アスピリン

適応外薬

アスピリン 7つの抗認知症メカニズム

概要 世界初の合成医薬品 アスピリンのヤナギの抽出物サリチル酸をアセチル化して作られた世界初の合成薬。 ドイツの研究者ホフマンによって100年以上前に合成的に作られた。 アスピリンの名前の由来は、アセチル化のA、サリチル酸塩が豊富に含まれる植物メドウズウィート
2019.12.13
タイトルとURLをコピーしました