エマニュエル・パストリッチグローバルリサーチ資本主義・巨大企業

「グローバル超富裕層」の大嘘戦略 人間の心の弱さ

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

The Big Lie Strategy of the “Global Super-Rich”. The Weaknesses of the Human Mind

globalriskcommunity.com/profiles/blogs/the-big-lie-strategy-of-the-global-super-rich-the-weaknesses-of-t

Emanuel Pastreich著

グローバルリサーチ社 2021年5月13日

ここ数年の富の大規模な集中により、ほんの一握りの個人が、採掘、生産、流通の手段、食品や製品の販売、貨幣の価値を支配することが可能になった。

彼らは、ハーバード大学、世界保健機関、ニューヨークタイムズ、そしてアメリカや他のほとんどの国の政府の専門家に、特定のコミュニティの好みに合わせて、全体主義的な支配を正当化するために必要な声明を自由に要求することができる。

富が集中する速度は人類史上前代未聞であり、その一因はテクノロジーの急激な進化によって、ほとんどの人が理解できないほど複雑な方法で、通貨やその他の金融商品を世界規模で操作できるようになったことにある。

 

新しいAI技術によって、商業メディアを通じて偽の情報を混乱させながら世界中に広めることができるようになった。超富裕層はこの混乱を利用して、米国や世界の市民を分断し、混乱させる。彼らが宣伝する権威者を通じて矛盾した意見を提示するが、その多くは科学的根拠を欠く意見である。

なぜこれほど多くの高学歴のアメリカ人が現在の危機に対応できず、信じていないワクチン体制を支持しているのかを理解するには、既成の知識人に提供されている選択肢を操作するためのより大きな戦略に目を向ける必要がある。それはタイムラグの問題でもある。知識人は地政学の急激な変化に衝撃を受けている。自己憐憫にふけったり、否定に埋没したりする方が楽なのだ。そのため、全体主義に対する真の抵抗の核を形成した1930年代の反ファシズム運動のように組織することができなかった。

アメリカ社会に亀裂を生じさせ、既定の方法で内部対立を起こし、幅広いコンセンサスが得られず、市民が知らず知らずのうちに超富裕層のために汚れ仕事をするように、超富裕層の顧問が巧みに仕掛けた偽りの選択肢、餌付きの駆け引きのいくつかに焦点を当てることは有益であろう。

今日利用されている中心的な餌付けされた策略を考えてみよう。

新冷戦

商業メディアは、米国と中国の間の新冷戦について画一的なストーリーを流し、それが何百ものメディアのプラットフォームで配信されるように、さまざまな政治的フレーバーに再フォーマットされた。中国の拡張主義が生んだ前例のない米中間の緊張に関するこの物語には、保守的なものと進歩的なものがある。

新疆ウイグル自治区や香港における中国の行動のすべてが嘘というわけではないが、ほとんどの場合、この物語はあまりにもグロテスクに歪められているので、図書館のフィクションのカテゴリーに分類した方がいいかもしれない。

この新冷戦が 2020年国防予算案による米軍予算の大幅増で一儲けしようとする関係者が株式を保有するメディア関係者によって推進されていることについては、まともに議論されているところを見たことがない。

また、第一次世界大戦前の数年間、多国籍銀行と企業の利害関係者が軍事化を推し進めるために領土や民族のアイデンティティをめぐる国家間の対立を煽ってきた過程や、その皮肉な策略がいかに過剰生産能力と過剰生産に関係していたか、戦時需要の錬金術によって負債が天恵にされたことについては誰も触れない。フランス、イギリス、ドイツの銀行は、この悲喜劇に喜んで参加し、戦争が始まった後も、隠された利益誘導が続けられた。

1914年にロンドン、パリ、ベルリンの世界金融界のリーダーが使った手口と、今日、米国や中国の金融関係者が使っている同様の手口を比較すれば、市民は数分もかからずに理解できるはずだ。

分析の代わりに、我々は、投資銀行家の最も高給な手先であり、ニューヨークと上海のCEOたちから称賛され、祭り上げられたオーダーメイドの預言者、ハーバード大学のエミネンス・グライズ、グラハム・エリソンによって、「トゥキディデスの罠」といううんざりするほど陳腐な話を延々と押し付けられ続けているのである。

もし我々が、ワシントンと北京のエリートたちの間で結ばれた不健康な「フランケンシュタイン同盟」で何が起こっているかを理解したいのなら、まずグローバルバンカーによって知識人に売りつけられたこの愚かな「国民国家」の図式から抜け出し、労働者の生活を破壊する目的で世界的に行われている超富裕層の大連携を直接見つめ、市民の側の目的の一致を止めるためにアメリカの労働者と中国の労働者との駆け引きを展開・解明しなければならない。

グラハム・エリソンとハーバードの友人たちは、ハーバードの事実上の大株主であるゴールドマン・サックスが、「競争 」という名のもとに、両国で工場の完全自動化とAIの大量導入を押し進める手段として米中間の経済対立を利用しようと計画していることを決して語ろうとはしないだろう。

