ロバート・マローン政策・公衆衛生(感染症)

米国保健福祉省 HHS のピエロを送り込む Robert Malone
サーカスを運営する公衆衛生担当者はなぜわが国を裏切ったのか

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/send-in-the-hhs-clowns

「」

公衆衛生の基本原則

公衆衛生の基本原則は、「パンデミック時に社会が正常に機能すればするほど、人々はよりよく統率し、生き残ることができる」である。この方針が覆され、「社会が脅かされ、孤立し、統制され、抑圧されればされるほど、ウイルスからより安全になる 」となった。

(Breggin, Peter Roger; Breggin, Ginger. COVID-19 and the Global Predators (pp. 12-13). Lake Edge Press. Kindle Edition).


COVID-19のパンデミックにおいて公衆衛生は失敗した。 どのように、そしてなぜ?

  1. 私たちの政府は武漢・中国の恐怖政治を検証しなかった。 私たちは今、武漢の膨大な数の人々が路上で死んでいなかったこと、集団墓地のデータがまだ理解できない理由で捏造されたことを知っている。感染症の蔓延を抑制するための集団検疫のデータが存在しないこと。 アメリカ政府は意図的に中国共産党の宣伝工作を受け、デボラ・バークスとその取り巻きは完全に中国共産党の宣伝を鵜呑みにしてしまったのである。 ビルクスはどうやら自分が騙されたことに無頓着なままである。
  2. この国の公衆衛生対策には、ロックダウン、マスク、学校閉鎖、社会的距離の取り方が実際に有効であるというデータはなかった。
    1. マスクだけで、私たちの子どもたちの言語発達、IQ、社会的スキルの低下を引き起こしている。 マスク、ロックダウン、社会的距離の取り方、マスクは 子どもたちの言語発達の問題や IQ、社会的スキルの遅れを引き起こし – それは永久的なものかもしれないし、多くの10代や20代の若者が自殺に追い込まれている。
  3. Deborah Birxは、CDCやホワイトハウスの承認なしに、上記に関するCDCのガイドラインを書き直した(彼女の著書『Silent Invasion』で述べられている通りどうしてこんなことが許されたのだろうか?
  4. 公衆衛生学の修士号(MPH)は、これらの職員のほとんどが持っている訓練だ。
    1. MPHは、経済や政治、国際関係の訓練を受けていない。彼らは、救えるはずの命が病気によって失われたこと以外には責任を持たない。これは重要なことだ。
  5. MPHの卒業生は、「集団における病気の発生率と分布、そしてそのような情報を使って病気の原因、感染様式、制御方法を見つける 」ための訓練を受ける。それだけだ。彼らは医学も病気も経済学も国際政治も理解しない。 訓練を受けていないのである。
  6. MPHの卒業生は、しばしばパンデミックを「ワンサイズ・フィット・オール」(一つの方法ですべてを解決しようとする)をモデルとして扱うように訓練され、そして、最も現在の戦いの誤謬に陥る:彼らは常に最後の戦いに挑んでいる。
    1. ワクチンでは、天然痘を根絶するモデルがゴールドスタンダードと呼ばれている。 しかし、天然痘は安定したDNAウイルスである。 突然変異の多いRNAウイルスではないので、単剤治療やワクチンを回避するように進化する(この種のRNAウイルスの他の例として、HIVと風邪がある)。
    2. CDCとNIHのトップマネジメントは、何度も何度も、病気の病態、治療法、重なる政治状況、経済、子供の発達などを考慮しなかった。 COVID-19では、MPHの問題以外のトピックに関するCDCとFDAの専門家は無視された。世界経済/開発/健康状態に影響を与える可能性のある他の分野を専門とする専門家は利用されなかった。
  7. 政府は臨床試験開発と規制基準における評判を完全に破壊した。CDCはデータを隠蔽した。FDAは自分たちの規制に従わなかった-「緊急事態」がないときでさえも。
  8. バイ・ドール法(米国で1980年に制定された法律で、連邦政府の資金で研究開発された発明であっても、その成果に対して大学や研究者が特許権を取得することを認めたもの。)はNIHとCDCの両方を堕落させた。 連邦政府職員は、自分たちが雇われた専門分野の特許から利益を得るべきではない。
  9. 連邦職員による特許収益がFDA、CDC、NIH職員を堕落させている。 バイ・ドール法を改正し、連邦政府職員を公的資金による特許の利益供与から除外する必要がある。
  10. 腐敗の深さには圧倒される。
  11. 政府はビル・ゲイツのような民間企業や個人と結託し、感染症に関する「物語」を支配している。今や企業の資金が政府の政策を支配し導くことが多くなっている。 これはファシズムとも呼ばれる。
  12. 彼らはCDC財団とNIH財団を利用して、欠陥のある臨床試験を実施し、企業に資金を流した。彼らは欠陥のある(「失敗するように設計された」)研究を使って、薬物治療がCOVIDに効かないことを「証明」した。そのため、公衆衛生当局とFDAは、早い段階でワクチンが唯一の選択肢であると認定したのである。 早期治療の選択肢はなく、多剤併用、多段階治療の選択肢もないとすることで、緊急使用許可にサインすることができなかった。これは詐欺行為だ。
  13. バイデン大統領は、COVID-19に関連する緊急権限法に署名し続けている。 これは詐欺だ。 議会は彼の権限を制限するために行動しなければならない。
  14. CDCはワクチンの宣伝と批評家の中傷・非難に10億ドル以上を費やしてきた。彼らはこのお金を使って、自分たちの政治的批判者や敵とみなされるものを黙らせた。 これは「バナナ共和国」の振る舞いであり、アメリカはもっとうまくやるべきだ。
  15. トニー・ファウチのような公衆衛生当局者は、ウイルスの起源を隠すために、互いに、そして外国政府(イギリスとおそらくフランス)と積極的に結託した。 彼らはウイルスを作り出した機能獲得研究がアメリカの産物であることを積極的に隠そうとした-中国が積極的に参加したかどうかは別として。
  16. アメリカ政府は、世界保健機関と共同で、パンデミック時にわが国から主権を奪おうと画策している。 これは反逆である。
  17. 漏れなく、リスクの高いワクチンを全員に接種することによって生じる副作用、損害の真の評価を行う必要がある。
  18. 人道に対する罪があった場合、説明責任を果たす必要がある。

政府が今やりたいことはただ一つ。内部から腐敗している、悪臭を放つ混乱を一掃することだ。唯一の問題は、彼らがそれで逃げ切れるかどうかだ。


「」

少し方向を変えて、Deborah Birx博士の著書、「Silent Invasion」について簡単にレビューしてみたいと思う。 そして、そう、私は激怒している。

最近の本の中で、Birx博士は、彼女がたくさんの非難を撒き散らすことができることを示した。彼女はトランプを非難している。 彼女はCDCを非難している。 メディアを非難する。Scot Atlasのせい。 彼女は自分以外のすべての人を非難している。

中国共産党の最高指導者であり、中華人民共和国の国家主席である習近平を責めることはない。 西側諸国に封鎖を持ち込んだ習近平の動機にも疑問を呈さない。国民全体を隔離する政府政策の展開を賞賛しているにもかかわらず、彼女は本の中で彼の名前にさえ触れていない。

マイケル・センガー、ビルクスの本について書いている。

ビルクスの怪作『サイレント・インベージョン』は、民主的大国を内部から転覆させるためのハウツー本のようであり、最前線でそれを実行した人物の体験談としてしか語られないような内容である。

注目すべきは、ビルクスの回顧録はアマゾンでは比較的少数のレビューしか得られていないが、中国の国営メディアからは絶賛されていることだ。これは、マイケル・ルイスやローレンス・ライトといった、より人気の高い隔離賛成派の本にも見られないことだ。

ビルクス博士は、社会的距離を置くこと、ロックダウン(つまり検疫)、社交の中止、学校閉鎖、マスクなどを推し進めた人だ。 彼女は、実質的なデータもなしにこれを行った。彼女は、中国での成功例を見て、これを行ったのである。彼女はその中国のデータを疑うことはなかった。 そして、その「中国のデータ」は、彼女の決断と行動に影響を与えるために特別に作られた中国共産党の積極的なプロパガンダだったのである。 このことの意味を理解するのは難しい。 彼女が知ってか知らずか、ビルクス博士は機能的に中国共産党のプロパガンダを武器とするエージェントとなった。 機能的に、彼女は情報資産となったのである。 そして彼女の行動は米国の健康と経済に深い損害を与えた。もう一度読んでほしい。 ゆっくりと心に刻み込もう。 そして彼女は、額面通りに受け取ったものが兵器化されたプロパガンダであったことにまだ気づいていないのである。 情報機関を公衆衛生政策の意思決定に統合することに失敗した証拠という点で、私はこの現実に唖然としている。 彼らは一体何を考えていたのか!?

COVID-19世界経済の低迷は、ビルクス博士と習近平がほぼ一手に担っている

彼女自身が認めているように、シャットダウンしなければならない、ロックダウン(つまり検疫)は過去2年半の他のすべての狂った政策と同様に機能すると、世界を説得したのはデボラ・ビルクスである。アメリカでの証拠を見てほしい。 検疫の間、ほぼ14%の失業率があった。食料品店が軒を連ねていた。今、アメリカの差し押さえ件数は2022年第1四半期に前四半期比で39%増加し、1年前と比べて132%増加しているというような指標が出ている。このような政策によって、私たちの国民と国が受けた経済的ダメージは甚大だ。

ジョンズ・ホプキンスの大規模な研究で結論が出ている。

「このメタ分析では、ロックダウンは公衆衛生にほとんど影響を与えないが、採用された場所では莫大な経済的、社会的コストを課していると結論付けている」と著者らは忠告している。「その結果、ロックダウン政策は根拠がなく、パンデミック政策手段としては拒否されるべきである」。

ビルクス博士は多くの罪の罪を認めている、ただ彼女はまだそれを認識していない。 彼女は私たちの子供たちとその未来に直接害を及ぼしているのである。

マスクだけで、子どもたちの言語発達、IQ、社会性が著しく低下している。 ロックダウン、社会との距離、マスクは、多くの10代や20代の若者を自殺に追い込んだ。 学校閉鎖は大失敗だった。あまりにも多くの恐ろしい結果が出ており、それらを一段落で列挙するのは困難だ(家庭内暴力、子供たちの飢餓、IQや言語発達の問題、自殺など)。

この本の中のこれらのパラグラフを読んで、泣いてほしい。

アジア諸国の政府関係者や市民は、SARSやMERSによる人命の損失や経済的な損害を軽減するために、以前から広まっていた恐怖と個人の対応の両方を知っていた。彼らはマスクを着用した。社会的な集まりの頻度や規模を減らした。重要なことは、最近の経験に基づいて、市民全体と地元の医師が大きな声で早くから警報ベルを鳴らしていたことだ。命がかかっているのだ。そして、「今度も同じようにしよう」と。

2週間のシャットダウンを実施するようトランプ政権を説得するやいなや、私はシャットダウンの延長方法を考えていた。15日間のシャットダウンは手始めだったが、それだけでは終わらないことは分かっていた。もっと延長するための数字はまだ目の前になかったが、2週間あれば手に入る。15日間のシャットダウンを承認することがいかに大変だったとしても、次のシャットダウンは何桁も難しくなるであろう。

デボラ・バークスは公衆衛生学でいうところのパンデミック対策として、ある集団を怖がらせ、隔離し、コントロールし、抑圧すれば、より安全になる」という考え方に賛成している。彼女は、中国が過去20年間に行ったことを真似て、検疫(アメリカ国民を数ヶ月間閉じ込めること)の考えを発展させたのである。

多くの人が、中国の政策は公衆衛生というよりも、政府のコントロールに近いと考えている。これらの政策には実際の科学的根拠がないだけでなく、我々の経済、主権、子どもや大人、そして国家の健康と幸福を損なっているのだ。 残念ながら、この政府の行き過ぎた政策はうまくいかないだけでなく、全体主義体制、それも倒錯した体制が最もよく知るレシピなのである。この国は本当にそのような道を望んでいるのだろうか?

もし、あなたがまだゾッとしていないのなら、注意をむけていない。


最後に、もう一冊、注目の本を紹介したい。

スネークオイル:習近平が世界を封鎖した理由

マイケル・センガー著

まだ読んでいる途中なので、現時点では完全なレビューをするつもりはない。 そのかわり、以下はアマゾンの説明文だ。

2020年3月、自由民主主義は突然の停止を余儀なくされた。

1933年のライヒスターク火災のように、SARS-CoV-2がどのようにして発生したのか、歴史家は知る由もないだろう。科学者にとっては、習近平の中国共産党という不動の力さえなければ、その起源を探ることはやりがいのある仕事であろう。

しかし、情報機関が数カ月をかけてウイルスの起源を調査している間に、世界はウイルスそのものよりもはるかに破壊的な前例のない対応をとり、世界恐慌以来の経済破綻、飢餓の拡大、無数の生命と生活の消失につながった。世界各国の政府は、中国で実施された集団検疫に倣い、一般に「ロックダウン」と呼ばれる措置を実施した。

これは第二次世界大戦以来の地政学的な大惨事であり、大躍進以来最大の人為的な飢饉であった。そして、それはすべて無駄であった。ロックダウンは決して科学的なものではなかった。むしろ、ベビーブーム世代で最も影響力のある中国共産党の皇太子の命令で、前例のない国際的な影響力行使によって世界に突きつけられた異常な政策であった。

国際機関を腐敗させ、偽造データを推進し、不正な科学を発表し、前例のない規模のプロパガンダを展開することによって、習近平率いる中国共産党は、ロックダウンの蛇口を「科学」に変え、21世紀における今日までの最大の犯罪となったのである。これは、彼がどのようにそれを行ったか、そしてなぜそうなったかの物語である。

本から

中国のウイルス対策の「成功」を再現できる国はない。明確な目標を持たずに封鎖に踏み切った政府は、「曲線を平らにする」、「第二波を防ぐ」、「発生を抑える」、「ワクチンを待つ」、あるいは「COVID-19を完全に除去する」といった正当化を次々と行い、その過程で、「公衆衛生」のためと称してますます暗い非自由主義の強制を持ち込んでいる。それは第二次世界大戦以来の地政学的な大惨事であり、大躍進以来最大の人為的な飢饉であった。そして、それはすべて無駄であった。ロックダウンは決して科学のためではなかった。むしろ、ベビーブーム世代で最も影響力のある中国共産党の皇太子の命令で、前例のない国際的な影響力行使によって世界に突きつけられた異常な政策だったのである。

本書は、今のところ非常に参考になり、読み応えがある。 きっと何度も読み返すことになる一冊だと思う。


結論から言うと、我が国がやったこと、デボラ・ビルクスがやったこと、トランプ大統領とホワイトハウスの人々を操り、嘘をついたことは、我が国に想像を絶するダメージを与えた。 健康へのダメージ、学校へのダメージ、経済へのダメージ、企業へのダメージ、公衆衛生事業全体へのダメージ、深い心理的・政治的ダメージ。そして彼女は中国共産党の機能的な諜報・宣伝要員としてこれを行った。彼女が二重スパイとして採用され、直接行動していたかどうかは関係ない。 機能的には、彼女はペンス副大統領の監督下でトランプ政権内に埋もれた中国共産党の資産として運用されていたのである。

それは、とても醜い言葉だ。そして、私はそれを書くことに喜びを感じない。 しかし、彼女の本と、中国共産党が、彼女が福音的真実として受け取ったプロパガンダそのものを、情報機関(その後、これはプロパガンダであると検証された)による検証を得る時間をかけずに武器化したという明確な文書に基づいて、破滅的な情報の失敗の明確かつ説得力のある証拠となる。 行政機関の運営という点では、私はこのことに唖然としている。 私は2つの説明のうち1つに頼らざるを得ないのだが、この2つは同時に真実である可能性がある。 重大な無能と極悪な意図(多くの人が悪と呼ぶもの)である。そして、個人的には、中国共産党のプロパガンダを無批判に受け入れるように彼女を後押しした人物が背後にいたとすれば、その時期、行政府のどこかに二重スパイがいた可能性を真剣に検討する必要があると思う。 行政がそれを許してくれるなら、彼らの行動やコミュニケーションから、それを炙り出すことができるはずである。

標準的なプロトコルや法律を回避し、COVIDの危機を扱うインサイダー「バブル」の一員ではない人々からの助言を無視し、中国-中国共産党を米国のモデルとして利用することは、非良心的なことだ。スコット・アトラス博士の言うとおり、結果を出す必要がある。

「この非常に重要な大統領管理の基準である、ホワイトハウスからの政策を完全に担当する責任を負うという点で、大統領は判断に大きな誤りを犯したと思う。自分の直感に反して、医療官僚に権限を委譲し、その誤りを正すことができなかったのだ」。

– スコット・アトラス博士の著書これも読み応えがある)より

タイトルとURLをコピーしました