Project Veritasは、ファイザーの機能獲得研究プログラムを暴露
ファイザーの研究は危険であり、非道徳的であり、今すぐ停止させなければならない

COVIDの起源ロバート・マローンワクチン- 製薬会社、CDC、FDA、DoD医療・製薬会社の不正・腐敗、医原病

サイトのご利用には利用規約への同意が必要です

rwmalonemd.substack.com/p/project-veritas-has-broken-pfizers

Project Veritas has broken Pfizer’s Gain-of-Function Research Program Wide Open.

youtu.be/ywlpArNWKxM?t=3

ロバート・W・マローン医学博士、MS

昨日、私はProject Veritasのビデオに参加するよう依頼された。このビデオは、ファイザーの取締役が「指令進化」研究によって新しいワクチン用の「突然変異」COVID-19ウイルスを作ることを議論していることを暴露するものである。もちろん、私は光栄にもそのお手伝いをさせていただいた。上のビデオはその完成品である。

コロナ危機の根底にある深い悪についての議論は、ジルと私が世界中を旅して訪れる多くのコミュニティで一般的になっている。

ここに、生まれようとしてベツレヘムに向かってのたうち回る、生身の荒々しい獣がいる。感情移入ができない。欲望が目的だ。その顔は喜びに輝き、それが可能にする人間の深い悲劇に気づかず、人間の網と国家の構造にもたらされる損害に歓喜している。その言葉、その言葉の構造そのものに込められた恐ろしさには気づかない。自らの権利を深く信じている。目もくらむようなナルシシズムがにじみ出る。腐敗を謳歌する。知恵も内省も自己認識も全くなく、その魂の根本的な倒錯を自覚している。

不死身の企業からの使者。裁判所は、かつて人間の市民に限られていた権利を持ち、慢性的に人間の苦しみを食い物にしていると定義している。違法行為による多額の罰金を、単なる業務上の経費としか考えていない企業。

この別世界からの大使の顔を深く見て、これらの世界に耳を澄ませてほしい。私たちはこうしてここに来たのである。これがこの世界的な人間の悲劇を生んだ文化なのである。

見よ、この悔いなき悪の平凡な顔を。

どうやら今日、追加の映像が公開されるようだ。

さて、見てしまった今、どうする?


映像の見どころ:

    • Jordon Trishton Walker、ファイザー研究開発戦略業務部長 – mRNAサイエンティフィック・プランナー。「われわれが探求していることの1つは、自分たちで(COVIDを)変異させて、新しいワクチンを先取りして開発できないか、ということなんだ。なので、そうしなければならない。しかし、そうしようとすると、想像の通り、製薬会社がウイルスを変異させるようなことは誰も望んでいない、というリスクがある」
    • ウォーカー「誰にも言わないで。誰にも言わないと約束してほしい。その(実験の)やり方は、猿にウイルスを入れて、連続して互いに感染させ続け、そこから連続的にサンプルを採取するんだ」
    • ウォーカー「変異させたこのウイルス(COVID)が、ただどこにでも行き渡るようなものを作らないように、非常にコントロールする必要がある。正直なところ、武漢でウイルスが発生したのは、この方法ではないかと思う。このウイルスがどこからともなく現れたというのは筋が通らない。でたらめだ」
    • ウォーカー「私が聞いたところでは、彼ら(ファイザーの科学者)はそれ(COVID変異プロセス)を最適化しているが、誰もが非常に慎重であるため、ゆっくりと進めている。– 明らかに彼らはそれをあまり加速させたくない。また、将来の突然変異を解明していると宣伝したくないので、探索的なものとして行おうとしているのだと思う」

トランスクリプト

覆面記者

ファイザーは最終的にコビッドの変異を考えているのですか?

ジョーダン・ウォーカー

そうだね、それは一般に言うべきことではないね。ちなみに、このことは誰にも言わないでほしい。誰にも言わないと約束してくれ、いいね?

ウイルスがどうやって変異し続けるのを知っているだろう?

覆面記者

ええ。

ジョーダン・ウォーカー

私たちが研究していることのひとつに、なぜ自分たちで変異させないのか、そうすれば新しいワクチンを先取りして開発できるのではないか、ということがある。なので、そうする必要がある。

しかし、そうしようとすると、想像の通り、製薬会社がウイルスを変異させるというリスクは誰も望まないだろう。変異させたウイルスがどこにでも行き渡るようなものを作らないように、非常にコントロールされたものでなければならない。

覆面記者

何かおかしい。

ジョーダン・ウォーカー

そうだ。武漢でウイルスが発生した経緯は正直言って意味不明だ。どこからともなくウイルスが飛び出してきたなんて。

覆面記者

ええ、そうですよね。


ジェームズ・オキー

ファイザーの研究開発、戦略的オペレーション、mRNA科学計画担当ディレクター、ジョーダン・トリシュトン・ウォーカーを紹介します。


覆面記者

私には機能獲得にしか聞こえません。

ジョーダン・ウォーカー

どうだろう。ちょっと違うかな。違うと思う。間違いなく、機能の向上ではない。

覆面記者

つまり、大丈夫なように聞こえます。

ジョーダン・ウォーカー

いやいや、そんなことはない。しかし、指向性進化は非常に異なっている。ウイルスで機能発現の研究をすることは想定されていない。

推奨されていない。しかし、選択的指向性突然変異のように、より強力なものを作ることができるかどうか試してみることはできる。そのための研究は現在進行中である。それがどう作用するかはわからない。これ以上の発生は避けなければならない。

指向性進化(Directed evolution)

指向性進化とは、実験室内で自然進化の過程を模倣することにより、特定の所望の性質を持つ酵素やタンパク質などの新しい生体分子を作り出す方法である。これは通常、分子の遺伝コードに小さな変化(突然変異)を導入し、目的の特性を持つ個体を選択することで実現される。このプロセスは、目的の特性が得られるまで繰り返される。指向性進化は、触媒活性を向上させた酵素、安定性を向上させたタンパク質、結合特異性を向上させた抗体などの作成に利用されている。


ロバート・マローン博士

この方は、まったく道徳心がないようです。


ジョーダン・ウォーカー

政府の役人はみんな回転ドア人事があるんだ。正直言って、この業界にとってはかなり好都合だ。

覆面記者

そうですね。

ジョーダン・ウォーカー

アメリカの他の人たちにとっても悪いことだ。

覆面記者

なぜみんなに悪いんです?

ジョーダン・ウォーカー

なぜなら、私たちの薬を承認しなければならない規制当局が、規制当局をやめたら、会社のために働きたくなることは分かっているはずで、彼らは会社に対してそれほど厳しくなく [inaudible 00:01:44] 仕事を得ることができる。


ロバート・マローン博士

もしこれがファイザー社内で、世界の公衆衛生を危険にさらすような大きな決断を下している個人の質だとしたら、それは深く腐敗しています。


覆面記者

ファイザーは今、ワクチンの最適化のために何をしているのでしょう?

ジョーダン・ウォーカー

ああ、実は今日、その件でミーティングをしたんだ。だから、たくさんある。

覆面記者

そうなんですか?

ジョーダン・ウォーカー

こんなこと言っていいのかわからないんだが。


ジェームズ・オキー

私たちの潜入ジャーナリストは、ファイザー社が自社のコビッドワクチンがウイルス変異株に対して効果がないという事実をどのように扱っているのか、ウォーカーに尋ねました。彼の発言は不愉快です。これを聞いてください。


ジョーダン・ウォーカー

私たちは、ウイルスがどのように変異し続けるかを探っている。

覆面記者

ええ。

ジョーダン・ウォーカー

 私たちが研究していることのひとつに、なぜ自分たちで変異させないのか、そうすれば新しいワクチンを先制して開発できるのではないか、ということがある。なので、そうする必要がある。

しかし、そうしようとすると、想像の通り、製薬会社がウイルスを変異させるというリスクは誰も望まないだろう。なので、私たちはこれをやりたいかどうかということである。将来的には、新バージョンのワクチンなどを開発することも考えている。

覆面記者

なるほど、ファイザーは最終的にコビッドの変異を考えているのですね。

ジョーダン・ウォーカー

そうだね、これは一般に言うべきことではない。会議で思いついたことで、「なぜやらないのか?」という感じだった。もっと議論することになるだろう。その通りだ。私たちは、ちょっと待って…人々はそれを好まないだろうと言ったんだ。


ジェームズ・オキーフ

その通り、ファイザー社は一般に販売するワクチンを作るためにコビッド・ウイルスの突然変異を起こす可能性を社内で議論しているようです。ウォーカーがどのようにそのような科学的実験を行うか、まず生きている動物で行うかについて詳しく説明しているので聞いてください。


ジョードン・ウォーカー:

私たちが考えていたのは、このことは誰にも言わないでね、ところで、誰にも言わないと約束してね?

その方法は、サルにウイルスを入れ、次々とサルに感染させ、連続的にサンプルを採取し、より感染力の強いサルを別のサルに入れ、常に活発に変異させる、これが1つの方法だ。

あるいは、私たちはあまり好まないが、ウイルスの表面にあるさまざまなタンパク質が時間とともにどのように変化するかを調べる、指向性進化という方法もある。そこで突然変異を確認することができ、ある特定の方法で突然変異を起こすように強制することができる。

しかし、変異させたウイルスがどこにでも行き渡るようなものを作らないように、非常にコントロールする必要がある。

覆面記者

何か狂っていますね。

ジョーダン・ウォーカー

正直なところ、武漢でウイルスが発生したのはこの方法ではないかと思う。このウイルスがどこからともなく現れたというのは、理にかなっていない。

覆面記者

ええ、そうなんです。


ジェームズ・オキーフ

生きたサルを使ったコビッド・ウイルス実験?これは控えめに言っても非倫理的であり、ウォーカーはそれらの実験を、単に仮説の議論ではなく、現在進行中であるかのように説明しています。


覆面記者

つまり、ファイザーはいつ、これらすべてのウイルスの変異を実施するつもりなのでしょうか?

ジョーダン・ウォーカー

どうだろう。実験がどうなるかによります。これは私たちが試していることだから。

覆面記者

私には機能獲得のように聞こえますね。

ジョーダン・ウォーカー

どうだろう。ちょっと違うかな。違うと思う。機能を獲得していないのは確かだ。

覆面記者

つまり、大丈夫だと言っているように聞こえます。

ジョーダン・ウォーカー

いやいや、そんなことはない。しかし、指向性進化は非常に異なっている。

覆面記者

指向性進化?

ジョーダン・ウォーカー

進化を演出したんだ。

覆面記者

指向性進化、なるほど。つまり、そういうことなのでしょうか?

ジョーダン・ウォーカー

たぶんね。どうだろう?ウイルスで機能拡張の研究はしちゃいけないんだ。推奨されていない。しかし、より強力なウイルスを作ることができるかどうかを確認するために、選択的誘導変異のようなことを行うんだ。

そのための研究は現在進行中だ。それがどう作用するかはわからない。これ以上の発生は避けなければならない。

覆面記者

では、ウイルスの突然変異の過程について、もう少し詳しく教えてください。

ジョーダン・ウォーカー

まだ実験を続けている最中だが、聞いたところによると、少しずつ最適化されているようだ。しかし、みんな慎重なので、ゆっくり進めているようだ。

もちろん、あまり加速させたくはないだろう。というのも、未来の突然変異を解明しようとしていることを宣伝したくないのは明らかだからだ。

覆面記者

そうです。ウイルスの突然変異のことは、あなたの重役のサラから聞いたのでしょうか?

ジョーダン・ウォーカー

いやいや、そうではない。他の部門に科学担当者が2人いるんだが、そこから来た。


ジェームズ・オキーフ

その後の会合で、私たちの覆面記者は、この種の機能獲得研究はすでにファイザーで研究されているのかと尋ねた。しかし、いや、それが指向性進化と呼ばれている限り、ファイザー社は問題ないのだ。


覆面記者

ファイザーがそれを行う目的は何ですか?

ジョーダン・ウォーカー

彼らがやりたいことの一部は、新しい株や変異株が次々と現れるかどうかをある程度見極めることだ。自然界に出現する前に捕まえて、新しい変異株に対する予防的なワクチンを開発することはできないだろうかと。

覆面記者

ええ。

ジョーダン・ウォーカー

だからこそ、研究室でコントロールすれば、「ああ、これは新しいエピトープである」と言えると考えているのだろう。そうすれば、後にそれが世に出たとしても、すでにワクチンができているようなものだ。

覆面記者

Oh my God.それは完璧ですね。しかし、それは最高のビジネスモデルではないでしょうか?自然が起こる前に、自然をコントロールすればいいんでしょう?

ジョーダン・ウォーカー

ええ、うまくいけばね。

覆面記者

うまくいけばってどういう意味ですか?

ジョーダン・ウォーカー

突然変異が起こることもあるしね。デルタとオミクロンのようなものである。誰にわかる?いずれにせよ、現金収入になることは間違いないだろう。コビッドはおそらく、今後しばらくの間、私たちにとって現金収入源となることだろう。

覆面記者

そうですね、ウイルスの研究、変異させるというのは、究極の現金生成マシーンになると思いますね。

ジョーダン・ウォーカー

そうですね、完璧でしょう。


ジェームズ・オキーフ

さて、あなたはワクチンを売るためにウイルスを作ることは違法だと思うだろう。しかし、製薬業界は、ウォーカーが言うように、「すべての政府関係者の回転ドア人事」だ。


ジョーダン・ウォーカー

すべての政府関係者が回転ドア人事になっているんです。

覆面記者

すごい。

ジョーダン・ウォーカー

ええ、どの業界にも言えることであるが。製薬業界では、薬を審査する役人は皆、製薬会社で働くようになる。軍隊でも、陸軍や国防省の役人はみなさん、その後、国防企業で働くようになるんだ。

覆面記者

その回転ドア人事についてどう思いますか?

ジョーダン・ウォーカー

正直なところ、この業界にとってはかなり良いことだと思う。

覆面記者

ええ。

ジョーダン・ウォーカー

ああ、アメリカの他の人たちにとっても悪いことだ。

覆面記者

なぜみんなに悪いんです?

ジョーダン・ウォーカー

なぜなら、私たちの薬を承認しなければならない規制当局が、規制当局をやめたら、その会社のために働きたくなることは分かっているはずで、彼らは会社に[inaudible 00:08:09] 仕事を得ているのだろうから、それほど厳しいことは言わないはずだ。

覆面記者

そうですね。


Project Veritas – ジェームズ・オキーフ。

医師、科学者、作家であるロバート・マローン博士に、ジョーダン・ウォーカーのコメントについての見解を伺いました。

ロバート・マローン博士

機能を獲得しているのです。ウイルス2の要素を加えることによって、ウイルス1に新しい機能を作り出し、1匹のサルに感染させ、さらに別のサルに感染させるのです。それをシリアルパッセージと呼びます。武漢ウイルス研究所がエコヘルスアライアンスから入手したヒト化マウス株で展開した技術の1つだと思われます。これは指向性進化の一例です。

この人は、自分のしていることについて、まったく道徳心がないようです。思い上がりと傲慢さと未熟さ。もしファイザー社内でこのような質の高い個人が、世界の公衆衛生を危険にさらすような大きな決断を、人的被害を軽視して行っているとしたら、ファイザー社が国際法や国内法を回避することが可能であるかという観点から、深く堕落していると言えるでしょう。これは否定できないことだと思います。

そして、あなたの調査によると、ファイザーは米国政府、そしておそらく世界中の規制機関をうまく取り込んだと考えていることが明らかになったのです。ファイザーは規制当局の掌握を完了し、それを非常に誇りに思っているのです。

Project Veritas – ジェームズ・オキーフ

政府は見て見ぬふりをし、ファイザーは情報を隠し、これは現在進行形の話です。勇気を出してください。何かをしてください。これらのビデオを広めて、チャンネルを合わせてください。

この記事が役に立ったら「いいね」をお願いします。
いいね記事一覧はこちら

備考:機械翻訳に伴う誤訳・文章省略があります。下線、太字強調、改行、注釈、AIによる解説、画像の挿入、代替リンクなどの編集を独自に行っていることがあります。使用翻訳ソフト:DeepL, Claude 3 文字起こしソフト:Otter.ai
alzhacker.com をフォロー
タイトルとURLをコピーしました