18-HEPE・17-HDHA(SPMアクティブ)

この記事は約4分で読めます。
Generic selectors
Exact matches only
記事タイトル検索
記事内容検索
Search in posts

18-HEPE・17-HDHA (SPM-Active)

サイトご利用には利用規約・免責事項への同意が必要です

 

「SPM Active」の画像検索結果

 

リコード法

炎症部位で産生されるレゾルビン、プロテクチン、マレシンといったSPM(炎症収束作用をもつ特異的メディエーター)は、抗炎症作動薬として作用する。

このSPMは身体自身に備わる抗炎症メカニズムだが、それらが正常に働かない場合、SPMアクティブは抗炎症作動薬として作用してくれる。

摂取方法

一日2~6カプセルを一ヶ月間だけ継続

摂取中は特に偏食や感染など慢性的炎症を誘導する根本原因を除去することが重要

 

SPM Active(Metagenics)

SPM Active
Specialized Pro-resolving Mediators

クリルオイルにも含まれる。

8-HEPE、9-HEPE、12-HEPEおよび18-HEPEは、PPARリガンドとして働く。
Hydroxyeicosapentaenoic Acids From the Pacific Krill Show High Ligand Activities for PPARs - PubMed
PPARs regulate the expression of genes for energy metabolism in a ligand-dependent manner. PPARs can influence fatty acid oxidation, the level of circulating tr...

Specialised Pro-Resolving Mediators of Inflammation in Inflammatory Arthritis - PubMed
SPM are present in chronic knee effusions and although the levels are lower than in plasma, the association between synovial fluid RvE2 and reduced pain scores ...

17-HDHA/17-hydroxy-docosahexaenoic acid(17-HDoHE)

対照試験 アスピリンとオメガ3脂肪酸の並列投与

Specialized Proresolving Lipid Mediators in Humans With the Metabolic Syndrome After n-3 Fatty Acids and Aspirin - PubMed
Volunteers with MetS had reduced plasma concentrations of the precursors of the E- and D- series resolvins as well as of 14-HDHA in response to n-3 fatty acid s...

マウスの腹腔内でエイコサペンタエン酸(EPA)から代謝された17,18-EpETEhは内因性の抗炎症性代謝経路を強力に活性しえる。

Eicosapentaenoic Acid Is Converted via ω-3 Epoxygenation to the Anti-Inflammatory Metabolite 12-hydroxy-17,18-epoxyeicosatetraenoic Acid - PubMed
Eicosapentaenoic acid (EPA) has beneficial effects in many inflammatory disorders. In this study, dietary EPA was converted to 17,18-epoxyeicosatetraenoic acid ...

レゾルビン前駆体である17-HDHAの投与は、変形性関節症および急性炎症性疼痛の動物モデルにおいて強い鎮静効果をもつ。

DHAと17-HDHAの相関は控えめであり、DHA投与によって17-HDHAの抗侵害受容効果が強く調節される可能性は低い。代謝経路の効率に依存する可能性がある。

疼痛への作用メカニズム候補

・高レベルの17-HDHAが高レベルの17-HpDHAを誘導し、プロテインD1へのエポキシ化が可能であること。

・17-HDHAの阻害効果によるレゾルビンD4の効果。

・17-HDHAが一過性受容体電位(transient receptor potential: TRP)機能に直接的な影響をおよぼす。

・17-HDHAの疼痛に及ぼすメカニズムとして考えられる候補に、17-HDHA、17-oxoDHAの代謝産物がPPARαおよびPPARγアゴニストとして作用している可能性がある。

Association of the resolvin precursor 17-HDHA, but not D- or E- series resolvins, with heat pain sensitivity and osteoarthritis pain in humans
Resolvins are omega-3 fatty acid derived potent bioactive lipids that resolve inflammation and modulate transient receptor potential channels. Exogenous adminis...

17-HDHAは、オメガ3脂肪酸ドコサヘキサエン酸(DHA)の代謝産物であり、D-シリーズレゾルビンの前駆体である。

オメガ3脂肪酸の高用量と低用量のランダム化比較対照試験で、高用量投与のオメガ3に、より高い有益性は認められなかった。

Fish Oil in Knee Osteoarthritis: A Randomised Clinical Trial of Low Dose Versus High Dose - PubMed
Australian New Zealand Clinical Trials Registry (ACTRN 12607000415404).

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。オブジェクト名はfphar-07-00274-g001.jpgです。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5013256/

18-HEPE/18-hydroxy-eicosapentaenoic acid

これまで、オメガ3脂肪酸の主な抗炎症作用は、アラキドン酸代謝系の酵素と競合することによるものと考えられていたが、オメガ3の代謝物である18-HEPEが、慢性炎症を抑制に積極的に関わる炎症制御分子であることがマウスの実験により示された。

オメガ3脂肪酸の代謝にはマクロファージが重要な役割を担う。

共同発表:魚類に多く含まれるオメガ3脂肪酸が心臓を保護する仕組みを解明
共同発表:魚類に多く含まれるオメガ3脂肪酸が心臓を保護する仕組みを解明
18-HEPE, an n-3 Fatty Acid Metabolite Released by Macrophages, Prevents Pressure Overload-Induced Maladaptive Cardiac Remodeling - PubMed
N-3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) have potential cardiovascular benefit, although the mechanisms underlying this effect remain poorly understood. Fat-1 tr...

 

サプリメント

検査値

高感度CRP(hs-CRP)が1.0mg/l(0.1mg/dl)より高い場合、一ヶ月だけ継続

サプリメント

SPM Active
Specialized Pro-resolving Mediators

 

Metagenics  SPMアクティブ 60ソフトジェル

 

 

日本では発売されていない。

上記米国amazonサイトからも、直接日本へは発送していないため、輸入代理店などを利用する必要がある。

タイトルとURLをコピーしました