The Epoc Times シャリ・マークソン 武漢ウイルス研究所の正体とCOVID-19の起源を暴く

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

変異株・ウイルスの進化
Sharri Markson: Unmasking the Wuhan Institute of Virology and the Origins of COVID-19

https://www.theepochtimes.com/sharri-markson-unmasking-the-wuhan-institute-of-virology-and-the-origins-of-covid-19_4033913.html

このエピソードでは、受賞歴のあるジャーナリスト、シャリー・マークソンが、COVID-19の起源に関する彼女の画期的な研究と、武漢ウイルス研究所で実際に起こった出来事を紹介します。彼女の調査結果は、同名の新刊本とドキュメンタリー映画 “What Really Happened in Wuhan “に詳述されています。

マークソンは、The Australianの調査編集者であり、Sky News Australiaの番組「Sharri」のホストでもあります。

 

Jan Jekielek:

シャリ・マークソンさん、アメリカン・ソート・リーダーズに出演していただき、ありがとうございます。

Sharri Markson

ありがとうございます。ここに来られて感激しています。

Mr. Jekielek

Sharriさん、このインタビューはずっとやりたいと思っていました。そして、この本がさまざまな分野でベストセラーになったことを心から祝福します。でも、これは私のお気に入りです。私のお気に入りは、「What Really Happened In Wuhan(武漢で本当に起こったこと)」が、なぜか中国の一般旅行ガイドで1位になっていることです。

Ms. Markson

この本を入れたカテゴリーは奇抜ですが、ベストセラーになっていますね。これは、人々が必死になって情報を求めているテーマであることを示していると思いますが、主流のメディアはこれほど長い間、2020年の間ずっとこのテーマを取り上げようとしませんでした。

Mr. Jekielek

それがこの本の面白いところで、なぜメディアが取り上げなかったのかを説明しています。率直に言って、メディアだけではなく、ほとんどの人がこのアイデアに全力で触れようとしませんでした。あなたが集めたこの驚くべき証拠に基づいて、何が起こったと考えているのですか?

Ms. Markson

400ページに及ぶ調査報告書を2、3の文章にまとめるのは非常に難しいことですが、私が心がけているのは、人々に何を考えるべきかを教えたくないということです。調査報道記者として、私が発見した事実と証拠を提示し、展開された出来事をよく知る人々、例えば、武漢の内部告発者、現在欧米を拠点とする中国の脱北者、情報機関の人々、そしてこれを調査している、あるいは非常に高いレベルの情報を目にした政治家や官僚へのインタビューを提示したいと思いました。

私自身の意見としては、あまり関係ないかもしれませんが、繰り返しになりますが、証拠ははっきりと武漢ウイルス研究所での情報漏洩を示していると思います。9月中旬、あるいは少なくとも武漢ウイルス研究所が情報漏洩に気づいたのは9月中旬で、その後、中国当局は意図的にこれを隠蔽しようとしたのではないでしょうか。

Mr. Jekielek

9月のその時期に、非常に重要なことが起こっています。それは、非常に大きなウイルスのデータベースです。たしか、世界のデータベースに登録されているウイルスの3分の1だったかな。

Ms. Markson

そうですね。武漢ウイルス研究所は、世界最大のコロナウイルスのコレクションを持っています。パンデミック前には、コロナウイルスの機能獲得研究を行っていた世界で2つしかない研究所の1つでした。そして、2019年9月12日、このウイルスのデータベース、2万2千個のウイルスは、あなたが言うように、不思議なことに初めてオフラインになりました。その後、オンラインで再び登場し、数カ月後に永久に外されます。

しかし、ウイルスデータベースがオフラインになった9月12日と同じ日に、武漢ウイルス研究所はセキュリティをアップグレードするための入札を行い、その後の数週間で50万ドルをかけてセキュリティを強化しました。また、新しい換気システムを導入し、医療用空気焼却炉を購入し、最後にコロナウイルス検査用のPCR装置を購入しました。その入札は11月6日に行われました。

私たちがこの情報を知っているのは、共通の友人であるInternet 2.0のサイバーセキュリティ専門家のおかげです。彼らは米国政府やオーストラリア政府のためにサイバーセキュリティの仕事をしてきました。それがロバート・ポッターとデビッド・ロビンソンです。彼らは、インターネットから事実上抹消されていたデータ、これらの入札データを復元することに成功しました。

Mr. Jekielek

それは、私が知らなかった魅力的な証拠ですね。出版の前には、そのようなことは極力控えていたようですね。

Ms. Markson

そうですね。もちろん、他にもたくさんの証拠がありますが、私は本の中でその発生の窓をまとめました。例えば、武漢ウイルス研究所の職員が「COVID」に似た症状で倒れたという事実です。マイク・ポンペオ氏とジョン・ラトクリフ氏は、あれがパンデミックの最初のクラスターである可能性が高いと確信しています。

さらに、陳偉将軍についての証拠も出てきました。彼女は武漢ウイルス研究所を買収した陸軍の有力者で、箝口令が敷かれ、習近平が新たなバイオセキュリティ法を発布しました。つまり、研究所のリークを示す証拠は他にもたくさんあるのです。

Mr. Jekielek

多くの政府関係者がパンデミックの始まりだと考えている、この3人の病人というのは、非常に魅力的な視点だと思います。これは、米国の情報機関が持っていたものの、長い間見向きもしなかった情報なのです。

Ms. Markson

この情報は、デビッド・アッシャーによると、デビッド・アッシャーは国務省で2020年後半にCOVID-19の起源を調査した主任調査員の1人でした。彼と彼のチームは、武漢ウイルス研究所の職員が病気になったという証拠を情報ファイルから発見し、マイク・ポンペオのような上級幹部に知らせました。そして、この情報の機密解除が決定され、2021年1月に実現しました。しかし、デビッド・アッシャーはこの本のための一連のインタビューで、彼が2020年末に発見したばかりの情報は、実はその1年前に米国政府が保有していたものだと語っています。また、この本に合わせて制作したドキュメンタリーの中でも、カメラに向かってこのように語っています。

彼の言うところの完全な知識を得ることができたということで、それを知ったときにはショックを受けたと言っています。彼は、誰もこの情報の重要性に気づかなかったことを、機会損失と表現しています。そこで私は、マイク・ポンペオ元国務長官にインタビューし、「情報が行動に移されなかったことを懸念しているのか」と尋ねました。そして、「今回のパンデミックは、何らかの方法で防ぐことができたのでしょうか」と尋ねました。

ポンペオは、CIA長官時代に常に懸念していたことだと答えました。情報が入ってきても、それが適切に処理されなかったり、適切に広められなかったりして、意思決定者に届かなかったのではないかと。彼は、政府機関が何を知っていたのか、その情報の質はどうだったのか、そしてその情報はどうなったのか、ということを見直す価値があると提案しました。そして、その情報はどうなったのか、彼らはそれをどう使ったのか。

Mr. Jekielek

デイビッド・アッシャーは国務省の軍備管理検証・コンプライアンス局(AVC)に所属していますが、これは非常に興味深いことです。どのような経緯でそうなったのでしょうか?

Ms. Markson

当時、国務省にはトム・ディナンノという次官補または次官代理がいて、彼が率先してCOVID-19の起源を調査し、中国が国連の下で締結している生物兵器禁止条約の義務に何らかの形で違反していないかどうかを調べました。

彼は、技術的には契約社員であるデイブ・アッシャーをはじめとするチームを引き入れましたが、デビッド・スティルウェルやマイルズ・ユーなど、多くの人が調査に協力してくれました。しかし、研究所からの情報漏洩の可能性を調査することに対して、情報機関のメンバーからはかなり強い抵抗がありました。情報機関だけでなく、国務省のかなりの高官も、これを調査すべきではない、軍備管理検証部門の問題ではない、医療政策の問題だ、と考えていました。

そのため、彼らは大きな抵抗を受けました。本の中で紹介されているように、彼らの努力は非常に英雄的なものでした。この本にあるように、彼らの努力は非常に英雄的なものでした。障害を押しのけて前進し続け、答えを求め、証拠を明らかにしていったのです。今では機密扱いを解除されたことが常識になっていますが、あのチームがいなかったら私たちはそのことを知らなかったでしょうから、彼らの話を詳しく伝えることができて感激しています。

Mr. Jekielek

この抵抗については、非常に著名な科学者たちがまとめた悪名高い「ネイチャー・レター」を覚えていますが、基本的には間違いなく自然現象だと断言しています。私の友人でワクチンの研究をしている人がいますが、彼はNatureに手紙を書いてこう言っていました。「これは可能性の話であって、自然由来でないことはあり得ないというのは別の話だ」と言っていました。

Ms. Markson

はい、その通りだと思います。実は2つの手紙がありました。ピーター・ダスザックが書いたものが『ランセット』誌に掲載され、それに続くものが『ネイチャー』誌に掲載されたのですが、どちらも同じ結論に達していました。つまり、これは自然のウイルスである可能性が高いということです。遺伝子操作されたウイルスではないという結論を出すには、あまりにも早すぎたのです。

実は、ヤン、私が2020年の初めにこの事件を報道し始めたとき、非常に混乱していて、少しの間、脱線してしまったんです。私は、皆さんと同じように科学論文を見て、コロナウイルスの遺伝子操作や機能獲得の研究が行われていることを理解していましたし、オーストラリアで執筆している新聞にもこのことを書いていました。

しかし、公の場で発言している科学者たちは皆、「これは遺伝子操作されていないウイルスだ 」と言っていたのです。しかし、ニコライ・ペトロフスキーをはじめとする科学者たちに出会うまでは、どうしてそんなことが言えるのか理解できませんでした。そして、現代の研究室で使われている遺伝子操作のno-see-um(seamless) 技術は、痕跡を残さないことがわかったのです。

これは、ノースカロライナ大学のラルフ・バリックが先駆的に行ったno-see-um 技術です。彼は石正理と一緒に研究していた。ウイルスが遺伝子操作されているかどうかは、科学者がわからせたいと思ってマーカーなどを残さない限りわかりません。これは、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2について、ラルフ・バリックがインタビューでも公に認めていることです。

これは、科学界の一部の人たちが信じられないような誤解を招く発言をしたということです。私たちは、これが自然のウイルスであるという科学的なコンセンサスがあるという誤った印象を受けました。ランセット誌では、実験室からの漏洩を示唆するのは陰謀だと言われていました。結局のところ、あの手紙を書いた科学者の多くは、信じられないほどの葛藤を抱えていました。

例えば、ピーター・ダザックは武漢ウイルス学研究所で15年間研究を続けていましたが、彼があの手紙の草稿を書き、まとめていたことは、米国の「知る権利」グループのゲイリー・ラスキンが2020年11月に情報公開請求を行い、ダザックの役割を明らかにするまで、約11ヶ月間明らかになりませんでした。本当に国民はひどく誤解されていました。残念ながら、2020年の全期間を通じて、世界最大の権威主義体制の選択された物語が、真実を見つけることを犠牲にして支配していたことを意味しています。

ナレーション ランセットのオリジナルレターが発表されてから1年以上が経過した今年の6月、レターの補遺として、ピーター・ダサックの中国での先行研究に関する詳細な情報が発表されました。ランセットはさらなるコメントを求めたところ、回答はありませんでした。

Mr. Jekielek

シャリさん、Shi Zhengliの話が出ましたね。この記事を読んでいる人は、彼女のことをよく知っていると思います。彼女が誰なのか教えてください。

Ms. Markson

彼女は、武漢ウイルス研究所の主要な生物学者です。彼女は世界的に「コウモリ女」として知られており、コウモリのコロナウイルスに関する研究で有名です。彼女はピーター・ダサックと一緒に研究していました。洞窟に行って、何百、何千というコウモリのサンプルを採取し、武漢ウイルス研究所に持ち帰って塩基配列を決定していたのです。サンプルの中には、冷凍庫に入れておくだけのものもあれば、科学的な研究を行っているものもあります。あるものは動物で、あるものはペトリ皿や細胞皿で研究していました。

彼女の研究で重要なのは、2012年に雲南省のモジャン鉱山と呼ばれる洞窟で、鉱夫たちがグアノ(コウモリの糞)を除去していたことです。彼らは全員が病気になり、6人のうち3人が亡くなりました。

翌年、石正力と武漢ウイルス研究所のチームは、その洞窟からコウモリのサンプルを採取し、武漢ウイルス研究所に持ち帰りました。そのサンプルの1つが部分配列だったのです。その部分配列は、SARS-CoV-2と98%以上の配列同一性を持っていました。4991というラベルがついていました。アップロードされたのは2016年です。このウイルスは、SARS-CoV-2と96%の配列同一性があり、2016年にアップロードされた部分的なRdRp(RNA依存性RNAポリメラーゼ)ではなく、完全な遺伝子配列であることを意味していました。

世界で確認されたSARS-CoV-2に最も近いコロナウイルスが、彼らがサンプリング作業を行っていたあの鉱山からもたらされたことは非常に重要です。ピーター・ダザック氏によると、採取したサンプルはずっと冷凍庫の中で眠っていたそうです。しかし、「Drastic」という名のオープンソースの研究者たちの素晴らしい働きにより、実際には2016年から2020年までの間に何度も冷凍庫からウイルスが取り出されていたことが判明しました。しかし、そのウイルスを使ってどのような作業が行われたのか、どのような研究が行われたのか、明確なことは分かっていません。

私がニコライ・ペトロフスキーにインタビューしたとき、彼は、このようなウイルス、つまりこのウイルスそのものか、似たような別のウイルス、つまり親戚のウイルスが、どのような研究が行われたかによっては、もしキメラウイルスが作られていたら、SARS-CoV-2の前駆体になっていたかもしれないと主張しています。あるウイルスから遺伝子配列を取り出し、それを別のウイルスの骨格に乗せ、別のスパイクタンパク質を加えて、それまで自然界に存在しなかった全く新しいウイルスを完成させ、これらのウイルスが人間に感染できるかどうかを調べ、そうすることで人間に感染できるようにしていたのです。

Mr. Jekielek

ペトロフスキー博士の研究について簡単にお話ししたいのですが、博士は、自分が行った研究や発見した内容が公式見解と矛盾していることに悩んでいたこと、そして最終的に発見した内容を発表することを決めたこと、そしてその方法について、広範囲に渡って記録していますね。そのことについて教えていただけますか?この本の中では、驚くような小ネタが出てきて、とてもパワフルな内容になっています。

Ms. Markson

そうですね。ニコライ・ペトロフスキーは、オーストラリアの科学者です。フリンダース大学に所属しています。彼はワクチンの開発者でもあり、過去に多くのウイルスのワクチンを開発してきました。パンデミックが始まったとき、あるいはウイルスが発生したとき、彼はSARS-CoV-2のワクチンの開発を始めました。

そのために、オラクル社からオンラインで提供されたスーパーコンピュータを使って、シミュレーションを行ったのです。彼は、中間宿主や本来の動物宿主を探していました。その結果、SARS-CoV-2は他のどの動物よりも人間との結合親和性が高く、人間への感染にほぼ完璧に適応していることがわかりました。また、コウモリにも感染しないことがわかりました。そして、この本では、ペトロフスキーがその科学的背景を説明しており、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質が人間のACE2受容体に完璧に適合していたことを詳しく説明しています。

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質がヒトのACE2受容体に完全に適合していたことです。この発見を目の当たりにしたペトロフスキー氏にとって、この発見は驚くべきものでした。というのも、彼はワクチン開発の方法を模索していただけで、人工的に作られたウイルスである可能性など考えてもいなかったからです。

そこで、彼と彼のチームは、オーストラリアや海外の他の科学者と協力して、科学論文を書き上げました。その中には、ピーター・ダサックのような利益相反のない偏った意見書を掲載していた雑誌も含まれていました。つまり、あれは事実上の意見記事なのです。しかし、彼らはニコライ・ペトロフスキーのような厳密な科学的分析や調査、研究を否定していたのです。

彼は政治科学者ではありません。どちらかというと、彼はオーストラリアの保守的な政府の動きや、研究費の投入先に異議を唱えることが多いのです。彼は政治家ではありませんが、真実を明らかにする必要があるという確固たる信念を持っています。科学者であれば、快適ではないかもしれないし、政治的に正しくないかもしれないので、真実を隠すことはできません。

彼が論文を発表できないでいると、プレプリントサーバーまでもがその論文を打ち返してきました。プレプリントサーバーは、査読を受けている間に科学を世に出すためのものです。そのプレプリント・サーバーでさえ、論文が掲載されないことを嘆いていたのです。この本を書いていた当時の私にとって、科学には信じられないような検閲が行われていました。

科学的なコンセンサスがあると信じ込まされていたので、非常に回りくどい言い方でした。実際にはそうではなく、異なる見解を持つ科学者は、権威ある科学雑誌やその他の科学雑誌に自分の研究を掲載することができなかっただけなのです。そのため、科学的コンセンサスがあると信じ込まされていましたが、それは異なる見解を持つ科学者に対する検閲でしかありませんでした。

最終的には、ニコライ・ペトロフスキーがプレプリントサーバーで論文を公開しました。私はTwitterのメンションをほとんど見ていませんが、ある人がTwitterで科学論文へのリンクを送ってきました。誰かがある科学論文へのリンクを送ってきたのですが、私は幸運にもその科学論文を読むことができ、それが素晴らしいものだと思いました。そして、その論文の著者を調べてみると、オーストラリア人の方がいて、とても驚きました。そして、すぐにニコライ・ペトロフスキー氏にメールを送りました。

2020年の5月のことです。彼はすぐに返事をくれました。私は彼に、”新聞報道だけでなく、毎週テレビ番組を持っているスカイニュース・オーストラリアで、私とのインタビューをしてくれませんか?”と言いました。彼はすぐに返事を書いてくれて、喜んでやると言ってくれました。当時は誰も声を上げていなかったのです。

当時は誰も発言していなかったのです。科学者の中で、これは人工的に作られたウイルスではないかと公に発言する人はいませんでしたが、ニコライ・ペトロフスキー氏はそれを実行したのです。非常に勇気ある行動で、反発もあったと思いますが、私たちは彼の行動に感謝すべきだと思います。

ほとんどの科学者は、2021年になってから、ジョー・バイデンが大統領になってから、この件の調査を求める手紙に署名しましたが、これはその時ではありませんでした。ですから、ペトロフスキー氏の勇気を認めざるを得ないのです。

私は、デイブ・アッシャーやトム・ディナンノなど、その人たち全員がヒーローだと言いました。ニコライもヒーローだ。私がこの本で本当にやろうとしたことは、起源を調査するだけでなく、このような勇敢な役割を果たした人々、勇気ある姿勢でこの問題を訴えた人々、しばしば職業上のリスク、さらには個人的なリスクを負ってまで、この問題を訴えた人々を称え、認識したいということなのです。

Mr. Jekielek

そうですね。あなたは、情報操作や検閲がどのように行われたか、さまざまな角度から説明しています。あなたがおっしゃったように、メディア、学術界、政府など、さまざまなレベルで、さまざまな分野で起こっています。しかし、最初に1つだけご紹介しましょう。あなたが人工物と言ったとき、人工物は生物兵器を意味しませんよね?

Ms. Markson

いいえ、もちろん違います。

Mr. Jekielek

どんな意味ですか?

Ms. Markson

彼らが武漢ウイルス研究所で行っていたのは、まさにこのタイプの研究です。彼らの論文を見てみると、2000年代初頭までさかのぼることができます。これは、石正理と彼女のナンバー2であるPeng ZhouがオーストラリアのCSIROで働いていたときのものです。それ以来、彼らの論文を見てみると、彼らがやっていたことがわかります。ワクチンを開発するためにコロナウイルスを遺伝子操作したり、どのウイルスが人間に感染するかを調べたりしていたのです。彼らの動機に何か不吉なことがあったとは言いません。彼らの動機は[素晴らしい]ものだったかもしれません。

私は彼らを個人的には知らないのでわかりませんが、彼らの動機は完全に無実だったかもしれません。パンデミックを予測するために、どのウイルスが人間に感染するかを調べようとしていたのかもしれません。つまり、それが彼らの言っていたことなのです。

個人的には、これは無責任な研究だと思います。なぜなら、実際には、非常に危険な新種のウイルスを作り出しているのですから。この問題は、10年前から科学界で大きな議論の的となっていました。多くの科学者が参加しています。ケンブリッジワーキンググループと呼ばれる科学者たちは、機能獲得型研究に反対するために設立され、特にパンデミックを引き起こす可能性があると警告していました。この種の研究がパンデミックを引き起こす可能性があると警告してきた科学者はたくさんいます。

しかし、ご質問に戻ります。私たちは、彼らが必ずしも邪悪なことをしていたとか、生物兵器を開発していたとは言いませんが、重要なのは、この研究が非常に危険なものだったということです。欧米やオーストラリア、アメリカ、日本、フランスの研究所が持っているような安全プロトコルの経験を持たない研究所で行われていたのです。

本の中でもそのことを書いています。これは、ポンペオ氏の中国政策の首席補佐官だったマイルズ・ユー氏が私に警告してくれたことですが、武漢ウイルス研究所の所長自身が、自分の研究所で行われている安全対策を懸念して論文を書いていたのです。これは非常に大きな問題でした。

電報をご覧になりましたか?ワシントン・ポスト紙のジョシュ・ローギンがケーブルについての記事を書きました。リック・スウィッツアーとジェイミー・フースは、北京に駐在するアメリカ人外交官で、そのうちの1人は武漢にいましたが、武漢ウイルス研究所に入り、武漢ウイルス研究所の技術者でさえ、助けが必要であること、安全性に問題があることを認めました。彼らはケーブルを書いて、ワシントンに戻った。

繰り返しになりますが、これらの電報は年長者の誰にも届かなかった。ポンペオはそれを見ていません。当時、NSAの長官だったマイク・ロジャースも、私がインタビューしたときには見ていませんでした。この研究所が行っていた研究については、実際に多くの情報や警告があったにもかかわらず、アメリカはNIHを中心に他の機関も含めて資金を提供していたのです。まさに事故が起こるべくして起こったと言えるでしょう。

Mr. Jekielek

また、一般にはあまり知られていないと思いますが、この施設に対する政府のアクセスがいかに少なかったかについても触れられていますね。元々はフランス人が建設を手伝っていたのですが、追い出されてしまいました。

Ms. Markson

そうですね。この点については、MI6の元長官であるリチャード・ディアラブ卿にインタビューしたときにも指摘されています。彼は、フランス人が追い出されたことで、武漢ウイルス研究所の研究内容、特にバイオ戦争との関連性に警鐘を鳴らすべきだったと言っています。なぜなら、フランス政府と中国政府がこの研究所の建設に資金を提供したにもかかわらず、なぜ稼働した瞬間にフランス人を追い出すことができたのか?

これもケーブルの中で、リック・スウィッツアーとジェイミー・フースが、WIVでの国際協力は非常に限られており、国際的な科学者をほとんど受け入れていないと指摘していたことと同じです。つまり、これは非常に秘密の多い施設だったのです。

彼らが何をしていたかは、発表された研究論文を見ればわかりますが、結果が公表されていない別の研究が行われていたという証拠もあります。ウイルスのデータベース自体も、2019年9月以前はアクセス可能でしたが、そこには未発表のウイルスのセクションもありました。

また、トランプ政権末期にマイク・ポンペオとジョン・ラトクリフが機密解除した情報でも、武漢ウイルス学研究所が中国軍との秘密プロジェクトに従事していたことが明記されていることがわかっています。彼らが研究の一部を秘密にしていたという証拠はたくさんありますが、なぜ?なぜ、その研究は公開しないほど機密性が高いのでしょうか?

Mr. Jekielek

私も知っているジャック・ヘイゼルウッドという研究者と一緒に、2011年だったと思いますが、中国政府が生物兵器禁止条約を提出したことを発見しましたね。そして、ジャックはこの非常に魅力的な文書を発掘しました。そこには、中国共産党が国際機関にこのようなものを提出していたことを知り、驚愕しました。皆さんもぜひ読んでみてください。

Ms. Markson

そうですね。マイルズ・ユーがマイク・ポンペオのためにこの問題を調べていたとき、彼は2011年に中国政府が国連の生物兵器条約に提出した文書があることを発見しました。別の文書にその記述があり、中国政府が提出した書類に含まれていた小見出しが記載されていましたが、提出書類そのものは入手できませんでした。

その後、彼はその詳細を国務省のデイブ・アッシャーとそのチームに伝えたが、彼らはその文書自体を手に入れることができなかった。しかし、マイルズから話を聞き、「人工合成ウイルス」などの見出しを見せられた私は、どうしてもその文書を手に入れたいと思った。

ジャック・ヘイゼルウッドともう一人の研究者に、インターネットの奥深くで私が知らないことを解明してくれる素晴らしい研究者たちを紹介してもらいました。彼らが探しに行き、ジャックがその文書を発見してくれたのです。それまで一度も報道されたことのないものでした。それは、私がこれまでの人生で読んだ中で、たった一つの最も恐ろしい文書です。

その詳細は本の中で紹介しています。2011年に中国政府が国連の生物兵器禁止条約に提出した文書の詳細が書かれていて、文字通り衝撃的でした。ずいぶん昔のことのように聞こえるかもしれませんが、中国ではこの条約は5年ごとにしか開催されません。2016年に提出された次の資料は非常に簡素化されたものでした。基本的に詳細は書かれていませんでした。

今回が最後の詳細な提出物で、その中では、人工ウイルスや、特定の人種、特定のDNA、特定の遺伝子に感染する能力を持つウイルスに関する技術の発展について述べています。合成生物学の研究は、”人類に対する潜在的な脅威 “をもたらす可能性があると述べています。この研究を具体的に行うことのリスクや、人類を滅ぼしかねないパンデミックを引き起こす可能性があることを語っています。

文字通り、誰もが読んだことのないような衝撃的な文書ですよね?しかも、これは中国政府が公式に提出したものです。とても恐ろしいとしか言いようがありません。2011年に国連職員がこの文書を受け取ったとき、なぜ中国がすぐに生物兵器禁止条約違反を問われなかったのか、なぜ私たちがもっと注意を払わなかったのか、理由がわかりません。これが全体的なストーリーだと思います。ここには非常に多くの警告がありました。何ができたのかはわかりませんが、少なくとも中国が何をしているのか、どんな研究をしているのかは知っておくべきだったと思います。

Mr. Jekielek

ここには興味深い展開がありますね。ところで、「機能獲得型研究」の意味をもう少し詳しく簡単に説明していただけると助かります。よく耳にする言葉ですが、必ずしも明白ではありません。オバマ政権下では、米国がゲインオブファンクション研究に関与することにモラトリアムが置かれていましたが、2017年、私の理解では、NIHはその指定を変更しました、しかも明らかに、静かに。あなたが話を聞いたほとんどの人が知らなかったことです。

Ms. Markson

そうですね。現在、ランド・ポールとアンソニー・ファウチの間で議論が行われていますが、gain-of-functionについては、さまざまな定義が投げかけられています。しかし、本当に簡単に言うと、機能向上とは、ウイルスの伝達性を高める研究のことで、感染力を高めたり、致死率を高めたりすることです。

ウィルスが新たな機能を獲得できることから、「機能獲得」と呼ばれています。例えば、以前は人間に感染させることができなかったのに、人間に感染させることができるようになったり、空気感染するようになったりすると言います。つまり、事実上、既存のウイルスに新しい能力を与えて、より致命的で、より危険な新種のウイルスができあがってしまうのです。

この研究を主張していた科学者たちは、パンデミックの防止に役立つと言っています。アンソニー・ファウチは、機能獲得型研究を推進していた政府高官の一人ですが、彼が2012年に医学雑誌「mBio」に寄稿した論文を見つけました。この論文で彼は、機能獲得型研究がパンデミックを引き起こす可能性があることを認めています。つまり、ほとんど予言のようなものです。

当時、機能獲得型の研究を禁止するかどうかが議論されていました。これは2012年のことです。その後、オバマ政権は2年後に禁止しました。この論文では、パンデミックを引き起こす可能性があることは認めていますが、どのウイルスがパンデミックを引き起こす可能性があるかを知ることができるというメリットを考えれば、リスクに見合うだけの価値があると主張しています。

ここで重要なことは、多くの科学者たちが、機能獲得型の研究がパンデミックを防いだという証拠はない、と強く公言していることです。新しいウイルスを作っても、パンデミックを防ぐことはできない、と彼らは強く主張していたのです。そのため、コロナウイルス、MERS、インフルエンザウイルスなど、22の分野で機能獲得型研究の禁止、より厳密に言えば一時停止が導入されました。

さて、2017年にこの一時停止が解除されました。トランプ政権下でのことです。私の取材による理解では、これはOffice of Science and Technology Policy(科学技術政策室)との会議で行われました。これは厳密にはホワイトハウスの局ですが、そこにいたのは比較的下級の役人だったと聞いています。

アンソニー・ファウチは、解禁を支持していました。彼はgain-of-functionの解禁の背後にいる、あるいは支持していました。このようなことが行われていたことは、誰も知らなかったようです。ロバート・オブライエン国家安全保障顧問、マット・ポッティンジャー、マイク・ポンペオなど、誰も彼がこの研究を解禁したことを知りませんでした。パンデミック後にメディアで報道されるようになるまでは、誰もこの研究のことを知らなかったのです。

Mr. Jekielek

ファウチ博士にコメントを求めましたか?

Ms. Markson

もちろんです。残念ながら、彼は、友好的で協力的なジャーナリストとのインタビューにしか応じないようです。彼はオーストラリアのABCのインタビューを受けたことがありますが、私がオーストラリアにいるからというだけではなく、そのインタビューは非常にソフトなものでした。皆さんもお気づきだと思いますが、彼はメディアのインタビューに応じる際、厳しい態度を取られたり、何らかの質問をされたりするようなことはしません。彼は同意しなかったし、彼のメディアアドバイザーは、特定の質問に対するコメントも含めて、私のアプローチをことごとく否定した。

ナレーション。私たちのチームは、アンソニー・ファウチ博士にも、機能獲得型研究に対する彼の立場について問い合わせましたが、すぐには返答がありませんでした。

Mr. Jekielek

本と並行して制作されたドキュメンタリーの中で、簡単に話したいことがあります。いわば45歳のトランプ大統領にインタビューしているのですが、基本的には「武漢ウイルス研究所が関与しているのではないかと考える理由」を聞いていて、彼は「武漢ウイルス研究所の外に死体袋があった」と言っています。そして、ポンペオ長官からさらに明確な説明を受けました。このことと、この件に関してあなたが行った検証について、少し教えてください。非常に興味深いことです。

Ms. Markson

さて、私がドナルド・トランプ大統領にインタビューしたいと思った理由のひとつは、彼に(このことを)尋ねるためでした。2020年4月、彼は「ウイルスが研究所から漏れた証拠がある」と言いました。フォックス・ニュースのジャーナリストが質問した記者会見でそう言ったのです。つまり、彼は記者会見を開いて「このウイルスは実験室から出てきました」と大騒ぎしたわけではなく、記者会見で質問に答えて、「そうだ、実験室から漏れたことを示す証拠がある」と言ったのです。

しかし、どのような証拠を見て研究室からの漏洩を確信したのか、詳しく説明したことはありませんでした。それが、私が彼にインタビューしたときに聞きたかった重要なことの1つでした。

ご存知のように、私はこの事件を綿密に取材してきましたが、武漢ウイルス研究所の外に死体が捨てられていたという話は聞いたことがありませんでした。彼は、武漢の研究所の外に死体袋が捨てられているという証拠を見た、あるいは証拠を聞かされたと言いました。

私は、「武漢ウイルス研究所の外に捨てられていた」という意味であることを明確にしました。彼は、そうだ、それはずっと前に聞いたことだと言った。私は、それは情報機関からの情報なのかと尋ねたが、彼はわざと曖昧に答えた。どこから聞いたのかを言わなかったのである。幸いなことに、取材のタイミングが合って、ポンペオ長官にインタビューをしていました。本のために彼にはすでに話をしていましたが、ドキュメンタリーのために2週間後にインタビューをしていたので、彼に聞くことができました。私は彼に、トランプ大統領から遺体袋のことを聞いたと言いましたが、それは正確だったのでしょうか?

ポンペオ長官の答えは、「大統領には、他の人が話さないようなことを話す能力がある」というものでした。これは非常に興味深い答えであり、何か裏があるのではないかと思われました。

この証拠については、ドキュメンタリーに収録する前に、それが情報であるのか、それとも元大統領が他の場所で見たことのある情報であるのかを知っておくとよいと思ったので、情報機関の非常に上級の秘密情報源にさらに問い合わせた。そして、非常に上級の情報源から、これは情報であり、武漢の研究所の外に遺体があったことを確認しましたが、それは信頼度の低い評価を与えられたもので、つまり他の情報源では検証できないということでした。

この分野の証拠のほとんどは、信頼度の高い評価を受けていないことを覚えておいてください。ジョー・バイデン氏が90日間の情報調査の結果や分析を発表したとき、自然ウイルスだとした多くの機関が、信頼度の低い評価をしていましたね。中程度の確信度を持っていた機関は1つだけで、それは研究所からの漏洩の場合でした。

武漢から発信された人為的な情報を扱う場合、その情報を検証するのは非常に難しいと思います。だからこそ、私がトランプ大統領にインタビューしたとき、彼は私に「あなたのことだから、きっと解決できるだろう」という名言を残したのです。それは、私がさらに調査を進めるべきだと言っていたのです。

Mr. Jekielek

これがトランプ政権下で起きたことであり、トランプ大統領が「ラボのリークの可能性がある」と発言したことへの反応について話してください。あなたは、それが実際にどのような次元のものであるかを詳しく説明しています。反射的に “トランプ大統領が言ったのなら、その反対のことが起こるに違いない “と言ってしまった人がたくさんいました。

Ms. Markson

昨年、この問題が政治的に取り上げられたことは衝撃的です。嘆かわしいことです。つまり、これはとても重要な問題なのです。私たちの人生で初めてのパンデミックがどのようにして始まったのか。パンデミックは私たちの生活を永遠に変えてしまいましたし、470万人もの人々が亡くなったことは言うまでもありませんが、これまでと同じようにはいかないでしょう。この問題の真相を解明することは、何よりも、政治よりも重要なことだと思うでしょうが、そうではありませんでした。現実には、この問題は地球上で最も政治的な対立が激しいアメリカの選挙の年に起こったもので、この問題がどのように扱われたかをその選挙サイクルから切り離すことは非常に困難です。

私が指摘したように、トランプ氏は当初、記者会見で質問に答えただけでしたが、科学界はトランプ氏の発言を信用しようとしませんでした。このような状況が科学界にもあり、メディアにも大きな影響を与えていました。

主流メディアはそれを陰謀論と呼んでいました。ピーター・ダザックのような人物に味方して、多くの時間を割いていました。本当に不名誉なことです。オーストラリアでは政治的な問題にまで発展しました。私はこの件を報道していましたが、オーストラリアの左派系公共放送局であるABCは、これは陰謀だと主張し、情報機関が研究所の情報漏えいを調査しているという事実を報道しただけで私を攻撃しました。この問題は非常に政治的なものでした。

リチャード・ディアラブはこの本の中で、「トランプ大統領の発言が問題を汚染した」という表現を使っています。イギリス出身の彼が、トランプ大統領が問題を汚染したと考えたことは理解できますが、私は大統領や国務長官などの政治家には真実を語る責任があり、アメリカ国民に対して透明性を保つ責任があると考えています。

トランプは何をしようとしていたのか?実験室からの情報漏洩を示す証拠があるという事実を隠蔽することですか?もちろん、実験室からの情報漏洩を示す情報があったことは知っていますが、それは後に機密扱いから外されました。彼は何をしようとしていたのでしょうか?アメリカ国民に嘘をつくのか?とんでもない話ですよね。

Mr. Jekielek

読んでいて思ったのは、この問題にはさまざまな側面があり、自然由来でなければならない、ということです。この武漢での研究には、米国の機関が資金援助をしていたり、EcoHealth Allianceやピーター・ダザックが関わっていたりします。これはすべて、中国の民軍融合の現実の中で行われています。これは非常に重点的に研究されるべきだという明白な結論を避けて通ることはできませんよね。

Ms. Markson

そうですね。武漢ウイルス研究所と中国軍との関連性については、私がこの本の中で説明しています。中国軍の科学者と武漢ウイルス研究所との間に証明された関係を、私は本の中に書き込んだのです。

この研究所に中国軍や人民解放軍がこれほどまでに深く関わっていたという事実を見れば、「なぜアメリカが資金を提供していたのか」と問わざるを得ません。なぜNIHからの資金が武漢ウイルス研究所に注がれ、監視も透明性もない研究所で危険な研究が行われていたのか?それは証明されています。

自分たちの資金でウイルスのデータベースを作ることすらできていないのですから。なんとも不条理な話ですよね。なぜこのようなことが許されたのでしょうか?よく知られた中国軍とのつながりがある研究所があって、そこにアメリカのお金が入っていたことに誰も歯止めをかけなかったのか?しかも、アメリカだけではありません。アメリカだけでなく、オーストラリアもこの研究所や科学者たちに関わっています。

これは本当に大きな問題で、この特定の事例だけではなく、もっと広く調査する必要があります。なぜなら、中国の研究室には欧米の資金が多く投入されているからです。あなたがおっしゃるように、今は民軍融合を利用しているので、その研究が悪用されたり、中国軍の近代化を進めるために悪用されたりする可能性があります。

オーストラリアはこの問題の最前線にいます。これは非常に大きな問題であり、世界中のどの政策立案者も、現時点でこの問題に対処していないと思います。

ナレーション。武漢ウイルス研究所への資金提供について、NIHに問い合わせましたが、まだ返事はありません。

Mr. Jekielek

本の中であなたが説得力のある説明をしているもうひとつの点は、中国共産党が、あらゆる手段を使って、自分たちの説を押し通すためにどれほどの努力をしたかということです。驚くべきことです。一方ではアメリカの政治的な影響を受け、他方では中国共産党の要求するストーリーに完全に合致しているように見えます。

Ms. Markson

これは、このようなことが起きていることを解明したときに、非常に大きな発見でした。私がこの本を書き、このことを調査していたのは、おそらく今から5~6ヶ月前のことですが、私にとってはかなりの衝撃でした。これは本当に大きなことです。

中国が世界各地で影響力を行使していることはわかっていますが、なぜそのような影響力行使を行っているのか?なぜ彼らはこのようなネットワークを構築したのか?それは、天安門事件やパンデミックのように、大規模な隠蔽工作が行われていて、自分たちの言い分を世間に広める必要があるような事件が起きたときに、これらのネットワークや影響力のある活動に頼るためです。

これがまさに今回の出来事です。すでに述べたように、中国の公式シナリオが定着しました。中国共産党政権では、ある程度予想される隠蔽工作が行われていただけでなく、欧米でも隠蔽工作が行われていました。

このような理由から、みんなが目を覚まして、これは研究室からのリークかもしれない、これを調査すべきかもしれないと考え始めるまでに、20ヶ月か21ヶ月かかりました。あなたや私にとっては、最初から明らかなことでしたし、もちろん、他の多くの人々にとっても、彼らの勇敢な行動を称えたいので、この本で詳しく説明しています。

Mr. Jekielek

シャリ、教えてください。これは私の頭を悩ませることです。自由な世界で働いている研究者、ウイルス学者、その他の人たちを見ていると、彼らはただ単純で、何も知らないのでしょうか?彼らは、中国の科学者の意思決定には中国共産党が優先するということを理解していないのでしょうか?たとえ彼らが最高の意図を持って仕事をしていたとしても、中国共産党がいつでもやってきて、「いや、これは君たちのやるべきことだ」と言うことができるのです。そうすれば、誰もが、あなたが記録したように、全員ではなく、ほとんど全員が行動を起こすのではないでしょうか?

Ms. Markson

まあ、多くの場合、家族の安全が脅かされる可能性があるため、選択の余地すらないのですが。私たちは長い間、国際的な科学協力の道を歩んできましたが、その指針は、国の安全や主権、そして私たちの価値観を犠牲にしてきました。各国政府は、科学者の邪魔をしたくない、科学者にノーと言えない、国際科学協力という考えが何よりも重要だと感じていたのでしょう。

しかし、470万人の命を奪ったパンデミックが、アメリカの資金が投入されていたにもかかわらず、調査すらできない研究所で始まったかもしれないことを目の当たりにすると、もうこの道を進むことはできません。これは本当に問題です。政府はこの問題に取り組もうとしていると思いますが、学術界からは大きな抵抗があり、大学からは大きな抵抗があります。

私は、「千人の才能プログラム」についても多くの取材を行ってきました。これは、中国政府による最も有名な人材採用プログラムです。アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなど、欧米の大学に所属する科学者や学者に給料や特典を与えています。中国共産党は彼らにお金を支払い、契約書にサインをして、オーストラリアやアメリカの納税者が資金を提供した研究であっても、彼らの研究や知的財産は中国で特許を取得しなければなりません。

例えば、アメリカの資金で信じられないような新しい科学研究やその他の開発が行われ、それが中国で特許化されるという状況になるのです。中国はその研究を所有し、それを利用してお金を稼ぐのです。これは知的財産権の窃盗であると同時に、その研究が中国の軍事的近代化のために悪用される可能性があるのです。これは非常に大きな問題です。

昨年、私はこの問題について大規模な調査を行い、実際に研究者の名前を挙げました。それは並外れた法的リスク、名誉毀損のリスクであり、私の論文は私を支持して取ったものですが、私には証拠がありました。結論から言うと、中国政府の「千人計画」に参加していたオーストラリアの30人の学者の名前を挙げました。

その30人は中国政府の「サウザンド・タレント・プラン」に参加した学者で、私は証拠を持っていましたが、大学側は否定したのです。そこで私は、「中国で特許が取得された研究がここにある。このようにして、彼らは現行犯で逮捕されたのです。その結果、オーストラリアの情報委員会の委員長であるジェームズ・パターソン氏が、オーストラリアの大学部門における外国の影響力を調査するための調査を開始しました。現在、その調査は進行中です。

Mr. Jekielek

非常に重要で貴重な報告ですね。もちろん、私たちも米国や他の国での調査を進めています。

この話はすぐに終わります。1つだけ触れておきたいことがありますが、これも驚くべきことです。あなたの本を読むまで、ほとんど忘れていました。信じられないことに、2020年2月に中国の軍事研究がCOVID-19ワクチンの特許を申請したのです。本当に早かったですね。

Ms. Markson

このようなことがあったのですね。これは、中国軍と武漢ウイルス学研究所の間の重要なつながりです。中国軍の科学者である周玉泉は、2019年末に施政方針やアメリカの大学とも協力して研究を進めていましたが、その研究にはコロナウイルスやMERSが関わっていました。そして、2020年2月下旬に、COVID-19ワクチンの世界初の特許を申請した。

このことをニコライ・ペトロフスキーや他の科学者に聞いてみると、「そんなに早くワクチンを開発した可能性はあるが、特許申請に関わる詳細な事務処理を考えると、発生していることを世界に認める前にワクチンを開発していた可能性の方が高いと思われる」と言われました。これはまさに異常なことで、このウイルスの意図的な隠蔽の程度を示しています。これは、このウイルスの意図的な隠蔽を示すものです。

さて、興味深いのは、周瑜仙がこのCOVID-19ワクチンを開発したことです。軍の科学者であり、このワクチンの主な発明者として表彰されている彼は、5月頃に亡くなりましたが、彼の業績や成功を祝う記事は何もありませんでした。謎の死として扱われるのです。私が調べたところによると、諜報機関であるファイブアイズはこのことを知っていて、彼の死を調査していたようです。

私が知っている限りでは、もちろん最新の情報にはアクセスできませんが、私が話を聞いたところでは、彼がなぜ死んだのかを決定的に言うことはできませんでしたが、疑わしいものとして扱っていましたし、彼の人生を祝うような記事も何もなかったので、おそらく彼が殺されたものとして扱っていました。

興味深いのは、この人の名前を出すと気になると思うので出していませんが、彼の近親者で現在アメリカに住んでいる人がいることです。これも興味深い点ですね。中国軍と武漢ウイルス研究所との関係を示すものでもあります。

Mr. Jekielek

また、この本の最後の方で、マイク・ポンペオがインタビューの中で「Well, the cover-up continues」と言っていましたね。ここから先はどうなるのでしょうか?WHOの調査がありましたが、それを追っていたほとんどの人が茶番だと考えていたと思いますが、実際には中国にも行きました。中国の共産党は、まともな調査を受け入れてくれそうにありません。私たちは今、どのような状況に置かれているのでしょうか。そして、このような隠蔽と武器化された情報の領域に対抗するために、何ができるのでしょうか。

Ms. Markson

ジャーナリストとしては、国際社会の有力者や政治家が、中国に対してオープンで透明性のある行動をとるように繰り返し呼びかけているのを見ると、非常に悔しい思いをします。それはそれでいいのですが、WHOではなく信頼できる機関による国際的な調査を認めるよう、中国に圧力をかけ続けるべきです。世界保健機関(WHO)は、独立した信頼できる調査を行うことができないと私は確信しています。世界保健機関は、このウイルスの蔓延に妥協し、加担し、中国の言いなりになっています。

世界保健機関は、中国の嘘を盲目的に繰り返し、このウイルスは人から人へ感染することはないと言い、アメリカの渡航禁止令に反対し、ヨーロッパはWHOの言うことを聞いていたために、故意にこのウイルスが世界中に広がり、人々を死に至らしめたという事実については、私も強く言えません。異常としか言いようがありません。

しかし、重要なのは、中国に開放を求めることとは別に、ジャーナリストとしてとても悔しいのは、この件に関して必要な新しい情報、例えばファウチのメールのような断片的な情報でさえ、FOI(情報公開法)や訴訟を通じて入手しなければならないということです。お金も時間もかかりますし、それでも断片的な情報しか得られず、その多くは編集されています。

つまり、欧米の人々、機関、科学者が何を知っているのかを調査する必要があるのです。中国は透明でなければならないというのは一つの意見です。アメリカだけではなく、オーストラリアのCSIROや、武漢ウイルス研究所で行われていた研究プロジェクトに関する情報を持っているすべての研究機関が透明性を確保する必要があります。

すでに先ほど述べたように、その研究の一部に深く関わっていた科学者がアメリカにもいました。例えば、ニューヨーク血液センターは研究に深く関わっていましたし、ノースカロライナ大学やテキサス州の研究所もそうです。だからこそ、きちんとした調査が必要なのです。資金提供を受けていたことについて、ファウチが他に何を知っているのかを知る必要があります。NIHはその帳簿を開く必要があります。情報はたくさんあります。欧米で調査が行われれば、何が起こったのかを知ることに大きく近づくでしょうし、私はそうすべきだと思います。

どのような形で行うかは人それぞれですが、大統領の委員会であったり、超党派の議会による適切な調査であったり、いろいろな形があると思います。なぜ民主党がこの件を調べようとしないのか、私には理解できません。信じられないことです。

中国が協力を拒否したとしても、ここには非常に明確な追求すべき道筋があり、共産党政権が急に透明になるという兆候はありません。

Mr. Jekielek

シャリー・マークソンさん、あなたをお招きできて本当に嬉しいです。

Ms. Markson

あなたと話せて本当に良かったです、ジャン。ありがとうございました。

ナレーションです。世界保健機関(WHO)にパンデミック初期の発言について問い合わせましたが、すぐには返答がありませんでした。


このインタビューは、わかりやすく簡潔にするために編集されています。

アメリカン・ソート・リーダーズのニュースレターを購読すると、エピソードを見逃すことはありません。

ソーシャルメディアでEpochTVをフォローしてください。

フェイスブック: https://www.facebook.com/EpochTVus
ツイッター: https://twitter.com/EpochTVus
ランブル: https://rumble.com/c/EpochTV
Gettr: https://gettr.com/user/epochtv
ガブ: https://gab.com/EpochTV
テレグラム: https://t.me/EpochTV
Parler: https://parler.com/#/user/EpochTV

コメント コメント欄を設置しました!

タイトルとURLをコピーしました