコンドリア・サポート、免疫サポート、解毒ーの多くの異なる効果は、すべての認知機能を改善し、認知機能の低下を防ぐために設計されている。

そのため、あなたがまだこの食事療法に従っていない場合は、認知機能の改善のためにチャンスを自ら無駄にしている可能性がある。

認知機能改善食事プログラム ケトフレックス12/3
...

9. 生化学的パラメータは最適化されているか?

  • 高感度-CRP は0.9以下だろうか
  • 空腹時インスリン3.0 – 5.0だろうか?
  • ヘモグロビンA1c は4.0 – 5.3の範囲だろうか?
  • ビタミンD 50 – 80の範囲だろうか?
  • ホルモンと栄養素の最適化は?
  • ホモシステインは、7以下だろうか?
  • ビタミンB12 は500 – 1500の範囲だろうか?
  • 赤血球マグネシウムは 5.2以上だろうか?

これらの代謝パラメータを最適化することは、我々は認知機能の低下に対抗するために必要なシナプス細胞のシグナリングを提供するために重要である。そのため、これらのいずれかがまだ最適化されていない場合は、示した数値の範囲に収めることが重要である可能性がある。

認知症予防診断検査 コグノスコピー 概略
...

10. 上記パラメータが最適化されている場合、WCFEを試したか?

WCFE(WCFC)は全粒コーヒー果実エキスで、BDNF(神経細胞をサポートする脳由来神経栄養因子)を著しく増加させる効果がある。代謝状態を最適化し、腸を治し、炎症を解消していれば、シナプスを再構築することができる可能性が高く、BDNFは(ビタミンD、エストラジオール、テストステロン、甲状腺ホルモン、シチコリン、DHAなどと一緒に)重要な役割を果たしている。

さらに、エモリー大学の Keqiang Ye 博士は、BDNF 受容体に結合する 7、8-ジヒドロキシフラボン(7,8-Dihydroxyflavone)と呼ばれる化合物を同定した (市販もされている)、これは同様の効果を提供する。

コーヒーフルーツ濃縮物粉末(WCFC)
...

11. すべての病原体を特定し治療したか?

ボレリア、バベシア、バルテロネラ、その他の病原体に慢性的に感染している場合は、可能であれば抗生物質を使用せずに、これらの病原体を治療すべきである。

(抗生物質を使用する場合は、認知機能を注意深く観察し、低下が見られる場合は、抗生物質を使用しない方法に移行してほしい)

病原体は、血液、副鼻腔、口腔(例えば、歯周炎の場合)、腸、脳、皮膚、その他の臓器に存在している可能性がある。病原体を破壊するだけでなく、これらの様々な部位に最適なマイクロバイオームを回復させることは、最高の認知機能を実現するための重要なサポートとなる。

歯周病(P.ジンジバリス)とアルツハイマー病 36の予防・治療方法
...
アルツハイマー病と口腔保健 微生物内分泌と栄養の関連性を探る
...

12. 毒素(金属毒素、有機毒素、生体毒素)を特定して治療し、解毒を最適化しているか?

今日の新生児の臍帯血には何百もの毒素が含まれている。これらの毒素は、しばしば認知機能の低下の一因となる。しかし、水銀などの金属、トルエンやホルムアルデヒドなどの有機物、トリコテセンなどの生物毒素など、これらの毒素を特定し、時間をかけて除去することができるという朗報もある。

そのため、主治医(できればデトックスの専門家)と協力して、デトックスの速度を調整することが重要である。

最近では、ジョセフ・ピッツォーノ博士の「The Toxin Solution」(ベンゼン、フッ化物、ビスフェノールA(BPA)、フタル酸塩などの化学毒素に特に有効)やニール・ネイサン博士の「Toxic」(トリコテセンなどのカビが原因の毒素などの生物毒素に特に有効)など、解毒に関する優れた本が出版されている。

3型(有害金属)
「3型(有害金属)」の記事一覧です。
3型 (生物毒素・感染症)
「3型 (生物毒素・感染症)」の記事一覧です。
3型(化学毒素)
「3型(化学毒素)」の記事一覧です。

13. マイコトキシン曝露がある場合、コレスチラミン(またはウェルコールやクレイ、炭、ゼオライトなど他の結合剤)で治療したことがあるか?

  • 経鼻VIPを受けたか?
  • MARCoNSをクリアしたか?
  • C4aは正常に戻ったか?
  • MMP-9は正常に戻ったか?

もしあなたがマイコトキシンに曝露されているのであれば(これは尿サンプルで判断することができる)、この曝露を減らし、これらの毒素を排泄することは、あなたの認知機能を最適化するために重要である可能性が高い。

これらのカビが産生する毒素は脳に直接ダメージを与えるだけでなく、免疫システムを損なう可能性がありアルツハイマー病では避けなければならない。

毒素結合剤コレスチラミン 効果・メカニズム・摂取方法・副作用(CIRS、カビ毒、マイコトキシン)
...
GPL-MycoTOX カビ毒検査 基準値と解説 対策方法
...
生物毒素
「生物毒素」の記事一覧です。

14. グルタチオンレベルは最適化されているか?

グルタチオンは偉大な親のようなもので、多くの敵からあなたを守ってくれる。それは解毒と重要な抗酸化物質にとって重要である。

グルタチオンは本当に重要であり最適化されることを目指したい 。実際、慢性的な毒素への暴露による低いグルタチオンレベルはごく一般的なものであり、あなたの解毒メカニズムを文字どおり疲労させている。

したがって、グルタチオンレベルが最適な標的は、最低でも250 mcg/ml(814マイクロモル)であるか確認してほしい。その前駆体、NAC (N-アセチルシステイン)、またはリポソームグルタチオン、または S-アセチルグルタチオン、または経鼻グルタチオンを取ることによってグルタチオンレベルを増やすことができる。

他にも、スルフォラファン、ジインドリルメタン、アスコルビン酸など、第19章で述べたように、デトックスを助けるための多くの方法がある。

グルタチオンを増やす8つの戦略
...
アルツハイマー病 グルタチオンの脳保護効果メカニズム
...

15. 脳への刺激は含まれているか?

最適な結果を得るためには、脳への刺激を取り入れることが重要であることがわかっているーそれがVielightのような光刺激(PBM)、デフォーカスレーザー刺激、MeRT(磁気e-レゾナント療法)のような磁気刺激、または別のアプローチによって達成されるかどうか。

もちろん、脳トレーニングは脳への刺激の一形態であるが、これらの物理的な様式のうち少なくとも1つをプロトコルの全体に含めることは、特に最適な生化学が成立しているのであれば補完的な役割を果たすかもしれない。

光生物調節(PBM,LLLT)
「光生物調節(PBM,LLLT)」の記事一覧です。
https://alzhacker.com/category/lifestyles/brain-training/

16. 幹細胞を検討する時が来たのだろうか?

すべてのことに対処し、最適化されているにもかかわらず、改善が見られない場合、あるいはプラトー(高止まり)に達している場合は、幹細胞を検討することをお勧めする。幹細胞に関しては、知的に欺いてくる人が多く存在するので注意してほしい。

しかし、アルツハイマー病のための幹細胞の試験は現在進行中であり、ダラス、パナマ、ニューヨーク、その他いくつかの場所に良いグループがある。

アルツハイマー病における幹細胞治療の現状と今後の展望
...

私たち全員がハンドブックで概説されているガイドラインを採用し、可能な限り早期に開始し、最適化を継続し、ここで概説されているトラブルシューティングのアプローチを使用すれば、認知症の世界的な負担を減らすことができるはずである。

アルツハイマー病は本来そうであるべき希少な病気にすることができるに違いない。

そして、この世代でアルツハイマー病に事実上の終止符を打つことができるはずだ。

お寄せいただいたコメント

印象的、役に立った箇所

  • 幹細胞がいつ日本でも実用化されるのか分からないが、期待をしてしまう
  • 改善のために必ずしも全てのステップに従う必要はない…との事ですが、ここに出ている全ての項目を全部対処しなければ、改善は見られないのでは…と、リコード法歴が長くなるにつれて、つくづく思います。
  • 箇条書きにされると、まだまだできていない事が多いと再認識した。
  • 本書を通読しただけで頭に入れるのは難しく、チェックリスト形式で要点を確認出来るのは役に立ちます。トラブル・シューティングとなっていますが、トラブルが起きない内からチェックしたいリストだと思いました。
  • 何が出来ていないのかと自問しましたが、どの項目も満足に出来ていない。努力してるつもりやけど、結局は食事の制限してサプリ飲んでますくらいのことで、トラブルシューティングに照らし合わせ、如何に己がおそ松かが良く分かった。(非常に情けない)
  • 「オロチン酸リチウム」で劇的に改善した方の記述がありますが、やはりこういう魔法の薬的に効果を発揮するものを求めてしまいます。
  • 最後に幹細胞治療が出てきたことが印象的。一生懸命リコード法に取り組んでいる(きた)人には申し訳ないけど全部を網羅してるわけじゃないですよっていう感じに聞こえました。当たり前といえばあたりまえですが。。

よく理解できなかった点、批判・疑問点など

『腸が改善してからプロバイオティクス等を摂取』とあるが、リーキーガット検査をせずにプロバイオティクス(食品ではなくサプリ)を摂取しても大丈夫なのでしょうか。
便などの状態などで判断しても良いのでしょうか。

初期の研究ではプロバイオティクスがリーキーガットを悪化させるのではないかという懸念もあったようですが、自分の調べた範囲ではプロバイオティクスの菌株によって異なる可能性があります。

リーキーガットの検査を受けることが望ましいと思われますが、難しい場合は以下の記事を参考にしてください。

リーキーガットを自分で調べる3つのスクリーニング検査
...
コレスチラミン は、一年以上つづけて摂取しても良いのでしょうか。(医師からは、毒素関係ではなく、コレステロールの数値に従って、処方をきられてしまいます)

カビ毒のキレート剤としてColestyramineを使用しているのであれば、GPL-MycoTOX、VCSなどの検査結果次第だと思います。

ディスビオシスとはなんでしょうか…?

腸内細菌のバランスが崩れた状態です、腸内毒素症と同義です。ディスビオーシス、ディスバイオーシスと書かれたりもします。

WCFEで出てくる、市販されているジヒドロキシフラボンと呼ばれる化合物は日本でも買うことができますか?

一般的な販路からは難しいのではないかと思います。ハードルは高いと思いますが、海外の取り扱いメーカーに直接問い合わせできるのであれば、入手が不可能とまで言える化合物ではないように思いました。

オロチン酸リチウム10mgで急激に改善した例がありました。アルサプでは1日0.5mgとなっていますが、どのくらいまで増やしても大丈夫なのでしょうか?

オロチン酸リチウムの確立された一日摂取量のガイドラインはありません。医療従事者によって処方される標準的な治療用量は5~10mgです。上限は定まっていませんが、逸話的な情報では20~40mgあたりのように見えます。

リチウムは低用量と高用量で異なる効果をもつ特性があり、実際いくつかの臨床研究では低用量投与により効果を示唆しています。高用量にはより大きなトレードオフがあると思いますが、GSK-3βが過剰活性しているなど一部の人では高用量の利益が大きいのだろうと推測しています。

Low dosage lithium augmentation in venlafaxine resistant depression: an open-label study - PubMed
Lithium augmentation is one of the best studied strategies for resistant depression. The lithium dosage usually given is around 900 mg/day and plasma level is m...
https://www.ingentaconnect.com/content/ben/car
https://www.eurekaselect.com/76311/article
リチウムの神経保護作用(認知症・アルツハイマー)
...
リチウムは微量栄養素?生物活性と疫学的観察から食品強化まで
...
アルツハイマー病の治療薬としてのリチウム システマティックレビューとメタアナリシス
...
ボレリア、バベシア、バルテロネラも検査した方がいいのでしょうか?

検査ができれば理想ですが、その分野のエキスパートであるニール・ネイサン博士によると、診断そのものがむずかしく経験のある医師にかかって検査データと突き合わせながら診断してもらう必要があるとのことです。

国内ですと実際上は、3型の患者さんがカビ毒治療を行って検査値で正常化しているにも関わらず、症状の改善が見られない場合に、それぞれ疾患の症状も突き合わせながら判断していくケースが多いように思います。

ニール・ネイサン博士の著書「Heal Your Body from Mold Toxicity」に、そのあたりのことが治療法も含め詳しく記載されているため、一読されることをおすすめします。

重症化した患者の回復の為、『幹細胞治療』に期待しています。本書でもリコード法プロトコルだけでは回復しない場合に検討する事を勧めていますが、その後に「いかさまが多い」「試験は現在進行中で、幾つかの場所に良いグループが有る」と書かれています。これは、現在アルツハイマー病の幹細胞治療を正式な治療として行っている医師はいかさまで、『幹細胞治療』は未だ試験の段階と言う意味でしょうか? だとすると、「検討する」とは治験に参加すると言う意味でしょうか?
アルツハイマー病における幹細胞治療の現状と今後の展望
...

「幹細胞治療は多くの試験が行われています。あなたが単剤療法として幹細胞治療を行うならば、それは 家が焼け落ちていく中で家を建て直すようなものです。認知機能の低下の原因となっているものをすべて治療すれば、より良い結果を得ることができるでしょう。

幹細胞治療の良い場所がいくつかあります。パナマのドクター・リオダンは 豊富な経験を持っています。ニューヨークのモリソン医師 アンブローズはダラスにあったが 今はフロリダにあります。アンブローズに行っていて、大きな効果があると感じていた患者さんがいます。また、ある患者さんはパナマに行きましたが、幹細胞治療を受けた後、3、4ヶ月間はずっと良くなったと感じていました。私が懸念することですが、ご存知のようにそれは非常に高価です。私の経験では、3~4ヶ月間は良くなりますが、その後、また衰え始めます。非常に高価な治療法であり、ほとんどの人にとって価値があるとは思えません。

私がお勧めしたいことの一つは、もしあなたが治療をするのであれば、素晴らしいことですが、私は他のすべてを最適化して、認知機能の低下を継続的に引き起こさないようにしてほしいと思います。3ヶ月ほど改善したものの、その後、また下降するという患者を何度も見てきました。

幹細胞が提供するものによって永遠には生きられませんが、数週間から数ヶ月の間は生き延びることができます。 興味深いことに、幹細胞は免疫系に重要なサポートを提供します。そして、確かに、この炎症状態を変化させます。つまり、これらから示唆されるのは、疾患の進行中にプロ炎症状態があるのではないかということです。

そしてしばらくの間はそれを調節しますが、その後、それを失うことになります。どうすればこの状態を逆転させることができるのかをよりよく理解する必要があります。これはネイサン博士が言ったことに立ち返ります。アニー・ホッパーの言葉を借りればdynamic neural retraining systemを考える必要があります。何か、神経免疫相互作用をリセットする何かが必要です。」

Neil Riordan, PA, PhD
About Neil H. Riordan, PA, PhD Neil Riordan, PA, PhD is one of the early pioneers and experts in applied stem cell research. Dr. Riordan founded publicly trade...
・一つの項目として『WCFE(WCFC)』を記載しているということは、余程大きな効果を発揮する可能性があるということでしょうか。
・この効果を体験した方はいらっしゃるでしょうか。
・日本で簡単に入手できるでしょうか。
  • BDNFを増加せるための激しい運動を行うことができない、かつ/またはBDNF遺伝子に変異があり増強しにくい患者さんにとっては大きな効果がある可能性はあると思います。BDNFが36の要因のひとつに過ぎないことは踏まえておく必要があります。
  • 日本から購入された方は知っていますが、効果については聞いおりません。
  • Amazonで海外直送品として簡単に入手できそうです。あと、割高にはなりますが、ライフシーズンズ社のRECODEサプリメントに含まれているので、それをリコード法認定医経由で入手するという方法があります。
NeuroMaster
Featuring active ingredients extracted from the highest quality Arabica coffee fruit, this focus and memory supplement supports healthy aging.
オロチン酸リチウムと炭酸リチウムはどう違うのだろうかと調べてみたところオロチン酸リチウムは気軽に市販されているもののようですねしかし何か注意喚起されていますね。 米国ではリチウムオロチン酸リチウムの方がメジャーなのだろうか、?
精神医学におけるオロチン酸リチウムの役割はあるのか?
...

オロチン酸リチウムは必ずしも、天然に存在する飲料水中のリチウム供給源と同等ではない。オロチン酸リチウムは、リチウムの送達、およびそれゆえにその毒性または治療効果が異なる可能性がある。

オロチン酸リチウムを服用することで報告されている効果は以下の通りである

「気持ちが落ち着く、抑うつ症状や低躁病、混合感情症状が少なくなる、衝動的になることが少なくなる、自殺願望や攻撃的な衝動が少なくなる、アルコールの消費量が減る、ストレス要因に動揺しなくなるなどである。

オロチン酸リチウムの報告された利点は、減衰した形ではあるが、炭酸リチウムの既知の利点に類似していることに注意することは興味深い。

理論では、リチウムイオンがオロチン酸分子と結合すると、標的へのデリバリーシステムとして機能し、細胞膜を介して効率的に細胞内の様々な作用部位にリチウムイオンを輸送するというものである(Nieper, 1973)。これと比較して、ニーパーとその支持者によると、炭酸リチウムでは、粗い濃度勾配を介して体内の細胞にリチウムを「強制的に」送り込むには高用量が必要である。

したがって、理論的には、炭酸リチウムよりもオロト酸リチウムの方が副作用が少なく、低用量の(元素)リチウムを摂取しても、同じ臨床効果を得ることができる。残念ながら、ニーパーの研究は再現されなかった。それにもかかわらず、グーグルで簡単に検索すると、他の金属、例えば鉄の研究が出てくるが、有機ミネラルサプリメントは、無機ミネラルサプリメントと比較して、一般的に優れた効果と副作用が少なく、元素金属の用量がはるかに少ないことを示している。」

関連する体験談・お役立ち情報など

  • 長期に渡る読書会の開催、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。自分で翻訳していると意味が分からず悩む事が多く、大変助けられました。
    また、読み進む程に、本書はアメリカならではの内容が多く、簡単に日本語版が出そうにないと感じて来ました。その意味でもこの読書会は貴重な機会でした。
    ブレデセン博士がテレビで「日本版プロトコル」なる物を紹介していましたが、それを進めて単なる翻訳ではない日本版を出してくれれば最高です・・・・・って、これは日本人がすべき事かも知れませんね。