「The End of Alzheimer’s Program」目次と各章の冒頭文

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

当記事は、ZOOM読書会参加者専用の記事です

※詳しくはフェイスブックリコード部まで

この部分翻訳記事の利用にあたっての注意とお願い
  • 翻訳アプリによる機械翻訳を利用して、各章の冒頭を翻訳し微修正したものであるため、原文に近い訳となっています。(あまりにも意味不明な文章は意訳しています)
  • イメージ写真はこちらで添付したもので、原著に付随するものではありません。
  • 可読性を高めるために原文の改行、行間などこちらで多く挿入しています。
  • 翻訳許可等はとっておらず、引用、全文コピー、転用などは一切禁止でお願いします。(部分的なコピーの個人利用は皆さんの良識におまかせします)
The End of Alzheimer's Program

アルツハイマー病の終焉プログラム
目次と各章の冒頭の一部

記事のコンテンツ

目次

  • 序文
第1部  アルツハイマー 最後の世代?
  • 第1章 新しい種類のワクチン
  • 第2章  不都合な発見
  • 第3章  人はドグマに噛み付く:学んだ教訓
第2部  ハンドブック・セクション1:認知機能の低下を逆転させる
  • 第4章  KetoFLEX 12 / 3で認知機能を高める
  • 第5章  火を消せ
  • 第6章  あなたの頭を養う。脳のフードピラミッド
  • 第7章 ピラミッド レベル1  クリーンハウス
  • 第8章 ピラミッド レベル2  自由を楽しむ
  • 第9章 ピラミッド レベル3  あなたの腸アップグレードする
  • 第10章 ピラミッド レベル4  賢く選択する
  • 第11章 ピラミッド レベル5  危険なビジネス
  • 第12章 細部に宿る
  • 第13章 運動: あなたを動かすのなら何でも
  • 第14章 睡眠: 神の介入
  • 第15章 ストレス: 節約していく
  • 第16章 脳の刺激: 脳を大きくする
  • 第17章 口腔の健康 歯がすべてであり歯以外の何ものでもない
  • 第18章 データを成功へと導く
第三部  ハンドブック・セクション2:より多くの銀の散弾銃
  • 第19章  ディメントゲン: アルツハイマースープの中を泳ぐ
  • 第20章  微生物とマイクロバイオームの
  • 第21章  サプリメント 王国をやるからサプリをくれ
  • 第22章  トラブルシューティング : 最初につまずく場合

 

  • 終章  二十一世紀の医学の勝利
  • 謝辞の索引
  • Index

序文

At every crossway on the road that leads to the future, each progressive spirit is opposed by a thousand men assigned to guard the past.

—MAURICE MAETERLINCK

未来へと続く道の十字路において、それぞれの進歩的な精神は、
過去を固守するために割り当てられた千人の男たちによって対抗されている。

ーモーリス・メーテルリンク

これまでの医療の実践は、アルツハイマー病の治療に関連して今日存在しているように、還元主義とホーリズムの間の二分法によって二極化されている。

還元主義は、医学の実践に適用されるよう病気のプロセスを最もよく理解し、最終的に適切な治療的介入を策定し実行する。そのためには病気と病気の介入への両方を、最も単純なメカニズムと治療に還元していく必要があるという立場を取る。

このパラダイムを成文化したのは、16 世紀のフランスの哲学者ルネ・デカルトであると多くの人が評価している。デカルトは『言説』の第五部で、世界は個々の構成要素を探究することでその全体を理解することができる時計仕掛けの機械にすぎないと表現した。そして、歴史的にも現在においても医学の進歩は、この機械的アプローチへの献身を特徴とする 画期的な進歩によって深く刻み込まれていることは明らかである。

アントニー・フィリップス・ファン・ルーウェンフックの話にしても、単眼顕微鏡を使ってアニマルキュール(微生物)を発見したことにしても、ヒトゲノムの配列決定にしても西洋医学の根底には、構成要素をより深くより深く観察することが、最終的には、困難な病気の進行への解決策を明らかにするベースとなる知識を提供するという考え方がある。

確かに、顕微鏡検査は病態生理の理解につながり、それが直接的にもポジティブな結果をもたらす驚異的な進歩をもたらした。しかし、近視眼的に部品やプロセスの観点から統一性を掘り下げることを中心とした哲学に関与することは、必然的に特異なものの検証を中心とした治療法を排除すること方向へと導かれる。簡単に言えば、医学に還元主義を取り入れることは、単剤療法のイデオロギーを支持することになる。

 

ハーバード大学の医師アンドリュー・アン博士は、医学における還元主義の限界を探求した論文の中でこう述べている。

還元主義は医学に浸透しており、病気の診断、治療、予防の方法に影響を与えている。還元主義は現代医学において多大な成功を収めてきた。だが還元主義には限界があり、それを補完する代替的な説明を模索しなければならない。

この記事を書いている時点で、アルツハイマー型の老人性認知症ほど、治療と関連する還元主義的アプローチの限界を強調している疾患は他にない。確かに、今では蔓延しているこの病気の病因を解明するための探索は何十年にもわたって行われており、何億ドルもの資金が投入されている。還元主義的なアプローチを適用することで、最終的に550万人のアメリカ人に影響を与えるこの病気の症状に関与している可能性が高い魅力的なメカニズムが明らかになった。しかし、残念なことに、単一または組み合わせの薬物療法は、アルツハイマー病の不可逆的な進行を修正する上で何らの効果も持っていない。

 

製薬業界の粘り強さの証として、いくつかの薬がアメリカ人に、そして実際には世界的にアルツハイマー病を何とか「治療」するというコンセプトで販売されている。しかし、これらの薬はアルツハイマー病の症状にわずかな影響は与えるかもしれないが、最終的に結果を改善するという点では何のメリットもない。

ミハエル・シュナイダー=ベリ博士が最近、『Neurology』誌の社説で明らかにしたように、以下のように述べている。「アルツハイマー病(AD)の治療法を見つけるための偉大な科学的努力にもかかわらず、特定の症状の限られた割合の患者においてのみ有益な効果を持つ5つの薬だけが販売されている、病気の進行を変えることもなく」

これらの薬の欠如した有効性への懸念は、一般的に処方されたアルツハイマー病の薬の有効性が欠いているからというだけではない。最近では、それらの使用は実際にはより急速な認知機能の低下に関連付けられているという米国医師会のジャーナルの報告によって、さらに影が薄くなった。

 

還元主義とは対照的に、ホーリズムは一本の木に焦点を当てるのではなく、森を探索することに価値を置いている。実際には、健康や病気に対するホリスティックなアプローチは、深い科学的追求による発見を絶対的に受け入れており、還元主義との根本的な違いは、実際に病気を治療する際に科学がどのように利用されているかを検討するさいに見出される。還元主義がホームラン解決策を探すのに対し、ホーリズムは、何かプラスになるものがあれば、利用可能なあらゆる選択肢を検討する。

ページをめくっていけばすぐにわかるだろうが、アルツハイマー病治療を成功させる治療介入が史上初めて開発された。ブレデセン博士によって開発されたこのプロトコルは、定義によってホリスティックである。彼のプログラムには、アルツハイマー病の発症に関係する多くの分野の研究の発見が盛り込まれている。

私たちの最も尊敬される科学的な研究では、一見無関係に見えるプロセスの広大な配列がこの病気の究極の症状に寄与することによって、特定のメカニズムを明確に定義している。そして、アルツハイマー病は複数の要因の合流によって顕在化するため、その治療には多様な手段が必要とされるのである。

「狂気の定義は、何度も何度も同じことをして、異なる結果を期待することである」という引用の出典には疑問があるが、アルツハイマー病の治療に単一の薬物のアプローチを追求するための関連性においてそのことは疑う余地がない。

今や、終止符を打つかもしれない現状への博士の挑戦という正気によって、アルツハイマー病は克服されようとしている。

デビッド・パールマター MD

フロリダ州ナポリ

2019年1月

 

第一部 アルツハイマー 最後の世代?

第1章 新しい種類のワクチン

アルツハイマー病はレアな病気であるべきであり、そうでなければならない。

ポリオを覚えているだろうか?
梅毒を覚えているだろうか?
ハンセン病を覚えているだろうか?

これらはすべて一時期、または別の時期に邪悪とみなされていたもので、アルツハイマー病はそれらのすべての特徴を共有している。現在、ポリオや梅毒、ハンセン病で苦しんでいる人を何人知っているだろうか?

私の母を含め、多くの人がポリオという言葉に恐怖を感じていた時代があった。1950年代、私が未就学児だった頃、どこからともなく人々は急速に麻痺状態に陥った。ある人は死に、ある人は重度の障害を抱えて生き、鉄肺(塵肺)が増加した。母は、専門家がポリオはハエが媒介するのではないかと言っていたので、ハエを避けるようにしなければならないと説明してくれた。

 

ありがたいことに、ポリオはワクチンで完全に予防できることがわかった。今はアルツハイマー病を予防するためのワクチンが必要である。しかし、アルツハイマー病のような21世紀の病気のための「ワクチン」は、ポリオワクチンとは全く異なるものである。 それは、多くの入力から派生したパーソナライズされたプログラムであり、あなたの重要なパラメータのすべてを測定することだ。

ゲノム、マイクロバイオーム、メタボローム、エクスポゾームから認知機能の低下に寄与する ーコンピュータベースのアルゴリズムを使用して、アルツハイマー病のタイプを識別すると(そう、1つ以上のタイプがあり、それは効果的な予防と治療のために知っておくことが重要)、問題を予防または逆転させるための最適なプログラムを生成する。

例えば、アメリカ人のほぼ半数が該当するインスリン抵抗性があればアルツハイマー病のリスクが高くなるが、これは逆転させることができる。何百万人ものアメリカ人がもっていることに気がついてない慢性炎症がある場合は、アルツハイマー病のリスクが高まるが、これを見つけ出して軽減することができる。

世界的に10億人の人々で亜鉛やビタミンDが不足しており、これらは認知機能低下のリスクを高めるが、対処することが可能だ。

マダニに刺されたときのバベシア、ボレリア、エールリヒア、単純ヘルペスやHHV-6などのウイルス感染症、マイコトキシン(カビによって生成される毒物)への気が付かない暴露などによる潜伏感染症を持っている場合は、認知機能の低下のリスクが高くなるが、これも治療することができる。

最も重要なことは、もしあなたが遺伝的にアルツハイマー病の素因を持っているならば、7500万人以上のアメリカ人がそうであるように、過去数年にわたって繰り返し発表してきたように、あなたは今、それを避けるか、またはそれを解決するためのプログラムを採用することができることだ。

 

これらをまとめると、アルツハイマー病のための21世紀の「ワクチン」はどのようなものになるだろうか。注射針を刺すこともなく、チメロサールもなく、水銀もなく、ギランバレー(麻痺)リスクもない、しかし、いくつかの方法が、昔ながらのワクチンよりも効果的なのだ。

天然痘ワクチンの世界的なプロジェクトがあったように、21世紀の「ワクチン」を利用して、認知機能の低下を予防し、逆転させる世界的なプロジェクトが用意されるべきだ。

これは、アルツハイマー病、パーキンソン病、黄斑変性症、心血管疾患、高血圧、2型糖尿病、癌といった複雑な慢性疾患など、今日、私たちを殺している病気を根絶するための方法である。これらは、すべてレアな病気となるべきであり 、そしてすべてはレアな病気にできるのだ、我々が直面している現代の病気の代わりとして。

(以下略)

第2章 不都合な発見

有名なバスケットボールコーチ、選手、幹部のパット・ライリーは、ゲームの進行中、彼の選手に次のようなイメージをもつよう促した。

「水中に自分の頭があることを想像してみてほしい、あなたは勝たない限り、再び呼吸することはできない。」

それは確かにやらなければという気持ちになる!

そして、それは我々がアルツハイマー病についてもつイメージも同様である。実際に神経変性疾患の全体すべてが治療不可能な末期の病気であることから、我々は社会的な緊急事態としてそれらにアプローチしない場合は、2050年までに1300万人の痴呆アメリカ人、彼らの家族が破壊され、メディケアの破産、認知症の数兆ドルの世界的な負担を強いられる。

しかし、私たちの「標準的な治療」は、アルツハイマー病の原因を特定せずに治療することであり、アルツハイマー病の原因を特定したり、アルツハイマー病の治療に貢献する薬を1つか2つに限定したり、治療のターゲットを絞ったプログラムを避けたり、多面的な治療法の臨床試験を拒否したり、同じ古い疲れた、効果のないアプローチを何度も何度も繰り返したりしているのである。

ここのどこにイノベーションがあるというのだろう?
インスピレーションという言葉はどこにいったのだろうか?

さきほどのバスケ監督のパット・ライリーのような激励が必要なのではないだろうか?

したがって、検査を受けて、主治医のところに持って行って懐疑的な態度をとられても心配しないでほしい。主治医に検査を依頼しても、誰にでもする笑みを浮かべたり、蔑む眼差しを向けられたりしても驚かないでほしい。

「専門家とは、自分の専門分野で新しいことを言われたくない人のことである」という言葉があるように、認知機能の低下に対するこの個別化されたアプローチは、21世紀のアプローチであり、まだ大多数の医師が実践していない。

ある神経科医は、「私はこのような検査を受け付けないだろう」と述べている。別の医師は、「これらのテストは、あなたがアルツハイマー病であるかどうかを教えてくれない 」と言った。

実際には、これらが教えてくれるのは、「なぜ」あなたが認知機能の低下(または低下のリスク)を持っているのか、つまり、すべての寄与因子が何なのか、ということである。

単にアルツハイマー病であるかどうかを知ることは、アルツハイマー病を回避したり、それを逆転させたりするのに役立ちはしない。 アルツハイマー病を発症する「なぜ」が何かを知ることが重要なのだ。

すでにアルツハイマー病またはMCI(軽度の認知障害、アルツハイマーの前触れ)またはSCI(主観的認知障害、MCIに先行する)を持っているほとんどの人々は、10~25のアルツハイマー病寄与因子を持っていることが判明している。これらは、それぞれが治療的に対処することが可能性あり、それは検査によって識別される。

 

そこで、ここでは治療と予防の計画をまとめておき、その後に続くハンドブックのセクションで、さまざまな詳細を紹介する。

(以下略)

第3章 人はドグマに噛みつく 学んだ教訓

アルツハイマー病をより正確に表す言葉として、「闘争」という言葉があるが、
それは、生き延びようとする「患者の闘争」、
それに対処しようとする「家族の闘争」、
それを治療しようとする「医師の闘争」、
それを理解しようとする「科学者の闘争」、
そしてそれを打ち負かそうとする「社会の闘争」である。

今、私たちは、関与するメカニズム、多くの寄与因子、そして最終的にそれをうまく予防し、治療する方法を理解し始めているが、認知機能低下の予測、予防、逆転を最適化することはまだ闘争中にある。

しかし、私たちは学んでいる。特に、最も大きな改善を示す患者や、プロトコルに従っているが効果が最も得られない患者から。学んだそれぞれの教訓によって、さらに多くの人を助けることができるようになっている。ここでは、リコード法の8年間で学んだ重要な教訓と、それに対する質問に答えたものをいくつか紹介する。

(以下略)

第二部 ハンドブック セクション1 認知機能の低下を逆転させる

ある農家が農場の乳量の減少を心配していたので、学識経験者に助けを求めて地元の大学に連絡した。大学は優秀な理論物理学者が率いる問題解決チームを派遣し、2週間にわたってデータを収集した。

すべてのデータを処理すると、ギガバイトのデータが出力された。物理学者は農家に戻り、「あなたの問題の解決策を計算した。残念ながら、それは真空中に存在する球体の牛にしか適用できない」という。もちろん、実際の牛は球体ではないし、真空中には生息していないので、理論的な研究は農家の役には立たない。

神経科学にも似たような状況がある。ペトリ皿やミミズやハエの細胞を使った興味深い脳の研究はたくさんあるが、その結果をアルツハイマー病やルー・ゲーリック病、ハンチントン病のような人間の病気に効果的な解決策に変換するのは非常に難しいのである。実際、実験動物での結果をヒトの神経変性疾患の有効な治療法に翻訳しようとする試みは、事実上すべて失敗に終わっている。

そこで、このセクションでは、30年間の実験室での研究で得られた結果を、アルツハイマー病、前段階のアルツハイマー病(MCIとSCI)、アルツハイマー病の予防のための実行可能で効果的な解決策に翻訳し、認知機能の改善に成功するために必要なあらゆる側面について具体的な詳細を提供する。

(以下略)

第4章 KetoFLEXで認知力を高める 12/3

我々の目標は、あなたに力を与えることである。あなたが今まで神経保護の助けを求めてあなたの医師に尋ねたことがある場合は、おそらく医者から白眼視、見下し、あるいは批判的な反応などを受けたことだろう。

あるカップルが私にメールで教えてくれたところでは、彼らが私の本のコピーを医者に手渡したところ、医師は、顔をしかめて冷静に答えた、「われわれ医師には読む時間がないんでね」。ええ!?

 

あなたはいくつかの開業医のオフィスでコーヒーマグカップのラベル表記を見たことがあるかもしれない。「Google検索と私の医学博士号を混同しないでください」今までのところ、医学博士号は認知機能の低下に効果的な解決策を提供していない。

リスクにさらされている患者は、神経科医に「それまで待って」とか「がんばって」と言われたところで何の希望もありはしないと語っている。特にアルツハイマー病は世界の罹患率と死亡率の主要な原因の一つであるため、高いリスクをもつ人々や既に症状がある何百万人もの人々にとって、これは受け入れがたいことである。

 

私たちが、これから説明する有効な戦略には、その有効性を実証する査読付きの医学文献が豊富に出版されている。悲しいことに、効果的な患者教育は、典型的な7分間の診察では達成できない。

処方箋を書く方がはるかに簡単で、2 種類のFDA 承認薬のいずれかのアルツハイマー病の病気の進行を変更することはない(またはおそらく何もないよりも最近では、アルツハイマー病のためのこれらの薬の使用は、実際にはより急速な衰えに関連付けられていることが発見されている、一時的な症状の緩和を提供するだけ)。

これは繰り返して言う価値のあるポイントだ:アルツハイマー病と戦うために薬を使用しても、衰えを止めることはできない。ー あなたは一時的な改善を得るかもしれないが、その後はすぐに衰弱の状態に戻ってしまう

 

一方で、問題の原因をターゲットにしたとき、ー まさに私たちがここで説明しているプログラムで ー 改善は持続する(そして実際に、私たちのプロトコルで8年以上も改善を持続させた人がいる、それだけの長い期間何もしていななければ、彼らは老人ホームにいた可能性が高い)。

だからこそ、あなた自身が自ら主張者となって、今日から自分の認知健康を管理する必要があるのだ。早く始めれば始めるほど、加齢に伴う認知機能の低下を防ぎ、現在の認知能力を高め、症状が始まっている場合には症状を回復させることができる。

(以下略)

第5章 火(炎症)を消せ なにを食べてはいけないのか

何を食べてはいけないのかを伝えることは、ダイエットを紹介するには奇妙な方法のように思われるかもしれないが、この場合には本当に重要なことなのだ。

おすすめの食材を取り入れながら「食べられないもの」を食べ続けていると、私たちがやろうとしていることとは真逆の、炎症を起こしやすい環境を体の中に作ってしまう可能性がある。火(炎症)を消すことが改善の第一歩である。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • 穀物に逆らう
  • 乳製品

第6章 あなたの頭を養う:ブレインフードピラミッド

人間の脳は進化の驚異であり、500万年以上前に最初のホミニドの祖先が現れて以来、その大きさは3倍になり、その拡大の大部分は過去200万年の間に起こった。

長い歴史の中で、私たちの祖先の脳は、300万年前と400万年前の間に住んでいた絶滅したヒト科の種(Australopithecus afarensis)のメンバーである 「ルーシー 」の発見によって証明されたように、現代のチンパンジーの脳のサイズについては、その期間から、人間の脳は、3万年前に住んでいたホモ・サピエンス種からクロマニヨン人によって名前が変わったように、450ccから1500ccの大きさにまで進化した。

私たちの進化した脳は、私たちの体の大きさに比べて巨大である。私たちの脳内にある約500兆個(500000000000000)のシナプスは、ニューロン細胞のコネクターとして機能し、コミュニケーションを媒介している。このノンストップの活動は、一定の安定した燃料源を必要とする。脳は全身のわずか2%しかないにもかかわらず、人体全体に必要なエネルギー供給の約20%を使用している2。

興味深いことに、現代の人間の脳は、進化のピーク時の人間の脳よりも約10%小さく、約1350ccがその平均である。人類学者は、私たちの祖先が狩猟採集生活から農業のライフスタイルに生活の方法に移行したときに、約10000年前に縮小したと推定している。

そこから、重度の農業の糧への依存により、今日でも続いている栄養不足の結果、食品の多様性の欠如につながっていったという仮説が立てられている。

健康に良く、食用の植物が驚くほど豊富にあるにもかかわらず、なぜ私たちは農業生産された穀物にこれほどまでに依存するようになってしまったのであろうか?

政府のガイドラインでは、フードピラミッドを用いて、安価な「栄養価の高い」ビタミン強化食品を押し付けて健康を促進することに重点を置いた。

フードピラミッドのアイデアは1974年にスウェーデンで導入され、米国では1992年に最初のフードピラミッドが登場した。ピラミッドの下部に描かれている健康に良い食品を多く食べるように促し、上部に描かれている健康に良くない食品を多く食べないように警告してくれるので、フードピラミッドは有用な概念である。

(以下略)

第7章 ピラミッドレベル1:クリーンハウス

我々が特定の食品を勧める前に ファスティング(断食)について話そう。それは重要なことだ。KetoFLEX 12/3ライフスタイルの12/3の一部は、あなたがどれくらい多く断食する必要があるか(少なくとも12時間)と、あなたが断食する必要がある(寝る前の少なくとも3時間)に言及している。

断食は、食糧不足への適応として、人類の進化の歴史的な一部となっているだけでなく、それはまた、心の明晰さと多くの健康上の利点の両方のために、創始以来、主要な宗教のすべてに組み込まれている。

断食の健康上の利点は、様々な回復メカニズムを通じて多数ある。私たちのアプローチの目的のために最も重要なのは、断食は、認知機能の改善につながるインスリン感受性の回復を促進することだ。現代では、精製された、糖分の多い、加工された、化学物質を多く含む食品へのノンストップのアクセスは、インスリン抵抗性と代謝の柔軟性の低下につながる。

インスリン抵抗性は、アルツハイマー病を含む慢性疾患のパンデミックの中心である。断食は、インスリン感受性を回復するのに役立つ機会を提供している。インスリン感受性は食糧渇望サイクルをストップさせることを助け、私達の体が燃料を得るために脂肪を燃やすことを可能にする。

脂肪を燃やす能力を達成すること、インスリン感受性を高めること、そしてグルコースまたはケトン体を燃料として使用するための代謝の柔軟性を得ることは、複数の改善の要素の鍵となる。また、断食は炎症の減少につながり、ミトコンドリアの機能を高め、長寿を後押しする。さらに、断食は心臓病、癌、自己免疫疾患のリスクを減少させる。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • KetoFLEX 12/3のファスティング目標
  • 長い断食に移行するためのヒント
  • 極度の体重減少
  • 体重を増やすための戦略
  • ケトのインフルエンザの可能性のある症状

第8章 ピラミッドレベル2:自由に楽しむ

この章のセクションまたは項目
  • ベジタブル
  • 野菜の種類
  • 健康的な脂肪
  • コーヒーを愛する人は、REJOICE!
  • 不健康な脂肪の例

第9章 ピラミッドレベル3: 腸をアップグレードする

腸の健康はあらゆる健康プログラムの基礎であり、認知機能の低下に対する治療的介入のための重要な機会を提供する。脳と腸は複雑に双方向につながっている。腸内マイクロバイオームは、私たちの栄養系、免疫系、ホルモン系、神経系の健康的な機能の基礎となっている。これまで何度も指摘してきたように、私たちの遺伝子設計の限界と現代世界のストレス要因との間のミスマッチが、私たちの慢性疾患の多くの重要な原因として浮上してきている。

ストレスの多い、座り仕事、過剰に衛生的な生活や食事は、抗生物質、除草剤、農薬、および他の化学物質の暴露と組み合わされる。しかし砂糖は横行するが、栄養素や繊維が不足しており、腸とそのマイクロバイオーム(腸内微生物叢)のフローラは壊滅的となっている。肥満、糖尿病、自己免疫疾患や神経疾患などの慢性疾患の爆発的増加は、腸内マイクロバイオーム.2の機能不全と共通のルーツを持っている可能性がある。

 

  • リーキーガット(過度に透過性の腸壁)
  • バイオシス(消化管内の微生物の不均衡)
  • 小腸細菌過剰増殖(SIBO、通常は腸の他の部分で増殖する細菌が小腸で成長し始めるときに発生する状態)
  • 過敏性腸症候群(またはIBSは、下痢、便秘、またはその両方のいずれかを伴う腹痛として現れる)
  • H.ピロリ菌(一般的な感染症に関連する感染症)

これらのの根本的な問題をあなたが持っている場合、健康と栄養プログラムを最適化するための追加の介入が必要になるかもしれない。

これらのGI疾患がどれほど一般的なものであるか、そしてどれほど多くの人が未診断のままで治療を受けていないのかを、私たちは誇張してしすぎることはない。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • 食物アレルギーや過敏症(不耐症)
  • 消化器機能障害のよくある(多くの場合累積的な)根本原因
  • GERDに対処するためのライフスタイル戦略
  • リーキーガットを癒すためのボーンブロス(骨スープ)
  • 腸をサポートする食品
  • プレバイオティクス
  • レジスタントスターチ
  • プロバイオティクス

第10章 ピラミッドレベル4:賢く選ぶ

動物性タンパク質

先祖代々、野生動物は土地を放牧し、自然の食生活を送っていたため、私たちの祖先には、自然の赤身で、オメガ3脂肪酸と共役リノール酸(CLA)を豊富に含み、免疫機能の向上と炎症の軽減に関連したクリーンで健康的な動物性タンパク質が提供されていた。

効率と利益を上げるために、現代の大規模な農業企業は、今日の食料品店で売られている肉を提供するために、集中給餌事業(CAFO)を採用している。これらの施設では、動物を非常に狭い、しばしば不衛生な場所に収容し、病気に対処するために抗生物質を投与し、成長ホルモンを使用して動物のサイズを迅速に増加させる。

これらの抗生物質とホルモンは私たちの健康に影響を与え、抗生物質耐性とホルモンのバランスが崩れて、思春期の早まりやインスリン抵抗性につながる1 。CAFOの動物には非常に不自然な食事が与えられ、典型的にはグリホサートで汚染された安価な穀物が与えられ、その結果として生じる炎症が私たちの健康に影響を与えている2 。

 

沖縄県民のような伝統的な長寿の健康社会では、野生動物や放牧された動物を限られた量しか食べていないであった。これを、必須アミノ酸のメチオニンを豊富に含む筋肉肉(鶏胸肉や牛ひき肉など)を中心に大量に食べる現代の習慣と比較すると、コラーゲン、骨、皮膚、内臓肉に含まれる別のアミノ酸であるグリシンはほとんど消費されない。

メチオニンの制限は、より良好な代謝画像(インスリン感受性と脂肪燃焼の増加)と長寿に関連付けられているが、メチオニン過剰は、適切にリサイクルされていない場合は、ホモシステインの上昇に寄与することができる。健康を最適化するためには、メチオニンはグリシンや他の アミノ酸とバランスをとる必要がある。

(以下略)

この章の内容
  • タンパク質の必要量の計算
  • 脳の健康に役立つ魚介類と卵
  • オメガ3脂肪酸による神経保護の最大化
  • 動物性タンパク質の調達
  • 果物

第11章 ピラミッドレベル5:危険なビジネス業界

スイーツ

低糖質のホールフードダイエットを実践すると、甘いものが苦手な人でも驚くほど早く食べられるようになる。レモンやライムのスライスを食べる時に、オレンジを食べていた時のような感覚で食べられるようになるかもしれない。

あなたの味蕾のこの再訓練は、砂糖が加わった異常においしい偽物食品から自分自身を離すことができた肯定的なサインである。この甘い勝利を失わないよう甘味料に頼って、自分のせっかくの進歩を止めてしまないでほしい。

私たちが目指す最後のことは、私たちが勧めた甘いもの断捨離によって得た本来の味覚を取り戻すことである。

 

これまでの証拠は、非カロリーの甘味料からの甘さは、われわれの体を騙しており、インスリンやグルコース調節に関与する他のホルモンの生産に影響を与え、あなたの代謝の改善に有害である可能性が示唆されている。

限定的な使用であれば考慮しても良い、いくつかの自然な甘味料がある。

この章のセクションまたは項目
  • ステビア
  • モンクフルーツ
  • 蜂蜜
  • 糖アルコール
  • ココアフラバノール
  • 乳製品
  • アルコール

第12章 細部に宿る

野菜とベジタリアン

あなたがベジタリアン、ビーガン、または雑食であることを好むかどうかにかかわらず、目標は、常に認知機能の低下を防止し、逆転させる神経化学を成立させることである。あなたは、それぞれの個別のケースで作製する必要があるため、その調整を意識している限り、肉を食べるどうかとは関係なく実行できる。

KetoFLEX 12/3食事計画は、誰にとっても植物が豊富である。動物性タンパク質はオプションである。ベジタリアンやビーガンは、適切に準備されたナッツ、種子、豆類、野菜から十分なタンパク質を達成することができる。

しかし、多くの植物性たんぱく質は、必須アミノ酸が不足しているため、不完全なものが多い。ただし、様々な植物性プロテインを多量に摂取することで、9種類の必須アミノ酸をすべて摂取することができる。

この章のセクションまたは項目
  • タンパク質を多く含む植物性食品
  • 食事の選択の指針となる遺伝子の利用
  • マクロ栄養成分率のトラッキング
  • 追跡するには

第13章 エクササイズ あなたを動かすのなら何でも

ケトフレックス12/3ライフスタイルの第三の要素は運動である。それは単純だ:あなたの体は長い距離を移動するように設計されている。私たちの祖先は、狩猟と収集のライフスタイルから、より多くの定住的な存在から移行し始めたことから、有酸素運動を増加させることは、より良く長い長寿の進化に貢献していた可能性がある。

ホミノイドが出現すると、私たちは木からサバンナに降りてきて、食料を求めて長距離を移動したり、獲物を追いかけるために走ったりするようになった。私たちの寿命は、活動レベルに比例して増加した。進化は、我々が活動するために生まれてきたことを示唆している。

実際、私たちが推奨する戦略の中で、運動に勝る科学的根拠が あるものはない2 。しかし、プロトコルの各構成要素と同様に、それだけでは十分ではなく、他の要素と組み合わせて使用することで最高の効果を発揮する。実際、最近の論文では、41の過去の研究を調査した結果、身体的な運動に認知的な課題を含めることで認知力が向上することが明らかになった3。

 

運動は細胞レベルで私たちを保護してくれる。Nrf2をアップレギュレートすることで、環境スト レス要因への耐性を高めるためのエピジェネティックな保護を与えて細胞を保護し、病気の予防と抵抗力を高めることができる4。5

ミトコンドリアは、しばしば私たちの体の各細胞にあるバッテリーだと表現されている。運動はミトコンドリアを活性化させ、代謝の柔軟性を「オン」にする。

 

運動は他にも多くの点で有益である。運動は、健康的なBMIを維持し、インスリン抵抗性、血圧、 心臓病や脳卒中のリスクを減らすことができる 。また、ストレスや不安を軽減し、気分や睡眠を改善する効果もある。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • 週に数日泳ぐ
  • ダンスも忘れずに
  • バンドを演奏する
  • JUMP TO IT.
  • キックアップ
  • “HIIT” ME WITH YOUR BEST SHOT.
  • 激しすぎる?

第14章 睡眠 神の介入

ギリシアの夜の女神ニュクスはとても強力で、全能のゼウスでさえ彼女の領域に入るのを恐れていた。彼女の息子ヒプノスは、睡眠の擬人化であり、彼はすべての神の中で最も癒しの神であることが判明している。過去20年の間に爆発的な科学的発見があり、私たちの認知と全体的な幸福における睡眠の基本的な役割に新たな光を当てている。

睡眠は、集中力、学習力、記憶力、論理的な意思決定を行う能力を豊かにしてくれる。睡眠は、人生のあらゆる段階で誰にとっても重要なものだ。睡眠不足は全身の健康に影響を与え、肥満、糖尿病、心臓病、炎症の増加、免疫システムの弱体化につながる。これらの条件のすべてが双方向性であり、また、脳の健康に影響を与える1。

あなたは、、我々がKetoFLEX 12/3ライフスタイルの基盤として睡眠を扱っているので、睡眠がとても重要であることを思い出すであろう。実際、回復睡眠は非常に重要であり、この岩盤がなければ、私たちのプロトコル全体を実装することは非常に困難であろうと思う。

 

睡眠の最も重要な役割の一つは、記憶を統合するのに役立つことだ。一日中、私たちの脳は膨大な量の情報を取り込んでいる。これらの事実や経験は、直接脳に記録されているわけではない。それらはまず処理され、保存される必要がある。

これらのステップの多くは、回復期の睡眠中に行われる。情報の断片は再検討され、あるものは破棄されるが、他のものは統合され、最終的には仮の短期記憶から、より確実な長期記憶へと移行される(統合と呼ばれるプロセス)。

睡眠の生物学的必要性の多くは謎に包まれたままであるが、いくつかの新しい研究では、私たちの脳が睡眠中に重要な修復作業を行っていることが明らかにされている。最近発見されたグリア細胞で構成されるグリア系は、脳の老廃物処理システムとして機能し、βアミロイドのクリアランスに不可欠な役割を果たしている4 。

深い睡眠時にはグリア細胞が60%も収縮し、有害物質を徹底的に浄化して除去することが可能になる。

最近の研究では、特定の姿勢が最も効果的にβアミロイドをクリアすることが実証されているので、グリンパティック系の輸送を促進するために、横向きで寝るのもよいであろう。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • 甘い夢はこれで作られている
  • 睡眠障害かうつ病か?
  • 睡眠薬はないのか?
  • バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法(BHRT)
  • メラトニンの生産を強化するスリープ ハック

第15章 ストレスが溜まっている あなたのストレスをトリミングする

ストレスの第一人者であるハンス・セリェ教授が指摘したように、ストレスは実際に人を老化させると指摘している。したがって、ストレスを予防したり、管理したりすること、つまり人生の波乱の時に最適な「ストレスをトリム(調整)する」ことはアンチエイジング効果があり、これは明らかに認知機能の低下を予防したり、逆戻りさせたりするための最適な戦略の重要な部分である。

私たちの究極の目標は、外部ストレス要因に対する反応をコントロールできるようにすることであるが、短期的には、ストレスは非常にポジティブな反応となり、私たちを害から守ってくれる。

さらに、例えば、運動や断食などで生じるような軽度のストレスを解消しながら繰り返すことは、私たちを保護する効果がある。これをホルミシスと呼ぶ。この二分法を理解することは、日常生活でのストレスに対処するのに役立つ。

 

差し迫った危険を感じると、神経伝達物質が感情信号を処理する脳の一部である扁桃体に情報を送り、危険警報が視床下部に送られる。視床下部はスイッチボードのような役割を果たし、神経系を介して体の他の部分と通信し、闘争または逃走反応を活性化させる。そこから、何百もの不随意の身体機能が活性化される。

アドレナリンが体内に充満し、心拍数が上がり、それによって筋肉や重要な器官に必要な血流が供給される。呼吸が速くなり、肺の小さな気道が開き、脳に酸素を送り込む。血管が拡張され、血圧が上昇し、感覚が高まる。

ブドウ糖が放出され、体のあらゆる部分にエネルギーを供給し、認識された脅威に対応するために必要な力を与えてくれる。この絶妙な内蔵の不随意の保護反応がなければ、私たちは、山のライオンから逃げたり、燃えている建物から逃げたり、必要な人を助けたりすることはできない。

問題は、このストレス反応をオフにすることができないときに発生する-私たちはより大きな脅威として比較的無害な暴露を認識し始めるとき。上述したように、ストレスへの慢性的な暴露は私たちの体に大惨事をもたらし、高血圧、心臓病、肥満、睡眠障害、さらには脳の変化にまで寄与する。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • スクエア呼吸
  • 瞑想
  • 祈り
  • NEURAL AGILITY(神経の敏捷性)
  • DYNAMIC NEURAL RETRAINING SYSTEM (DNRS) 動的神経訓練システム
  • HEARTMATH
  • 気功と太極拳

第16章 脳を刺激する アップサイジング(脳を大きくする)

かつて科学者は、脳の機能は一度失われると取り返しのつかないものだと考えられてた。神経可塑性の研究が爆発的に広まり、そうではないことが証明されている。私たちの脳は、社会的刺激や精神的刺激に反応したり、外傷や怪我から回復したりする際に、生涯を通じて新しいニューロンを成長させ続けている1。

これは、正常な脳機能を理解する上で重要な発見であるだけでなく、このプロセスの乱れが神経疾患につながることを理解する上でも重要な発見であった2。

 

脳の成長と適応能力は神経可塑性と呼ばれている5 。運動をやめると筋肉は萎縮する。脳は筋肉ではないが、同じ原理が当てはまる。私たちの脳に挑戦することは、成長の機会を与えてくれる。私たちの日々の思考、習慣、動作などは、このプロセスを意識しているかどうかに関わらず、私たちの脳を形成し、再配線する。

それは受動的にも能動的にも起こる。私たちは、社会的には無気力で、刺激のない生活を送ると、脳は時間の経過とともに萎縮していく。逆に、社会的に豊かで刺激的な生活を送れば、脳を守ることができる6 。証拠は、病気や外傷によって神経変性が起こった後も、意識的に脳を癒し、強化することを選択できることを示唆している7 。

 

あなたはあなたの運命の支配者であり、あなたはあなたの脳のキャプテンである。社会的な交流の強さと幅の広さは、老後の健康状態や寿命に大きな影響を与える。研究によると、社会的なつながりが強い人は、社会的ネットワークが弱い人に比べて、死亡する可能性が50%低いことがわかっている8 。

社会的なつながりは、健康的な老化のためには、食事、運動、睡眠などの他のリスク要因と同様に重要だ9 。社会的なつながりは主観的な経験であることに注意が必要である。友人や家族が少ない人は、完全に満足していることもあれば、より広いサポートシステムを持っていても、孤独を感じることもある。それはあなたの経験を彩るのはあなたの認識だ。

この章のセクションまたは項目
  • 音楽を聴く
  • ダンス
  • 脳を鍛える

第17章 口腔の健康 すべての歯、歯はとにかく大事

奇妙に聞こえるかもしれないが、ある意味では、アルツハイマー病の診断を受けるまでの数十年間、あなたの脳はかなり効果的に自分自身を保護していた。もしそうでなければ、あなたの認知は、あなたがさらされている被害によって、はるかに早い段階で損傷を受けていた可能性が高かっただろう。

先に説明したように、曝露は、糖分摂取によるインスリン抵抗性やリーキーガット、スタキボトリス(有毒黒カビ)やペニシリウムなどの特定のカビの毒素など、いくつかの異なる曝露源から来ている可能性がある。

しかし、認知機能の低下に関連した曝露の最も重要な源の一つとして浮上しているのは、ご想像の通り、あなたの「口」だ。口は栄養が取り入れることができ、愛情のこもった言葉も出てくるが、残念ながら、このような重要な機能を提供する一方で、あなたの口と唇には認知機能の低下を引き起こす複数の要因が潜んでいる。

  1. 水銀アマルガム
  2. 単純ヘルペス(「風邪のただれ」のウイルス2)
  3. 歯周炎
  4. 歯肉炎
  5. 根管治療(この可能性についてはまだ議論の余地があるが)
  6. 口腔内マイクロバイオーム
この章のセクションまたは項目
  • 水銀アマルガム
  • 冷感症 ヘルペスウイルス
  • 歯周病

第18章 データを成功に導く

この章のセクションまたは項目
  • あなたのチームを見つける
    • あなた自身が健康の擁護者になろう。
    • 伝統的な医療専門家と提携する。
    • 機能性医学の専門家との提携を検討してみてほしい。
    • アポロヘルス(www.apollohealthco.com)のサービスを利用することを検討してみてほしい。
  • 成功のためのツール
  • グルコース測定を使用する方法
  • ケトン体測定の使用方法

第三部  ハンドブック・セクション2:より多くの銀の散弾銃

第19章 ディメントゲン: アルツハイマー病スープを泳ぐ

認知症による死亡率が世界で最も高いのはフィンランドであり、その主な原因の一つは、カビが作り出すマイコトキシンである可能性が示唆されている1。しかし、これはフィンランドだけの問題ではなく、世界的な問題である。私たちはアルツハイマー病のリスクを高める大気汚染を吸い込んでいる2。

私たちは、グリホサート(雑草キラーであるラウンドアップから)を混入した野菜を準備する。私たちは私たちの家を建て、神経毒を産生するカビと私たちの副鼻腔を植民地化する。私たちはベンゼンとトルエンで部屋を満たすパラフィンキャンドルを燃やする。私たちは農薬やヒ素で汚染された水を飲む。何千マイルも離れた場所でさえも、石炭の燃焼から噴出する水銀に漬け込む。

要するに、私たちはアルツハイマー病のブイヤベースで毎日泳いでいる。したがって、継続的に解毒する私たちの能力は絶対に重要であり、解毒の内訳は、認知機能の低下のリスクを増加させる。

発がん性物質はよく知られているが、ブルース・エイムズ教授と彼が開発した発がん性物質を検出するためのエイムズテストのおかげで、私たちは食品や水、美容製品など、私たちがさらされているものから発がん性物質を検出することができるようになった。

しかし、認知症を引き起こす化学物質であるディメントゲンについては、現在のところ類似のテストはないが、これらの化学物質はどこにでも存在し、私たちは毎日さらされている。これらの毒物は、金属などの無機化学物質、トルエンや農薬などの有機化学物質、カビなどの生物が作り出す毒素であるバイオトキシンの3つのグループに分けることができる。

(以下略)

この章のセクションまたは項目
  • ディメントゲン暴露の予防と治療

第20章 微生物とマイクロバイオーム

19世紀の専門家が病気の原因としての細菌には懐疑的であったように、今日の専門家は、認知機能の低下を逆転させることができることに懐疑的であり、逆に証拠が増加しているにもかかわらず、機能的な医学的アプローチが単剤治療よりも優れていることに懐疑的である。

最近の興味深い実験では、科学者たちがマウスにカンジダという一般的な酵母を血液中に注射して投与した1。当初の想定では、よく知られている血液脳関門によって、酵母が脳に侵入しないようになると考えられていた。しかし、驚くべきことに、酵母はその大きさにもかかわらず容易に脳に入り込み、病理学的にはアルツハイマー病の初期段階に似た炎症反応を誘発した。

これは、治療可能な感染症とそれに対する脳の反応が、アルツハイマー病発症の一因であることを示唆するもう一つの実験である。さらに、アルツハイマー病患者の脳には少なくともいくつかのケースでカンジダ菌が生息していることが証明されているので、これは特に関連性の高いものである。

認知機能の低下を引き起こす可能性のある生物への曝露は絶え間なく行われている。むしろ、私たちは1、000種類以上の異なる生物(細菌、ウイルス、ファージ、酵母、カビ、スピロヘータ、寄生虫など)が私たちの内臓、皮膚、副鼻腔、口、その他の身体の一部に生息している村の一部なのである。これらは、私たちの思考、気分、自己防衛の感覚、病気のプロセスそのものに影響を与えている。

このように、私たちは本当の意味での個人ではなく、これらの多くの生物の間の複雑な共同作業であり、これらの共同作業が壊れたとき、特に私たちが年齢を重ねるにつれて、アルツハイマー病、うつ病、炎症性腸疾患、2型糖尿病を含む今日の私たちを悩ませる最も一般的な病気のいくつかにつながる。

認知機能が低下している人、または認知機能低下のリスクがある人にとって、腸内マイクロバイオーム(腸内の様々な細菌やその他の微生物の構成)の状態は非常に重要である。また、グルタミン酸から神経伝達物質GABAの産生には、乳酸菌やビフィズス菌という特定の細菌が関与しており、このバランスが崩れるとアルツハイマー病が発症する2。

(以下略)

第21章 サプリメント サプリと引き換えに王国をやるぞ

それはいくつかの主張としてあるが、認知機能の低下があるときサプリメントは 「無価値 」なのか? まあ、まず第一に、サプリメント(栄養補助食品)の名前が意味するように、これらは補助的なものである。

数多くの患者がプロトコルの他の様々なパートを避けて、サプリメントの推奨事項だけに従ってみたが、ほとんどの患者は大きな改善を示さなかった。プロトコルの全体のポイントは、すべての利用可能な方法を使用して、脳の生化学的なシグナルをシナプス破壊シグナルからシナプス正常シグナルに向かって変更していくことである、

したがって、ここでのポイントは、サプリメントが効くか効かないかについてではなく、私たちが認知機能低下の予防と逆転に必要とする神経化学に重要な変化をもたらすために採用できるサプリメントに何が使えるかということだ。

アルツハイマー病は非常に深刻な病気なので、緊急時にはあらゆる手段を駆使しなければならないが、全体的なプロトコルの一部として、各患者の特定のニーズに合わせた高品質のサプリメントが効果的であることは重ね重ね証明されている。

また、外科手術の準備中や旅行中、外出中などにサプリメントを中止し、その後の数週間で明らかに低下した例も数多くある。これらの観察から、サプリメントは最適な個別化されたプロトコルの一部として本当に重要であることが示唆されている。

(以下略)

Q&A
  • ホモシステインを下げるには?
  • どのように私は全身の炎症を減らすことができるか?
  • インスリン感受性を得るには?
  • ケトーシスを達成するには?
  • 神経栄養シグナルを増やすには?
  • どうすれば集中力と注意力を高めることができるか?
  • どうすれば記憶力を向上させることができるか?
  • ミトコンドリアの機能をサポートするには?
  • 副腎をサポートするには?
  • 解毒を改善するにはどうすればいいですか?
  • 腸を治すにはどうすればよいか?
  • マイクロバイオームを最適化するには?
  • 免疫機能をサポートするには?
  • ビタミンDレベルを最適化するには?
  • 脳への血流を改善するには?
  • どうやって神経保護を達成することができるか?

第22章 困った時・最初にうまくいかない場合

これが、私の朝の目覚めを良くしてくれる。

「2018年1月にアルツハイマー病と診断された妻が、リコード法を開始してからどれだけ驚くべき進歩を遂げたかをお伝えするために手紙を書きました。今日は、彼女が素晴らしい改善を続けていることをお伝えしたいと思います。リコード法は彼女の人生を救ってくれました。私は妻を取り戻し、私たちの子供たちや孫たちは、母親や祖母を取り戻しました。」

そして、これは私を夜になっても寝させてくれないものである。

「私たちはあらゆる努力をしましたが、私の夫は改善の兆候を示さず、私はとても落胆してます。」

 

彼らがすべきことを行っていると、どうすれば知ることができるだろうか?
正しい方法に基づいて歩んでいるかどうかは、どうやってわかるだろうか?

一般的には、すべての検査結果を入手してプロトコルを開始するのに数週間かかり、その後、パーソナライズされたプログラムの様々な部分を最適化するのに数ヶ月かかる。

そして、アルツハイマー病の根本的な変性プロセスは、診断の前の10年、あるいは20年も前にすでに進行していた可能性があることを覚えておくことだ。

私たちは4日で改善した例や1年以上で改善した例を見ていたが、3~6ヶ月が一般的である。

トラブルシューティング
  • ケトンレベルをチェックしていて、典型的に1.0~4.0の範囲だろうか?
  • BrainHQやMoCAのスコアは安定しているか、低下しているのか、改善しているのか。
  • 睡眠時無呼吸を除外したか?夜間のパルスオキシメーター計測は酸素飽和度の低下イベントを示していなかったか?
  • 腸内環境を治してから、プロバイオティクスやプレバイオティクス(食品またはサプリメント)を摂取したか?
  • 週4回以上の運動をしているか? 有酸素運動と筋力トレーニングの両方をしているか?
  • あなたのリコード法の最適化をヘルプしてくれるヘルスコーチがいるか?(あるいは、同じことをしてくれる配偶者や重要な他の人は?)
  • このアプローチを理解している実践医はいるか?
  • あなたはKetoFLEX 12/3ダイエット(または類似するもの)を実行しているか?
  • 生化学的パラメータは最適化されているか?
  • これらのパラメータが最適化されている場合は、WCFEを試してみたか?
  • すべての病原体を特定し、治療したか?
  • 毒素(金属毒素、有機毒素、生体毒素)を特定して対処し、解毒率を最適化しているか?
  • マイコトキシンがある場合、コレスチラミン(またはウェルコールや粘土、炭、ゼオライトなどの他の結合剤)で治療したことがあるか?経鼻VIPを受けたか?
  • MARCoNSをクリアしたか?
  • C4aは正常に戻ったか?
  • MMP-9は正常に戻ったか?
  • グルタチオンのレベルは最適化されているか?
  • 脳への刺激は含まれているか?
  • 幹細胞治療を検討する時が来たのか?

終章 21世紀の医学の勝利

あなたはドリス・デイを覚えているかもしれないし、覚えていないかもしれない。彼女は1950年代から1960年代にかけて、”世界最高齢の処女 “と呼ばれるほど健全なイメージを投影した女優であり歌手であった。

そのイメージが採用される前から彼女を知っていたので、「処女である前から 」知っていたのだと、ピアニストのオスカー・レヴァントは指摘している。

筋が通っていないように 聞こえるかもしれないが それが私が医療について感じているところだ。 そう、奇妙に聞こえるかもしれないが、私は「医学とは何か」を「健康とは何か」の前に知っていたのだ! 病気の原因が何であるかという課題に取り組む前まではだが。

 

今では、医師や患者が、自分自身に対して行っていた恐ろしいほど不健康なこと、悲しいかな、多くの人が今でも行っていることが信じられない。医者は頻繁にタバコを吸っていただけでなく、実際にタバコを売るためにテレビのコマーシャルをしていたのである。

彼らはしばしば運動をせず、日常的に肥満になり、初期の心血管疾患を発症した。ひどい栄養習慣を定期的に採用し、患者に病気の治療において栄養は重要ではないと伝えた。

私が医学を教えていた頃、私たちは勉強し、実践し、終末期医療を教えていた。これらのことを振り返ってみると、当時がどれほど酷かったかを思い出すと、胸が締め付けられる思いである。

それは、瞑想のインストラクターになるために何年も訓練を受け、その後、常にあなたの研修生に怒鳴るようなものであった ー それにはなんの意味もなかった。

最悪なのは、これらの時代遅れの慣行は、新しい医師の各クラスに引き継がれていることだ:ある教育リーダーが語ったように、「私たちは医学生に嘘をついていることを知っているが、彼らは私たちの嘘を信じているので、私たちは彼らに伝え続けている」。
確かに!とても進歩的なアプローチとは言えない。

私は1960年代に育った。社会の激動の時代である。大統領がアイスクリームを食べてもニュースにならなかった時代である。

草の根運動が社会構造、音楽、芸術、戦争を変えていた時代。私たちは今、健康について考え、学び、実践し、そこから利益を得るという地殻変動をもたらすために、そのような運動を必要としている。

 

ありがたいことに、変化は少なくともいくつかの実践領域で起こり始めている。実際、21世紀の医療は、病気の原因と寄与因子に焦点を当て、単剤治療ではなくプログラム治療を用い、20世紀の医療からの脱却によるパラダイムシフトを示している。

これらの変化は、認知機能の低下、2型糖尿病、高血圧、関節リウマチ、ループス、うつ病、リーキーガット、自閉症スペクトラム障害、その他の慢性疾患に対して、これまで以上に良い結果をもたらしている。

然しながらも、その変更を渋々採用しているのが現状であり、結果が改善されているにもかかわらず、医学部は、この21世紀の医学を教えることに抵抗してきた。そのため、大多数の開業医はいまだに、病気のプロセスの根底にある生理学を無視した院内処方箋的な医学を実践している。

このような慣行のため現在進行中の医療革命は、これまで広くは知らされておらず、ほとんど議論されてこなかった。であるにもかかわらず、 私たちがこの実践を近代化し、最適化するまで、医学とテクノロジーがシームレスに統合され、医学と健康が一つになるまで、そして、開業医と患者、さらには私たち全員が世界の健康に責任を持つまでは、慢性疾患に苦しむ何十億もの人々の命を奪い続けるであろう革命となることは間違いない。

 

20世紀にポリオ、梅毒、ハンセン病という疫病が事実上の終焉を迎えたように、21世紀にはアルツハイマー病、パーキンソン病、レビー小体病、多発性硬化症、自閉症、統合失調症、関節リウマチ、ループス、潰瘍性大腸炎、その他の複雑な慢性疾患という疫病が事実上の終焉を迎えることになるだろう。

これらの病気は、診断されていない慢性病原体の致死的な組み合わせによって劇的に増加した20世紀の病気として歴史的に記録されるだろう、歴史上の何かとは違って、非生理学的な食糧供給、免疫システムの妥協、慢性的にストレスの多いライフスタイル、そして全体的に、私たちの種のほぼ全体が私たちの進化の設計能力から著しく逸脱した生活を追求するために行った無駄な試みによって。

 

したがって、ロードマップは明らかである。我々は、各人に何を探すべきかを知っている、我々は貢献者を識別する方法を知っている、我々はそれぞれに対処する方法を知っている。今、私たちはそれを実施し、それを完成させ、それをスケールさせる必要がある。認知機能を修正することは、歯を矯正するのと同じくらい日常的なことになるであろう。

私たちの娘は今年結婚したが、娘が育ってきた世界のことを考えずにはいられなかった。私が育った世界とは全く違う世界である。彼女は、ありがたいことに、アルツハイマー病が私の世代のためにされてきた惨劇ではない世界で子供たちを育てることになるであろう。

私たちは一人一人がユニークなN-of-1(1人を対象とした)の実験をしている。

あなたの実験が成功し、充実し、喜び、そして続いていくことを願って。