サル痘・天然痘ロバート・マローン感染症の歴史

安全かつ効果的? 天然痘ワクチンが教えてくれること Robert Malone

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Safe and Effective?

CDC(および米国保健省)の客観性が、行政府によって政治化され、製薬業界によって損なわれていることが明らかになり、我々は、もはや政府の公衆衛生宣言を福音的真実として受け取ることができない世界に生きていることを受け入れる必要がある。自分自身(と自分の子供)のために考える人は、今、COVID-19ワクチン、そしてブースターワクチン、さらにまたブースターについて、個人的に評価と決定を下す必要がある。HHS、CDC、NIAID、ファウチ博士、ホワイトハウス顧問のフランシス・コリンズ博士、外科部長、FDA、そしてもちろんファイザーの助言を評価しながら、多くの人が歴史上最も有効なワクチンと考える、天然痘ワクチンについて簡単に振り返ってみよう。

天然痘は人を殺す。そして、非常に効果的なワクチンを使うことによって、世界から根絶された(様々な冷凍庫に保管されていたサンプルを除いて)。死亡や疾病という点では、SARS-CoV-2よりもはるかに深刻な脅威であった(今もそうなのか?)ワクチンの背後にある科学を理解するためには、ワクチン接種キャンペーンの背後にある戦略を理解する必要があり、天然痘ワクチンは素晴らしいケーススタディを提供する。

ワクチン(牛痘)ウイルスは天然痘(痘瘡)ウイルスと密接な関係にあり、ジェンナーは(1796年に)乳牛が(牛痘にかかった)天然痘病に抵抗力があることを発見し、ワクチニアウイルスを使って痘瘡に対するワクチン接種を活発に行ったとよく言われている。天然痘を撲滅したとされる歴史的な天然痘ワクチンは、ドライバックス(Wyeth Laboratories, Inc.、1982年に製造中止)と呼ばれ、ニューヨーク市衛生局(NYCBOH)のワクシニア株を用いて子牛のリンパから調製されたものである。つまり、子牛の皮膚にNYCBOHのワクシニアを感染させ、その結果、感染が広がり、ウイルスが複製される際に子牛の皮膚に一種の滲出液ができるのである。子牛を機械式ホルダーにセットし、滲出液(ウイルス入り)を(馬に使う汗かき器のようなものを使って)掻き取り、「処理」してガラス瓶に入れ、凍結乾燥し、通常の栓で密封した。この「処理」の品質管理はかなり粗雑で、私は個人的に、最終的にバイアルに詰められた製品に子牛の毛が含まれていたドライバックスのレガシーバイアルを見たことがある。バイアルは出荷された後、希釈剤(生理食塩水)で再構成され、「分岐針」をその溶液に浸し、ワクチン接種者の皮膚(通常は肩の三角筋の上)に繰り返し突き刺した結果、典型的な丸い天然痘ワクチンの傷跡が出来た。

ワクチン学の技術と科学は、ワクチンの安全性と有効性の両方が変化することを教えている。これは、疾患の重症度、病原体の感染性(伝播性、Ro)ワクチン製品の安全性のすべてが同時に最適化されなければならず、その結果、3次元のプロット(または「応答面」)が得られるというスライドスケールである。一般大衆にワクチンを投与する場合、そのワクチンは有害事象プロファイルが低くなければならない(非常に安全でなければならない)。 一般的に、より「ホット」なワクチン、つまり一般的に有害事象プロファイルがより深刻なワクチンは、感染予防効果も高くなる。感染力が強く、病原性の高いウイルスの場合、ワクチンのリスクプロファイルはより大きくなる可能性がある。- 人々が病気に感染することを防ぎ、病気の根絶を最終的に目指すためである。認可されたメルク社のエボラワクチンは、比較的「ホット」(反応原性)なワクチンの例で、エボラ(高感染性・高病原性ウイルス)発生時に高リスクの集団にのみ配備される。メリットとリスクの比較 病原体が特に厄介なものであれば、ある程度の疾患を引き起こすワクチンを配備することが許容されるようになるのである。理にかなっているだろうか?

国のワクチン計画にはもう一つ重要な要素がある。それは、ワクチン製造施設を稼働させ続けるという要件である。これらの施設は生物学的製品を生産している。生産していなければ、再免許のプロセスは不可能ではないにしても、負担が大きいのである。季節性インフルエンザの場合、毎年ワクチンを接種する正当な理由の一つは、本当に深刻なインフルエンザやその他の未知の病原体が脅威となった場合に備えて、製造工場を稼働させてビジネスに対応できるようにしておくことだ。 もし、製造工場が壊滅的な打撃を受けたら、すぐに復旧させることはできない。あなたは知らなかったかもしれない。インフルエンザワクチンを毎年接種する大きな理由のひとつは、インフルエンザワクチンの製造能力を維持するためである。業界用語では「ウォームベース製造」と呼ばれている。もちろん、これはワクチン産業にとって毎年とても良い「現金収入」をもたらすものであり、毎年搾り取られることで確実な利益を得ることができるのである。レント・シーキング・ビヘイビア(rent seeking behavior)」という用語が当てはまる。同じことが、「戦略的国家備蓄」として維持されている様々な「生物防衛」ワクチンや製品についても言える。天然痘の例で言えば、ACAM2000などである。これらの製品には半減期がある。つまり、(できれば)使用されないにもかかわらず、数年ごとに交換する必要があるのだ。ここでもまた、予測可能な利益が得られる。Emergent Biolutionsという会社は、この「市場機会」を利用することに特に長けており、ACAM2000を含む米国政府が戦略的国家備蓄用に購入する生物防衛関連のワクチンや製品の多くを独占することに成功している。

つまり、国民全員に定期的にワクチンを接種する理由は一つではなく、政府は基本的に毎年大規模な補助金でワクチン産業全体を支えているのである。一度、ワクチン製品の入手やワクチンに関わる「標準治療」の確立について政策決定がなされると、それが再評価されることはない。政治家や行政官であっても、あるワクチン政策が妥当かどうかを再検討しようとすれば、そのワクチン製品がどれほど効果的でないか、あるいは危険であるかにかかわらず、その病気の発生や症例について非難されるという恐怖に直面することになるのである。つまり、公共政策の現実と規制による参入障壁(すでに市場に受け入れられているワクチンがある場合、改良されたワクチンの有効性や安全性を証明することは非常に困難でコストがかかる)の組み合わせが、認可されたワクチンを製造する大規模メーカーにとってワクチンビジネスを特に有利で予測可能なものにしているのである。


天然痘とは?

天然痘が根絶される以前は、天然痘ウイルスの感染によって引き起こされる重篤な感染症であった。伝染性があり、人から人へ感染する。天然痘にかかった人は、発熱と特徴的な進行性の皮疹を経験する。

天然痘にかかった人の多くは回復するが、10人中3人は死亡する。天然痘の生存者の多くは、体の広い範囲、特に顔に永久的な傷跡を残している。また、失明した人もいる。

ワクチン接種の成功により、天然痘は根絶され、1977年以降、自然発生の天然痘は起こっていない。米国で最後に天然痘が自然に発生したのは1949年である。


まず、現代の天然痘ワクチンは、歴史上ずっとあった接種とは違うことに注意してほしい。

最古の天然痘予防の取り組みは、少なくとも10世紀の中国にさかのぼる。医師たちは、天然痘の病巣から採取した物質を感受性の高い人に鼻から接種すると、時に免疫が得られることを発見したのである。17世紀以前には、アフリカやインドなどでも独自に予防接種が行われていたようだが、西ヨーロッパで普及したのは18世紀になってからである。イギリス大使の妻モンタギュー夫人は、トルコで予防接種を見学し、その後イギリスで天然痘がパンデミックした際に自分の子供にも接種して成功した。この方法は、ランセットや針を使って、天然痘の材料を感受性の高い人に皮下投与するものであった。この方法は、ヴァリオレーションとも呼ばれ、賛否両論があった。この方法は、多くの場合、免疫を作り出すが、同時に何人かの人を殺し、天然痘の発生を助長することにもなった。


つまり、天然痘は命がけなのだ。歴史的に見ても、ウイルスに感染した人の30%は死亡している。多くの人が体を傷つけられ、後遺症が残る。

とはいえ、このワクチンの設計者は、病気を止めるだけでなく、完全に根絶するような働きを求めた。そこで、天然痘ワクチンは “ホット “になるように設計されたのである。有害事象のプロファイルは、例えばインフルエンザ・ワクチンのそれよりもはるかに大きいのである。感染と、感染を可能な限り止めるように設計されているのである。インフルエンザの場合、ワクチンは部分的にしか効果がない。そうでなければ、ほとんどの健康な人々にとって、病気よりも治療が悪くなってしまうからである。

CDCはこのことを知っている。しかし、彼らにはワクチン接種をためらわせないという使命がある。そのために、ワクチンとワクチン事業が安全で効果的であると宣伝しているのである。それで終わりだ。例外も疑問も許さない。

天然痘ワクチンは十分古く、そのリスクはよく知られており、これらのデータはCDCがどのようにワクチンの安全性を評価しているかを理解するのに役立つ。 すべてのワクチンが「安全」であると考えるのは甘い考えだ-何があっても、どのワクチンであっても。残念ながら、CDCの職員は、すべてのワクチンが「安全かつ有効」であるという信念体系を持っているようで、その信念は客観的な科学というよりも、一種の世界観、信仰の対象(カテキズム)になってしまっている。

率直に言って、これを信仰の声明と位置づけ、公衆衛生の高位聖職者に支持された儀式のようなもので、疑いや疑問を持つ理由を排除することによって、これらの役人に利益を与えているのである。ほとんどのワクチンが「安全で効果的」であるという決定と公言は、宣伝のための道具である。そして、このプロパガンダは精査に耐えるものではない。人々はワクチン事業全体に対してますます不信感を募らせているが、それには正当な理由がある。公衆衛生が正直で透明であるべき時だ。ワクチンにはリスクが伴うが、ある種のワクチンは他のものよりはるかにリスクが高い。小児用ワクチンの場合、拡大するワクチンスケジュール全体が子どもたちに与える累積リスクは、これまで厳密に評価されたことがない。

そこで、事例として天然痘ワクチンの利点とリスクの評価に戻ろう。

今日のCDCのホームページから。

「天然痘ワクチンは安全であり、天然痘疾患の予防に効果的です。」

CDCにとって安全とは何か、自社のホームページから見てみよう。

天然痘ワクチンの重大な副作用

  • 心臓疾患
  • 脳や脊髄の腫れ
  • 重篤な皮膚疾患
  • 体の他の部分や他の人へのウイルスの拡散
  • ワクチン接種後の重篤なアレルギー反応
  • 誤って目に感染した場合(角膜が腫れて水っぽい痛みを感じたり、視界がぼやけたり、角膜に傷がついたり、失明したりすることがある。)

CDCは次に、天然痘ワクチンを接種しない理由がありそうな人のタイプを挙げている…。

重篤な天然痘ワクチンの副作用のリスクは、以下の場合に大きくなります。

  • 心臓病の危険因子として、高血圧、高コレステロール、糖尿病、高血糖、心臓病の家族歴、喫煙のうち3つ以上当てはまる人。

ここで一休みして、最初の4項目だけを見てみよう。重篤な天然痘ワクチンの副作用のリスクが高いとされている人たちである。

糖尿病の人(3400万人)高血圧の人(1億800万人)高コレステロールの人(7600万人)心臓病の人(9600万人)。

そして、まだまだある。

  • 狭心症、心臓発作の既往、動脈疾患、うっ血性心不全、脳卒中、その他の心疾患など、心臓や血管に問題がある方
  • 湿疹(アメリカ人3100万人)アトピー性皮膚炎、火傷、膿痂疹、接触性皮膚炎、水痘(アメリカ成人の95%以上が水痘にかかったことがある)帯状疱疹、乾癬、コントロールできないニキビなどの皮膚トラブルがある人。
  • 1歳未満の乳幼児
  • 妊娠中または授乳中の女性
  • ステロイドの目薬や軟膏を服用している人

つまり、CDCは「天然痘ワクチンは安全である」と断定しておきながら、人口の大部分を除外し、安全であると思われる人をごく少数残しているのである。 リスクの高い人々のリストには、「心臓疾患の家族歴」のある人々も含まれている。 このリストに当てはまらない人を一人でも知っているのだろうか?

CDCは、「ワクチン接種者1,000人につき1人が、生命を脅かすほどではないが、重篤な反応を経験した」と書いている。CDCは、「100万人のワクチン接種者のうち、1-2人がワクチンによる生命を脅かす反応の結果、死亡する可能性がある 」と推定している。

しかし、他の研究者は、そのリスクをもっと高いと位置づけている。

より近代的な、天然痘ワクチンを接種した軍人のワクチンリスクを評価した2021年の研究では、次のように報告されている。

ACAM2000天然痘ワクチンを接種した897,227人のSMとDryvax天然痘ワクチンを接種した450,000人のSMがモニタリング集団に含まれる。ACAM2000天然痘ワクチン接種者の判定(証明)された心筋炎の割合は20.06/10万で、男性(21.8/10万)は女性(8.5/10万)より、40歳未満(21.1/10万)は40歳以上(6.3/10万)より有意に高率であった。心血管イベントの発生率(第1群+第2群)は、ACAM2000ワクチンで113.5/10万、Dryvaxワクチンで439.3/10万、率比0.26(95%CI,0.24-0.28)であった。1つ以上の定義された神経学的事象を有する被験者の割合は、ACAM2000およびDryvaxワクチンでそれぞれ2.12/10万人および1.11/10万人、割合比、1.91(95%CI,0.71-5.10)であった。

上記の研究は、臨床試験ではなく、受動的なデータ報告システムに基づいている。したがって、実際の有害事象の数は、ここで報告されているよりもはるかに多くなっている。

つまり、天然痘ワクチンに関連した心臓のイベントは、健康な集団において、ACAM2000ワクチンでは少なくとも885人に1人、Dryvaxワクチンでは228人に1人ということになる。現時点では天然痘のリスクはゼロであることを考えると、これらのリスクは非常に重大であると思われる(軍が我々の知らない何かを知っているのでなければ)。チェイニー政権(別名43代大統領ジョージ・W・ブッシュ)の時に、すべての第一応答者に天然痘を接種することを推進したが、心筋炎があまりにも多く、天然痘が流通していなかったため、中止されたのはそのためである。聞き覚えがあるだろうか?

安全という言葉は、科学者にとっても、人々の集団にとっても、明らかに異なることを意味する。


注:メイヨークリニックは天然痘ワクチンのリスクと利益についてCDCと意見が一致していない。

「天然痘の治療法は存在しない。ワクチンで天然痘を予防できるが、ワクチンの副作用のリスクが高すぎて、天然痘ウイルスにさらされるリスクの低い人に定期的に接種することを正当化できない。」と述べている。

メイヨークリニックの患者には高すぎるが-CDCが勧めるアメリカ人には高すぎない。この引用文の注意点は、70%の人が天然痘から生還しているので、確かに「治癒」しているように見える。治療法については、我々はもはや中世に生きているわけではなく、感染症に対する支持療法は有効であり、非常に効果的である。言葉は重要だ。恐怖ポルノは役に立たない。


この話題をホームに持ち帰ってみよう。COVID-19/オミクロンを避けることは、重篤な有害事象の既知および未知のリスクを冒す価値があるのだろうか? いくつかの年齢層では、そうかもしれない。 ほとんどの年齢層では、それはあまりリスクに見合うものではない。 若者にとっては、どんなリスクにも値しないし、子供にとっては、コビッド・ワクチンのリスクの方がはるかに上である。

米国政府は「ワクチンは安全で有効である」と執拗に宣伝していたが、これは現代の天然痘ワクチンに使われているのと同じ言葉である。 どちらの場合も、安全性は意見と意味論の問題であり、科学ではない。 例えば、スカイダイビングやオートバイに乗るときの注意事項(例えば、2つ目のパラシュートを用意する、ヘルメットをかぶるなど)-ある活動が許容できるほど安全であるという点に到達するために、その活動をスキップした方がより安全だと知りつつ、安全性は相対的であることは明らかである。

もし私が人にある薬を飲ませようと提案し、「この薬は心臓病の家系でない限り安全である」と言ったとしたら、飲みたいと思う人はほとんどいないだろう。 さらに、「メイヨークリニックによれば、この薬の副作用のリスクは高く、飲むことを正当化することはできない」と付け加えたら、さらに飲む人は減るだろう。

義務とは定義上厳格なものであり、個人の安全性評価とは相性が悪いように思われる。 安全という言葉も、安全という考え方も、人によって異なるのだから、このような決定は、ワクチン接種によって最も影響を受ける人に任せるのが一番だ。

CDCが言う「安全」の意味は、この言葉を使うほとんどの人が意味するところとは違うのだ。リスクには選択肢が伴わなければならない。これは現代の生命倫理と医学の根幹をなすものである。

この2年間に経験したすべてのこと、そしてCDCが政治的理由と「ワクチンへのためらい」(データが本当に示していることを知れば、その製品を受け入れないという別の言い方)を避けるために、我々全員にデータを隠してきたことを認めた後、あなたは誰を信用するつもりだろうか?それとも、CDC、HHS、レガシーメディア、「ファクトチェック」産業が言うことを信じるのか?

タイトルとURLをコピーしました