アルツハッカーサプリメント 摂取・保管

アルサプ 摂取と保管方法

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

「めんどくさいなあ まことにめんどくさいよね」
「ああ面倒くさい 面倒くせえぞ」
「何が面倒くさいって 究極に面倒くさいよね」

「大事なものは、たいてい面倒くさい」

宮崎 駿

認知症回復プログラム 案内

アルサプ 摂取方法

ミキサーでジュースにして摂取

飲まれる方本人が抵抗感を強く感じている場合や、サプリや薬というものをこれまでほとんど飲んだことがない薬の耐性がない人が、これらをいきなりすべて始めるのは難しいかもしれない。

サプリメントをたくさん飲むことに抵抗を感じる、または嚥下障害などで飲むのが難しい場合など、ジューサーなどでスムージーにして飲むのがおそらくもっとも抵抗のない方法であると思う。

グリーンスムージーで摂取

スムージーと野菜ジュース(栄養効果と健康被害)

認知症最強のアルツハッカースムージー

アルツハッカースムージーの材料と解説

カプセルであれば、ミキサーでかき混ぜればすぐに粉砕される。

ジェルや錠剤は少し残るが、そういったものを気にしなければ低価格帯のジュースミキサーでいいだろう。

ジェルや野菜繊維などが口に残ることを気にする人の場合は、スムージー用などのパワーミキサーをおすすめする。

パワフルミキサー

ミキサーでかき混ぜることによる成分的な損失については、作ってすぐに飲むのであればそれほど心配しなくていいだろう。

それよりも放置することで、光や酸素、野菜、果物成分の酵素などによる失活の可能性が高いだろう。そのため基本作り置きは推奨しない。

作り置きせざるを得ないときは冷蔵庫保存で半日以内にとどめておこう。

また、サプリメントを飲むためのスムージーを、野菜なども入れてベジタブルスムージーにして食事として摂取する場合、原則一日一回までににとどめておこう。

炭水化物は控えることが求められるため、甘さを加えるために、フルーツジュースや砂糖を加えることは最小限にして、ステビアなどの安全な甘味料を使ってほしい。

ステビア パウダー

まずさに影響を与えるサプリメント

サプリメントスムージーが苦手と感じるかどうかは個人差があり、慣れ、味付けの要因も大きい。実際にサプリメント錠剤をカプセルであれば、簡単にばらして舐めて味を確認してみるとよくわかる。

アルサプは全体的にそこまで激まずサプリメントは含まれていないが、以下にその可能性があるサプリメントを記載しておく。苦味などが苦手な人は控えて、それだ素直に錠剤・カプセルで摂取したほうが良いかも知れない。

・レスベラトロール(苦味)

・オリーブリーフ(苦味)

・フィッシュオイル(臭み)

・レシチン(臭み)

・ヤマブシタケ(臭い、苦味はない)

チョコバーにして摂取

その他、より手間がかかってはしまうが、持ち出し用、保存用として、サプリメントバーの自作記事を作ってみたので、興味のある方は参考にしてほしい。

サプリメントバー(ブレインバー)

あると便利なもの

ピルスプリッター(錠剤を半分にカットするツール)

必須ではないがあるとカットするのに便利

大きな錠剤はカットできない。

正確にカットしたい場合や4分の1カットなどだと、包丁でカットしてしまったほうが良い場合がある。

デジタルスケール 0.01g

錠剤だけの摂取であれば必要ないが、パウダーでの摂取を取り入れだすと必要になってくる。

0.01gデジタルスケールがあると何かと便利。

amazonや楽天で、「0.01g デジタルスケール」で検索すると、1500円前後で販売されているものが見つかる。

アルサプ 管理方法

冷蔵庫への保管

中でも以下のサプリメントについては特に温度、光、酸素による劣化に弱いので、夏場だったり、外への出しっぱなしに注意しておく。

大量の買い置き、在庫ストック、サプリメントバー作成材料としてもあまり勧められない。

特に保管状態に注意が必要なサプリメント

・EPA-DHA

・クリルオイル

・ユビキノール(還元型CoQ10)

・ホスファチジルセリン

・アスタキサンチン

・ビタミンE

・リポソーム化サプリメント(アルサプではない)

省スペース化・結露対策

ジップバッグ

冷蔵庫にサプリメント容器を直接保管しようとすると、冷蔵庫の中が大量のサプリで埋まってしまって食品が使えなくなるかもしれない。

アルハカ家では、省スペース化としてサプリの中身をすべてボトルから出してしまい、乾燥剤もろともジップバッグなどに入れてしまっている。

また、サプリメント容器のまま保存すると、冷蔵庫の開閉によって外気にさらされた時に結露を発生しやすく、密閉度もそれほど高くないため劣化する可能性も高まる。

アルミパウチ

ただしほとんどのビニール袋、ポリ袋は外部の湿気は防ぐが酸素は透過させてしまうため、サプリメントによっては品質の低下が早まる。

そのため、酸素の遮断だけでなく防湿性、遮光性にも優れたアルミパウチに、はじめにチャック付きポリ袋で小分けしたサプリメントをいれるてみる。

小分け用にはジップバッグなどのチャック付き袋、それらをまとめたものはアルミのチャック袋に。アルミのチャック袋は大きめのもの(340×240)が使いやすい。

検索用語:ラミジップ、アルミパウチ

個人的にわかりやすくするため、サプリメントのラベルを外してチャック付きポリ袋に張り替えている。空のサプリメント容器に少し熱めのお湯を入れると簡単に外せるが、そのあたりは好みで。

必要量だけサプリメントボックスに保管

普段摂取するサプリメントを毎回ジップバッグから取り出すのは手間がかかるため、以下のようなサプリメントボックスを何個か用意しておき、数週間おきにローテーションで補充しながら使用する。

サプリメントを取り出しやすいように、100均のお弁当小分け容器を利用している。

サプリメント管理プログラム

エクセルでも構わないが、管理人は家族と情報の共有化のため、グーグルのスプレッドシートを使っている。

サプリメントの仕分けとボックス

毎回ボトルから取り出すのは手間が大変なため、あらかじめ仕分けしておくと簡単。

市販されている専用のピルケースは小さすぎるため、釣具用、工具用などで間仕切りで大きさを調整できるものがおすすめ。(遮光、密閉されるとなお良い)

参考

メイホウ(MEIHO) クリアケース C1200ND(4段)アルサプ標準版が入る大容量

※このケースが入るアルミパウチのサイズは30×42cm

メイホウ(MEIHO) VS-3010 ND スモークBK 126588(3段)深底(上記写真)少し小さい

メイホウ(MEIHO) VS-3010 NS スモークBK 126557 (4段)浅底 さらに小さい

密閉はされないので普段使うものは冷蔵庫にいれ、在庫で仕分けたものはアルミパウチにまるごと入れてしまっている。

アルハカ家では2~3を買って無くなったら補充しているが、例えば4~5個そろえて、一ヶ月に一回仕分けを行うというやり方でも良い。