グローバルリサーチ金融危機・インフレ

来るべき世界金融革命 ロシアはアメリカの脚本に従う
これまで、米ドルの世界覇権に挑戦した国はなかった。なぜ、このようなことが起こったのか、そして、このことが何を意味するのか。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

www.globalresearch.ca/coming-global-financial-revolution-russia-following-american-playbook/5776597

エレンブラウン

グローバルリサーチ、2022年04月06日

テーマ世界経済石油・エネルギー

海外の評論家は、世界的な基軸通貨である米ドルの「法外な特権」に長い間不満を持ってきた。米国はこの通貨を、「米国の全面的な信用と信頼」以外に何の裏付けもなく発行することができる。ドルを必要とする外国政府は、貿易でドルを受け入れるだけでなく、ドルでアメリカの証券を購入し、事実上アメリカ政府とその対外戦争に資金を供給している。しかし、この協定を破るほど強力な政府は今まで存在しなかった。なぜこのようなことが起こったのか、そしてそれが米国と世界の経済にどのような意味を持つのだろうか。

オイルマネーの勃興と衰退

まず、歴史を振り返ってみよう。米ドルは、1944 年のブレトンウッズ会議で世界基軸通貨として採用されたが、当時はまだ世界市場で金の裏づけがあった。その時の合意は、金とドルは国際準備として交換可能に受け入れられ、ドルは要求に応じて1オンス=35ドルで金と交換されるというものであった。他の通貨の為替レートは、ドルに対して固定されていた。

しかし、リンドン・ジョンソン大統領の「ガンズ・アンド・バター」政策が、ベトナム戦争と国内の「偉大なる社会」社会事業への資金提供によってアメリカの資金を使い果たした後、この取引は破談となった。フランスのドゴール大統領は、アメリカの資金不足を懸念し、フランスのドルの大部分を金と交換し、残りを現金化すると脅しをかけ、他の国もそれに続いた。

1971年、ニクソン大統領は、米国の金準備の流出を避けるため、ドルと金の兌換を国際的に停止した(「金の窓の閉鎖」と呼ばれる)。その結果、ドルの価値は国際的な取引所で他の通貨に比べて急落した。そこでニクソンとキッシンジャー国務長官は、サウジアラビアやOPEC諸国と、OPECはドル建てでしか石油を売らない、そのドルはウォール街やロンドンシティの銀行に預けておく、という取り決めをした。その見返りとして、アメリカはOPEC諸国を軍事的に防衛することになった。経済研究者のウィリアム・エングダールも、原油価格が4倍になるという約束の証拠を提示している。中東の短期戦争に端を発した石油危機で、実際に石油価格は4倍になり、1974年にOPEC協定がまとまった。

この取引は 2000年に サダム・フセインがイラクの石油をユーロ建てで販売し、破談になるまで続いた。リビアのオマル・カダフィ大統領もそれに続いた。両大統領は暗殺され、その国はアメリカとの戦争で壊滅的な打撃を受けた。カナダの研究者、マシュー・エレットはこう語る。

ムバラク、カダハフィ、バシールの指導の下、スーダン、リビア、エジプト連合が、アフリカでの大規模な開発に資金を供給するために、IMF/世界銀行の外で金を担保にした新しい金融システムを確立しようと動いていたことを忘れてはならない。もしこの計画がNATO主導のリビア破壊、スーダン分割、エジプトでの政権交代によって損なわれていなければ、世界は歴史上初めて、英米の支配する金融の不正なゲームの外で自らの運命を形作るアフリカ国家の主要地域ブロックの出現を見たことだろう。

オイルルーブルの台頭

オイルマネーと呼ばれるようになったものに、大国による最初の挑戦が2022年に行われた。ウクライナ紛争が始まった翌月、米国と欧州の同盟国は、違法な軍事侵攻に対抗して、ロシアに重い金融制裁を課した。その内容は、ロシア中央銀行が保有する6400億米ドルのうち半分近くを凍結すること、数人を国外退去させること、さらに、ロシアが保有する1,000億米ドルのうち1,000億米ドルを凍結することなどである。また、ロシアの先端技術へのアクセスを制限する輸出規制、ロシア航空機・船舶の領空・港湾の閉鎖、ロシア高官や著名な大物に対する個人的制裁などである。その結果、1970年代初頭の米ドルと同じように、ルーブルの価値が国際市場で急落し、ロシア人は慌てて銀行からルーブルを引き上げた。

米国の全面的な信用と信頼」に裏打ちされた世界基軸通貨としての米ドルの信頼は、ついに完全に崩れ去った。プーチン 大統領は 3月16日の演説で、米国とEUは債務不履行に陥り、ロシアの外貨準備の凍結はいわゆる第一級資産の信頼性の終焉を意味すると述べた。3月23日には、ロシアの天然ガスを、現在使われているユーロやドルではなく、ロシアルーブルでのみ「非友好国」に販売すると発表した。ロシアが「非友好国」としてカウントしているのは、米国、英国、ウクライナ、スイス、韓国、シンガポール、ノルウェー、カナダ、日本など48カ国である。

プーチンは、世界の人口の半分以上がロシアに「友好的」であることを指摘した。制裁に賛成しなかった国には、中国とインドという2つの大国と、主要産油国のベネズエラ、トルコ、その他「Global South」の国々が含まれている。プーチンは、「友好的な国々は、ロシアから様々な通貨で購入することができるようになった」と述べた。

もっと読む:ウクライナ戦争はアメリカの世紀末を意味する。”残るはドル建て債務の蒸し焼き”

3月24日、ロシアのパヴェル・ザヴァルニー議員は記者会見で、ガスは西側諸国にはルーブルか金で、「友好国」には自国通貨かビットコインで売ることができる、と述べた。

G7のエネルギー担当大臣たちは、プーチンの要求はユーロかドルでの販売を義務付けるガス契約条項に違反するとして拒否した。しかし、3月28日、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアは「慈善事業を行っているわけではない」と述べ、欧州にガスを無償で供給することはない(現在貿易で使用できないユーロやドルでの販売であれば、そうなる)ことを明らかにした。制裁そのものが、世界市場で通貨を尊重するという合意への違反である。

ブルームバーグによると、3月30日、ロシア下院議長のヴャチェスラフ・ボロディンがテレグラムの投稿で、ロシアが西側にルーブル(または金)での支払いを要求する商品のリストを、穀物、石油、金属などにも拡大する可能性を示唆したという。ロシアの経済規模は米国やEUに比べるとはるかに小さいが、ロシアは石油、天然ガス、穀物だけでなく、木材、肥料、ニッケル、チタン、パラジウム、石炭、窒素、コンピューターチップや電気自動車、航空機の製造に使われる希土類金属など、主要商品の主要な世界供給国となっている。

4月2日、ロシアの大手ガス会社ガスプロムが、欧州のエネルギー供給の重要な動脈であるヤマル-ヨーロッパパイプラインを経由した欧州への供給をすべて正式に停止した。

英国の経済学者リチャード・ワーナー教授は、ロシアの動きは巧妙で、1970年代に米国が行ったことを再現していると言う。ロシアの商品を手に入れるために、「非友好的」な国々はルーブルを買わなければならなくなり、1974年以降、オイルマネーの必要性が米ドルを支えたように、世界の取引所でのルーブルの価値を押し上げることになる。実際、3月30日までに、ルーブルはすでに1カ月前の水準まで上昇していた。

アメリカン・システム プレイブックの1ページ

ロシアは、自国通貨を重要な商品の販売に結びつけるだけでなく、それ以前のプロトコル、すなわち19世紀のアメリカの指導者たちが「アメリカン・システム」と呼んだ主権的貨幣と信用のシステムをアメリカに倣っている。その3本柱は、(a)国内整備と新興産業育成のための連邦補助金、(b)産業保護のための関税、(c)国立銀行による容易な信用発行であった。

経済学の研究教授で、『超帝国主義』などの著書があるマイケル・ハドソン氏は、「制裁は、ロシアに輸入依存を減らし、自国の産業とインフラを発展させることを迫っている」と指摘する。この制裁は、これまでロシアがやりたがらなかったこと、つまり輸入品への依存を減らし、自国の産業とインフラを発展させることを迫っている、と指摘する。その効果は、保護関税に匹敵するものだという。ハドソンは「アメリカ帝国の自滅」と題する記事で、ロシア制裁(実際には2014年にさかのぼる)について次のように書いている。

ロシアは自由市場主義に溺れ、自国の農業や産業を守るための手段を講じることができないままだった。そこで米国は、制裁によってロシア国内の自立を促し、必要な支援を行った。バルト諸国がロシアからチーズなどの農産物の市場を失うと、ロシアはすぐに独自のチーズや酪農の分野を作り上げ、世界有数の穀物輸出国になった。

ロシアは、ルーブルの為替レートの裏づけとして米ドルを必要としないことを発見している(あるいは発見しそうになっている)。中央銀行が国内の賃金支払いや資本形成に必要なルーブルを作り出すことができるのだ。このように、米国の通貨没収は、セルゲイ・グラジエフが長年提唱してきたMMT(現代通貨理論)のような新自由主義的な金融哲学をロシアに終焉させることになるかもしれない。…

IMFや世界銀行、その他のアメリカ外交の武器に代わって、外国が自分たちでやらなかったことを、アメリカの政治家が無理やりやらせようとしているのだ。ヨーロッパ、近東、南半球の国々は、長期的な経済的利益を自ら計算して離脱するのではなく、アメリカはロシアや中国にしたように、彼らを追いやろうとしている。

グラズィエフとユーラシア・リセット

前出のハドソンが紹介したセルゲイ・グラジエフは、プーチン大統領の元顧問で、ユーラシア経済連合 (EAEU)の監督機関であるユーラシア経済委員会の統合・マクロ経済担当大臣。ロシア中央銀行をロシア独自の通貨と信用を発行する「国家銀行」に転換して国内開発を行うなど、「アメリカ方式」と同様の手段をとることを提唱している。グラジェフ氏は2月25日、「制裁と主権」と題する米国の制裁に関する分析を発表し、次のように述べている。

米国の金融制裁による被害は、ロシア中銀の金融政策と表裏一体である・・・その本質は、ルーブル発行と輸出収益、ルーブル為替レートとドルを厳しく拘束することに尽きる。実際、経済に人為的な資金不足が生じ、中銀の厳しい政策が貸出コストの上昇につながり、国内の企業活動やインフラ整備に支障をきたしている。

グラジェフ氏は、もし中央銀行が、西側パートナーから引き出された融資を自らの融資に置き換えれば、ロシアの信用力は大きく高まり、インフレを起こさずに経済活動の低下を防ぐことができるだろうと述べた。

ロシアは、インドにはインドの通貨ルピーで、中国には人民元で、トルコにはリラで 石油を販売することに合意している。これらの国の通貨は、その国が販売する商品やサービスに使用することができる。それこそが不換紙幣であり、国家の「全面的な信頼と信用」に裏打ちされた、商品やサービスの価値でそれを受け入れるという国民の同意に支えられた交換媒体なのだ。

しかし、このようなグローバルな物々交換システムは、ローカルな物々交換システムと同様に、一方の当事者が他方の当事者の商品やサービスを必要としない場合、破綻してしまうだろう。その場合、交換の媒介となる何らかの中間基軸通貨が必要となる。

グラズィエフと彼のカウンターパートは、それに取り組んでいる。The Sakerに掲載された翻訳インタビューの中で、グラズィエフは次のように述べている。

私たちは現在、新しい世界決済通貨の導入に関する国際協定案を作成中で、参加国の国内通貨と、実質的な価値を決定する為替取引商品とに固定されている。アメリカやヨーロッパの銀行は不要になる。銀行の重要性が失われつつある世界では、ブロックチェーンを用いた現代のデジタル技術に基づく新しい決済システムが発展しつつある。

ロシアと中国は共にSWIFTメッセージングシステムの代替手段を開発しており、ロシアの一部の銀行はこのシステムからブロックされている。ロンドンを拠点とするコメンテーター、アレクサンダー・マーキュリスは、SWIFTの外に出ることは、欧米の銀行がロシアや中国の取引を追跡できないことを意味する、という興味深い見解を示している。

地政学アナリストのPepe Escobarは、「Say Hello to Russian Gold and Chinese Petroyuan」と題する論文で、ユーラシアと中国の金融リセット計画を総括している。彼はこう書いている。

長い間待ち望まれていたことだが、ようやく多極化した世界の新しい基盤の重要な線条が明らかにされつつある。

金曜日[3月11日]、ユーラシア経済連合 (EAEU)と中国は、テレビ会議の後、独立した国際通貨・金融システムの仕組みを設計することに合意した。EAEUはロシア、カザフスタン、キルギス、ベラルーシ、アルメニアからなり、他のユーラシア諸国と自由貿易協定を締結し、中国の一帯一路構想 (BRI)と相互接続が進んでいる。

このアイデアは、ロシアで最も優れた独立系エコノミストであるセルゲイ・グラズィエフのものである。

グラツィエフ氏は、「世界経済の減速と、EAEU諸国と中国に対する制限的な措置に伴う共通の課題とリスク」が、このアイデアの結実の理由だと、極めて外交的に説明した。

訳注:中国はロシアと同様にユーラシアの大国であるため、米国の一極体制を迂回するために戦略を調整する必要がある。

ユーラシア・システムは、おそらく人民元を基準とした「新しい国際通貨」をベースに、参加国の通貨と商品価格のインデックスとして算出される。…

EAEUは、BRIに参加した国だけでなく、上海協力機構 (SCO)やASEANの主要なプレーヤーも引き寄せる可能性があり、ユーラシアシステムは米ドルに代わる重大なものになるに違いない。西アジアのアクター、つまりイラン、イラク、シリア、レバノンも必然的に関心を持つだろう。

法外な特権か法外な負担か?

そのシステムが成功した場合、米国経済にはどのような影響があるのだろうか。投資ストラテジストのリン・アルデン氏は、「米国世界通貨準備制度のほころび」と題した詳細な分析で、短期的には痛みが伴うが、長期的には米国経済に利益をもたらすと書いている。このテーマは複雑だが、要するに、基軸通貨支配が製造業の基盤を破壊し、巨額の連邦債務を積み上げる結果となったということだ。基軸通貨の負担を分担することで、ロシア経済への制裁のような効果、つまり関税のように国内産業を育成し、アメリカの製造業の基盤を再構築することが可能になる。

また、唯一の世界基軸通貨であることは、法外な特権というより法外な負担であるとするコメンテーターもいる。米ドルの地位が失われたとしても、米ドルの重要性が失われるわけではなく、米ドルは世界金融に深く組み込まれているため、その地位は揺るがない。しかし、世界唯一の基軸通貨としてのオイルマネーの終焉を意味し、その支配を維持するための壊滅的な石油戦争の終焉を意味する可能性は十分にある。

*

この記事はScheerPostに 掲載されたものである。

エレン・ブラウンは弁護士で、パブリック・バンキング研究所の会長であり、「Web of Debt」「The Public Bank Solution」「Banking on the People」など13冊の著書を持つ。PRN.FMのラジオ番組「It’s Our Money」の共同司会者でもある。EllenBrown. comに300以上のブログ記事が掲載されている。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました