タウリン 10の神経保護作用(認知症・アルツハイマー)

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

タウリン

概要

タウリンは、哺乳動物に豊富に含まれている硫黄を含む含硫アミノ酸とみなされることもあるが、カルボキシル基をもたないためアミノ酸には分類されない。

タンパク質を構成せず、通常遊離状態で動植物の組織に見出される。イカやタコなどの軟体動物に多く含まれることが知られている。

役割

タウリンは、胆汁酸の抱合、抗酸化作用、浸透圧調節、膜安定化、カルシウムシグナル伝達の調節など、多くの生物学的役割を担っている。

心血管機能、骨格筋、網膜、中枢神経系の発達および機能にも不可欠。

タウリンの神経保護作用

タウリンは明確には神経伝達物質としては分類されていないが、基準の多くは満たしている。タウリンとその合成酵素CSADは、シナプス前終末に共局在する。

二種類のタウリン受容体(イオノトロピックタウリン受容体、メタボトロピックタウリン受容体)がある可能性があり、一部のタウリンの神経保護効果はそれらの受容体を介して作用することが研究者によって提案されている。

GABA A受容体

タウリンはNMDAを阻害し、GABAa受容体を刺激することで、GABAを増加させる。

タウリン単独での認知機能改善の証拠はほとんどないが、脳内のGABAを増加させる方法のひとつとして有望。

グルタミン酸興奮性毒性の軽減

タウリンによるGABA A受容体活性は、アミロイドβのグルタミン酸作動性伝達の興奮毒性による神経細胞死を阻害する。

Activation of GABA(A) Receptors by Taurine and Muscimol Blocks the Neurotoxicity of Beta-Amyloid in Rat Hippocampal and Cortical Neurons - PubMed
The beta-amyloid peptide (Abeta) is centrally related to the pathogenesis of Alzheimer's disease (AD) and is potently neurotoxic to central nervous system neuro

カルシウム恒常性調節

タウリンのカルシウム恒常性の調節作用、GABAを介したNMDA受容体からの神経保護作用は、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病などの疾患に置いて見られるグルタミン酸興奮毒性、カルシウム不均衡などに対して神経保護の役割を果たす可能性がある。

Taurine as a Modulator of Excitatory and Inhibitory Neurotransmission
We present data that summarize our findings on the role of taurine in the central nervous system and in particular taurine's interaction with the inhibitory and

アミロイドβオリゴマー阻害

オスモライトであるタウリンはアミロイドβの凝集を抑制する。アミロイドの弱い阻害剤。

Role of Naturally Occurring Osmolytes in Protein Folding and Stability - PubMed
Osmolytes are typically accumulated in the intracellular environment at relatively high concentrations when cells/tissues are subjected to stress conditions. Os

タウリンおよびホモタウリンはアミロイドβオリゴマーに直接結合して阻害する。

Taurine in drinking water recovers learning and memory in the adult APP/PS1 mouse model of Alzheimer's disease
Alzheimer's disease (AD) is a lethal progressive neurological disorder affecting the memory. Recently, US Food and Drug Administration mitigated the standard fo

細胞浸透圧の調節

Substantia nigra osmoregulation: taurine and ATP involvement | American Journal of Physiology-Cell Physiology
An extracellular nonsynaptic taurine pool of glial origin was recently reported in the substantia nigra (SN). There is previous evidence showing taurine as an i

抗酸化剤

タウリン投与による、肝臓組織のカタラーゼ、GSH-Px活性の増加。

The Protective Effect of Taurine Against Cyclosporine A-induced Oxidative Stress and Hepatotoxicity in Rats - PubMed
Cyclosporine A (CsA) is the immunosuppressor which is most frequently used in transplant surgery and in the treatment of autoimmune diseases. Oxidative stress h

タウリンとβアラニンの同時投与は、ミトコンドリア効果を著しく妨げる。タウリンはミトコンドリアタンパク質の調節因子として、電子伝達活性を増強し、スーパーオキシド生成に対するミトコンドリアの保護効果を有する。

Mechanism Underlying the Antioxidant Activity of Taurine: Prevention of Mitochondrial Oxidant Production - PubMed
An important function of the β-amino acid, taurine, is the regulation of oxidative stress. However, taurine is neither a classical scavenger nor a regulator of

小胞体ストレスの軽減

Beneficial Effect of Taurine on Hypoxia- And Glutamate-Induced Endoplasmic Reticulum Stress Pathways in Primary Neuronal Culture - PubMed
Stroke (hypoxia) is one of the leading causes of mortality in the developed countries, and it can induce excessive glutamate release and endoplasmic reticulum (

ミトコンドリア機能障害の予防

タウリンはミトコンドリアmPTPの開口を阻害することにより、ミトコンドリア透過性遷移mPTの誘導を抑制した。さらに、ミトコンドリア膜電位の喪失、細胞内ATPレベルの低下、細胞質に転位するチトクロームcの量の減少、カスパーゼ−3活性化が観察された。

Taurine Protects Transformed Rat Retinal Ganglion Cells From Hypoxia-Induced Apoptosis by Preventing Mitochondrial Dysfunction - PubMed
Hypoxia-induced apoptosis of retinal ganglion cells (RGCs) is the major cause of progressive vision loss in numerous retinal diseases, including glaucoma and di

抗アポトーシス

Protective Function of Taurine in Glutamate-Induced Apoptosis in Cultured Neurons - PubMed
Previously, we showed that taurine protects neurons against glutamate-induced excitotoxicity by inhibiting the glutamate-induced increase of (i). In this study,
Taurine Suppresses Doxorubicin-Triggered Oxidative Stress and Cardiac Apoptosis in Rat via Up-Regulation of PI3-K/Akt and Inhibition of p53, p38-JNK - PubMed
The objective of the present study was to investigate the signaling mechanisms involved in the beneficial role of taurine against doxorubicin-induced cardiac ox

炎症メディエーターの下方制御

タウリン抗炎症作用機序は、PARPおよびNF-κBのダウンレギュレーションと関連している。

Anti-inflammatory Mechanism of Taurine Against Ischemic Stroke Is Related to Down-Regulation of PARP and NF-κB - PubMed
Taurine is reported to reduce tissue damage induced by inflammation and to protect the brain against experimental stroke. The objective of this study was to inv
タイトルとURLをコピーしました