情報

セカンド・オーダー・シンキング 頭のいい人が使っているもの
Second-Order Thinking: What Smart People Use to Outperform

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

fs.blog/second-order-thinking/

物事は見かけ通りにはいかないものだ。ある問題を解決したとき、意図せずしてさらに悪い別の問題を作り出してしまうことがよくある。自分の決断がもたらす長期的な結果を調べるには、二次的思考を用いるのが一番だ。

2次、3次の影響を十分に考慮しなかった場合、それを特定するのは容易であることが多い。例えば、ある国が他国の政権交代を促すために、「穏健な反政府勢力」のグループに資金と武器を提供したとする。しかし、その穏健な反政府勢力が力を持ち、何十年にもわたってスポンサーである国と戦争を続けることが判明する。あらら。

「二次的、三次的な結果を考慮しないことは、多くの痛ましいほど悪い決断の原因であり、特に、最初の劣った選択肢が自分自身の偏見を確認するものである場合は致命的である。特に、最初の劣った選択肢が自分の偏見を裏付けるものであった場合は致命的だ。」

-レイ・ダリオ

問題を2次、3次、n次まで考える能力、略して2次思考は、あなたの思考力を高めてくれる強力なツールなのだ。

二次的思考

ハワード・マークスは、その優れた著書『The Most Important Thing』の中で、2次的思考という概念を説明している。

第一階層思考は単純で表面的なものであり、ほとんどの人ができるものだ(優越感を得ようとするものには悪い兆候だ)。第一階層思考に必要なのは、「この会社の見通しは良好だ、つまり株価は上がるだろう」というような未来に関する意見だけだ。第二階層思考は深く、複雑で入り組んでいる。

第一階層思考は、速くて簡単だ。結果を考えず、目先の問題だけを解決するものを探すときに起こる。例えば、お腹が空いたからチョコレートバーを食べよう、と考えるようなものだ。

二次的思考は、より意図的なものだ。私たちの意図とは裏腹に、私たちの介入がしばしば害をもたらすことを理解した上で、相互作用と時間の観点から思考するのだ。二次的思考の持ち主は、”それからどうする?”という問いを自らに投げかける。つまり、お腹が空いているときにチョコレートバーを繰り返し食べた場合の結果を考え、それを判断材料にするのだ。そうすれば、より健康的なものを食べる可能性が高くなる。

第一レベルの思考は似ている。誰もが同じ結論に達す。ここが面白いところだ。人を出し抜くには、一次思考からでは無理なのだ。二次的な思考が必要なのだ。他の人には見えないものを見ることで、並外れたパフォーマンスを発揮することができるのだ。

二次思考グラフ

思考力を高める

今日から実践できる、2次思考の3つの方法を紹介しよう。

  1. 常に 「それから、どうなる?」 と自分に問いかける
  2. 時間軸で考える – 10分後の結果はどうなっているのか?10ヶ月後?10年後?1
    上の2番目の画像のように、1次、2次、3次の結果でテンプレートを作成す。あなたの決断を特定し、その結果を考え抜き、書き出してほしい。これを定期的に見直すと、自分の考えを調整するのに役立つ。
  3. (ボーナス)もしあなたがビジネス上の決断を考えるためにこの方法を使うなら、エコシステムの重要な部分がどのように反応しそうかを自問してほしい。従業員はどのように対処するだろうか?競合他社はどうするだろうか?私のサプライヤーはどうだろう?規制当局はどうだろう?多くの場合、答えはほとんど影響しないが、あなたは決断を下す前に、即時的および二次的な影響を理解したいと思うだろう。
  4. 人生における多くの特別なことは、一次的にはマイナスでも、二次的にはプラスになるようなことの結果だ。だから、物事がすぐに見返りがないように見えるからといって、それが事実であるとは限らない。1次で考える人はみんな物事を考えないので、2次、3次の結果がプラスになれば、競争相手が減るということだけだ。

2次的な思考は大変な労力を必要とする。システム、相互作用、時間という観点で考えるのは簡単なことではない。しかし、そうすることが、大勢から自分を切り離す賢い方法なのである。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました