3. ウクライナ危機/政治・経済グローバルリサーチ

「ロシアが戦争を始めた」などという誤り
‘Russia Started the War’ and Other Fallacies

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

https://www.globalresearch.ca/russia-started-war-other-fallacies/5779989

マイク・ホイットニー著

グローバルリサーチ 2022年5月12日

月曜日、プーチン大統領は、1945年にロシアがナチス・ドイツに勝利したことを祝う恒例の「戦勝記念日」演説を行った。メディアで予想されていたような大げさな宣言はなく、代わりにウクライナ戦争に至るまでの出来事を簡単に振り返った。ウクライナ戦争への支持を集めようとする指導者に期待されるような誇張は一切なかった。プーチンは、ロシアが現在巻き込まれている血なまぐさい紛争を避けるために、できることはすべてやったと、観衆に念を押しただけだった。以下はその一部である。

「昨年12月、われわれは安全保障条約を締結することを提案した。ロシアは西側諸国に対し、意味のある妥協的な解決策を求めて誠実な対話を行い、互いの利益を考慮するよう促した。すべて無駄だった。NATO諸国は私たちに耳を傾けようとしなかった。つまり、彼らはまったく別の計画を持っていた。私たちはそれを見ていたのだ」。

これは、戦争に先立つ数カ月間に起こったことを正確に説明している。プーチンは、ロシアの合理的な安全保障上の懸念に対処するよう繰り返し米国に求めることで、対立を避けようとした。残念ながら、バイデン政権はプーチンの要求を一蹴し、回答すら出さなかった。米国とNATOは、ウクライナにはどのような安全保障体制を選ぶ権利もあると主張している。しかし、明らかにそうではない。米国とNATO加盟各国は、他国を犠牲にして自国の安全を向上させることはできないとする条約(1999年のイスタンブール 2010年のアスタナ)に署名している。

これらの協定の根底にある原則は「安全保障の不可分性」と呼ばれるもので、ある国の安全保障を他の国の安全保障から切り離すことはできない、という意味である。つまり、この条約に加盟している国は、自国の軍事力を近隣諸国に危険を及ぼすほど発展させる自由はないということだ。特に、ロシアと公然と敵対している軍事同盟への加盟を目指すウクライナには、この条件が適用される。NATOの加盟はプーチンにとって常に「レッドライン」であり、NATOの基地、戦闘部隊、ミサイル基地がモスクワから目と鼻の先にあるウクライナ国内に置かれることを許さないと繰り返し表明してきた。テキサス出身のある評論家は、「ガラガラヘビを玄関先に住まわせることはないだろう」と言った。いや、プーチンもそうだろう。2007年のプーチンの演説を紹介しよう。

「世界の安全保障のあり方について真剣に考えなければならない決定的な時期に来ていると確信している。そして、国際対話のすべての参加者の利益の合理的なバランスを模索することによって進めていかなければならない。」

2007年、ミュンヘン安全保障会議

プーチンにとって、安全保障は常に最重要課題である。一般の人々が、自分の家、地域社会、そして自分の国で安心して暮らせる世界をどう作るか。自国の物質的利益と飽くなき地政学的野心によって行動する衝動的な大国による介入、侵略、政権交代の絶え間ない脅威から弱い国々をどう守るか?「安全保障の不可分性」のような概念は、理想主義者の感性に訴えるかもしれないが、その強制メカニズムはどこにあるのだろうか。また、このような壮大なアイデアを用いて、地球上で暴れまわる難治性のヘゲモニーをどのように抑制するのだろうか。

もし、国連が本来の機能を果たしていれば、ロシアの要求は、最初の一発が撃たれる前に、緊急会議で徹底的に議論されたはずである。しかし、そうはならなかった。国際法とグローバルな制度は、またしても失敗したのである。誰もが知っているように、これらの機関のほとんどはワシントンに乗っ取られており、ワシントンは現在、自分たちの一連の堕落行為に正当性のイチジク葉を提供するために、これらの機関を利用している。現在の対ロシア戦争でも、確かにそのように利用されている。

西側メディアもまた、ロシアに対する武器として利用されている。例えば、ロシアは戦争を始めたとして普遍的に非難されているが、ロシアが戦争を始めたわけではなく、安保理の全員がそれを知っている。ウクライナが戦争を始めたのであり、欧州安全保障協力機構(OSCE)のモニタリング団はそれを証明する証拠を集めている。スイスの諜報員でNATOのアドバイザーでもあるジャック・ボーのグレーゾーンでのインタビューからの抜粋を見てほしい。

JACQUES BAUD:「ご存知のように、実際には今年の2月24日に戦争が始まったわけではないことを理解しなければならないと思う…ドンバスで攻勢をかけるという決断に至ったのは 2014年から起こったことではない。そのきっかけがあったのだ…。

第一は 2021年3月、つまり昨年にヴォロディミル・ゼレンスキーが採択した、クリミアを武力で奪還する決定と法律だ…。

(そして、2月16日から始まったドンバスへの砲撃の強化だ。この砲撃の強化は、実際、OSCE(欧州安全保障協力機構)のモニタリング団によって観察され、この違反の増加を記録している。つまり、以前の約30倍の違反があったということだ……。2月16日に、ウクライナ側で大規模な違反の増加があった。ロシア側、特にプーチンにとっては、それがウクライナの作戦開始のサインだったわけだ。

そして、すべてが始まった。つまり、すべての出来事が非常に早く起こった。つまり、数字を見ればわかるが、16日から17日にかけて急激に増加し、2月18日にはある種の最大値に達し、それが続いている。

そのため、プーチンは2月24日に攻撃開始を決定し、攻撃された場合の援助を定めた国連憲章第51条を発動することができた。 (“US, EU sacrificing Ukraine to ‘weaken Russia’: fmr. NATO adviser”, The Grayzone)

プーチンがウクライナに侵攻した時点で、すでに戦争が始まっていたことがわかる。ロシア系民族への砲撃はすでに何桁も激化していた。人々は大量に虐殺され、何万人もの難民が国境を越えてロシアに逃れていた。ロシアが国境を越える1週間前の2月16日から、このような事態が続いていた。(アラバマ州のムーン氏は、侵攻に先立ってドンバスで行われた砲撃のデータをまとめている。「OSCEウクライナ特別モニタリング団の2月15日付報告書では、停戦地域で約41回の爆発が記録されている。これが2月16日に76回、17日に316回、18日に654回、19日に1413回、20日と21日の合計2026回、22日に1484回と増えている」)。

では、なぜメディアは「ロシアが戦争を始めた」という明らかに嘘であるのに繰り返し報道するのだろうか。

事実、プーチンは火事を消すために軍隊を送り込んだのであって、火事を起こすために送り込んだのではない。保護責任(R2P)が正当化される状況があるとすれば、それは侵攻前の東ウクライナの状況である。砲撃が始まる前に、1万4千人のロシア系民族が殺されていた。プーチンは指一本触れずに、さらに1万4千人あまりが虐殺されるのを見過ごすべきだったのだろうか。

いや、プーチンは人命を守り、ロシアの国家安全保障を守るために必要なことをしたのだ。プーチンには領土的な野心もソ連帝国の再来を望む気持ちもない。彼の「特別軍事作戦」は、実は、もはや無視できない脅威を除去するための防衛作戦である。プーチンの国民支持率83%は、ロシア国民がプーチンの行動を理解し、全面的に支持していることを証明している。(政治指導者が侵略戦争を仕掛けたと国民に思われたら、これほどの支持は得られないだろう)。

読者の中には、プーチンが戦車を投入する前に、軍事介入を法的に正当化する国際連合第51条を発動したことを記憶している人もいるかもしれない。元兵器査察官スコット・リッターの記事からの抜粋であるが、彼はこのようにロシアの行動を擁護している。

「ロシアのプーチン大統領は、第51条を根拠として、「特別軍事作戦」と称する作戦を命じた。…..。

さらにロシアは、ウクライナ軍がドンバスへの大規模な軍事侵攻を準備していたが、ロシア主導の「特別軍事作戦」によって先手を打たれたという証拠書類を持っていると主張している。[OSCEの統計では、ロシアが侵攻する前の数日間で、この地域に対する政府の砲撃が増加した]。

..

要するに、ロシアは、米国とNATOによって考案された先制的集団的自衛権の原則の下で、フィクションではなく事実に基づく51条を適用して、認識可能な主張を展開したのである。

西側諸国の人々、組織、政府は、ロシアの軍事介入は国連憲章の無謀な違反であり、違法な侵略戦争であるという膝を打つ結論を受け入れることが流行っているかもしれないが、不快な真実は、国連憲章51条に基づく先制攻撃の合法性に関するあらゆる主張の中で、ロシアのウクライナ侵攻の正当化は確固たる法的根拠に基づいているということだ。(“Russia, Ukraine & the Law of War: Crime of Aggression”, Consortium News)

そして、作家のダニアル・コヴァリックが「ロシアのウクライナ介入は国際法上合法である理由」と題する記事で、この話題についてさらに述べている。

「2022年2月のロシア軍の侵攻に先立つ8年間、ウクライナではすでに戦争が起こっていたという事実を受け入れることから、この議論を始めなければならない。そして、キエフの政府によるこの戦争は…約1万4千人(その多くは子供)の命を奪い、さらに約150万人を避難させた。..キエフの政府、特にそのネオナチ大隊は、まさに彼らの民族性を理由として、これらの民族に対して攻撃を実行したのである。..

ロシアの不安定化そのものが、こうした取り組みにおけるアメリカの目標であったという疑念を払拭するために、ランド・コーポレーションの2019年の非常に示唆に富む報告書を検証すべきである。..「Overextending and Unbalancing Russia, Assessing the Impact of Cost-Imposing Options」と題するもので、数多く挙げられる戦術の1つが「ロシアの最大の外部脆弱性の点を突く」ために、ウクライナへの致死的援助の提供」…であった。

要するに、ロシアは、アメリカ、NATO、そしてウクライナの過激派の代理人たちによる具体的な不安定化の努力によって、かなり深刻な形で脅かされていることに疑いの余地はないのだ…。

国家防衛のために行動する必要性について、これほど切迫したケースは考えられない。国連憲章は一方的な戦争行為を禁じているが、第51条で「この憲章のいかなる規定も、個人的又は集団的自衛の固有の権利を損なうものではない」と規定している。

以上のことから、ロシアは自衛のために、米国とNATOの代理として、ウクライナに介入する権利があったと私は考える。これに反する結論は、ロシアが直面している悲惨な現実を単に無視することになる。” (ロシアのウクライナ介入は国際法上合法である理由”, RT)

現在の紛争の責任の所在を明らかにすることは、単なる学術的な運動ではない。合理的な人々が証拠を吟味し、説明責任を果たすための方法なのだ。それは道半ばかもしれないが、追求する価値のある目標である。

最後に、ウクライナでの戦争は、ロシアが侵攻するはるか以前から計画されていたことは、もう明らかであろう。ロシアをウクライナに誘い込み、その資源を枯渇させ、中央アジアにおける米国の戦略的目標に対する主要な障害を取り除くために、米国はあらゆる場面で挑発行為を画策してきたのである。米国の戦争計画者たちが率直に認めているように、究極の目標は、「ロシアの背骨を折り」、国を細かく分割し、政府を倒し、膨大なエネルギー資源を奪い、国民を永久に植民地依存状態に陥れることだ。ワシントンは、まずロシアを潰さない限り、中国の爆発的成長を包囲しコントロールすることができないことを知っている。だからこそ、前代未聞の大惨事に終わりかねない無謀な戦略に乗り出したのだ。我々の愚かな指導者たちは、世界の権力に対する支配力を維持することが、核による消滅の危険を冒す価値があると信じているのである。

 

Mike Whitney ワシントン州を拠点とする著名な地政学・社会分析家。誠実なジャーナリズム、社会正義、世界平和へのコミットメントを掲げ 2002年に独立系市民ジャーナリストとしてのキャリアをスタートさせた。

グローバル化研究センター(CRG)のリサーチ・アソシエイト。

「いいね」ボタンを設置しました。
良かった記事に  して頂けると嬉しいです。記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングはこちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、画像は原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました