ワクチンワクチンの安全性・有害事象ワクチン倫理・義務化・犯罪・スティグマ

ニコライ・ペトロフスキー教授によるmRNA技術に関する公開討論会

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

Public Discussion with Professor Nikolai Petrovsky on MRNA Technology.

ニコライ・ペトロフスキー教授(Nikolai Petrovsky) 0:00

やってみてください。私はこのように聴衆に向かって話すことに慣れていません。普段、私の後ろにはが置いてあります。ですから、もし私が少し迷っているとしたら、それは私のプロンプトがすべて上にあるからだと思います。そこで、まずは自分の葛藤を宣言することにしました。私はワクチンの開発者ですが、そのワクチンは海外での臨床開発を余儀なくされたため、残念ながら海外での臨床開発を完了しました。そして、つい1週間ほど前に、よりによってイランで承認され、展開されることになりました。私たちは、当然のことながら、そこから世界の他の多くの国で展開されることを期待しています。しかし、これが最大の疑問点です。というのも、私たちは油を注いでいないし、キャンベラの特定の人々に十分な料金を支払っていないので、私たちのワクチンが確実にサポートされるとは限らないからです。ですから、私は紛争として宣言するかもしれませんが、紛争として宣言すべきなのは、月曜日にフーリンダース・メディカル・センターでの私の役割を市民的に果たすことができないということです。

さて、ここからが本当に複雑なのですが、私はワクチン開発者として、20年間、このような状況や、パンデミックだけでなく他の状況のためのワクチンを開発するために毎日仕事をしてきました。幸いなことに、この20年間、米国政府からは明確な支援を受けてきました。米国国立衛生研究所はもちろんのこと、私たちの研究のすべてに資金を提供してくれましたが、オーストラリア政府からはそうではありませんでした。

しかし、私はワクチンに情熱を持っていますので、ワクチン開発者として、この18ヶ月間に起こったことに十分な自信を持てないと言わなければならないのは辛いことです。世界のワクチン開発者の中で、今、非常に不安を感じているのは私だけではないでしょう。誤解される可能性があるので、とても言いづらいことですが、これは事実です。私たちは、まだ初期段階にある非常に新しい技術を持っています。それは、mRNAワクチンと、ウイルスベクターを使用するアデノワクチンです。

通常のプロセスを経ているということは、どの程度の信頼性があるのでしょうか。通常は10年から15年の間、数千人の人々を対象とした厳格な試験が行われますが、その数千人の人々はリスクを受け入れます。そして、5-10年の間、15年間の追跡調査を行います。そして彼らが生き残り、ひどい出来事がなければ、規制当局はすべてのデータを見て、製品を承認します。しかし、今回のような事態は初めてのことです。だからこそ、私たちは腰を据えて、このワクチンを受ける人は全員、臨床試験のようにインフォームド・コンセントに署名すべきではないかと言わなければならないのです。私の個人的な見解としては、まず害を与えないこと、そしてインフォームド・コンセントの原則に従うことです。私たちにはニュルンベルク綱領があります。

つまり、ナチスはインフォームド・コンセントを取らなかったのです。その結果、戦後、多くのナチス関係者が戦争犯罪で処刑されました。このような状況では、物事を加速させて非常に迅速にワクチンを開発することができますが、それはまだ不確実性があるため、人々に正直な真実を伝えなければなりません。

私は、10年後にmRNAワクチンに確かな効果があるかどうかは、誰にも言えません。それができないのに、そのような不確実性の高いものを義務付けることができるでしょうか。それにはインフォームド・コンセントが必要です。つまり、強制ではなく、インフォームド・コンセント形式にして、ワクチンを受ける人がすべての情報を得て、強制ではなく自分の自由意志で、このワクチンを受けることに署名・同意するようにすべきです。

例えば、実験をさせられた囚人のように、あなたは情報を与えられない状況に置かれています。そして、あなたがやりたくないことを強制的にやらせようとしているのです。医者としては、どこかに行って誰かを傷つけるようなことはしたくありません。ドイツの医者も同じように、体としては誰もが彼らの行ったところには行かなかったのではないでしょうか?

国が何かをしろと言ったからといって、それが正しいとは限りません。私たちはそのことに疑問を持つ必要があると思います。ですから、複雑な状況ではありますが、私はワクチンに賛成です。しかし、最終的には、このような状況では、インフォームド・コンセントを得た上で接種しなければならないと思います。

私の考えでは、長期的な結果やリスクがどんなに小さくてもわからない、まだ実験的なものを強制することはできません。なぜなら、臨床試験でインフォームド・コンセントに署名するとき、私たちは自分たちがやろうとしていることが人を殺すことになるとは考えていないからです。

しかし、私たちは、あなたに与えるものがあなたを殺すかもしれないという可能性を言わなければなりません。それがインフォームド・コンセントの原則であり、リスクは重要ではなく、臨床試験では100万分の1のリスクかもしれませんが、それでも私たちはそれを白黒つけなければなりません。

実際、よく太字にしてくれと言われますが、「これは死ぬかもしれない」と強調すると、「でもこれは本当に無害な治療法なんだよ」と言われます。インフォームド・コンセントの原則に従わず、インフォームド・コンセントがないのに、実際にはこれを義務づけているという状況に、私はちょっとしたスキャンダルを感じています。

 

さて、私はワクチンについてどう感じているのでしょうか?蛋白質ベースのワクチンは50年前から存在しており、子供たちが生まれてから受けるワクチンはすべて蛋白質ベースのワクチンです。

もちろん、COVIDは新しいタンパク質ですが、その特性や挙動は共通していますよね。COVIDは、私たちが子供たちに接種する安全なワクチンと同じ方法で作られており、その安全性は信じられないほど実証されています。COVIDに効果があるように特別に改良したとはいえ、50年に渡る何百億人もの幼い子供たちの経験から、タンパク質ベースのワクチンが最高のワクチンであると言えるのですが、それでも副作用がないとは言い切れません。

どんな治療法にも、どんなワクチンにも副作用があるからです。しかし、その副作用は数値化されています。私たちは、人々に「これがリスクです。そして、その副作用が出る確率はこのようになっています。しかし、データのない新しいワクチンでは、そのようなことは言えません。

ですから、もしタンパク質ベースのワクチンを作るとしたら、私のワクチンである必要はないと思います。NovavaxでもSanofiでも誰でもいいのです。そうなれば、文脈は全く異なるものになると思います。しかし、ここでは誰もが何かを選択することを強いられ、実際には多くのことがわかっていません。

なぜmRNAが心筋炎を起こしているのか、私が会った世界中の科学者の誰もが説明できません。わからりませんが 副作用を起こしていることはわかっています。どうやって副作用を起こしているのかがわからない。他には何がある?

私たちの多くは、今後5年から10年の間にmRNAが承認されるとは思っていませんでした。地球上のすべての人がmRNAを接種することを義務づけられるとは思っていませんでした。 私が言うように、業界の人間は、この出来事の速さと、ほとんどの人がまだ実験的な治療法だと考えているものを、すべての人に服用させようとするキャンペーンの積極性に、本当にショックを受けています。

そして、その実験の最終的な結果はわかりません。ですから、私が言うように、このことを受け止めてください。私は人々にショックを与えたくありません。このパンデミックのためには、戦略の一環としてワクチンが必要なのは確かです。しかし、まずは慎重に、害を及ぼさないようにしなければなりません。特に、人々が選択権を持たず、インフォームド・コンセントを得ていない現状では、そのことに自信を持てるかどうかわかりません。現代の民主主義の原則は、常にインフォームド・コンセントを得ることです。それがここでは実現していないのです。

それでは、何か質問があればどうぞ。T GIMPポイントの経験がありますよね?

ええ、そうです。写真を指してください。申し訳ありませんが、そのようなことはありません、もしよろしければ、ああ、そうですか。はい、チャンピオン高松です。それで、その後ろにあるのが、ありがとうございます。

質問者 11:41

~聞き取り不可~

ペトロフスキー教授 12:12

安全性と有効性のデータを収集するためのタイムフレームがあるということですね?その答えは「ある」です。最終的なタイムラインはありませんが、長ければ長いほど良いでしょう。そして、データを集め続ける必要があります。去年の5月から6月にかけて、最初の数人の人間にワクチンを投与しました。私はどんなワクチンでも最初に受け取ることにしています。私は、自分が受けない限り、誰かに何かを与えることはないということを秘密にしたことはありません。もう1年以上、1年半も前のことです。現在もデータを収集しています。

しかし、先に述べたように、私たちは全く同じ方法で作られたインフルエンザワクチンの経験を持っています。同じ材料、同じ技術で作ったものを提供しました。2009年というと12年前ですが、ちょうど1週間前に 2009年に豚インフルエンザが大パンデミックしたときにこの研究に参加した人からメールが届きました。研究に参加するまでは、私はいつも咳や風邪をひいていたので、他の人からそのような報告を受けたことはありますか?

さて、これは逸話です。私たちは、試験に参加した人たちをいつまでも追跡調査しているということ以外は、この話から何かを感じ取ってほしいとは思いません。繰り返しになりますが、ここで重要なのは、人類の歴史上、去年の半ばまで10人や20人以上の大量の人間に投与されたことのないmRNAのプラットフォームの経験に頼っているということです。

一方、タンパク質ベースのワクチンはというと、過去50年の間に何十億人もの人々が接種しています。実際、この部屋にいる全員がタンパク質ベースのワクチンを接種したことがあると思いますが、全員がまだここにいて機能しています。このことは、タンパク質ベースのワクチンの安全性について何かを物語っているのではないでしょうか。

質問者 14:39

基本的には、体の中のタンパク質のようなもので、プロバックス・ライトエイドという言葉がありますが、スパイクタンパク質もあります。そのスパイクタンパクが原因にならないようにするにはどうしたらいいのか、コロナウイルスはしばらくの間、ワクチンを作ることになるでしょう。

ペトロフスキー教授 15:04

ご覧ください。まず2つ目の質問ですが、これまでコロナウイルスのワクチンは成功していないということです。実際、少なくとも動物モデルでは、SARSコロナウイルスのワクチンに成功し、発表しています。また、MERSコロナウイルスワクチンも成功しており、ラクダやアルパカをMERSから守ることができましたので、人間でのテストは行われませんでした。

しかし、大動物でも高い防御力を発揮したのです。しかし、幸いなことに、これらの問題はいずれも人間用のワクチンを必要とするものではありませんでした。また、タッチウッドは、もし人間用のワクチンが開発されたとしても、数週間後にはSARSやMERSのワクチンが完成するでしょう。

さて、スパイクタンパクの問題ですが、多くの人がこれについて混乱しています。スパイクタンパク質とは、ウイルスが鼻の中の細胞に付着し、その細胞に侵入して感染するために使用する、ウイルスから突出したタンパク質のことです。ですから、ウイルスをブロックして感染を防ぐために、すべてのワクチンは基本的にスパイクタンパクを何らかの方法で標的にして、スパイクタンパクを認識する抗体(血液中のタンパク質)を誘導する必要があります。

そのため、ウイルスが鼻に入ってくると、すぐにこの抗体がスパイクタンパクに取り付き、実際にスパイクタンパクが自分自身に結合するのを阻止します。そして、ウイルスは胃に流され、酸で殺されます。そして、私たちは感染せず、病気にもなりません。

スパイクタンパク質はCOVIDのすべてのワクチンに不可欠であり、SARSワクチンにもMERSワクチンにも不可欠でした。スパイクプロテインがタンパク質として有害であるという証拠はありません。私自身、長年にわたってスパイクタンパクを大量に注射してきましたからね。それ自体は有害ではありません。

違うのは、遺伝子ワクチンの場合です。アデノウイルスであれ、mRNAであれ、スパイクタンパクを作るように自分の細胞を内部で再プログラムするのです。

スパイクタンパクを注射すると、それは卵白のような不活性タンパク質で、注射しても基本的には何の効果もありません。これらの新しいワクチンとの違いは、新しい遺伝子を体内の細胞に入れることで初めて効果を発揮するということです。これが遺伝子ワクチンと呼ばれる所以です。

そして、その遺伝子が細胞内に入るとスイッチが入り、細胞は他のタンパク質を作る代わりにスパイクタンパク質を作るようになります。スパイクタンパク質に対する抗体を作るという同じことをしようとしているにもかかわらず、スパイクタンパク質をタンパク質として注射することはありません。

しかし、その違いは非常に大きいのです。信じてほしいのですが、細胞内でスパイクタンパクを作るものがあるのと、細胞外でスパイクタンパクを注入するのとでは、まさに隔世の感があります。

質問者 18:56

SARS cov.2のウイルスは分離されていないと聞きました。2のウイルスは分離されていないと聞きました。もしそうだとしたら、それについてコメントしていただけますか?もしそうだとしたら、ウイルスなしでどうやってワクチンを作ることができるのでしょうか?また、分離されていないウイルスをPCR検査でどうやって検出するのでしょうか?

ペトロフスキー教授 19:15

さて、ウイルスは分離されました。世界中のすべての研究室で、今までに行われてきたことと同じように。というのも、中国が発表した遺伝子配列によると、当時、オーストラリアにはウイルスが存在しなかったからです。なぜなら、オーストラリアには、私が共同研究しているシドニーのBSL施設のような適切なバイオセキュリティの施設がないからです。彼らは、オーストラリアに入国する各人からウイルスを培養します。つまり、ウイルスは実在するのです。そして、その影響は本物です。

幸いなことに、若い人の場合、ウイルスの致死率はそれほど高くありませんが、高齢者や慢性疾患のある人、糖尿病の人の場合は、特に他の合併症がある場合は、死亡率が約20%になります。80歳以上の人は、死亡率が20%で、私たちの老人ホームに入ると、5人に1人が数週間で亡くなります。ビクトリア州では、2つまたは3つの老人ホームから約1000人の感染者が出たそうです。

つまり、このウイルスは本当に厄介なウイルスなのです。警戒すべきだとは思いません。しかし、特定のグループを襲います。ワクチンを義務化し、60歳以上の人には遺伝子ワクチンを接種すると言っても、リスクベネフィットがあると言うかもしれません。彼らは高齢ですから、もし30年後にがんになったとしても、それは問題ではありません。

しかし、5分の1の確率でウイルスに感染して死ぬのを防げるのなら、素晴らしいことです。私はそのことを問題ないと正当化することができます。自分の子供に全く同じワクチンを打つことを正当化できますか?20-30年後にどのような影響があるかわからないので、絶対に無理です。そうです。

つまり、私が言いたいのは、これらのワクチンやジェネリック・ワクチンに反対するのではなく、メリットがリスクを上回るような適切な状況下に置くことが大切だということです。

私が言った不確実性は、利益が非常に大きいので、その不確実性を受け入れることができると言えるでしょう。もし私が5分の1の確率で何かの病気で死ぬとしたら、誰かが「あなたに実験的な治療法を提供できます」と言ったら、私はそれを手にするでしょう。しかし、「あなたはこの病気で死ぬ確率が1,000分の1,あるいは1万分の1ですから、何かを与えましょう」と言われたら、かなり嫌な感じがするでしょう。もちろん、そんなことはしませんよね。つまり、リスク・ベネフィットの問題なのです。

私たちの政策立案者は、リスクベネフィットの問題だと説明しているわけではありません。何をやっても正当化される人もいれば、何もしなくても正当化される人もいるのです。私が特に懸念しているのは、幼い子どもたちにワクチンを接種しようとする動きです。

質問者 23:10

すみません。私の見解では、第一に、ワクチンは常に解決策であると考えていました。また、栄養もあります。自然免疫 コロナウイルスは一般的なウイルスで、毎年、風邪やインフルエンザのシーズンになると、20%のアメリカ人が感染します。しかし、私はあなたのインフォームドコンセントに話をしたい、これが通ってきたので、これは今日からです。

私はいくつかの人々がまともな給料から私に連絡しています。そして、フィオナ・ウォードが発表したところによると、DCPは12歳から16歳までの保護者の下にいるすべての子供と若者にワクチン接種をするように包括的に同意したそうです。つまり、若者への予防接種を奨励しているのです。彼らは、若い人たちがワクチンにイエスと言えるようにチームを後押ししています。これは非常に深刻な問題なので、皆さんにお伝えしたいと思います。

今日もまた、親御さんから子供が連れ去られたというメッセージを受け取りました。私のことをご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は長い間、このワクチンコミュニティの予防接種情報に関わってきました。現在、これらの子供たちはDCPに預けられており、両親は子供たちを取り戻すために戦っています。そして今、彼ら全員を裁くための包括的な同意が、他の誰かによって与えられたようです。私たちはこれを何とかしなければなりません。

ペトロフスキー教授 24:39

コロナウイルスが風邪の原因であることは知っていますが、それはCOVIDではない」というコメントを訂正させてください。コロナウイルスは、インフルエンザやサイウイルスのように、毎年パンデミックしています。しかし、これらは人を殺すことはありません。COVIDは人を殺します、特に弱い立場の人を。だからこそ、そのような人たちを守るためのワクチンが必要なのです。

ここでの大きな問題は、すべての人にワクチンが必要なのかということです。もしそうなら、どのワクチンが必要なのでしょうか?そして、人々はインフォームド・コンセントを得て、どのワクチン戦略を選択するかを決める権利を持つべきなのかということです。私は、どちらが正しいとか間違っているということはないと思いますし、確かに、これらのウイルスが無害だとは言えません。

質問者 25:32

問題は、集団全体にワクチンを接種することが集団免疫を獲得する方法なのかということです。

ペトロフスキー教授 26:00

すべての国ではありませんが、多くの国でB型肝炎を根絶するための集団免疫を確立するのに、驚くほどの効果がありました。すべての国ではありませんが、多くの国でB型肝炎を根絶することができました。

そうですね。しかし、ウイルスは実際には変異しないことがわかっています。何十年もの間、非常に安定したウイルスなのです。ですから、50年前と同じB型肝炎ワクチンを現在も使用していますが、その効果は健在です。このように、非常に安定したウイルスと効果的なワクチンを区別して考える必要があります。

地球上のすべての人にワクチンを接種すれば、そのウイルスは存在しなくなります。しかし、これらのウイルスはCOVID-19とは全く異なります。COVID-19はRNAウイルスなので、より急速に変異し、防御機能を回避することができるのです。同じワクチンを何十年も使い続けることはできないでしょう。それは保証されていることです。

では、いつ、どのくらいの頻度でワクチンを変更する必要があるのでしょうか?それはわかりません。しかし、今となってはCOVID-19を根絶する機会は失われてしまったように思います。もし、昨年の早い段階で、効果的な隔離テストを行っていたら。もちろん、その時期にワクチンができる可能性はありませんでした。しかし、SARSを人類から根絶やしにすることはできたはずです。

その一方で、より致死率の高いコロナウイルスが発生しました。10%の人が亡くなりました。SARSに感染した人の10人に1人と言ってもいいくらいで、若い人や医師、看護師も含めて全員がSARSで亡くなりました。SARSは、検疫や隔離、検査によって完全に根絶されました。それもこれも、ワクチンがなかったからです。COVIDの機会を逃してしまったわけです。

やるべきだったのですが、実現しませんでした。今、私たちはこの状況に耐えなければならないと思います。つまり、ワクチンを接種して、地域での免疫力を高めることが有効だということです。特に、高齢者を守るためには、定期的にワクチンを接種することが義務づけられると思います。なぜなら、非常に弱い立場にある人々を守るためには、他に方法がないと思うからです。

問題は、それ以外の人たちはどうするのかということです。繰り返しになりますが、私は選択の自由を信じていますし、ワクチンは良いものだと思っています。ワクチンは良いものだと思いますし、すべてが悪いものだとは思いません。しかし、人々は最終的な選択をしなければならないと思います。人生には多くの選択肢があります。しかし、多くの人が最終的には良いワクチンを提供されれば、それを受け入れることを望みます。しかし、私たちがまだそこに到達していないことは確かです。

質問者 29:14

搾取するロボットは、現在コントロールされている21のうちの1つです。肝炎の前に参考までに、私はインフルエンザワクチンが好きです。私が心配しているのは、そのワクチンの研究をするために必要となるかもしれない継続的なブースターショットです。

ペトロフスキー教授 29:43

どのようなワクチンでも、どのくらいの期間予防できるかはわかりません。実際、mRNAワクチンによる保護機能は、当初考えられていたよりもはるかに早く失われていることがわかっています。そのため、3回目、4回目の接種を受ける人は、1回目の接種からわずか4~5ヵ月後に行われています。これには誰もが驚かされました。

これは、このウイルスの特徴なのでしょうか?防御力を維持するのが難しいということでしょうか?それはmRNAの特徴なのでしょうか?これまで人間でテストしたことがないので、わかりません。もしかしたら、mRNAの問題かもしれません。また、B型肝炎のようにタンパク質ベースのワクチンであれば、生涯にわたって保護されます。

ですから、私には何とも言えませんが、長期的にデータを収集しなければなりませんが、私たちのワクチンは5年持つでしょうか?5年後になってみないとわかりませんが、動物実験で得られたインフルエンザワクチンの経験に基づいて、推測や情報に基づいた推測をすることはできます。

しかし、最終的には時間が必要です。なぜなら、実験や答えがわからない状況では、時間の代わりにはならないからです。COVIDは2年後には非常に致死性の高いウイルスになっているかもしれませんし、一夜にして突然、2%の人を殺していたのが20%の人を殺すようになるかもしれません。逆に、非常に良性のウイルスになるかもしれませんし、ワクチンを飛び越えて、現在のワクチンに対して完全に耐性を持つようになるかもしれません。いずれにしても、経験してみないとわからないことばかりです。ですから。だから、不確実性が高く、確実性を求めることは意味がないのです。

なぜなら、意味があるかどうかは別にして、まだ早すぎるからです。ですから、私たちは期待しています。もちろん、私たちのワクチンがmRNAワクチンよりも長持ちすることを願っています。しかし、それをお伝えするには、データが示す結果を見るための時間が必要なのです。

質問者 31:58

この分野のワクチンでは?~聞き取り不可~

ペトロフスキー教授 32:17

そうですね、確かに、ワクチンを混ぜ合わせることは長い間行われてきました。インフルエンザの予防接種を受けるとき、同じブランドの同じ種類のワクチンであろうと、年によって違うブランドのものを受けることになりますが、あなたは気にしないでしょう。同じブランドの同じ種類のワクチンでも、どれも効果があり、どの順番で接種しても問題ないようです。

すでにCOVIDワクチンのデータでは、同じように混合して使用することができるようですね。多くの場合、同じものを何度も接種するよりも、より良い免疫を得ることができるでしょう。そのため、すでにいくつかのヒトのデータがあり、混合して使用することが実際に有益であることがわかっています。

しかし、まだ日が浅いので、正しいかどうかはわかりません。オーストラリアでは、人々はまだ最初の注射を打つ段階にあります。オーストラリアでは、まだ最初の予防接種を受けている最中です。つまり、オーストラリア人の多くは、数ヶ月後に来るであろう追加の予防接種をどうするか、何を受けたいかを考えなければならない状況にはないと思います。

ワクチンは、とてもシンプルです。タンパク質としてスパイクプロテインが入っています。健康食品にも使われているインスリンという植物性の糖分がワクチンの重要なターボチャージャーになっています。オリゴヌクレオチドと呼ばれる合成糖で、これもターボチャージャーの役割を果たしています。ワクチンは塩水に懸濁されています。これは、タンパク質を安定化させ、ガラス製のファイルに付着しないようにするために、ワクチンによく使われるものです。これはワクチンによく使われるトゥイーン80という洗剤です。重金属は含まれていません。実際、重金属やその他の含有物を定量化するために原子質量分析法を用いていますが、すべて10億分の1でなければならず、常にそうなっています。だから、それを検証するのです。

しかし、繰り返しになりますが、ほとんどのワクチン、つまりタンパク質ベースのワクチンは、私が言ったように同じ成分を含んでいます。そして、私たちが他と違うのは、多くのワクチンにはアジュバントとして水酸化アルミニウムが使用されていますが、私たちは代わりに植物性の砂糖を使用しています。しかし、私が言ったように、ワクチンに何が含まれているかについて秘密はありませんし、あるべきではないと思います。

質問者 36:06

MRA、ワクチンを見たという証拠はありますか? ~聞き取り不可~ 免疫系の経年変化について、海外で注射を受けた人、染色された人、実際に免疫系が抑制されて苦しんでいる人など、ある種の情報が出てきていますからね。

ペトロフスキー教授 36:31

鮮度の比率が変わりますね。私が見た中で、免疫系への影響を示唆する唯一の証拠は、mRNAワクチンを接種した人に帯状疱疹の再活性化が多く見られたことです。また、他のワクチンで予想されるよりも頻繁に発生しているようです。帯状疱疹は、ウイルス性の水疱瘡のことです。そのため、一度水疱瘡にかかると、ワクチンを接種していない場合は、生涯にわたって水疱瘡が体内に残ってしまいます。

そして、がんになったり、免疫抑制剤の投与を受けたりして、何らかの理由で免疫システムが低下すると、ウイルスが潜んでいる神経細胞から再活性化し、帯状疱疹が発生します。ですから、mRNAワクチンが再活性化の引き金になっている人がいるという事実は、免疫系に何か影響を与えていることを示唆しています。しかし、それ以上のことは、スパイクタンパクを作るための確たるデータを見たことがありません。

そうですね。体が認識したら、あとは……。そうですね。ですから、プロにタンパク質を注射すると、そのタンパク質は数週間で分解され、除去されることがわかっています。つまり、非常に速いのです。mRNAについては、いくつかの論文が発表されていますが、注射してから4ヵ月後にもスパイクタンパクが生成されていることが検出されています。これは、体内のどこかで、スパイクタンパクを生成するようにプログラムされた細胞がまだ存在することを示唆しています。

さて、どの細胞が、体のどこにあるのかというと、この注射は筋肉に注入されますが、脂質粒子に入っているので、ステルス粒子のようなもので、長生きするように設計されているので、分散してしまうのです。全身に行き渡り、それぞれの細胞に異なる形で取り込まれます。だから

質問者 39:32

私の18歳の子供が試験を受けているのですが、万が一、新製品が発売された場合に備えて、それらを最適化するための作業が行われています。しかし、私たちは、プロパガンダを聞いたときのように、とても怖くなってしまったのです。そうして、私たちはアレを手に入れ、私はそれを広めましたが、私はそれをやりました。そして、私は知りたいのです、

ペトロフスキー教授 40:24

繰り返しになりますが、人を不安にさせたり、パニックにさせたりしないことが目的です。つまり、潜在的なリスクや結果について話すときは、信じられないほど稀で、決して起こらないかもしれないことを話しているのです。つまり、私は、mRNAが素晴らしいものであると判明することを望んでいます。そして、それが長期的な影響を及ぼさないことを願っています。私にとってはね。それが私の希望です。

しかし、もしあなたが、「私がそれを保証してもいいですか?私がそれを保証できますか?この地球上の誰もがそれを保証することはできません。なぜなら、私たちは知らないからです。それって意味あるの?それで?だから私は、そう、そうだと思います。」

質問者 41:14

あなたのワクチンの背景にある科学、そして今夜話している他のすべてのワクチンについて、それは本当に有益なものでしましたが、法的な観点から、今夜ここには多くの人々が集まっていると思います、それが医療関係であろうとなかろうと、さらに重要なことはそれがどこであろうと関係ありません。彼らは、恐怖や暴政によって強制的に義務化されないようにしたのです。

ところで、Black’s Law Dictionaryによると、義務化された法律は招待状のようなものだと思います。しかしながら、彼らはどのようにして雇用と体の完全性を守るのでしょうか?なぜなら、政府は誰にも教えていないからです。完全な情報開示?それはすべて覆われており、これらの人々を保護するために私を脅かす?

ペトロフスキー教授 42:26

その答えは、彼らの後ろについていくこと、つまり、義務化の妥当性に異議を唱えるための法的措置に出資することです。そして、もし人々が納得しないのであれば、いくつかの結果を受け入れる必要があるでしょう。簡単なことではありませんが、間違ったことをして一生後悔することに屈してはいけないのです。

つまり、私たちが子供たちに言っているのは、もしあなたが自分の直感でこうすべきだと感じているなら、それはやめたほうがいいということです。私のアドバイスは、それをしないことです。その結果、被害に遭うかもしれません……すでに被害に遭った人もいますし、これからも被害に遭う人はたくさんいるでしょう……うまくいけば、反撃できるかもしれませんが、私たち自身は自分がとった行動を決して後悔しないでしょう……まず、後悔しないことです。

質問者 43:26

メディアが利用できるようになり、ワクチンに関する記事の1つが中断されていることに気づきました。~聞き取り不可~

ペトロフスキー教授 44:44

その答えは、彼らがLinkedInにいるからだと思います。彼らのほとんどはオーストラリアにはいません。ロバート・マローン博士は、間違いなく、mRNAワクチンを発明した人物です。彼は約30年前にmRNAワクチンのアイデアを生み出し、mRNAをワクチンとして使用するアイデアの特許を申請しましたが、現在起こっているmRNAワクチンの普及にこれほど強く反対する意見を聞いたことがありません。そして、この人が作った人です。このような人々が存在し、声を上げようとしているのです。しかし、あなたがおっしゃるように、何かの理由で我々には1つの道しかないと信じている、言い換えればエスタブリッシュメントの一部である膨大な数の人々によって、彼らは沈黙させられています。

何らかの理由で、ここには1つの道しかないと信じているのです。その道に疑問を持ったり、道から外れたりすることは誰にも許されません。そして、どこでそのような判断をしたのかはわかりません。これがその道です。

しかし、科学的には、それが道であるかどうかは議論の余地があります。なぜなら、まだ分かっていないからです。ワクチンがどこに適合するのか、まだわからないのです。今、私が言ったように、うまくいけばポジティブで有益な結果となり、COVIDの助けとなるでしょう。

しかし、私たちはまだそのデータを持っていないのです。どの国でもそうです。つまり、イスラエルはそれをカバーしていると思っていたのです。数ヶ月前、国民全員がワクチンを接種したにもかかわらず、接種率は過去18ヶ月間で最も高くなりました。今はまた、率が下がってきています。

このままでは、同じことが繰り返される可能性があります。つまり、不確実性が非常に高いということを正直に伝えなければならないのです。だからこそ、みんなで協力し合う必要があるのです。私が言うように、すべてはインフォームド・コンセントに基づいて行われるべきで、分かっていることを伝えるのと同じくらい、分かっていないことを認めるべきです。なぜなら、分かっていないことがたくさんあり、誰も分かっているふりをするべきではないからです。

という質問がありましたが、私たちのワクチンはこのようなものです。今週、TGAとの最初のミーティングがありましたが、これは興味深いものでした。TGAには35万ドル(約3,500万円)の費用がかかりました。申請書を見てもらうためには、必ず処理してもらえるという保証はありません。しかし、ドアを開けるための手数料は35万円。そして、理想的には、その申請を実際に行うためのコンサルタントに数百万円を支払う必要があります。

ですから、決して安いプロセスではありません。しかし、私たちは期待しています。今日、中間報告を聞いたのですが、彼は今週中にTGAにワクチンを申請することを期待していると報道陣に語っていました。私は興味を持ちましたが、彼はそのための資金やサポートを一切与えてくれませんでした。

質問者 48:07

すみません、Sharonさん、これ。ああ、その資金調達について少し何か言いたいことがありますか?できますか?

 48:23

私たちは実際に、TGAの手数料を支払うためのGoFundMeページを立ち上げました。もし誰かGoFundMeに寄付したい人がいれば、オーストラリアにコーデックの仕様を持ち込むことができます。私たちは14人の小さな会社ですが、このような資金はありませんでした。14人の素晴らしい科学者を使って、大手製薬会社がやっているようなことをやろうとしているのです。ですから、スタート地点に戻るためには、何らかの支援が必要なのです。

質問者 48:54

~聞き取り不明~

 49:02

そうですね。常に質問が来るようにしましょう。私が言ったように、私は私ですか?ABCのQ&Aのように、あなたが私を撃てるようになることは望んでいません。

そうですね。最後のいくつかの質問はみんな知っています。

質問者 49:26

そうですね、私が聞こうと思っていたことの一部です。しかし、もし間違っていたら訂正してください。おそらく、あなたがおっしゃったように、答えるのが難しくないことだと思います。

私の理解では、御社のワクチンはイランで16,000人の参加者を対象とした第3相臨床試験を経ており、人口への一般化という点では有望だと思います。私が知りたかったのは、政府がくだらないクラウドファンディングに頼ってくれたおかげで、クラウドファンディングを利用していても、かなり順調に進んでいることがわかりました。

TGAによる様々な障害を期待しているのではないでしょうか?政府がそうである以上、答えるのは難しい質問かもしれませんね。しかし、理論的には、このワクチンをオーストラリアに持ち込むことは、どのくらいの期間可能だとお考えですか?それまでの間、私が聞きたかったのは、既存の治療法を利用できるかどうかということではなく、以下のような既存の治療法についての専門家の意見を聞かせてください。

ペトロフスキー教授 50:49

では、障害があると予想されますか?この1年半の間に、ソフォスにできることがあればすべてやったと思います。そんな中でも、私たちは、自分たちができるだけでなく、大手企業と同じように、素晴らしいデータを取得し、海外でも承認されることを証明できたと思います。そうなれば、政府はもっと慎重になると思います。願わくば、今後、この話を聞いた人は、どうか慎重になってほしい。

なぜなら、オーストラリアで40年ぶりに成功した唯一のワクチンを妨害した政府が再選されるとは思えないからです。これはオーストラリアで過去40年間に開発された初めての成功したワクチンで、最後のワクチンはアデレードで開発されたものでしましたが、実際にはヘッドライトに埋められたキューピーワクチンが開発され、その後、オーストラリアに移管されました。

なぜなら、彼らは失敗したクイーンズランド大学の基地に15億円を寄付したからです。そして、私たちはいつもここにいました。そして、その開発と購入に15億ドルを割り当てました。

さて、この政府は私たちに15億ドルを提供したり、TGAの料金を支払う手助けをしたりすることができるわけです。実際、TGAは連邦政府の保健局ですから、私たちに支払ってほしいと思っています。TGAはあなた方の連邦保健局ですから。彼らは、書類を見るという特権のために35万ドルを払えと言っているのです。オーストラリア人はそんなことを許さないということを政府に理解してもらいたいですし、この部屋にいる人、聞いていない人、聞いている人が今後そのような行為の対象に投票しないことを願っています。

つまり、私はCOVIDで患者を治療することはありません、それは私の耳の上にあるものです。私はワクチンですが、抗ウイルス剤の有効性や、それらがどのように組み合わされているかについて尋ねるのは、私は本当に間違った人間だと思います。

質問者 53:40

生殖能力についての質問 医療従事者への義務化について 医療従事者への義務化について 医療従事者への義務化について 医療従事者への義務化について 医療従事者への義務化について 医療従事者への義務化について 生理周期が影響を受けるという研究結果があります。

ペトロフスキー教授 54:07

それは科学雑誌ではなく、明らかにウェブサイトですね、そうです。これはその前段階ですね。つまり、科学的な論文は査読を受ける前に出版されるのです。だから、ほとんどのものは、完全に表示されていないことを確認するためにさっと見ただけで、実際に兆候を見ているわけではないので、後に査読を受けてきちんとした雑誌に掲載されない限り、完全には信用できないのです。

何もせずにオープンに考えているので、不妊の問題は明らかにデリケートな問題だと思います。昔は、ワクチンの開発方法は、高齢者を対象としたものとは大きく異なっていました。高齢者を使い捨てにするわけではありません。もし、何か問題が起きても、若い人よりも普通の人の方がダメージが少ないので、数年後に安全性が確認されたら、若い人に投与し、妊婦には投与せず、子供にも投与せず、ほとんどのものは妊婦には投与しませんでした。

同様に、子供に投与する前には多くのデータが必要です。子供は発達段階にあるからです。つまり、精巣が発達し、卵巣が発達するのです。精巣は薬剤やその他の障害に非常に弱いことがわかっています。では、生殖や月経周期、受胎能力に影響を与える可能性はあるのかというと、答えは「誰にもわからない」です。答えは、誰にもわからないと思います。

通常、私が言うように、それは段階的なプロセスであり、両方の動物で参照できる多くの研究があるでしょう。そしてここでは、実験技術の話をしているのだと思います。つまり、mRNAとウイルスベクターは細胞内に入ることを覚えているので、卵巣細胞内のエイリアンは、残念ながら粒子が移動することがわかっています。

なぜなら、ファイザー社が行った研究で、粒子が実際に組織に移動し、組織内の細胞に取り込まれることが実証されたからです。しかし、その効果は誰にもわかりません。ですから、これは明らかに研究しなければならないことですが、「はい」か「いいえ」でお答えします。質問です。最後の質問です。

質問者 57:29

ツナさん、そのスパイクタンパク質のメッセンジャーRNAが何をコードしているのか、少し教えてください。実際に野生型のウイルスとはタンパク質が違うのでしょうか?そしてそれは、あなたのタンパク質である最高のスパイクタンパク質ではどのように違うのでしょうか?そして、その質問に答えた後、40歳以下の人々、30歳以下の人々、15歳以下の人々に、重篤な病気や入院に対する実際のリスクを保証していただけないでしょうか?サイズはCOVID2ですか?ジョン・アイアンEDS教授のような人は、確かにそうではありません。感染症の致死率は非常に高いです。それは、悪いインフルエンザのシーズンに相当するようなものです。その点についてコメントをお願いします。

ペトロフスキー教授 58:17

私が思うに、COVID-19のリスクプロファイルは、年齢が若くなるほど低くなり、1歳未満の非常に若い世代に限られます。つまり、若くて健康な20歳の人がCOVID-19を投与された場合、重篤な疾患のリスク、特に死亡のリスクは、何百万人もの若者を相手にしていることを考えれば、1000人に1人の割合であり、取るに足らないことではありません。

アメリカでも同じことが言えますが、もちろん若い人が死ぬことはあります。しかし、80歳以上の人の5人に1人が亡くなることに比べれば、非常に稀なことです。しかし、80歳以上の5人に1人という非常に稀なケースですから、これを取るに足らないものとして片付けるべきではありません。若い人にとって1000分の1,2000分の1のリスクであっても、取るに足らないことではないでしょう。

しかし、この年齢層では、インフルエンザによる死亡や入院の割合が高いということですね。繰り返しになりますが、インフルエンザは非常に厄介な病気です。その結果、入院する人が出てくるのです。だからこそ、このような病気やウイルスは皆無であるべきです。私はそれが安全だと思います。

質問者 59:49

タンパク質の違いはあっても、それが安全な方法だと思います。~聞き取り不明~

ペトロフスキー教授 59:51

スパイクタンパク質の違いは、人々が使用してきた様々なバリエーションの中で、スパイクタンパク質に小さな工学的な違いがあります。つまり、すべてのワクチンにおいて、800から1000個のアミノ酸のうち、1つまたは2つのアミノ酸が異なっているのです。

質問者 1:00:22

野生型と比べてどうなのでしょうか?

ペトロフスキー教授 1:00:26

中国人科学者が付けたと信じている理論や切断部位などを取り除いたものが、最終的に野生型から発展したものなのですね。SARSにはそれがないので、私たちはすぐにそれを元に戻しました。しかし、そのような恐怖心を抱かずに済んだことで、SARSよりもはるかに優れたワクチンとなったのです。

質問者 1:00:55

申し訳ありませんが、明日の朝には、正直者のナターシャがここに来ることになっています。しかし、非常に迅速に、スチュアートは私が終了する前にいくつかの締めくくりの言葉を述べています。または、彼が見ていると思います。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました