スパイクタンパク質ロバート・マローン

SARS-CoV2 スパイクタンパク質は毒素である Robert Malone 
ファクトチェッカーは間違っていた。人々はその結果に苦しみ続けている。

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

SARS-CoV2 Spike protein is a toxin

rwmalonemd.substack.com/p/sars-cov2-spike-protein-is-a-toxin?s=r

ロバート・W・マローン医学博士、MS

ファクトチェッカー

まず、様々な「ファクトチェック」機関の声明について簡単に説明する。これらの無資格の「ファクトチェッカー」が宣伝した虚偽に基づいてワクチンを受け入れたために、どれだけの人が脳障害を発症したり、自分や愛する人の命を失ったりしたのだろうか?彼らはその虚偽とプロパガンダに対して刑事責任を負うのだろうか?

この記事に目を通したとき、FDAがこれらのmRNAワクチンを3回分、5~11歳の子どもたち全員に投与することを承認していることを心に留めておいてほしい。もちろん、緊急時の使用許可のもとである。医学的緊急事態がないにもかかわらず。


Factcheck.org

COVID-19ワクチンで生成されたスパイクタンパク質は、ウイルスの主張とは逆に安全である

カタリナ・ハラミロ著

投稿日:2021年7月1日 リンクはこちら

Catalina Jarmilloのトレーニングは、コロンビア大学ジャーナリズムスクールで行われたものである。

毒性学と分子ウイルス学について彼女が言うことに、なぜ誰もが信憑性を置くのだろうか?この嘘のせいで、どれだけの死者が出たことだろうか?


ポリティファクト

COVID-19ワクチンのスパイクタンパク質が毒性または「細胞毒性」であるという兆候はない。

トム・カーツシャー

ポリティファクト寄稿者

Tom KertscherはPolitiFactの寄稿者だ。以前はPolitiFact Wisconsinのファクトチェッカー。

この記事はこちらから。

分子ウイルス学はおろか、医学や生物学の訓練も受けていないTom Kertscherをなぜ信じるのだろうか?また、なぜ政治的事実確認サイトが生物学や毒性学について評価するのだろうか?


AP通信

ワクチンで生成されるスパイク・プロテインに毒性はない

BEATRICE DUPUY著

2021年6月9日

またドジを踏んだな。こちらから。


さて、実際の科学についてレビューしてみよう。

せいぜいジャーナリストである科学者志望の連中が主張するようなことではなく、実際のところどうなのか。

まず最初に、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質について少し理解することが重要だ。

オリジナルの「武漢」株のスパイクタンパク質と遺伝子ワクチンでコード化されたタンパク質の実際の配列の違いは、タンパク質のS2領域で変更された2つのアミノ酸だけだ。これは、一部の「ファクトチェッカー」が主張するように、ワクチン版の毒性を低くするためではなく、むしろ抗体ベースの免疫反応をよりよく刺激できるようにするために導入されたものである。ワクチンでコードされたものでもウイルスでコードされたものでも、S1サブユニット(受容体結合ドメイン(大部分の「中和」抗体はこのドメインに向けられている)を含む)は自由に切断され(「タンパク質分解的切断」)血中を自由に循環し、ACE2受容体に結合し、血小板や神経細胞と相互作用し、血管内皮のタイトジャンクションなどを開いてS1サブユニットを生成する。ワクチンのスパイクタンパク質から放出されるS1サブユニットと、ウイルスのスパイクタンパク質から放出されるS1サブユニットには何の違いもない。どうしたって同じものだ!

さて、このレセプター結合ドメインを含むフリーのS1サブユニットスパイクタンパク質は、mRNAワクチンによってどれくらい、どれくらいの期間産生されるようになるのか、それとも自然感染によってどれくらい、どれくらいの期間産生されるようになるのだろうか?

このことは、これらのワクチンが広く展開される前に、ファイザー社によって十分に理解され、特徴づけられていたのではなかろうか?FDAはこれらの研究を行うよう要求したのだろうか?

そうではない。学術団体が研究を行い 2022年1月末に発表するまで待たねばならなかった。そして曖昧なタイトルで 結果を隠蔽した

まあ、それは興味深いことだ。

つまり、ワクチンは自然感染よりもはるかに多くのスパイクS1サブユニットを長期間にわたって産生するのだ。ふむ、ますます気になる。

しかし、S1サブユニット(これはウイルスとワクチンの間で同一である)は実際に毒素なのだろうか?いい質問だ。調べてみよう。ちょっとお待ちくだされ・・・検索中。よし、これだ。

最初の質問 – スパイクS1サブユニットは血液脳関門を通過して脳に入るのだろうか?

そうだ、バージニア州、質問ありがとう。そうだ!君はいい生徒だ

論文はこちらで読める。


次の質問だ。スパイクS1が神経細胞(ニューロン)に当たると、脳にダメージを与えるのか?おっと。そうみたいですねー。誰が予想しただろう。さて、その科学者の中で、誤情報の拡散者でない人はいるのだろうか?

ここで自分のために読んでみてほしい。


そして、これもある。

こちらを参照。

ハイライト

  • COVID-19は脳血管障害、感性障害、運動障害、認知障害およびびまん性脳障害を発生させる。
  • 三叉神経、迷走神経、腸脳軸がSARS-CoV-2の脳内侵入口である。
  • SARS-CoV-2 は、神経侵入と全身感染の結果,脳に影響を及ぼす。
  • COVID-19は、BBBの破壊,炎症,低酸素,二次感染を促進する。
  • COVID-19の神経学的影響の研究は、神経科学に新しい課題を提起している。

こちらについては、Long-COVIDの症状(PASC)とワクチン接種後症候群に大きな違いがないことを認識することが重要だ。

そして、それについては、ここにすべて書いてある。


そして、神経細胞の脱髄という小さな問題がある。これは、電線の絶縁体を剥がすようなものだ。短絡や様々な問題を引き起こす。

ヤッパリね。こちらを参照


そして脳内皮障害。何が問題なのか?

こちらも読んでみてほしい。


それで、あなたに尋ねるが、誰が正しかったのだろうか?科学者?それともファクトチェッカー?

スパイクのS1サブユニットはウイルスと遺伝子接種の産物の両方に存在し、毒素なのか?

ウィキペディア

「毒素とは、生きた細胞や生物の中で作られる有害な物質である[1][2]。この用語は有機化学者のルートヴィヒ・ブリーガー(1849-1919)により初めて使われ[3]、毒性という言葉に由来している。」

タイトルとURLをコピーしました