ワクチンワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ遺伝子ワクチン抵抗戦略・運動

COVID-19ワクチン未接種グローバルコホートにおける自己申告の結果、選択、差別
Self-reported outcomes, choices and discrimination among a global COVID-19 unvaccinated cohort

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

thecovidblog.com/wp-content/uploads/2022/06/CGC-2022-non-vaxxed-study.pdf

プレプリント- 2022年6月

このページ以下のコンテンツは、Robert Verkerkによって2022年6月8日にアップロードされた

世界のCOVID-19ワクチン未接種者コホートにおける自己申告の結果、選択、差別について

はじめに

COVID-19が2020年3月に世界保健機関(WHO)によってパンデミックと宣言されて以来、COVID-19を注射されていない健康な集団にSARS-CoV-2がもたらすリスクについて、保健当局間や公表された文献で見解が対立している。さらに、保健当局やメディアは、そうしたワクチン未接種の集団が、COVID-19ワクチン接種者や弱者に大きな感染リスクをもたらすことをたびたび示唆している。

例えば、プレプリントサーバーMedRxivに掲載された研究では、入院を要するCOVID-19完全ワクチン接種患者の転帰は、ワクチン未接種者に比べて軽微であるが、入院中の死亡リスクはワクチン接種者の方が未接種者より大きいことが判明した(Mielke et al 2022)。Subramanian & Krishna(2021)による世界規模の研究(68カ国)では、「低感染国」に分類される国のCOVID-19「ワクチン」接種率が低い(20%未満)傾向が強く、「高感染国」ではその逆であることが明らかになった。

英国のREACT研究(DHSC 2021)は、研究対象となった98,000人のボランティアのうち、COVID-19を2回接種した者は、未接種の者に比べてPCRで陽性となる確率が3倍低かった(それぞれ1.21%対0.4%)と報告している。しかし、このような知見の根拠となるデータには、両群間に多くの行動的要因やその他の交絡要因があるため、ワクチン接種との因果関係を示すことはできない。

さらに、英国当局が信頼する症例や死亡のデータは、ワクチン接種の有無の誤分類による偽りのデータであることが示されている(Fenton et al, 2021)。

ワクチン未接種者の健康アウトカムを評価した研究や、ワクチン未接種者とワクチン接種者のマッチングを比較した研究は、ほとんどない。そのような研究の1つであるLyons-WeilerとThomas(2020)による、オレゴン州ポートランドの統合型クリニックの小児患者集団の研究では、ワクチン未接種の子どもの健康状態は、米国における小児定期接種プログラム対象者のそれを上回っていることが明らかになった。しかし、この研究を掲載した雑誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」は、その研究結果の意味するところを考えると、発表後8カ月で撤回を余儀なくされた。

COVID-19「遺伝子ワクチン」(特に広く使われているmRNAやアデノウイルスベクターベースの注射、この論文では簡単のため単にワクチンと呼ぶこともある)が、健康な集団に大量に展開するのに十分な安全性や有効性があると納得していない個人やコミュニティが世界中にかなり存在する。このことは、世界人口の3分の1以上がまだCOVID-19ワクチンを接種しておらず、その大半が低所得国であるという事実に象徴されている(Our World In Data, 2022)。

こうした懸念を受けて2021年7月、COVID-19「ワクチン」を接種しないことを選択した世界中の個人と家族の利益を代表する英国の市民主導の協同組合、コントロール・グループ協同組合(CGC)(vaxcontrolgroup.com)が設立された。CGCの目的の中には、COVID-19ワクチン不使用者の長期的な健康アウトカムを評価することと、そのメンバーを国の支援ネットワークやオンラインコミュニティグループにリンクさせることがある。「対照群」に参加する参加者は、関連する言語で書かれたIDカード(図1)を入手することができる。このカードには、その個人がSARS-CoV-2コントロールグループの一員であり、「ワクチンを接種してはならない」という文言が記載されている。多くの会員は、このIDカードが、旅行の許可、強制接種(インフォームドコンセントなしのワクチン接種)の防止、あるいはCOVID-19ワクチン接種者に限定した会場へのアクセスなどの自由を失うことの回避に成功したことを報告している。

図1 CGC対照群IDカード(例)

CGCに加入または会員になる際、加入者はアンケート調査に参加するよう求められる(方法参照)。この論文の主要な主題は、CGCの特定の加入者集団から得られた最初の5ヶ月間の調査結果である。

本論文の著者である我々は、CGCとは完全に独立しており、CGCを実施するための資金は一切受け取っていない。2021年半ば以降、我々はヘルス&ヒューマニティーズ委員会(著者のうち2名が共同委員長を務める。非営利団体である世界健康評議会(worldcouncilforhealth.org)の健康・人文委員会(Naseeba Kathrada博士とRobert Verkerk PhD博士が共同委員長を務めている。)

調査方法

この調査は、CGCの「コントロールグループ」プロジェクト(vaxcontrolgroup.com)に加入している世界中の自選された人々の自己報告データに基づいている。本分析のベースとなるすべての回答者は、連続する5か月間(2021年10月から2022年2月を含む)、毎月CGCのウェブサイト上でオンライン調査(補足情報参照)に回答している。この期間には、世界のほとんどの地域で、SARS-CoV-2の優勢な循環変異型としてデルタ変異型に代わってオミクロンが流行している時期が含まれていた。

本分析の対象となるコホート(n = 18,497)は2022年2月末までにウェブサイトに登録し、調査開始後連続5ヶ月間、毎月データを提供した297,618人の6.2%から成るサブグループである。

この集団から得られた知見を、完全ではないがCGCの調査データセット全体(執筆時点で世界中から約305,000人の回答者を含む)から選択した回答と比較すると、この小規模なデータセットがデータセット全体を代表していることが示唆される。

オンライン調査には、登録時に回答する最初のプロフィールに関する質問(補足情報;附属書1)と、その後、回答者が毎月回答する一連の質問(補足情報;附属書2)が含まれている。回答者の募集は完全に有機的に行われ、主流メディアやソーシャルメディアチャンネルの検閲を考慮し、主に代替メディアを通じて回答者にCGCプロジェクトを知ってもらうことに依存した。

このコホートは、無作為抽出ではなく自己選択したサンプルであるため、調査結果は、無作為抽出した被験者の自己報告データに基づく他の観察研究と直接比較することはできないことを認識することが重要である。

しかし、この調査が目指したのは、COVID-19注射を拒否する権利を行使することを選択した、多様な社会経済的背景、民族、文化から疎外された人々の健康状態、選択、差別に関する洞察を集めることだ。

自己報告式の調査であるため、この論文での結果の解釈は、主に、様々な要因に対するワクチン未接種者の反応についての観点を提供することに重点を置いている。したがって、この「見て確かめる」アプローチの中心となるのは、提供された質問に対して特定の回答をした回答者の割合である。

すべての質問にすべての回答者が答えているわけではないので、比例分析の分母は、関連する回答がどれだけ提供されたかによってかなり異なる。

一部の分析では、回答者の一部(例:20~69歳の月経のある女性、更年期の女性、閉経後の女性)を対象としており、この場合も分母を明記している。

調査結果

コーホートの特徴

a. 地理的な場所

非COVID-19注射参加者の大多数(98.8%)は、6つの主要な大陸または地域から来ていた(表1)。最も多いのはヨーロッパ(40%)で、次に多い構成員はオセアニア(主にオーストラリアとニュージーランド)および北米(アメリカとカナダ)で、それぞれ27%と25%であった。

表1 コーホートの回答者の大陸別分布

回答者の地理的分布は図2の通りである。

図2 ワクチン・コントロール・グループ(VGC)」調査コーホートの地域分布

b. 報告された年齢層と生物学的性別

調査対象者の年齢分布は図3のとおりである。全体として、生物学的性別を明らかにした回答者(96.3%)のうち、57%が女性、43%が男性であった。回答者の多い年齢層は中高年であり、一般的にCOVID-19に感染しやすいと保健当局から見なされているようである。

図3 コーホートの年齢と生物学的性別の分布

c. 血液型

血液型およびアカゲザルは、51%の回答者から報告されたが、地域によって差があり、男性よりも女性の方が約2倍多くデータを開示していた(表2)。白色人種が多いことから、血液型の相対的な順位(最も多いものから少ないもの)は予想通り、次の通りであった。

O+ > A+ > O- > B+ > A- > AB+ > B- > AB-

表2 コーホートの生物学的性別ごとの血液型

d. COVID-19「ワクチン」接種を選択しなかった主な理由

表 3は、コホートの回答者がCOVID-19 注射を拒否する理由として挙げた最も重要な理由を頻度の高い順に並べたものである。回答者は、複数の理由を同じ程度に重要だと思えば選択することができたので、n=54,152とした。

表3 COVID-19「予防接種」を拒否するための最も重要な理由として各理由が報告されたコホート内の頻度

調査結果からは、自然医療への介入を好む、製薬会社への不信、政府情報への不信、試験データの不足、長期副作用への懸念の5つの理由がほぼ同程度の重要度(分散はわずか1.4%)であることが示唆される。COVID-19「ワクチン」回避の主な理由として、医学的合併症または過去のワクチンによる傷害に起因する懸念を挙げた回答者はわずか7%であった。

e. 過去のワクチン接種歴

コホートの約3分の1が子供の頃にワクチン接種を受けたことがあると回答し、さらに3分の1が過去5年以内にいかなるワクチンも接種していないと回答した(表4)。

表4 コホートで報告されたワクチン接種歴

20歳から84歳までの年齢層では、ワクチン接種を受けたことがないと回答した人の割合が2.0~2.9%と最も少なかった。逆に、最も若い年齢層(0~19歳)では、どのワクチンも受けていない割合が15.9%と圧倒的に高かった(表5)。

表5年齢DD層別のワクチン接種歴の報告

f. 今後のワクチン接種の選択

3分の2近く(64.2%)が、今後、あらゆる種類のワクチンを拒否すると回答し、約5分の1(22.5%)が選択肢を開示しないことを選択した(図4)。また、インフルエンザワクチンの接種に関心があると回答した人はわずか1.3%で、「休日の予防接種」を受けると回答した人は5%以下だった。また、年齢層に関係なく、概ね同じような選択をしている。

図4 コーホート内の全年齢層における今後の予防接種の選択についての回答

 

g. 献血の意向

血液型に関係なく、COVID-19非接種者の約6割が献血の意思を示し、意思のない者、どちらともいえない者の約3倍であった(図5)。

図5 献血の意志がある、またはないと答えた人の割合

a. 調査期間中にCOVID-19を報告した回答者

20歳から49歳の回答者がCOVID-19の発症率を最も高く(約10-12%)、年齢層に関係なく一貫して女性の方が男性よりやや高く、これはコホートの女性偏重を反映していると思われる。70歳以上では、COVID-19疾患の発症率は最も低かった(女性4.0%、男性3.7%)(図6)。

図6 COVID-19感染症と回答した人の割合、調査期間中の年齢層別、生物学的性別

 

b. COVID-19感染症を経験していない、あるいは少なくとも経験しているかどうかわからないと回答した回答者

70歳以上の回答者の80%以上、1歳から19歳の回答者の80%近くが、症状のあるCOVID-19疾患を経験していないことを確信しているか、経験したかどうかわからない(症状があっても軽度で一過性である可能性が高い)、と回答している。20歳から49歳、50歳から69歳の年齢層でも同様に約4分の3がCOVID-19を発症していないとしている(図7)。

図7 COVID-19疾患に罹患していない、または罹患したかどうかわからないと回答した人

また、50~69歳の回答者の11.6%が過去または現在のCOVID-19感染状況を開示しないとしており、他の年齢層では開示しない割合はかなり低い(2.0~3.5%)ことがわかる。

c. COVID-19抗原検査の結果についての報告

50歳から69歳の回答者の約20%が、症状があるときに1回以上の陽性反応が出たと回答し、同じ年齢層で症状がないときに陽性反応が出たと回答したのはわずか1.9%であった(図8)。

70歳以上では陽性率が最も低く、すべての年齢層で症状があるときとないときで陽性率が大きく異なることがわかった(図8)。

図8 COVID-19の症状の有無にかかわらず、抗原検査で陽性と回答した人の割合

D

d. SARS-CoV-2中和抗体の結果

50歳から69歳の回答者の5人に1人(23.5%)が、調査期間中にSARS-CoV-2(中和)抗体が陽性になったと報告しているが、血清検査で陽性と確認されたのはこのうち8.3%に過ぎない。

図9 血清検査(SARS-CoV-2中和抗体)陽性と報告された年齢層別

SARS-CoV-2抗体の陽性・未確認の報告が最も多かったのは、最も高齢の70歳代以上であり、COVID-19の発症率も最も低かった(図6)。

e.年齢層別・月別のCOVID-19感染症報告数

COVID-19の発病報告が最も多かったのは2022年1月であり、特にヨーロッパの冬季(回答者数が最も多かった)に、SARS-CoV-2の優勢な循環株がデルタからオミクロへと全般的に変化したことを反映し、明らかに増加している(図10)。

図10.5ヶ月間のCOVID-19の罹患報告、4つの年齢帯の割合

年齢層別では、50~69歳の年齢層でCOVID-19の発症率が最も高く(回答者の12.3%)、次いで20~49歳(10.7%)、若年層、高齢層ともにCOVID-19の疑いまたは確認の報告がかなり少なく(1.3~3.8%)なっている(図11)。

図11. 調査期間5ヶ月間の年齢層別COVID-19感染症報告数

f. COVID-19の症状の重さ

調査対象者の4分の1(25.1%)が、調査期間中に何らかの症状のある病気(n=4636)を報告し、そのほとんど(約14%)が軽度で、約8%が中等度、わずか2%が重度の病気であると報告している(図12)。また、無症状と回答した人も3%いた。50歳から69歳の年齢層では、すべての重症度において最も高い発症率が報告されている(図12)。

図12. SARS-CoV-2感染者またはその疑い者におけるCOVID-19の重症度(調査集団に占める割合)

COVID-19の症状を訴えた患者に対して、病気や体調不良の期間を尋ねたところ、回答者(n=4496)のうち54%が1週間未満、20%が1〜2週間、11%が3週間以上と回答した(表6)。

表6 SARS-CoV-2感染疑いまたは既知の感染後の体調不良の期間についての報告

g.年齢との関連で見た症状

COVID-19疾患の症状として最も多く報告されたのは「疲労」で、「咳」「筋肉痛・体の痛み」が僅差で続いた。報告頻度による症状ランキングを表7に示す。

表7 調査期間中の報告頻度別症状ランキング

50歳から69歳の年齢層では、すべての年齢層で1つから3つの症状が最も多く報告された。最も若い年齢層(1-19歳)では、他の3つの年齢層と比較して、4~6個の症状を報告する回答者が割合的に少なかった(図13)。

図13. COVID-19の感染が疑われる、または分かっている人の年齢層別のCOVID-19症状の報告数。

図14に示すように、8種類の症状の報告頻度には比較的ばらつきが少なかった。

図14. COVID-19の感染が疑われる、または分かっている回答者の4つの年齢帯で報告された症状

h. 家庭内感染の報告

SARS-CoV-2感染の疑いまたは既知の回答者のうち、同じ世帯の他の家族がCOVID-19に感染していると回答した人は、感染していないと回答した人に比べて2倍以上(2.2倍)であった。しかし、このうち3分の1近く(31%、n=1435)は、同じ世帯の他の家族は発病していないと回答している。

i. 入院

SARS-CoV-2感染が疑われる、または判明していると回答した5196人のうち、感染後に入院したと回答したのは74人(1.4%)のみであった。したがって、外来または入院を報告したのは、調査対象者全体のわずか0.4%であった。このうち15人は外来のみ、別の15人は3日未満の入院、26人は3日から7日の入院、11人は7日から14日の入院、14日以上の入院は10人だけであった。

これらの図は、1人が2回以上病院に行ったケースもあるため、過大評価となる。

j. COVID-19患者の自己治療について

COVID-19が疑われる、または確認された回答者の大多数は、5ヶ月間の調査期間中にビタミン(C,D),ミネラル(亜鉛),適応外薬(イベルメクチン[IVM],ヒドロキシクロロキン[ ヒドロキシクロロキン])を用いた自己治療を行っていた。

ビタミンC、D、亜鉛は、最も一般的な自己管理治療法であり、調査対象者の約71%(5196人中3701人)が定期的に使用していると報告している。これらの治療薬や補助栄養剤の自己投与は、自宅よりも病院での方がはるかに少なく、症状の重症度が上がるにつれて頻度が減少していた(図15)。

図15. COVID-19疾患を報告した回答者のうち、調査期間中にビタミンC、Dおよび亜鉛(=Vit/min)、適応外薬(イベルメクチン[IVM]またはヒドロキシクロロキン[ ヒドロキシクロロキン])(=IVM/ ヒドロキシクロロキン)、その他の製品または薬(=Other)を自己投与していた回答者の数

k. コーホートにおける栄養補助食品の使用状況

全体の64%が、ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、ケルセチン、またはこれらの組み合わせを、予防のために調査期間中に日常的に摂取していると回答した(図16)。

サプリメントを摂取している人の中では、ビタミンDが最も多く(回答者の53.3%)、次いでビタミンC(51.7%)、亜鉛(42.4%)と続き、ケルセチンは4つの中で最も少ない(15.5%)ことがわかった。

北米(アメリカ、カナダ)でのサプリメント利用が他の地域を上回った(図16)。

図16. 予防のために特定の栄養補助食品(ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、ケルセチン)を日常的に摂取しているCGC回答者の分布

l. 精神的健康

年齢を問わず、調査対象者の約10人に4人が、調査期間中、軽度または中程度の精神衛生上の問題を持続的に抱えていると回答している。また、その半数は重度のメンタルヘルスの問題を報告している(図17)。

図17. 調査期間中の各月に軽度、中度、重度の精神的問題を報告したコホートの割合

DD

5ヶ月間の調査期間中、約半数の回答者が軽度のメンタルヘルスの問題を持続的に報告しており、その報告は、最も高い年齢層と最も若い年齢層で行われた。中等度のメンタルヘルスの問題は、10人に3人から4人程度に減少し、中間の年齢層でより多く報告された。重度の持続的なメンタルヘルスの問題を報告したのは、各年齢帯とも10人に2人程度であった(図18)。

図18. 精神的な問題を報告した回答者の割合(年齢帯別)(図18)

m. 出血の異常

COVID-19「ワクチン接種」をしていないコホート女性、特に月経のある女性の割合が最も高い20歳から49歳の年齢層に、異常出血の報告がかなり多くみられた(図19)。月経の異常として最も多く報告されたのは、20歳から49歳の年齢層における生理不順(1,210件)で、この年齢層の女性の36%に相当する。

図19. 月経異常や出血異常を報告した女性回答者数

さらに、調査期間中に鼻血の異常を報告した人は、男性4.7%に対し、女性は12.0%であった。この女性と男性の差は、不特定多数の異常なあざの報告でさらに顕著であり、女性の12.7%が報告しているのに対し、男性はわずか1.7%であった(全年齢層)。

n. マスクの着用状況

2021年10月と11月(世界中でオミクロン変異株が急増する前)には、マスクを着用しない人がCOVID-19症状報告率が最も低かったにもかかわらず、マスク着用期間の違いに関連したわずかな変異株しかなかった。

しかし2021年12月から2022年2月にかけては、マスクを着用しなかったと回答した人と、COVID-19の疑いまたは既知の症状の発生率が最も低い人との間に、明らかな関連性が認められた。これらのデータは、コントロールされていない様々な行動や交絡因子が関与していると考えられるため、マスク着用とCOVID-19疾患の発症との因果関係については、何ら情報を与えていない。

図20. 調査期間5ヶ月間のマスク着用習慣による、COVID-19疾患の既知または疑いのある回答者の割合

o. 離職率

調査対象者の離職率は、調査期間中に離職したと回答した人の割合であり、分母は20歳から69歳(主要労働年齢層)であった(図21)。

各地域の回答者数に対して、最も離職率が高かったのは、オーストラリアとニュージーランド(n=1,097、回答者の29%)であった。これは北米(n=467,13%)の2倍以上であり、次に多い南欧(n=73,13%)や東南アジア(n=39,12%)を大きく上回っている。

図21. COVID-19ワクチン未接種調査コホートにおける各地域での失業率の、労働年齢(20~69歳)の回答者に占める割合

失業に影響を与える職業では、教師が最も多く、次いで看護師、自営業と申告した人、サポートワーカー、ソーシャルワーカーであった。

p. 差別

この調査では、回答者が社会の一員や国家(国)から個人的に差別を受けたことがあるかどうかについての情報を求めた。

地域によって異なるが、回答者の20%から50%近くが、COVID-19の接種状況によって、個人的に憎しみの対象、つまり被害者になったと回答している(図22)。このような被害にあっている割合は、南ヨーロッパと南アメリカで最も高く、西アジアと南部アフリカで最も低かった(ただし、後者の地域の回答者数はかなり少なかった)。

図22. 5ヶ月間の調査期間中に憎悪や被害を報告した地域別の回答者の割合

回答者は、それぞれの国からさらに多くの被害を受けたと回答しており、回答者中の割合は、南ヨーロッパ(61%)、西ヨーロッパ(59%)、オーストラリアとニュージーランド(57%)、南アメリカ(57%)で最大となっている(図23)。

図23. ワクチン未接種」回答者の報告された州の被害状況

考察

2020年末にCOVID-19筋肉内遺伝子ワクチンが各国の規制当局から緊急使用許可が出されるとすぐに、高齢者グループやCOVID-19の重症化に対して最も脆弱とみなされる人たちから、注射を受けるよう集団に強制的な圧力がかけられた。これらの遺伝子ワクチンはすべて、mRNA(ファイザー、モデルナ)またはアデノウイルスベクター(アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソン、インド血清研究所、ガマレヤ研究所など)のプラットフォームを利用していた(ハインツとスティースニー 2021)。

世界のさまざまな地域で、多数の人々が注射を避けることを選択している。そのような反対者は、主流社会から広く汚名を着せられ、疎外され、「アンチヴァクサー」(反ワクチン)あるいは「陰謀論者」と様々に呼ばれてきた。本稿執筆時点で、各国の公式ソースからのデータを集約した「Our World in Data」(2022)によると、世界人口の35%がまだCOVID-19注射を受けておらず、この数字は低所得国では84%にも上ることが示唆されている。同データベースによると、アフリカ大陸の人口の77%(10億人以上)、欧州の人口の約31%(約2億3200万人)が、まだCOVID-19ワクチンを受けていないことが示されている。アメリカ人の約22%(7300万人)、カナダ人の14%(530万人)、オーストラリア人の13%(330万人)がまだCOVID-19ワクチンを受けていないと報告されている(Our World in Data 2022)。

CGCは、英国を拠点とし、国際的に活動する草の根組織で、特に先進国の主流社会からすでに被害、スティグマ、差別、疎外を受けていたこの相当数のCOVID-19未接種者を支援するために2021年半ばに誕生した。対照的に、主流派社会は、確固たる科学的根拠がないにもかかわらず、大規模なテストが行われたことのない新しいプラットフォームに依存する実験的な製品による世界規模の大規模ワクチン接種を直ちに支持した。

調査に参加したCGCの回答者は、COVID-19注射を断る理由として、保健当局、政府、製薬業界に対する不信感、安全性や有効性に関する十分な証拠、あるいは傷害や潜在的な副反応に対する懸念など、さまざまな理由を挙げているが、通常メーカーは、予防接種による傷害に対する補償を受けることが可能である。

2020年後半に実験製品の大量展開が開始されて以来、製品は、現在優勢で循環しているオミクロン変異株の感染に対する防御をほとんど提供しないことが判明した(Amanatidou et al, 2022)。つまり、この製品は、病原体を完全に中和または滅菌する免疫反応を引き起こすことによって集団免疫を誘導し、感染を防ぐという、広く認められたワクチンの目的を満たしていない。世界保健機関(WHO)は2020年12月31日に「集団免疫」の説明を更新し、次のように述べている。WHOは、ワクチン接種によって「集団免疫 を達成することを支持しており、集団のどの層にも病気を蔓延させることは、不必要な患者や死亡をもたらすため、支持しない」(WHO, 2020)。さらに、病気に対する免疫学的効果も数カ月以内に急速に衰えることが判明しており(Israelら2021;Ferdinandsら2022)、COVID-19注射に頼る人々は、定期的に、例えば6カ月ごとに注射を受けることに同意する必要があり、このレジメンはまだいかなる安全試験も行われていないことを示唆している。

自然獲得免疫に依存している人は、ワクチン誘発免疫に依存している人よりも、SARS-CoV-2に対してより広範で強固な免疫を獲得することを示唆する証拠が増えている(Gazit et al, 2021; Turner et al, 2021; Cohen et al, 2021)。このような自然獲得免疫は2019年以前に人類が新たに獲得したと思われるウイルスの宿主-病原体集団動態を弱めるとともに、より強毒で感染性の高い変異株の発生リスクを低減する上で重要な役割を果たすと思われる(Koyama et al, 2022)。

オックスフォード大学哲学部のJonathan Pughらは、Journal of Medical Ethics誌で、「ワクチンによる免疫の優位性を示す有力な証拠がなければ、自然免疫を持つ者にワクチン接種を義務付ける必要があるとは認められない」と主張した。(Pugh et al, 2022)。ワクチン誘発免疫に代えて、自然免疫を発動することを選択した個人に対する差別は不当であるということになる。

参考記事
不自然な誤謬 COVID-19ワクチン接種の義務化は自然免疫と差別してはならない

CGC調査の最初の5ヶ月のデータから、ワクチン未接種の人々は、COVID-19注射に同意した人々と比較して、それぞれの国の医療制度に大きな追加負担を与えていないことが示唆される。英国では、公式データによると、パンデミックの全期間中、人口の33%がPCR検査またはラテラルフロー検査で陽性となり、CGC調査の期間中の2021年末と2022年初頭に最も高い患者率が発生した(GOV.UK 2022)。CGC調査回答者の約25%が調査期間中の5か月間に症状のあるCOVID-19疾患を報告したが、疾患の発生率自体は医療制度や社会への負担を示すものではなく、入院率や死亡率によって評価する方が良い(後者についてはCGCデータが存在しなかった)。

米国のCOVID-19の疾病負担は、米国疾病対策予防センター(CDC)が2020年2月から2021年9月までの期間に推定したものである(CDC, 2022)。この推計には、1億2400万件の症候性疾患、750万回の入院、92万1000人の死亡が含まれている。

これは、CGCの調査期間に合わせて5カ月間の平均データを含むように比例配分調整した後、米国人口の平均10.4%が有症状疾患にかかり、0.6%が入院し、0.3%が死亡診断書にCOVID-19を記載して死亡したことに相当する。これに対し、自己選択した自己申告のCGC集団サンプルは、25%の症候性疾患(疑いまたは確認)を報告し、入院したのはコホートのわずか0.4%(CDCの修正推定値より3分の1少ない)であった。CGCの調査では、データ収集の自己報告という性質上、死亡率については報告されていない。

CGCのコホートでは、症候性疾患を経験したと報告された人数がCDCの数値よりも大幅に多い(25%対10.4%)が、これは、大部分が確定例ではなく疑い例であり、報告されやすかったことが一因であると思われる。症候性疾患として現れる症例は、50歳から69歳の中年層で最も多く、これは年齢による疾患の発現を反映していると思われ(Omori et al, 2020)、最も脆弱な高齢者層で遮蔽されている。

CDCの修正推定値とCGCの調査データは、世界の異なる地域、異なる期間、CDCが収集した19 ヶ月間のワクチン接種者と非接種者の割合、両データセットが異なる報告システムに依存していることから、慎重に比較する必要がある。

しかし、CGCのコホートには、第1オミクロン波において、北米や欧州を含む世界各地でSARS-CoV-2の感染率が最も高い期間(2021年10月から2022年2月を含む)が含まれていたことは興味深い。

全体として、今回の調査結果は、CGCコホート、ひいてはCOVID- 19注射を避けることを選択した他の健康意識の高い集団が、1回以上注射を受けた人々と比較して、医療制度に不釣り合いな負担をかけていることを示唆する適切な根拠がないことを示唆している。

それどころか、COVID-19に感染した回答者のほぼ4人に3人が、ビタミン(DとC)、ミネラル(特に亜鉛)、および/またはケルセチンを用いたセルフケアを行っていた。これらの微量栄養素やイベルメクチン、ヒドロキシクロロキンの自己投与が、入院した人たちの間で劇的に減少したと報告されているが、これはおそらく、病院の環境では天然物の使用がサポートされていないことが少なくとも一因と考えられる(この現象は著者に広く報告されている逸話である)。ビタミンC、D、亜鉛、ケルセチンを含む栄養補助食品を使用して予防的なセルフケアを行っている人々の割合は、米国が最も高く71%、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドはやや低いものの、依然として高い(60~65%)ことが示された。

これらのデータは、COVID-19症状研究(n = 372,720)のZoeアプリの英国ユーザーの47%が栄養補助食品を使用していると報告したこと(Louca et al, 2021)と好対照をなしている。この後者の研究では、ビタミンD、マルチビタミン、オメガ3脂肪酸またはプロバイオティクスを日常的に使用している人々の間で、感染リスクの緩やかな減少(9~14%)が見られた。

このCOVID-19のワクチン未接種者コホートで最も驚くべき発見は、女性でよく報告される月経障害と出血異常の事例であった。このような障害は、COVID- 19疾患(Sharp et al, 2021など)、パンデミックに伴うライフスタイルの変化(Bruinvels et al, 2021)、特にCOVID- 19ワクチン接種後(Alvergne et al, 2021; Trogstad, 2022など)と関連して文献で報告されている。今回の調査で報告された障害は、COVID- 19疾患との関連が考えられるが、その他にも、排出物曝露、慢性ストレス、規制や関連施策による生活習慣の変化、家庭や職業環境における慢性スパイクタンパク曝露(「スパイク症」)などが関与している可能性もある。

報告期間中に精神的な問題を訴えた回答者の割合が高かった(約40%)。これは、中国の研究者グループによって実施された包括的、世界的、系統的レビューおよびメタ分析の一部としてプールされた66の他の研究(Wu et al, 2021)で発見された、パンデミックに関連する継続的な慢性的、心理的ストレスの影響と一致するものであった。

新規の「遺伝子ワクチン」よりも人間の免疫システムに信頼を置いているこの特定のコホートでは、精神衛生上の負担は、SARS-CoV-2ウイルス自体がもたらすあらゆる脅威に対する心理的、恐怖に基づく反応よりも、パンデミックに対する人間の反応に関連するかもしれない。これには、職場や同僚、家族による差別、「ワクチン未接種」であることによる国家(政府/保健当局)による被害が含まれる。

この不均衡で差別的な扱いの多くは、COVID-19「ワクチン」についての広範な誤解や過剰な利益の誇張、未接種者がもたらす社会的リスクについての誤った主張、メディアや国家のプロパガンダ、COVID-19ワクチンの接種率を高めるための強制、制度の義務付け、社会的アイデンティティ理論(Scheepers and Derks, 2016)で説明されるような集団内のアイデンティティの欲求の結果だと思われる。

COVID-19注射に同意していない人々のスケープゴート化に伴い、CGC調査で顔のカバーやマスクをしたことがないと答えた回答者が、COVID- 19疾患の疑いまたは確認の発生率が最も低いことも関連性があった。

COVID-19「ワクチン」とブースターを受けるよう人々に圧力をかけ続けている科学的根拠は、依然として不明なままである。米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)(要約はOpenVAERS [www.openvaers.com]を参照)、英国の医薬品医療製品規制庁(MHRA)イエローカードシステム、欧州のEudraVigilance、その他の国の同様の報告システムに十分に報告されていない損傷の広さと深さに対する政府や医療機関の認識はまだ十分ではない。

ドイツの保険会社BKK ProVitaは2022年2月、入手可能なデータを独自に分析し、ドイツではすでに「激しい警鐘」が鳴らされており、担当の保健当局であるPaul Ehrlich Instituteによる注射傷害の報告が大幅に下回っていることが示唆された。この調査結果は、COVID-19注射を受けた人の4~5%がCOVID-19注射による傷害に対処するための治療を受けている、あるいは受けたことがあり、ドイツでは250~300万人に達することを示唆している(Deutsche Wirtschaft Nachricten 2022)。

残念ながら、COVID-19ワクチンの大量導入がパンデミックを解決する唯一の手段であると誤ってほのめかす主流の物語を支持したいという願望から、この調査結果を公表した責任者のAndreas Schöfbeckは、調査結果の公開後にBKKから解雇された(Deutsche Wirtschaft Nachricten 2022)。これは、たとえ十分な裏付けデータがあり、公共の利益のために主流派のシナリオに反対する発言をすることが差別的な結果を招くということを、もう一つはっきりと思い起こさせるものである。

イスラエルからの同様の調査結果は、COVID-19注射による傷害の規模、および影響を受けた人々に対する医療支援の必要性が、広く報告されているよりもはるかに大きいことを示唆している(Guetzkow, 2022)。

したがって、COVID-19ワクチン接種者とこれまで以上に制約の多いワクチン非接種者(「対照」)集団との間で医療システムの負担を比較する場合、注射関連傷害の短期および長期の影響を説明する必要がある。

ワクチンメーカーと関連する第3相臨床試験チームは、COVID-19を注射した集団と注射していない(対照)集団の転帰を比較できるデータを削除しようとする意図的と思われる取り組みが行われている。著者らが所属するPublic Health and Medical Professionals for Transparency(phmpt.org)による米国での訴訟の成功を受けてファイザー社のデータが公開された(執筆時点で322文書)ことにより、保健当局とワクチンメーカーが現在のCOVID-19注射に対して行った安全性と有効性の主張が誤解を生むものであることがいずれ確認されるであろう。

  • 1)回答者は自分で選んだので無作為抽出ではない、
  • 2)データは自己申告なので独自に検証していない、
  • 3)約18,500人の参加者コホートは、全員が毎月調査を行うため、最も勤勉で健康意識の高い参加者に偏っている可能性がある(ただし約30万人の主要コホートとの多くのクロスチェックによりこの偏りは少ないと考えられる)、などである。
  • 4)異なる種類のCOVID-19ワクチンを1回以上接種した人を含む、利用可能な比較「対照」集団がない、
  • 5)アンケートデザインに制限があり、社会経済状態、都市、都市周辺部、農村部の居住、食事、ライフスタイルなど、健康状態に影響を与える複数の変数を考慮していない、などである。

とはいえ、この調査データは、CGC COVID-19の未接種者集団がセルフケアを優先し、各国の医療制度にほとんど負担をかけていないことを示す、あるいは示唆に富む証拠となるものではある。したがって、COVID-19注射に同意していないこの集団に対する疎外、スティグマ化、強制、差別は、有効でも倫理的でもないことになる。ワクチン接種の有無に基づくこうした差別や自由の制限は、国内の差別禁止法や、人身の自由と安全、移動の自由、プライバシー、宗教と信仰、表現の自由、平和的集会に対する基本権を含む国連の経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(ICESCR、1966)などの国際条約に抵触する可能性がある。

また、この知見は、COVID-19ワクチン接種者と非接種者における結果、選択、潜在的差別を比較するために、十分に実施された観察研究を確実に行うことの必要性を増幅させるものである。

利害関係者の宣言

著者はいずれも利害関係を有していない。

資金提供声明

CGCは会員制組織であり、研究の実施や、ワクチン非接種地域、および継続的なワクチン接種プログラムから脱落することを決めたCOVID-19接種者への支援を行うために、購読料および寄付金を受け取っている。著者らはCGCとは完全に独立しており、本研究を実施するためにいかなる資金も受け取っていない。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました