7. 危機(経済・環境・国際)クリス・マーテンソン金融危機・インフレ

「プロスパー !」 未来への準備と相続する価値のある世界を作る方法 第4章 – 第5章
Prosper!: How to Prepare for the Future and Create a World Worth Inheriting

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

強調オフ  文字サイズ

目次

  • 序文
  • 謝辞Acknowledgments
  • はじめに
  • 第1章 スリーエス
  • 第2章 レジリエンス。そもそも何なのか?
  • 第3章 レジリエンス:なぜそれが重要なのか?
  • 第4章 成功への妨げとなるもの
  • 第5章 レジリエンス では、どうすればレジリエンスを身につけることができるのだろうか?
  • 第6章 金融資本
  • 第7章 生活資本
  • 第8章 物質資本
  • 第9章 知識資本
  • 第10章 感情資本 Emotional Capital
  • 第11章 社会資本
  • 第12章 文化資本
  • 第13章 時間資本
  • 読者ストーリー
  • 次のステップとその他のリソース
  • エピローグ
  • ウェブリンク
  • 著者について

第4章 成功への障害

著者のクリスは、初めて近所の食料品店に非常用保存食を買いに行ったときのことを覚えている。彼は、豆や米、砂糖などの主食をカートに積み込みた。帽子をかぶり、サングラスをかけ、ポケットには現金を入れ、「何のために買ったのか」と聞かれたときのために、頭の中で何度もリハーサルをしていた。何しろ、とんでもない形をした食料品のカートなのだ。

彼は終始緊張していた。他の買い物客からの批判や、最悪の場合、自分を知っている人からの批判を心配していたのだ。もしもの時のために長期保存するつもりで食べ物を買うという単純な行為だけで、胃が締め付けられるようだった。誰も理解してくれないのではないか、この地域の社会的常識から外れているのではないかと不安になった。普通の人がすることではない。

今から10年以上前、2004年のことだ。もちろん、今であれば、彼は自分が何をしようとしているのか、何のためにしようとしているのか、問題なく言うことができるだろう。しかし、悲しいかな、念のために買い物をするということは、今でも社会的に見て、眉をひそめられたり、少し気まずい思いをしたりするのに十分なことなのである。

そこで、本章の核心である、レジリエンスを高めるための一歩を踏み出すことを妨げる障害について説明する。

我々の経験によると、ほとんどの人は、自分の将来をより良くするための手段を全く講じていない。その理由は、能力やリソースに限界があるからではなく、その逆なのである。むしろ、恐怖、制限された信念、社会的圧力などの感情的な無形のものが、人々を躓かせているのである。

これらを理解すればするほど、あなたを支配する力が弱まるからである。

社会的圧力

クリスが経験したように、社会的に気まずい、居心地が悪いという理由で、レジリエンスを高めるための道を歩み始めることを避けている自分に気づくかもしれない。

多くの人は、社会的規範から大きく外れたことはしたくない。多くの人にとって、社会的な群れに逆らうことは難しいことであるが、我々が扱っている教材では、それはかなり難しいことなのである。現代のライフスタイルの崩壊に備えることは、社会の「普通」の感覚とは正反対である。

多くの人は変化を恐れ、メディアや政治家が日々語る「すべてが素晴らしく、年を追うごとに良くなっていく」という安心できる夢を信じたいと思っている。もし、あなたがその約束を100%信じていないと思われる行動をとっているのを見たら、彼らはそれを挑戦だと解釈する。おそらく、もし自分が間違っていたら、自分は本当に弱くなってしまうのではないかという、内なる言葉にならない不安が引き金となっているのだろう。

誰もがそのような社会的恥辱に耐えられるわけではない。その結果、ほとんどの人が危機に備えて事前に準備をすることはない。

カリフォルニア州の地震多発地帯に住んでいても、クローゼットやガレージに最低限の準備をしている人はごく少数であることからもわかるように、緊急事態に備えている州政府や連邦政府の機関は、このような動きを熟知していると言える。

つまり、破壊的な断層の上に住んでいる大多数の人々は、水も毛布も手回し式ラジオも、地震の可能性というか万が一に備えた食料も持っていないということだ。州や連邦政府の機関が、多額の予算を投じて、人々に備えをさせるための教育や説得を積極的に行っているにもかかわらず、である。先に述べたように、これは完全に合理的ではない。

合理的な人は、ある事象が起こる確率を計算し、それに潜在的な深刻さや壊滅的な被害の可能性を掛け合わせ、自分や家族を守るために費やしてもよい労力と費用を計算する。

サンアンドレアス断層の上に住んでいる人の場合は、「(許容できないほど高い確率)×(壊滅的な結果)=本当に何かしなければならない!)」という計算になる。)

「何かをする」には、実際にどのくらいの費用がかかるのだろうか?それほど高くはない。家族4人分の72時間防災セットをネットで探して購入するのに必要な時間は10分程度、ベーシックなもので50ドル(デラックスなものは150ドル程度)。多くの人は毎月、これよりも多くのお金をコーヒーに費やしているし、インターネットで猫の動画を見ている時間の方がはるかに長い。だから、時間やお金の面でのコストが行動の妨げになっているわけではないのだ。

では、何が原因なのだろうか?文字通り生死を分ける可能性のある最小限の慎重な行動でさえ、人はなぜ取ることができないのだろうか?それが合理的な計算でないとしたら、一体何なのだろうか。

幸いなことに、心理学がこの問題の本質を理解するのに役立つ。社会的プレッシャーが行動を阻害する大きな要因であることは間違いないが、それ以外の要因を理解するためには、もう少し深く掘り下げてみる必要がある。

痛みと洞察

歯医者さんであれば、この次の部分はよく知っているだろう。

ほとんどの人は変化に抵抗し、不快なものを避けようとする傾向がある。これらは通常、賢明な戦略とは言えず、裏目に出ることも多いのだが、これがほとんどの人間の反応である。我々は、強制的に追い出されるまで、自分の居心地の良い場所に留まる。脅威が不快であればあるほど、意志を持って否定するようになる。健康上の問題、未払い金の増加、401Kの減少など、不快な事実を簡単に無視してしまう。

しかし、人生には終わりがあり、すべてを永遠に無視することはできない。遅かれ早かれ、自分の意思で行動を改めるか、現実の厳しい限界にぶつかるかのどちらかを選択しなければならない。別の言い方をすれば、人が変わろうと決意する方法は2つある。

多くの人は、心臓発作や離婚、酔っ払って家族の犬を轢いてしまったなど、極度の痛みに襲われて初めて、人生において異なる決断をしなければならないという考えに積極的に向き合うようになる。痛みによる変化は、人生の中で誰もが経験することである。それは、ごく当たり前のことである。

しかし、それが全てである必要はない。人間の素晴らしさのひとつは、観察、考察、経験から学び、適応することができることである。次の地震が発生する前に72時間用の緊急キットを購入する人は、洞察力によって行動しているのである。

我々がこの本を書いたのは、あなたが洞察力によって、今の人生を変える手助けをするためである。願わくば、それがあなたがこの本を手に取った理由である。

Three Esが語るストーリーには、今後数十年の間に多くの痛みを伴う可能性が含まれている。悲しいことに、多くの人は問題になるほど事前に予防措置を取らないだろう。今はそのリスクに目を向けていない。その結果、世界の多くの人々は、痛みを伴う方法で行動を変えざるを得なくなるだろう。

この認識を危機感に変えて、今から準備をしよう。あなたの将来の繁栄のために、そして、あなたに従わなかったことを後悔している人々のために。

「なぜしないのか」という共通の理由

我々は、ウェブサイトやセミナーを通じて何千人もの人々と対話してきたが、今日の行動を避けるために最もよく聞かれる言い訳は次の通りである。

  • 社会的羞恥心 – 家族や友人に「頭がおかしい」と思われてしまう。(社会的羞恥心 – 家族や友人に “頭がおかしい “と思われるから(これは「社会的自殺をしたくない」という別の言い方である)。
  • 認識不足-もし私がこれらのリスクをよく知らず、玄関を見たときにすぐにわからないのであれば、それは現実ではないのかもしれない。(これは「知らぬが仏」という言葉があるが)。
  • あまりの居心地の悪さ – 不快なことを考えるのは好きではない。(これは「私の雰囲気を壊さないで」という考え方です)
  • 限られすぎている-今はこれに集中する時間やお金などがない。(これは、「おい、俺には生活があるんだぞ、気づかなかったのか」という押し付けです)
  • 迷信が過ぎる – 心配事を声に出してしまうと、それが起こりやすくなる。(これは「名前を言ってはいけないあの人」の防衛策です)
  • 怖すぎる- 恐怖の中で生活したくない。(これは「神様、みんな死んじゃいますよ!」という反発です)
  • 問題ではない その1 – 人間は賢い。そのうち誰か賢い人が解決策を発明してくれるだろう。(この「テクノロジーへの信頼」というミームは、今日の文化に非常に多く見られる。)
  • 問題ではない その2-「彼ら」は決してそんなことはさせないだろう。(この「権威への信頼」は、テクノロジーに次ぐものである。)
  • 信憑性がない -まあ、NBCニュース/オプラ/私の父/[ここに他の信頼できる情報源を挿入]からはまだ聞いていないので、これがどれほど大きな問題なのか?(これは「あなたはいったい誰なの?」という反論である)。

これらの「理由」には共通点がある。それは、それぞれが信念体系の産物であるということである。

前章では、物語と信念の持つ強い影響力について説明した。信念には、向上させるもの(私は運がいい!)と、制限するもの(私は運が悪い!)がある。信念は無意識のレベルで作用しているが、我々の生活の中で毎日、非常に現実的な方法で展開されている。信念は我々の意思決定に非常に大きな影響力を持っている。

無意識を意識化するまでは、無意識があなたの人生を左右し、それを運命と呼ぶだろう。

カール・ユング

上記のような信念を1つでも持っていると(いくつか組み合わせている場合はともかく)、潜在的な行動を死守するのに十分な効果がある。

ピーク・プロスペリティでは、人々が信念を変えることを理解し、支援することに多くの時間を費やしている。妨げとなっている信念を取り除いたり、最小限に抑えたりしない限り、行動は妨げられてしまう。

思い込みを変える

では、どうすれば制限的な信念を強化的な信念に変えることができるのだろうか?

信念とは、我々が真実であると信じているもので、日々の経験や事実によって裏付けられているように見える。歯の妖精、イースターのウサギ、妖精、サンタクロースなどをまだ信じている人は手を挙げてほしい。

新しい情報が入ってくれば、信念は変化する。しかし、その前に、感情を解きほぐすプロセスが必要になる。

単に意見を持っているのではなく、信念体系に基づいて行動している人と議論しているときには、次のようなことがわかる。議論をすればするほど、相手は感情的になる。事実は重要ではない。その人の信念に反した事実が多ければ多いほど、その人は怒ったり悲しんだり不安定になる。

これは、我々の信念が、我々の最も深いところにある自己と結びついているからである。信念は扁桃体に直接配線されていて、理性的な脳の中枢をバイパスしている。

一方で、ある意見を持っている人は、新しいデータを提示されれば、比較的簡単にその意見を変えることができる。

例えば、あなたが新しい掃除機を買おうとしているとする。製品のスペックを調べ、レビューを読み、自分のニーズに合ったものはどれかという意見を持っていたとする。しかし、友人がその機種についての新しい情報を持っていて、あなたの考えを変えることになった。その意見の変化は、あなたを苛立たせるものだろうか?いいえ、そんなことはない。それはただの意見だ。

信念はそうではない。信念を変えるには、感情的なエネルギーが必要で、時には大量のエネルギーを必要とする。自分が深く抱いている信念を意識的に調べて変えるには、時間と勇気が必要だ。これを実行する人、あるいは実行しようとする人はあまりいない。

エリザベス・キューブラー・ロスは、前章で触れた悲嘆のプロセスに関する研究の中で、我々が最も信念に挑戦する経験である自分の死に直面したときの、まさにこのような行動について述べている。自分の死がいよいよ迫ってきたとき、我々は、否定、怒り、駆け引き、落ち込み、受容という、非常に予測しやすい一連の感情的反応を経る傾向がある。

悲しみの5つのステージは、信念の体系が問われるときには、ほぼ毎回現れる。凝り固まった信念であればあるほど、それを変えることに対する感情的な抵抗は強くなる。しかし、信念が小さいか大きいかにかかわらず、信念に立ち向かうことは常に感情的なプロセスだ。

大切にしているものを手放さなければならないと感じ、それが自分にとっての損失のように感じられるかもしれない。それは権威への信頼を手放さなければならないかもしれないし、子供たちが我々と同じように多くの機会を得られるという希望や、テクノロジーが間に合って助けてくれるという希望かもしれない。

人がレジリエンスの向上を避ける主な理由は、レジリエンスを向上させることは、通常、1つ以上の密接に保持された信念に立ち向かうことを要求するため、ある程度の感情的なストレスを招くことになるからだ。

信念のもう一つの特徴は、信念の継続や強化を裏付けるデータを集めるのが非常に上手で、信念を弱体化させるようなデータを拒否したり、完全に見過ごしたりするのが非常に上手なことだ。気候変動の問題では、様々な陣営が自分たちの主張を裏付けるデータを選んでいる一方で、自分たちの立場を否定する証拠の山を無視している。

それでは、よくある言い訳をもう一度見て、そこに含まれる信念を確認してみよう。

社会的羞恥心

-家族や友人に「頭がおかしい」と思われる。

社会的な条件付けによって、クリスの大量の食品を買う冒険に示されているように、周りの人から悪い目で見られると、自分に悪いことが起こると信じている。

遊びの中では、社会的な慣習から逸脱することはどこか間違っているという信念がある。その結果、社会的地位を失い、疎まれ、人間関係が損なわれ、それが愛やつながりの喪失につながるのである。つまり、頭がおかしいと思われることは、愛されていると感じたり、人とつながっていると感じたりする能力を脅かすことになる。

自分の行動を偽装していることに気づくのは、「恥」という感情が支配していることを意味する。恥は、社会化の過程で使われる非常に強力な社会的コントロールの方法であり、幼少期に内面化される。

しかし、それは本当に我々のためになるのだろうか?もし、不必要な恥を減らしたり、なくしたりすることができたらどうだろう?我々の社会生活や人脈は向上するだろうか、それとも衰退するだろうか?興味深いことに、文化的に我々は、反逆者や(一見すると)恥知らずの有名人を賞賛し、偶像化している。奔放で自信に満ち溢れている方が良い。

もし、我々が内なるガイダンスや蓄積された知恵に従って、ただ率直に行動したらどうなるだろうか?正直なところ、人々は我々を嘲笑したり遠ざけたりするよりも、我々を賞賛してついてくる可能性の方が高いだろう。

認識の欠如

もし私がこれらのリスクに慣れていないなら、そしてもし私が玄関の外を見たときにそれがすぐに明らかでないなら、それは現実ではないのかもしれない。

これは、単純明快な「否定」である。我々が最もよく遭遇するステージである。否定は、残りの感情の連鎖が引き起こされるのを積極的に防ぐ門番として、重要な役割を果たす。否定とは、物事を見ないようにすることで、問題の缶詰を開けずに済むようにする自己防衛のメカニズムである。

否定は、物事を見ないようにするための自己防衛メカニズムであり、時には正当で有用な戦略でもある。その時、より多くの感情的な刺激に対処することができない人、例えば、蓄えの尽きた片親や、深刻な健康危機に直面している人にとっては、慎重に戦いを選択することは賢明な行動である。

しかし、それ以外の多くの人にとっては、否定することは、目をつぶっているリスクに対してより脆弱になるため、下手な戦略である。

今はまだ、このことに集中する時間やお金がない。

この思い込みはよくあるもので、我々はいつもこの思い込みにぶつかる。この信念の核心は、仕事をうまくこなすためのリソースが自分にはないという制限的な信念である。誰もが何かを成し遂げるためのリソースを持っているにもかかわらず、このような信念を持っていると、いつも何も成し遂げられない。

この信念を持っている人は、失敗したり、自分が持っているものを失ったりすることを心の底から恐れているかもしれない。この信念の根底にあるものは、無力感や不足感として現れる。

しかし、我々は、極めて限られた収入しかない人たちが、実質的にお金を使わずに備えを大きく前進させたことを知っている。ある人は、離婚して4人の子供を持つ母親であるが、貯金もなく、わずかな予算で高度な準備をした。彼女は、時間に優先順位をつけ、倹約し、オンラインのスワップサイトやクラシファイドサイトを上手に利用し、アメリカに住んでいれば、必要以上に物を持っている人がたくさんいるという事実を利用した。

ここで重要なのは、誰もが準備に優先順位をつける能力を持っているが、まず他の仕事よりも優先順位を上げなければならないということだ。自分には時間もお金も資源もない」というのは、純粋な制限的信念である。この信念を持っていると、それらのことが事実であるかのように思えてくる。

自分の制限的な信念を特定することで、それが詐欺であることを明らかにし、自分の人生からそれを取り除き、強化された信念に置き換えるプロセスを始めることができる。ガンジーが言ったように、我々の信念が我々の運命を形作るのである。自分の信念の虜になるのではなく、意識的に信念を選ぶことができるのである。

そして最後に

問題ではない その1

人間は賢い。誰か賢い人がそのうちに解決策を発明してくれるだろう。

これはテクノロジーへの信頼であるが、これはとんでもないことだ。我々の生活の中で、テクノロジーはより精巧に、より強力になっていく一方である。しかし、テクノロジーを信頼するあまり、できないことを見落としてはいけない。

テクノロジーは、それを使う人の力で成り立っている。例えば、GPSは素晴らしいものである。難しい都市を簡単に、安全にナビゲートすることができる。しかしその一方で、巨大なトロール漁船が巨大な錘付きの網を先週よりも15センチ左に落とし、海底を徹底的に削り取ることを可能にしている。その結果、かつて大規模だったグランドバンクの北洋タラ漁のように、最大の商業漁場の多くが崩壊してしまったのである。つまり、我々の文化的な意思決定は、テクノロジーほど速く進化していないのである。「猿がマシンガンを持っている」と考えれば、正しい道筋が見えてくる。

また、テクノロジーはエネルギーを作り出すことはできない。エネルギーを見つけたり、より効率的に利用したり、より少ない資源でより多くのことを行うことはできるが、エネルギーを作り出すことはできない。テクノロジーを信頼するあまり、化石燃料が我々の生活に及ぼすリスクを見過ごしてしまうと、その信念体系は我々を苦しめることになる。なぜか?化石燃料は、我々の食べ物、暖かさ、照明、燃料を供給するエネルギー源だからである。テクノロジーはエネルギーを作り出すものではなく、エネルギーを使うものである。テクノロジーだけでは、たとえ望んだとしても、我々のために化石燃料を新たに堆積させることはできない。むしろ、テクノロジーにできること、できないことに目を向け、それに合わせて生活を計画するべきなのである。

信念から行動へ

信念を変えるには、まず自分の信念を確認することから始まる。信念体系が作用していることを知る確実な方法は、自分の感情的な防衛メカニズムがいつ起動するかを記録することである。

例えば、誰かの議論に腹を立てたり、自分の意見を無視したりすることがあるだろう。あるいは、思わず納得してしまうこともあるだろう。何かのアイデアに不満や抵抗を感じるときは、その分野であなたの思考を支配している感情に基づく信念があることを意味している。

思い込みを変えるために必要なのは、そもそもその思い込みがあることに気づくことだけである。物事に対するあなたの感情的な反応は、あなたにとって最高の手がかりとなる。

辿るべき糸が見つかったら、次のステップは、それを切り分けられるかどうかである。それはどこから来たのか?いつからそうなったのか?何が核になっているのか?

これらの質問は、単純なものではない。また、1回で終わるものでもない。自分が使っている信念を発見するのは、どちらかというとスパイラル的なプロセスで、回を重ねるごとに少しずつ学び、少しずつ洞察を深め、少しずつ掘り下げていく。

しかし、信念は変えることができるし、それがうまくできるようになればなるほど、あなたの人生はより良いものになるだろう。

ガンジーの言葉を借りれば、正しい考え方をすれば、どんなことでも可能になるのである。

さて、どの信念を受け入れ、どの信念を避けるべきかがわかったところで、今度はレジリエンスの行動計画を立てることに集中しよう。

第5章 なるほど、ではどうやってレジリエンスを身につければいいのだろうか?

レジリエンスは、正しい考え方を持ち、正しい行動をするという、「知ること」と「行うこと」が重なり合ったところにある。

「本書のこれまでの章では、「知る」という部分に取り組んできた。ここまでの章では、「知る」という部分に取り組んできた。ここまで来ると、今後数十年の間に我々の生活を形作る可能性の高い主要なトレンドを明確に理解しているはずである。また、崩壊を避け、継承すべき未来を創造するためには、社会としても個人としても、どのような建設的な物語を導いていくべきかを理解しているはずである。

「この本の残りの部分は、方程式の「行動」の側面に焦点を当てる。我々が長年研究し、自ら実践してきた結果、レジリエンスを高めるために最も必要で効果的だと分かった具体的なソリューションセットを紹介する。

これらの行動を実際に実践すれば、自然災害、収入や愛する人の突然の死、金融システムの崩壊、エネルギー価格の高騰による生活水準の低下など、逆境に耐え抜く力が格段に向上するはずである。

我々のトレンド予測が完全に間違ったものになったとしても、あなたは勝つ。危機的な生活」を回避できるだけでなく、これらの行動によって、より健康で、より幸せで、より社会的なつながりを持ち、より裕福になることができるのである。このように考えると、誰もがレジリエンスの列車に乗っていないのは、かなりおかしいことだと思う。

正しい始め方

始めるにあたり、いくつかの基本的な考え方を覚えておこう。

レジリエンスは目的地ではなく、旅であることを忘れないでほしい。人生における学習と同じように、「終わった」という時点はない。すべての可能なシナリオに100%備えることはできないので、自分にプレッシャーをかけないでほしい。目標は、少しずつ着実に上達していくことである。長い旅のように、小さな一歩一歩が不十分に感じられるかもしれないが、その一歩一歩が必要なのである。

一番気をつけなければならないところから始めて、それをより高い水準に引き上げた後、他の分野に焦点を移し、また元に戻る。それを繰り返し、繰り返し、繰り返し……。

時間が経てば、自分の弱点を減らすことから、自分の能力を高めることへと、徐々に努力が変わっていく。この時点で、レジリエンスとは、今あるものを失うのを防ぐのではなく、より良い明日を創造することであると、真に理解し始めることになる。ただし、このプロセスにはかなりの中毒性があるので注意が必要である。

「一匹狼」は神話である。「レジリエンス」という言葉を聞くと、「サバイバリスト」を想像する人がいる。荒野の中に自給自足のバンカーを作り、MREや弾薬を満載して、まさに「私が世界に対抗する」という姿勢を思い浮かべている。はっきり言って、これは我々が提唱するアプローチではない。

まず、このような生き方ができる体質と考え方を持った人は、人口の1%にも満たない稀な存在である。それ以外の人は、他の人を必要としているという重大な理由により、そのような生活に失敗したり、自ら辞めてしまうだろう。人間は社会的な生き物であり、コミュニティでの交流がなければ、感情的な健康は損なわれる。さらに、人間はすべてのことに精通しているわけではないので、自分の足りない部分を補完してくれる専門知識や資産を持つ人に頼る必要がある。

それに、森の中の孤立したバンカーでうずくまりたいと思う人はいないだろう。それはどんな存在なのだろうか?

レジリエンスを高めることは、利己的な行為ではなく、無私の行為であることを忘れないでほしい。我々は、人々が自分自身の状況に集中することに抵抗を感じることがある。他の人のニーズはどうなの?我々の簡単な答えは、自分自身のレジリエンスの状態を向上させることは、周囲の人々に貢献するためにできる最善のことの一つであるということだ。

どうやって?

万が一、苦難が訪れても、準備のできていない人が支援やサポートを必要とすることはないだろう。つまり、いざというときに貴重なリソースを要求しないで済むのである。それ以上に、あなたはこの時期に地域社会の資産となることができるだろう。例えば、ケアを提供したり、あなたのように計画的に行動できなかった人のために自分の余剰物資を提供したりすることができるのである。我々は、同じストレスを受けても、他の地域よりもうまくいく地域があると確信している。その違いは、それぞれの地域の住民のレジリエンスのレベルによって決まると考えている。レジリエンスの高いコミュニティを目指すのであれば、自分の家を整えることが最も重要なステップとなる。

時間はあなたの最大の資産である。であるから、今すぐ始めよう。今、この本を書いている時点では、すべてがまだ機能している。化石エネルギーは、我々のためにできる仕事に比べて安価であり、まだ広く利用できる。景気は後退していない(少なくとも公式には)。お店には十分な在庫がある。物資が豊富で、価格も安く、落ち着いている今こそ、「3つのE」によって形作られる未来への準備に投資すべきだ。

待っていると、待ちすぎてしまうリスクがある。ひとたび危機が訪れれば、必要なものを手に入れるのがはるかに困難で高価になるだけでなく、いくら探しても手に入らないかもしれない。そして、それらを手に入れようとする努力は、もはや賢明な計画ではなく、むしろ買いだめの手段となり、コミュニティの中で自暴自棄になっている人たちと対立することになるだろう。

例えば、2011年3月11日、米国の小売店では、核汚染に対する最初の防御策であるヨウ化カリウムの錠剤(10回分)が12ドルで購入できた。しかし、その翌日、日本の福島第一原子力発電所で最初の水素爆発が起こってから数時間後には、アメリカ国内で供給されていたヨウ化カリウム製剤はすべて売り切れてしまった。その期間は約3カ月にも及び、その間、ヨウ化カリウム製剤は市場に出回ることはなかった。

ステップゼロ

多くの人は、変化の大きさに圧倒されると、すぐに非常に難しい結論を出してしまい、それが原因で動けなくなってしまう。例えば、「別の仕事に就くために、学校に戻って全く別の学位を取得しなければならない!」とか、「友達を全部捨てて、新しい地域に引っ越してやり直さなければならない!」などと考えてしまうのである。このようなパニック的な結論は、あまりにも過激に感じられるため、すぐに放棄してしまう。その結果、何も達成されない。さらに、ほとんどの人が、行動の障害となるものを隠し持っている。

我々のアドバイスは、はっきりとしている。自分ができる最小かつ最も簡単なことを見つけて、それを実行してほしい。それが何であっても構わない。例えば、「ピメントスがない生活は考えられないから、ピメントスの瓶を余分に買う」ということであれば、次回の買い物で瓶を余分に買って、食料庫に入れておこう。これはちょっとした冗談である。

我々はこれを「ステップゼロ」と呼んでいるが、これはステップ1の前にある小さなことを象徴している。

ポイントは、小さなステップが大きなステップにつながるということだ。もし、あなたがまだ個人的な準備と回復力のためのステップ1を実行していないなら、我々はステップ0を実行することを考えてみてほしい。

例えば、銀行の破綻に備えて銀行以外の場所に保管しておくために少し多めの現金を持ち出したり、毎週少しずつ食料を買い足してパントリーを充実させたり、水や食料、エネルギーなど、自分の将来にとって重要と思われるものについて、レジリエンスを高める方法をインターネットで調べたりすることである。何か行動を起こせば、それが何であっても構わない。

忘れないでほしい。我々には、それぞれにステップゼロを行った時期があった。

前の章で紹介したクリスの場合は、食料の買い足しであった。その時、彼は気まずい思いをしたので、カートに荷物を積みすぎていることを誰かに気づかれる可能性が低い、数町先のスーパーまで車で行こうと考えた。

アダムにとっては、初めて1オンスの金塊を買った時だ。どうやって購入するか悩んだ末、最終的にはオーストラリアのパース造幣局で地金を購入することにした。しばらくして、海外で保管されている金塊に違和感を覚えた彼は、お金を払ってアメリカのブリンクス社に金塊を届けてもらうことにした。その後、自分で保管するのは不安だったので、いくつかの民間の保管施設を転々としたが、最終的には「考えすぎだった」という結論に達したのである。結局、この最初のオンスの金は、人類の歴史の中で最もよく旅をしたものの一つになったのかもしれない。

もし、あなたが最初の一歩を踏み出すことに躊躇していたり、社会的に少し「普通ではない」ことをするのが恥ずかしいと感じていても、あなただけではない。我々も同じ経験をしてきた。一歩を踏み出せば、徐々に楽になっていく。気まずさは消え、代わりに自分の運命をある程度コントロールできるようになったという安心感が生まれてくる。

社会的な不安については、我々の経験では、誰も気にしていない。多くの場合、実際に気付いて質問してくれる人は、あなたのやっていることを斬新で興味深く思ってくれる。実際、カクテルパーティーやサッカーの試合など、他の場面では社会的に話しづらい「3つのエス」についての会話が始まることも多い。

さて、あなたのステップゼロは何にする?

レジリエンスの段階

さて、これを読んでいる人全員が、レジリエンスに関して同じステージにいるわけではない。まだステップゼロを踏み出していない人もいれば、すでに何年も前から踏み出している人もいるだろう。

過去10年間、何千人もの人々と接してきた我々は、人々が一般的にレジリエンスの3つの「ステージ」のいずれかに分類されることを観察してきた。自分がどの段階に当てはまるのか、また、次の段階に進むためには何に気を付ければよいのかを確認しておくとよいだろう。

ステージ1

これは、我々が出会う人たちの大半が属する段階である。多くの人は、まだステップゼロを行っていないか、あるいは、まだ3つのエスに高いレベルで触れている。彼らの主な目標は安全と安心であり、多くの場合、経済的な財産を守ることに緊急に焦点を当てている。

ステージ1の人は、恐怖心が大きな要因となる。これまで苦労して積み上げてきた資産を失うことを恐れ、苦境に立たされることで自分や大切な人が危険にさらされることを恐れている。また、現代の生活水準が失われることを恐れることもある。その結果、彼らは積極的に行動するよりも反応的になり、その時々で最も悲しむべきストレス要因に対処する傾向がある。

レジリエンスのレベルが低いので、第一段階の人は、レジリエンスの重要な領域全体で基本的な準備を整えることが最善の方法である。お金は大きな関心事なので、金融資本を安全に向けて再配分するのが通常の最初のステップである。また、食料や水の備蓄、緊急時の備え、家の安全、コミュニティ開発の基本などにも重点的に取り組みます。

「このような人たちは、「クラッシュ・コース」で説明されているリスクの影響に圧倒されているようである。これまで述べてきたような不安と相まって、頭が真っ白になって動けなくなることがよくある。当然のことながら、ステージ1の人たちの多くは、手取り足取り、数字に基づいた指導を求める。これが、この本を書く大きな動機となった。次の章と、それに付随する「何をすべきか」ガイドは、明確で具体的なガイダンスを提供するために意図的に作成された。

ステージ2

ステージ2の人は、よりポジティブで楽観的な見通しを持っている。すべての重要な分野で基礎的なレベルの回復力を達成しており、その結果、即時的で急激な脆弱性の感情は大幅に減少し、代わりに心の平穏が増して、将来どんなことが起こっても備えを深めていくことができる。

防御のための基本的なことはすでに完了しているので、ステージ2の住民は自分たちの能力を高めることにほとんどの努力を費やする。食糧やエネルギーの生産、技術開発、キャリアの転換、コミュニティへの参加、セラピーなどが、ステージ2でより重視される分野の例である。(付属のワークブックには、このステージの人たちのための具体的な指示がたくさん書かれている)。

このような新しい能力や役割を身につけることで、古い物語や規範から解放され、再発明や自己改善のための豊かな新しい機会が生まれることを、人々は次第に理解していく。そうなると、もっと早く上達したいと思うようになる。これは、やり直すチャンスであり、物事をより「正しく」行い、より大きな目的と質の高い人生を送るためのものである。多くの人は、このステージを “自分が常に意図していた通りの人間になる “と表現する。

ステージ3

第2ステージでの自己成長を実感した第3ステージの人々は、ピーク・プロスペリティのミッションである「受け継ぐ価値のある世界を創造する」ことを実践する。レジリエンスへの投資という点では重要な部分が豊かで、彼らの関心は外に向けられ、自分と同じように達観し、自己実現した人生を送る人を助けることに向けられている。

彼らは自分たちの知識を共有し、将来の世代が恩恵を受けられるようなリソースを作り出そうとしている。市民活動への参加、コミュニティでのリーダーシップ、教育、メンタリング、レガシー投資、ビジネスの形成などが、ステージ3の人が取り組む活動の例である。

自己評価

この記事を読んでいる方の多くは、自分が現在どのステージに属しているかをよく理解していることだろう。しかし、具体的には、自分の安全性はどこにあり、脆弱性はどこにあるのか。どのような未来を望んでいるか?そのためには、今日からどのようなステップを踏むことが最も重要だろうか?必要なリソースはあるか?

現在の自分の状況、自分の長所と短所を正直に正確に評価することが、レジリエンスプランを策定するために必要である。

我々は、まさにこの目的のために使用できる無料の自己評価フォームを作成した。http://www.peakprosperity.com/selfassessment からアクセスできる。

ダウンロードして、時間のあるときに、じっくりと記入してほしい。あなたのレジリエンス構築のためのその後のステップは、この文書に対するあなたの回答に基づいている部分が多いだろう。

旅は非線形である

レジリエンスを構築するプロセスで覚えておくべきもう一つの良い点は、それが非線形であるということである。ポイントAからポイントBなどに移動して、ある日突然ゴールにたどり着くのではない。

その場その場でできることをして、次に進み、準備した各分野に何度も戻って、再評価し、繰り返していくのである。

日本には「改善」という言葉がある。「カイゼン」とは、直訳すると「より良い方向への変化」という意味で、継続的な改善を行うことである。第二次世界大戦後、日本が驚異的な経済成長を遂げたのも、この「改善」があったからだと言われている。

カイゼンとは、あるプロセスを実行し、測定し、評価し、最適化することである。このプロセスが一度行われると、それが繰り返される。そしてまた繰り返す。繰り返す。このサイクルを繰り返すたびに、プロセスは改善されていく。

レジリエンスを高めるための努力も、同じように考えるべきである。何事も、完璧に仕上げようとは思わないでほしい。それは現実的ではないし、現実的でもない。毎回、少しずつ良くなっていくことに集中してほしい。

失敗の価値

もう1つの理由は、「カイゼン」というフレームワークが、人間の学習方法に非常によく似ていることである。

新しい知識を得て賢くなるために、脳は仮説を立て、それを検証し、結果を観察し、処理して、また新しいサイクルを始める。

このような試行錯誤は、人間が自分自身を向上させるために備わっている方法であり、これが失敗の重要性につながっている。

レジリエンスを高めるためには、ミスをしなければならない。たくさんの失敗をする。人生のあらゆる局面で、これまでやったことのないことに挑戦することになる。また、これから起こるマクロレベルの変化の多くは、自分ではコントロールできないものであり、間違いなく予測することは不可能である。間違いは避けられない。

これは多くの人を脅かする。中には動けなくなってしまう人もいる。あなたはその恐れを克服する必要がある。

なぜか?

うまくいけば先ほど示したように、学習や自己啓発のためにはミスが必要だからである。トヨタ自動車の製造でも、トマトの栽培でも、我々の脳は結果を観察し、「次はもっとうまくやるために何を変えたらいいだろう?」と問いかける必要がある。また、完璧にはいかないことを経験することで、将来どうなるかを想像することも必要である。

長寿命の電球の発明に成功するまでの長い道のりの中で、発明家トーマス・エジソンは有名な言葉を残している。私は失敗していない。私は失敗したのではなく、うまくいかない方法を1万通りも見つけただけである」。

失敗したときには、エジソンを呼び起こして、「真の失敗は、挑戦しなかったことにある」ということを思い出させる必要がある。失敗、不具合、カーブボール、つまりミスは、マスターへのマイルストーンであることを忘れてはならない。

実際、ミスは非常に重要であり、もしあなたが今、たくさんのミスをしていないのであれば、あなたは本当に不利な立場に置かれている。なぜか?なぜかというと、この本を書いている時点では、我々の生活はこれまでとほぼ同じように機能しているからである。世の中は比較的平穏である。失敗のコストが低く、生活の質に対する脅威のレベルが低いうちに、失敗をするべき時なのである。

自分の金融ポートフォリオにヘッジのための安全策を講じるのに適した時期をご存知だろうか。それは、市場がすでに50%も調整された後である(前回の2008年の危機の時のように)。液体燃料の緊急事態で、食料品店に野菜を運ぶトラックが止まってしまった後に、カロリーの重要な割合を地元で調達する方法を考えてみてほしい。その瞬間に失敗すれば、命に関わるかもしれない。

であるから、レジリエンスを鍛えながら、これまでやったことのないことに挑戦するときは、失敗を受け入れてほしい。希望を持って、失敗してもいいのである。

そして、そこから必ず学んでほしい。

ミスは素晴らしい、犯せば犯すほど頭が良くなる

R. バックミンスター・フラー

マインドセットの重要性を忘れない

ヘルムート・フォン・ムルケ・ザ・エルダーは、ドイツの野戦軍人であり、プロシア軍を30年にわたって率いた軍事科学の革新者である。彼が開発した戦略は、現在の戦争にも影響を与えている。言うまでもなく、この人は戦いの経験が豊富な人である。

その経験を踏まえて、我々は彼の有名な言葉に耳を傾けるべきである。

敵とのファーストコンタクトで生き残る戦闘計画はない。

また、より現代的に考えるならば、アメリカの偉大な思想家であるボクサーのマイク・タイソンの言葉を引用してみよう。

口の中にパンチを食らうまでは、誰もが計画を持っている。

この二人が言っているのは、自分の予想通りに物事が進むことはほとんどないという人生の現実である。

マクロ的なリスクの到来と、個人的な準備で多くのミスを犯すことが避けられない状況では、成功/生存の鍵となるのは、あなたの体質の強さになる。逆境に耐えられるか?逆境に耐えられるか、逆境に押しつぶされるか。

ここでは、起業家のマインドセットが、このような不確実性、挑戦、変化の状況下で成功するために特に適していることがわかる。金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの著者であるロバート・キヨサキ氏とは、世界各地で多くの時間を共有してきた。その中で、彼が一緒に仕事をする人を選ぶ際に、次のような特徴を特に評価していることを紹介した。それは

  • 価値を創造する
  • チャンスを見極める
  • 逆境から素早く立ち直る
  • 常に全力を尽くす
  • 失敗から学ぶことができる

これらの特性については、今後の「ナレッジキャピタル」の章で詳しく説明するが、今、注目しておきたいことがある。企業、医療、学術、政府、農業、法律、芸術など、どのような職業であっても、これらの特性を培うことは、「今」と「これから」の両方に役立つだろう。

はじめに

さて、背景は十分である。いよいよ腕まくりをして、行動を開始しよう。

この本の残りの部分では、レジリエンスの高い人生を送るための構成要素である「8つの資本の形」に焦点を当てていく。

繰り返しになるが、レジリエンスを高めるためのプロセスには時間がかかり、本当の意味で「完了」することはない。厄介なこともあるだろう。うまくいけば、たくさんの失敗をするだろうし、次のカクテルパーティーでは、あなたがなぜこのステップを踏んでいるのかを理解してくれる人はあまりいないかもしれない。

しかし、あなたは自分の運命をコントロールし、自分が信じていることと自分の行動を一致させているのである。これは素晴らしいことである。そして、準備をすればするほど、心の安らぎと自信を得ることができるのである。やがて、以前考えていたよりも多くのことができるようになり、より多くのことができるようになっていることに気づくだろう。そして、これから起こるであろう3つの変化を心配することもなくなり、より本物に近い、持続可能な生き方に踏み出すことにワクワクするようになるかもしれない。

我々は経験からこのように言っている。我々はこれまでに多くのステップを踏んできたので、どのような行動が有効で、どのような行動が無効なのかを十分に理解している。我々のアドバイスは理論的なものではなく、我々自身が実践して学んだことや、PeakProsperity.comの読者が学んだことを共有して学んだことに基づいている。

「そして、我々がそれまでのキャリアの「安全な」道を離れて出発したとき、二人とも、今あなたが手にしているようなガイドの恩恵を受けていなかったし、安全に船を飛び出してより良い人生を歩んでいる人々を知っていなかった。だからこそ、我々が励ましの言葉を贈るとすれば、「まだ知らないことや持っていないスキルを心配しないでほしい。」

袖をまくって始めればいいのだから。

我々があなたに求めること

これまで繰り返し述べてきたように、レジリエンスを高めるには時間がかかる。であるから、次の章を読むときには、できるだけ早く実践に移すようにしてほしい。

危機感を持つことと、少しずつでも着実に前進していく規律を守ることは、目標を達成できるかどうかを左右する2つの重要な要素である。

そこで、皆さんにお願いしたいのは、今後3カ月間、週に1時間以上、レジリエンスを高めるための時間を確保することである。

激しい時間である必要はない。しかし、継続的に行う必要がある。この3ヶ月間で、あなたが真の進歩を遂げ、レジリエンス・ビルディングの実践を習慣化するのに十分な時間である。

深い食料庫に余分な食料を買いに行く。体力をつけるためにランニングをする。近所の人をコーヒーに招待して、コミュニティを強化する。小さな一歩でいい。小さな一歩を踏み出せば、次に大きな一歩を踏み出すのが容易になる。

でも、最低でも週に1時間は走るようにしよう。そのうちに、それ以上の時間を割いていることに気づくだろう。それが楽しくて仕方がなくなる。

それでは、「資本の8つの形」に入っていこう。

この記事が良かったら管理人に お知らせください。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。
下線、太字強調、改行、画像の挿入、リンク添付等の編集を行っていることがあります。
使用翻訳ソフト:DeepL /文字起こしソフト:Otter 
Alzhacker.com をフォローする
Alzhacker

コメント

error: コンテンツは保護されています !
タイトルとURLをコピーしました