"AGES"

COVIDワクチンの有害事象

日本における3回目のコビッド注射後の過剰死亡者数は11万5000人に達する

Excess Deaths in Japan Hit 115,000 Following 3rd COVID Shot; New Study Explains Why 2021年2月17日、東京都清瀬市の国立病院にて、COVID-19ワクチンの入った箱を押す医療従事者。(Char
心理学

『インフルエンス – 影響力』新訂増補: 説得の心理学
Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion

Influence, New and Expanded: The Psychology of Persuasion 献身 会うたびに驚かされるヘイリーのために。 ドーソンに捧げる。 彼はきっと偉大なことを成し遂げるに違いない。 会うたびに、より幸せな男になっていくレイアのために。
マイケル・イードン

コビッド・ウイルスが存在したとは思えない理由 マイケル・イードン

2023年3月22日 Why I Don’t Believe There Ever Was a Covid Virus マイク・イードン博士(TCW UK) 2023年3月22日 SARS-CoV-2と称される新型ウイルスの起源をめぐる議論の仕方に、私はますます不満を感じるように
アーシング、グラウンディング、ゼータ電位

書籍:健康をサポートするグラウンディングの実践的応用

Practical applications of grounding to support health オンライン公開 2022年12月5日 . ローラ・コニバー 要旨 過去数十年にわたる研究により、グラウンディングとして知られる大地に直接触れる行為は、身体を癒しの状態に導く
COVID 思想・哲学

書籍:『カルト』悪のウイルス性について(2022)

Der Kult: Über die Viralität des Bösen 組織化された人間は逆らう能力を失い、もはや自分が従っていることにさえ気づかない。歴史のこの時点では、疑い、批判し、逆らう能力だけが、人類の未来や文明の終わりを決める可能性がある」 エーリック・フロム 目
ミーゼス研究所

WHOのパンデミック条約:国家主権と自由の終焉

The WHO's Pandemic Treaty: The End of National Sovereignty and Freedom 06/02/2022-ミセズワイヤー-ビルセン・フィリップ 世界保健機関(WHO)は、コビッド19のパンデミック(世界的大流行)を乗り越え
COVIDワクチンの有害事象

書籍:『ワクチン接種の本』(2021)
COVID-19ワクチン接種のリスクと副作用について

Das Impfbuch レイモンド・アンガー 本書には、Scorpio Verlagが影響力を持たない外部の第三者のウェブサイトへのリンクが含まれている。したがって、この第三者のコンテンツについて、弊社は一切の責任を負わない。リンクされたページの内容については、各ページの提供者
イベルメクチン

ターボ癌の治療 2024年に発表された7つの新しい研究が、イベルメクチンががんに効くことを示す
COVID-19 mRNAワクチン誘発ターボがんに関する推奨プロトコル

Treating Turbo Cancer: Seven New Studies Released in 2024 Show Ivermectin Works Against Cancer ウィリアム・マキス博士著 COVID インテル2024年4月6日 昨年、私はイベルメクチン
メディア、ジャーナリズム

書籍:『自由の喪失』 – 気候危機、移民危機、コロナ危機(2021)

Vom Verlust der Freiheit: Klimakrise, Migrationskrise, Coronakrise レイモンド・アンガー 目次 序文 第1章 心理的背景 トップダウン・ジャーナリズムコロナとメディア・リテラシー 順応性 世代を超えた戦争トラウマ有
マックス・ボーダーズ

リヴァイアサン(全体主義国家)を去る50の方法 -過去を振り返る
約11年前にジェフリー・タッカーと書いたこの記事は、有望であると同時に憂鬱でもある

そうだ、過去に期待されていた50の「リヴァイアサンをハッキングする方法」について、現代の視点から評価してみよう。 Fifty Ways to Leave Leviathan (a Reflection) マックス・ボーダーズ 2024年04月04日 財団に掲載された以下の経済教育
ウイリアム・マキス

H5N1型インフルエンザへの恐怖を煽るニュースが氾濫 「疾病X」の完璧な候補者?H5N1から身を守るには

Propaganda Series - Influenza H5N1 fearmongering is flooding the news - perfect candidate for "Disease X"? How to protect against H5N1. ウィリア
Long-COVID治療

スパイクプロテイン関連病理の管理戦略

Strategies for the Management of Spike Protein-Related Pathology Matthew T. J. Halma,1 Christof Plothe,2 Paul Marik,3 and Theresa A. Lawrie1
シミュレーション仮説

ボードリヤールの哲学:21世紀のシミュラクラとシミュレーション
Zoom通話、「スマート」ワーキング、オンライン教育の台頭により、私たちの生活はますますデジタル化している。このような時代に、ボードリヤールの哲学は独自の洞察を与えてくれる。

Baudrillard’s Philosophy: Simulacra and Simulation in the 21st Century 2021年9月8日 -アントニオ・オラルディ(哲学・公共問題修士、哲学・社会学士)著 氾濫する情報によって特徴づけられる世界では、混乱し、
医療・感染症の歴史

ルイ・パスツール:神話と現実のはざまで

Louis Pasteur: Between Myth and Reality フランス国立研究機関(ANR)、パリ、75012 科学情報資源センター、パスツール研究所、75015パリ、フランス (この記事は、科学者ルイ・パスツール生誕200周年記念テーマ特集号に掲載されたもので
WW3・核戦争

ボルチモア橋 – 結果、費用、奇妙なこと

ストレート・ジュース 2024年3月27日 「私たちが団結できる共通の敵を探す中で、公害、地球温暖化の脅威、水不足、飢饉などが当てはまるという考えに至った。これらの現象は、その全体像と相互作用において、誰もが共に立ち向かわなければならない共通の脅威を構成している。しかし、これらの
カウンタープロパガンダ

Wikipedia:カウンタープロパガンダ

Wikipedia:Counter-propaganda フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より カウンタープロパガンダとは、ターゲットとする聴衆の行動や考え方に影響を与えようとするプロパガンダに対抗するために取られる方法や伝えられるメッセージからなるコミュニ
プレッパーズ、サバイバルツール

準備 – 水
投稿80 (準備-その4)

ストレート・ジュース "何千もの人が愛なしに生きてきたが、水なしに生きる者は一人もいない" - W・H・オーデン BLUF:水は 人の生存にとって極めて重要だ。 環境条件によっては、わずか数時間で戦闘不能に陥ることもある。水の確保と貯蔵は、準備の第一歩である。 はじめに ピラミッ
プレッパーズ、サバイバルツール

準備 – 食べ物
投稿81 (準備-その5)

ストレート・ジュース 2024年03月01日 食料と水がなければ、人類は共同体ではない。暴徒だ。 - マーガレット・アトウッド BLUF:食糧は生存のための基本的な燃料である。多様なアプローチによる備えは、どのような状況に遭遇しようとも、課題を克服し、この不可欠な必需品へのアクセ
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

モスクワのテロ攻撃の背後に米国とウクライナのいつもの容疑者

Usual Suspects US and Ukraine Behind Moscow Terrorist Attack ヨアヒム・ハゴピアン著 グローバル・リサーチ、2024年3月25日 先週の金曜日、3月22日の夜、モスクワ近郊のクロッカス・シティ・ホールのコンサート会場で恐
中西部の医師

骨粗鬆症の大詐欺
従来の骨粗鬆症治療がいかに事態を悪化させることが多いか、そして骨の健康を取り戻す忘れられた方法を紹介する

The Great Osteoporosis Scam 中西部の医師 2024年3月24日 一目でわかるストーリー 骨が徐々に弱くなり、骨折しやすくなることは、加齢がもたらす最も一般的で重大な結果のひとつである。現在、この問題に対処するために、私たちは賢明にも若いうちに骨量の減少