"AGES"

糖質・甘味料

高度な糖化最終生成物(AGEs)は、現代の食事と健康の間の顕著なリンクである可能性がある
Advanced Glycation End Products (AGEs) May Be a Striking Link Between Modern Diet and Health

Advanced Glycation End Products (AGEs) May Be a Striking Link Between Modern Diet and Health 要旨 メイラード反応は、ベーキング、フライパン、またはグリルなどの高温条件下での食品の調理や処
パンデミックⅡ・疾病X、鳥インフルエンザ

心理的バイオテロリズム ロバート・マローン
イタリア・ローマで開催された「アジェンダ2030に反対する」会議でのスピーチ

Psychological Bioterrorism ロバート・W・マローンMD, MS 2024年6月15日 私の考えでは、現在流行している「鳥インフルエンザ」の恐怖は、WHOが警告を発している「疾病X」の一例である。 しかし、「鳥インフルエンザ」は、宣伝されているような人体へ
COVIDワクチンの有害事象

日本の神経科学者、駒野宏人博士がCOVIDワクチン接種者の爆発的な認知症急増に警鐘を鳴らしている: 60万人規模の大規模調査で明らかになった
「メッセンジャーRNAを使った他のワクチンも開発中とは信じられない」

Japanese Neuroscientist Dr. Hiroto Komano Alarmed at Explosive Dementia Surge Amongst COVID Vaccinated Individuals: Massive Study of ~600,00
Long-COVID治療

書籍:『The LDN Book 3』低用量ナルトレキソンの本3

The LDN Book 3: Low Dose Naltrexone: The Latest Research on: Viral Infections, Long COVID, Mold Toxicity, Longevity, Cancer, Depression and
欺瞞・真実

書籍:『嘘発見入門』 2015
嘘を見抜き、欺瞞を発見するための総合コース

Lie Detecting 101 警告:本書で述べられている見解およびコメントは、あくまでも著者のものである。著者はいかなる政府機関、営利企業、民間団体を代表するものではない。本書に含まれるテクニックは、世界中の嘘発見専門家によって利用されており、正しく適用されれば、ほとんどの
ウイルス学・その他のウイルス

書籍:『鳥インフルエンザの大デマ』 2009
THE GREAT BIRD FLU HOAX

THE GREAT BIRD FLU HOAX 本書が可能な限り正確なものとなるよう、あらゆる努力が払われている。本書の目的は教育である。本書は、情報提供を目的とした科学的証拠のレビューである。本書に記載されている情報の利用は、読者自身の判断と責任において行うものとする。したがっ
WW3・核戦争

書籍:『権力への抗議』 戦争、抵抗、そして法 2007 -フランシス・A・ボイル
Protesting Power

Protesting Power: War, Resistance, and Law 本書は、私に知る価値のあるすべてを教えてくれたバージニア・モナルク・ボイルに捧げる: 不正、暴政、暴力の道を選んだ者は、狼になるか、鷹や凧になる。 -プラトン『パエド』 レビュー 本書は、著名な
口腔衛生・咀嚼機能

私たちは新しいマウスウォッシュ・プロトコルに向かっているのかもしれない

2020年6月2日 ロバート・マルティーノD.D.S.およびリチャード・ダウンズD.D.S. 歯科製品レポート 2020年6月 第54巻 第6号 We may be headed toward a new mouthrinse protocol ディープ・ダイブ私たちは新しい洗口
筋萎縮性側索硬化症(ALS)

研究論文:糖尿病性足潰瘍の治療法としての二酸化塩素と亜塩素酸塩

Chlorine dioxide and chlorite as treatments for diabetic foot ulcers Patricia Calliperis1、Yohanny Andrade2、Raul Pineda Aquino3、Martin Vargas
CIA・ネオコン・DS・情報機関/米国の犯罪

誰(WHO)が糸を引いているのか?コビッド注射とバイオナノ物質のインターネット パート4:新しいヒトノードの接続テスト
WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity

WHO’s Pulling the Strings? Covid Injections and the Internet of Bio-Nano Things, Part 4: Testing New Human Nodes of Connectivity Lissa Johns
生物兵器ワクチン

実験レポート:ブルートゥース・エクスペリエンス X プロジェクト
Projet Bluetooth Expérience X

Projet Bluetooth Expérience X AI 解説 この文章は、COVID-19ワクチンや抗原検査を受けた人々から特定の条件下でBluetoothの周波数帯域に不明なMACアドレスが検出されるという現象について調査した実験レポートである。以下にその概要をまとめ
LGBTQ、ジェンダー、リベラリズム

学術記事:民間を装った軍事作戦 パート3:バイオ・ナノのガバナンスと人類2.0の利用規約
Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0

Military Operations in Civilian Disguise, Part 3: Bio-Nano Governance and Terms of Use for Humans 2.0 Lissa Johnson Daniel Broudy David A. H
メディア、ジャーナリズム

書籍:『アジェンダを設定する』 マスメディアと世論
Setting the Agenda: Mass Media and Public Opinion

Setting the Agenda: Mass Media and Public Opinion 目次 献辞 タイトルページ 著作権ページ ボックス 序文 1: 世論に影響を与える 私たちが描く世界 現代の実証的証拠 蓄積された証拠 原因と結果 新しいコミュニケーション まとめ
AI言語モデルとの対話

AI Claude 3:酸化ストレスにおける酸化種・抗酸化剤について

はじめに(一般向け) 私たちの体は、日常的に酸化ストレスにさらされている。酸化ストレスとは、活性酸素種と呼ばれる不安定な分子が過剰に発生し、体内の細胞や組織に損傷を与える状態を指す。この酸化ストレスに対抗するために、体内には抗酸化物質が存在している。抗酸化物質は、活性酸素種から電
COVIDワクチンの有害事象

ウイリアム・マキス博士:COVID-19ワクチン注射に中毒になる可能性はあるか?
ベンはカナダのトロントに住む政治活動家で、COVID-19ワクチンを10回接種している

ウィリアム・マキス博士著 グローバル・リサーチ、2024年5月24日 カナダ、オンタリオ州トロント - COVID-19 mRNAワクチンを10回接種したと主張するオンタリオ州NDP党の政治活動家、ベン・ドナト=ウッジャーを紹介する。 2023年6月18日のインスタグラムの投稿で
DIYリポソーム

DIY:関節痛用カプサイシン・クリームの作り方

Capsaicin Cream for Joint Pain 著:カティー・デ・ファッラ(薬剤師) カプサイシンクリームは人気のある局所鎮痛剤で、市販されているものもあれば、家庭で作ることもできる。カプサイシンは、市販品も自家製品も、関節炎やその他の痛みを伴う筋骨格系の症状による
アメリカ同時多発テロ事件(911)

戦争と政治的暗殺の瀬戸際に追い込まれた無法世界。”終末崩壊の兆し”

ヨアヒム・ハゴピアン著 グローバル・リサーチ、2024年5月22日 国連の国際刑事裁判所(ICC)検察官が5月20日(月)、イスラエルのネタニヤフ首相とヨアヴ・ギャラント国防相、そしてハマスの指導者3人に対し、戦争犯罪の容疑で逮捕状を発行し、ジョー・バイデン大統領は再び「起きてい
PBMT LLLT /光生物調節

プレシジョン・メディシンとしての光バイオモジュレーション療法の光物理学的メカニズム

Photophysical Mechanisms of Photobiomodulation Therapy as Precision Medicine 投稿受理受理:2023年1月1日 /改訂:2023年1月11日/ 掲載:2023年1月17日2023年1月12日 /発行:20
PBMT LLLT /光生物調節

光パラメータと光バイオモジュレーション効果のレビュー:複雑さの中に飛び込む

Review of light parameters and photobiomodulation efficacy: dive into complexity 2018年12月11日 ランダ・ゼイン、 ウェイン・セルティング、 マイケル・R・ハンブリン Journal of B
ケビン・マッカーナン、SV40、DNA混入

査読論文:COVID-19 mRNAワクチンComirnaty®中のDNA不純物の定量に関する方法論的考察

Methodological Considerations Regarding the Quantification of DNA Impurities in the COVID-19 mRNA Vaccine Comirnaty® by Brigitte König 1,2OR