アーシング、グラウンディング

接地(アーシング)が炎症、免疫反応、創傷治癒、慢性炎症性疾患および自己免疫疾患の予防と治療に与える影響について
The effects of grounding (earthing) on inflammation, the immune response, wound healing, and prevention and treatment of chronic inflammatory and autoimmune diseases

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4378297/

2015年3月24日オンライン公開

要旨

学際的な研究により、人体と地球表面との導電性接触(アース)が生理学と健康に興味深い効果をもたらすことが明らかにされている。このような効果は、炎症、免疫反応、創傷治癒、慢性炎症性疾患や自己免疫疾患の予防と治療などに関連している。

本報告の目的は、

  • 1)炎症の研究に新しい視点が加わったと思われることを研究者に知らせること、
  • 2)実験動物のアースの時間や程度(アースに対する抵抗)が、炎症、創傷治癒、腫瘍形成の研究結果に影響を与える重要な要因であるが、通常は見過ごされていることを研究者に警告すること、

の2点である。特に、生体の接地は、白血球、サイトカイン、その他炎症反応に関与する分子の濃度に測定可能な差を生じさせる。我々は、現在の研究結果と、細胞・組織生理学、細胞生物学、生物物理学、生化学の電子的側面に対する我々の理解に基づいて、観察された効果を説明するいくつかの仮説を提示する。

遅延型筋肉痛として知られる筋肉への実験的損傷は、接地した場合と接地していない場合の免疫反応を監視するために使用されてきた。接地は痛みを軽減し、循環する好中球やリンパ球の数を変化させ、また炎症に関連する様々な循環化学因子に影響を与えることがわかった。

キーワード:慢性炎症、免疫系、創傷修復、白血球、マクロファージ、自己免疫疾患

はじめに

接地(アース)とは、素足や手など、地球表面に直接皮膚を接触させること、あるいは様々な接地システムによる接地(アース)を指す。裸足で地球を歩くと健康になり、幸福感を得られるという主観的な報告は、世界中の様々な文化の文献や習慣に見られる1。様々な理由から、休日に海岸で過ごす場合を除き、多くの人は裸足で外を歩くことに抵抗がある。地球との継続的な接触が持続的な効果をもたらすことは、経験や測定によって証明されている。就寝中、パソコンに向かっているとき、屋外を歩いているときなど、頻繁に地球と触れ合うことができるように、さまざまなアースシステムが販売されている。シートやマット、手首や足首に巻くバンド、家庭内やオフィス内で使用できる粘着パッチ、履物など、シンプルな導電性のシステムである。これらの用途では、アース付きコンセントにコードを差し込んだり、窓の下の土中に設置したアース棒に取り付けたりして、地球と接続する。履物の場合は、足の裏の中足骨の下、腎臓1というツボに導電性のプラグを差し込む。実用的な観点からは、これらの方法は、便利で日常的な、ユーザーフレンドリーな接地またはアースへのアプローチを提供する。また、「これまでの知見のまとめ」の項で述べるように、臨床の場でも使用することができる1。

近年、この論文の執筆者を含む十数名の研究者により、アースの生理的効果について様々な角度から研究が行われている。この研究により、査読付き雑誌に掲載された研究は十数件にのぼる。これらの試験的研究のほとんどは、比較的少数の被験者を対象としたものであるが、これらを総合すると、炎症研究において新しく有望なフロンティアが開かれ、予防や公衆衛生に幅広い示唆を与えていることがわかる。この研究結果は、炎症研究のコミュニティで検討される価値があり、我々がこれまでに行った解釈を検証し、反論し、あるいは明確にする手段を有している。

グラウンディングは、損傷後の炎症の兆候である発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能喪失を軽減、あるいは防止する(図1、2)。また、医療用赤外線イメージングを用いた20の症例において、痛みを伴う慢性炎症の急速な消失が確認された(図3)2,3。

図1 84歳の糖尿病女性が負った8ヶ月間治癒しなかった開放創が急速に改善したことを示す写真画像

注 (A)開いた傷と皮膚の淡い灰色を示す。(B)1週間後の写真では、皮膚の色でわかるように、治癒と血行の改善が顕著に見られる。 (C)2週間後の写真では、傷が治癒し皮膚の色が劇的に健康的になっていることがわかる。治療方法は、毎日30分、座った状態で電極パッチを用いてアーシングを行う。左足首の傷の原因は、ブーツのサイズが合っていないことであった。ブーツを履いて数時間後に水ぶくれができ、その後、抵抗力のある開放創に発展した。患者は創傷専門センターで様々な治療を受けたが改善しなかった。下肢の血管造影検査で血行不良を指摘された。初診時、軽度の足を引きずり、痛みを訴えていた。初回30分のグラウンディングの後、患者は痛みが明らかに減少したことを報告した。1週間毎日グラウンディングを行ったところ、痛みのレベルが約80%減少したとのこと。その時点では、足を引きずるようなことはなかった。2週間後には、完全に痛みがなくなったとのことだ。

図2 重傷の割に腫れや赤みが少なく、回復が早い

備考 (A) 受傷後できるだけ早く、傷口の上下にグラウンディングパッチを貼った。写真提供:Dr. Jeff Spencer (B)受傷後1日目。(C)受傷後2日目。赤み、痛み、腫れが少なく、受傷翌日からレースを続けることができた。(BとC)著作権©2014。Basic Health Publications, Inc.の許可を得て転載している。Ober CA, Sinatra ST, Zucker M. Earthhing: The Most Important Health Discovery Ever? 第2版。Laguna Beach: ベーシックヘルスパブリケーションズ;2014.1

図3 接地またはアーシングによる炎症の軽減が医療用赤外線画像で記録されている

注釈 赤外線カメラは、皮膚温度のわずかな変化を記録し、炎症を示すホットエリアを色分けしたマップを作成する。

パネルAは、アースをとって寝ることで炎症が軽減されたことを示している。医療用赤外線画像では、温かい部分と痛みのある部分(パネルA上部の矢印)が示されている。4日間接地して寝ると、痛みは解消され、熱を持った部分は冷えていく。炎症が著しく軽減され、正常な熱対称性に戻っていることに注目してほしい。

パネルBは、15歳の時に体操競技の怪我をした33歳の女性の赤外線画像である。この患者は長い間、慢性的な右膝の痛み、腫れ、不安定さを抱えており、長時間立っていることができない状態であった。運転などの簡単な動作で症状が増した。痛みを軽減するために、膝の間に枕を挟んで寝なければならなかった。数年にわたる医学的治療と理学療法は、ほとんど効果がなかった。2004年11月17日、彼女はかなりの右膝内側の圧痛と軽い足を引きずって来院した。パネルBの上の画像は、両膝の内側を示すために歩行姿勢で撮影されたものである。矢印は患者の痛みの正確な位置を示し、著しい炎症があることを示している。パネルBの下の画像は、電極パッチでアースを取った30分後に撮影したものである。患者は、痛みが軽くなったことを報告している。膝の炎症が軽減しているのがわかる。アースを始めて6日後、痛みが50%減少し、痛みなく長時間立っていられるようになり、枕を挟んで寝る必要がなくなったと報告された。4週間後には、サッカーができるほど元気になり、15年ぶりに不安定さを感じなくなり、痛みも少なくなったそうである。12週目には、痛みが90%近く軽減し、腫れもなくなったという。そして、久しぶりに水上スキーを楽しむことができた。また、治療開始6ヵ月後には、治療前には夢にも思わなかったハーフマラソンを完走したと連絡があった。


我々の主な仮説は、身体と地球をつなぐことで、地表の自由電子が身体全体に広がり、抗酸化作用を発揮することができるというものである。具体的には、移動する電子が傷害修復場の周囲に抗酸化物質の微小環境を作り出し、酸化バーストによって運ばれる活性酸素種(ROS)が健康な組織に「付随損傷」を与えるのを遅らせたり、いわゆる「炎症バリケード」の形成を防いだりすることを提案している。また、地球からの電子は、いわゆる「静かな」あるいは「くすぶった」炎症を防止あるいは解決することができるという仮説もある。これらの概念が検証されれば、炎症反応や創傷治癒の理解や研究が進み、健康や病気における免疫系の機能に関する新しい情報が開発されるかもしれない。

これまでの知見のまとめ

グラウンディングは、睡眠の改善、昼夜のコルチゾールリズムの正常化、痛みの軽減、ストレスの軽減、自律神経系の交感神経から副交感神経への活性化、心拍変動の増加、創傷治癒の促進、血液粘性の減少に効果があるようである。その概要は、Journal of Environmental and Public Healthに掲載されている4。

睡眠への影響

最初に発表されたグラウンディングの研究の1つは、睡眠と概日性コルチゾールプロファイルに対するグラウンディングの効果を調べたものである5。この研究では、痛みを抱え、睡眠に問題のある12人の被験者が参加した。この研究では、痛みを抱え、睡眠に問題を抱えている12人の被験者が、図4に示すようなシステムを使って、8週間にわたってグラウンディングして眠った。この間、日周コルチゾールプロファイルは正常化し、ほとんどの被験者が睡眠が改善し、痛みとストレスレベルが低下したと報告した。

図4 グラウンディング睡眠システム

導電性の炭素や銀の糸が織り込まれた綿のシーツで構成されている。この糸は、寝室の窓や壁を伝って、健康な植物のそばの大地に差し込まれた金属棒につながるワイヤーに接続されている。または、コンセントのアース端子に接続することもできる。このシステムで寝ると、身体と地球がつながるのである。アースをとって寝ると、睡眠の質が向上し、さまざまな原因による痛みが軽減されるというのが、このシステムを使用した人たちからよく聞かれる報告です


実験の結果、次のような結論に達した。

  • 1)睡眠中に身体をグラウンディングさせると、日内あるいは概日性のコルチゾール分泌量に定量的な変化が生じ、その結果、
  • 2)睡眠、痛み、ストレス(不安、落ち込み、イライラ)に変化が生じ、主観的報告によって測定される。

GhalyとTeplitz5が述べたコルチゾールの効果は、長期の慢性ストレスがグルココルチコイド受容体耐性をもたらすという最近の研究結果に照らしても、特に重要である6。この効果は、「痛みと免疫反応への影響」のセクションで述べた知見を補完するものである。

痛みと免疫反応への影響

DOMSとは、激しい運動や不慣れな運動をした後、数時間から数日後に起こる筋肉痛やこわばりのことだ。DOMSは、運動生理学者、スポーツ生理学者の研究モデルとして広く用いられている。DOMSの痛みは、エキセントリック運動によって生じる一時的な筋損傷によって引き起こされる。ダンベルを持ち上げるときのように筋肉が縮むときに起こる収縮の相をコンセントリックといい、ダンベルを下げるときのように筋肉が伸びるときに起こる収縮の相をエキセントリックという。

健常者8名に、腓腹筋に痛みを感じるような慣れないエキセントリックな運動をさせた。これは、バーベルを肩に担ぎ、足の甲を2インチ×4インチの木の板の上に置いて、つま先立ちを20回2セット行わせるというものである7。

すべての被験者が同じ時間に標準的な食事をし、同じ睡眠サイクルを3日間守った。各日の午後5時40分に、4人の被験者の腓腹筋と足の裏に導電性アースパッチを貼り付けた。図4のようなアースシステムで休息・睡眠をとった。トイレと食事の時以外は、接地したシートの上にいた。対照として、パッチとシーツが接地されていないことを除き、4人の被験者が同じプロトコルに従った。運動前と運動後1、2、3日目に、疼痛レベル、MRI、スペクトロスコピー、血清と唾液中のコルチゾール、血液と酵素化学、血球数7を測定した。

痛みは2つの手法でモニターされた。主観的な方法としては、午前と午後にVisual Analog Scaleを使用した。午後には、血圧計を右腓腹筋に装着し、急性の不快感を感じる程度に膨張させた。痛みは、耐えられる最高圧力で記録された。接地した被験者は、アナログの痛み尺度(Figure 5)と血圧計の高い圧力に耐える能力(Figure 6)の両方によって明らかになったように、痛みをあまり感じなかった(7)。

図5 午後(PM)の視覚的アナログ疼痛スケール報告値の変化


図6 血圧計を用いた午後(PM)の痛みレベルの変化


DOMS グラウンディング研究報告7 には、負傷後に予想される血液化学的変化と形成元素(赤血球、白血球、血小板)の含有量に関する文献の要約が記載されている。免疫系は病原体や組織の損傷を検知し、炎症カスケードを開始し、好中球やリンパ球をその部位に送り込むことで反応する8-12。接地した被験者の白血球数は、損傷後、着実に減少した(図7)7。

図7 白血球数の比較、各グループのテスト前とテスト後を比較


これまでの研究で、受傷後に好中球が増加することが示されている。13-16 これは、接地した被験者と接地していない被験者の両方で起こったが(図8)、好中球数は常に接地した被験者で少なかった。7

図8 各群の試験前と試験後の好中球数の比較


好中球が増加すると、リンパ球が減少することが予想される。17-19 DOMS研究では、接地した被験者のリンパ球数は、接地していない被験者を常に下回っていた(図9)7。

図9 各群の試験前と試験後のリンパ球数の比較


通常、好中球は損傷した細胞を破壊するために損傷部位に急速に侵入し8,20-22、サイトカインネットワークを通じてシグナルを送り、修復過程を制御する。好中球が活性酸素と活性窒素種(RNS)を産生することを「酸化的バースト」と呼ぶ21。活性酸素は組織が再生できるように病原菌や細胞の残骸を除去するが、修復野に隣接する健康な細胞にもダメージを与え、いわゆる付随損傷を引き起こすことがある。接地した被験者の循環好中球とリンパ球が少なかったという事実は、元々の損傷がより早く解決され、付随的な損傷が減少し、回復プロセスが加速されたことを示唆しているのかもしれない。このことは、例えばFigure 1やFigure 2,2に示されているように、急性損傷後の炎症の兆候(発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能低下)が減少し、Figure 3に示されている慢性炎症が急速に減少していることを説明するものだろう。

地球からの移動電子が体内に入り、天然の抗酸化物質として作用し、結合組織マトリックス(炎症バリケードがある場合はそれを含む)を通して半伝導状態になり、修復領域で活性酸素やその他の酸化物質を中和し、健康な組織を損傷から守る。また、Selyeが著書『人生のストレス』の初版とその後の版で示唆したように、炎症性バリケードは実際には健康な組織への付随的な損傷によって形成されている可能性も提起している(図10)25。

図10 炎症性バリケードの形成

Copyright © 1984, Selye H. Reproduced from Selye H. The Stress of Life. Revised ed. New York: McGraw-Hill Companies, Inc.; 1984.25 (A)正常な結合組織領域。(B)損傷または刺激物への曝露後の同組織。血管は拡張し、血球は刺激物に向かって移動し、結合組織細胞および線維は、刺激物の血中への拡散を防ぐが、組織を修復しうる再生細胞の侵入を阻害し、修復領域への抗酸化物質の侵入を遅らせる、厚い入り込めないバリケードを形成する。その結果、炎症が治まりきらない状態が長く続き、やがて毒素が体内に漏れ出し、臓器や組織の機能が阻害されることになる。これは、”サイレント “または “くすぶり “炎症と呼ばれている。(C) Selyeによって最初に記述された炎症性、Selye、または肉芽腫性ポーチ30は、炎症の研究に広く使用されている


他の説明もあるかもしれないが、我々は、他の研究で述べたように、地球表面が励起され移動する電子の豊富な供給源であるために、炎症の急速な消失が起こることを提案する1。さらに、地球表面との皮膚接触によって、地球の電子が皮膚表面から体内へと拡散することを提案する。体内へのルートのひとつは、ツボや経絡を経由している可能性がある。経絡は電流の流れに対して抵抗の少ない経路であることが知られている26-28。また、皮膚表面と連続している呼吸器官や消化器官の粘膜を経由する経路もある。SokalとSokal29は、体内、舌粘膜、静脈血の電位が急速に約-200mVまで低下することを発見した。そして、体を地球から切り離すと、電位はすぐに回復する。これらの作用は、体内の電気的環境の変化を示すものである29。

Selye30 は、炎症性袋またはバリケードの壁の組織学を研究した(図 10)。フィブリンと結合組織で構成されている。30 半導電性コラーゲンの通路や回廊は、食事による抗酸化や理学療法などの標準的な医療では解決できない慢性炎症を、地球からの電子がすばやく減衰させることを説明できるかもしれない(図3)。バリケードはおそらく、循環している抗酸化物質の修復への拡散を制限しているのだろう。

これらのことから、人体をアースすることは、傷害に対する炎症反応を著しく変化させることがわかる。

解剖学的および生物物理学的側面

炎症性バリケードは、損傷部位の周囲の健康な組織の付随的な損傷から形成されるという概念は、Selyeの肉芽腫またはSelye pouchに関する記述とともに発表された古典的な研究によって裏付けられている(図10)。 25,30 さらに、細胞生物学と生物物理学の研究により、人体にはリビングマトリックス31、言い換えれば、地上制御システム32,33または組織テンセグリティマトリックスシステム(図11)と呼ばれるシステム全体のコラーゲン性、液晶性半導体ネットワークが備わっていることが明らかになっている34。この体全体のネットワークにより移動電子を体のあらゆる部分に送り込み、それによってすべての細胞、組織および臓器を酸化ストレスからまたは損傷時に日常的に保護することができる23,31。細胞表面のインテグリンは、細胞内部への電子の半伝導を可能にし、核膜のリンクは、核マトリックスと遺伝物質を回路の一部にすることを可能にすると考えられている23。この仮説が本報告の中心的なポイントである。

図11 リビングマトリックス、グラウンドレギュレーションシステム、あるいは組織テンセグリティマトリックスは、身体のあらゆる部位に広がる連続的な繊維状の網目あるいはネットワークである

このネットワークの細胞外構成要素は、主にコラーゲンと地質からなる。他のシステムすべてに接する唯一のシステムであるため、体内で最も大きなシステムです


マトリックスシステムの細胞外部分は、主にコラーゲンと地層物質で構成されている(図11とand12).12)。細胞骨格は、微小管、マイクロフィラメント、およびその他の繊維状タンパク質で構成されている。核マトリックスには、ヒストンや関連物質からなる別のタンパク質の織物がある。

図12 コラーゲンと地質

注釈 (A)細胞外結合組織マトリックスの主要タンパク質であるコラーゲンは、各ポリペプチド鎖を取り囲む水和殻を持つ三重らせんである。このタンパク質は半導電により電子を移動させることができ、プロトン(H+)とヒドロキシル(OH-)は水和殻内を移動する。これらの電荷移動は非常に速く、生命維持に不可欠である。

(B) Copyright © 2005. R Paul Lee Lee RPの許可を得て転載。インターフェース オステオパシーにおける精神のメカニズム。ポートランド、オレゴン州。67 グラウンド・サブスタンスは、電子の膨大な貯蔵庫である高分子電解質ゲルとして高電荷を帯びている。マットリソーム(ハイネの造語)と呼ばれる基底物質単位に埋め込まれたコラーゲン線維に注目。右のマトリソームの詳細(b)には、膨大な量の電子が蓄積されていることがわかる。基底物質からの電子は、コラーゲンネットワークを通じて体内のどの場所にも移動することができる。傷害修復野の周囲に抗酸化的な微小環境を維持し、酸化的バーストによって運ばれる活性酸素種が健康な組織に付随的な損傷を与えるのを遅らせたり防いだり、いわゆる「炎症バリケード」の形成を防いだり減らしたりできることが示唆される。


コラーゲンなどの構造タンパク質が半導体であることは、あまり知られていない。この概念は、1941年にハンガリーのブダペストで行われたKorányi記念講演でAlbert Szent-Györgyiによって紹介された。この講演は、Science誌(Towards a New Biochemistry?)とNature誌(The Study of Energy Levels in Biochemistry)にも掲載された36。現代の科学者の多くは、タンパク質における半導体を否定し続けている。なぜなら、生体には、電子半導体デバイスに最も広く使われている材料であるシリコン、ゲルマニウム、ガリウムの化合物が微量にしか存在しないからである。しかし、金属を使わないで有機半導体を作る方法はいくらでもある。その混乱の原因のひとつは、水は単なる充填材に過ぎないという考えが広く浸透していたことだ。現在では、水は酵素の活動や半導体に重要な役割を担っていることがわかっている。水和タンパク質は実は半導体であり、世界のマイクロエレクトロニクス産業で重要な部品になっている。有機マイクロ回路は、非常に小さく作ることができ、自己組織化し、堅牢で、エネルギー消費量が少ないため、一部の用途に好んで使用されている37,38。

分子エレクトロニクス分野のリーダーの一人である NS Hush は、Albert Szent-Györgyi と Robert S Mulliken が、それぞれ生物学的半導体の理論と分子軌道理論という産業応用の基盤となる 2 つの概念を提供したことを認めている39。最も広く使われている半導体材料であるシリコンは、半導体に必要な純粋な形では高価であり、柔軟性に欠け、環境面でも問題がある。有機半導体は、柔軟で生分解性のあるコンピューター画面、携帯電話、タブレット端末、バイオセンサー、マイクロプロセッサーチップなどの新しい製品群につながると予測されている。タンパク質の半導体が徹底的に否定された初期の時代から、我々は長い道のりを歩んできた41,42,43。

コラーゲン結合組織マトリックスに関連する基底物質高分子電解質分子は、電荷の貯蔵庫である(図12)。したがって、マトリックスは広大な全身レドックスシステムである。グリコサミノグリカンは、ウロン酸残基の硫酸基とカルボキシル基により、高い密度で負電荷を帯びている。核マトリックスとDNAを含む細胞内部は、すべてこの生物物理学的な電気的貯蔵・運搬システムの一部である。アースが傷害の修復に及ぼす影響の時間経過は、さまざまな方法で推定することができる。まず、医療用赤外線画像から、皮膚に貼った導電性パッチで大地とつながってから30分以内に炎症が治まり始めることが分かっている2,3。次に、この同じ期間に代謝活動が増加する。具体的には、接地後40分以内に酸素消費量、脈拍、呼吸数が増加し、血液中の酸素濃度が低下することが分かっている。電荷貯蔵庫が飽和状態になると、体は「炎症準備」と呼ぶ状態になる。つまり、身体のあらゆる部分に浸透している基底物質が、半導体のコラーゲンマトリックスを介して、あらゆる損傷部位に抗酸化電子を素早く送り込む準備ができているのである(図16Bを参照)。

図16 本報告の中心的仮説のまとめ:非接地者と接地者の免疫反応の比較

注釈 (A) 怪我をした後、非接地者(靴さん)は怪我をした部位の周りに炎症性のバリケードを形成する。(B)怪我をした後、接地した人(裸足さん)は炎症バリケードを形成しない。これは、近くの健康な組織を傷つける可能性のある活性酸素が、電子飽和接地物質からコラーゲンネットワークを介して半導電された電子によって直ちに中和されるからである。


老化の有力な理論では、通常の代謝で生成される活性酸素や汚染物質、毒物、損傷に反応して生成される活性酸素による累積損傷が強調されているので、これらの考察はアースまたは接地の抗老化効果も意味する。46 我々は、体のあらゆる部位に届く生きたマトリックスを基盤とし、あらゆる原因による活性酸化物質で組織の完全性が損なわれる可能性がある部位に抗酸化電子を送達できるアース効果を仮定する 47,48

7 接地した被験者とそうでない被験者の間で、ベースラインで正規化した場合、一貫して10%以上の差が生じたパラメータは、クレアチンキナーゼ、ホスホクレアチン/無機リン酸比、ビリルビン、ホスホリルコリン、グリセロールホスホリルコリンであった。ビリルビンは活性酸素を制御する天然の抗酸化物質である。49-53 ビリルビン値は接地群、非接地群ともに減少したが、被験者間のマージンは大きかった(図13)7。

図13 ビリルビン値の比較、各群の試験前と試験後の比較


痛みの指標が変化するのと同時に、炎症マーカーも変化していた。これは、Visual analog pain scaleと右腓腹筋の圧力測定の両方によって明らかになった(図5とand6)6)。DOMS研究の著者らは、接地していない被験者ではビリルビンが電子源として利用されている可能性を示唆した。7 接地した被験者で循環ビリルビンの減少が少ないのは、地球からの自由電子が修復場に利用可能であったためであると思われる。

その他の指標としては、痛みの指標、無機リン酸-ホスホクレアチン比(Pi/PCr)、クレアチンキナーゼ(CK)などがあり、接地した被験者が組織損傷をより効率的に解決したという仮説を後押ししている。図14が示すように、非接地被験者のCK値は、一貫して接地被験者の値を上回っていた7。57-60 無機リン酸レベルはPCrとアデノシン三リン酸の加水分解を示唆するものである。接地していない被験者ではPiが高く、接地した被験者ではPCrが高かった。これらの結果は、接地した被験者のミトコンドリアは、おそらくより迅速にホメオスタシスを達成するために需要が少ないため、それほど多くの代謝エネルギーを生成していないことを示している。群間差はFigure 15に示す通りである。

図14 各群の試験前と試験後のクレアチンキナーゼ値


図15 無機リン酸/ホスホクレアチン比(Pi/PCr)各群の試験前と試験後の比較


DOMS の痛みからの回復を早めるためのアーシングの効果に関するパイロットスタディ7は、より大規模な研究のための良い基盤となるものである。ここで紹介した概念は、”Mr Shoes”(アースしていない人)と “Mr Barefoot”(アースした人)の比較として図16にまとめられている。

考察

現在の膨大な研究により、炎症はさまざまな慢性疾患と相関があることが分かっている。米国国立医学図書館のデータベース(PubMed)で「炎症」を検索すると、40万件以上の研究が見つかり、2013年だけでも3万4千件以上が発表されている。米国では、死亡や身体障害の原因として最も多いのが慢性疾患である。2008年に2兆3,000億米ドルを突破した全米の医療費の75%は、慢性疾患の治療に費やされている。心臓病、癌、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患、骨粗しょう症、糖尿病は、最も一般的で費用のかかる慢性疾患である61 。その他、喘息、アルツハイマー病、腸疾患、肝硬変、嚢胞性線維症、多発性硬化症、関節炎、ループス、髄膜炎および乾癬などが含まれる。全医療費の10%が糖尿病の治療に費やされている。しかし、慢性炎症が慢性疾患につながるメカニズムについては、ほとんど理論がない。ここにまとめたアースに関する研究は、さまざまな証拠に基づいた論理的で検証可能な理論を提供するものである。

免疫反応に関する教科書的な説明では、大小の傷害によって好中球などの白血球が活性酸素やRNSを大量に送り込み、病原体や傷ついた細胞や組織を分解することが書かれている。古典的な教科書の記述では、傷ついた組織から隣接する健康な組織への病原体や残骸の移動を妨げるために、傷ついた組織を隔離する「炎症バリケード」についても言及している。Selyeは、破片が凝固して炎症性バリケードを形成することを説明した(図10)。このバリケードはまた、抗酸化物質や再生細胞がブロックされた領域に移動するのを妨げる。修復は不完全であり、この不完全な修復が悪循環的な炎症サイクルを引き起こし、それが長期間持続することで、いわゆるサイレントあるいはくすぶり続ける炎症となり、やがて慢性疾患の発症を促進することになる

驚くべきことに、我々の発見は、この炎症性バリケードの古典的な図式が、接地性の欠如と、その結果として生じる「電子不足」の結果である可能性を示唆している。体がアースされると、傷の治り方が非常に違ってくる(図1、2)。治癒ははるかに速く、炎症の主要な徴候は減少または消失する。様々な炎症マーカーの経時的なプロファイルは、グラウンディングした個人では非常に異なっている。

炎症と創傷治癒を研究する人々は、グラウンディングが炎症反応の時間的経過をどのように変化させるかを知っておく必要がある。また、研究に使う実験動物が、アースを取ったケージで飼育されたか、取られていないケージで飼育されたかによって、免疫系や反応が全く異なることも知っておく必要がある。研究者が希望すれば、他の研究者がその研究を繰り返すことができるように、研究方法と使用する動物の系統を注意深く説明することは、標準的な研究のやり方である。例えば、すべてのWistarラットは遺伝的にも生理的にも類似しているという仮定がある。しかし、異なる供給元のSprague-Dawleyラット(もともとWistarラットの外来種)の新生物を比較したところ、内分泌腫瘍と乳腺腫瘍の発生率に非常に大きな差があることが明らかになった。副腎髄質腫瘍の発生率も、同じ供給元のラットを異なる実験室で飼育した場合、ばらつきがあった。著者らは、「異なる研究室および/または異なる供給元のラットで実施された発がん性試験の評価には、細心の注意が必要であることを強調した」63。

我々の観点からは、このようなばらつきはまったく驚くべきことではない。動物によって、電荷の貯蔵庫が電子で飽和している程度は大きく異なる。彼らのケージは金属製か、金属製ならその金属は接地されているか?60/50Hzの電気を通す電線や管路にケージがどれだけ近いか?我々の研究から、これらの要因は、免疫反応に測定可能な影響を与えることがわかった。実際、これらの要因は、数え切れないほどの研究の結果に影響を与え、また、他の研究者が特定の研究を再現する能力にも影響を与える可能性のある「隠れた変数」を表しているのである。

断熱性の高い履物、高層ビル、高床式ベッドなどの生活様式は、ほとんどの人間を地球表面との直接的な皮膚との接触から遠ざけている。履物や寝床に動物の皮を使っていた過去の文化では、大地とのつながりは日常的な現実であった。我々は、病原体を殺し、傷害部位から活性酸素と活性酸素を除去するプロセスは、我々が地球と接触しているときに、地球が提供する実質的に無限の移動電子源を常に利用するように進化したことを示唆している。抗酸化物質は電子供与体であり、最高の電子供与体は、我々の足元にあると我々は強く信じている。なぜなら、我々の体は地球との物理的な接触によって、地球からの電子を利用するように進化してきたからである。我々の免疫システムは、感染症や組織の損傷に対処する際に使用される活性酸素や活性窒素種(RNS)のバランスをとるために電子が利用可能である限り、美しく機能する。現代のライフスタイルは、身体と免疫系から突然、原初的な電子源を奪い、驚かせてしまったのである。この惑星的な分離は、1950年代初頭に、従来の革製ではなく、断熱性のある靴底を使った靴の出現によって加速し始めた。我々の免疫システムに対するライフスタイルの挑戦は、進化が対応できる以上の速さで進行している。

地球との断絶は、生理学的な機能不全や、非伝染性の炎症性慢性疾患の世界的な増加に、重要かつ陰湿で、見過ごされている要因かもしれない。電子が不足すると、ミトコンドリアの電子輸送鎖も脱飽和し、慢性疲労を引き起こし、細胞の移動や免疫系の細胞のその他の必須活動を鈍らせる64。この時点で、ちょっとした怪我でも、長期的な健康問題につながる可能性がある。可動電子が利用できなくなると、炎症プロセスは異常な経過をたどる。電子が不足した部位は、さらに傷つきやすく、正電荷を帯び、感染症を防ぐことが難しくなる。その結果、免疫系は常に活性化され、最終的には疲弊してしまうのである。免疫系の細胞は、身体の多様な化学構造(「自己」と呼ばれる)と寄生虫、細菌、真菌、癌細胞などの分子(「非自己」と呼ばれる)を区別できないことがある。このような免疫学的記憶の喪失は、一部の免疫細胞による体内の組織や臓器への攻撃を引き起こす可能性がある。例えば、糖尿病患者のランゲルハンス島のインスリン産生β細胞が破壊されることが挙げられる。また、免疫系が関節の軟骨を攻撃して関節リウマチを発症させる例もある。エリテマトーデスは、体の免疫系が宿主の組織や臓器を攻撃することによって引き起こされる自己免疫疾患の極端な例である。例えば、皮膚、腎臓、血液細胞、関節、心臓、肺など、様々な体のシステムが狼瘡に侵される可能性がある。時間が経つにつれて免疫系は弱くなり、糖尿病患者の傷によく見られるように、炎症や感染症にかかりやすくなり、治らないこともある。具体的には、弱った免疫系が体のどの部分を最初に攻撃するかは、遺伝、習慣(睡眠、食べ物、飲み物、運動など)、体内や環境中の毒素など多くの要因に左右される。65,66 繰り返しになるが、アース(接地)は、ループスや他の自己免疫疾患の患者の痛みを軽減する。

結論

アース(接地)に関する経験や研究の蓄積は、慢性炎症に対するシンプルで自然、かつ身近な健康法の出現を指し示し、臨床医や研究者の真剣な関心を集めている。リビングマトリックス(または接地調節または組織テンセグリティマトリックスシステム)、体の非常にファブリックは、我々の主要な抗酸化防御システムの一つとして機能するように見える。この報告書で説明したように、このシステムは、最適な効果を発揮するために、地球表面(すべての惑星生命の「バッテリー」)との導電性接触による時々の充電が必要なのである。

情報公開

G ChevalierとJL Oschmanはアーシング研究のスポンサーであるEarthFx Inc.の独立した契約者であり、同社の株式を少量所有している。また、リチャード・ブラウンはアーシング研究のスポンサーであるEarthFx Inc.の独立した契約者である。著者は他の利益相反を報告しない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました