WW3・核戦争

核戦争の民営化に関する秘密会議が2003年の「ヒロシマの日」に開催された。
戦略軍司令部の密室で

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Secret Meeting on the Privatization of Nuclear War Held on Hiroshima Day 2003

www.globalresearch.ca/hiroshima-day-2003-secret-meeting-on-the-privatization-of-nuclear-war/25920

ミシェル・チョスドフスキー教授著

『グローバル・リサーチ』2022年5月11日号
この記事は2011年8月7日に公開された。

 

今日、軍事的エスカレーションの危険性は筆舌に尽くしがたいものがある。

今、ウクライナで起きていることは、地政学的に重大な意味を持っている。第三次世界大戦のシナリオにつながる可能性がある。

エスカレーションを防ぐために、和平プロセスを開始することが重要である。

Global Researchは、ロシアのウクライナ侵攻を支持しない。

この戦争の歴史は理解されなければならない。ウクライナ軍がドンバスの人々に向けた爆撃や砲撃は8年前に始まり、住宅地の破壊や民間人の大量犠牲を生んだ。

二国間和平協定が必要である。

筆者のコメントと最新情報

現在進行中のウクライナの危機との関連について。

バイデン政権は、平和の道具としての核兵器の使用を固く禁じている。

アメリカの「平和構築」核兵器プログラムのコストは、1兆3千億ドルのオーダーである。

ブッシュ政権以降の米国の軍事ドクトリンの焦点は、いわゆる「より使える核兵器」の開発である。

ジョージ・W・ブッシュが2001年に発表した「核体制の見直し」は 2002年末に米上院で採択され、「より使いやすい核兵器の世代」、すなわち広島原爆の3分の1から6倍の爆発力を持つ戦術核(B61-11小型核)の開発が想定されている。

この「より使いやすい」という言葉は 2001年のNPRをめぐる議論から生まれた。NPRは、戦術核兵器、すなわち核弾頭を搭載したバンカーバスター爆弾は、ペンタゴンに委託された科学的見解によれば、「爆発が地下で起こるため周囲の住民には無害である」という理由で、通常戦域での戦術核兵器の使用を正当化したのである。

ミシェル・チョスドフスキー 2021年8月3日 2022年3月5日


以下の文章は 2011年に出版されたミシェル・チョスドフスキーの「第三次世界大戦のシナリオに向けて、核戦争の危険性」からの抜粋である。


1945年8月6日に広島に最初の原爆が投下されて以来、人類が想像を絶する事態に近づいたことはない。核兵器によるホロコーストは、放射性降下物によって中東の大部分に広がる可能性がある。

核爆弾を「最後の手段」と位置づけた冷戦時代の保障措置は、すべて廃止された。核弾頭を使った「攻撃的」軍事行動は、「自衛」行為とされるようになった。

(冷戦時代の)超大国による核兵器の大量使用によって生じる爆風、放射能、火災の直接的影響による犠牲者はあまりにも悲惨であり、核兵器の発明から40年間はそのような悲劇を避けることができた1。

冷戦時代には、ソ連に対して核兵器を使用すれば「攻撃側と防御側の両方が破壊される」という相互確証破壊(MAD)のドクトリンが支配的であった。冷戦後、米国の核ドクトリンは再定義された。

核兵器の危険性は曖昧にされた。戦術核兵器は、冷戦時代の戦略的な熱核爆弾とは影響力の点で異なるものとして支持されてきた。戦術核兵器は戦略核爆弾と同じものである。この二つのカテゴリーの核爆弾を区別するものはただ一つ。

  • 1)  配送システム
  • 2)爆発量(トリニトロトルエン(TNT)の質量で測定、キロトンまたはメガトン単位。)

戦術核兵器または低出力ミニ核兵器は、地球を貫通するバンカーバスター爆弾と同じ方法で運搬される小型核爆弾として説明される。戦術核兵器は、戦場での運搬システムという点では、1945年8月に広島と長崎に投下された原爆に匹敵するものである。

米国防総省の2001年の「核体制の見直し」は、「悪の枢軸」諸国(イランや北朝鮮を含む)だけでなく、ロシアや中国に対しても核兵器を攻撃的に「先制使用」する、いわゆる「有事対応計画」を想定していた(2)。

2002年末に米国議会がNPRを採択したことで、軍事計画と国防調達・生産の両面から、国防総省の先制核戦争ドクトリンを実行に移すための許可が下りたのである。議会は、低収量核兵器の禁止を撤回しただけでなく、「いわゆるミニ核兵器に関する研究を進める」ための資金を提供した。この資金は、バンカーバスター(地球貫通型)戦術核兵器や新型核兵器の開発に充当された3。

2003年、広島の日 戦略軍司令部での秘密会議

2003年8月6日、広島に初めて原爆が投下された日(1945年8月6日)に、ネブラスカ州オフト空軍基地の戦略軍司令部で密室会議が開かれた。

核産業と軍産複合体の幹部が出席していた。防衛関連企業、科学者、政策立案者が一堂に会したこの会議は、広島を記念するためのものではなかった。この会議は、21世紀の「局地的核戦争」で使用される「より小さく」「より安全で」「より使いやすい」新世代の核兵器を開発するための舞台を用意するためのものであった。

残酷な皮肉にも、議員を排除したこの秘密会議の参加者は、広島の原爆記念日に到着し、長崎の原爆記念日に出発した。ネブラスカ州オマハの米戦略軍司令部に集まった150人以上の軍需企業、兵器研究所の科学者、その他の政府関係者は、「本格的な核戦争」の可能性を考え、より「使いやすい」いわゆる「ミニ核兵器」や原子弾頭を搭載した地球貫通型の「バンカーバスター」といった新世代の核兵器を製造するよう呼びかけ、計画を練った(4)。

リークされた議題案によると、この秘密会議では、「ならず者国家に対して使用する可能性がある」核弾頭を搭載した「ミニ核」や「バンカーバスター」爆弾についての議論が行われた。

冷戦時代の核戦略から、新たな脅威に対応できる核戦略への転換が必要だ。この会議では、(核)備蓄の有効性をどのように保証するかについて検討されるだろう

核戦争の民営化: 米国の軍需産業が舞台を作る

9.11以降の核兵器ドクトリンは、アメリカの主要な防衛関連企業が意思決定プロセスに直接関与することで、作られつつあった。

2003年の広島の日の会議が、「核戦争の民営化」の舞台を整えたのである。企業は核爆弾の製造から数十億ドルの利益を得るだけでなく、核兵器の使用と配備に関する議題を設定する上で直接的な発言力を持つようになった。

核兵器産業は、核爆弾の製造とミサイル運搬システムなどを含み、ロッキード・マーチン、ゼネラル・ダイナミクス、ノースロップ・グランマン、レイセオン、ボーイングを筆頭とする一握りの防衛関連企業によってコントロールされている。2003年8月6日の歴史的な会議のわずか1週間前に、国家核安全保障局(NNSA)が、新しい核兵器の実験や使用を含む米国の核兵器に関する「独立したモニタリング」を提供していた諮問委員会を解散させたことは注目に値する6。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました