3. 社会問題/ウクライナ-ロシア戦争

プーチンのロシア国民への演説 「平和的共存の希望を捨てる」?
Putin’s Address to the Russian People, September 21, 2022

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

ポール・クレイグ・ロバーツ博士と ウラジミール・プーチン大統領によって

グローバルリサーチ、2022年9月27日

PCR Institute for Political Economy 2022年9月24日

ポール・クレイグ・ロバーツによる紹介

西側メディアはプロパガンダ省の嘘つきの集まりであり、そのいわゆる「ロシア専門家」はほとんどがアメリカの軍事/安全保障複合体からの助成金で活動しているロシア恐怖症である。

その結果、欧米人は、ウクライナ紛争がどのように発生し、欧米の関与と異常な挑発行為が、ロシア指導者に「欧米の目的はロシアを破壊することだ」という確信を抱かせたのか、正しく理解できていないのだ。

この確信が固まるにつれ、ロシア指導部は西側諸国との平和共存の希望を捨て、戦争への準備を進めている。

プーチンはこの演説で、ロシア国民が厳しい現実に備えることを始めた。 プーチンは厳しい現実が嫌いで、挑発や損傷を無視することでそれを避けるために最善を尽くしたが、プーチンが言うように、「西側はあらゆる一線を越えてきた」ので不可能になった。

西側とはもちろんワシントンのことであり、他の西側諸国はワシントンに報告するのだと、私はアメリカの国防次官補(国際安全保障問題担当)から教わった。「どうやって他国を思い通りにするのか」と尋ねると、「金だ」と彼は答えた。と聞くと、「金だ」と言う。「対外援助か?」「いや、指導者に大金を与え、指導者は私たちに報告し、私たちは指導者を所有する」と言う。

つまり、イギリス、ドイツ、フランスなどには、世界覇権を狙うワシントンをいさめる独立した西側の声がない。「何をやっているのか分かっているのか」と言う人もいないのだ。

米国がロシアを強く押し出しすぎているとワシントンに警告する者はいない。自分たちのプロパガンダを信じることを警告する者もいない。その結果、ワシントンはロシアの指導者を融和モードから紛争準備モードへと追いやった。

このことは、新保守主義者の一国主義がいかに危険であるかを明確に示している。ワシントンに言い返す者は、ワシントンが選んだ敵以外にいない。彼らの言葉は、もし報道されるとしても、脅威と紛争の原因となっているのはロシアと中国であって、ワシントンではないというプロパガンダ路線に従って常に文脈から外れて報道される。

タス通信やロシア大統領府がより良い翻訳を提供して くれるかもしれないが、ロシアの悪意という西側諸国のプロパガンダを支持する形で西側報道機関によって誤情報された状況をロシア指導部がどう見ているかを知るには、彼の翻訳で十分であろう。

実は、問題はワシントンの邪心なのだ。

軍事史家は、いったん動員が始まれば戦争が起こることを理解している。 プーチンは 、完全動員ではなく限定動員を命じることによって、この不可逆的な道を避けようとしている。これは、ロシア連邦に再統合される4つの解放地域の国連憲章に基づく自決とともに、西側がロシア領土への直接軍事攻撃を支持しない限り戦争を続けることはできないと確信させることを期待しているのだ。

私は8年前から、ワシントンはその傲慢さにもかかわらず、優れたロシア軍と戦争を始めるまでには至らないだろうと書いてきた。これは2014年の時点でもそうだった。今日もそうであることを願う。

プーチンがロシア国民に向けた最後の言葉を、西側諸国の報道関係者から聞くことはないだろう。 プーチンは 、バカな西側に、ワシントンが覇権の要求をあきらめない限り、西側の存続はありえないことを通告した。

「世界征服をたくらむ者たち、わが祖国を解体し奴隷にしようとする者たちを阻止することは、わが歴史的伝統であり、わが民族の宿命である。私たちは今、それを実行する」

ポール・クレイグ・ロバーツ博士

***

プーチン大統領によるロシア国民への演説

ロシア大統領 ウラジーミル・プーチン みなさん

私の講演のテーマは、ドンバス地方の情勢と、2014年にウクライナで武装クーデターにより政権を掌握したネオナチ政権から解放するための特別軍事作戦の経過についてです。

私は今日、わが国のすべての国民、さまざまな世代、年齢、国籍の人々、偉大な祖国の人々、偉大な歴史的ロシアによって結ばれているすべての人々、現在最前線で戦い、戦闘任務についている兵士や士官、ボランティア、私たちの兄弟姉妹-ドネツクおよびルガンスク人民共和国、ケルソンおよびザポロジェ地域、その他ネオナチ政権から解放された地域の住民に呼びかけるものですです。

動画

私たちは、ロシアの主権、安全、領土の一体性を守るために必要かつ緊急の措置について、自分たちの将来を決定する同胞の願望と意志を支援することについて、また、西側エリートの一部が、その支配を維持するためにあらゆる力を尽くそうとしており、そのために、他の国や民族に無礼にも彼らの意志を押し付け続けるために、あらゆる主権独立発展の拠点を阻止し抑制しようとしている攻撃的政策について話すつもりです。

この西側の目的は、わが国を弱体化させ、分裂させ、最終的には破壊することです。彼らはすでに、1991年にソビエト連邦を分裂させることができたが、今度はロシア自身が、多くの致命的な戦争地域や地方に崩壊しなければならない時が来たと、直接的に言っているのですです。

そして、彼らは長い間、そのような計画を練ってきました。。彼らは、コーカサスで国際テロリストのギャングを奨励し、国境近くでNATOの攻撃的なインフラを推進しました。彼らは完全なロシア恐怖症を武器にしました。何十年も意図的にロシアへの憎悪を育ててきた。主にウクライナで反ロシアの橋頭堡の運命を準備していました。ウクライナの人々自身を大砲の餌に変えて 我が国との戦争に追い込んだ2014年に戻ってこの戦争を解き放ち 民間人に対して武力行使し 大量虐殺を組織しました。封鎖、テロ、ウクライナに生じた権力の承認がクーデターであることを拒否した人に対しです。

そして、現キエフ政権が実際にドンバス問題の平和的解決を公に放棄し、さらに、核兵器の保有を宣言した後、新たな、次の、2回前と同様にドンバスでの大規模攻勢が避けられないことが絶対に明らかになりました。そして、同じように必然的に、ロシアのクリミアへの攻撃、つまりロシアへの攻撃が行われることになります。

この点で、先制的な軍事作戦の決定は絶対に必要であり、唯一可能なものでありました。ドンバス全領土の解放という主な目標は、これまでも、そしてこれからも変わることはありません。

ルガンスク人民共和国は、すでにネオナチがほぼ一掃された。ドネツク人民共和国での戦闘は続いています。ここでは、8年の間に、キエフ占領政権は長期的な要塞を深く重ねたラインを作り上げた。そのため、私たちの部隊やドンバス共和国の軍隊は、組織的に、有能に行動し、装備を使用し、人員を保護し、一歩一歩ドネツクの土地を解放し、市や町をネオナチから取り除き、キエフ政権が人質や人間の盾にした人々に援助を提供しています。

ご存じのように、特殊な軍事作戦には、契約によるプロの軍人が参加します。それとともに、義勇軍も肩を並べて戦う。国籍も職業も年齢も異なる人たちが、真の愛国者なのですです。国籍も職業も年齢も違う人たちが、真の愛国者であり、心の叫びによって、ロシアとドンバスを守るために立ち上がりました。

この点で、私はすでに政府と国防省に対し、ドネツクおよびルガンスク人民共和国の部隊の戦闘員と同様に、志願兵の法的地位を完全かつ可能な限り早く決定するよう指示しました。それは、物資、医療支援、社会的保証を含め、ロシア軍の職業軍人のものと同じであるべきです。特に、ドンバス人民民兵の志願兵団や分遣隊に装備品を供給する組織には、注意を払う必要があります。

ドンバス防衛の主要課題を解決する過程で、わが軍は、国防省と参謀本部の一般行動戦略に関する計画と決定に基づき、ケルソンとザポリージャ地方の重要な地域と、その他の多くの地域をネオナチから解放しました。その結果、1,000キロメートル以上にわたる長い戦闘線が形成されました。

今日初めて公の場で何を言いたいか。イスタンブールでの会談を含む特別軍事作戦の開始後、すでにキエフの代表者は私たちの提案に非常に積極的に反応し、これらの提案は主にロシアの安全と私たちの利益を確保することに関係していました。しかし、平和的解決策が西側諸国の意にそぐわないことは明らかであり、したがって、一定の妥協に達した後、キエフは実際にはすべての合意を破棄するよう直接指示されました。

ウクライナには、さらに多くの武器が投入され始めました。キエフ政権は、外国人傭兵と民族主義者の新しいギャング、NATOの基準に従って訓練され、西側アドバイザーの事実上の指揮下にある軍事部隊を解き放ちました。

同時に、2014年の武装クーデター直後に確立された、自国民に対するウクライナ全土の抑圧体制は、最も厳しい形で強化された。脅迫、テロ、暴力の政策は、ますます大規模で恐ろしい、野蛮な形態をとっています。

ネオナチから解放された地域、それは主にノヴォロシヤの歴史的土地に住む大多数の人々が、ネオナチ政権のくびきの下に置かれることを望んでいないことを私たちは知っていることを強調したい。ザポロージエ、ケルソン地域、ルガンスク、ドネツクでは、ハリコフ地域の占領地域でネオナチが行った残虐行為を見聞きしています。バンデライトとナチスの懲罰者の後継者たちは、人々を殺し、拷問し、刑務所に放り込み、決着をつけ、民間人を虐殺し、拷問しています。

ドネツク、ルガンスク両人民共和国、ザポロージエ、ケルソンの各州には、敵対行為勃発以前から750万人以上の人々が暮らしていました。その多くが難民となり、故郷を離れることを余儀なくされました。そして、残った人々(約500万人)は、現在、ネオナチ過激派による絶え間ない砲撃とロケット砲撃にさらされています。彼らは病院や学校を攻撃し、民間人に対するテロ行為を手配しています。

私たちは、身近な人々を死刑執行人の苦痛にさらすことはできませんし、そのような道徳的権利もありません。私たちは、自分たちの運命を自分たちで決めたいという彼らの切なる願いに応えるしかありません。ドンバス人民共和国の議会、およびケルソンとザポリージアの軍民行政機関は、これらの領土の将来について住民投票を行うことを決定し、そのような措置を支援するよう、私たち、ロシアに要請しました。

国民投票を実施するための安全な条件を確保し、人々が意思を表明できるよう、私たちはできる限りの努力をすることを強調したいと思います。そして、ドネツク、ルガンスク人民共和国、ザポリツィヤ、ケルソンの各州の住民の大多数が行う、私たちの未来に関する決定を支持します。

親愛なるみなさん!

今日、わが軍隊は、すでに述べたように、1000キロを超える戦闘線上で活動し、ネオナチの組織だけでなく、実際には西側集団の全軍事機構に抵抗しています。

このような状況において、私は次のような決定を下す必要があると考えています。それは、私たちが直面している脅威に対して十分に適切なものです。すなわち、祖国とその主権および領土の一体性を守り、私たちの国民と解放地域の人々の安全を確保するために、ロシア連邦で部分的な動員を行うという国防省および参謀本部の提案を支持する必要があると考えています。

繰り返しになりますが、部分動員の話です。つまり、現在予備役である国民、とりわけ軍隊に所属し、一定の軍事的特技や関連する経験を持つ国民だけが、兵役のための徴兵の対象となります。

部隊に送られる前に兵役に召集された者は、必然的に特別軍事作戦の経験を考慮した追加軍事訓練を受けることになります。

部分動員に関する政令に署名しました。

この法律に基づき、連邦議会の各会派(連邦議会と州議会)には、本日中に正式に書簡で通知される予定です。

動員措置は本日9月21日より開始します。私は各地域の長に対し、軍事委員会の活動に必要なあらゆる支援を提供するよう指示します。

私は、動員によって兵役に召集されたロシア国民は、契約に基づいて兵役に就く軍人の地位、支払い、すべての社会的保証を受けることを強調します。

部分的動員に関する行政命令では、国家防衛令を実施するための追加措置も規定されていることを付記しておきます。防衛産業企業の責任者は、武器と軍事装備の増産と追加生産設備の配備という課題の解決に直接の責任を負う。それに伴い、防衛産業企業の物質的、資源的、財政的支援に関するすべての問題は、政府によって直ちに解決されるべきです。

親愛なるみなさん!

攻撃的な反ロシア政策において、西側諸国はあらゆる一線を越えています。私たちは常に、わが国とわが国民に対する脅威を耳にしています。西側諸国の一部の無責任な政治家は、ウクライナに長距離攻撃兵器を供給する計画について話しています。

西側諸国の武器を使ったものも含め、こうしたテロ攻撃は、すでにベルゴロドやクルスク地方の国境集落で実施されています。NATOは、最新のシステム、航空機、船舶、衛星、戦略的ドローンを使って、リアルタイムでロシア南部全域の偵察を実施しています。

ワシントン、ロンドン、ブリュッセルは、キエフに軍事作戦をわが国の領土に移すよう直接働きかけています。彼らは、もはやその意図を隠すことなく、すべてのロシアの主権を失い、わが国を完全に略奪し、ロシアの政治的、経済的、文化的存在を破壊することにつながる戦場で、ロシアを何としても敗北させなければならないと述べています。

核の恐喝も行われています。私たちは、西側が奨励したザポリジャー原子力発電所への砲撃についてだけでなく、原子の大惨事を脅かすような、NATO主要国の一部の高官代表による、ロシアに対する大量破壊兵器-核兵器の使用の可能性と容認についての発言についても話しています。

ロシアについてこのような発言をすることを許している人たちに、私は、わが国もさまざまな破壊手段を持っており、ある構成要素ではNATO諸国のものよりも近代的であることを思い出してもらいたい。そして、わが国の領土保全が脅かされたとき、わが国は確かに、ロシアとわが国民を守るために、自由に使えるすべての手段を用いるでしょう。ハッタリではありません。

ロシア国民は、祖国の領土保全、独立と自由が、あらゆる手段によって確保されることを確信できます。そして、核兵器で私たちを脅迫しようとする者たちは、同じことが自分たちにも起こりうることを知るべきです。

世界征服をたくらむ者、わが祖国を解体し奴隷にしようとする者を阻止することは、わが歴史的伝統であり、わが民族の宿命です。私たちは今、それを実行します。

皆さんの応援を信じます。

ドネツク、ルガンスク、ケルソン、ザポロジエのロシア解放区の歴史

現在、ロシアとの統一をめぐる自決投票が行われているドネツク、ルガンスク、ケルソン、ザポロジェの4地域の歴史を紹介します。1700年代のキャサリン大帝の時代からロシア領だったこれらの地域は、ウクライナのネオナチによって住民が大きな被害を被ってきました。

出典:en.kremlin.ru

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました