WW3・核戦争

アメリカ「核の優位性」と「電撃的な核戦争」
第三次世界大戦を勝ち抜こうとするアメリカの計画に対応するロシア

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Russia responds to America’s plan to win WW III.

theduran.com/russia-responds-to-americas-plan-to-win-ww-iii/

Eric Zuesse

グローバルリサーチ、2022年9月24日

米国政府は、もはや第三次世界大戦を防ぐために核兵器を設計するのではなく、第三次世界大戦に勝利するために核兵器を設計している。

ソ連と米国は、第三次世界大戦を防ぐために、1時間程度で終わる核戦争で数千の核弾頭が突然爆発し、どちらも勝てないが双方(そして世界の大部分)が破壊されるように戦略と武器を設計していたが、米国政府は次第にこのような「M.A.D.」すなわち「相互確証破壊」のメタ戦略から離れつつある。その結果、ロシアは完全に破壊されるが、その後、米国は地球全体を支配するのに十分な強さを持つようになる(この覇権は1945年7月25日以来、米国政府の実際の目標であった)という米国の「核優位主義」準戦術に置き換わってきている。

2017年5月3日、私は「アメリカのトップ科学者が認めた」という見出しをつけた。アメリカの目標は今、ロシアを征服すること」とし、Bulletin of Atomic Scientistsが最近発行した報告書にリンクし、次のように述べた。

「米国の弾道ミサイルの標的能力を飛躍的に向上させるブレイクスルー新技術

この能力の向上は驚くべきもので、既存のアメリカの弾道ミサイル部隊の殺傷力をおよそ3倍に押し上げる。もし核武装した国家が、奇襲的先制攻撃で敵を無力化することによって核戦争を戦い、勝利する能力を持つことを計画しているならば、まさに期待通りの結果を生むものである」。

私はそこで、「スーパーヒューズ」と呼ばれるこの新技術が、「MAD」から「Nuclear Primacy」への置き換えにぴったり合致していることを指摘した。結局、「核の優位性」の提唱者は、この言葉が米露核戦争におけるアメリカの「優位性」にのみ関係しているとは言わなかったが文脈上、常にその意図は明らかであり、この言葉はロシアが考えうる核の「優位性」とは 正反対の意味(そして強く反対)であった。

つまり、「核優位主義」-2006年に最も権威ある学術誌で紹介され、その後、米国政府によって明示されたことはない(公に提唱されたこともない)が、米国のすべての外交政策で順守されている-は、実際には、米国の新しいメタ戦略、現在ある戦略なのである。

そのほかにも、「Bulletin of Atomic Scientists」の記事には、米国の新しい軍事技術も取り上げられている

米国の潜水艦発射弾道ミサイルの殺傷力が向上したため、これらの潜水艦は現在、ロシアの陸上ミサイルの全艦隊をサイロ内で破壊するのに必要な弾頭の数の3倍以上を搭載して巡回しているという。

もちろん、これが本当なら、少なくとも2017年の時点では、ロシア人は恐ろしい状況に陥っていたことになる。

この挑戦に対するロシアの対応は、実はもっと前から、遅くとも2014年2月に バラク・オバマ米大統領ウクライナ政府を掌握したことによって始まっていた。(そして、このビデオでは 、そのビデオの彼のクーデターの完全な決定的証拠が示されており、ここでは、その決定的な決定的証拠の記録と説明がなされている)。ウクライナは、モスクワのクレムリンに最も近い外国国境を持つ国であり、モスクワからわずか353マイル、ミサイル飛行時間にしてわずか5分の距離にある、ウクライナの都市スミーがある。ウクライナはロシアの中央司令部(クレムリン)に最も近い国境を持つ国であり、それがオバマが(核優位政策と一致して)ウクライナをつかまえた主な理由である。

この353マイルを、キューバがワシントンDCから1,131マイル離れていることと比べてみてほしい。1962年のキューバ・ミサイル危機のとき、JFKは、ソ連がキューバに建設しようとしていたミサイル基地をフルシチョフが撤去しなければ、ソ連に対して核戦争を始めることもいとわないほど恐怖を覚えた。キューバはDCからウクライナより3倍以上遠く、当時のミサイルは今よりはるかに遅かった。しかし、アメリカのNATOが2022年1月7日、ウクライナのNATO加盟を絶対に認めないというロシアの要求をついに拒否したとき、ロシアには、オバマによるウクライナのクーデターを撤回し、できるだけ早くそれを行う以外にどんな代替手段が残っていただろうか。

ロシアの”特別軍事作戦 “に備えて、ロシアは “核の支配”を阻止するための新兵器システムを導入してきた。中でも主なものはICBM「サルマット」で、事実上探知も追跡も不可能で、精密な標的を定めた巨大核爆弾を数十個搭載し、既存のどんな技術でも阻止できず、射程距離は18000キロメートル、11000マイル以上、米帝全体をカバーするため、世界で最も恐ろしい兵器と広大に位置づけられている。

ほんの数機のサルマットがあれば、米帝全体、米国とその属国(自称『民主主義国』『独立国』-いずれも事実ではない)のすべてを破壊できる。

プリンストン大学の学者グループが、第三次世界大戦がどのように進行するかについて、「プランA」と銘打った試算を出し、そのビデオ・サマリーが2019年9月6日にyoutubeに掲載された。現時点での再生回数は約400万回、視聴者コメントは5千件に達している。

この試算は、戦争が相互のエスカレーションによって徐々に進行すると仮定しており、米政権がもはやMADメタ戦略に従っていないことつまり、米政権がMADに代わって核優位メタ戦略を持っていることを無視している。その結果、プリンストン大学の試算は非常に非現実的であり、私たちの時代の第三次世界大戦が引き起こすであろう前例のないほど短い戦争の種類を記述しているようには全く見えない。

現代における第三次世界大戦は、米国による電撃的な核攻撃で開始されることが前提であり、そのような戦争は、核優位のメタ戦略によって行われることになる。核の優位性とは、ロシアの中央司令部を先制攻撃で、その電撃発射からわずか10分以内、あるいは(ウクライナからなら)もっと短い時間で断末魔にする戦争を意味する。

首を切られたロシアは、どうやって報復するのだろうか。「デッドハンド」システムによってのみ、最初の断末魔のような核電撃攻撃の後、その報復能力で生き残るものは何でも自動的に発射されるのだ。サルマットが配備される前に米政権が第三次世界大戦を始めない限り、サルマットはその一部となるだろう。一方、ロシアの最大の関心事は、現在のデッドハンド能力を維持することであり、ロシアのデッドハンド・システムが完全に実行される前に核優位メタ戦略が開始された場合、少なくとも米国とその主要な属国が確実に排除されるようにすることであろう。

第三次世界大戦の最も可能性の高い始まり方は、最初に核武装した側であるにもかかわらず、戦争の責任を問われないという米政権の目標によって形作られている。この目標は、核段階に至る通常戦争の段階をロシアが開始することを必要とするものである。例えば、ロシアがウクライナを十分に占領して保持するという目的を達成できず、353マイルを例えば1,000マイル(または必要最小限のマイル)に拡大した場合、米国はロシアの目的達成を阻止するためにウクライナに軍を派遣するかもしれない。そして、もしロシアが米軍と直接戦闘になった場合、米国はそれを口実にロシアに侵攻し、侵攻のある段階で突然、「ロシア政権は軍事力以外には反応しない」という口実でクレムリンを電撃的に核攻撃するかもしれない(もちろん)。そうすれば、第三次世界大戦の生存者は、第三次世界大戦の責任をロシアに押し付けるように十分に宣伝することができ、それによって、米国政権による全世界(あるいはその残骸)の乗っ取りが成功しやすくなる。

すでに、2014年2月にウクライナを奪って戦争を始めたにもかかわらず、その8年後の2022年2月24日に、その(この戦争を始めた)クーデターに対応するために、ロシアが「Special Military Operation」 で、この戦争の責任を取っていることは、アメリカの政権側の大きなプロパガンダ成功であると言えるだろう。

実際、今ではほとんどの人が、ウクライナ人は常にロシア政府を嫌い、アメリカ政府を愛していると思っているかもしれないが、欧米が主催したウクライナ人の世論調査でも、オバマがクーデターを起こす前は、大多数のウクライナ人がロシアを友人と見なし、アメリカ、NATO、EUを敵と見ていたことが、2014年にアメリカ政府がウクライナを支配して以来ほぼすぐに逆転していることが、一貫して示されている。プロパガンダ戦争では、まるでロシアがそのコンテストに全く参加していないかのようだと言っていいほどである。


調査歴史家エリック・ズースの新著「アメリカの悪の帝国:ヒトラーの死後の勝利、そしてなぜ社会科学は変わらなければならないのか」は、第二次世界大戦後、アメリカがいかに世界を支配し、アメリカとその同盟国の億万長者たちに奴隷にしようとしているかについて述べている。彼らのカルテルは、「ニュース」メディアだけでなく、社会「科学」を支配することによって世界の富を引き出し、一般大衆を騙している。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました