最近流布された「ファイザーが酸化グラフェンを注射剤に混入している証拠」に関して
ファイザー社の資料にはグラフェンが記載されているが、注射剤の一部としては記載されていない

サーシャ・ラティポワワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD酸化グラフェン・ナノ粒子

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

Regarding recently circulated “Pfizer evidence of graphene oxide” in the injections

sashalatypova.substack.com/p/pfizer-evidence-of-graphene-oxide

Sasha Latypovaサーシャ・ラティポワ

私は、ファイザー社のグロトンCT研究所で行われた、スパイクプロテインを「ワクチン」開発の標的抗原として特徴付ける研究結果を記した、情報公開されたファイザー社の文書を転送された。この文書は14ページある。

 

まず注目すべきは、これらの実験に貢献した「貢献科学者」の名前と、報告書を承認した人々の名前が、(b)(6) リダクションで編集されていることだ。これは、これらの名前が明らかになると、米国の外交関係が損なわれる可能性があることを意味することは、もうわかっている。つまり、国家安全保障のようなものだ。現在、私たちは2つの考えしか持つことができないのに、なぜだろう。

  • 説1:「命を救うワクチン」というブレイクスルー新医薬品の開発に取り組んでいる一般企業の製薬会社社員である、あるいは、
  • 説2:悪いファイザーがFDAを「取り込み」、「命を救うワクチン」の悪いバージョンを作り、虚偽の主張を連発し、無能な政府から大金を徴収した。

1,2のどちらかが正しいのであれば、なぜ名前を伏せるのか、なぜ(b)(6)を正当化するのか。

これは、たとえ出来が悪くても医療品の科学実験の報告なのか、それとも「最新鋭の兵器システム」の一部なのだろうか。

例えばタイ王国では、44歳のそれまで全く健康だった王女がファイザー社のブースターの投与後23日で倒れ、785年の王家の血統を絶った責任者の名前を知られたくないからだ。それは、アメリカの外交関係にとってダメージになると思う。

また、そのような人々がターゲットにされたり、罠にかけられたり、拉致されたり、採用されたり、転向させられたりして、他の悪の帝国に逆ペーパークリップ作戦で働かされることも避けたいのである。私たち自身の悪の帝国は、競争力を維持しなければならない。

ファイザーのレポートに戻る

2020年初頭に行われたこの研究の目的は、BNT162b2(ファイザー社の注射剤)がコードするSARS-CoV-2のP2 S(「スパイクプロテイン」)を発現させて構造生物物理学的特性評価を行うことだった。この特性評価の1つは、電子顕微鏡でスパイクプロテインを画像化し、「ワクチン」開発のための抗原ターゲットとして最終形状に折り畳まれた「理想的な」スパイクプロテインの構造モデルを開発することだった。

この研究では、HEK細胞(ヒト胚性腎臓細胞、中絶胎児から得られる「市販」細胞株)の変種を使用した。細胞株はExpi293F™細胞で、293F細胞株から派生したヒト細胞である。懸濁培養で維持され、独自の発現培地で高密度まで増殖する。この細胞はトランスフェクション性が高く、浴びた遺伝物質を大量に取り込み、48時間以内に多くの標的タンパク質を素早く増殖させる。

成長させた後、スパイクプロテインを精製する、といった具合である。構造解析には、分子量150kDaのP2 Sと、解離したS1、S2サブユニット(75kDa)が使用された。この報告では、タンパク質の精製過程でS1サブユニットとS2サブユニットの自発的な解離(脱離)が起こることが指摘されている。

彼らは、P2 SとヒトACE-2受容体の結合について実験を行い、P2 SがヒトACE2-PD、および抗RBDヒト中和抗体B38(COVID-19回復患者由来)と高い親和性を持って結合することを発見した。

次の実験は、電子顕微鏡によるイメージングである。ここで、研究の設定に酸化グラフェンが出てくる(P.7)。

 

これを英訳してくれたMichael Palmer(MD/PhD)に感謝したい。どうやら酸化グラフェンは、画像化する際にスパイクプロテインを保持するメッシュグリッドをコーティングするために使用されたようだ。

この段落では、スパイクタンパク質の構造的特徴を明らかにするために、彼らが行ったクライオ電子顕微鏡研究の技術的詳細を紹介する。

目的はタンパク質結晶学と同じであるが、最初に結晶を成長させる必要はない。その代わり、精製したタンパク質を含む液体サンプルをEMサンプルホルダー(メッシュグリッド)の上に捨て、熱運動/ファジィを最小限に抑えるために深冷し、位相差モードでEM画像を大量に収集すればいい。

この画像をコンピュータ上で整列・平均化することで、理想的な分子粒子の原子ではない3次元画像を抽出する。この画像を「鋳型」として、既知のタンパク質配列を押し込んで、原子レベルの分解能で構造モデルを作成する。

つまり、スパイクタンパク質の高解像度3Dモデルを実験的に裏付けして作成することが、ここでの目的である。

そして、CryoEMの画像とその後モデリングされた構造はこのような感じだ。

この形と大きさのタンパク質は、「ワクチン」が細胞に作らせるはずのものであることに注意してほしい。そして、そのようなことができるかもしれないし、できないかもしれないことが分かっている。

ファイザーがEMAに提出した偽のCMC文書では、異なるサイズのタンパク質が作られており、偽のウェスタンブロッティング技術と思われるものによれば、180-230kDaとはるかに大きなもので、その構造の対応するモデルは作成されていなかった。そのため、どのようなタンパク質が作られるのか、まだよく分かっていないが、被害者にダメージを与えるものであることは分かっている。

デューデリジェンスとアート

ファイザーが複数の規制当局に提出した偽のウェスタンブロット。

もっと読む

2カ月前 – 251件のいいね! – 232件のコメント – Sasha Latypova

要するに、大規模な無制限戦争の不幸な犠牲者の細胞の中で何が作られているのか、誰も知らないのだ。この化学はその一部に過ぎない。最先端技術の一部である。

ワクチンに酸化グラフェンが含まれていることを証明しているだろうか?

いいえ、証明していない。これは、ファイザーがグロトン研究所でグラフェンオキシドをCryoEM高解像度イメージングサンプルの調製に使用していることを証明しているだけだ。

最近発表された論文には、このイメージング技術が記載されている。なお、ファイザーはミシガン大学アナーバー校と密接な研究開発協力関係にある。

低温電子顕微鏡(cryo-EM)は、タンパク質の構造を決定するためのツールとして広く利用されるようになった。近年の技術の進歩にもかかわらず、空気と水の界面でのタンパク質の変性、優先配向の存在、不均一な氷層など、いくつかの理由により、試料調製は依然として大きなボトルネックとなっている。

グラフェンは、1原子層からなる2次元の炭素同素体であり、機械的強度や電気伝導性などの優れた特性を持つことから、これらの課題を克服できるクライオ電子顕微鏡の理想的な支持膜として最近注目されている。

ここでは、1.5日以内に36枚のグラフェンコートグリッドを製造する、信頼性が高く、簡単に実施でき、再現性の高い方法を紹介する。その実用性を実証するため、Quantifoilとグラフェンコートグリッドをそれぞれ用いて、Methylococcus capsulatus soluble methane monooxygenase hydroxylase (sMMOH)の低温電子顕微鏡構造を2.9Åおよび2.4 Åの分解能で決定した。

その結果、グラフェンコートグリッドは、必要なタンパク質の量が少なく、空気/水界面でのタンパク質の変性を避けることができるなど、いくつかの利点があることがわかった。

空気/水界面(AWI)を介したタンパク質の変性、不均一な氷厚、好ましい粒子分布/方向、ビームによる運動など、クライオ電子顕微鏡サンプル調製にはいくつかの課題が残っている(Arsiccio et al., 2020; D’Imprima et al., 2019; Drulyte et al., 2018; Glaeser, 2016; Sun, 2018; Tan et al., 2017)。

これらの課題を克服するために、クライオ電子顕微鏡グリッド上に支持膜の連続薄層を追加することが広く検討され、試験されてきた;膜材料には、無機金属合金(例えば、チタン-ケイ素およびニッケル-チタン)、炭素ナノ膜、および他の形態の非晶質炭素(Huang et al., 2020;Llaguno et al., 2014;Rhinow et al., 2011;RhinowとKühlbrandt. 2008;Russo and Passmore. 2016)。

しかし、これらのフィルムは通常、顕微鏡画像に大きな背景ノイズを加える。[クライオ電子顕微鏡用グリッドの理想的な支持膜は、いくつかの特性を備えている必要がある。第一に、不要な散乱を最小限に抑えるために、電子ビームの経路を遮らないように薄く、十分に透明な材料である必要がある。

次に、スクリーニングやデータ収集の際に、薄い氷の層と粒子の両方を安定的に保持できる物理的強度が必要である。最後に、長時間の自動データ収集中に表面に電荷が蓄積しないよう、導電性である必要がある。

 

2次元の単原子炭素層であるグラフェンは、導電性(~15,000 cm2 -V-1 -s-1 )、光学的透明性(~97.7%)、機械的強度(~1,000 GPa)、300 kV電子ビームによる散乱現象の最小化など、支持膜として使用できる条件のほとんどを満たす(Bai et al, 2010; Grigorenko et al, 2012; Lee et al, 2008; G.-H.Lee et al., 2013; Novoselov et al., 2004)。

プラズマ処理されたグラフェン・グリッドは、氷の中でより均一に粒子を分散させ、ビームによる粒子運動を最小限に抑えることを実現している(Russo and Passmore, 2014)。

これらはすべて、グラフェンをイメージングのための技術ツールとして使用することを説明しているのであって、注射を作る材料や注射されるスパイクプロテインとして使用しているわけではない。

ワクチンに酸化グラフェンが含まれている可能性はあるだろうか?

はい、含まれている可能性がある。それに関しては多くの間接的な証拠がある。

ファイザーの報告書は、注射剤にグラフェンオキシド(GO)が含まれている直接的な証拠ではないが、ファイザー/モデルナの製造プロセスのどこかでグラフェンオキシドが利用されている可能性は排除できない。

たとえば、合成されたスパイクタンパク質を水/空気界面から絶縁するために使用されるかもしれない。

これは、変性を防ぐためだ。FDAによると、ファイザーはLNP(スパイクタンパク質をコードするmRNAではなく)内に合成スパイクタンパク質のみを持つ製品バージョンとして、同じ新薬調査番号の下で認められている。

そのため、製品の活性物質として合成スパイクを作るのであれば、この酸化グラフェン膜のようなものを製造工程で使うことは理にかなっているし、製造装置の断熱材や潤滑剤の一部となる可能性もある。グラフェンは不純物としてバイアル瓶に混入することになるが、バイアル瓶の中には他にも多くの不純物が発見され、記録されている。

興味深いことに、アナーバーの論文では、チタン-ケイ素やニッケル-チタンなど、他の種類のフィルムも言及されている。これらの材料はすべて、ワクチンワクチンの小瓶の中で見つかっており、世界中でかなり一貫して見つかっている。

グラフェンは、国防総省の「ブラックボックス」流通システムによって完全に管理された粗悪品であるため、ある小瓶には含まれ、他の小瓶には含まれない可能性がある。このような物質が大量に、しかも複数の場所で正式に押収され、この物質科学の分野の専門家による高品質のラボ分析が行われるまでは、確かなことはわからない。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました