プラスチック材料スチレンの健康リスクと治療法(化学物質/産業毒素)

この記事は約5分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

スチレンとフェニルグリオキシル酸(PGO)

当サイトの利用には 利用規約と免責事項 への同意が必要です。

Styrene / Phenylglyoxilic Acid (PGO)

概要

スチレン

スチレンは芳香族炭化水素であり、世界で最も重要なプラスチックモノマー(プラスチックはポリマーとモノマーの重合構造となっている)の一つ。

スチレン/エチルベンゼンスチレンは、プラスチックの製造、建材、、自動車の排気ガスに使用されている。

アイスクリームやキャンディーの香料として使用されることがあり、容易に蒸発し甘い香りがするが、高濃度では不快な臭いを放つ。

ポリスチレン

ポリスチレンは、スチレンをモノマーとするポリマーであり、食品包装材料として広く使用されている。スチロール樹脂とも呼ばれる。(略号はPS)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ポリスチレン

「ポリスチレン」の画像検索結果

暴露源

スチレンは、工業排出、自動車の排出ガス、ポリスチレンを用いた製品、塗布材からの放出により環境中に存在する。添加物としてスチレンを含有する食品の摂取、大気汚染、タバコの煙の吸入によってスチレンに暴露する可能性がある。

ポリスチレン包装から食品に浸出するスチレンモノマーの特質が報告されている。

Biomarkers of Early Genotoxicity and Oxidative Stress for Occupational Risk Assessment of Exposure to Styrene in the Fibreglass Reinforced Plastic Industry - PubMed
This study aimed to identify sensitive and not-invasive biomarkers of early genotoxic/oxidative effect for exposure to styrene in the fibreglass reinforced plas...

カーペットの接着剤、建造用接着剤、ポリエステル含有床材、から屋内空気中にスチレンが放出される。

職業暴露

ただし、それらのスチレン暴露レベルは、職業での吸気による暴露が圧倒的に(数桁)高い。

検査

フェニルグリオキシル酸(PGO)

フェニルグリオキシル酸(PGO)は、スチレンの代謝物であり、フェニルグリオキシル酸は、スチレン暴露のバイオマーカーとして用いられる。

フェニルグリオキシル酸自体も神経毒性作用に関与すると考えられている。

Determination of Mandelic Acid and Phenylglyoxylic Acid in the Urine and Its Use in Monitoring of Styrene Exposure - PubMed
This paper describes a sensitive biological monitoring method for assessing exposure to styrene. Two major metabolites of styrene, mandelic acid (MA) and phenyl...
The Styrene Metabolite, Phenylglyoxylic Acid, Induces Striatal-Motor Toxicity in the Rat: Influence of Dose Escalation/Reduction over Time
Exposure to the industrial solvent, styrene, induces locomotor and cognitive dysfunction in rats, and parkinsonian-like manifestations in man. The antipsychotic...
マンデル酸

有機酸検査でのマンデル酸レベル高値は、スチレン暴露の可能性を示唆する。

Urinary Mandelic Acid Concentration After Occupational Exposure to Styrene and Its Use as a Biological Exposure Test - PubMed
Excretion of mandelic acid from workers in the reinforced polyester plastic industry was studied with the determination of urinary mandelic acid concentrations....
Organic Acid Test (OAT): Improve Levels & Interpret Results - SelfHacked
OAT can supposedly provide insight into how your body's working. But is that true? Is OAT legit? Read on to find out.
補体C3・C4

スチレン暴露の労働者集団では、補体C4成分のレベルが上昇し、補体C3と暴露期間に正の相関が観察された。単球の上昇、リンパ球の大幅な減少が見られた。

Changes in Cellular Immunity Among Workers Occupationally Exposed to Styrene in a Plastics Lamination Plant - PubMed
These results suggest immune alterations of cell-mediated immune response of T-lymphocytes and imbalance in leucocyte subsets in peripheral blood of workers exp...

健康リスク・疾患リスク

粘膜刺激

大量のスチレン吸入による職業被ばくは中枢神経系に悪影響を及ぼし、集中力の低下、筋肉の衰弱、疲労、吐き気を引き起こし、目、鼻、喉の粘膜を刺激する。

DNA損傷

スチレン暴露労働者の酸化的DNA損傷

New Aspects in Genotoxic Risk Assessment of Styrene Exposure--A Working Hypothesis - PubMed
Styrene is one of the most important plastic monomers worldwide. Styrene-7,8-oxide (SO), the major in-vivo metabolite of styrene, is classified as probably carc...

インスリン抵抗性の増加

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はshaw-2-365-g002.jpgです

The Effects of Long-Term, Low-Level Exposure to Monocyclic Aromatic Hydrocarbons on Worker's Insulin Resistance
This study was designed to investigate whether long-term, low-level exposure to monocyclic aromatic hydrocarbons (MAHs) induced insulin resistance.The subjects ...

パーキンソン病様症状

スチレンへの暴露は、ラットの運動機能障害、認知機能障害、ヒトパーキンソン様症状を誘発する。抗精神病薬であるハロペリドールは、人間と動物の線条体毒性を引き起こすことがよく知られており、スチレンは、p-fluoraフェニルグリオキシル酸と代謝経路を共有する。

スチレンとハロペリドールの両方がin vivoでPGAに変換されるため、PGAは両者の線条体毒性に関連する可能性がある。しかし、PGA単独での高用量投与は、ハロペリドールとは異なり線条体毒性による運動障害を一時的にしか悪化させないことからPGAが何らかの適応の産物であることを示唆する。

The Styrene Metabolite, Phenylglyoxylic Acid, Induces Striatal-Motor Toxicity in the Rat: Influence of Dose Escalation/Reduction over Time
Exposure to the industrial solvent, styrene, induces locomotor and cognitive dysfunction in rats, and parkinsonian-like manifestations in man. The antipsychotic...

スチレン代謝酵素・生活習慣との相互作用

スチレン代謝酵素CYP2E1、GSTM1、GSTT1がスチレン代謝プロセスの特定のステップに直接関与する。喫煙、飲酒、運動などの生活習慣がスチレン代謝酵素の発現と誘導に影響し、ホメオスタシスの調節、そして最終的にスチレンの代謝に仲介的な役割を果たすと考えられる。

Effects of Styrene-metabolizing Enzyme Polymorphisms and Lifestyle Behaviors on Blood Styrene and Urinary Metabolite Levels in Workers Chronically Exposed to Styrene
The aim of this study was to investigate whether genetic polymorphisms of CYP2E1, GSTM1, and GSTT1 and lifestyle habits (smoking, drinking, and exercise) modula...

聴覚機能

Occupational Styrene Exposure and Hearing Loss: A Cohort Study With Repeated Measurements - PubMed
This study found, that chronic and intensive styrene exposure increases the hearing thresholds. At levels of about 30-50 ppm as an average inhaled styrene per w...

繊維強化ポリマー複合材料(FRP)労働者での高いスチレンリスク

Evaluation of Potential Health Effects Associated With Occupational and Environmental Exposure to Styrene - An Update - PubMed
The potential chronic health risks of occupational and environmental exposure to styrene were evaluated to update health hazard and exposure information develop...

推奨レベルである20ppm未満でのスチレン暴露による健康リスク

Low Level Occupational Exposure to Styrene: Its Effects on DNA Damage and DNA Repair - PubMed
The present study aimed to evaluate the effects of styrene exposure at levels below the recommended standards of the Threshold Limit Value (TLV-TWA(8)) of 20 pp...

治療

暴露源を遠ざける

スチレン暴露リスクのある職場環境から離れる。

スチレン製品、香料を避ける。

プラスチック包装された食品や缶詰食品の摂取を避ける。

プラスチック容器を保存用として使用しない。(特に脂肪の多い食品)

良い脂質の選択。オーガニックを選択

電子レンジでプラスチック容器を使うことを避ける。

熱い食べ物の食器、食器は、ガラス、磁気、ステンレス製を使う。

グルタチオン補充療法

経口、静脈投与、経皮

N-アセチル-システイン

グルタチオンを増やす8つの戦略

クリアランス(排出)能を高める

遠赤外線サウナ
Human Elimination of Phthalate Compounds: Blood, Urine, and Sweat (BUS) Study
Background. Individual members of the phthalate family of chemical compounds are components of innumerable everyday consumer products, resulting in a high expo...
ナイアシン補充療法

ポリスチレン素材の容器を使った調理、再加熱、またはホットドリンクを避け、ガラス、髪、スレンレスなどの容器に変える。

参考文献

The Great Plains Laboratory, Inc.
The Great Plains Laboratory, Inc. is a world leader in providing testing for metabolic, genetic, mitochondrial, and environmental factors in chronic illnesses. ...

http://www.nihs.go.jp/hse/chem-info/ntp/ntpj/Styrene-j.pdf

タイトルとURLをコピーしました