RE: 2021年5月26日までのイエローカードデータ(ワクチン)の緊急速報

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

コロナウイルスワクチンワクチンの安全性
RE: Urgent preliminary report of Yellow Card data up to 26th May 2021

http://medisolve.org/yellowcard_urgentprelimreport.pdf

Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency(医薬品・ヘルスケア製品規制庁)

2021年6月9日

医薬品・ヘルスケア製品規制庁

RE: 2021年5月26日までのイエローカードデータの緊急速報

レイン博士へ

私はEvidence-based Medicine Consultancy LtdおよびEbMC Squared CiCのディレクターとして、2021年5月26日までのイエローカードデータに関する緊急速報をお伝えします。なお、EbMC Squared CiCは、一般市民から委任された研究を行い、一般市民の寄付によって資金を調達するCommunity Interest Companyです。当グループには利益相反はなく、業界から資金提供を受けた業務には従事していません。

MHRAは、イエローカード制度の目的を、「医薬品や医療機器の安全性について、さらなる調査が必要であることを早期に警告すること」と説明しています。さらに、MHRAは、臨床試験で薬が研究される条件は、その薬が導入された後に病院や臨床現場でどのように使用されるかを反映したものではないことを認識しています。つまり、いくつかの副作用は「非常に多くの人が薬を服用するまで見られない可能性がある」ということです。

COVID-19ワクチンは 2020年12月8日に英国でロールアウトされました。2021年5月6日現在、約3,900万人がCOVID-19ワクチンの初回接種を受け、2,400万人が両方の接種を受けています。現在、十分なデータが蓄積され、副反応(ADR)の概要が明らかになっています。そこで、2021年1月4日から 2021年5月26日の間にイエローカードシステムを通じて報告された、コービッド-19ワクチンに起因する死亡およびADRの数が多いことに注目していただきたいと思います。この期間に、合計で1,253件の死亡と888,196件のADR(256,224件の個別報告)が報告されました。

発生した有害事象の性質について臨床的な理解を深め、主に現場の医師に情報を提供するために、病理学に特化したキーワードを用いてイエローカード報告書を検索し、臨床的に関連性のある以下の5つの大まかなカテゴリーに従ってデータを分類しました。

  • A. 出血、血液凝固、虚血性ADR
  • B. 免疫系ADR
  • C. 疼痛」ADR
  • D. 神経系ADR
  • E. 視力、聴力、言語、嗅覚の喪失を伴うADR
  • F. 妊娠に関するADR

各検索を実行した後、結果をExcelのスプレッドシートに入力し、明らかに無関係なADRや重複しているADRを除外しました。これらのスプレッドシートは、今後、イエローカードデータの週次モニタリングに使用されます。今回の予備的なADRの範囲と分析で見落とされたカテゴリー関連のADRを捕捉するためには、キーワードを拡大する必要があることを認識しています。

A. 出血、血液凝固、虚血性副作用(表1)

出血、凝固および虚血性ADRを特定するために、以下の検索用語を使用しました: bleed, haemo*, thrombo*, emboli*, coag*, death, ischaem*, infarct*, angina, stroke, cerebrovascular, CVA.

この検索グループに「死亡」という用語を含めたのは、この用語が具体的な詳細を伴わない多くの報告された死亡事例(438件)を占めていたからである。死因が特定されていない死亡例が多いことから、このように報告されたADR、特に「突然死」は、出血性、血栓塞栓性、または虚血性の事象によるものである可能性が高いと考えました。このADRの重大性を考慮して、これら438名の死因を明らかにするための情報公開請求を待たずに、このような検索を行うことは正当であると考えました。これらの検索語を用いて、13,766件の出血、凝固、虚血性ADRが特定され、そのうち856件が死亡しました。政府の報告書では、脳静脈洞血栓症の発生が強調されており、2021年5月26日までに24名の死亡者と226件のADRが発生したとされています。

しかし、当グループの分析によると、大動脈のような太い血管を含むほぼすべての静脈や動脈、その他、脳、肺、心臓、脾臓、腎臓、卵巣、肝臓などのあらゆる臓器で血栓塞栓症ADRが報告されており、生命を脅かしたり、人生を変えたりする結果となっています。このようなADRの影響を受けたイエローカードのカテゴリーは、神経系(主に脳出血や血栓による死亡者数152名)呼吸器系(主に肺血栓塞栓症による死亡者数103名)心臓系(死亡者数81名)が最も多くなっています。

B. 免疫系有害薬物反応(感染症、炎症、自己免疫、アレルギー)(表2)

免疫系ADRを特定するために、以下のSEARCH TERMSを使用しました。INFECTION(感染症)IMMUNE DISORDERS(免疫疾患)-itis(炎症)。immun, 多発性硬化症, 全身性エリテマトーデス, 筋無力症, 悪性, 糖尿病, アジソン病, クローン病, セリアック病, バセドウ病, 脱毛症, アミロイドーシス, 抗リン脂質, 血管浮腫, ベーチェット病, 天疱瘡, 乾癬, 無形成, サルコイドーシス, 強皮症, 血小板減少症, 白斑, ミラーフィッシャー, ギラン・バレー アレルギー*、蕁麻疹、発疹、湿疹、喘息

5月26日までに、合計54,870件のADRと171名の死亡者がこのカテゴリーに該当し、「出血性、凝固性、虚血性ADR」に次いでワクチン接種後の死亡原因として2番目に多いものでした。しかし、イエローカードの「免疫疾患」カテゴリーで報告された関連死亡事例は4件のみで、大半(19,474件のADRに関連する141件の死亡事例)は「感染症」カテゴリーで報告されています。ワクチン接種後のCOVID感染が報告された1,187名のうち、72名が死亡しました(COVID感染ADR報告数の6%)。

感染症」カテゴリーのADRには、帯状疱疹(1,827ADR)単純疱疹(943ADR、1件の死亡例)狂犬病(1件の死亡例)など、潜伏ウイルスの再活性化を示すものが多くありました。これは、ワクチンによる免疫不全を強く示唆しています。潜伏ウイルスの再活性化に関連するベル麻痺については、本報告書の「神経学的ADR」の項で報告されています(D)。また、ギラン・バレー症候群(ADR 280件、死亡6件)クローン病および非感染性大腸炎(ADR 231件、死亡2件)多発性硬化症(ADR 113件)などの免疫介在性疾患の報告数が多いことも、ワクチンによる免疫不全を示唆しています。

ワクチンに対するアレルギー反応は、25,270件のADRが報告されており、アナフィラキシー反応を経験した1,001名のうち、4名が死亡しています。

C. 「痛み」の薬物有害反応

痛みのADRを特定するために,次の検索語を使用しました:痛み,-algia。

疼痛ADRの総数は少なくとも157,579件(18%)でした。これらの多くは、関節痛(24,902件)および筋肉痛(31,168件)で、全身に痛みを感じる長期疾患である線維筋痛症(270件)も含まれています。先天性疾患(通常、生まれつきの疾患)では、発作性極度疼痛障害(PEPD)が11件報告されています。PEPDは、電圧依存性ナトリウムチャネルの機能障害につながる遺伝子変異によって引き起こされる極めて稀な遺伝性疾患です。痛みの部位は、頭部が最も多く、腹痛、眼痛、胸痛、四肢の痛みなど、痛みが想像できるあらゆる場所が報告されました。頭痛は90,000回以上報告され,4人の死亡に関連していました(頭痛が関与している可能性のある他の原因による死亡を除く)。

D. 神経系有害事象

NERVOUS SYSTEM DISORDERS(カテゴリー)のADRを調査することに加え、以下の検索語句を使用して、特に麻痺、神経変性、痙攣性ADRを含む神経系ADRを特定しました。麻痺)麻痺、麻痺、神経障害、失禁、ギラン・バレー、ミラー・フィッシャー、多発性硬化症;(神経変性)脳症、認知症、運動失調、脊髄性筋萎縮症、せん妄、パーキンソン;(痙攣)痙攣、発作、発作、-レプシー

ADRの21%(185,474件)がイエローカードシステムの「神経系疾患」に分類されました。神経系ADRには、痙攣を伴うADRが1,992件、ベル麻痺を含む何らかの麻痺を伴うADRが2,357件(626件)など、多種多様なものがありました。その他、脳症(18件)認知症(33件)運動失調(34件)脊髄性筋萎縮症(1件)パーキンソン病(18件)せん妄(504件)などのADRは、ワクチン接種後の神経変性疾患を反映している可能性があります。

神経系ADRに関連する死亡例の大半は中枢神経系の出血によるもので、神経系の死亡例として報告された186名のうち127名が死亡しています。この127件はグループA(出血、凝固、虚血性ADR)にカウントされています。

この非常に大きなカテゴリーのADRに関連する罹患率の程度を判断するには、さらなる情報が必要です。イエローカードの全データベースへのアクセス、臨床専門家との協議、およびこれらの報告のフォローアップが緊急に必要です。

E. 視覚、聴覚、言語、嗅覚の喪失を伴う薬物有害反応

我々は以下の検索用語を使用した:音声、味覚、嗅覚、嗅覚、盲目、視覚、視覚、聴覚、聴力。

盲目を含む視覚障害の報告は4,771件、言語障害の報告は130件、味覚障害の報告は4,108件、嗅覚障害の報告は354件、聴覚障害の報告は704件でした。

F. 妊娠中の副反応について

2021年5月26日までの英国では、ワクチン接種を受けた妊娠中の女性がワクチン接種人口に占める割合が小さいことを考えると、母体死亡1件、死産12件(死産6件、胎児死亡6件と報告されているが、致命的(?)と記載されているのは3件のみ)早産による新生児死亡1件、自然流産150件を含む、妊娠ADR(307件)が多く発生しているようです。妊産婦死亡の原因については情報公開請求を行っており、次回のレポートでは、妊娠および先天性ADRについてより詳細に調査する予定です。

本速報の限界

本報告書は包括的なものではなく、イエローカードデータの分析は継続中です。検索用語の定義は繰り返し行われましたが、臨床医や科学者の間で議論するための基礎となることを信じています。異なるワクチン間でADRの頻度を比較したわけではありませんが、ADRは現在英国で使用されている特定のワクチンブランド(AstraZenenca、Pfizer、Moderna)やタイプ(mRNAとDNA)に限定されていないというのが私たちの印象です。英国のADRデータは、世界保健機関のファーマコビジランスデータベース(www.Vigiaccess.org)で報告されたデータを反映しています。後者では、これまでに報告されたADR(941,774件のADRおよび5,474件の死亡)のほとんどが、18~44歳および45~64歳の年齢層で発生しており(それぞれ38%および35%)報告されたADRの大部分(72%)が女性で発生しています。残念ながら、データが入手できないため、英国のイエローカードのデータを年齢と性別に応じて調べることはできませんでした。

私たちは、ファーマコビジランスデータの限界を認識しており、報告された薬物有害反応の情報は、問題となっている医薬品が一般的に観察された効果を引き起こす、あるいは安全に使用できないことを意味すると解釈すべきではないと理解しています。私たちは、完全な調査が行われるまでの間、予防接種の中止につながる情報を伝えることが緊急に必要であるため、この予備的な報告を共有しています。SeneffとNighによる最近の論文(1)によると、潜在的な急性および長期の病態は以下の通りです。

  • 病原性プライミング、多系統の炎症性疾患、自己免疫性
  • アレルギー反応とアナフィラキシー
  • 抗体依存性増強
  • 潜伏ウイルス感染の活性化
  • 神経変性とプリオン病
  • SARSCoV2の新規変異体の出現
  • スパイクタンパク質遺伝子のヒトDNAへの組み込み

イエローカードシステムに報告されたADRの性質と種類は、この論文で述べられた潜在的な病態と一致しており、ワクチンスパイクタンパク質製品を介して引き起こされるワクチン誘発性の有害性に関する他の最近の科学論文でも支持されています(2,3)。現在では、血流中のこれらの製品が人間にとって有害であることが明らかになっています。血栓塞栓症、多系統の炎症性疾患、免疫抑制、自己免疫、アナフィラキシー、抗体依存性増強(ADE)などの有害性を調査するために、独立した安全性分析を実施する間、ワクチン接種プログラムを直ちに停止する必要があります。

今回の速報では、便宜上、すべてのADRの詳細を記載していません。5ヶ月弱の期間をカバーする既存のイエローカードのデータは、COVID-19ワクチンに関連する罹患率および死亡率の範囲が前例のないものであることを示しています。

これらのデータの分析を進めるためには、年齢や性別、ワクチン接種からの期間などのデータが必要であり、この点についてMHRAに情報公開請求(FOIR)を行っています。

 

さらに、発作性極度疼痛障害(PEPD)のような、通常は極めて稀な遺伝性疾患の発生が示唆されているように、新規ワクチンが接種者の間で遺伝子変異を引き起こしている可能性を評価するために、緊急に独立した専門家による評価と議論が必要です。PEPDについては、イエローカードの11件に加えて、WHOのVigiaccess.orgのデータベースに12件、欧州医薬品庁(EUDRA)のファーマコビジランスデータベースに10件の報告があります。これらのADRは、ワクチンを接種した妊婦の赤ちゃんに発生しているのか、あるいはワクチンを接種した成人に偽りなく発生しているのか。この問題には早急な対応が必要です。

ファーマコビジランスデータは大幅に過少報告されていることが知られているので、問題の程度を完全に解明し、明らかにするために、MHRAはこれらのADRデータを緊急に公表し、人々のADR報告を支援することを推奨します。

MHRAは現在、COVID-19ワクチンをヒトへの使用に対して安全でないと宣言するためのイエローカードシステムに関する十分な証拠を持っています。COVID-19ワクチンによって被害を受けた人々を支援するための人道的な取り組みの規模を拡大し、中長期的な影響を予測して改善するための準備を行うべきです。ワクチンによる被害のメカニズムはCOVID-19自体と類似していると思われるため、COVID-19の治療に成功した専門知識を持つ多くの海外の医師や科学者との連携も含まれます。

MHRAが答えなければならない緊急の質問が少なくとも3つあります。

  1. ワクチン接種後28日以内に何人の人が死亡したか?
  2. ワクチン接種後28日以内に何人が入院したか?
  3. ワクチン接種によって何人の人が障害を負ったか?

EbMC Squared CiCは、さらなる分析を支援するために、あなたのサービスを提供します。私たちは、臨床の専門家と協力してイエローカードデータの包括的で独立した正確な評価を可能にするために、直ちにイエローカードのデータベースへの完全なアクセスを要請します。

 

テス・ローリー博士(MBBCh, PhD)

Evidence-based Medicine Consultancy LtdおよびEbMC Squared CiCディレクター

英国、バース

References

1. Seneff S, Nigh G. Worse Than the Disease? Reviewing Some Possible Unintended Consequences of the mRNA Vaccines Against COVID-19. International Journal of Vaccine Theory, Practice, and Research. 2021;2(1):402-43.

2. Kowarz E, Krutzke L, Reis J, Bracharz S, Kochanek S, Marschalek R. “Vaccine-induced covid-19 mimicry” Syndrome: Splica reactions withing the SARS-CoV-2 spike open reading frame result in spike protein varienat that may cause thromboembolic events in patients immunized with vector-based vaccines. Research Square. DOI: https://doi.org/10.21203/rs.3.rs-558954/v1.

3. Ogata AF, Cheng C-A, Desjardins M, Senussi Y, Sherman AC, Powell M, et al. Circulating SARS-CoV-2 vaccine antigen detected in the plasma of mRNA-1273 vaccine recipients. Clinical Infectious Diseases. https://doi.org/10.1093/cid/ciab465.

表1.出血、凝固および虚血性医薬品副作用(2021年5月26日まで 18週)

表2.免疫系薬物有害反応(2021年5月26日まで 18週)

  • 翻訳ソフトDeepLを使っています。 https://www.deepl.com/
  • 機械翻訳による誤訳、文章省略の可能性があります。原文、引用先を参照してください。
  • 下線、太字強調は、管理人によるものです。(例外あり)
Alzhacker