レビー小体型認知症

リコード法(プログラム)

グリア細胞由来神経栄養因子 GDNFを増やす30の方法 作成中

概要 glial cell line derived neurotrophic factor グリア細胞由来神経栄養因子 GDNFはパーキンソン病患者のドーパミン産生ニューロンの細胞死を防ぐ因子を探索する中で、約20年前に発見された。 ドーパミン産生ニューロ
2019.08.20
多系統萎縮症

多系統萎縮症(MSA)15の治療アプローチ(作成中)

Multiple System Atrophy 概要 多系統萎縮症 多系統萎縮症の症状 多系統萎縮症はパーキンソン病などの一般的な疾患と似ているため診断はしばしば遅れる。初期症状は明白ではない。 自律神経系の症状を示すことが多く、運動症状の認識に先行することがあ
2020.02.06
36の発症因子

ミトコンドリア機能を改善する55の方法

ミトコンドリア機能障害の治療 ミトコンドリア関連記事 アルツハイマー病のミトコンドリア仮説 ミトコンドリア機能障害 アルツハイマー病治療標的 ミトコンドリア・ホルミシスの活性 ミトコンドリア機能を改善する55の方法 マイトファジーを
2019.04.19
パーキンソン病

αシヌクレインの機能・凝集阻害剤

レビー小体型認知症・パーキンソン病・多系統萎縮症 関連記事 レビー小体型認知症について調べてみた レビー小体型認知症 15のアプローチと65の治療方法 αシヌクレインの機能・凝集阻害剤 概要 脳に必要なαシヌクレイン αシヌクレインは脳が正常に機能するた
2020.02.06
ミトコンドリア

マイトファジーを活性化させる10のアプローチ

ミトコンドリアオートファジー 関連記事 オートファジーによるアルツハイマー病治療戦略 マイトファジーを活性化させる10の方法 オートファジー促進因子TFEB(転写因子EB)10の活性方法 概要 マイトファジーはミトコンドリアの選択的オートファジー。
2019.02.24
アミロイド

神経変性疾患プリオン仮説と10の治療候補

プリオンタンパク質とアルツハイマー病 ※ 概要 プリオン プリオンとはタンパク質でできた感染性因子。プリオン仮説によると異常に折り畳まれたタンパク質(ミスフォールディングプロテイン)が、DNAや核酸を介さず正常な構造のタンパク質を同様の異常構造に変えていくことで伝播す
2020.01.09
リコード法(プログラム)

アルサプ レビー小体型認知症・パーキンソン病 回復プログラム(オプション)

アルツハッカーサプリメント スタートアップサプリメント レビー小体・パーキンソン病 追加オプション(試案) はじめに 毒素の解毒をまず優先 ブレデセン博士によると、レビー小体型認知症は典型的に毒素、化学薬品、有害金属、生物毒素など、すべてのタイプの毒素と関連があると考え
2020.01.27
睡眠

アミノ酸・L-セリンの神経保護作用

アミノ酸 L-セリン L-セリンの役割 セリン L-セリンは非必須アミノ酸のひとつとして分類される。 しかし、脊椎動物は特定の状況下では必要な量を合成することができないため、条件付き非必須アミノ酸とも考えられている。 重要なアミノ酸の前駆体 L-セリンは哺
2020.03.15
アミノ酸

タウリン 10の神経保護作用(認知症・アルツハイマー)

タウリン 概要 タウリンは、哺乳動物に豊富に含まれている硫黄を含む含硫アミノ酸とみなされることもあるが、カルボキシル基をもたないためアミノ酸には分類されない。 タンパク質を構成せず、通常遊離状態で動植物の組織に見出される。イカやタコなどの軟体動物に多く含まれることが
2019.09.28
適応外薬

認知機能と記憶を改善するメチレンブルー

メチレンブルー・メチルチオニニウムの効果(認知症・アルツハイマー) 概要 神経保護の歴史をもつメチレンブルー メチレンブルー メチレンブルー(塩化メチルリチオニウム)は1876年にドイツの科学者Heinrich Caroによって作られた。20世紀初頭に
2019.05.17
タイトルとURLをコピーしました