この戦いは北京とワシントンの間というよりも、その戦いも十分に現実的ではあるが、両国の労働者一人ひとりの資産、資金、活動、アイデンティティ、そして身体を支配しようとするグローバル金融の原動力の方が重要である。中国を通過できないものは、まず米国で、あるいはその逆で、あるいは他の国で通過させる。

もしかしたら、イーロン・マスクとジャック・マーは、米国と中国における国家主義的な偏狭な国家政策に反対する理性の声ではなく、全世界の資源と資産を独占しようとする計画のパートナーなのかもしれない。

その過程は、オープンソースの資料を使えばそれほど苦労せずに記録できるにもかかわらず、埒外にある陰謀論として退けなければならない。中国とアメリカの対立を正確に理解する唯一の方法は、紀元前5世紀のスパルタとアテネの戦争になぞらえることであると当局から言われている。

富の急激な集中を考えると、中国もアメリカも政治的な単位としては存在しない可能性が、今日我々が目撃していることの最も可能性の高い説明である。そのような分析はどこでも読むことができない。

この “新冷戦 “のための防衛費増額は、直ちにどのような結果をもたらすのだろうか?

米国、中国、東アジア全体、そして今世界中で防衛費を大幅に増加させる機会があり、銀行は垂涎の的となっている。多くの金融関係者は、このような支出、つまり人為的に作り出された需要から利益を得る立場にある。市民は、中国を含む世界中の兵器システムで誰が儲けているのか、一言も語られることなく冷戦時代のフィクションを強制的に見せられる。

米国防総省や情報機関では、もはや中国語の訓練や、アジア諸国の政治や文化を理解する新しい世代の育成を目的とした支出は行われていない。中国で(中国語を学ぶために)勉強した人は、政府で働くために必要なセキュリティ・クリアランスを取得できないことが増えている。

その資金のほとんどは、ばかばかしいほど高価な戦闘機、戦車、対ミサイルシステム、人工衛星につぎ込まれている。多くの場合、すでに効果がない、あるいは役に立たないことが明らかになっている。

軍や諜報機関で働くレベルの人々は、ますます不合理な命令を受けるにもかかわらず、自分たちの仕事をしようと努力している。中国のAIやドローン、ロボットによる脅威の報告も、ある程度は信憑性があると自分たちを納得させることができる。確かに、24時間体制の勤務体制が強要され(イラク侵攻前と同様)集中することはほぼ不可能だ。

市民や、最高機密/SCIのクリアランスを持つ職員でさえ誰も言おうとしないのは、開発中のAIが、商業メディアを使った脳の破壊的刺激によって市民の思考能力(まずは軍人)を低下させ、異なる時間軸とアジェンダを使って両国の国民を分断・混乱させ、超富裕層の絶対支配に向けて地球市民を軟化させるための武器であることを意味しているという点である。

次世代の超小型無人機やロボット、低軌道衛星に搭載されたエネルギー兵器は、輝かしいノルマンディー上陸作戦や、文明と国家間のアテネ-スパルタ紛争に使われるのだろうか?それとも、最終的な目的は、中国やアメリカの市民がこの世界的な権力の掌握に抵抗しようとすれば、それを攻撃するためにこれらの兵器を使用することなのだろうか。

戦争はすでに宣言されている。中国とアメリカ、そして他の多くの国々が、科学を完全に腐敗させ、すべての情報源をCOVID19のような「バイオファシスト」政権を支持するプロパガンダのための栓にしようとする動きの戦場になっている。

ダラスでも武漢でも、大阪でもドレスデンでも、AI対数演算は市民社会を閉鎖するために今使われ、攻撃するようにプログラムされた人を攻撃できるドローンやロボットの山が待ち構えているのである。

ニューヨーク・タイムズ紙が、何十年も完全に無視していた警察の暴力に、昨年から急に関心を持ち始めたことは注目に値する。しかも、彼らの関心は組織的な腐敗ではなく、政策転換のためのコンセンサスを形成するのに十分な時間、ニュースサイクルで演じられる派手な事件に向けられているのだ。

おそらく、その目的は警察の暴力を減らすことではなく、人間警察を廃止する手段として、警察官に対する国民の信頼を損なわせることにあるのだろう。しかし、このような動きは、地域社会とより密接に結びついた人間的な警察を作ることを意図しているのだろうか。それとも、人間の警察を、笑顔は見せても人間以上の冷酷さを持つドローンやロボットに置き換えることを受け入れるように、国民を軟化させるための第一段階なのだろうか?

どちらを選ぶ?気候変動かCOVID-19か?

多国籍投資銀行、企業、そしてそれらを支配する超富裕層は、我々を分断し、組織的な抵抗を阻止するための「偽りの選択肢」を市民に設定するために、オペレーターにお金を払っている。既成のリベラルと保守の対立は、この努力の中核をなすものである。この努力は何十年も続いているが、民族、文化、ジェンダーに基づく対立を作り出す機密プログラムは、エリートの露骨な権力掌握がますます明らかになるにつれて、ワープドライブ状態になっている。

気候変動に対処するか、COVID19が巨大な詐欺であることを認めるか、という誤った選択が、餌となる駆け引きの中心となっている。一度に両方の問題に取り組もうとする人は、どこにも何も発表できないことに気づくだろう。誰もが、どちらか一方を選ぶか、あるいは公の場から完全に姿を消すかの選択を迫られている。自分の大切な名前が活字になることに慣れきっているエゴの塊のような「公共知識人」にとって、この妥協はたいした意味を持たない。

排出物や生態系の破壊、危険な「成長」と「消費」モデルによって駆動する経済によって、気候に悪影響が及んでいることを認識するか、COVID19には科学的根拠がなく、強制ワクチン政権は金持ちと権力者が我々の身体を支配しようとするもので、適当な理由で働く権利、学校に行く権利、医療を受ける権利を否定するものだと主張するか、どちらかである。

一方では、ノーム・チョムスキーやクリス・ヘッジズのような進歩的な風味の知識人が、化石燃料の危険性や、石油会社から金をもらっている共和党員が見せる科学への無知について話しているのを目にする。彼らの主張には真実の部分もある。その他は、投資銀行のニーズに合わせて作られている。例えば、彼らは太陽光発電や風力発電を喜んで推進するが、これらの再生可能エネルギープロジェクトが企業銀行によって計画され、推進されることには触れない。また、ジョン・ロックフェラーが大石油への依存を強いる前に、市民がどのように自分たちで再生可能エネルギーを生産していたのかについても、こうした知識人たちは言及しない。

これらの進歩的な人々は、ビル・ゲイツの著書『How to Avoid a Climate Disaster』もそのままにし、ゲイツ財団が「気候危機」を利用して政治的・イデオロギー的支配を強化するために必要なあらゆる手立てを与えることを好んでいる。

もう一方のコーナーでは、ドナルド・トランプやロバート・F・ケネディ・ジュニアに関連する人々が、COVID19「大パンデミック」、マスク指令、ワクチン政権を非難することで一致している。これらの勢力は、ますます洗練されたメディアソースを開発し、実質的な科学的データでその批判を裏付けている。ほとんどの場合、これらのグループが真実を語っても、NationやGreenpeaceは過激派、あるいは反科学として頭ごなしに否定してしまう。

これらのグループのCOVID19に関する科学が優れているとしても(そしてそれは必ずしも正確ではない)彼らは気候変動、生物多様性の崩壊、水圧破砕やマイクロプラスチックによる環境破壊の脅威については沈黙し、あるいは否定的でさえある。ビル・ゲイツやジョージ・ソロスに立ち向かうことはできても、BPやエクソンになると膝をガクガクさせるのだ。

アメリカの政治における強力な禁句である、9.11事件に関する解釈の分裂も、アメリカの科学界に杭を打ち込む計画の一部である。高校物理で習う原則に反したこの明らかな不正は、気候変動や社会的不公正、制度的人種差別に対して独善的な憤りをもって立ち上がる進歩的グループにとってはタブーなのである。

しかし、9.11は、保守派にとってはタブーではない。しかし、そこには落とし穴がある。9.11やCOVID19に関する科学的な議論の中には、悪の本質に関するキリスト教哲学に言及し、黙示録を参照しながら語られているものがある。このような言及は有効かもしれないが、一般大衆に対するこれらのレポートの訴求力を本質的に制限している。

これらの報道における批評は、あの事件の背後にある世界中の連動した金融利権についての体系的な分析が欠けている。これらの保守的なニュースソースは、「ジャイアンツ」のような本に見られる、誰が何を所有しているかという体系的な分析に欠けている。『グローバル・パワー・エリート』(ピーター・フィリップス)などに見られるような、誰が何を所有しているかについての体系的な分析がなされていない。

高位政治家による小児性愛者のための青少年売買や、悪魔崇拝の実践への参加疑惑に焦点を当てているため、これらの保守的な報道のインパクトも限定的である。ワシントンD.C.の権力者の間で小児性愛が行われている証拠はいくらでもあるし、政治家について不利な情報を集めるために、そうした事件が意図的に仕組まれたという資料も存在する。

しかし、この政治的慣習は、買収や脅迫のためのさまざまな手法のひとつに過ぎず、これらの報道が示唆するほど中心的なものではない。

高位の政治家が悪魔崇拝の儀式を行った可能性はあるが、私が見たワシントンDCの権力行使を見る限り、悪魔崇拝がそれほど顕著である可能性は低いように思われる。私は、そのような主張には真実があるかもしれないが、悪魔崇拝を強調することは、聴衆を限定するため、情報を得るための条件なのではないかと思っている。おそらく秘密保護法は、主要なメディアでCOVID19に関する報道を阻止するだけでなく、この話題について報道することを許された人々は、進歩的なグループの間での流通を削減するキリスト教イデオロギーを大量に導入することを要求しているのだろう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました