ロバート・マローン哲学・思想・科学研究方法・科学全般科学主義・啓蒙主義

科学 vs 科学主義(パート2) | COVID危機のさらなる根本原因分析  Robert Malone
Science versus Scientism (Part 2) | More root cause analysis of the COVIDcrisis

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

rwmalonemd.substack.com/p/science-versus-scientism-part-2

ロバート・W・マローン医学博士、MS

6月7日

科学主義が定義され、アンソニー・ファウチ博士の具体例と、「私への攻撃は、率直に言って科学への攻撃だ」という彼の主張の文脈と真実を検証したので、今度は、「科学」とは何か、少なくとも私が40年以上教えられ実践してきた「科学」のバージョンについて検証してみることにする。

Merriam-Webster: science (noun) sci-ence | \ sī-ən(t)s \.

サイエンスの定義

1a:一般的な真理または一般的な法則の働きをカバーする知識または知識体系で、特に科学的方法によって得られ検証されたもの。

b: 物理的世界とその現象に関係する知識またはそのような知識体系:自然科学

2a: 学問の対象として体系化された知識の部門:神学の科学

b: 系統化された知識のように研究または学習される何か(スポーツや技術など):have it down to a science

3: 実用的な目的と科学的な法則を調和させるシステムや方法

4大文字で「クリスチャン・サイエンス」。

5:知っている状態:無知や誤解と区別される知識

個人的には、Steve Savageがうまくまとめた、次のような観点が好きである。

「科学は動詞だ」

ジョン・メイヤーの歌「Love Is A Verb」を連想して、キャミ・ライアン博士は、「Love」という言葉と同様に、「Science」も正当な名詞であると述べている。しかし、どちらの場合も、本当に重要なのは行動、プロセス、努力、つまり動詞だ。

科学は、仮説を立て、実験を計画し、データを分析する方法(活動)という意味で、動詞なのだ。 しかし、科学のプロセスで重要なのは、実験が終わった後の会話の段階だ。 科学者は、出版物や会議での発表を通じて、より広いコミュニティと研究成果を共有する。 次に行われるのは、方法や解釈に対する批判、過去の知見との比較など、一進一退の議論である。

実験計画や解釈に欠陥があれば、他の科学者がそれを指摘する。 会話に参加するためには、科学者は積極的にフィードバックを聞き、それに応える必要がある。矛盾する結果が出た場合は、さらに仮説を立て、実験する必要があるかもしれない。 会話が一巡して初めて、その結論が科学的理解の一部として受け入れられる。

ここで少し個人的な背景をお話しすると、私の「科学」に対する特異な感覚は、おそらく今日の教科書で教えられているものとはかなり違っているのではないかと思う。私に「科学をする」(つまり動詞)というプロセスを教えてくれた恩師は、基本的に科学的禁欲主義者で、態度、習慣、実践において非常に厳格な人だった。医学博士であると同時に、乳がん研究に専念する認定病理医でもあり、当時は陸軍病理学研究所で研修を受けた。私はまだ大学3年生で、医学部には入れるだろうが、そうでなければウイルス学や分子生物学の分野でベンチサイエンティストになるのが良いだろうと考えていた。なぜ彼が私を受け入れてくれたのかわからないが、私は2年間、時間が許す限り彼の研究室のベンチで働いた。

厳しい校長先生だった。毎週、研究室のミーティングでは、スタンド・アンド・デリバリーだった。ポジティブコントロールは何か、ネガティブコントロールは何か、仮説は何か、発見は何か、代替発見は何か、そして限界は何か。毎週、毎週、私よりはるかに経験豊富な熟練科学者、医師、大学院生、実験技師に囲まれながら、である。彼は今でも私の脳内に生きていて、分析科学者モードに入ると、思わず相手のことを余計に引き裂いてしまわないように、自分の中の嫌な奴を抑えなければならない。特に、原稿や助成金、契約書などを審査する際には、科学的虚無主義者になってしまわないように注意しなければならない。しかし、私は彼から、厳密な科学的調査の方法、実験デザインの考え方、データの解釈の仕方、そしてほとんどすべての研究論文に穴をあける方法を学んだ。これが、私の科学者としての原点だ。

私の恩師は、科学的な偏見というものが、いかに科学的な調査や解釈を容易に損なうものであるかということに、特に注意を払っていた。また、私の目を見て、「謙虚でいる暇はない」と言われたことも忘れられない。

科学的方法に関する彼の教えの中核をなす重要な論文が2つある。一つは「強い推論」と題するものである。ある種の科学的思考の体系的方法は、他の方法よりもはるかに速い進歩をもたらすかもしれない」[Platt, J. R. (1964). Strong inference. Science, 146(3642), 347-353]。強い推論が可能なのは、実験パラダイムの結果が単に仮説と一致するだけでなく、競合する仮説と比較して、ある特定の仮説に決定的な証拠を与えるときである。第二は、「複数の作業仮説の方法」と呼ばれるもので、基本的には、一つの仮説に固執しすぎることによるバイアスを避けるための方法である。この方法は、できるだけ多くの競合する代替仮説を考案し、その代替仮説を区別する実験を計画することが必要である。1890年に雑誌『サイエンス』に発表され、1965年に「『多重作用仮説法』として同誌に再掲載された。この方法によって、お気に入りの理論に対する親の愛情の危険性を回避することができる」[Chamberlin, T.C. (1965) Science, 148(3671), 754-759]というものである。

参考記事
複数の作業仮説の方法 この方法を使えば、お気に入りの理論に対する愛着の危険性を回避することができる T....
With this method the dangers of parental affection for a favorite theory can be circumvented. T. C. Chamberlin (189 ...

以上のことはすべて、生物学的システムがいかに複雑であるかということに対する深い敬意に根ざしている。科学者が知っている(と思い込んでいる)ことすべてに傲慢になるのではなく、無知に直面したときの謙虚さである。この時点で、私が支持する科学的プロセスの流れがお分かりになると思う。

  1. 明らかにしたい、あるいは解決したい問題(あるいは仮説)を述べる。これが一番難しいのだが、私の経験では、問題を明確に述べることができれば、それを解決するのはとても簡単になる。
  2. その現象(または問題)を説明するための代替仮説を、できるだけたくさん考えてほしい。
  3. その代替仮説を他の人(特に、支配的な説明に固執していない人)と議論し、さらに代替的な説明を見ることができるように手助けしてもらうようにする。このとき、「外部の人」からの意見が特に有効である。これについては後で詳しく説明する。
  4. 様々な代替説明を否定することができるような実験を計画する。時には、複数の実験が必要になる。
  5. 実験を行い、データを記録する。常に、同時に行われる厳密な陽性対照実験と陰性対照実験(「対照」)を含める。理想的には、「強い推論」タイプの決定的な研究は、仮説の1つが明らかに正しく、他の仮説は否定できることを示す結果を提供する。しかし、よく設計され、解釈された実験でも、解決するよりも多くの疑問が生じることがよくある。
  6. ステップ5を繰り返して確認し、おそらくステップ5を繰り返す前にステップ4を再考する。
  7. このプロセスを、当初の疑問に関する決定的な結果が得られるまで続ける。

以上より、臨床試験デザイン、グッドクリニカルプラクティス、薬事に関する詳細な知識がなくても、様々なワクチン臨床試験で行われたことは、科学的に正しい研究ではなかったことは明らかである。ましてや、マスクの使用に関する意思決定過程でもない。これらは、科学主義の実践例であった。サイエントロジーは全世界の人々に適用されたのである。これがその例だ。

次に、これらすべての認識論に入る。「認識論は、ある種の認識的成功(あるいはそれに対応する認識的失敗)を理解しようとするものである」。実際に知られていること、証明されていることは何だろうか?何が知りうるか、証明可能か?個人的には、物事の意味を理解するために、世界を3つの領域(既知、知りうる未知、不可知)に分けて考えることを好む。そして、その「知っていること」「知りうる知らないこと」「知ることのできないこと」の領域には、客観的な現実、つまり「真実」に近いものがあると信じている。科学を「する」ということに関する私の信念では、科学者の仕事は、既知の世界の知識をできるだけ多く習得することであり、その後、その世界の断片を捉え、既知の領域に取り込むために、知りうる未知の世界に踏み込むことだ。優れた科学者は、その性質上、訓練と実践によって、既知の領域と知りうる未知の領域の間を行き来する開拓者あるいは商人のようなものである。そして、真理の断片を持ち帰った後、その断片を正しく解釈するために「批判による知的拷問」を互いに行う。

科学とは対照的に、哲学者やスピリチュアルな世界に身を置く人たちの仕事は、この不可知なものに何らかの構造を与えることだと私は考えている。例えば、死後に何が起こるのか、より高い力や目的が存在するのか、といった測定や定量化を嫌う不可思議な側面と折り合いをつける手助けをすることだ。これは、これらの謎が存在しないとか、神が存在しないとか、死後の意識の形がないとか、そういうことでは決してない。私の知る限り、これらの永遠の問いに対する答えは、科学ではなく、信仰の問題である。私自身は、私たち人間を含む知覚を持つ存在には、何か深い神秘的で素晴らしいものがあると確信している。合理的な説明を拒み、功利主義者や経済学者の計算表では数値化できない、創発的な性質がある。科学者としての私の感覚では、これは測定不可能なものであり、既知の領域に還元できるものではない – 少なくとも現時点では。私の世界の内部モデルでは、感覚を持つ存在のこの出現特性は、私たちがしばしば魂と呼ぶ、光り輝く超越的な不思議の基礎であり、知ることのできない未知の領域に存在するものなのである。それは分析的な意識ではなく、無意識の領域に住んでいるようだ。そして、測定や定量化ができないため、実用的な最適化を拒む。

私の考えでは、これが、世界経済フォーラムの有名な声明「あなたは何も所有しなくなり、幸せになる」が空しく響く主な理由である。このような発言は、世界規模で幸福を実現できると信じている人たちの深い傲慢さから生じている。「幸せ」とは、個人の魂から生まれるものであり、アルゴリズムで最適化できるものではない。歴史的に見ても、このような試みがなされるたびに、大規模な心、イニシアチブ、そして魂の破壊が起こってきた。私の考えでは、功利主義やマルクス主義の哲学体系が見逃している重要な人間のパラメーターは、しばしば「代理性」または個人主義と呼ばれ、人々が社会の個々のメンバーとして行動する概念であり、アメリカの啓蒙時代に使われた「リバタリアニズム」「古典的自由主義」「自由」という政治用語にも関連しているものである。個人主義とは、集団主義に対する文化的な対極にあるものである。

このような構造を念頭に置きながら、科学の「する」部分の重要な側面と限界について思い切って考えてみることを提案する。科学のプロセス、つまり動詞としての科学は、本質的に漸進的であり、基本的に保守的だ(現代の政治的な意味ではなく、古典的な意味において)。生物学的な進化と同じように、知識は小さなステップを踏んで進歩する。修正がなされ、理論や仮説が立てられ、検証が行われ、データが集められ、結果が解釈され、議論され、反論され、そしてまたすべてのプロセスが始まる。実験によって新たな疑問が生まれ、実験、分析、解釈、再実験という無限ループに陥ることもよくある。一歩一歩、真の知識を積み上げていくのである。砂の上ではなく、岩の上に。科学主義を実践する人々の確信と傲慢さとは、まったく正反対である。

この科学のプロセスを実行する人間はすべて、プロセスのあらゆる段階で必ずバイアスをもたらす固有の認知的欠陥を共有している。これらの欠陥の構造的な概要は、人間の思考、認知のプロセスの研究によって明らかにされる。核心的な問題は、私たちの意識は現実を直接には認識しないことだ。私たちは世界から感覚的な入力を受け取るが、その信号は、生まれたときから積み上げてきた非常に個人的な現実の内部モデルに基づいてフィルタリングされる。このモデルは、個人的な経験(内的モデル)と、他者(親、教師、指導者等)との交流を通じて吸収した(外的)モデルの両方から生み出されたものである。このように、個人的な試行錯誤と外部との交流を通じて現実の内部モデルを構築した人間は、一般に「言葉」や「言語」と呼ばれる抽象的な心的トークンを用いて、これらのモデルを処理し統合する。このプロセスを、我々は意識的思考(無意識的情報処理とは対照的)と呼んでいる。

このような人間の意識的思考の過程には、3つの重要な問題がある。第一の問題は、言葉と言語が抽象的な表現トークンとして、本質的な偏りを抱えていることだ。言葉は、ある本質的な意味の内部近似であり、深い認知レベルでは客観的な意味を持たない-それらは、ある主観的な「真実」の感覚をもたらすために、常に他の(不完全な)言葉との参照を必要とする表現である。言い換えれば、言葉とそれに付与された内的な意味は、私たちの思考能力、つまり感覚から受け取った生のデータの正確な解釈と意味を見分ける能力に偏りを与えているのである。これが、プロパガンダのために言葉の意味を操作することが非常に陰湿である理由だ。このようなやり方は、外部の現実を正確に理解し、考え、意味付ける能力を徐々に破壊していく。その結果、ヨースト・ミールロー博士が言うところの「メンティサイド(心の殺害)」、つまり心のレイプが引き起こされるのである。

第二の問題は、さらに深刻である。認知心理学の研究、特に催眠という奇妙なプロセス(これは大衆形成プロセスの中核にある)に関わる研究は、人間の心が現実の内部モデルと矛盾する感覚データを拒否することを明確に示している。言い換えれば、我々の内部モデル(「パラダイム」とも言える)が、我々の感覚が知覚する何らかの外部現実と矛盾する場合、我々は通常、真の客観的現実を拒否し、入ってくる感覚データを我々の内部認知モデルに適合するように強制するのである。このパラドックスについて詳しくは、以下のビデオを見てほしい。

認知科学者ドナルド・ホフマン博士:私たちは現実をありのままに見ているのだろうか?
参考記事
現実の本質をめぐる対話「現実は見かけ通りではない」
Ann. N.Y. Acad. 科学 ISSN 0077-8923 スティーブ・ポールソン,1 ドナルド・D・ホフマン,2 スザンヌ・オサリバン,3 1ウィスコンシン・パブリック・ラジオ(ウィスコンシン州マディソン)。2 ...
神経科学者アニル・セス博士:あなたの脳はあなたの意識的な現実を幻覚化する。

スタンフォード大学医学部精神医学・行動科学ウィルソン教授・准教授 デビッド・スピーゲル博士 トランスフォーメーション – 脳と身体における催眠術

参考記事

作成中

そして、私たちが感覚から得た生のデータを解釈するために用いる、現実の内部モデルの性質という第三の根本問題があるのだが、これは別の言葉で言うと「パラダイム」である。アリストテレスの時代から、「科学」(名詞と動詞の両方)の分野は、知識と探求の広大な範囲を包含するように拡大し、その結果、これらすべてを部分集合と、しばしば科学分野と呼ばれるより細かい区分に解析することが必要になった。これは、人間の思考、実践(例えば、商売)哲学の他の分野についても同様である。これらの分野では、それぞれ独自のパラダイムと現実のモデルを構築し、それを受け入れること(あるいはそれに対する反応)が、その分野の実務家のコミュニティを基本的に定義している。ある科学分野を定義するパラダイムを最低限受け入れることができない人は、他のメンバーから拒絶され、異端者とされるのが普通だ。

パラダイムは、科学的学問分野の実践者が遭遇する問題を解決するための有益なモデルだと見なすことができる。しかし、すべてのパラダイムには有用性の限界がある。なぜなら、パラダイムは現実そのものを表しているのではなく、真の現実である知覚されたデータの流れから意味を見出すために用いられる学習済みのモデルに過ぎないからである。科学分野が現実を解釈するためのモデルの精度や有用性の限界に近づくにつれ、上述したさまざまな形の認知バイアスのために、その境界で問題を解決しようとすると、実務家はますます困難な課題に直面するようになる。その結果、これらの「成熟した」科学分野は二つの選択肢に直面することになる。すなわち、モデルを修正するか、あるいはモデルを捨てて新しいモデルを作るか、あるいは現実をモデルに適合させ、モデルに適合しない問題を避けなければならないということだ。

科学分野を定義するモデルを修正したり、捨てて、現在のモデルから外れたデータにより適合する新しいモデルを求める実践者は、通常、異端者のレッテルを貼られ、「真の」実践者の「部族」によって拒絶される。この種の推論の一般的な例は、「真のスコットランド人はいない」として知られる論理エラーとして知られており、我々はCOVID危機の間にこれが起こっていることをかなり見てきた。例えば、次のような文章だ。

「すべてのワクチン学者が、COVID遺伝子ワクチンの安全性と有効性に同意している」。

反論:「私はワクチン学者だが、これらの遺伝子ワクチンが安全で効果的だとは思わない」。

反論: 「したがって、あなたは真のワクチン学者ではない」。

問題解決や意味づけに役立つ限界に達した段階でブロックされた科学分野では、この誤った論理が、その分野を定義するようになったモデルやパラダイムを守るために主に活動する、一種の科学的聖職者の台頭と並行して存在するのが普通である。これらは科学主義の実践者であり「司祭」であり、基本的に確立された(あるいは明らかにされた)真実であると信じるものを強化し擁護するために行動するのである。

生物学的進化のように、時には革新、洞察、そして最終的には知識の爆発がある。トーマス・クーンは、科学、発見、革新、知識の発展について厳密に考察した最初の人物の一人であり、その発見は彼の古典的著作『科学的革命の構造』(1996)に詳述されている。彼は、「科学」の認識論に「パラダイム」や「パラダイムシフト」という概念や用語を大きく導入し、彼の学問や教育は、私が「科学の実践(動詞として)」を理解する上で、最後の主柱を形成しているのである。

クーンは、科学的知識になぜ突然の変化が起こるのか、革新、洞察、知識の爆発を引き起こす科学的思考の変化の条件と原因は何なのか、と困惑していた。例えば、地球が丸く、太陽の周りを回っていることを発見し、最終的に受け入れたこと(これにより、特に航海術という重要な領域において、より効果的な問題解決が可能となった)そしてもちろんDNAの二重らせん構造の解明(これにより、特に生物学と遺伝学の多くの問題を迅速に解決することができた)などが挙げられる。これらの思想の飛躍的進歩は、科学的洞察力の爆発的向上と問題解決能力の大幅な向上をもたらしたが、それぞれ、当時の科学者が嫉妬深く保持していた既成の「真理」と矛盾する異端のモデルとの関連性が指摘されている。クーンは、こうしたブレークスルーは、科学分野の実践者ではなく、むしろ部外者や新参者からもたらされることが多いことに気づいた。これは、ある科学分野を定義する支配的なモデルを学習し、受け入れるというプロセスによって説明できる。モデルを同化し、実践者のギルドに入ろうとする行為そのものが、モデルの限界を見抜く能力を制約し、実践者が「データを無理やりモデルに当てはめる」危険性を増大させるのである。

だからこそ(私の考えでは)「真実」や「現実」をよりよく認識し、現在の知識や信念体系の適用に抵抗する難題を解決しようとするならば、アウトサイダーや異端者が不可欠なのである。このクーンの教えに基づいて、私は自分の研究室の仕事では、常に新参者を探し出し、積極的に耳を傾けるようにしている。なぜなら、彼らの心は、自分たちが実践している科学的ギルドの専門家になるために必要な洗脳の過程で同化した現実のモデルに制約されているからである。しかし、外部の人間から頻繁に生じるこれらの稀な洞察は、しばしば「論理的」思考の産物ではなく、人間の脳の意識の外にある部分から生じることが多いようで、不思議なことに、複数の場所でほぼ同時に、やや独立して生じることがあるようだ。私が知る限り、これは私たち人類が共有する大きな謎と不思議の一つであり、個人の主体性や自由を支持する重要な論拠となるものである。

なぜなら、功利主義的な集団主義マルクス主義の概念に支配された文化では、異端や洞察、革新、そして科学主義とは対照的な真の科学の特徴であるパラダイムシフトの余地はほとんどないように思われるからである。

タイトルとURLをコピーしました