光生物調節(PBM,LLLT)

赤色光治療 家庭でできる赤色光治療の完全ガイド

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

家庭でできる赤色光治療の完全ガイド

赤色光治療の研究と実験を6年以上続けてきた私は、何が効果的で何が効果的でないかについて多くのことを学んできた。また、多くの方の症状に合わせた治療法の開発をお手伝いしてきたが、その際にいただいたフィードバックは非常に貴重なものであった。

このような経験から、赤色光治療で最大限の効果を得るための最も重要なコンセプトと戦略をお伝えする。 赤色光を使った治療は、表面的には簡単である。赤色光のスイッチを入れ、治療したい体の部位に向けて、10~20分間その場に留めるだけである。

しかし、最良の結果を得るためには、いくつかの重要な要素を考慮する必要がある。これらを考慮することで、顕著な治癒が得られるかどうかの違いが出てくる。

シンプルであることが成功の鍵

赤色光治療を成功させるための最も重要な要素の一つは、治療の一貫性である。一貫性を保つためには、それぞれの治療をできるだけ簡単にし、その結果が目に見えるものでなければならない。

この章の目的は、赤色光治療のセッションをできる限り簡単で効果的なものにすることである。装置の使用が簡単でなく、結果が目に見えないのであれば、装置が隅でほこりをかぶってしまうのも時間の問題だろう。

私の友人は、頭頂部の発毛のために赤色光を使用していた。最初の施術では、頭頂部の皮膚に光を当て、その間ずっと機器を保持していた。案の定、一番の効果は「肩こり」だったそうである。これではいけないと思った彼は、別の方法を試してみた。赤色光治療器をランプシェードの内側に取り付け、それを頭に被って治療するというものだ。一度は失敗したものの、何とかしようとした彼の姿勢は評価できるが、ランプシェードの話を聞いたときは思わず笑ってしまった。

この話を聞いて、赤色光治療の自己処理方法について、もっと実践的な情報が必要だと感じた。 私自身や他の人の多くの失敗から得られた知恵を集めて、私はあなたの赤色光プロトコルを設計する際に考慮すべき6つの最も重要な要素を提示す。

1. 治療のためのスペースを作る 2. 身体の位置 3. 光の位置 4. 光の距離 5. セッション周波数 6. セッション時間

1. 治療のためのスペースを作る

赤色光治療のセッションのたびに、ライトを階段3段分運ばなければならないとしたら?その階段には、映画「ホーム・アローン」のように5インチの釘がまっすぐに突き出ている、熱くて粘り気のあるタールが一段ごとに塗られていて、デバイスを壁に差し込み、冷たくて硬いセメントの床に裸で15分間寝転んで光を当てなければならないとしたら? あなたは治療をやめるまでに何回その治療を行うだろうか?

この極端な例は、私が言いたいことを最もよく表していると思う。赤色光治療のセッションが簡単で楽しいものでなければ、長期間継続して行うことはできないだろう。むしろ、何度か自分にご褒美をあげて、やめてしまうかもしれない。

赤色光治療を成功させるには、赤色光治療専用のスペースを意図的に作ることが重要だ。赤色光治療専用のスペースは、治療が簡単で楽しいものでなければならない。

このスペースには、タオルや毛布、ヨガマットなどを床に敷いて、座ったり横になったりできるようにする。枕を1~2個用意するのもよいだろう。携帯電話以外のタイマーを使用する場合は、それもスペースに置いておきましょう。また、コンセントの近くにスペースを確保し、ライトをいつでも使えるようにしておくことも、シンプルにするためには重要だ。

もちろん、集中力を高めたり、完全にリラックスするために役立つと思われるものをスペースに加えることも効果的である。 私はこれまで、ベッドの横に機器を置いて、ベッドを治療のための空間として使うことを試みてきた。赤色光治療の理想的な場所のように聞こえるかもしれないが、これは理想的ではなかった。むしろ、その快適さこそが最大の欠点なのかもしれない。多くの人はベッドといえば寝ることを連想するが、治療に最適な時間帯が朝と夜であることを考えると、タイマーをセットして赤色光を照射するよりも、そのまま眠ってしまったほうがずっと楽だと思うかもしれない。 赤色光治療のセッションができるだけシンプルになるように、快適な空間を作ろう。

2. 体の位置

赤色光治療のセッション中の体の置き方は、次に考慮すべき重要な要素である。赤色光治療の際の体の置き方が不快で、十分にリラックスできない場合は、興味を失って装置を使わなくなるのも時間の問題である。 人は、楽しいことややりがいのあることよりも、不快なことを避けようとする気持ちが強い傾向にある。そのためには、体がリラックスできるような体勢をとることが大切である。 治療中の体勢には、基本的に「立つ」「座る」「寝る」の3種類がある。

体の位置 立つ

現在市販されている多くの赤色光治療器は、治療中ずっと立ったままで治療できるように設計されている。長方形のLEDライトパネルをスタンドで立てたり、壁に取り付けたりするものや、近未来的な外観で、垂直に立って光治療を行うブースには、出入りのためのスイングドアが付いているものもある。

治療中に立つというコンセプトは、理論的には素晴らしいものであるが、1日2回、15〜20分連続して1つの場所に立ちたいと思う人はいるだろうか?体の重さを支えるために多くの筋肉を常に収縮させる必要があるため、長時間一カ所に立っていると、非常に不快な思いをする。

つまり、光治療中に立っていると、十分なリラックス効果が得られないのである。さらに、多くの人は立っている間に足や膝、腰などに痛みを感じる。この痛みは、20分間立ち続けることの不快感をさらに強めることになる。 さらに、立ち仕事のデメリットがある。赤色光が不足している体ほど、赤色光治療中に眠ってしまう可能性が高いのである。

つまり、立っていることで、光治療の最も美しい部分を逃してしまうことになるのである。努力しても立ったまま眠ることはできないと思うが、もしそうなってしまったら危険な状況になりかねない。立ったまま眠ってしまい、芋づる式に床に倒れてしまうことを想像してみてほしい。立ったままでの治療には様々な不都合があるため、おそらく治療を安定して長期的に続けることはできないだろう。赤色光治療の治療中に立っていても、快適でリラックスできることはないので、可能な限り避けるべきである。

体の位置 座る

赤色光治療中の座った姿勢は、特に快適なリクライニングチェアに座ることができる人には適している。座り心地の良いリクライニングチェアやソファは、治療中にリラックスできる安全な空間を提供してくれる。以上が座ることの主なメリットであるが、座ることにはデメリットもある。座った状態での主なデメリットは以下の通りである。

  • 1. 座ることで筋肉が収縮し、リラックスできない。
  • 2. 座っていると、レッドライトを適切に配置することが難しい。
  • 3. 人によっては、座ることが不快であったり、苦痛であったりする場合がある。

立っているときと同様に、座っているときも、治療中は体を支えるいくつかの筋肉を収縮させる必要がある。筋肉が緩まないと、赤外光治療の効果が最大限に発揮されない。 また、座ったままでは、赤外光を効果的に配置することができない。

例えば、脳の機能を高め、感情をコントロールし、不安や抑うつを軽減し、脳をデトックスし、認知機能を高めるために、治療中にライトを額に直接当てたいと思っても、座ったままでは難しい。そのためには、デバイスをずっと持っていなければならず、それは非常に不便で不快なことである。

もし座って赤色光治療を行う場合には、装置を目の前のテーブルに置いて、装置をずっと持っていないようにすることをお勧めする。

光の位置については後ほど詳しく説明するが、今のところ、座った状態では赤い光への接近が制限され、治療の効果が低下することに注意してほしい。 最後に、人によっては座っていることが不快であったり、苦痛であったりする場合がある。

多くの人は週に40時間以上、車で通勤しながら座って過ごし、さらに仕事中も座っている。文化的にも、我々は座りすぎの傾向にある。少しの時間であれば座っていても問題はないが、証拠が示すように、座りすぎは健康に良くない。血行が悪くなり、柔軟性が失われ、多くの人が腰痛に悩まされることになる。すでに座りすぎている人は、赤色光治療のセッション中は、座ったままの姿勢を避けたほうがよいだろう。

体の位置 横になる

横になることは、赤色光治療のゴールドスタンダードである。快適で、全身の筋肉をリラックスさせることができ、寝てしまっても全く問題のない唯一の姿勢である。 赤色光治療を行っている多くの皮膚科医院では、光治療器が天井から吊るされており、患者は光の下で服を着ずにマッサージ治療台に寝かされる。

赤色光治療を行う皮膚科医の多くは、光治療器を天井から吊るし、患者は光の下で服を着ずにマッサージ治療台に座っている。赤色光治療器を吊るすための支持構造を見つけるには、多少の創造性と技術が必要かもしれない。 現在、私が赤色光を使って治療しているのは、床に敷いたタオルの上に、さらに快適さを増すための枕をいくつか置いたものである。

複数のライトを使用しているが、電源バーに接続しているので、スイッチ1つですべてのライトを点灯させることができる。 赤色光治療の際に横になれるスペースを作ることは、自宅での治療を最も効果的にする方法である。私のようなシンプルなものから、臨床現場のような複雑なものまで、さまざまなものが用意されている。横になることは、赤色光治療のための最も効果的で快適かつ安全な体勢である。

3. 光の位置

赤色光治療の理想的な体勢は横になることなので、このセクションでは、横になった状態でライトをどこに、どのように配置するかについて説明する。その前に、立っているときと座っているときの治療中のライトの位置について簡単に説明する。

立っているときのライトの位置

立った状態での治療では、ライトの位置は垂直な台の上に置いたり、壁に取り付けたりすることができる。この方法は、ライトをずっと持っていなくてもよいという利点があるが、前述のように治療中は実際に立たなければならないので、理想的ではない。

座っているときのライトの位置

座っているときのライトの位置は、正面のテーブルの上か、対面の膝の上の2つが最適である。しかし、これらの方法には、明らかなデメリットもある。これらの光の位置では、胸部や上半身の一部、顔以外の部分を遠くから照射することは困難である。

横になったときの軽い姿勢

立っているときや座っているときに比べて、寝ているときのライトの位置は簡単である。横になって、ライトを床やベッドの上に置いて、治療したい部位に向けて照射するだけである。

ひざが痛い?大丈夫だ。横になり、ライトを膝に当てて、タイマーをセットして、リラックスしてほしい。 腰に痛みがあるか?問題ない。横になってから、痛みの原因となっている部分に向けて光を後ろから当て、タイマーをセットしてリラックスしてほしい。

全身のトリートメントをしたい?問題ない。横になってから、ライトを足元に置き、胎児のような姿勢で胴体の真ん中を狙って、上肢、腹、胸、上腕の皮膚の隅々まで光が当たるようにする。

赤色光治療では、横になるのが理想的な体勢である。光の位置がシンプルになり、治療中ずっと光を当てている必要がないので、快適で安全である。この体勢でリラックスすることで、最大限の効果を得ることができ、次回の治療が楽しみになる。

4. 光の距離

光の距離とは、赤色光治療の際に光を体から離す距離のことである。赤色光を体から遠ざけると、2つのことが起こる。 光が広がり、同時により多くの細胞に到達する。 個々の細胞に届く光の量が少なくなる(より多くの細胞に分散されるため)。

体から遠い方がより多くの細胞に光が届くので、1~3フィート離れた場所に光を配置すると、全身の治療に役立つ。ただし、離れた場所では細胞に届く光の量が少なくなるため、体に近い場所で照射した場合と同じ量の光を細胞に届けるためには、治療時間を長くする必要があることを理解しておこう。

この場合、理想的なのは12分ではなく、20~30分かもしれない。 また、膝など体の奥深くにある特定の組織を治療したい場合は、膝の皮膚に直接光を当てる。これにより、集中した光が深く浸透し、膝関節内のすべての組織に届くる。

このように近接して治療する場合、膝の細胞に健康的な量の赤色光を十分に飽和させるためには、より短い時間が必要である。12~15分あれば十分である。 以上で、光の照射位置についての基本的な知識は終わりである。赤色光の投与に関するより専門的な情報をお求めの方は、EndAllDisease.comの私のニュースレターに登録して、無料の「赤色光治療投与ガイド」をお受け取りほしい。

5. セッション時間

セッション時間とは、1回の赤色光治療セッションで光が身体に照射される時間のことである。さまざまな治療時間の実験を通して、私はいくつかの知恵を集めたので、このセクションでご紹介。 様々な症状に対する最適な治療期間を決定するための科学的な試みはなされているが、何も決まっていないことを覚えておくこと。

私はいつも、自分で実験して、異なるセッションの長さがどのように感じられるかを確認することをお勧めしている。 初めての人には、20分から30分程度の全身トリートメントをお勧めする。服を着ていない状態で胎児のように横になり、お腹と胸の中間あたりに光を当てる。できるだけ多くの細胞に照射することが目的である。

この姿勢であれば、上肢、腹部、胸部、上腕部を一度に照射することができるはずである。 足首を痛めたり、体の特定の部位の痛みを治療するためにレッドライトを購入した場合は、1日に2回、全身と痛みや怪我のある部位に直接照射してほしい。 私自身、治療時間を試行錯誤した結果、自分にとって最適と思われる治療時間を絞り込むことができた。

私の場合、横になって20分間の治療を受けるのは長すぎると感じる。15分でもいいのだが、私は12分が理想的だと思っている。それは単に、自分が焦って終了時間を数えるほどではない時間である。 しかし、私の言葉を鵜呑みにしてはいけない。10分、15分、20分、25分……と、いろいろ試してみて、自分に最適な治療時間を見つけてほしい。- 自分に最適な時間を見つけてほしい。スマホでタイマーをセットして、ライトをつけて、あとは横になって楽しむだけである。

6. セッション頻度

セッションの頻度とは、1日に受けるトリートメントの回数のことである。一般的なガイドラインとしては、週に2~20回の赤色光治療セッションが効果的であることが研究で実証されている。

つまり、1日2~3回の治療である。しかし、赤色光治療は非常に安全なので、自分で実験したい場合は、もっと機器を使っても問題ない。 私自身の経験では、1日2回の治療が非常に効果的で、ほとんどの人にとってはそれがベストだろう。

私は、朝一番の治療と夜寝る前の最後の治療をお勧めする。朝の赤色光治療で元気を出して一日の準備をし、夜の赤色光治療でその日に溜まったストレスを解消する。そうすることで、穏やかで深い安眠へと導くことができる。

赤色光は体内の細胞を活性化させるので、治療によって睡眠が妨げられるのではないかという質問を受けることがある。答えは「ノー」で、体内のコルチゾールとアドレナリンのレベルを下げることで、実際に睡眠の質が向上する。

ストレスホルモンが減れば、細胞による効率的なエネルギー生産が促進される。エネルギーが十分に供給された細胞は、リラックスした細胞でもある。寝る前の赤色光治療は、睡眠の質を高める最良の方法のひとつである。 いつものように、自分に最適な治療頻度を見つけるために、ご自身で実験されることをお勧めする。得るものはあっても失うものはないのだから。

良かった記事に「いいね」  していただけると嬉しいです。
今後の記事作成・構成の参考にします。
いいねランキングは こちら

備考
機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、掲載画像、添付リンクは原文と異なることがあります。
翻訳ソフト:DeepL /文字起こし:Otter 
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました