グローバルリサーチ食糧危機

ヨーロッパではすでに配給制が始まっており、地球全体が恐ろしい経済的悪夢に陥っている
Rationing Has Already Started In Europe As The Entire Globe Plunges Into A Horrific Economic Nightmare

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

www.globalresearch.ca/rationing-already-started-europe-entire-globe-plunges-horrific-economic-nightmare/5785238

theeconomiccollapseblog.com/rationing-has-already-started-in-europe-as-the-entire-globe-plunges-into-a-horrific-economic-nightmare/

マイケル・スナイダー著

グローバル・リサーチ社 2022年7月1日

経済崩壊 2022年6月29日

欧州の国々がすでに「供給問題」を理由に特定のものの配給を始めているとしたら、米国でそれが始まるのはいつになるのだろうか。 この2,3年まで、われわれ西側諸国の人々は、食料不足は地球の裏側にある「素朴な」貧しい国だけが直面する問題だと考えてきた。 しかし、この2,3年で、欧米の裕福な国々にもつらい供給不足が起こりうることが明らかになった。 最初は「一時的なものだ」と言われたが、月日が経つにつれ、さらに不足が続くばかりである。 実際 2022年には「供給問題」が深刻化し、ヨーロッパの多くのスーパーマーケットでは、様々な場面で必需品の厳しい配給を余儀なくされた。 例えば、ウクライナ戦争の影響で、ギリシャの店舗では小麦粉、ひまわり油、砂糖がすべて配給制になったと報道されていたが。..。

ギリシャのスーパーマーケットでは、一部の小麦粉とヒマワリ油をネットで販売制限した後、今度は砂糖も供給問題を理由に店内を含めて販売制限に転じているそうだ。

AB Vassilopoulosは、顧客一人当たりの全ブランドのコーン油、ヒマワリ油、小麦粉の購入に上限を設け、Mymarketはヒマワリ油の購入に上限を設け、Sklavenitisは、オンラインストアでのコーン油の販売制限に砂糖を加え、最大4パックとし、レストランからの需要の高い製品で、中にはフライドポテトや他の揚げ物を販売停止しなければならないとするところもあるようだ。

この数カ月、ヨーロッパの他の主要国でも同様の措置が実施されているのを目にした。 例えば、ウクライナ戦争の影響で、スペインではかなり厳しい配給が行われたとか。..。

スペインでもウクライナ戦争が始まってから、卵や牛乳などの乳製品が散発的に品薄になった。そして、メルカドーナやマクロなどの大手スーパーでは、今月初めからひまわり油の配給が始まった。

さて、水曜日に発行された官報の情報によると、店舗は一時的に「顧客が購入できる商品の数」を制限することが許されることになった。

今後、ヨーロッパで多くの人が話題にするのは、天然ガスの配給制である。 ロシアの天然ガスがヨーロッパに流入するのを控えているため、イタリアでは近いうちに配給制になる可能性があるようだ。..。

米軍の膨大な軍事費、対露戦争の奈落に引きずり込まれるEU。イタリアは戦争に巻き込まれない!?

ロシアのガスプロムが金曜日に供給を半減させたことで、イタリアは特定の工業大手に天然ガスの消費配給を開始する可能性がある。

週末、コリエレ・デラ・セラ紙は、イタリア政府とエネルギー産業が火曜日と水曜日にこの危機について協議し、その結果、同国のガス緊急プロトコルに基づいて警戒態勢が導入される可能性が高いと報じた。

また、CNNは、ロシアがドイツへの天然ガスの供給を減らすことを決定したため、ドイツは「配給制に一歩近づいた」と報じている。..

ヨーロッパ最大の経済大国であるドイツは、公式に天然ガス不足に陥っており、ロシアが供給を停止したため、供給を維持するための危機管理計画をエスカレートさせている。

ドイツは木曜日、3段階のガス緊急供給プログラムの第2段階を開始し、産業界への供給配給に一歩近づいた-この措置は、ドイツ経済の製造業の中心部に大きな打撃を与えることになる。

もちろん、世界の他の地域でも、ヨーロッパが今直面している問題よりもはるかに、はるかに深刻な問題に取り組んでいるところはある。

今週初めに掲載した記事で述べたように、アフリカ東部の一部では、かなりの数の人々が文字通り餓死し始めている。 世界の食糧供給は逼迫するばかりで、国連のトップは公然と「前例のない世界飢餓の危機」に向かっていると語っている。

だから、もしあなたが今夜食べるものがたくさんあるのなら、感謝しなければならない。

ここアメリカでは、経済状況はかなり急速に悪化しており、ほとんどのアメリカ人は、大規模な経済不況に対してまったく、何の準備もしていない。 今日もまた、アメリカ人の約60%が、給料日前の生活を送っているという調査結果を目にした。..。

年間10万ドル以上の収入を持つ人を含む、すべての所得階層に属する消費者が、給料日前の生活を送っていることがわかった。PYMNTSの調査によると 2022年4月に米国の消費者の61%が給料日前の生活を送っており 2021年4月の52%から9ポイント上昇した。”これは、米国の消費者の約5人に3人が給料のほぼすべてを支出に充て、月末にはほとんど何も残らないということを意味している。

では、その人たちが大量に職を失い始めたらどうなるのだろうか?

すでに、ここ数カ月で技術系のレイオフが大幅に加速しているのを目にした。

悲しいことに、解雇は今後数カ月でもっとひどくなるだろう。

そして、インフレが我々の生活水準を計画的に蝕み続けているため、アメリカ人は記録的なペースでクレジットカードに手を出している。..。

過去40年間で最も高いインフレに見舞われる中、多くのアメリカ人が物価高に対応するためにクレジットカードに頼るようになり、クレジットカードの新規発行枚数が急増している。連邦準備制度理事会の最近の報告によると、リボルビング・クレジット(クレジットカードとクレジットライン)は前年比19.6%増の1兆1030億ドルに達している。

クレジットカードで借金をすることは、解決策にはならない。

せいぜい、少し時間を稼ぐことができる程度だ。

そして、不況に突入している今、クレジットカードで借金をするのは特に良くない。

この時点で、ほぼ全員が事態が悪化することを認識している。 最近のある世論調査によると、なんと全アメリカ人の85%が、米国は「間違った方向に進んでいる」と考えている。..。

この国民的不満は超党派的である。85%というほとんどのアメリカ人が、この国は間違った方向に向かっていると言っている。共和党の過半数は、バイデン氏の当選以来、国の方向性に不満を抱いている。民主党は、これまで事態の推移を肯定的にとらえていたが、いまや78%が「国の方向性は間違っている」と答えている。

民主党員の78%が、民主党がホワイトハウスにいることで米国は間違った方向に向かっていると考えていることに私は驚いた。

このような数字は、これまで見たことがない。

しかし、これは、時間が遅くなり、物事が本当におかしくなり始めていることを示すものでしかない。

今のところ、西側諸国ではまだ少なくともいくらかは普通の生活が送れている。

悲しいかな、この状態が長く続くことはないだろうから、時間を賢く使うことをお勧めする。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker
タイトルとURLをコピーしました